カテゴリ:守護神・守護霊・見えない存在!( 39 )

驚愕!あなたはすでに守護霊と交信してる! #328

今回は 今後 の 話 の ベース

となる とても 大切 な ことを 書きます


守護霊 や 天使 妖精 など

見えない存在 たち との 

コミュニケーション に ついて 


『 自分は 守護霊 と 交信 出来る のか? 』


どうでしょうか


実は 全ての 人 が すでに

自分 の 守護霊 たち と 

常に 交信 している のです


誰もが 行っている 夜 眠っている間 の

霊的会議 も そうなのです が

出会い & 予知夢 & 霊的会議 の構造! #278


実は 起きている とき にも

実際 に あなた は 常に 守護霊たち

と 交信 して いる のです


「 れ? そんな 覚えは ないなあ、、、 」


と 感じる 方 も いるかと 思います


では こんな 経験 は ないでしょうか?


たとえば


友人 とか の 相談 に のってあげている とき


なんとか 元気 に なってもらいたい! と

いろいろ な 言葉 を かけて あげる

そんな ときに 


自分 でも 思いもよらない 言葉 を 

発した こと は ありませんか?


「 あれ? 自分 今 イイ こと 言ってね? 」

「 今 の 名言 じゃね? 」


みたいな 感じ の 経験です

これは 結構 あるのでは ないでしょうか


こういった 時 に 

相手 を なんとか 元気 づけたい と

思いやり を もって 接している と


自然 と 『 愛 と 調和 の 周波数 』 に なり


守護霊 たち 天 宇宙 と あなた の

『 日常 の 意識 』 や 『 思考 』 も

繋がり やすく なる わけです

( 心 の 中心 と 天 は 常に 繋がっている )


この とき 自分 でも 知らない うちに

天 守護霊 たち と 繋がり


その 相手 が 必要 と している

エネルギー の 言葉 が ふと 思い浮かび

それを 渡して あげる ことが 出来る わけです 


一見 自分 が しゃべっている 様に

みえる のですが


実は 自分 と 守護霊 が 繋がって

一緒 に しゃべって いる のです


こんな 感じ で 自分 でも

知らない うちに 守護霊 たち と 

繋がり 交信 して 情報 を 

受け取って いる わけです


また インスピレーション で

イイ アイデア が 浮かんだ ときも 

この ケース の 場合 が  多い です


自分 の レベル を 超えた

超S級 の 最上級 の ギャグ が 

思い浮かんだ とき なども そうです


「 笑い の 神 が 降りてきた 」

と よく 言いますが 

あれは ホント です 天 守護霊 たち

と 繋がり 協力 し合って いるのです 


ほかにも 悩み を 相談 している ときに

自分 が いろいろ 話して いる うちに


なぜか 自然 に 解決策 が 自分 で 

見えてきてしまった とかも そうです


守護霊 たち と 協力 し合って

解決策 に たどり着いた わけです


そして また 

こんな 体験 は ないでしょうか?


どこか へ 出かける とき

ドア に 鍵 を かけて

そして 歩き はじめる、、、


ところが きゅう に ハッ! と なり

「 あ! 携帯 わすれた! 」

と 気づかされる こんな 経験 は

ない でしょうか?


これって よくよく 考えると 不思議 ですよね?


普通 に 歩いて いた だけで

自分 は まったく 意識 してないのに


なぜ きゅうに 思い出せた のか?


けっして たんなる偶然 では ありません


実は なんにも ない わけではないのです

ちゃんと 理由 が あるのです


実は こういった 場合 も 


守護霊 天使 妖精 たち 

見えない存在 たち が あなたに 

教えてくれている のです


実は あなたに


守護霊  「 おーい 携帯 わすれてっぞ! 」


と 『 こころ の 声 』 を 使って

あなたに 言ってくれて いるの です


ちゃんと 理由 が あって

きゅう に ハッと 思い出せている のです


実は この 様 な ケース だけではなく

われわれ は 本当 に 多くの 

ありと あらゆる 場面 で


実際 には 自分自身 の ちから だけでは なく

多くの 見えない 存在 たち に

支えられて 協力し合い 生活して いるわけです


ですので そんな 体験 を して 

見えない存在 たち に 

気づかされたり した ときには


「 ありがとうな 」 「 センキュ 」


と やつら 守護霊 天使 妖精 たち 

に 伝えて みてください


そうすることで 

より 交流 が スムーズ に

出来る ように 必ず なって いきます

必ず なります

( ↑ おっ! でた! 2度言い! )


ぜひ おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-02-22 12:09 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(6)

守護霊たちは どう語りかけてくるのか! #288

自分 が ふと 観た 映画 や 本 などから 

守護霊 や 守護天使 たち 

天から の メッセージ が 届けられる 

と いう ケース も ある


こんな 感じである、、、



昨年は かなり いそがしくて

ほとんど あそば なかった


ざっと 思い起こして みても、、、


美術館 に 絵画 を 観に 行った のと

ピアノ・コンサート で ショパン を 聴きに 行った 

 ( ↑おまえ 貴族かよ! いや たまたま )


これ くらい しかなかった!


