タグ:視点・発想 を鍛える ( 144 ) タグの人気記事

実相!守護霊の言葉は人からも届けられる! #530

みなさん こんちには


ものごと を 正しく 理解 する 上 で

いろいろ な 角度 から 観る ことが 


大切 である わけ だが

今回 は とくに


☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』


と いう 観点 から

霊的 な 情報 と 合わせて 書いておこう


では はじめよう



まず はじめに 俺 が 


『 外から の 視点 』 

『 内から の 視点 』


の 存在 を 体験的 に 

知った 出来事 を お伝えしよう


これが ちょっと おもしろい 

エピソード なのだが


学生時代 に 俺 は 3週間 ほど かけて

友人 と オーストラリア を 縦断 した 


その とき に こんな こと が あった


あれは アリススプリングス という 

街 の 小さな レストラン だった

b0225081_14495981.jpg










俺たち は ショーウィンドウ を 観て

何 を 食べよう か 考えていた


どうせなら ちょっと 変わった ものを

食べたい そう 考えていた


そして ようやく 食べる もの が

決まり 店員さん に 声 を かけた


すると オーストラリア人 の 店員さん が


店員さん 「 You’re Japanese Right? 

       あなたたち 日本人 でしょ? 」


俺    「 そうそう なんで 判ったん? 」


いきなり 日本人 でしょ と 言われて

少し だけ おどろいた が


その 理由 を 聴いて 俺 は かなり 驚いた


店員さ 「 食べ物 を 決める とき に

      悩んだり 迷ったり するのは

      アジア人 で 日本人 だけ だから 」


と こう 言った


俺   「 ええっ! そうなん? マジ? 」


この 出来事 は 衝撃的 だった


このような 日本人 の 見分け方 が

存在 する こと にも おどろいた


日本人 だけ の ところ に いたら

この こと を 知ること すら なかった


これは オーストラリア の 人 が


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 外から 日本人 を 観る と 観える 特徴 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


なので ある

そして それ と 同時 に 俺 自身 も


☆ 『 日本 から 出て 外から 日本 を 観た 』


と いう 経験 にも なった わけ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から 観てる から こそ 

    観える こと も ある   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうことを 俺 は 学んだ


この オーストラリア の 旅 では

この他 にも いろいろ な 学び が あり


俺 は 外から 日本 を 観る こと で

より 日本 を 理解 すること が できた


日本 で 暮らしている とき は

『 内から の 視点 』 のみ だったが


日本 を 外から みた 視点

『 外から の 視点 』 

も 大切 だな と 深く 感じた


そして 


俺 の すき な 映画

『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』


にも こんな 名シーン が ある


b0225081_12375155.jpg
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』  [Blu-ray]  詳細






シャア と アムロ の 戦闘中 に


シャア の 部下 の モビルスーツ が 

足 を 撃たれ 半壊 していた

b0225081_050460.jpg









それを 観た シャア は 部下 に

こう 言った


シャア 「 帰還 するぞ 」

部下  「 一人 で 行けます から 」

b0225081_0555767.jpg









シャア 「 無理だ 外から 観ると わかる 」


そうである 部下 は 

自分 の モビルスーツ の 中 に いる ので


自分 の 機体 が どうなって いるのかが

観えて いない ので


部下  「 一人 で 行けます から 」


と 言った 


しかし その 機体 を 

『 外 から 観ている 』 シャア には


部下 の 一人 での 帰還 は

無理 だと よく わかる の である


この こと から も


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 他者 が 自分 に 対して 外 から 

   観える こと を 言ってくれる こと 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


が いかに 大切 か お判り いただけた だろう


『 外から 観ると わかる 』


この 映画 の この セリフ は 深い


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まずは この 両方 の 視点 が ある こと

を しっかり 知っておく ことが 大切 である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「 外から だと 判らない こと 判る こと 」

「 内から だと 判らない こと 判る こと 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


が あるので 両方 の 視点 が 大切 である


このような メッセージ は このように

出来事 や 映画 から 学ぶ こと が できる


日常 の 出来事 や 映画 や 本 から

このような 大切 な 天 からの メッセージ


が 届けられて いる わけ である


では その 学んだ メッセージ を


実際 に 自分 の 日常生活 に 

活かす には どうすれば イイ のだろうか?


また 日常生活 に おいて

このような 内 と 外 の 視点 が

もんだい と なる ケース とは

どんな とき だろうか?


これ を 解説 してみよう


以前 こんな こと が あった、、、


学生時代 の つれ の 集まり で

俺 は 遅れて 行き 席 に 着いた


たまたま 座った その 席 では

すでに 結婚 した 友人A が いて


なにやら 夫婦関係 の むつかしさ 

が 話題 に なっていた


他の れんちゅう は 結婚 してないが


友人A の 話 を 聴いて みんな

あれこれと 相談 に のっていた


その 会話 の 途中 で

友人A が ちょっと ハラ を 立て


友人A 「 そういう こと は 結婚して

      ない やつ に 言われたくない 」


と 口走って しまった

すると みんな 黙って しまった


これは ちょっと よろしくねーな

と 思った ので 俺 は こう 言った


俺 「 いやいや 結婚 して

    ない から こそ 観える 

    こと も あると おもーぜ   」


友人A 「 ・・・・・・・・・ 」


どうやら 納得 が いかない 様子 である

そこで 俺 は こう 言った


俺  「 ところで お前 さっき から

     ずっと 歯 に 大きな 海苔 が 

     お歯黒 みてー に 付いてるぜえ 」


友人A 「 んん! マジ? 」


と 友人A は おどろいて あわてて

手 を 口 に 持って いった


俺   「 いや 本当 は 付いてねーけど 」


友人A 「 は? どういうことだ? 」


俺 「 人って のは 自分 の 歯 に 

    海苔 が 付いている か どうか

    すら 自分 では 判らない    」


俺 「 だから 外 から 観た 方 が

    よく 判る ことってのも あるんだぜ 」


そこで 友人A は ハッと した

そして しばらく 考え込んでいた


友人A 「 なるほどな 確かに 結婚 してる

      から 観えなく なってしまった

      こと って のも ある よな、、、 」


と いう こと に 気づいた ようで あった


「 ~してない 人 に 言われたくない 」


など ときどき 耳 に するが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 その 中 に どっぷり と 浸かって

    いる から こそ 観えない こと も ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こういった こと は 本当 に よく 起こる


先ほど の 歯 に ついた 海苔 の ように


☆ 『 自分 に 観えてない ところ は ある 』


この 視点 を 持って おく こと は

とても 大切 である


そうすれば 人 から 何か を

指摘 や ちゅうい してもらえた とき でも


自分 の 内からの視点 だけ で なく

外からの視点 を 知る チャンス となり


素直 に 聴ける ように なるし 

感謝 の 気持ち も 湧いてくる ようになる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』


「 外から だと 判らない こと 判る こと 」

「 内から だと 判らない こと 判る こと 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


つまり 


先ほど の シャア の 例 の ように


自分 が 観えてない ところ を

人 が 言ってくれる こと が ある


と いう わけ である


これ は とても ありがたい


あと 


霊的 な こと を 書いて おくと


守護霊たち は なんとか 俺たち に

メッセージ を 伝えよう と してくれている


シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

も その 1つ なのだが


そのほか にも


守護霊たち は 人 を 使って 

メッセージ を 届ける こと が ある


なので 人 から きた 言葉 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 この 届けられた 言葉 は 

    守護霊 からの メッセージ かも 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 言った 視点 を 持って おくと

役立つ こと が ある


もちろん 人 から の 言葉 に

頼りすぎたり とらわれすぎる のも

よろしく ない ので


届けられた 言葉 の メッセージ を


☆ 『 バランス よく 自分 の 成長 に

    繋がる ように 活かして いく   』


こと が 大切 である


また そうした 言葉 が 届けられたり

した とき には


その 届けてくれた 人 や 守護霊たち に


「 センキュ! ありがとうな! 」


と お礼 や 感謝 の 気持ち を

伝える こと も 大切 である


これは 本当 に 俺 も 

かなり 実感 している のだが


そうして いく と いろいろ と より

人生 の 展開 が スムース に なります


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-27 15:16 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(9)

驚愕!禅僧白隠の教えと気づきの過程! #529

みなさん こんちには


今回 は 


『 ちょっと 知っておく と イイ話 』 


シリーズ 第一弾 を お伝え しよう


この シリーズ は 俺 が 今まで に

知った 話 で 役立ち よかった もの

を お伝え する シリーズ である


これは 何か の 『 禅 』 の 本 に

書いて あった 話 だが


俺 に とって は かなり 

強烈 に 印象 に 残った 話 である


それは 白隠 と いう 

禅僧 の 話 である


では はじめよう



ある日 禅僧 白隠 の ところ へ

一人 の 武士 が やって 来た


そして 武士 は 白隠 に


武士 「 天国 や 地獄 つーのは

     本当 に 存在 するのか? 」


と 質問 した

すると 白隠 は なんと


白隠 「 お前は 見た目 は 立派 な

     武士 だが その歳 で 地獄 が

     あるか ないか 解らない とは

     かなり の 愚か者 だな!    」


と 言い放った のである


一体 白隠 は どういう つもり だろうか?

質問 に 答える 気 が ない のだろうか?


