タグ:視点・発想 を鍛える ( 151 ) タグの人気記事

驚愕!英国議員が激白-私の母は異星人! #168

イギリス ウィットビー地区 の 町議会議員  

サイモン・パーカーズ 氏 が 

驚きの告白 をした


『 自分の母親は 2.7m の緑色の異星人である 』


つまり 人間と異星人 の間に生まれた と言うのだ


以前の記事

 『驚愕の 聖母マリアの暗号 に迫る!』

で紹介した  ( → #151 )

アメリカの モニカ・ティルトン 氏 彼女も 

異星人による 遺伝子操作で生まれた子 である


彼女の母親 クリスタ 氏 は その異星人たちとの

コミュニケーションが ずっと続いており  


「 自分とモニカのことを 人々に話しなさい 」

「 宇宙人 は人間の中にも 紛れ込んでいて

  宇宙人 との子ども も たくさんいる 」


と 異星人たちから 伝えられている


今回の記事の イギリス 町議会議員  

サイモン・パーカーズ 氏 や

アメリカの モニカ・ティルトン 氏 の様に

異星人との間の 子どもたちは 

まだまだ 他にもたくさんいると 

異星人たちは言っているのである

「 サイモン・パーカーズ 氏 」 (画面下のCCで日本語字幕可)

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QzQTqGOlcWc#!

サイモン・パーカーズ 氏 によると

異星人の母親は 

彼の 頭の中に 直接 話しかけてくる と言う

これは 昨日の記事で解説した

『 誰でも出来る!守護霊との会話方法! #167 』

と同じ方法である


この テレパシー的な 会話で

サイモン・パーカー 氏 は 異星人の母親から


「 私はあなたの母親 あなたの本当の母親です 」


と告げられている

そして 彼が 11歳 のときには 

この 異星人の母親と直接会い

宇宙船(UFO)に搭乗したと 彼は語っている


日本でも NHK 「プロフェショナル」 などで

紹介された 奇跡のりんご の 木村秋則氏 

彼も 異星人たちの UFO に 搭乗させられている

『 木村秋則氏 異星人と遭遇UFOへ! #082 』


ひと昔前では このような話は 

信じがたい話であったが


最近では 退役した


宇宙飛行士 航空管制官 パイロット

退役軍人 そして 政府関係者 からまでも


UFOや 異星人に関する 

ディスクロージャープロジェクト

つまり 『 暴露 』 が進んでいる


その為 逆に 否定する方が たいへん なほど

重要証言 や 状況証拠 が集まってきている


『 真実 』 を知るためにも


是非注目していただきたい


なぜこの 異星人やUFO が重要なのかと言うと

現在の 地球の科学 はまだ未熟であり

そこが改善されることにより

安全な 新たなエネルギー や いりょう など 

よりよい社会が創られることになるからである 


個人的には 

エネルギー問題 と 放射性物質の問題解決 を

なんとかしたくて 記事をかいています


是非 みなさんにも注目していただきたい

と思います
[PR]
by aquarius_az | 2012-04-15 02:07 | 異星&UFO&異星人など! | Trackback | Comments(0)

解説!どう観る?ポロック絵画の観方! #152

米国の画家 ジャクソン・ポロック 氏 の

伝説の最高傑作 と言われる絵が 日本に来ている

この絵を目にして とまどう方も少なくないだろう


「この絵は 一体 どう観ればいいのだろうか?」  と


「 インディアンレッドの地の壁画 1950年 」 (クリック拡大)
b0225081_11986.jpg

まずはじめに

この 絵 は 一体どの様に描かれているのか?


ポロック氏は ネイティブ・アメリカンたち の

手に握った砂を サーッと 落とすと絵になる

ナホバ族の 砂絵 に触発されたと言われている


そしてこの絵には ポーリング と言う手法が多用されている


「 ポーリング 」

 とは 絵の具を とろーり たらす手法である


こんな感じで
b0225081_1130268.jpg

他にも この様な抽象画で よく使われる手法は


「 ドリッピング 」 

滴らす(したたらす)しずく が 

ポタッ と 生み出す 点の効果 を生かした手法


「 スパタリング 」

筆を振って 飛まつ状 に 撒き散らす

効果を生かした手法 などがある


さて それでは この様な 抽象画 は

どの様に鑑賞すればいいのだろうか?


