タグ:本質を観抜く目を養う ( 102 ) タグの人気記事

驚愕!龍安寺石庭・様々な角度から真実へ! #521

みなさん こんちには


今回 は モノ の 観方 について

今年 の 5月 に 行った


京都 龍安寺 (りょうあんじ) での 

出来事 を もとに 書いていこう


では さっそく はじめよう



俺 は 以前 から 世界遺産 でもある

京都 の 龍安寺 に 行ってみたかった


龍安寺 は 「 石庭 」 で 有名 である


龍安寺 の 石庭 は 大小 15個 の 石 が

並べられている のだが


ちょっと 不思議 な 構造 に なっており

15個 の 石 が 一度 に 全部 観える のでは なく


☆ 『 庭 を どの角度 から 観て も 必ず 1つ

    の 石 は 他 の 石 に 隠れて 視えない 』


と 言われている


これは とても 興味深く おもしろそう である


☆『 本当 に 15個 全部 観えないのか? 』


☆『 なんとか がんばれば 全部 観える のでは? 』


思いっきり 背伸び してみたり 床 に ぴた~ん と

這いつくばって みたり しても 観えないのか?


☆『 どうして 全部 観えないのか? 

   一体 どういう 構造 なのか? 』


俺 は この あたり の こと を 

徹底的 に 観察 して 検証 したい そう 考えていた


なので 今年 5月 の 京都旅行 の 最後 に

俺 は かなり ワクワク して 龍安寺 へ 向かった


そして これ ↓ が その 石庭 である

b0225081_21284030.jpg









なんとも 美しい 石庭 である


で さっそく 検証 に とりかかるが


この 位置 から 観ても 15個 ある 

はずの 石 が 14個 しか 視えな かった


これは おもしろい! と 思った


俺 は 最後 の 1つ の 石 は どこに

ある のだろうか?


と 思い それ を 探してみた

すると 石庭 の 一番 奥 の ところに ↓ こう

b0225081_2130746.jpg









一番 右側 に 平たい 石 が あり

その 横 の 大きな 石 で 隠れていた


「 なるほどな こんな 感じ で 必ず 1つ

  の 石 は 隠れて 視えない わけか、、、 」


これは とても おもしろいな と 感じた


しかし ちょっと がっかり も した


「 こういう 構造 こういう やり方か、、、 」


正直 この やり方 には


「 ぶぶぶっ!! ちょっと ねーな これは 」


と 思った


大きな 石 の となり に 平たい 石 を

置けば 隠れる のは 当たり前 で


ぶっちゃけ これは ちょっと はんそく気味 だなと

こんな 方法 なら いくらでも 簡単 に 隠せる


俺 は 突起した 石 を 絶妙 な 配置 で

1つ だけ 観えない ように 工夫 されている


と 思っていた ので ちょっと ざんねん だった


全部 の 石 が 一度 に 観えない 仕組み に

関して は 案外 単純 な 構造 だったな、、、


まあ これなら 必ず 全部 は 観えない わけだ

と 思った


ところが 


ここで 大ハプニング が 起きた

いや 大惨事 と いう べき だろうか


おもわず 宇治茶 を ぶぶぶぶぶっ!!

と 吹きそう に、、、 

( 京都 だけに 宇治茶! )


いや 今回 は 完全 に 吹き出した!


俺 は いつもの 守護霊からの 感覚 である


「 な ん と な く 」


気になる 場所 が あった ので


石庭 の 前 の 廊下 を その なんとなく

気になる 位置 まで 移動 して みた


そして 石庭 を 眺めて 石 を 数えてみた


すると なんと!


「 ん? え? 、、、? 」


「 ぶぶぶっ!! 全部 観えたああ! 」


その 位置 からは あっさりと 15個

すべて の 石 が 観えて しまった のだ!


マジかよ!


俺 は ものの 数分 で 全部 の 石 が 

観える ポイント を みつけてしまった のである


俺 は 長年 この 石庭 に 来たら


いろんな 角度 から この 石庭 を 観て 

本当 に 全部 観えないのか を しっかり

検証 してみたい と 思い つづけていた


しかし それ が 

あっさり 全部 の 石 が 観えて しまったのだ


俺 「 おめー(守護霊) 空気 読めよ!