そして 白隠 は さらに 


これでもか と 言わん ばかり に

武士 を 侮辱し 罵倒 しつづけた


はじめは 黙って 耐えていた 武士 も

しまい には いかり だし


武士 「 いい加減 に しろ! 」
 

と 刀 を 抜いた


すると 白隠 は それ を かわして

寺 の 中 を 逃げ まくった


逃げ まくり ながら も 白隠 は 

さらに 武士 を 罵倒 し続けた


しかし ながら ついに 白隠 は

寺 の 一角 に 追いつめられて しまった


武士 の 怒り は 頂点 に 達して いて

刀 で 白隠 を 切りつけよう と した


まさに その とき だった


白隠 「 そこ が 地獄 だ! 」


と 白隠 が 武士 を 一喝 した


それを 聴いて 武士 は ハッと した


いかり に まかせて 人 を あやめよう と

している その 心 こそ まさに 地獄 である

と 武士 は 気づいた


そうで ある 白隠 は この 武士 に

それ を 教える 為 に わざと

武士 を 罵倒 して おこらせた のだ


武士 「 申し訳 なかった、、、

     かたじけない ありがとう、、、 」


と 武士 は 自分 の 振る舞い を

深く 反省 した 


そして


自分 に ここまで して 教えてくれた 

白隠 に たいする 感謝 が 生まれた


すると 白隠 は


白隠 「 そこ が 天国 だ 」


と 言った


どうだろうか


天国 も じごく も 

自分 の 心 の 状態 なのである


この 話 を 読んで なるほどな

と 深く 感じた


実際 ひと は ハラ を 立てたり

いらいら している とき は


エゴ の 周波数 であり そうすると


こころ が どんより したり

落ち着かない 状態 に なる


しかし 愛 と 調和 の 周波数 だと

こころ が すっきり 明るい 状態 となる


だから もし こころ が すっきり

しない とき は


やはり しっかりと 自分 と 向き合い

こころ の 状態 を 観る こと が 大切 


そして 


愛 と 調和 の もと に 反省 して


自分 の 考え や 行動 を 変えていく と

周波数 が 整い こころ は すっきり する


反省 は とても 大切 な 行為 なのである


反省 して 自分 の 考え や 行動 を 

変えて いく こと で 周波数 は 変えられる


自分 が どのような 周波数 の こころ で

過ごす のかは 自分 で 選べる わけ である


また 


この 白隠 の 話 は


人 に 何か を 教える 場合

単なる 知識 の 受け渡し では なく


身をもって 体験的 に 教える って のは

本当 に たいへん な こと だな と 感じた


ひと には 理解 の 仕方 が 2つ ある


『 知識 』 として の 理解 と

『 経験 』 として の 理解 である


別 の 言い方 を すると


知識 を 扱う 「 左脳 」 的な 理解 と

経験 を 扱う 「 右脳 」 的な 理解 がある


たとえば 冬 の レジャー である

スキー なんか を 考えると


本 や 映像 を 『 知識 』 として 得れば 


板 に のって 雪山 を 滑る のだと

スキー が 大体 どんな もの かは 判る


しかし 実際 に スキー を 『 経験 』 すると

本 や 映像 から は 得られ なかった


実感 として の スキー が 判る ようになる


かと言って 


いきなり スキー板 だけ 渡されて

『 経験 』 しろと

雪山 に 放り出されても こまる


どうのように 体重 を 移動 すると

曲がる ことが できる など


『 知識 』 や 論理的 な 理解 は

絶対 に あった 方が いい


『 知識 』 も 『 経験 』 も

両方 大切 なので ある


実際 俺 も スキー に 関して

ひでー目 に 会った こと が ある


高校時代 に バンド の メンバー と

スキー に 行った の だが


俺 は スキー やった こと ねーぞ

と 言ったら


友人 「 教えてやる 「 K 」 も 来い 」


と 言われて 俺 も 行って みた


で 実際 スキー場 へ 行き

みんなで リフト で 頂上 まで 行った


そしたら そこ は なんと 急坂 で

こぶ だらけ の 上級者 コース だった

b0225081_18462594.jpg









こんな ↑ 感じ の コース だった


滑れる やつら は スイー っと

降りて 行って しまい 


で その 友人 は 


スキー を したことの ない 

この 俺 に こう 言った


友人 「 お~い 「 K 」 降りて来ーい! 」


俺  「 は? マジかよ… って おい! 」


と だけ ツッコんで おいたが


その日 初めて スキー を 履いた 俺 には

それは かなり 過酷 な 要求 だった


案の定 俺 は ひでー目 に 会った


身 も 心 も きずだらけ に なり

俺 は 根性 だけで 降りて いった


「 スキー とは こんなに イタイ!

  冬 の レジャー だった のかっ! 」


と 思って しまった くらい だった


かなり たいへん では あったが

とても イイ 経験 には なった かなと


それに

実は 俺 に とって は


この ような 過酷 な 状況 ってのは 

おもしろい ので むしろ 『 美味しい 』

( ダチョウ倶楽部 かよ! )


ま 実際 俺 も 笑ってたし 

ははは





その後 友人 から ちゃんと スキー理論 を

教えてもらい 練習し 滑れる ように なった


やはり 知識 や 理論 も

大切 だと そーとー 実感 した


この 俺 の エピソード から しても


左脳的 『 知識 』 での 理解 も 

右脳的 『 体験 』 での 理解 も 


両方 大切 だということは 明らか である


俺 は この スキー の ひさん な

出来事 から 身 を もって それを 理解 した


「 身 を もって、、、 」


ハッ、、、 まさか、、、


あの とき の 友人 は 白隠 の ように


俺 に 知識 と 体験 の 両方 が 

大切 である と いうこと を


「 身 を もって 」 知って もらおう 


と 思い それで 俺 に 

あの 過酷 な 要求 を したのかっ!


なんて、、、な

ははは


いや まてよ、、、ひょっとして、、、


ああ、、、

でも きっと そう なんだろうな、、、


ああ、、、それでか、、、


それで 俺 は あのような

過酷 な 経験 を した わけ か、、、


なるほど、、、


と 思わず この 記事 を

書きながら 納得 してしまったが


俺 は この ブログ や 本 を 通じて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 「 ええっ? 」 という 

    ハブニング 的な 出来事 に こそ

    守護霊たち から の プレゼント が

    画されて いる ケース が 多い    』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


驚愕!え?な相手がじつは天の味方だった! #476


と いうこと を 解説 してきたが


この 高校時代 の スキー での


友人 「 お~い 「 K 」 降りて来ーい! 」


って のは まさに ええっ? と いう

出来事 であった


だが やはり よくよく 考えると

あの 出来事 の おかげ で


経験 だけでは なく 知識 も 大切

だと いう バランス が 身についた


やはり あの 友人 は 白隠 だったのだ!


あんな 笑い話 で あほ の 様な 体験 にも


やはり そこには 天 の 意図 が 

画されて いた わけ である


高校時代 の 話 なので 

今 まで ずっと わすれて いて

さほど 深く 考えた こと も なく


笑える 話 だが ひでー目 に 会った 

くらい に しか 考えて いなかったが


今回 よくよく 考えて みると


あれ は 俺 に とって 必要 な 体験 

だった と 今 わかった わけ である


ははは


と いった 感じで 


今回 は 


禅僧 白隠 の 天国 と 地獄 の エピソード 

『 知識 』 と 『 経験 』 の 大切 さ


そして


俺 の 高校時代 の スキー での

ええっ? という 想い出 にも

やはり 天 の 贈り物 が あった


と いう こと に 俺 が 気づく のを 

リアルタイム で お届け してしまった


と いった 形 に なった わけ だが


だいたい いつも こんな 感じ で


「 この 出来事 には どんな

  意味 が あるのだろうか? 」


と あれこれ 考えて いる と

こんな 感じ で


起こった 出来事 の 天 の 意図 が

観えて くる わけ である


こういった 気づき の 過程 を

知る こと も 大切 かな と 思い


今回 は 俺 が 気づき に 至る 過程 を

あえて そのまま 記事 に してみたが


いかがだった だろうか


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 気づき を 得る には 

    起こった 出来事 を あれこれ いろんな 

    角度 から 思索 する こと が 大切  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-19 23:28 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(12)

驚愕!目に映る出来事の奥にある霊的真実! #528

みなさん こんちには


今回 は 守護霊たち の する こと 

に 関して 書いて おこう


自分 が 観ている 世界 の その 奥 には

天 の 意図 という もの が 存在 する


その 天 や 守護霊 の 意図 を 知ると


自分 の 目 に 映る 世界 が

今 まで とは ちがった 世界 に 観えてくる


そんな 話 である


それでは はじめよう



これは ちょっと おもしろい のだが

ホント に たまに では あるが


守護霊たち は 稀 に 俺 の 身体 を

うごかない ように する とき が ある


以前 の 記事 にも 書いた が

驚愕!出版報告とその霊的背景には! #477

俺 に 執筆依頼 が 来た とき に


守護霊たち は 俺 が やる気 の ない ような

こと や へん な こと を 言えない ように


やつら は 霊的 な 手 で 俺 の 口 を

ふさいで しまって いる かの ように 


俺 の 口 からは まったく 言葉 が 出なく

なって しまって いた、、、 


と いう こと を 書いた


このように 守護霊たち は ときどき

俺たち の 身体 に 影響 を 与えてくれる


これは ある意味 本当 に ありがたい


とくに 俺 の ような 音楽 ばかり して

霊的活動 サボりがち な やつ に とっては

マジ で ありがたい


生まれて 来る 前 に 決めて きた

重要 な 使命 とか 絶対 に 道 を

逸れては いけない 場面 とか で


身体 に 影響 を 与えて

正しい 道 を 示してくれる わけ である


この とき も 本当 に そうであった


俺 の 口 が まったく 動かなく なった

口 から ことば が でないの である


それで 


「 わかりました 書きましょう 」


と しか 言えなかった


この ことば だけ は やたら と

スムーズ に 言えた わけ である


ははは 

笑える よな


こうして 俺 は 執筆 という 

人生 の 重要 な ポイント を 通過 できた 

わけ である


で 


今回 の 話 なの だが


かなり 前 の こと だが

こんな ケース が あった


俺 が いろいろ と やりたい こと 

が あった とき の こと だった


なぜか きゅうに 体調 を くずした

すごく やる気 に なっていた だけに


「 くっそ まったく ツイて ねーな 」


と 俺 は かなり くやしがった


しかし 俺 は 普段 

かぜ すら ほどんど ひかない ので


ちょっと この 感覚 は おかしーな と 思い


「 あ! やつ(守護霊) の 仕業じゃね? 」


と 感づいた


そうである これ は やつ の 仕業 である


しかし 守護霊 の やつ は

なんで よりに よって 


やりたいこと に 集中 していた

この タイミング で 体調 くずさせる のか


と 俺 は ハラ が 立った


そこで 俺 は


俺 「 おいおい なんで この タイミング 

    で 俺 の 体調 を くずすんだよ! 」


と 文句 を 言って やった

すると 守護霊 は


守護霊 「 こうでも しなかったら ぜったい

      おまえ 休まねー だろう、、、  」


と 言った


それを 聴いて 俺 は ハッと した


確かに そうで ある 俺 の 性格 だと


やりたいこと が あると 夢中 に なり

かなり むり してでも それを してしまう


その 時 も 俺 は かなり むり を して 

身体 を 休めて なかった のである


俺 「 ああ、、、なるほどな、、、 」


と 


つまり 俺 が ほとんど 休まない ので 

守護霊 が 強制的 に 休ませて くれた のだ


こんな 感じ で 守護霊 が 身体 に 

影響 を 与えて くる ケース も ある


一見 ツイて ねー と 思った この 出来事 

実は これが 天 の 采配 だった わけ である


ここ で 大切 な こと は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 ツイて ねー と 思っても

    実は 天 に しっかり 護られている 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ が 『 霊的真実 』 である