ジャクソン・ポロック 氏は 


「 音楽を楽しむ様に 味わえばいい 」


と言う


音楽を楽しむときは 難しく分析するよりも

「 ああ なんか この曲 すきだな 」

と こころ で 感じ ながら 楽しむ


こころで感じたこと を 大切にすればイイ

わけである


ポロック氏 自身も 「 感じたままに 」 描いたのだろう


人間には 

「 頭で考えること 」 と 「 こころで感じること 」

その両方が出来る


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

芸術は 「 こころ で 感じる こと 」 で鑑賞する

それが 感性 を 豊かに する 秘訣 である

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ジャクソン・ポロック氏  感じたままに描く アクションペインティング動画

http://youtu.be/JZ3glUYHa3Q


国立近代美術館 生誕100年ジャクソン・ポロック展 
http://www.pollock100 (リンク終了)
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-26 12:11 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(4)

あなたの知らないところで 何かが! #147

人と人は みえないレベル で繋がっている

一人ひとり は 別々の存在にみえるが

こころの奥底で 実は 繋がっている


ツイッターでの会話を観ていて

こんな出来事があった、、、


ツイッターをしている 女性のM氏 という方がいる

この M氏 のつぶやきは 

的を得ていて読んでいて おもしろい

なかなか 鋭い感覚 の人だな、、、と

思って 度々 読んでいる


そのM氏が ツイッター上で とある問題を

とある人物と 結構激しく討論していた


そのやりとりを読んでいて いつもながら

キレイごとを言わないM氏の発言を

関心を持って読んでいた


結局その討論は ある程度の着地点を得て終わった


その後 少し経ってから M氏のツイートを読んだら


M氏 「 なんだか急に落ち込んできたヤバイ 」


的なことが書かれていた

そのツイートを観ていた俺は 


「 ああ、、、なるほどな、、、」


と M氏 が急に落ち込むのも無理はないと

感じていた


なぜならば 俺はその M氏と討論していた 相手の

ツイッターの画面も観ていたので 知っていたのだが


M氏との討論が終わると すぐに その討論相手の

ツイッター上で 他の人たちが M氏を ぼろくそに

非難しまくっていたのだ


M氏のしらないところで M氏が叩かれてたのだ

つまり かげぐち状態になっていたのだ


俺は その様子を観ていて M氏が 

原因不明に 急に落ち込みだしたのは

この M氏に対する かげぐち が原因だと思った


討論の結果少し分かり合えてたかな と思っていたら

第三者が出てきて かげぐち でM氏を叩いていた

そのときM氏は その事実に気づいていなかった


そして原因不明の落ち込みにおそわれていたのだ


この様に 人と人は 実は繋がっているのだ

スイスの心理学者にして精神科医 カール・ユングの 

「 集 合 的 無 意 識 」 ( → #015

の見地からもうかがえる様に 

人と人は 意識の深層で 繋がっているのだ  


もしも あなたが 原因不明 の 落ち込み や

ある種の感情を感じていたのであれば

それは


「 あなたの知らないところで 何かが起きている 」


それを あなたの心がキャッチしているケースもあるのだ


自分の知らないところで何かが起きて 

自分が影響を受ける、、、めいわくな話である


そんなときは 自分のこころを 感じて

思い当たる節を探してみてください


そして その思い当たるモノが見つかれば

解放に向かいます 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そのものに対する 依存の気持ち が高ければ高いほど

影響を受けます 逆に  

依存の気持ち が低ければ低いほど 影響は受けません

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「 依存の気持ちは スッパリ 切り捨てる 」


例外もありますが これが解放へのポイントです



その後 M氏 はどうなったのか?

実は M氏は 自分の落ち込んだ原因を発見した

討論した相手のツイート画面を あとから 観たら

そこで M氏は自分がぼろくそに叩かれていた

の知ったのだ

そして


M氏 「 落ち込んでいた原因がわかった すっきりした 」 

    「  かげでぼろくそに言われていたとは 」


的なことをツイートしていた



なんらかの直感が働いて 

討論した相手のツイート画面を 観て

原因不明の落ち込みの 真の原因に辿り着けたのだ


そして 討論相手に 対する 依存の気持ち を

スパッと 切り捨てた そしてその結果

「 スッキリした 」 のである


この一連のながれを観ていて

ああ、、、やはり このM氏は む!デキル! と感じた
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-19 06:10 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(0)

驚愕のスゴ技動画!フルーツカービング! #146

驚愕のスゴ技動画です これはびっくり動画です!