で 今年 の 正月 は 

帰省もせず 1人で 過ごしているので

正月 くらい は 「 あそぼう! 」 と 画策した!


「 う~む なに しよっか? 

  どうせなら 何か たのしくて 生活 の 

  しげき に なること が いいねえ    」


「 あ! 映画 久しぶりに 映画でも いくか! 」


となった

ネット で 調べると なにやら 

おもしろそうな 映画 を 発見 した 


『 シェフ 』 ~三ッ星レストランの舞台裏へようこそ~


か、、、 なになに 


  『 愛 と おいしい 料理 が あれば

    人生 は 三ツ星             』


おっ! イイねえ!

なんか よさげ だな これは        


そこで 動画 の 予告編 を みてみた


映画「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」予告編

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P7UBtRKEBv4


「 おっ! ジャン・レノ が でてるんか! 

  いや なんか おもしろそうだな、、、これ 」


最近 この↓ 記事 以来

驚愕!男のパスタ 霊的クッキング! #272

料理 を 作る たのしさ を 知って

料理 に 覚醒 し ハマって いる ので 


この 『 シェフ 』 を 観にいく ことに 決定した


久しぶり の あそび だし

かなり たのしみ だったので

外 を 歩いていても 寒さを 感じなかった


映画館 で 席に 着くと 

すでに もう たのしく なってきてしまった


そして

お待ちかね の 映画 が 始まった


~ 只今 映画上映中 ~


「 あははは 」

「 う~ん   」

「 おおお! 」


~ エンドロール ~


うむ、、、なかなか この映画  よかったなあ、、、

感動 しちまったぜ、、、


と、、、



さて! ここからです


このように 日常 の よくある 風景


しかし


この なにげなく 選んだ 映画 にも


実は 


夜 眠っている あいだの 霊的会議 で 

守護霊 たち や 守護天使 たち と

何を 観るか を 決めてある 場合 が ある


守護霊 たち が あなた に

伝えたいこと を 映画 や 本 など

を 観ること に よって 

感じ取ってもらい たがっている のだ


つまり 守護霊 たち に 

その 映画 や 本 を 観て ごらん

と 言われている 


と こんな ケース も ある のである


特に 映画 や 本 など には

メッセージ が 多く 埋め込まれている


実は 人は 潜在意識では すべて わかっていて

たまたま 観た 映画 とかでも 守護霊 たち と


「 自分 に 必要なもの を 引き寄せいている 」


わけである


こころが 魅かれる もの 

直感的 に 魅かれる もの

自分の 今の状態 に シンクロ してるもの を

鑑賞すると いろいろ メッセージ が ある


なので 観おわったら


『 自分 が なに を 感じたか 』


を 考えると 


その後 の 進むべき道 や 方向性 

今 の 自分 に 大切 な こと など

の ヒント と なる もの が 観えて くる


ちなみに 

俺 が この 映画 から 感じた こと は


『 時間 が かかったとしても

  やはり 本当 の 自分 霊的側面 も 含め

  そういった 自分 を 活かせる 

  仕事 と めぐりあうまで 前進 しよう       』


『 どんなに いそがしくても 

  家族 を 思いやり 大切 に せな あかん 』


と 言うこと だった


なんか 今 の 俺には この 映画 は

いろいろな シーン が

こころ に 響き とても 感動 した 

本当 に 観てよかったな、、、 と 感じた



ただ ここで ひとつ

とても 『 重 要 』 なこと が ある


自分 が 引き寄せた 本 や 映画 

その 中には


自分 の エゴ の こころ が

引き寄せた もの の 場合 も ある


もちろん エゴ から 引き寄せた メッセージ 

に 従い 行動 すると 

愛 や 調和 から 遠ざかって しまう のだ

これ は まずい


やはり ここでも

自分 の エゴ から 引き寄せた もの なのか?