うおおお! 天 から 見放された と 感じても

実は まったく 見放されて いない 


それどころか それ が 本当 は


天 から 与えらた とても 必要 で

ありがたい 出来事 だった わけ である


ツイて ない のでは なく

むしろ 恵まれている わけ である


これは マジ で 本当 に ありがたい

そして らくたん する 必要 は ない 


しかし こういった ケース では ただ

ありがた がっている だけ では いけない


なぜか と 言うと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 こういう 出来事 は 自分 の なか 

    の どこか を 正したり 調整 する とき 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


だから である


その 一見 ツイて ない かのように 

みえる 出来事 を 通して


自分 の 考え方 を 変えて どこか を 

正したり 調整 する ことが 大切


と いう わけ である


そうする こと で 


その 一見 ツイて ない 出来事 から

とても 大切 な こと を 得られる


ここ が 大切 なのだが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 天 は その 出来事 から

    何か を 変えなさい 学びなさい 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 言っている わけ だから


その 出来事 から 


自分 の 考え方 を 変えたり 学び それ を

しっかり 実行 する ことが 大切 なのである


そして そのような 出来事 から

得られる もの は かなり デカイ


かなり 大切 で 重要 な こと が 得られる


なので そのとき の 俺 も 


やりたいこと が たくさん あっても

むり は もう 辞めよう と

自分 の 考え方 を 変えて

ゆっくり 休む こと に した


今 に なって 振り返ると


守護霊 が あのように した のも

むり の ねー 話 だな と 思う


よくも あんな むちゃ を していたな

この 男 は、、、 と 思う


その 出来事 を きっかけ に

俺 は 見事 に 変わる こと が 出来た


今 現在 は 多少 の むり は しても 

当時 ほど の むり は しなくなった


そして ときどき あえて

休み を とる よう に なった


( カフェ で ぼ~~~っと したり )


あの 出来事 と その 奥 に あった

天 そして 守護霊たち の おかげ である


といった 感じ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 ツイて ねー と 思っても

    実は 天 に しっかり 護られている 』


☆ 『 こういう 出来事 は 自分 の なか 

    の どこか を 正したり 調整 する とき 』


☆ 『 天 は その 出来事 から

    何か を 変えなさい 学びなさい 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんな 霊的視点 を 覚えて おいて 


それに もとづき 実行 すると

いろいろ と 開けて くるかと 思います


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-14 19:42 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(20)

驚愕!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』! #525

みなさん こんちには


ついに 今日 この 日 が やって きた!

「 2015年10月21日 」


え? 何 の 日 かって?

この ↓ 日 である

b0225081_1541150.jpg









これ を 観た だけ で 何 なのか 

すぐ 解る 方 も 多い はずだが


これは 映画 『 バック・トゥ・ザ・フューチャー 』

で 描かれていた 未来 の 日付 である

( 正確にはバックトゥーザフューチャー2 )


b0225081_8315291.jpg

















この 映画 は かなり そーとー

めちゃくちゃ おもしろい


じつは 俺 は この 映画 を

最初 は 知らなかった のだが


友人 が 


「 絶対 に これ だけ は 観てくれ! 」


と 言って 俺 に 渡してきた のが

この 映画 と 出会った きっかけ だった


「 え? マジ そんなに 面白いんか 」


と 観てみたら これが マジ で 面白かった


それまで 俺 は 音楽 ばかりで

映画 は さほど 観て いなかったが


「 ん! 映画 って こんなに 面白いのか! 」


と マジで 驚いて それ 以来

俺 は 映画 好き に なった わけ である


この 映画 は 1 から 3 まで の 

シリーズ と して の 内容 は 


タイムマシーン を 発明 して

過去 や 未来 を 行ったり 来たり する


と 言った 話 なのだが



https://youtu.be/qvsgGtivCgs


これが じつに よく 出来ている


主人公 の マーティー が 


『 シンクロニシティ 意味のある偶然の一致 』


に たすけられたり も する


いろいろな ところに 伏線 が 敷かれている

たとえば 映画 の はじめ の 方 で


b0225081_9523914.jpg









時計 の 建物 の 前 で

時計 修理 の 募金 を 頼まれる の だが


b0225081_1032139.jpg









このとき 主人公 の マーティー が 

なにげに 募金 に 協力 を して


「 なんとなく 」 受けとった

時計修理 の チラシ が 後々 に


b0225081_9573557.jpg









かなり 重要 な 意味 を 持つ こと となる


なにげに 募金 して 受けとった 

この ただの 1枚 の チラシ が


なんと!


主人公 の 人生 を 劇的 に 

救う こと と なる ので ある!


このとき もしも 募金 していなかったら

とんでもない こと に なってしまっていた


といった 感じ で 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 現在 と 未来 そして 過去 が

   すべて 意味 を もって 繋がっている 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こと が とても うまく 描かれている


この 1枚 の チラシ の ように


あなた が 今 なにげに やっている こと が


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 実は 将来 とてつもなく 大きな 意味 を

   なす こと と なる かも 知れない のである 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


とある 1つ の 行動 を とるか とらないか

で 人生 が 大きく 変わってくる わけである


なので もしも 「 これは! 」 と 

感じる こと が あるので あれば


是非 愛 と 調和 の もと に

行動 に 移して みて いただきたい


その 行動 1つ で 人生 が

大きく 展開される こと も あるわけである





この 映画 の もっとも 素晴らしい

ところ は なに かと 言うと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 今 の 自分 の 行動 を 変えれば

    未来 は 望む 方向 に 変えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を とても わかりやすく

描いている ところ である


そうである 未来 は 決まっていない


今 の 自分 の 行動 を 変えれば

未来 は 望む 方向 に 変えられる のである


これは もちろん 個人 の 人生 

だけ ではなく


地球 全体 の 未来 に 関しても 言える


俺たち の 選択 と 行動 で

よりよい 地球 の 未来 を 作れる


俺たち の 選択 と 行動 で みな で

ステキ な 地球 を 創って いきましょう!


b0225081_292175.jpg
バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX [Blu-ray] 詳細


そんな ことを 考えつつ この 映画


『 バック・トゥ・ザ・フューチャー 』


シリーズ 1 2 3 

を もう一度 観て みると イイ かも


ご覧 に なる 場合 は パート1 から 

観ないと わからない ので ごちゅうい ください


( パート3 は あまり 話題 に ならないが

  俺 は なにげ に パート3 も すき である )


現在 の 積み重ね が 未来 を 作る ので


愛 と 調和 の もとに

今 を 大切 に いきましょう


と 言った 感じ で 今回 は


『 驚愕! パック中だ!ティーチャー! 』


b0225081_12254649.jpg










でした 

って おい!


おい! 「 K 」 おまえ あほ だろ!

ぜってー お前 あほ なんだろう お前!


フッ、、、おれ の あほさ を あなどるなよ

( って ↑ なに それ! )


ははは



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-10-21 13:15 | Trackback | Comments(22)

実録!自然に変化を促す思いやり! #524

みなさん こんちには


前回 の 記事 の 続き とも 言える

シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

が 起きた ので ここ に 書こう


前回 の 記事 では 

驚愕!日常に潜む天のメッセージを解読! #523


俺 の 日常 に 起きた 

歯ブラシ シンクロ の 解釈 を もとに


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 相手 に 自然 な 変化 を 促す 

    には 優しさ や 柔軟性 が 大切 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう こと に 関して 書いた


すると またまた


なんと!


俺 自身 が 『 自然 に 変化 』 する

といった 体験 を させて もらえた


それは 俺 が かなり かたくなに

こだわっていた ところ だったので


そこ が 『 自然 に 変わった 』 ので

俺 自身 とても おどろいた 出来事 だった


それでは はじめよう


先日 こんな こと が あった

久しぶり の 知人 に 会った


かなり 久しぶり だったので

いろいろ と 会話 も 盛り上がった


すると 知人 は おもむろ に 


知人 「 こちら を おためしに どうぞ! 」


と 何か を 取り出し 俺 に 渡してくれた


俺 「 おおおおおっ! 何 これ! 」


と 


その前 に 一旦 ここ で


この 話 に 必要 な 俺 の 状況 を

説明 しておくと


以前 俺 は あちら の ブログ で

ファッション! #036


俺 の Rock な ファッション への 

こだわり に ついて 書いた


それは 極寒 の 真冬 で あっても

革ジャン の 下 は Tシャツ 1枚 のみ


革ジャン は 下 に 厚着 を してしまうと

スマート に 着こなせ ない


寒いから と 言って ポリシー を

こわして 厚着 など してしまっていたら


『 もはや それは Rock ではない 』


だから どんなに 寒くても 俺 は 革ジャン の

下 は Tシャツ しか 着ない のである


しかも


革ジャン を Rock に 着こなす には

どんなに 寒くても ジッパー は 上げない


首元 まで しっかり ジッパー を

閉めてしまったら Rock では ない


革ジャン を Rock に 着こなす には

首元 は ジッパー を 開ける 必要 が ある

( ライダース革ジャン は 閉めても オッケ )


と いった 感じ で


俺 は どんなに 寒くても


革ジャン の 下 は Tシャツ 1枚 で

首元 までは ジッパー を 上げない 


この ポリシー を これまで 貫いて きた


ま 実際 は かなり 寒い のだけどね

( って おい! )

ははは


そんな 俺 に 周り の 知人 や 友人 は

気遣って くれて も いた


「 寒い でしょ? もう少し 厚着 したら? 」

「 せめて ジッパー 閉めてくれ 」

「 かぜ とか 大丈夫? 」


などなど 


しかし 俺 は Rock ポリシー を

貫き Tシャツ 以外 の もの を

着る つもり は まったく なかった


みな に 気遣って いただいた こと は

ありがたかった のだが


この 件 に 関しては

自分 の ポリシー を 貫く ため に


俺 は 知人たち の 言葉 に

まったく 耳 を かさなかった


ちなみに 冬 に かぜ を ひいたことは

ほとんど ない


俺 は ボイトレ を しているので

声 を まもらないと いけない


だから 体調管理 は 

かなり 大切 に している のである





話 を 戻すが


先日 久しぶり に 会った 

この 知人 が くれた もの とは


なんと!


ヒートテック の Tシャツ だった!