今回は フルーツカービング の世界です

これは本当にびっくりしました

カービング Carving とは 彫刻 のことです


スイカの表面に見事な 彫刻がみるみるうちに

出来上がってきます


素晴らしい技術です

是非ご覧ください


http://youtu.be/NAy-G6YjQM0

これは本当に スゴイ です

スイカひとつ とっても 技を極めると

これほどの 芸術作品 に仕上がるとは 驚きです


視点や発想を 変えて ひと工夫すると

まったく 違った 新しい世界 が開きます

そのことを 教えてくれる動画でもあります
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-17 05:19 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(0)

朝一番に気合を入れたい目覚めの曲! #144

朝目覚めて 一番に気合を入れたいときありますか?

朝の ここ一番に気合を入れることは とても重要です

そんなときに ぴったりの曲があります

この曲をかけて 手順どおりにイメージすれば

必ず気合たっぷりに朝を迎えれます


ただ この手順どおりのイメージが 

最大のポイントなので 曲を聴きながら

一緒にイメージしてみてください


その曲とは

Gun's & Roses  「Welcome to the Jungle」

ガンズ・アンド・ローゼズ の

「 ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル 」 

なのですが 手順はこうです

ではまず曲を流してみてください


http://youtu.be/o1tj2zJ2Wvg

まずイントロのギターの音が、、、

「オキロオキロ、、、オキロオキロ、、、」

と聴こえてきます

そしてだんだん オキロコールが増えてきます

「 オキロオキロオキロオキロオキロ、、、」

「 オキロオキロオキロオキロオキロ、、、」

次に ボーカルのアクセル・ローズの

「 オー・マイ・ゴッド! 」

のセリフと共に (この声はかなり小さいので聞こえづらいですが) 

「 もう 朝かよ、、、」という気持ちをはきだします

そして次に アクセル・ローズ の

「 おおおおおおおおおお~~~~~~~」

と言ういう声と合わせて 

両腕を思いっきり伸ばして 大きく伸びをします!

アクセルの この伸びが めちゃくちゃ長いです!

この 伸びを 引っぱって 引っぱって

アクセルの

「 ジャングル!! 」

という掛け声に合わせて 

フトンを思いっきり蹴り上げるイメージで

その勢いで ここで 一気に跳ね起きます!!


もうあとは この勢いのある曲で

一気にフトンをたたんで 

一気に着替えてしまいましょう!!


絶対に 気合が 朝一番に入ります!!

一緒にサビを歌うと さらに効果があります


「 シャナナナナナナナナナナナっ! 

  二ーズっ! 二ーズっ!!       」


う~ん すばらしい!


いろんな曲で試しましたが この曲がダントツで 

確実に一番朝から気合が入りました


正直この曲はかなり効果があります


是非お試しください!
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-13 22:11 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(0)

無茶振りか!? やるだけやってみよう!! #141

一見 「 無茶振り 」 に思えても

とりあえず やるだけやってみる

これが大切です

前回の記事も かなりの 「 無茶振り 」

でしたが なんとかなりました ( → #140


以前こんなことがあった、、、


みんなで カラオケ に行ったとき

俺の席から少し離れたところで

後輩達が なにやら ジュースの缶を 

みんなで手に取り 首をかしげていた

なにやら少し困っているようだった


そこにいた後輩達が 次々に 「 むり! むり! 」

みたいなジェスチャーをしている


その中の1人が 何か 閃いた 顔をした

で 俺の方をみている


後輩A 「 あ! 「 K 」さん! 「 K 」さんなら! 」

     「 「 K 」 さんに頼みん! 」

     「 「 K 」 さんならなんとかなるって! 」


と 言って そう言われた 後輩B が

俺の方へジュースの缶を持って近づいてきた


俺   「 (なんか えらく俺は信頼されてんだな、、、) 」

     「 (一体 何の話だろうか、、、)」

後輩B 「 「 K 」 さん これ開けてください 」


と 言って 俺にジュースの缶を 差し出した


俺   「 ぶっ!! 」


ジュースの缶の プルタブの 

タブが取れてしまっていたのだ!


俺   「 ああ これを 開けろってか 」


俺は 後輩の頼み には めっぽうよわい!

俺が なんとかしてやろう! と言う気になってしまう

剣道部だったので 握力はある 

なんとかなるだろう と思い


おもむろに タブのとれた 飲み口のところを

北斗の拳 の ケンシロウ のごとく

指で思いっきり 突いてみた


俺   「 おりゃ! ズブッ! 」

缶   「 プシュウウウウ!! 」


なぜか 開いた!


