実録!子育てにおける言葉の伝え方! #628

みなさん こんちには


今回 は 読者 の 方から コメント で


『 子育て に 関して の

  記事 も 書いてください 』


と リクエスト が ありましたので

お応え してみよう


独身 の 俺 が 子育て

について 語る わけだが


じつは いろいろ と 貴重 な

経験 や 情報 が あるので


その 実体験 を もとに 書こう


では はじめよう



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これ は 俺 が 子ども の 頃 に

感じた 印象的 な 出来事 である


小学生 の 頃 同じ クラス に

Aさん という 女の子 が いた


Aさん は ときどき その 外見 から

とある 『 あだ名 』 で 呼ばれていた


俺 は その あだ名 では 呼ばなかったが


Aさん が そう 呼ばれている こと は

俺 も 何度か 目 にして 知っていた


その あだ名 に 関して 俺 は

とくに なんとも 考えていなかったが


Aさん は 俺 と 同じ 保育園 で

同じ クラス だったので


大切 な 仲間 だと 思っていた


そんな ある日 俺 は 友人たち と 

Aさん の 家 に 何かの 用事 で 行った


家 の 前 で Aさん との 用事 

を 済ませた ころ の こと だった


家 から Aさん の お母さん が 出てきた

そして お母さん は 俺 に 話しかけてきた


「 ねえ 「 K 」くん うちの子 がね

  学校 で 〇〇って 呼ばれているのね

  それを この子 が とても 気にしていてね

  「 K 」くん から クラス の 

  お友達に その こと 知らせてくれないかな 」


と いう 感じの 内容 の こと を

Aさん の お母さん は 俺 に 言ってくれた


正直 この 時 俺 は かなり 驚いた

2つ の こと に 驚いた のだが


1つには まず 


Aさん は クラス で かなり 大人しく

あまり 感情 を 表 に ださなかった ので


Aさん が そこまで その あだ名 を

気にしてしまっている とは 気づけなかった


「 ああ Aさん は そんなに 

  いやな 想い を していたのか 」


俺 は そこに 気づかなかった ので

とても 驚き ショック だった


そして 2つ目 の 驚き は


Aさん の お母さん が

子ども の 俺 に 対して


とても 丁寧 に 俺 に 

依頼 を してきてくれた からである


普段 家 では 自分 の 親からは

「 子ども扱い 」 されている


しかし この 時 の Aさん の

お母さん の 言葉 からは


俺 を 子ども扱い せずに

俺 を しっかり と 認めてくれて


俺 を 見込んで 折り入って 真剣 に 

依頼 してくれている こと が 


子どもならが ひしひし と 伝わってきた


その こと に とても 驚いた のである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 子ども 扱い せずに

   一人 の 人 として しっかりと 

   認めてもらい お願い された  』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


それが とても 俺 は うれしかった


そして これ は とても 大切 な

お願い を された と 理解 できた


俺 は なんとか Aさん の 

力 に なって あげようと 思った


そして その後 俺は クラス の

誰か が Aさん の こと を


「 おい 〇〇~~~ 」 と


その あだ名 で 呼んでいる のを 観ると


「 その 言い方 やめろ! 」


と 一喝 しておいた


すると Aさん が ホッと して

少し 微笑んでいた のが みえた


「 ああ これで 良かった のだな

  こういう ことって 大切 なのだな 」


と 思った

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんな 出来事 が 

あった わけ である


いかがだった だろうか? 


まあ 俺 は イイ がき じゃなくて


わりと わるい ヤツ だった ので

まちがった ことも 多かった が


ただ 何が 本当 は 正しい のか

は とても 知りたい と 思っていた


では この エピソード の 大切 な

ポイント を 解説 していこう


まず 1つ目 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 子ども は 気づいていない ので

  大切 に 丁寧 に 教えてあげる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今 の 大人 に なった 俺 ならば


Aさん に その あだ名 で 呼べば

よろしく ない と フツー に 判る


しかし 子ども の 頃 の 俺 には

丁寧 に 教えてもらう まで


判っている ようで 判っていなかった


「 大人 の 感覚 では そのくらい

  普通 判るだろう という こと も

  子ども には 判らない ことが 多い 」


だから まず ココ を しっかりと

押さえて おく こと が 大切 で


その上 で


「 丁寧 に しかっかりと 言葉 で

  教えて あげる こと が 大切 」


なのである


そして 2つ目

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 子どもあつかい せず に 

  しっかりと 認めて あげた 上で 

  丁寧 に 大切 に 依頼 を する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これに 関しては 著書 の 202ページ 