ヒートテック って あの 例 の

着るだけで かなり 暖かい 素材 の やつ


こちら ↓

b0225081_904321.jpg










この 知人 も 先ほど 書いた

俺 の ポリシー を 知っていた


こちらの 知人 は


『 真冬 の 俺 の Rock ポリシー を 

  貫いた まま 暖かく 過ごせる 方法 』


を 考えて ヒートテック の Tシャツ を

俺 に くれた のである


俺 「 おおおっ! センキュ! ありがとうー! 」


正直 俺 は これ には マジで 感動 した


3枚 の ヒートテック の Tシャツ を

いただいた の だが


色 は 俺 の 好きな 黒 が 2枚 と

Rockっぽい 柄 の が 1枚


Rock を 意識 して 選んで くれていた


俺 は タイト に 着る のが すき なので

サイズ も 少し 小さ目 を 選んで くれていた


黒 の 2枚 は 丸首 と Vネック と

2種類 あった


実際 に 着てみて どちらが 気に入るか

ためして みて ほしい との ことだった


なんか 凄い なあ と 思った


俺 が 自然 に 初めて 冬 に

普通 の Tシャツ 以外 の もの を

着てみよう と 思った 瞬間 だった


しかも


俺 は 春 と 夏 が 

かなり すき なのだが


初めて 


「 あ~~ 早く これ 着てみて~な~

  あ~~ 早く 冬 に なんね~かな~ 」


なんて 思う 自分 が いて さらに 驚いた!


今回 こちらの 知人 は 

俺 の 本 が 11月 で 出版 一周年 

に なる ので 


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





その 記念 も かねて

ヒートテック の Tシャツ を くれたのだが


何より も 俺 の Rockポリシー を

しっかり と 理解 してくれた 上で の 


この 心配り が とても 嬉しかった

本当 に どうも ありがとう である!


それに とても 勉強 に なった


☆ 『 相手 の 視点 での

    こころくばり の 大切 さ 』


これを 身 を もって 

体験 させて いただけた わけ である


この様な 相手 の 視点 での

こころくばり は 


とても ありがたく 嬉しい


この 視点 で しっかり 相手 を 観て

考える こと が 大切 である


こういった 意識 で 考えている と 

必要 な もの が 見つかる ように なる


たとえば


ちょっと 探してみたら 

こんな ↓ 本 が あった


b0225081_1117556.jpg
『読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー 』








俺 は きつえん は しない ので

読んではない ので とりわけ

おすすめ の 本 とういう わけ ではないが


ただ 客観的 に 観て

アマゾン の 部門 ランキング1位 であり


現段階 で レビュー が 610 あり

星5つ 評価 が 434 と なっていて


実際 に 自然 と きんえん 出来た 方 が

かなり いる ようである


なので きんえん を 

しようと している 方 には


こういった 本 を プレゼント してみる 

ってのも イイ かも 知れない


探せば いろいろ と 自然 に

変化 を 促す 方法 は あるのだろう


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 相手 の 視点 での

    こころくばり の 大切 さ 』

☆ 『 相手 に 自然 な 変化 を 促す 

    には 優しさ や 柔軟性 が 大切 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じである


みなさん も 是非 いろいろ と

意識 して 行動 してみて ください


こういった 日常的な こと から


愛 と 調和 を 意識 して

自分 の 周波数 を 整えたり


自分 の まわり を 整えて いくことが

地球自体 の 周波数 を 整える ことになり


地球 の 将来 を 明るい ものへと

して いく わけ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-10-17 12:32 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(12)

驚愕!龍安寺石庭・様々な角度から真実へ! #521

みなさん こんちには


今回 は モノ の 観方 について

今年 の 5月 に 行った


京都 龍安寺 (りょうあんじ) での 

出来事 を もとに 書いていこう


では さっそく はじめよう



俺 は 以前 から 世界遺産 でもある

京都 の 龍安寺 に 行ってみたかった


龍安寺 は 「 石庭 」 で 有名 である


龍安寺 の 石庭 は 大小 15個 の 石 が

並べられている のだが


ちょっと 不思議 な 構造 に なっており

15個 の 石 が 一度 に 全部 観える のでは なく


☆ 『 庭 を どの角度 から 観て も 必ず 1つ

    の 石 は 他 の 石 に 隠れて 視えない 』


と 言われている


これは とても 興味深く おもしろそう である


☆『 本当 に 15個 全部 観えないのか? 』


☆『 なんとか がんばれば 全部 観える のでは? 』


思いっきり 背伸び してみたり 床 に ぴた~ん と

這いつくばって みたり しても 観えないのか?


☆『 どうして 全部 観えないのか? 

   一体 どういう 構造 なのか? 』


俺 は この あたり の こと を 

徹底的 に 観察 して 検証 したい そう 考えていた


なので 今年 5月 の 京都旅行 の 最後 に

俺 は かなり ワクワク して 龍安寺 へ 向かった


そして これ ↓ が その 石庭 である

b0225081_21284030.jpg









なんとも 美しい 石庭 である


で さっそく 検証 に とりかかるが


この 位置 から 観ても 15個 ある 

はずの 石 が 14個 しか 視えな かった


これは おもしろい! と 思った


俺 は 最後 の 1つ の 石 は どこに

ある のだろうか?


と 思い それ を 探してみた

すると 石庭 の 一番 奥 の ところに ↓ こう

b0225081_2130746.jpg









一番 右側 に 平たい 石 が あり

その 横 の 大きな 石 で 隠れていた


「 なるほどな こんな 感じ で 必ず 1つ

  の 石 は 隠れて 視えない わけか、、、 」


これは とても おもしろいな と 感じた


しかし ちょっと がっかり も した


「 こういう 構造 こういう やり方か、、、 」


正直 この やり方 には


「 ぶぶぶっ!! ちょっと ねーな これは 」


と 思った


大きな 石 の となり に 平たい 石 を

置けば 隠れる のは 当たり前 で


ぶっちゃけ これは ちょっと はんそく気味 だなと

こんな 方法 なら いくらでも 簡単 に 隠せる


俺 は 突起した 石 を 絶妙 な 配置 で

1つ だけ 観えない ように 工夫 されている


と 思っていた ので ちょっと ざんねん だった


全部 の 石 が 一度 に 観えない 仕組み に

関して は 案外 単純 な 構造 だったな、、、


まあ これなら 必ず 全部 は 観えない わけだ

と 思った


ところが 


ここで 大ハプニング が 起きた

いや 大惨事 と いう べき だろうか


おもわず 宇治茶 を ぶぶぶぶぶっ!!

と 吹きそう に、、、 

( 京都 だけに 宇治茶! )


いや 今回 は 完全 に 吹き出した!


俺 は いつもの 守護霊からの 感覚 である


「 な ん と な く 」


気になる 場所 が あった ので


石庭 の 前 の 廊下 を その なんとなく

気になる 位置 まで 移動 して みた


そして 石庭 を 眺めて 石 を 数えてみた


すると なんと!


「 ん? え? 、、、? 」


「 ぶぶぶっ!! 全部 観えたああ! 」


その 位置 からは あっさりと 15個

すべて の 石 が 観えて しまった のだ!


マジかよ!


俺 は ものの 数分 で 全部 の 石 が 

観える ポイント を みつけてしまった のである


俺 は 長年 この 石庭 に 来たら


いろんな 角度 から この 石庭 を 観て 

本当 に 全部 観えないのか を しっかり

検証 してみたい と 思い つづけていた


しかし それ が 

あっさり 全部 の 石 が 観えて しまったのだ


俺 「 おめー(守護霊) 空気 読めよ!

    あほ なのか? お前は あほ なのか? 」


これは ちょっと 興ざめ でも あり


俺 の 頭上 を カラス が かー かー

と 飛んでいき びみょ~ な 空気 が 流れた


俺 は 普段 から 守護霊 の おかげ も あり

探し物 とか も かなり すぐ みつかる


しかし こういう とき に あまりにも

勘 が よすぎる のも あれ だな と 思った


俺 「 つーか なんだよ この 展開! 」


つーか 早えー よ さすがに これは!


この 龍安寺 の 石庭 には 


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


という 禅 の 教え が 込められている らしい


それが 数分 で すべて 観えて しまうとは

ぶちこわし である さすがは 俺 の 守護霊 である!

ははは


つーのは まあ じょーだん で 


こういった 展開 には じつは 意味 が ある


なので 俺 は ここ で


「 この 出来後 は 何 を 意味 している?  」


と これ を 考えて みた


すると ここ で 俺 は 1つ とても

興味深い こと に 気がついた


俺 「 あれ まてよ、、、たしかに ここ から

    すべて の 石 が 観える のだが、、、 」


たしかに 俺 の 立っている 位置 からは

15個 すべての 石 が 見渡せる のだが


たとえ この 位置 から であっても


石 の 並べ方 に よって は

1つ 隠す ことは 簡単 に できる


さっき も 言った ように


あの はんそく気味 の 技 を つかって

平たい 石 を 置いてしまえば 簡単 に 隠せる! 


「 では なぜ 隠さなかった のか? 」


つまり これは 15個 の 石 が 

全部 観える ポイント を あえて 作ってある


と いうこと に なる


この こと から 一般的 には この 石庭 は


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


と いう 意味 だと 言われている が

じつは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から 観る

    ことで より 真実 の 姿 が 観える 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を つまり


真実 の 姿 が 「 観えない 」 のでは なく

むしろ 『 観える 』 ということ を


真実 の すべて と いう わけ ではない が


いろいろ な 角度 から 観て

より 真実 の 姿 に 近づこう と


この 石庭 は 伝えている のだと 感じた


「 求めよ さらば 与えられん

 ( 求めたら 与えられるよ ) 」


と 同じ 感じ で


いろいろ な 角度 から 観ていけば 

より 真実 に 近い すがた が

むしろ 『 観えてくる 』 と 言っている 


だから こそ 


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


なのだろう


ひょっとしたら この 石庭 は それ を

伝えている のでは と 俺 は 感じた


だから あえて 一か所 全部 の 石 が 観える

ポイント を 作って おいた のでは と


この 石庭 の 作者 の 意図 は 歴史的 には

はっきりと とは 解明 されて いない ので


こんなふう に 自分 で 推理 や 思索 しながら

この 美しい 石庭 を 眺める のも おもしろい と 思う


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


これは ほんと に そう 感じる

とても 大切 な こと である


一見 むり に みえても 


いろいろ な 角度 から 観て 探し続ければ 

だんだん と より 本当 の 姿 が 観えてくる


俺 の 経験 を 振り返って も そうである


俺 は 22歳 を すぎた あたりから

霊的 な こと に 興味 を 持ち はじめた


霊的 な 構造 が どうなっているのだろうか?


と いろいろ と 疑問 が あったので

その 本当 の こと を 知りたい と 願った


そしたら 霊的 な こと が 次々 と 起こり 

その 体験 を 通して

俺 は 霊的 な こと を 学ばさせて もらった


そして 実際 に 当時 知りたかった こと に

関して は 今 は すべて わかる ようになった


しかし ツインソウル に 関して は 当時 

俺 は さほど 興味 が なかった ので 

今 も よく わからん のだがっ!


