人気ブログランキング |

2011年 11月 27日 ( 1 )

かもめのジョナ~の暗号を解く・解説編!!#065

前回からの続きです  ( #064


リチャード・バックの「かもめのジョナサン」には

表のストーリーの裏に別のストーリーが隠されている

ある観点から 読み進めると 


全く別の話が浮上してくる


それは 


「あの世」 「霊的真実」 

「幽体離脱」「生まれ変わり」 である


これらのテーマが かもめの話 に埋め込まれている


解説しよう、、、


リチャード・バックは本人が登場する「ONEワン」と言う

かなり 霊的な作品を 後に書いている

著者自らが 幽体離脱 を匂わせる行動をして

別次元の世界 パラレルワールドを観てくる話である

実はこれは著者の 実体験 なのではと考える


彼は 霊的なことに関心が高い

「ONEワン」は アメリカで霊的ブームがあった後の

作品である 霊的な内容も抵抗なく書けたはずだ


しかし 「かもめのジョナサン」 は1970年代の初めの作品

アメリカにまだ霊的ムーブメントが来る前だ 

だから 当時 霊的な話を直接書くと 

かなりの 変わり者=ジョナサン と見られたはずだ


だから 自分の霊的真実を かもめ に例えて 書いたのだ


「ジョナサンは飛行技術の高みを目指すのだが」

(実はこれはリチャードの霊的真実の高みの探求のことである)


「ジョナサンは高みを目指して 別世界へとたどり着く」

(実はこの別世界とは「体外離脱」での「 あの世 」のことである)

作品「ONEワン」の頃では幽体離脱を匂わせているだけに

ジョナサンの頃にすでに作者が幽体離脱を意識していたことは

充分考えられる


「そこでジョナサンは師匠と出会う」

(実はこれはリチャードの指導霊である)


指導霊はこちらの世界にいると一部の人にしか見えないが

あちらの世界に行くと見るという

これに関しては 実際に俺も体外離脱したときに 

身体全体が光る 指導者的な存在を観た (詳しくは→#049


「そこでジョナサンは師匠から最も早く飛ぶ方法を学ぶ」


わけだが、、、その飛行法 に 注目 してもらいたい

ジョナサンが師匠から教えてもらった究極の飛行法は

「すでにそこにいる とイメージすることで移動する方法」

瞬間移動 つまり テレポーテーション なのだ

瞬間移動を師匠から学ぶと物語に書かれている


実は 幽体離脱を経験した人の証言によると

「あちらの世界ではテレポーテーションが出来る」

と言う報告が寄せられているのだ


(この件に関しては次回の更新で詳しく書きます)


この観点から物語を読むと 

ジョナサンの行った別世界は 

実は 「異次元」である 「あの世」

 
を指しているという物語が浮上してくるわけです


そしてジョナサンは

「また後輩かもめを導くために故郷に帰ってくる」

(その霊的真実をみなに知らせる為に世間に小説を書く)


と なるのです


この構造は 「生まれ変わり」の構図とも似ています


つまり


「この世だけが全てではない」

「物質の3次元だけが全てではない」

「あの世 あちらの世界は存在する」 

「あちらの世界に行っても人は存在し続ける」


わけです それと


「テレポーテーションは

 あちらの世界や別次元では存在している」


そういったことを


おそらくはリチャード自身の

体外離脱の実体験から得た秘密を


リチャード・バックは「かもめのジョナサン」に

暗号として隠して埋め込んで


俺達に伝えてくれていたのだ




今後も暗号シリーズとして 

聖母マリア ニーチェ などの謎に迫ります
by aquarius_az | 2011-11-27 01:17 | あらゆる世界の謎に迫る! | Trackback | Comments(1)