    あほ なのか? お前は あほ なのか? 」


これは ちょっと 興ざめ でも あり


俺 の 頭上 を カラス が かー かー

と 飛んでいき びみょ~ な 空気 が 流れた


俺 は 普段 から 守護霊 の おかげ も あり

探し物 とか も かなり すぐ みつかる


しかし こういう とき に あまりにも

勘 が よすぎる のも あれ だな と 思った


俺 「 つーか なんだよ この 展開! 」


つーか 早えー よ さすがに これは!


この 龍安寺 の 石庭 には 


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


という 禅 の 教え が 込められている らしい


それが 数分 で すべて 観えて しまうとは

ぶちこわし である さすがは 俺 の 守護霊 である!

ははは


つーのは まあ じょーだん で 


こういった 展開 には じつは 意味 が ある


なので 俺 は ここ で


「 この 出来後 は 何 を 意味 している?  」


と これ を 考えて みた


すると ここ で 俺 は 1つ とても

興味深い こと に 気がついた


俺 「 あれ まてよ、、、たしかに ここ から

    すべて の 石 が 観える のだが、、、 」


たしかに 俺 の 立っている 位置 からは

15個 すべての 石 が 見渡せる のだが


たとえ この 位置 から であっても


石 の 並べ方 に よって は

1つ 隠す ことは 簡単 に できる


さっき も 言った ように


あの はんそく気味 の 技 を つかって

平たい 石 を 置いてしまえば 簡単 に 隠せる! 


「 では なぜ 隠さなかった のか? 」


つまり これは 15個 の 石 が 

全部 観える ポイント を あえて 作ってある


と いうこと に なる


この こと から 一般的 には この 石庭 は


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


と いう 意味 だと 言われている が

じつは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から 観る

    ことで より 真実 の 姿 が 観える 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を つまり


真実 の 姿 が 「 観えない 」 のでは なく

むしろ 『 観える 』 ということ を


真実 の すべて と いう わけ ではない が


いろいろ な 角度 から 観て

より 真実 の 姿 に 近づこう と


この 石庭 は 伝えている のだと 感じた


「 求めよ さらば 与えられん

 ( 求めたら 与えられるよ ) 」


と 同じ 感じ で


いろいろ な 角度 から 観ていけば 

より 真実 に 近い すがた が

むしろ 『 観えてくる 』 と 言っている 


だから こそ 


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


なのだろう


ひょっとしたら この 石庭 は それ を

伝えている のでは と 俺 は 感じた


だから あえて 一か所 全部 の 石 が 観える

ポイント を 作って おいた のでは と


この 石庭 の 作者 の 意図 は 歴史的 には

はっきりと とは 解明 されて いない ので


こんなふう に 自分 で 推理 や 思索 しながら

この 美しい 石庭 を 眺める のも おもしろい と 思う


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


これは ほんと に そう 感じる

とても 大切 な こと である


一見 むり に みえても 


いろいろ な 角度 から 観て 探し続ければ 

だんだん と より 本当 の 姿 が 観えてくる


俺 の 経験 を 振り返って も そうである


俺 は 22歳 を すぎた あたりから

霊的 な こと に 興味 を 持ち はじめた


霊的 な 構造 が どうなっているのだろうか?


と いろいろ と 疑問 が あったので

その 本当 の こと を 知りたい と 願った


そしたら 霊的 な こと が 次々 と 起こり 

その 体験 を 通して

俺 は 霊的 な こと を 学ばさせて もらった


そして 実際 に 当時 知りたかった こと に

関して は 今 は すべて わかる ようになった


しかし ツインソウル に 関して は 当時 

俺 は さほど 興味 が なかった ので 

今 も よく わからん のだがっ!