目 に みえない こと で あっても

真剣 に 知りたい と 願えば


自分 が 真剣 に 求めた 

こと に 関して は


守護霊 が 体験 を 通して わかる ように

教えて くれる わけ である


実際 霊的 な こと を 理解 するにも

いろいろ な 角度 から 観る ことが 大切 だった


もちろん 霊的 な こと だけで なく

日常的な こと で あっても 同じ である


たとえば これ ↓ は ロシア語 だが

b0225081_2131358.jpg







理解 しようと 真剣 に 求めて 行動 すれば

こういった もの まで 解る ようになる


自分 の 身の回り に 起こる 出来事 や

自分 に かかわる 人 に ついて


本当 の 姿 を 理解 するには

いろいろ な 角度 から 観ること が 大切 である


でないと 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 の 目 に うつる ほんの 一部分 を 

それ が 「 すべて 」 だと 思い込み

本当 の 姿 が みえて ない

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった こと に なってしまう こと が ある


たとえば こんな こと を 考えて みて いただきたい


次 の 生き物 は 何なのか?


4人 の 人 に 目 を つむって

とある 生き物 を 触って もらった


一人目 は 長細くて へび の ようだと 言う

しかし 

二人目 は 太くて 木の幹 の ようだと 言う

そして

三人目 は 平たく 魚 の エイ の ようだと 言った

そして 

四人目 の 人 は ズバリ 正解 を 言い 当てた


全員 まったく 同じ 生き物 を 触った はずなのに

その 捉え方 が まったく ちがった の である


さて この 生き物 は 一体 何 だろうか?


お判り だろうか?



正解 は 



「 象 」 である


一人目 は 象 の 鼻 を 触り へび のようだと 言い

二人目 は 象 の 足 を 触り 木の幹 のうようだと

三人目 は 象 の 耳 を 触り エイ のようだと 言った


そして 四人目 の 人 だけが

象 の 鼻 と 足 と 耳 を 触った のである

だから 象 だと 判った のである


より 多く の 視点 で 観た 人 が

正解 に たどりつけた わけ である


どうだろうか


いろいろ な 角度 から ものごと を

観る こと が いかに 大切 か 

おわかり いただけた ことだろう


こんな 感じで 

この 「 象 」 の 件 の ように

自分 が 観えている こと が 正解 とは 限らない


ほんの イチブ だけ を 観て しまっている

かも 知れない のである


B'z の 曲 に


「 あなた~ は わたしの~

  ホンノ イチブ しか しら~な~い 」


と 言う 歌詞 が あったり



https://youtu.be/DNgjoJVnTvs


「 氷山 の 一角 (観えているのはほんの一部)」

b0225081_21324123.jpg











なんて 言葉 も あるが


人 が すべて を 理解 するのは

容易 では ない と しても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 より 多く の 角度 から 観る と

    より 正確 に ものごと を 理解 できる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


しかし


実際 は いろいろ な 角度 から

ものごと を 観た うえで 


さらに 大切 な こと がある

それは 


『 いろいろ な 視点 から 観て

  判断 して 行動 する こと 』


まず 大切 なのは 『 判断 』

せっかく いろいろ な 角度 から 観ても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 判断 』 が ちゃんと していないと

意味 が なくなってしまう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり ここ でも 大切 なのは 

『 判断 』 と 『 行動 』 なのである


いろいろ な 視点 で ものごと を 観て

判断 したら さて どう 行動 するか である


では これに ついて 

日常レベル で 考えて みよう


人付き合い や 恋愛 に おいても

こういう こと は 起こりうる のだが


たとえば 相手 が たいへん な とき


A 「 相手 の ため に おじゃま を しない 

    ように 近づかない で そっと してあげる 」


と いう 視点 が ある が

ちょっと 角度 を 変えて 観ると


B 「 相手 の ため に なにか 力 に なって 

    あげようと できる こと を 探して してあげる 」


と この 2つ の 選択肢 が ある


さて 正解 は どちら だろうか?


実際 は 正解 は A の とき も あれば

B で ある とき も ある


だから やはり A も B も 両方 の

視点 を 持っていた 方 が イイ


正解 は A だけ だと 思い込んだり

B だけ だと 思い込む のは よろしくない


まずは いろいろ な 角度 から 考えて

A B そして C など といった いろいろ な

選択肢 を 持つ こと が 大切 で


そして さらに


今 が どちらの ケース なのか を

しっかりと 見極め 行動 すること が 大切 である


こういった とき に 適切 に 判断 して

行動 していくと 絆 が 深まって いく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 いろいろ な 角度 から 観て より

    多くの 選択肢 を 持ち どの 選択 

    が 適切 か 判断 して 行動 する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 大切 なので ある


ときどき 自分 が 何 か を するのが

本当 は めんどくさい だけ なのに

相手 の ため を よそおって


「 今 は そっと してあげる べき 」


と 自分 の 都合 だけ で 判断 している

ケース なんか も よく みかける


また その 逆 で


本当 は 自分 が 相手 を 信頼 できず

ふあん で おちつかない だけ なのに


相手 の ため を よそおって

いろいろ と くちだし している 


そういった ケース なんか も ある


この 2つ の ケース は

愛 と 調和 では なく 


エゴ の 気持ち から 判断 して

行動 を 決めて しまって いる


☆ 『 自分 の 判断 が エゴ なのか

    愛 と 調和 から の 判断 なのか

    しっかり 自分 の こころ を 観る 』

    

この 見極め が 大切 なのである


この 見極め は 容易 な こと では ないが


正しい 判断 が できる ように なるには


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


相手 の 立場に なって 立って

思いやり を もち 真剣 に 考え


自分 の こころ に エゴ では なく

愛 と 調和 が あるか を しっかり 見極め


慎重 に 相手 の 様子 を 観察 しながら


選択 と 行動 そして 修正 を

繰り返して いく こと で 上達 していく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


最初 からは うまく いかなくても


この 姿勢 で 真剣 に 取り組めば

かならず 上達 していく


経験 から 学んでいく わけ である


このような 人生 の 課題 に 

とりくんで いる 方 には


是非 がんばって いただきたい


あと 


この 龍安寺 の 石庭 の 石 が

全部 観えた こと で 深く 感じた こと は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一般的 に 言われている こと を

    うのみ に せず 自分 で 確かめる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり これ が 大切 だと 深く 感じた


もし 龍安寺 に 行かれた 方 は 


ぜひ 実際 に 全部 の 石 が 

観える ポイント を 探して みて ください


もちろん 龍安寺 の 石庭 は 普通 に

眺めて も 美しい 庭 ですので 

ぜひ 行ってみて ください


そして また 


日常 でも 出来事 や 関わる 相手 を

いろいろな 角度 から 観て みると


今まで とは ちがった 景色 や 姿

より 深い 理解 が 観えて きます


たとえば 人間関係 で

なやんでいる とき など でも


相手 の より 多く の 側面 を

知って いく こと が 大切 です


最終的 に 自分 の 望む 結果 に 

なるか は べつ ですが


☆ 『 1つ でも 多く の 側面 を 知ると

    相手 の より 本当の姿 が 観えてくる 』


わけです


そして それが 人間関係 の 問題 の 

ヒント や 解決 に 繋がって いきます


ぜひ おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-09-25 23:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(19)

実相!終戦の日と『信長公記』から学ぶ! #517

みなさん こんちには


今回 は 先日 終戦の日 だったので

人類 の 進化 と 歴史 に ついて 書こう


ときどき ふと 周り とか を みて


「 人類 は 本当 に 進化している のか? 」


と いった 疑問 を もつ こと も あるだろう

これに ついても ここで 書いて みよう


では はじめます



実は 今回 の この 記事 の きっかけ も


とある 読者 の 方 から 俺 の もと に 

届けられた シンクロ から はじまった


ちょと 以前 の こと に なるが

部屋 へ 戻り ブログ を 開く と


そこに 読者 の 方から コメント が

届いていた その 内容 が


「 Kさん! 今 テレビ で

  信長 の 番組 やってますよ! 」


と いった こと が 書かれていた


俺 「 え! 今 って いつ? いつって 

    『 今 でしょ! 』 いかん いかん

    んな こと 言ってる 場合 じゃあない 」


と いそいで その コメント が

書き込まれた 時間 を 確認 すると


なんと!


つい 先ほど 書かれた ところ だった

見事 の タイミング だった!


俺 「 マジかよ! スゲー タイミング!