それとも

自分 の 真 の こころ から 守護霊 たち と

引き寄せた 映画 や 本 なのか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そこに 愛 と 調和 は あるのか

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ここ の 見極め が 大切 なのです





映画 『 シェフ! 』  公式サイト
http://chef.gaga.ne.jp/
[PR]
by aquarius_az | 2013-01-03 18:04 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(4)

驚愕!不思議な出会いと守護霊! #275

昨日 の 記事

「 真相!守護霊とけんか&ぼいこっと! #274 」

の つづき です


で 俺は 守護霊 守護天使 たち に


「 あなたの 知っていることを 伝えてください 」

とか

「 ××××××× てください 」


など と 言われていた が 

プライベート でも いろいろ あって

守護霊 の 言うことを 受け入れられず に

なにも しなかった


ところが つい最近 ふとしたことから


いわゆる 霊感 の 強い 人物 と 出会った

仮に A氏 と 呼ぼう


A氏 は いきなり 俺に


A氏   「 あなたは 宇宙 と 関係してるね 」


と 言ってきた 


俺    「 はあああ? 」 「 なんじゃ そりゃ! 」

A氏   「 他の 星 の 存在とも関係してるでしょ? 」

俺    「 マジでかあああ!? (マジ?) 」


などと いきなり へんてこ な 話 に なった


俺    「 って、、、あんた そっち系 なんだ 

       何か みえるの? 俺 を みてくれよ! 」


A氏   「 あなた 自分 で 解っているでしょ? 」


俺    「 うっ、、、ちっ! バレたか! ハハっ! 」


これだから やりづらい、、、


俺    「 つっても 俺も 何でも 解るわけじゃねえし 

       苦手 な ことも とうぜん あるぜえ  」


A氏   「 苦手 な 分野 ってなんですか? 」


俺    「 ま 一番 苦手なのが れんあい情報 だな

       あと 自分が 受け入れたくない 情報 とか 」


A氏   「 でも あなたの 守護霊 が ちゃんと

        いろいろ 言ってくれてるでしょ?   」


俺    「 あ! そーゆーの 解っちゃう わけ? 」


A氏   「 ちゃんと 守護霊 の 言うこと 

        聴かないと だめですよ      」


俺    「 いや もう 俺 なんか やなんだよね 」


A氏   「 お役目 が あるから やりなさいよ 」


俺    「 え? 何それ!  」


、、、と 


結局 俺は A氏 からも

守護霊 と 同じ ことを 言われてしまった


俺     「 ちっ! まったく、、、 これかよ、、、 」


A氏    「 、、、、。 」


俺     「 もういいよ わかった わかった! 

        やりゃ いいんでしょ やりゃあ 

        何やりゃ いいか 全く わからんが! 」


A氏    「 感謝しなきゃだめだよ 感謝 だよ 

         ちゃんと やりなよ             」


俺     「 おいおい もはや あんた それじゃあ

        俺の おかん みたいだろ! はははっ! 」



ちょっと 俺の 守護霊 に A氏 は 言わされてる 

感じ がした、、、


この 様に 守護霊 たち は 目の前 の 人

を 使って メッセージ を 言わせる ケース 

が あるのです


俺    「 ああ でも ありがと ホント ありがと 

        はは なんか おもしろかったし   」
 

A氏   「 まあ がんばってね!  」


俺    「 あんたもな! 」


と 言った マンガ の 様な 会話 が なされた

なんか ホント に おもしろかった


どうかすると たま~に こういう 感じの人 と

会うのだが、、、


ざっくばらん に 話してはいるが

俺は 本当は とても 感謝している


ああ、、、俺の為に 言ってれたんだな、、、と


この 出会い も あって 

やっぱ やった 方が いいんだろうな、、、と

だんだん 受け入れて 俺の 気持ち も

かたまってきた 


ま しかたない も 一回 やるか、、、 

時代 も 時代 だし、、、

俺自身 が 生まれてくる前に 決めて来た

自分 の 使命 だけは 果たしたい からな、、、と



何を すれば いいか まだ わからないが

守護霊 守護天使 たちに


「 あなたの 知っていることを 伝えてください 」


と 言われている ので とりあえず

ブログ に 知っていることを 書いています


あと どんな道でも 自分 の 使命 でも


『 エゴではなく ホントのこころ の 声 を 聴いて 

  愛 と 調和 を もって

  これは やった方がいいな、、、

  と 感じることを 毎日 精一杯 やっていけば

  次に 何をすればイイか は 自然 に 観えて来ます 』


と 守護天使たち は 言っています


なので 俺も そうするつもりです


最近 俺の周りで ちいさい奇跡 や 

予知夢 的な ちょっと 不思議な体験 

そして  

偶然の一致 で ある シンクロ二シティ が

なんだか だんだん 増えてきているので

その あたり の ことや 今後の 変化 を


随時 書いていきます
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-19 03:39 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(7)