目 に みえない こと で あっても

真剣 に 知りたい と 願えば


自分 が 真剣 に 求めた 

こと に 関して は


守護霊 が 体験 を 通して わかる ように

教えて くれる わけ である


実際 霊的 な こと を 理解 するにも

いろいろ な 角度 から 観る ことが 大切 だった


もちろん 霊的 な こと だけで なく

日常的な こと で あっても 同じ である


たとえば これ ↓ は ロシア語 だが

b0225081_2131358.jpg







理解 しようと 真剣 に 求めて 行動 すれば

こういった もの まで 解る ようになる


自分 の 身の回り に 起こる 出来事 や

自分 に かかわる 人 に ついて


本当 の 姿 を 理解 するには

いろいろ な 角度 から 観ること が 大切 である


でないと 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 の 目 に うつる ほんの 一部分 を 

それ が 「 すべて 」 だと 思い込み

本当 の 姿 が みえて ない

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった こと に なってしまう こと が ある


たとえば こんな こと を 考えて みて いただきたい


次 の 生き物 は 何なのか?


4人 の 人 に 目 を つむって

とある 生き物 を 触って もらった


一人目 は 長細くて へび の ようだと 言う

しかし 

二人目 は 太くて 木の幹 の ようだと 言う

そして

三人目 は 平たく 魚 の エイ の ようだと 言った

そして 

四人目 の 人 は ズバリ 正解 を 言い 当てた


全員 まったく 同じ 生き物 を 触った はずなのに

その 捉え方 が まったく ちがった の である


さて この 生き物 は 一体 何 だろうか?


お判り だろうか?



正解 は 



「 象 」 である


一人目 は 象 の 鼻 を 触り へび のようだと 言い

二人目 は 象 の 足 を 触り 木の幹 のうようだと

三人目 は 象 の 耳 を 触り エイ のようだと 言った


そして 四人目 の 人 だけが

象 の 鼻 と 足 と 耳 を 触った のである

だから 象 だと 判った のである


より 多く の 視点 で 観た 人 が

正解 に たどりつけた わけ である


どうだろうか


いろいろ な 角度 から ものごと を

観る こと が いかに 大切 か 

おわかり いただけた ことだろう


こんな 感じで 

この 「 象 」 の 件 の ように

自分 が 観えている こと が 正解 とは 限らない


ほんの イチブ だけ を 観て しまっている

かも 知れない のである


B'z の 曲 に


「 あなた~ は わたしの~

  ホンノ イチブ しか しら~な~い 」


と 言う 歌詞 が あったり



https://youtu.be/DNgjoJVnTvs


「 氷山 の 一角 (観えているのはほんの一部)」

b0225081_21324123.jpg











なんて 言葉 も あるが


人 が すべて を 理解 するのは

容易 では ない と しても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 より 多く の 角度 から 観る と

    より 正確 に ものごと を 理解 できる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


しかし


実際 は いろいろ な 角度 から

ものごと を 観た うえで 


さらに 大切 な こと がある

それは 


『 いろいろ な 視点 から 観て

  判断 して 行動 する こと 』


まず 大切 なのは 『 判断 』

せっかく いろいろ な 角度 から 観ても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 判断 』 が ちゃんと していないと

意味 が なくなってしまう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり ここ でも 大切 なのは 

『 判断 』 と 『 行動 』 なのである


いろいろ な 視点 で ものごと を 観て

判断 したら さて どう 行動 するか である


では これに ついて 

日常レベル で 考えて みよう


人付き合い や 恋愛 に おいても

こういう こと は 起こりうる のだが


たとえば 相手 が たいへん な とき


A 「 相手 の ため に おじゃま を しない 

    ように 近づかない で そっと してあげる 」


と いう 視点 が ある が

ちょっと 角度 を 変えて 観ると


B 「 相手 の ため に なにか 力 に なって 

    あげようと できる こと を 探して してあげる 」


と この 2つ の 選択肢 が ある


さて 正解 は どちら だろうか?