    おおおっ! センキュ!      」


と いそいで テレビ を つけて

とりあえず 録画 ボタン を おした


俺 「 おおおっ! 間に合ったぜ~! 」


本当 に 見事 な タイミング の

シンクロ だった


俺 も コメント の 確認 が もし 30分

遅かったら この 番組 とは 出会えなかった


この 読者 の 方 も 一か八か で

知らせて くださった のだろう


しっかり 録画したのでな その節 は

ホント に マジ で センキュな である





その 番組 を 観てみると

『 信長公記 』 と いう 書物 の 話 だった


この 『 信長公記 (しんちょうこうき) 』 とは

信長 の 家臣 太田牛一 に より 書かれた


信長 15年間 の 天下取り の 物語 であり


信長 に 関する 重要 な 歴史的 

記述 の 書物 との こと だった


その 番組 で 一番 印象的 だったのが


太田牛一 自身 が この 『 信長公記 』

と いう 書物 に ついて


『 私 の 書く もの に 

  作り話 は 一切 ない

  もし 一つ でも 偽り を 書けば

  天 の 怒り を 買う だろう    』


と 書き残して いる との こと だった


俺 は この こと を 知って

信長 の 家臣 だった 太田牛一 が 

そのような 想い で 書いた 書物 ならば


俺 も ぜひ 読んでみたい と 深く 感じた


そこで さっそく 本屋 で 購入 してきた

b0225081_19364158.jpg
『信長公記』 詳細

太田牛一





俺 は 文庫版 を 購入 したが

500ページ 以上 の 書籍 だった


これ を 読むと 日本 の 戦国時代

の 様子 が とても よく解った ので

ここ で ご紹介 しよう


ただ やはり 戦国時代 な だけ あって

内容 が かなり やばい こと になっている


なので この先 ちょっと 閲覧注意 ですが

ただ 実録 なので 知っておくと 勉強 になる


まず 戦国時代 では ホント に


同じ 日本人 どうし で ありながら

驚くほど 命 を 奪い あっている


ちょっと なまなましい 話 なのだが

合戦 では 多くの 方々 が なくなる


そして 勝者 は 敗者 の 首 を かる

そして その 首 を 自陣 に 持ち帰り

「 首実検 」 を する


「 首実検 (くびじっけん)」 とは

合戦 の 褒美 を 判定 する ため に


討ち取った 相手方 の 武士 の 首 を

並べて それが 誰 の 首 で

どの程度 の つよさ の 相手 なのか を

確認 する こと である


弘治2年8月 の 合戦 では 450人 以上 もの 

相手方 の 武士 の 首 が 並んだ


どうだろうか


想像 を 絶する むごい 光景 である

いや ホント これには 俺 も 驚いた


しかし さらに 永禄元年 の 合戦 では

1250人 以上 の 首 が 並び


永禄3年 桶狭間 の 戦い では なんとも

3000人 以上 の 首 が 並んだ のだ


日本各所 で 合戦 は あったので


一体 この 国 全体 では どれだけ の 

首 が 並んだ の だろうか、、、


当時 は この ような こと が

頻繁 に 行われて いた わけ である


しかも 合戦 と なると


親 兄弟 親戚 どうし で あっても

相手 を だましてでも 命 を 奪い合う


そして 畑 には 火 を 放ち 焼き払って 

しまうから 農民 も たまったもん ではない


ホント 正直 ちょっと 今 の 俺たち の

感覚 から すると マジ で 引いてしまう


同じ 日本人 で こう で あった と

今 考える と 本当 に 愕然 と する


わずか 400年 ほど 前 の 日本 では

この様 な こと が 行われていた わけである


これは 日本 だけ ではなく 世界史 に

おいても このような 感じ なのである


これが この 地球 での

人類 の 歩いて きた 道 なのである


どうだろうか?

なんとも いえない 気持ち には なるが


この 当時 と 今 の 俺たち が 暮らす

世の中 を くらべてみる こと で 否が応でも


『 愛 と 調和 の 方向 に 少しづつ

  人類 は 確実 に 進化 していきている 』


こと が お判り いただけた こと だろう


今回 は ちょっと 思いきって 

こういった 記事 を 書いてみた わけ だが


この 『 信長公記 』 を 読んで

感じた こと は


戦国時代 や 桶狭間 の たたかい の こと は 

日本史 の 教科書 で 習い 知っていた


しかし


教科書 の 知識 では もちろん

先ほど の 「 首実検 」 の こと も

書かれて は いなかった


なので 桶狭間 の 戦い に 関しても


「 へえ~ そういう 戦い が あったのか 」


と くらいに しか 思っていなかった


しかし この 『 信長公記 』 を 読むと

いくさ の 凄惨さ (せいさんさ) や 

酷さ (むごさ) が しっかりと 伝わってきた


「 うわっ むごいな ひどいな こえーなあ 」


と 感じた わけである


つまり 教科書 に 書かれた 歴史 からは

そういう いくさ の 凄惨さ や 酷さ が 

伝わって いない のである


これは ちょっと どうかな と


本当 の 意味 で 歴史 から 学ぶ 

と いうことは そういった 感覚 までも

学ばない と 意味 が ない 


だから 教科書 の 歴史的 知識 だけで

合戦 や せんそう を 語っるってのは


まずい こと なのだな と 感じた


教科書 には せんそう の 凄惨さ や 

むごさ が 伝わる ようには 書かれて いない


せんそう に ついても

凄惨さ むごさ を 感じながら の 知識 や 

認識 が あると 考え方 も かわってくる


そういった 本当 の 知識 が

大切 なのだな と 感じた


稀に せんそう を しようとする 人 が いるが

教科書 だけ の 知識 しかなく

せんそう の 凄惨さ や 酷さ が 

本当 の 意味 で 理解 出来て ない のだろう


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

せんそう って つまりは さつじん

人 を ころす って こと だろ?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


かりにも 国 を リード する 

立場 の にんげん が 国 を


そういう せんそう の 方向性 に していこう

なんて 正直 どん引き だよな、、、


マジで ついて いけん ぶっちゃけ

この人 ちょっと だいじょうぶ? ってなる



この 記事 を 書いていて

ふと 俺 の 祖父 の こと を 思い出した


小学生 の 頃 夏休み の 宿題 で


じーさん に 戦争体験 の こと を

教えて もらって きてくれ と 言われた


なので 俺 は じーさん に


「 戦争 の とき の こと 教えてくれ 」


と お願い してみた


すると 普段 は 気さく で 優しい

じーさん が 黙りこくって しまった、、、


すると ばーさん が 

じーさん の 代わり に こう 言った


「 思い出したく ない くらい ひどく

  つらかった から 言葉 が でない のだよ 」


と 


あの 明るい じーさん が 

こんな おしだまって しまう くらい 

せんそう は つらい のか、、、


と いうことが 伝わって きた

この 出来事 が とても 印象 に 残っている


実際 に じーさん から 体験談 を 聞くよりも 

その 空気 に こと の 重大さ を 感じた


せんそう は マジで やばい よな


天 や 先祖 や 守護霊 たち は

なんて 言う だろうか


「 平和 へ の 努力 を 」


と 当然 言う だろう


神社 に お参り に 行く のであれば

そういった ところ にも 耳 を 傾ける

こと も 大切 である


せっかく 生まれてきた のであれば

平和 の ため に 時間 も エネルギー も

知恵 も 人生 も 使う 方 が いい


愛 と 調和 そして 

平和 が 一番 で ある


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-19 01:21 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(20)

驚愕!『逆襲のシャア』本当に大切なもの! #515

みなさん こんちには


今回 は かなり 以前 から 紹介 したい 

と 考えていた 作品 を ご紹介 しよう


3年 くらい 前 から 

書こう と 思っていた 記事 であるが


なんとなく 書く のは この タイミング かな

と 思った ので 今回 は それ を 書こう


では はじめます



表面的 な こと や 三次元的 視点 に

とらわれて しまうと 大切 な こと が 観えない


『 外見的 表面的 な こと ばかり 観ている

  と 本当 に 大切 な こと を 失ってしまう 』


しかしながら


『 本当 に 命 や 地球 の 尊さ に

  触れた とき 人々 の 意識 は 覚醒 して

  本当 に 大切 な こと が はっきりと 判る 』


そのこと を もっとも よく 解りやすく

教えてくれる 映画 が ある


それが 『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』 である


b0225081_12375155.jpg
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』  [Blu-ray]  詳細







この 映画 は もう ホント に

俺 は かなり すき で すき で


何回 観ても なける 映画 である


はっきり 言って 

この 映画 は もの スゴイ


あらすじ は こう である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この先 かなり の ネタバレ に なるので

この 作品 を 観る 方 は ごちゅうい ください
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 時代 の 世界 では


地球 に 住む 人々 と

宇宙 に 住む 人々 と に 分かれていた


地球 に 住む 人々 は 小さい こと に とらわれ

地球 の 環境破壊 も かえりみず 

b0225081_12385868.jpg











エゴ的な 暮らし を してている


しかし 宇宙 に 住む 人々 は

地球 を 外から 観ている ために

b0225081_12392465.jpg









その 地球 の 美しさ や 大切さ を 理解している


そして そこ に 対立 が 生まれ

あらそい が 起こった


宇宙 に 住む シャア たち は

b0225081_12395822.jpg









「 地球 に 残っている 連中 は 地球 を

  汚染している だけ の 重力 に 魂 を

  縛られている 人々 だ! 地球 を 守れ!

  やつら を 消せば せんそう が なくなる! 」


と 主張し 地球 に 小惑星 を 落とし

地球 に 住む 人々 を 一掃 しようとする


それに たいする アムロ たち は

b0225081_12403824.jpg


  







「 人 を あやめる ことで 世直し とは

  情けない やつ! 人間 の 知恵 は 必ず

  問題 を 平和的 に 解決 できるはずだ!  」


と 反論 して 


シャア の 地球 への 小惑星 落とし を 

なんとか 阻止 しようと する


しかし シャア は アムロ に


「 ならば 今 すぐ その 知恵 で 地球 に 

  住む ばか な 連中 の 目 を 覚ませろ!

  出来ないだろ! だから 俺たち は 地球 に

  小惑星 を 落とし 連中 を 一掃するのだ! 」


と いうこと を 主張 した

両者 は 真っ向 から しょうとつ する


そして ついに シャア たち は 地球 に

むけて 「 小惑星 落とし 」 を 実行 した


アムロ たち の 努力 も むなしく

小惑星 は どんどん 地球 へ 向かっていく

b0225081_12565771.jpg









しかし アムロ は 


「 俺 は 人類 に 絶望 も しちゃいない! 」


と 言い たった一人 で 


大きな 小惑星 と くらべたら

本当 に 小さな ガンダム で


落下していく 小惑星 を 地球 に

落とさまい と ひっし に 押し戻そうとする

b0225081_130558.jpg










そんな こと を しても

小惑星 の 落下 を ふせげる わけが ない

しかし アムロ は たった 1人 でも あきらめない

b0225081_1302820.jpg









こんな こと を 続けていたら アムロ 自身

が 摩擦熱 で 燃えつき しんでしまう


しかし その アムロ の 姿 や 

地球 の 危機 を 目の当たり した


人々 の こころ に 変化 が 起こり はじめた


なんと!


アムロ の 味方 たち が むり を 承知 で 

次々 と 協力しに 集まって きたのだ!

b0225081_1312162.jpg









みな ガンダム より 弱い モビルスーツ で 

小惑星 の 落下 を 止めよう と する


しかし これは 無謀 だ


たかが モビルスーツ が 集まった くらいで 

小惑星 は とめらる わけがない


モビルスーツ は 燃えつき てしまう

それでも みな あきらめなかった


しかし ここで 奇跡 が 起きた

ここが この 記事 の ポイント です


本当 に 地球 が あぶない と 悟った

敵方 の モビルスーツ までもが


なんと!


アムロ たち に 加わり はじめた のだ!

b0225081_1324141.jpg









「 小惑星 落とし 」 を 仕掛けてきた

敵方 の パイロット たち までも が


地球 に 小惑星 を 落とすまい と

アムロ に 加担 しはじめた のである


本当 に 地球 の ピンチ を 目の当り にして


「 自分たち の 作戦 は まちがっていた

  なんとしても 地球 を 守らなければ  」


と 気づいた の である


そして 


小さな モビルスーツ で 小惑星 の 落下 を 

止めよう など 無理 なことだと 承知 の 上で


てき みかた 関係なく みんなで

ひっし に 地球 を 守ろう と

小惑星 を 押し戻そうと しはじめた のだ


そして アムロ も すべて の

他 の パイロット たち に


「 その 機体 では むり だ みんな 下がれ! 」


と 言う


しかし 敵方 の パイロット まで


「 地球 が だめ に なるか ならないか 

  なんだ! やってみる 価値 ありますぜ!  」


と 小惑星 を とめる こと を あきらめない


もう 本当 に 地球 が ヤバイ 光景 を

目 にして 


なんとか 地球 を 守りたい と 


敵 とか 味方 とか まったく 関係 なく 

みんな の 心 が 1つ に なったのだ!


