人気ブログランキング |

幽体離脱からの帰還!!続き #051

前回からののつづきです ( → #050 )


「 第三章 幽体離脱からの帰還 」


幽体離脱によって身体から浮き出た


俺  「 せっかくだからもっと上に行こう 」


そう決めたとたんに思ってもいないことが起きた、、、

俺  「あれ!?」


上に行こうと考えたとたんに

あれよ、あれよと、、、どんどん

「 逆に 」 下へ引っ張られた

つまり床に置いてある物質の身体の方へ戻っていってしまった


俺  「逆か?」  「あ!しまった、逆だった」


俺の左上空中に浮かんで立っている人
例の身体全体が光っている存在が教えてくれたのか

俺は直感的に、上へ行くやり方を間違えたと
瞬間的に解った

上へ行くには 

「頭で考えるのではなく」

「こころとかイメージで感じるのだ」

ところが俺は 「頭で上へ行こう」 と考えたとたんに

床の上にあった俺の物質としての身体の方の 「頭」 に

「頭の回路にスイッチが入った」 感覚が出て

そっちの物質の頭の方に引っ張られて戻って行ってしまった


俺  「ああ、なんかざんねんだなあ」


と、感じつつ

俺はどんどんと下へ引っ張られスーーッと身体へ戻った


このとき面白かったのが

身体から抜け出て上昇している時の姿勢だが
なぜか両腕を身体に対して垂直に天井に向けてのばしていた

ウルトラマンとか飛ぶぞ、、、みたいに、、、

それで身体にもどるまでは腕を上にのばしていて

身体に戻った瞬間に

床に平行になっている物質の腕にスーーっと入り同化した

身体に入る瞬間まで目の前で見えていた霊体の腕が

スーーっと混ざる感じで物質の身体の腕に同化するのだ

目の前に伸ばしていた腕が急に床にある腕に切り替わるのだ


俺  「あ、俺の腕はこっちが本物か、、、」


みたいに感じた

そして、身体に戻ると同時にスーーーっと目が開いた


目が開いたとは目が覚めたのとは違う

なぜなら

身体から出ていた時と、身体に入って目を開けたときと

意識がずっと続いているのだ

つまり

「ずーーっと意識があって起きていた」 状態

身体から出ていた時も 

 「意識があり起きていて」

身体に戻り床で目を開けたときも

 「意識があり起きていた」

身体のスイッチは切り替わるが意識はずっと続いている

あちらの世界とこちらの世界は切り替わるが

意識は別に切り替わらない、ずっと一連に続いている

目が開いても 「起きた」 と言う感覚はない

ずっと 「 起きている 」 わけだから


この感覚が通常の眠りから覚めるのときとの違いです


そして目を開いて部屋の天井を見上げながら


俺  「 ああ、、、戻ってきたなあ、、、」

俺    「 、、、、、 」

 
と、こんな感じでした


貴重な体験だったな、とか、ああこういうものか、、、

と、いたって普通な感想でした。

おどろくとかそういう感覚はないです

たぶん、生まれて来る前の状態って感じで
みんなここを通って母親の胎内に入るじゃないかな

以前も、つまり生まれてくる時にもやっていたことであり

だから大きなおどろきはなかったのだと思う


つづきます     ( → #052
by aquarius_az | 2011-10-08 02:06 | 体外離脱&幽体離脱! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kanazawax.exblog.jp/tb/16410441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みちこ at 2014-06-03 13:55 x
最近カモメのジョナサンを読んで、幽体離脱のことを考えてたので凄く参考になりました!そうか〜!考えると肉体に戻るのは凄く納得いくけど、目からウロコです! 
早速カモメのジョナサンを参考にやってみますー☆
Commented by 「 K 」 at 2014-06-09 23:17 x
Re:みちこ
#064と#065はすでに読んだということかな?
あの小説は体外離脱と転生の話だよな!
参考になってよかったぜおためしあれ!
ベイベ!
<< 幽体離脱から帰還して得たものは... 幽体離脱の実体験・身体が光る存... >>