実際 は 正解 は A の とき も あれば

B で ある とき も ある


だから やはり A も B も 両方 の

視点 を 持っていた 方 が イイ


正解 は A だけ だと 思い込んだり

B だけ だと 思い込む のは よろしくない


まずは いろいろ な 角度 から 考えて

A B そして C など といった いろいろ な

選択肢 を 持つ こと が 大切 で


そして さらに


今 が どちらの ケース なのか を

しっかりと 見極め 行動 すること が 大切 である


こういった とき に 適切 に 判断 して

行動 していくと 絆 が 深まって いく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 いろいろ な 角度 から 観て より

    多くの 選択肢 を 持ち どの 選択 

    が 適切 か 判断 して 行動 する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 大切 なので ある


ときどき 自分 が 何 か を するのが

本当 は めんどくさい だけ なのに

相手 の ため を よそおって


「 今 は そっと してあげる べき 」


と 自分 の 都合 だけ で 判断 している

ケース なんか も よく みかける


また その 逆 で


本当 は 自分 が 相手 を 信頼 できず

ふあん で おちつかない だけ なのに


相手 の ため を よそおって

いろいろ と くちだし している 


そういった ケース なんか も ある


この 2つ の ケース は

愛 と 調和 では なく 


エゴ の 気持ち から 判断 して

行動 を 決めて しまって いる


☆ 『 自分 の 判断 が エゴ なのか

    愛 と 調和 から の 判断 なのか

    しっかり 自分 の こころ を 観る 』

    

この 見極め が 大切 なのである


この 見極め は 容易 な こと では ないが


正しい 判断 が できる ように なるには


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


相手 の 立場に なって 立って

思いやり を もち 真剣 に 考え


自分 の こころ に エゴ では なく

愛 と 調和 が あるか を しっかり 見極め


慎重 に 相手 の 様子 を 観察 しながら


選択 と 行動 そして 修正 を

繰り返して いく こと で 上達 していく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


最初 からは うまく いかなくても


この 姿勢 で 真剣 に 取り組めば

かならず 上達 していく


経験 から 学んでいく わけ である


このような 人生 の 課題 に 

とりくんで いる 方 には


是非 がんばって いただきたい


あと 


この 龍安寺 の 石庭 の 石 が

全部 観えた こと で 深く 感じた こと は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一般的 に 言われている こと を

    うのみ に せず 自分 で 確かめる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり これ が 大切 だと 深く 感じた


もし 龍安寺 に 行かれた 方 は 


ぜひ 実際 に 全部 の 石 が 

観える ポイント を 探して みて ください


もちろん 龍安寺 の 石庭 は 普通 に

眺めて も 美しい 庭 ですので 

ぜひ 行ってみて ください


そして また 


日常 でも 出来事 や 関わる 相手 を

いろいろな 角度 から 観て みると


今まで とは ちがった 景色 や 姿

より 深い 理解 が 観えて きます


たとえば 人間関係 で

なやんでいる とき など でも


相手 の より 多く の 側面 を

知って いく こと が 大切 です


最終的 に 自分 の 望む 結果 に 

なるか は べつ ですが


☆ 『 1つ でも 多く の 側面 を 知ると

    相手 の より 本当の姿 が 観えてくる 』


わけです


そして それが 人間関係 の 問題 の 

ヒント や 解決 に 繋がって いきます


ぜひ おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-09-25 23:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(19)

実相!終戦の日と『信長公記』から学ぶ! #517

みなさん こんちには


今回 は 先日 終戦の日 だったので

人類 の 進化 と 歴史 に ついて 書こう


ときどき ふと 周り とか を みて


「 人類 は 本当 に 進化している のか? 」


と いった 疑問 を もつ こと も あるだろう

これに ついても ここで 書いて みよう


では はじめます



実は 今回 の この 記事 の きっかけ も


とある 読者 の 方 から 俺 の もと に 

届けられた シンクロ から はじまった


ちょと 以前 の こと に なるが

部屋 へ 戻り ブログ を 開く と


そこに 読者 の 方から コメント が

届いていた その 内容 が


「 Kさん! 今 テレビ で

  信長 の 番組 やってますよ! 」


と いった こと が 書かれていた


俺 「 え! 今 って いつ? いつって 

    『 今 でしょ! 』 いかん いかん

    んな こと 言ってる 場合 じゃあない 」


と いそいで その コメント が

書き込まれた 時間 を 確認 すると


なんと!


つい 先ほど 書かれた ところ だった

見事 の タイミング だった!


俺 「 マジかよ! スゲー タイミング!