後輩  「 おおおおおおおおお!!! 」


どよめいた


やっぱ 何事もやってみるべきだなあ、、、と感じた

みんな タブのとれた 缶を見ただけで

「 むり! むり! 」

って言っていた

しかし


「 やる前から あきらめては いけない! 」

「 絶対にいけない! 」
 

本当の

現実は


「 やってみなけりゃ 解らない 」


一見むり かなと思えることでも 

とりあえず やってみてください

できるかもしれません 必ず得るものがあります


 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ただし 缶ジュースを指で開けるのは止めましょう
指ではなく 何か固いもので 押せば大丈夫です
指だと けがのおそれもありますので
くれぐれも マネをしないように お願いします 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by aquarius_az | 2012-03-09 03:58 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(0)

こころに響いた 恩師フィリップスの言葉! #094

~ 本当に足りないのは お金か?気持ちか? ~


たくさんの先生と呼ばれる人達と出会ったが

本当に 「 恩師 」 と言える人は何人いたのだろうか

イギリス人の Mr.フィリップス は貴重なその1人



こんなことがあった、、、



以前 アメリカへ留学 を考えたことがあった

アメリカの学校に入学するには

TOEFLという英語テストのスコアと

志望動機レポート それから

教員からの 推薦状が数枚 必要である


結果的には いろいろあって留学はしなかったのですが


そのころ 恩師 Mr.フィリップス と話していたときに

こんな やり取り があった
 
(実際は英語ですが日訳で、、、)


フィリップス 「 で 留学はしないのか? 」

俺      「 ええ しないかもしれません 」

フィリップス 「 どうした? 何か問題でもあるのか? 」

俺      「 費用の問題もありますし、、、」

フィリップス 「 Why? なぜ? 」

俺      「 費用が足らないのです 」

フィリップス 「 Why? なぜ? 」

俺      「 え? だから費用が、、、」

フィリップス 「 Why? なぜ? 」

俺      「   ええっ?  」


このとき正直フィリップスが何を言っているのか解らなかった

フィリップスが俺に何を言いたいのかを真剣に考えた

しかし さっぱり解らなかった、、、


俺が全く理解していない様子だったので

フィリップスは真顔で こうとだけ言った


フィリップス 「 Nicaragua Cambodia ... 」

俺      「 ..... 」

俺      「 ..... 」

俺      「 ん!!!」


フィリップスは

「 ニカラグア カンボジア 」

としか言わなかった


そのとき 俺は ハッ!とした 

やっと気がついたのだ


俺 「 ああ! しまった! そうだったのか! 」

俺 「 ああ! そういうことだったのか! 」


トンカチでなぐらたような大きなショックを受けた


俺 「 ああそうか ここは日本か 、、、 」


そうであった ここは日本だった 

俺はなんということを言ってしまっていたのだろうか

日本ならばその気になればバイトだって何だって出来る

しかし ニカラグアやカンボジアの子達が

学ぶのにどれだけ苦労してると思ってんだ俺は、、、

と 

自分が本当に

しょうもないいいわけをしてしまったと気づかされた


それが証拠に この後に テレビで

なんと

内戦中の ベトナム だったか カンボジア で

ジャングルで銃を持って戦っていた1人の少女が

「 私は 銃 ではなく 学問 で解決したい 」 

と いつも熱心に言っていたら 

「ではアメリカに留学しなさい」と

費用をだしてもらい留学が叶った

と言う趣旨の番組を目にした


偶然観た この番組も 相当ショック だった


俺に足りないのは 「費用」よりも「気持ち」 だった

それを 恩師 フィリップス は


「 ニカラグア カンボジア 」


の わずか 二語 で 俺に気づかせてくれたのだった


貴重な体験だった フィリップスには本当に感謝している

その後は 「 もう絶対にこんなことは言うまい 」と決めた


もちろん現実的に

資金がないと出来ないこともあるが


「 ~がないから出来ない 」 と考えるのではなく


「 どうしたら可能になるか 」


と言う視点 発想で 真剣に 考えるようにしている


そうすると 不思議と 

全く別の現実 が観えてくるのだ


最近は特に ニュース などで いろいろと 

多くの方々が気にしている 問題を目にしますが


本当に足りないのは 何 なのか?


「 お金 」 なのか? 「 気持ち 」 なのか?


「 どうしたら可能になるかを真剣に考える 」姿勢なのか?



