驚愕の 聖母マリアの暗号 に迫る! #151

世界の謎のひとつに 聖母マリアの謎がある

聖母マリアはどうして

1人でイエスを身籠ることができたのか

今回はこの謎に迫ります


俺はこの聖母マリアの謎が どうにも納得がいかなかった

どうして 聖母マリアが 相手もいなくて

イエスを身籠ることが出来たのか


かなり 真剣 に 考えても解らなかった

それが 長年の謎 であった


しかし その後


この長年の謎を解き明かす鍵となる 動画を発見した

それが 10数年前の 日本のテレビ番組で


聖母マリア と 同じ様に 

実際に1人で子どもを身籠った人物と その娘さん が

テレビのインタビューに答えていたのである


実際に 聖母マリア と 同じように

相手もなく 1人で子どもを身籠った人が

存在していたのだ


その母親である クリスタ・ティルトン氏 は

全く身に覚えがないのに 医者に行くと 妊娠していた

その後 心理学者による実験で 記憶を取り戻すと


予想もしない 事実が判明した


その失われていた記憶は


クリスタ氏は 1976年 1月 

巨大な UFO が 着陸する のを目撃していた

次に気が付くと UFOの中で 異星人たちに

透明なカプセルに入った何かを 子宮に埋め込まれていた

彼らは 遺伝子の実験で 琴座の ベガ から来たと

言っていたというのである


そしてその後

1人の女の子が生まれた

それが 下記の 2つ目 の 動画 で

インタビュー に答えている 女性

モニカ・ティルトン 氏 である

彼女の 知能指数 は 飛びぬけて 高く

学校では 特別天才児教室 というのに入っている

と言うのである


彼女の母親 クリスタ氏 は これまでもずっと 

異星人たちと コミュニケーションをとり続けている

そして 彼ら 異星人たちに


「 自分とモニカのことを話す様に 」 


と言われたのだ 


「 クリスタ氏が1人で子どもを身籠ったいきさつ 00:45~ 」

http://youtu.be/RH1hf7Z_5u0


「 異星人により生まれたモニカ氏インタビュー 」

http://youtu.be/neO6pnUj6nY


モニカ氏 の母親は 2本目の動画の冒頭でこう語る


「 宇宙人 は人間の中にも紛れ込んでいて

  宇宙人 との子どももたくさんいるのだ 」


と異星人たちから 聴かされたのである


どうだろうか


モニカ氏が ずば抜けて 知能指数 が 高い

ところなどは イエス を彷彿させる点では

見事に符合する


イエス に 奇跡の力があったことや

人類を超えた 精神性の高さ があったことは


地球人よりも 精神性や科学技術 の高い 異星人

との間に 生まれた子 「 神の子 」 と

言う表現も 納得がいく


元国立大学 教授 の 飯田史彦 氏 も

「 人は地球以外の惑星に 生まれ変わることがある 」

と言うことを 示唆している  ( → #084 )


イエス自身 も われわれよりも

精神性の高い 異星人の魂 であり

その魂が 地球人である 聖母マリア の 

身体の中に 入り 生まれて来たのだろう


この 聖母マリアの暗号 


モニカが遺伝子で 異星人により生まれた子 である

事実からすると


われわれが 神 と呼ぶ存在 は 実は 遺伝子 により

モニカの様 に 「 アダム と イブ 」 を創った

異星人たちのことであると 暗に示している のである


人間は決して サルから進化したものではない


千年以上の時を経て モニカ 氏 の 出生 により 

聖母マリアの暗号 の 封印は解かれた のである
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-25 01:26 | あらゆる世界の謎に迫る! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kanazawax.exblog.jp/tb/18023798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たまこ at 2014-10-16 06:57 x
残念ながら今日映像を見ようとしましたら、映像は見えませんでしたが、その推理はあり得ると感じました。たまたま、良い宇宙人からのお子さんだったようで、母子共に大丈夫みたいなので安心しました。
Commented by 「 K 」 at 2014-10-23 01:33 x
Re:たまこ
これが実際のところなんだろうな!
ベイベ!
<< 解説!どう観る?ポロック絵画の... 驚き!仲間のカメを救助するカメ... >>