    おおおっ! センキュ!      」


と いそいで テレビ を つけて

とりあえず 録画 ボタン を おした


俺 「 おおおっ! 間に合ったぜ~! 」


本当 に 見事 な タイミング の

シンクロ だった


俺 も コメント の 確認 が もし 30分

遅かったら この 番組 とは 出会えなかった


この 読者 の 方 も 一か八か で

知らせて くださった のだろう


しっかり 録画したのでな その節 は

ホント に マジ で センキュな である





その 番組 を 観てみると

『 信長公記 』 と いう 書物 の 話 だった


この 『 信長公記 (しんちょうこうき) 』 とは

信長 の 家臣 太田牛一 に より 書かれた


信長 15年間 の 天下取り の 物語 であり


信長 に 関する 重要 な 歴史的 

記述 の 書物 との こと だった


その 番組 で 一番 印象的 だったのが


太田牛一 自身 が この 『 信長公記 』

と いう 書物 に ついて


『 私 の 書く もの に 

  作り話 は 一切 ない

  もし 一つ でも 偽り を 書けば

  天 の 怒り を 買う だろう    』


と 書き残して いる との こと だった


俺 は この こと を 知って

信長 の 家臣 だった 太田牛一 が 

そのような 想い で 書いた 書物 ならば


俺 も ぜひ 読んでみたい と 深く 感じた


そこで さっそく 本屋 で 購入 してきた

b0225081_19364158.jpg
『信長公記』 詳細

太田牛一





俺 は 文庫版 を 購入 したが

500ページ 以上 の 書籍 だった


これ を 読むと 日本 の 戦国時代

の 様子 が とても よく解った ので

ここ で ご紹介 しよう


ただ やはり 戦国時代 な だけ あって

内容 が かなり やばい こと になっている


なので この先 ちょっと 閲覧注意 ですが

ただ 実録 なので 知っておくと 勉強 になる


まず 戦国時代 では ホント に


同じ 日本人 どうし で ありながら

驚くほど 命 を 奪い あっている


ちょっと なまなましい 話 なのだが

合戦 では 多くの 方々 が なくなる


そして 勝者 は 敗者 の 首 を かる

そして その 首 を 自陣 に 持ち帰り

「 首実検 」 を する


「 首実検 (くびじっけん)」 とは

合戦 の 褒美 を 判定 する ため に


討ち取った 相手方 の 武士 の 首 を

並べて それが 誰 の 首 で

どの程度 の つよさ の 相手 なのか を

確認 する こと である


弘治2年8月 の 合戦 では 450人 以上 もの 

相手方 の 武士 の 首 が 並んだ


どうだろうか


想像 を 絶する むごい 光景 である

いや ホント これには 俺 も 驚いた


しかし さらに 永禄元年 の 合戦 では

1250人 以上 の 首 が 並び


永禄3年 桶狭間 の 戦い では なんとも

3000人 以上 の 首 が 並んだ のだ


日本各所 で 合戦 は あったので


一体 この 国 全体 では どれだけ の 

首 が 並んだ の だろうか、、、


当時 は この ような こと が

頻繁 に 行われて いた わけ である


しかも 合戦 と なると


親 兄弟 親戚 どうし で あっても

相手 を だましてでも 命 を 奪い合う


そして 畑 には 火 を 放ち 焼き払って 

しまうから 農民 も たまったもん ではない


ホント 正直 ちょっと 今 の 俺たち の

感覚 から すると マジ で 引いてしまう


同じ 日本人 で こう で あった と

今 考える と 本当 に 愕然 と する


わずか 400年 ほど 前 の 日本 では

この様 な こと が 行われていた わけである


これは 日本 だけ ではなく 世界史 に

おいても このような 感じ なのである


これが この 地球 での

人類 の 歩いて きた 道 なのである


どうだろうか?