どうでしょうか





Thank you, Mr. Philips. You are my honored teacher.
[PR]
by aquarius_az | 2012-01-12 00:01 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(2)

「直感」には希望と驚きのはたらきがある!! #063

思考よりも 直感 が道を開く場合がある

考えてもどうにも答えが見つからないとき

ふと、「 直感 」 で行動したら

なんなく解決してしまう不思議なケースがある


こんなことがあった、、、



上司が1つ上の階の会議室の鍵を開けようとしていた


鍵はたくさん付いていて束になっていたが

1つ1つの鍵に 「倉庫」 「視聴覚室」

などと 名札 が しっかり ついていた


その日 上司が困った様子で


上司  「いやあ~ 会議室のドアが開かないんだよね」


と、、、

会議室には「会議室 前扉」と「会議室 後扉」があり

前扉は開くのだが、どうにも 「後扉」が開かないらしい、、、


上司  「おっかしいなあ、、、ちょっとやってみてくれる?」

俺   「ええ、やってみます」


そう言って 鍵の束 を受け取り 会議室 へ行った

鍵は束になっていて たくさん ついている

その名札を 1つ1つ しっかり 確認して

確かに 「前扉」の鍵はあるので 前扉は開いた


ところがいくら探しても  「後扉の鍵」 がない

他の会議室の鍵も試したが 扉は開かなかった


部屋に戻り上司に報告


俺   「おかしいですね 後扉 って鍵がないですね」

上司  「この鍵の束で開くはずなんだけどね、、、」

二人  「う~~~ん、、、困った」


そこに登場したのが 同僚の Kさん

彼女はちょっと直感的な人で不思議なところがあった


Kさん 「 私も挑戦してみます 」


二人  「 おおおお! よろしく! 」


しかし「後扉」と書かれた鍵がないので開かないのでは、、、

と思いながらも、、、俺は鍵の束をKさんにたくした


Kさんは会議室へ向かった

、、、、、

すると 1分もしないうちにKさんは すぐに戻ってきた

笑顔でこう言う


Kさん  「 開きましたよお 」

二人   「 えええええ!! すごい! 」

俺     「 マジで? 」


二人がかりで しっかり確認 しても開かなかった扉が

Kさんは なんと


「う~ん? これかな?」


と、直感 で適当にさした鍵で 「後扉」 は開いたと言う


俺  「 で、一体どの鍵で 後扉 が開いたん? 」

Kさん  「これです」


答えは 意外であった

なんと 


「後扉」 を開けた鍵は 「前扉」 と書かれた鍵だった


つまり その会議室の鍵は前扉も後扉も同じ鍵だったのだ


直感ではなく、一般的な常識であたまで考えて行動した俺達は

「前扉」と書かれた鍵は 

「あ、これは 前扉 の鍵だ」

とあたまで処理して 後扉 には差し込まなかったのだ


「 ああ、、、これが頭で考えることの限界であり盲点なんだ 」

と痛感した


頭で考えることが大切なときもある

しかし、実はそれは あたまでは


「 常識的な枠の中の答えしか出せない 」


今回の鍵の件から解るように


「あたまで考えることだけが全てではない」


むしろ あたまだけで考えていると


「自分をとんでもなく狭い枠に入れてしまっている」


可能性もある 


もちろん 「思考」 も大切 で とても役立つ ものです

そして 「常識」 も人間社会において 大切 で 必要 です


しかしながら

常識やあたまで考えて 無理 だと思うことであっても

今回のケースみたいに 実は 


「 直感 」を使えばなんなく解決する


ケースもあるのだ


だから、発明や発見などは

あたまで考えてもどうにもわからなかったものが

ふとした 偶然 や ミス から

「あたまでは考えられなかったこと」

が起きて発見されることが多い


あたまで考えることには限界があるのだ


「常識やあたまで考えるとどうにも無理だな、、、」


と思えることであっても

まだまだあきらめる必要は全くない 希望はある


にんげんには もう1つの 方法がある


「 直感 が道を開いてくれる 」


こともあるのだ


「常識」や「思考」も大切にしながらも

「直感」とか「なんとなく」って感覚にも耳を傾ける


これがいいのかも
[PR]
by aquarius_az | 2011-11-23 00:36 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(0)