実証!予想外の出来事は宇宙の采配! #232

予想外の出来事 そこには 

見えない守護者たちによる

『 宇宙の采配 』 が 隠されていることがある


こんな ことがあった、、、


先日 とあるところへ 行こうとして

バスに乗った 

このバスは 一時間に1本しかない

乗り遅れたら キツイ ので 早めに 出かけた


10分ほど待つと バスが来た

行き先は ネットの地図で 一応確認していたが

バスに乗ると 念のため 運転手に

「 ~へ行くには どこで 降りればいいのか? 」

尋ねた すると


運転手 「 えー、、、~のバス停ですね いや、、、終点まで 」


この運転手の 答えが なんか うさんくさかった

ああ そうですか とだけ答えておいた


目的地へは 分岐点のとこまで バスで行き

あとは 歩けばいいと考えていたので

とりあえず その 分岐点までは 乗ることにした


分岐点まで行くと バスは なんと 

目的地とは 逆方向へ 曲がった

運転手が うさんくさかった 予感どおり だ


俺 「 あ やっぱ なんか おかしいぞ 」


あの 運転手 俺が 地図で下調べを したことも

知らずに 適当なこと 言った様だな、、、


なので 目の前が次のバス停だったので

そこで 降りることにして もう一度 運転手 に確認した


俺 「 ~とは これ 逆方向ですよね? 」


運転手 「 え、、、あ 、、、そうですね、、、 」


やはり 運転手の態度 がおかしい


俺    「 このまま 終点まで乗るとと 何分かかる? 」


運転手 「 ぐるっと 大回りして 10分 くらい先になります 」


俺    「 じゃあ ここから歩いた方が 早いですよね 」


運転手 「 え、、、ええ、、、まあ、、、 」


挙動不審 な 態度 からすると

なんとも 俺が 知らないと 思って

不正確な情報を 俺に伝えた といったところだろうか

なめたことするやつだな、、、と 内心思ったが

追求することは やめておいた


つり銭 を 両替 して バスを 降りた

すると 正面から あかちゃん を 抱いた女性が

大急ぎで こっちに 走ってきて バスにのった


俺は その女性と すれ違い 道を 歩き始めた


俺   「 ああ なるほどね、、、 」


俺はこういうことがあっても 別に 腹は立たない

一応下調べは 毎回するし 

大回りさせられるのは 回避できたから と言うのもあるが


なぜ こういう ことが起こったのか? を 

いつも 考える様にしている

すると いろいろ 観えて来る


確かに 運転手 は 態度があやしかった

なぜ あの様に 言ったのは わからない

解りやすいバス停の方 を 言った とか

何か 理由があったのかもしれない 

ズルさ も あったのかもしれない

口下手 だったのかもしれない 


ただ この出来事で 『 注目 』 すべきは

俺が バスを降りるときに すれ違った 女性である


俺は なぜ バスを降りて 歩き出す ときに

「 ああ なるほどね、、、 」

と つぶやいたのか?


俺が すれ違った 赤ちゃんを抱いた女性

彼女はかなり あわてて 急いでいた

何か 大切なところへ 行くのかもしれない


そこを 考えると


俺 と 運転手 が 会話している 間

この会話の間 バスは ずっと

バス停に 止まっていた 


だから バスの出発 が 数十秒 遅れた のだ

と 言うことは 


つまり


この 赤ちゃんを抱いた 女性は

なんとも

この 数十秒の バスの 遅れの為に

バスに乗ることが 出来たのだ


俺 と 運転手の 会話 がなければ

この 一時間に 1本しかない バスに

乗り遅れてしまっていた


つまり あの 会話による 数十秒の遅れ が

あの 女性 を たすけた のだ


だから 俺は この女性 とすれ違ったときに

「 ああ なるほどね、、、 」

と つぶやいたのだ 


この 様に

 
まさに 起こることは 偶然 ではないのである


俺たち に ついている 守護霊 や 守護者 たちが

天からみて 話し合って 俺 や 運転手 や

その 女性 を 使って 魂の 同意 により

手助け を してくれているのである


これが この世 の 『 真実 』 である


人 と 人 は 潜在意識 で 繋がっており

『 宇宙 天 の 采配 』 により

見えないレベル で たすけ 合っている 


俺も よくこんな感じで たすけられている

今回は 俺も たすける側に まわったわけである 


今回の例の様に 

予想外 の こと が 起きたら


「 この 出来事は どんな意味がある のか? 」

「 見えない 守護者 たちは なにをしてくれたのか? 」


この 視点 で 出来事 を 観察 する


すると  うまくいけば

そこには 美しき


『 宇宙の采配 』 


を 垣間見る ことが 出来る のである
[PR]
by aquarius_az | 2012-07-03 12:56 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(0)