ホント に もう この シーン を 観ると

俺 は 毎回 感動して 泣く かなり 泣く


もう こみ上げる もの を 抑えきれなくなる


と いった 作品 である


どうだろうか


先ほど 書いたように


『 本当 に 命 や 地球 の 尊さ に

  触れた とき 人々 の 意識 は 覚醒 して

  本当 に 大切 な こと が はっきりと 判る 』


お解り いただけた ことだろう


この ガンダム の エピソード では

地球 の 危機 を 目の当たり にして


みんな の 意識 が 覚醒 して

霊的周波数 に 近づいた わけである


そして なにが 一番 大切 か 観えたのである


実際 に 危機 が きてから 気づく のではなく

手遅れ に なる前 に 表面的 な こと にとらわれず 


こころ の 眼 で 感じて 霊的覚醒 の 視点 で

しっかりと 何 が 大切 なのか を 見極め


本当 に 大切 な もの を 失わない ように 

毎日 を 生きること が 大切 である


そのため にも 定期的 に


☆ 『 自分 に とって 何 が 一番 大切 か

    自分 に とって 何 が 本当 に 大切 か 』


を じっくり 自分 の こころ を 感じ ながら

考えてみる こと も イイ かと 思う


と いった 感じ である


この 映画

『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』


この 作品 は 機動戦士ガンダム の 

シリーズもの の 作品 なので


すべて の 方に おすすめ とは 

なかなか 言えない わけ なのですが


環境問題 や せんそう そして 政治的 な 

側面 までも 描いて いて いろいろ と

考えさせられる とても 深い 作品 である


きっと 何か を 感じる かと 思います ので


興味 の ある 方は

是非 観てみて ください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-01 18:10 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(28)

実録!パトカーの取り締まりシンクロ! #514

みなさん こんちには


今回 は 日常的 な 出来事 を

いろいろ な 角度 から の 視点 を 

シンクロ と からめて 書いてみよう


では はじめます



先日 親しい 知人 に 駅 まで 

クルマ で 送って もらった


そのとき 一旦停止 の 場所 で

その 知人 は 減速 は したものの

きっちり と 止まらなかった


なので 俺 は 知人 に こう 言った


俺  「 れ? 一旦停止 止まらないんかい? 」


知人 「 え? 今 ちゃんと 止まったぞ 」


どうやら この 知人 は いいがけんな

一旦停止 が くせ に なっていて


きっちり 止まらなくても 自分 が

一旦停止 している つもり に なっていた


俺  「 いやいや 今 のは 止まった とは

     言わん 減速 した だけだぜ    」


知人 「 え? そうなん? そうかな? 」


俺  「 マジで 言っておくが 一旦停止 は

     ちゃんと した 方 が イイぜ マジで 」


と だけ 言っておいた


知人 は 俺 の その 言葉 を あまり 

真剣 に 受けとった ようには みえなかったので


こいつ マジで 大丈夫かな?

と ちょっと 気になった


☆ 『 人 が みてない ところ でも 

    正しく ちゃんと した 方 が イイ 』


のにな、、、


と 俺 は 思っていた


すると そこに

驚愕 の シンクロ が 起こった!


それは その 数日後 の こと だった

その 知人 と ふたたび 会った とき


知人 「 いや~~ イタイ! かなり イタイ! 」


俺  「 どうした? 」


知人 「 一旦停止 無視 で つかまったあああ! 」


俺  「 あ~~~~~  」


なんと! 


俺 と 一旦停止 の 話 を していた

その 数日後 に この 知人 は


一旦停止 無視 で 警察 に

つかまっていた のであった!


この 知人 に とっては ちょっと

イタイ シンクロ と なってしまったが


これは まさに 見事 な タイミング で

起きた シンクロ であった!


普段 は シンクロ が 起こる と

喜ぶ この 知人 だが


さすがに この シンクロ は 

よろこべ なかった


結構 俺 は 何か を 事前 に 察知 して

相手 に 話す ことが 多い ので


俺 が 一旦停止 に ついて 話した 

のを ちゃんと 心がけて くれてたら

よかったのに、、、 と 思った


ま どーであれ 本人 次第 なので 

しゃーないん だけどな


知人 「 あ~~イタイ! 罰金 7000円! 」


俺  「 、、、、、 」


知人 「 あんな ところに パトカー が 

     いた とは はら たつ~~~  」


俺  「 いやいや パトカー かんけーねーよ 

     おめー が わりーよ おまえ が

     しっかり 一旦停止 してりゃ よかったんだぜ 」


知人 「 まあ そうなんだけどなああ~ 」


俺  「 おめー の 一旦停止 は 停止 じゃなく

     あれは 単なる 減速 だと 言ったよな 俺 」


知人 「 ホント そう 言われていたのになああ!

     しまったなあ~~! ああ~ うっ、、、 」


と こんな こと が あったわけである


しかし


この 一旦停止 シンクロ は さらに つづいた

そして 今度 は なんと!


俺 の 番 だった!


俺 の 身にも その知人 と 同じ 出来事 が 

降りかかって きた ので あった


では その 話 も 書いておこう


先日 別々 の 場所 で 3件 の 用事 が

あったので 俺 は クルマ で 移動すること にした


その とき の 出来事


ひとけのない 見通し の よい 海沿い の 道 で 

小さな 公園 の 横 を 走っていた とき


一旦停止 の T字路 が あったので

そこで おれ は もちろん 一旦停止 した


そして 左右 を 確認 すると


右側 の 民家 の 陰 に ひっそり と

警察 の パトカー が 潜んでいた


俺 「 えっ! あんな ところに

    パトカー が 潜んでいた のか! 」


と 俺 は 少々 驚いた


なんと!


知人 に 続き 俺 にも

一旦停止 シンクロ が 起きた のである! 


「 おおおっ! マジか 俺 にも

  一旦停止 シンクロ が 来たんかい! 」


しかし 俺 は 日頃 から きちんと

一旦停止 しているから


まったく 大丈夫 なので 


取り締まり 自体 は

とくに なんとも 思わなかった


とはいえ


「 ああ やはり 日頃 から きちんと

  一旦停止 を 守っていて よかったぜ 」


と 深く 感じた


知人 と おなじ ように

一旦停止 シンクロ が 起こった ものの


日頃 から しっかり 一旦停止 を 守っていた

俺 は ことなき を 得た わけである


ただ 


ここの T字路 は ずば抜けて

見通し も よく どう考えても

じこ が 起こりそうもない 場所 であり


一見 この 場所 で 取り締まる 必要 が

あるのか? と おもえる ような 場所 なので


すごく 意外 な ところに パトカー が 

潜んでいた こと に 俺 は 驚いた


どうやら ここ の 道路 の 地形 を

利用 して 一旦停止 の 取り締まり 

を していた ようである


おれ は 一旦停止 の 取り締まり 現場 で 潜む

パトカー を 観た のは おそらく はじめて だったが


「 ああ~ なるほどな 」


と 思った


ここで この 現場 の

パトカー の 一旦停止 取り締まり

の 構図 を 解説 しておこう


その 現場 を 図解 すると こう ↓ なる


f0287177_16102597.jpg











そこの T字路 は 右 は 行止り のため

ほぼ 100% の クルマ が 左折 する


運転者 の 意識 は おのずと 自分 の

進行方向 である 左側 に 集中 しやすい


そして この T字路 は この 停止線 の

かなり 手前 の 位置 から でも

左右 とも かなり 見通し が イイ ので


かなり 前方 から でも 右側 から

クルマ が 来てなく 明らかに 安全 

で ある こと が 目視 できる


なので 運転者 が 気を抜くと

右側 を 観ずに 左折 してしまう


そして その まさに 盲点 と なる

右側 の 民家 の かげ に


パトカー が 潜んで

一旦停止 を 見張っていた のである


これを パトカー側 の 視点 で

その ねらい を みてみると こうなる


☆ 『 運転者 が 明らかに 安全 だと

    確認 でき 気を抜きやすい 場所 で 

    地形的 にも パトカー が 隠れやすい 

    ところ で 一旦停止 を 取り締まる 』


これが この 場所 での 一旦停止 の 

取り締まり の 構造 であった


「 ああ~ なるほどな こういう

  盲点 を ねらって くるわけな  」


と 


パトカー の ねらい の ポイント が

わかり ちょっと 勉強 にも なった


さて これ を 読んで どう

感じた だろうか


まず この件 に 関して

しっかり 冷静 に 考えてみよう


知人 の ケース では 


「 こんな ところで 一旦停止 を

  見張ってなくても イイ じゃないか 」


と いう 考え を 知人 は 持っていた


俺 は その 現場 を 知らない ので

そこに 関しては わからない


では 俺 の ケース では どうだろうか?