b0225081_1033317.jpg
見えない存在からメッセージを受け取る
超実践ワークブック 詳細 amazon


著 「 K 」







もしくは ↓ こちら の 記事 

『 マンガでやさしくわかるアドラー心理学 』 #069

にも 書いた ように


まず 


『 相手 を 認める ことが 大切 』


である


子ども だからと いって 

上から 目線 からでは なく


しっかり 認められて その上で

丁寧 に 大切 に 依頼 されれば 


大人 であっても 子ども であっても

同じで うれしい と 感じる


これが 大切 


あと もう1つ 別の エピソード も

ここ で お伝え しておこう


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


小学3年生 の とき とても

衝撃的 で 印象深い 出来事 が あった


クラス に Tくん という 子 がいた

Tくん は とても 人望 が あった


Tくん の あの 性格 の 良さ は

一体 どこから 来る のだろか?


と 俺 は 不思議 に 思っていた


すると ある日 その 理由 が 発覚した


それは クラス での 

自由作文 発表 の とき の ことだった


Tくん が 読んだ 作文 に 

俺 は 衝撃 を 受けた


Tくん の 作文 は こう だった


Tくん の 家庭内 で ちょっと

大きな 出来事 が あった その日


Tくん は Tくん の お母さん と

屋上 で いろいろ な 話 を した


その時 お母さん が Tくん を みて

とても 真剣 に こう 言った


「 T あのね 人 の わるくち だけは

  絶対 に 言わない 人 に なってね 」


と とても 丁寧 に 切実 に 

お願い された という のである


そして Tくん は お母さん が とても

真剣 に 丁寧 に お願い してきたので


「 これは とても 大切 なのだな 」


と 感じて 


Tくん は  絶対 に 人 の わるくち を 

言わない と 心 に 誓った とのことだった


と この様な 作文 を 読んで 

Tくん は 俺たち に 知らせてくれた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


俺 は この Tくん の 作文発表 を

聴いて とても 衝撃 を 受けた


「 えっ! うちの おかん は そんなこと

  俺 に 教えて くれなかったぞ 」


「 よその家 では そのような 大切 な

  こと を そんなに 丁寧 に 真剣 

  に 教えて もらって たいのか 」


と 感じた


なるほど Tくん の 性格 が 

とても 良かった のは このように 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 大人 が しっかりと 正しさ を 

  丁寧 に 教えて あげていた から 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


だった わけ である


まあ 完璧 な 親 は いないだろうし

俺 の 親 は 他のこと を 

たくさん 教えてくた わけ だが


このとき 俺 は Tくん の 作文 から


Tくん の お母さん の 言葉 を 

俺 にも 言ってもらえた こと にして


「 俺 も 絶対 に 人 の 

  わるくち を 言わない ことにしよう 」


と 俺 も Tくん の お母さん の

教え を 守る こと にした


この エピソード から 判る

重要 な ポイント が ある


それは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 当たり前 で 解りきった ことでも 

   丁寧 に 心 を 込めて 真剣 に

   伝える と 子ども の 心 に 響く 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと である


これが 子育て や 教育 には 

とても 大切 なのである


「 人 の わるくち は 言わない 」


これは 子ども でも カンタン に

わかる こと である


しかし


頭 で ちょっと 考えれば

わかる ような こと でも


本当 は 心 から 判っていない 

場合 がある 


とくに 子ども には 

そのような ケース が 多い


そして


心 で しっかりと わかって いないと

行動 に 移せない こと が 多い


そのため 子ども に 深く

心 で わかって もらう ため に


先ほど の Aさん の お母さん も

この Tくん の お母さん も


☆『 大切 な こと は あらたまって 

   丁寧 に 真剣 に 心 を 込めて

   教えて 伝えて くれている 』


こうする ことで 


子ども も 言われた その 言葉 を 

大切 に する 様に なるわけである


今回 は 子育て に 関して


俺 の 経験 から 知っている ことを

お伝え させて いただいた わけ だが


いかがだっただろうか


何か 感じた ことが ありましたら

コメント ください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2017-11-24 21:34 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://kanazawax.exblog.jp/tb/27764019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-11-25 05:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-25 14:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-25 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-27 15:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-27 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2017-11-27 22:07 x
Re:kouninnmahoushi
このエピソードではいかりの周波数の人が実際に
Aさん含め一人もいなかったところがポイントな!
ベイべ!
Commented at 2017-11-28 21:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2017-11-28 22:32 x
Re:2017/11/28 21:10にコメくれた方
おおおっ!素晴らしいハートのシンクロ!
そしてメッセージよかったな!
ベイべ!
Commented at 2017-11-28 23:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-29 19:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-29 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-12-01 13:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-01-23 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-05-18 00:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 衝撃!年末スペシャル!嫁姑問題... 実相!夢からメッセージを受け取... >>