驚愕!日本神話の神々は実在した! #195

俺の伯母で 

霊的個性 の 磨かれた 伯母がいた

その伯母が言うには

その伯母は 「 不思議な体験 」 をして

その体験から

なんと

日本の神話 に登場する 神々 は

実際に存在し そして

なんと

今も 実際に 存在している と言うのだ 


こんな話を聴いた、、、


それは 法事 のときのことだった

親戚一同が集まっていた

そして 俺は  ひとりの伯母と話しをしていた


その伯母は 俺との会話 から

俺が 霊的な話を 感覚的に理解できる

と 察したらしく


自分の家族や ごく一部の親しい人にしか

話さない 話を 俺にしてくれた


伯母 「 神様は本当にいるんだよ 」

俺  「 俺も そう思うよ 」

伯母 「 この話はあまりしないのだけどね、、、 」

    「 実はね、、、 」


伯母は 真剣な おももちで 話しを続けた、、、


伯母 「 実はね わたしは、、、 」

    「 タジカラオ と コノハナノサクヤヒメ に

      会ったことがあるのよ  」


俺  「 、、、 」 

    「 ん? 」  

    「 え? 何だって? 誰?それ? 」


伯母 「 え! 知らないの? 

     タヂカラオ と コノハナサクヤヒメ を! 」


俺  「 え? タヂ、、、? ヒメ? 」


伯母 「 だめだよ 「 K 」 それくら知らんと! 」


俺  「 え? そうなの? 」


俺が タヂカラオ と コノハナサクヤビメ

を 知らなかったので こんな会話になったが

なんでも

伯母のところに 

「 タヂカラオ 」 と 「 コノハナサクヤビメ 」

と言う 神様が 現れた と言うのだ


タヂカラオ は 「 手力男神 」

コノハナサクヤビメ は 「 木花咲耶姫 」

で 両者とも 古事記 や 日本書紀 に

登場する 神様 のことで
  
タヂカラオ は あの有名な 『天岩戸』 の話 (→ リンク

で 岩戸にひきこもってしまった アマテラス を

岩戸を開いて 外に出した 神様だ と

伯母は 俺に 教えてくれた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
タヂカラオ が アマテラス を
外に出したので この世界に 明るさが戻った
(この話は日食と関連があるとされている)
なんとなく 今日 この記事 書き始めましたが
たまたま ちょうど 今日は 日食の日ですね
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この 2人の 神様が 

伯母のもとに 現れたのだ

実際に 目の前に 現れたのだ


神話のなかで語られていた 神々 は

普段は 見えない存在 ではあるが

実は 

今も 「 実際に存在 」 していたのである


そして この 不思議な話 は

さらにつづく


あるとき 伯母が 娘さんと

とある 神社にお参り に行こうとしたとき

なぜか 道が 思い出せずに

同じところを 何回も ぐるぐる回り

目的の神社 にどうやっても 辿り着けない

不思議に思って どうしてかな?

と感じていた

そして どうにも辿り着けない なか

ふとみると 別の 神社 が 見えた

そこで

目的の神社には なかなか 着けないし

せっかく 目の前に 神社 があったので

その 別の 神社に お参り に行くことにした

そして 行ってみて


びっくり!


その 神社には 

なんと


「 コノハナサクヤビメ 」


が 祀られている神社だったのだ


伯母も 娘さんも おどろいて

たまたま 道にまよった おかげ で

ああ ここの神社に 来れて良かったね

と話していたとのことである


神 や 女神 は 実際に存在している

こういった 小さな奇跡で 

その存在 を 知らせてくれているのである


そして その存在を 意識して生活すると

小さな ヒント や 偶然 を

届けてくれる のである


是非 見えない存在たち 

神 や 女神 そして 天使 などを

意識して 生活してみてください

霊的個性 の 感覚が 磨かれます


俺の 経験 からしても 

依存することなく 自分で前進していると

実際に 必ず ヒント や 偶然 が

届けられます 


そして 彼らは そうなることを 

心待ち にしているのです
[PR]
by aquarius_az | 2012-05-21 01:38 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(4)

見えない存在に夜中に起こされ...! #189

『 起こる出来事は メッセージである 』

見えない存在たちは こまっていても

直接助けてくれることはない


「 自分の課題は 自分でやれとのこと 」


である そこは重要らしい


しかし 大切な アドバイス や

大切な 情報 に 導いてくれることはある


こんな 体験をした


夜 寝ている と 

見えない存在 に 起こされた


「 起きなさい 」


的 な 感覚 が あり 目が覚めた


俺 「 えっ、、、マジ? 起きろってか?、、、 

    くっそ、、、眠いなあ、、、今何時だ、、、」


時計 を みると 真夜中 3時くらいだった


俺 「 えええ、、、何だよこんな時間に、、、 」

  「 また何か やれって、、、か?、、、くっそ 」


ときどき 見えない存在 に起こされることが

あったので 今度は何だろうと思った

当時は まだ 見えない存在 との

コミュニケーション に慣れていなかったので

何をすればいいのか すぐには解らなかった


俺 「 こんな 深夜に、、、一体何をやれと、、、 」


とりあえず 何か 「 閃いたら 」 

それをやろうと 決めていたい


そしたら


「 テレビ を つけろ 」


と 閃いた


俺 「 はいはい つれりゃいいんでしょっと 」


ポチッ!