正しく自分を認識することで問題解決! #006

何かに悩みすぎると
簡単なことを見落としてしまっているケースがある、、、

昔つれから相談を受けた

なんでも 「なかなか人と打解けることが出来ない」
と言うことであった、、、


つれ 「なんか大勢人がいると打解けれないんだ、、、」

俺  「え、例えばどういうこと?具体的に」

つれ 「例えば、カラオケに行っても一人だけポツンと
    どうにも盛り上がれなくて、、、」

俺  「どうして?」

つれ 「なんかみんなについて行けないって、言うか、、、」


と、こんなやり取りを繰返す中、だんだん真相が見えてきた、、、


俺  「普段、音楽とか聴くのか?」

つれ 「う~ん、ほとんど聴かない」

俺  「え!じゃあ、好きなアーティストとかいないのか?」

つれ 「うん」


もう、みなさんはお気づきだろうか、、、


俺  「じゃあ、カラオケ行って何を歌うんだ?」

つれ 「歌える曲が一曲もない、、、」

俺  「おいおい!一曲も歌えなくてカラオケで盛上がる方が難しいぞ!」

俺  「それじゃあ、まるで皆で海水浴に行き、自分だけ海パン忘れて来て
    ポツンとしてるのと同じだぞ!」

   「で、なんで俺だけみんなと溶け込めないのだろう、、、
    って悩んでいるのと同じだぞ!」

つれ 「ああ、なるほどお、言われてみれば、、、!!」


つれは普段は冷静なやつなのだが、 「悩み」 にとらわれ過ぎてしまい
簡単なことを見落としてしまっていたのだろう。

こういったことは案外起こりうる、
そういったスパイラルに入り込んでいないか
自己チェックしてみると問題がクリアが見えてくるものだ。

このケースでは、、、

自分は → 「人と打解けることが出来ない人」 と誤認してしまった。

こういった 「自己誤認」 が起きると問題解決が困難になる。

実際は、、、

自分は → 「カラオケの曲を知らない人」 で、あった。

つまり、

「正しく自分を認識」 することで、

簡単な解決策が観えてきたわけである。

やはり、こんな時も「視点を変えて観る」ってことは大切ですね。


☆別の角度から今置かれている状況を観てみる


あとは 「行動」 あるのみです! (←これをしないと問題解決はない!)


俺  「じゃあ!早速!今からカラオケに行って歌を覚えようぜ!
    歌いやすい曲2,3教えてやるぞ!行くぞおおお!!」

つれ 「おおおー!行こう!行こう!」




.
[PR]
by aquarius_az | 2011-05-05 23:31 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(0)

本当は良かったのかもしれない! #005

車の運転をしていて、、、

急に自分の前に割り込んでくる車と遭遇したことありますか?

そんな時に「ムッ」とする人もいるでしょう。
俺の場合は「ムッ」とならない、、、

そうなるにはこんな出来事があった、、、

以前、車で職場へ通っていた。
狭い道で見通しのあまりよくない高速道路脇の道を使っていた。

ちょっとばかり急いでいた日であった。
なるべく早く着きたかったのだが、そんな時に限って、、、

わき道にいた車が、結構強引に割り込んできた。

「おいおい、強引だねえ、、、」

で、結構ゆっくり俺の車の前を走っている。
したがって俺もその後ろをゆっくり走ることになった。

ここで「ムッ」なるタイミングなのかもしれないが、

その時、なぜか 「ひらめいた」

「ん!」

まてよ、、、

今日はちょっと焦って急いでいたから
ここは落ち着いて運転しなくては、、、と考え直した。

「、、、。」

すると案の定

正面の信号のない小さな十字路を、
かなりのスピードで走り抜けていく車をみた。

つまり、

ひょっとしたら、、、

俺の前の車が、少々強引に割り込んできてくれたおかげで
実は俺の安全が守られたのかもしれない!

俺はその時そう思った。

またそう考えることで、自分の 「心 」 がまた1つ変化した。

「いやあ、ホント、ありがと。割り込んでくれて、、、。」

みたいな気持ちになった。

それ以来、俺はそう考える様になった。


自分とその車を、仮に天使が空から俯瞰して観ていて

「この車をここに割り込ませれば安全だ」

的に、誘導していたと考えてみてもいいかもしれない。

そう考えることで、「ムッ」としなくなる。

発想としてちょっと幸せになる。


☆俯瞰して物事を観てみることで、何か別の側面が観えてくる。

☆発想を変えることで、自分の 「こころ」 に変化が訪れる。


が、、、しかし、、、

本当の、、、

真実は、、、


「天使」、、、「守護者」


が、、、なのかも。




.
[PR]
by aquarius_az | 2011-05-04 16:34 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(1)