俺 の 体験した 一旦停止 の 場所 は

クルマ の 通り も ほとんど なく


明らかに 事故 が 起こる 可能性 が 

ほぼ ない と 言える くらい 開けた

見通し の よい 場所 であった


おそらくは 知人 の ケース の 場所

よりも 事故 の 可能性 は 低い と 思われる


だから


「 こんな 見通しの よい 場所 で 

  取り締まる 意味 が 本当 に あるのか? 」


と いう 意見 が でてくる かもしれない


だが 俺 は そうは おもわない


『 こんな 見通しの よい 場所 で こそ

  一旦停止 する 習慣 が 大切 である 』


と 思う


つまり 大切 なのは その 場所 で


「 一旦停止 を するか どうか 」


ではなく 


☆ 『 一旦停止 する 習慣 が

    身についている か どうか 』


であり


これを 本人 に 促す ために

パトカー は 取り締まり を しているのである


なので むしろ

こういった 見通し の よい 場所 で こそ


本当 に 一旦停止 が 身についている かどうか

が はっきりと 判別 できる のである


だから このような 場所 で

取り締まり を する ことは

理 に 適っていて パトカー は なかなか 

イイ 仕事 を している ということ になる


なので さきほど の


「 こんな 見通しの よい 場所 で 

  取り締まる 意味 が 本当 に あるのか? 」


に ついて 言えば 

冷静 に 考える と 「 ある 」 と なる


ただ この 出来事 に はら を 立てたり

自分 都合 で 解釈 してしまうと 「 なし 」

と なってしまう


やはり よりよい 判断 を するためには


エゴ では なく 愛 と 調和 を もって

冷静 に 考える こと が 大切 である


以前 の 記事 でも 書いたが

驚愕!シンクロまさかのタイミングで出現! #465


いかり が あると 周波数 が みだれて

正しい 判断 が できなくなる


守護霊たち からの ひらめき も

受けとり づらく なる


なので もしも いかり が ある ときは

まずは 深呼吸 して こころ を しずめて

周波数 を 整えて


それから 冷静 に 自分 の こころ と

向き合い ながら 考える ことが 大切 である


周波数 を 整えて から 考える と

より 正しい 判断 が でき

まったく 別 の 景色 が 観えてくる のである


こういった 視点 は 相手 の ためにも

そして 自分 の ため にも 大切 である


ちなみに 


俺 は 普段 から 一旦停止 は

丁寧 に きっちり 止まる


だから 取り締まり が あっても

まったく もんだい では ない


なので やはり 結局 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 だれ も 観てなくても 日頃 から

    まじめ に 生活 する が 一番 だな  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を 再確認 した 出来事 でもあった


今回 の この シンクロ を

観て わかる ように


知人 と 俺 に 同じ シチュエーション の

シンクロ が 起きた としても


2人 の 得た 結果 は ちがっていた


その ちがい を 生んだ のは


「 日頃 から 一旦停止 を 

  しっかり 守っていた か どうか 」


の ちがい だった


普段 の 俺 は ご存じ の とおり

そーとー ふざけた やつ なのだが


やはり 本質的 には まじめ である

こと が 一番 だな 思う


日常 の 一コマ で 起きた 一旦停止 の

取り締まり の シンクロ だった が


こういった 出来事 を 通して


いろいろ な 角度 から ものごと を 観て 

考える と いろいろ と 学ぶ ことができる


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-07-25 22:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(23)

実録!日常でのシンクロとの付き合い方! #512

みなさん こんちには


今回は 思いっきり 日常的な

シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

を ご紹介 しよう


日常的 な 場面 で シンクロ が

多発 する おもしろい エピソード である


この 実例 を 読むと 日常 の シンクロ との

付き合い方 が おわかり いただける ことだろう


では はじめます



人 は 周波数 を もっていて

その 周波数 が 整うと いい こと が 起きる


つまり


周波数 が 整う とういう ことは


☆ 『 こころ が とても すっきり した 状態 』


の ことで 

その ような 状態 の とき は


身の回り で 起こる 出来事 が

おもしろい ように ピタっと ハマる


ちょうど イイ とき に ちょうど イイ

ことが 自然 に 起こる の である


今回 は そんな 実例 を 書こう

つい 先日 の 出来事 で ある


それは やはり また 


「 な ん と な く 」


から はじまった


この エゴ では なく 愛 と 調和 の


「 な ん と な く 」 


という 感覚 は 

守護霊たち から の メッセージ であり 


その 声 に 従うと おもしろい ほどの

素晴らしい タイミング で こと が 起こる


それが どんな 感じだと いうと

こんな 感じ である


その日 は 知人 の ところ へ 

打ち合わせ に 行っていた


で 俺 は


「 な ん と な く 」


ま 今日は こんな 感じ でな

と 打ち合わせ を 切り上げた


「 なんとなく 今 この タイミング で 

  打ち合わせ を 終えないと いけない 」


そんな 気が したのである


で 俺 は 次 に 別 の 用事 で

街 へ 出る ために 駅 に 向かった


じつは この 駅 は 電車 が 

一時間 に 3本 しか でていない


つーことは 時刻表 を 観ずに 駅 に

いくと 20分 くらい 待たされる 

なんて こと も ある わけだ


そんな こと を 考えながら

駅 に つくと


なんと!

 
俺 が 駅 に 着くと 電車 が

ちょうど やってきて


さらに


階段 を 降りて まさに 俺 が

ホーム に 着いた と 同時 に


見事 に プシュ~~~ッ 

と 電車 の ドア が 開いた


「 え? マジかよ ちょっと この

  タイミング もの すごいな    」


そして 俺 は そのまま 流れる 静水 

の ように 電車 の なかに 入っていった


って こんな ↓ 感じでっ!

b0225081_235455.jpg









( ↑ 本当かよっ! ありえねー )


やはり あの タイミング で

打ち合わせ を 終えて 正解 だったな と


それ を 知らせてくれた 守護霊 にも

「 センキュ 」 と 告げておいた


で 街 に 着くと 目的 の

用事先 へと 向かった


で その 用事先 で 


「 とある こと を 注文 しようかな? 」


と 考えながら 歩いていると


きゅうに 右側 が 気になり はじめた


このように 何か が やたら 気になる

という 感覚 も シンクロニシティ なのである


そこで 俺 は ふと 右側 を 観ると

そこに 看板 が あり そこには


「 おやめください 」


と いう 文字 が 目 に 飛び込んできた


驚愕 の シンクロ である


俺 が


「 とある こと を 注文 しようかな? 」


と 考えていた まさに その とき に


「 おやめください 」


という 看板 の 文字 が 目 に

とびこんで きた のである!


こういう シンクロ は 明らかに


「 やめておいた 方が いい 」


と いった 守護霊たち から の 

かなり 大切 な メッセージ である


俺 の 今まで の 経験 から 言っても


このような シンクロ には 絶対 には 

従った 方 が イイ


「 センキュ なるほどな それ は やめて

  おいた 方 が いい わけな わかった 」


と 守護霊 に 伝え


俺 は この シンクロ メッセージ に したがった


もちろん やめて おいた ので

何 も 起こらなかった が


用事 も スムース に 済んだ こと から

判断 すると

やはり 言わなくて 正解 だった わけである


で 用事 も 済んだ ので

そのまま 帰ろう かと 思ったが


ちょっと 小腹 が すいていた ので

何か を 食べようかと 思った


で とある チェーン店 に はいると

こんな ポスター が 貼ってあった


『 人生 の 転機 は ぎょうざ を

  食べている とき に やってくる 』


と 書いてあった


「 いやだろ それっ! ははは 」


と ツッコミ つつ も


ちょっと やたら 気になった ので

これ も シンクロ っぽいな と 思い


「 ん? ここ で めし くっている

  あいだ に 何か が 起こるんか? 

  じゃあ 寄らずに まっすぐ 帰ろうかな? 」


と ちょっと 思った が

ま いい かと そこの 店 に 入った


直観 では 帰った 方が イイ かな

と おもった が それに 従わなかった


ようするに 守護霊たち からの メッセージ

である ひらめき に 従わずに 


食欲 と いゆ 欲 に 従って

しまった わけ である


すると


なんと!


本当 に 食事 を している あいだ

に 何か が 起こって しまった!


それは 食事 を 終えて 駅 に

着いた とき に 発覚 した のだが


俺 が あの店 で 食事 を している

あいだに 電車 の 接触じこ が あり

電車 の 運転 が 停止 されていた!


「 マジかよ! 何か 起こる と 

  感じた のは この こと だったのか! 」


あの ポスター の 言葉 の シンクロ を みて

帰った 方が イイ かな? と 思った わけだが


もしも それ に 従っていれば 俺 は

この 電車 の 運転停止 には 巻き込まれなかった

わけである


そうか、、、


たとえ それが 食欲 で あっても やはり

それ に 従う のでは なく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 愛 と 調和 から くる 直観 に

    従った 方 が スムース に 行く 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう わけである


なので この件 に 関して は

俺 は シンクロ を 活かせなかった


まあ そうだよな 

考えて みれば


たとえば 何か の ピンチ で あったり

重要 な こと が 起こっている とき は


めし 食ってる 場合 じゃ ない からな

なるほどな、、、と 思った


とはいえ


俺 は たいてい の 場合

エゴ や 欲 では なく


愛 と 調和 の ひらめき や 感覚 に

従う ように している わけだが


こういった 『 食欲 』 と いう パターン は 

初めて だったので かなり イイ 勉強 に なった


で 


どうやら 運転再開 には

30分 以上 も かかる とのこと


ま こういった とき は

どうする こと も できないから


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 わりきって その 時間 を 楽しもう 』 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 思い カフェ でも 探した

じつは これが かなり 大切 なので ある


すると 近く に カフェ が あったので

そこ へ 入って 電車 の 運転再開 を

まつこと に した


ドリンク を 注文 して

席 に ついた


ここ 最近 は 笑える 出来事 が

かなり 多かった ので


その 出来事 を 思い返し どこかに

ツッコミわすれ が ない か チェック していた

( ↑ 何 やってんだ おまえは! ) 


そしたら 電車 の 運転再開 を

待つ 時間 を 楽しく 過ごせた


すると また また


「 な ん と な く 」


が やってきた


なんとなく 駅 へ 行った 方 が

いい そんな 感覚 が してきた


さすが に 今度 は 

その 感覚 に すぐに 従った


カフェ を 出て 駅 へ 向かうと


なんと!


まさに 電車 の 運転 が 再開 される

その とき で


俺 が 電車 に 乗ると すぐに

運転 が 再開 された ので ある


まさに 驚愕 の タイミング!


しかも この日 2回目 で あった


これは かなり ラッキー だった


「 な ん と な く 」 を 使って

運転再開 を 知らせてくれた 守護霊 に


「 センキュ 」 と お礼 を 伝えておいた


じつは ここ に 大きな ポイント が ある


守護霊たち からの 「 なんとなく 」 という

感覚 の メッセージ を 受け取るには


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 「 こころ が すっきり した 

    状態 に いる こと     」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ が とても 大切 なのである


なので たとえ 電車 の 運転停止 で

待たされて しまった と しても


そこで いらいら すると 

メッセージ を 受けとりづらく なってしまう


ところが あほ な こと を 考えて

楽しく すごして いると


周波数 が 整い こころ も すっきり して

シンクロ に 気づき やすく なるのである


今回 の エピソード の ように


かりに 1つ前 の ポスター の シンクロ で

よい 流れ に 乗れず に

電車 停止 という とらぶる に まき込まれても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 心 を 正して すっきり 状態 でいれば 

     必ず 次 の よい 流れ に 乗れる  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうわけで ある

ぜひ これ は 覚えておいて いただきたい


ぜひ おためしください


また いずれ 心 を すっきり させる

コツ なんか も 記事 に 書きますが


自分 なり に 方法 を 考え 見つけ出す

と いうこと は とても 大切 なので


まずは ご自身 でも 心 を すっきり させる

方法 を いくつか 発見 してみて ください


と いった 感じ である


いかがだった だろうか



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-07-11 17:36 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(31)