眠たかったので 仕方なしに テレビをつけた

それで チャンネル を 適当に変えていた


すると、、


俺 「 おおおおお! えええ! マジでかっ! 」


なんと! 


その時 俺がどうしても ほしかった 

情報 が 放送されていたのだった!


俺 「 いや マジで ありがとう! 」


これには 本当に 助かった

あの 番組を観れた ことで 

コト が ものすごく 前進 したのだ


その番組を ほぼ 全部録画も出来た


俺 「 ってか もっと早く起こしてくれよ、、、」


と 見えない存在に 身勝手な 文句 をいいつつ 

これには 感謝した 


いつも こんな調子です

実際は 俺が眠くて 渋っていた ので

いけなかったわけなのだが、、、

冗談 で あくたい をついて

見えない存在 との 

コミュニケーションを楽しんでいる


この様に 


「 起こることには 意味があります 」


なので 『 あれ? 』 と

思うことが起きたら そこには メッセージ があり

ラッキー なのです


「 起こることには 意味がある 」


と 言うと 


「 あ 意味があるんだ 」


と ここで 終わったら 絶対にいけません!


『 必ず どんな メッセージ か見つける 』


これが ポイントなのです

何か 「 閃いた 」 ことを 

実行してみてください 

そうすると 必要な情報 や 必要なことと

出会えます


見えない存在たち は

何とかして あなたに 伝えたいことを

いろいろな 手段 を 考えて  

伝えようとしてくれています


見えない存在 は 見えないので

伝えるのがたいへん なのです


ポイント は

「 偶然の一致 」 や 「 あれ? 」 と

感じることが起こったら


「 どんなメッセージだろうか? 」


と 考えてみてください

周りを 観渡してみてください

自分なりの メッセージ の 答えを

持ってください

そして 何か 閃き や 感じたことを


「 行動 」 してみてください


身勝手な行動はマズイですが


『 周囲の調和のバランスのとれた 閃き 』 


ならば


行動を起こしてみてください


そこには 必要な情報 などがありますので
[PR]
by aquarius_az | 2012-05-13 04:07 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(1)

地球はあと何年まで?地球カレンダー! #176

NHK プロフェッショナル で紹介された

木村秋則 氏 彼は 無農薬で りんごを栽培

という 世界初 の 挑戦に成功した

その りんご は 奇跡のりんご と呼ばれる


木村 氏 は その他にも

実在する 龍 と 遭遇 したり

異星人 の UFO に乗せられたり と

数々の 不思議な体験 をしている


その 数々の不思議な体験 のなかに


「 地球の将来 」


に関する 不思議なメッセージ を受けている


その内容はこうである、、、


木村 氏 は ソクラテスの様な 

風貌をした老人 つまり

神様的な存在から 大きなパネル状 の


「 地球のカレンダー 」


なるものを 観せられたのである


そのソクラテス老人は 

このパネル 1枚 が 1年分 だと言った

パネルの数が そんなに多くないので

木村 氏 は その老人 に


「 これ以上はないのですか? 」


と尋ねた すると 老人は


「 ありません 」


と きっぱり答えた と言うのである

b0225081_0295976.jpgこの話は

木村秋則氏 の著書

「 奇跡を起こす 見えないものを見る力 」

に書かれている


木村 氏 によると

その 「 地球のカレンダー 」 は

巷で言われている マヤ暦のカレンダー

よりは 多かった と言う


しかし


「 2桁 しかなかった 」 


とのことである

木村 氏 はその 枚数 を 

今でも 正確 に 記憶 しているのだが

その 老人に 決して言わないように言われている


地球が存続する時間が 

あまり残されていない のは確かである と言う


困惑した 木村 氏 は 老人に

どうしたら この枚数を増やせるのか 尋ねた

すると 老人は


『 心が変わらないとダメだ

  でも 心ひとつで変わる 』


と 教えてくれた


木村 氏 は

「 利益や便利さの追求から 卒業して

  自然を大切にし 人のこころの修復 」

が必要だと言う

そして 

「 地球の為 人の為 に

  農薬を使わない 農業を広める 」

自然と対話して 地球と共に生きる

ことが大切だと 話している


経済を優先して 原発再稼動 なんて 

言っていたら どうなるものか

守護霊たち も 

原発以外の方法を探すようにと言っている ( → #148

木村氏 も著書のなかで原発への警告を発している


ブータンから学んだことは 何だったのか?

人の幸せは 豊かな経済にあるのではない


震災 や 原発 ブータン から学んだことで

われわれは 大きく 舵をきる 時である


実際 俺も震災後 

価値観 や 生き方 を変えた


今 われわれの 心が変わらない と

あと数十年で 地球で人が住めなくなる


ただ みんなで 心を変えて その先も

しあわせな世界を創ることも可能なのである


どちらを 選択し 行動しますか
[PR]
by aquarius_az | 2012-04-24 09:34 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(4)

誰でも出来る!守護霊との会話方法! #167

俺はときどき 見えない存在 たちの 

声が聴こえたり 会話したりするのだが


今回は 天使 や 守護霊たち との 

コミュニケーションについて説明します


「 え! 」 自分にもそんなことが出来るのか!


と お思いになる方もいるかも知れませんが

断言します 「 出来ます 」


そういうことは 

一部の 選ばれた 霊力のある人 しか出来ない

かと言うと 全くそうではありません

その 考え と 意識 を 変えてみてください


はっきり言います

出来ない人は 1人もいません むしろ


『 すでに みんな やっています 』


ただ 自分たちが 天使や守護霊 と会話している

自覚がないだけなのです


見えない存在たちは この事実を

多くの方々に知ってもらいたいと 思っています


天使や守護霊 の様な 見えない存在たち は 


『 俺達の内側に 直接はなしかけてきます 』


ですので 始めのうちは 

自分自身で考えているのと区別がつきづらい のです


何か 考え事をしているときに 

内側から 考えが浮かんでくる こと ありませんか?

そういう 感覚です

もちろん 自分自身で考えが浮かぶこともありますが

このときに 天使や守護霊 の声であることが

とても多いのです


コミュニケーションは 一言 とか 二言 で 

長くはありませんが 的を得た言葉 がきます


よく マンガで 自分の内側から

天使 と あくま の声が 聴こえてきて相談をする

なんてシーンを見たことがあると思いますが


実際に そのシーンの様に

天使たち や 守護霊 との会話はなされるのです

「あ!それなら経験ある」と言う人は多いと思います


この内なる 天使とあくま の会話が 上達していくと

見えない存在たちとの 会話 が

よりスムーズ になっていくのです


つまり 見えない存在との会話 は 

「 こころの声 」 とか 

「 直感 」 「 ひらめき 」 

「 インスピレーション 」 を通して 行われるのです


そもそも 

インスピレーションとは 英語で 「霊感」 です

(ちなみに 直感は intuition インチュウーイション)

「 こころの声 」 「 直感 」 「 インスピレーション 」 

のない人はいません

ですから 


実は すでに だれもが

見えない存在たち とのコミュニケーションを行っているのです



ここで大切なのは ひとくちに 見えない存在 

と言いましても いろいろなやつが いると言うことです


天使 守護霊 守護神 だけではなく

この世をさる為に肉体から離れた方々 他の惑星の方々

なんかも 見えない存在です 

あくま は基本的には存在しませんが 

あくま は グレてしまっている 見えない存在 のことです


どの 見えない存在 の声なのかを 考えてください


俺は グレてしまっているやつの声には スルーしたり

「 お前は そういう考えだから アカンのよ! 」

「 そうでなくて もっとこう~と 考えろ 」  

と 逆に そいつを 叱ってます


なんかいかにも 格の高そうな 見えない存在 もいます

どうして判るかと言うと

俺では 思いつきそうもない イイ言葉 が

こころに思い浮かんでくる (聴こえる)からです 

感動 することもあります


「 イイ言葉を ありがとう 助かったぜ 」


と 受け取ることもありますが


「 おいおい ちょっと俺はそこまで善人じゃねーから 」

「 今は むりだな 」


と 反発することもあります 

さらには


「 お前はいーよな そうやって指示だすだけで

  こっちの身にもなれってんだ 

  てんめー おりてこいよ このやろう  」


と ぼうげん をはくこともあります


しかし 


せっかく 俺の為に言ってくれた言葉なので

実際は その時はむりでも 

いつか 必要になることもあるかもしれないので


大切にこころに刻む ようにしています


霊格の高い存在は とても気さくでイイヤツらです

あがめひれ伏せ的な 印象は全く受けません

親友の様に接してくれます


俺のような こんな態度のやつでも 

見すてずに ちゃんと接してくれてます


あと 女神的な存在 も実在しています 

聖母とか女神はいます

女性的な言葉で 語りかけ 

優しさ的なエネルギーで 

目頭が熱くなるときもあります


みなさんも 是非

直感 ひらめき インスピレーション そして  

こころの声 を大切にしてみてください


そうしていると 自然に さらに スムーズ に 

直感が ひらめく ようになります 


ただし その声が どのレベルの存在 なのかは

イイやつ の 声 なのか エゴ的 な 声 なのか

自分で しっかり考えて 行動に移してください


思い浮かんだ 言葉 や 直感 

を 選択し 行動に移す かどうかは


そこは 自分の責任での選択 になります


こちら の 本 に

守護霊 や 天使 など 見えない存在 たち との


コミュニケーション の 取り方 を

詳しく 書いて おきました 


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





ちなみに こちら の 本 は 

サンマーク出版 の 立ち読み サイト で


なんと 


1章 が ほとんど 読めてしまう


この 1章 を 読んだ だけでも

霊的構造 が かなり わかる と 思います ので


是非 読んでみて ください


立ち読み は ↓ こちら です


『 サンマーク出版 立ち読み 』
http://www.sunmark.co.jp/book_profile/detail.php?cmn_search_id=978-4-7631-3416-5


また この ブログ にも


守護霊 や 守護天使 たち との

実際の 会話 など ありますので

興味のある方 は 関連記事 もしくは

タグ の 「 守護神&守護霊たち 」 を ご覧ください

関連記事
寝ている間の霊的会議と予知夢とは #277

真相!守護霊とけんか&ぼいこっと! #274





参照 
「生きがいの創造 Ⅳ」  詳細 飯田史彦氏 著
見えない存在が こちらの世界にいる家族に 役立つことを
「 気づかせて 」あげるために 「 ひらめき 」
を使う その やりとり の一部始終が書かれている
[PR]
by aquarius_az | 2012-04-14 01:53 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(17)

公表 見えない存在 から言われたこと! #164

1つの節目 として 自分の 人生を振り返ると 

UFO目撃 や 幽体離脱 をはじめ 様々な霊的な体験 など

不思議な体験 をすることが多かった


何かしらの 意味があって そういう体験を経て

今がある


俺が 一番最初 に 不思議な体験 をしたのが

まだ 赤子のころ であった 

1歳 か 2歳 くらいのことだろうか

これは 聞いた話なのだが


それは 深夜 に起こった 

寝ていたら 部屋中が

ものすごい 謎の光 で包まれた

窓の外から 大量の光が入ってきたという


窓の外には 普通に 塀 があり その向こう側に

そんな 光源が あるわけがなかった


しかし その謎の光は 部屋中に 満ちていた


それから まもなく 俺は高熱を出したらしい

もちろん 熱は下がり 今に至るわけだが

これが 一番初めに体験した 不思議な体験である



最近も 不思議な体験 は 続いている
 

俺自身は もう慣れてしまい なんとも思わないのだが

こんなことが起きている


このブログをはじめて もうすぐ1年になる

ある時期は ゆっくりペースで 記事を書いていた 


ところが 


夜 寝ようとして 布団に入ると

声が 聴こえてくるのだ

「 たすけてあげてください 」

と、、、


こういうことは めずらしくないないので

(また記事に書きますが)


俺 「 またかよ、、、 」

とか 

俺 「 いそがしいんで 他 あたってくれ 」


とか 適当にあしらっていた

ところが 見えない存在 は


「 たすけてあげてください 

  あなたの知っていることを

  多くの人たちに伝えてください 」


とか言ってきた 

この 見えない存在 たち とは 

実際に会ったことがある ( → #050 ) ( → #070 )

おそらく 彼らのうちの 誰かだろう


「 あなたの知っていることを、、、 」

って言われてもな 

俺 「 たいしたこと知ってねーし 」

とか言っていた 

だが せっかくなので 少し冷静に考えてみた


俺は 昔から 個性的で 

人とは違った考えを持っていることは 自覚していた

あと幾つかは 実際に たすけたこともあった ( → #140

俺 「 そういうことを書いてくれってことか? 」

俺自身が 何とも思わなくても 

他の人には 役立つことがあるのだろうか?


ま 俺は 霊 を観たところで

べつに何も思わない様な やつ だが 

確かに 周りの友人たち の中で 

そういう経験をしてしまった人は 結構動揺していた

俺がいろいろ 知っていることを話して 

気を落ち着かせてあげていた

そういう意味では 体験談も役に立つのかな と


そんな経緯もあって このブログの記事を書いている


ところが これから やっと寝ようとするときに

記事を書いてくれ的なことを 見えない存在 に言われたりもする

俺 「 じょうだんじゃねーよ! 寝るんだよ! クソ! 」

と 文句を言いながらも 起きて 

夜中なのに そこから真剣に書き始めたこともある 
 

しかし 見えない存在に 

頼まれて書いた記事のなかには

読んでくださった方がツイートしてくださり 

1日で10000人以上の方が 

トータルでは1つの記事に対しても1万人以上の方たちが

読んでくださることもある

だから 「 まあ 書いてよかったのかな、、、 」 

と思うこともあるわけである


今回はじめて この様なことを書いたのは

ま 少しでも より


「 本当の自分 を 生きる 」


方が 人生 いいかな と 感じた からである
[PR]
by aquarius_az | 2012-04-10 17:36 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(6)