なんとも いえない 気持ち には なるが


この 当時 と 今 の 俺たち が 暮らす

世の中 を くらべてみる こと で 否が応でも


『 愛 と 調和 の 方向 に 少しづつ

  人類 は 確実 に 進化 していきている 』


こと が お判り いただけた こと だろう


今回 は ちょっと 思いきって 

こういった 記事 を 書いてみた わけ だが


この 『 信長公記 』 を 読んで

感じた こと は


戦国時代 や 桶狭間 の たたかい の こと は 

日本史 の 教科書 で 習い 知っていた


しかし


教科書 の 知識 では もちろん

先ほど の 「 首実検 」 の こと も

書かれて は いなかった


なので 桶狭間 の 戦い に 関しても


「 へえ~ そういう 戦い が あったのか 」


と くらいに しか 思っていなかった


しかし この 『 信長公記 』 を 読むと

いくさ の 凄惨さ (せいさんさ) や 

酷さ (むごさ) が しっかりと 伝わってきた


「 うわっ むごいな ひどいな こえーなあ 」


と 感じた わけである


つまり 教科書 に 書かれた 歴史 からは

そういう いくさ の 凄惨さ や 酷さ が 

伝わって いない のである


これは ちょっと どうかな と


本当 の 意味 で 歴史 から 学ぶ 

と いうことは そういった 感覚 までも

学ばない と 意味 が ない 


だから 教科書 の 歴史的 知識 だけで

合戦 や せんそう を 語っるってのは


まずい こと なのだな と 感じた


教科書 には せんそう の 凄惨さ や 

むごさ が 伝わる ようには 書かれて いない


せんそう に ついても

凄惨さ むごさ を 感じながら の 知識 や 

認識 が あると 考え方 も かわってくる


そういった 本当 の 知識 が

大切 なのだな と 感じた


稀に せんそう を しようとする 人 が いるが

教科書 だけ の 知識 しかなく

せんそう の 凄惨さ や 酷さ が 

本当 の 意味 で 理解 出来て ない のだろう


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

せんそう って つまりは さつじん

人 を ころす って こと だろ?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


かりにも 国 を リード する 

立場 の にんげん が 国 を


そういう せんそう の 方向性 に していこう

なんて 正直 どん引き だよな、、、


マジで ついて いけん ぶっちゃけ

この人 ちょっと だいじょうぶ? ってなる



この 記事 を 書いていて

ふと 俺 の 祖父 の こと を 思い出した


小学生 の 頃 夏休み の 宿題 で


じーさん に 戦争体験 の こと を

教えて もらって きてくれ と 言われた


なので 俺 は じーさん に


「 戦争 の とき の こと 教えてくれ 」


と お願い してみた


すると 普段 は 気さく で 優しい

じーさん が 黙りこくって しまった、、、


すると ばーさん が 

じーさん の 代わり に こう 言った


「 思い出したく ない くらい ひどく

  つらかった から 言葉 が でない のだよ 」


と 


あの 明るい じーさん が 

こんな おしだまって しまう くらい 

せんそう は つらい のか、、、


と いうことが 伝わって きた

この 出来事 が とても 印象 に 残っている


実際 に じーさん から 体験談 を 聞くよりも 

その 空気 に こと の 重大さ を 感じた


せんそう は マジで やばい よな


天 や 先祖 や 守護霊 たち は

なんて 言う だろうか


「 平和 へ の 努力 を 」


と 当然 言う だろう


神社 に お参り に 行く のであれば

そういった ところ にも 耳 を 傾ける

こと も 大切 である


せっかく 生まれてきた のであれば

平和 の ため に 時間 も エネルギー も

知恵 も 人生 も 使う 方 が いい


愛 と 調和 そして 

平和 が 一番 で ある


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-19 01:21 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(20)

驚愕!『逆襲のシャア』本当に大切なもの! #515

みなさん こんちには


今回 は かなり 以前 から 紹介 したい 

と 考えていた 作品 を ご紹介 しよう


3年 くらい 前 から 

書こう と 思っていた 記事 であるが


なんとなく 書く のは この タイミング かな

と 思った ので 今回 は それ を 書こう


では はじめます



表面的 な こと や 三次元的 視点 に

とらわれて しまうと 大切 な こと が 観えない


『 外見的 表面的 な こと ばかり 観ている

  と 本当 に 大切 な こと を 失ってしまう 』


しかしながら


『 本当 に 命 や 地球 の 尊さ に

  触れた とき 人々 の 意識 は 覚醒 して

  本当 に 大切 な こと が はっきりと 判る 』


そのこと を もっとも よく 解りやすく

教えてくれる 映画 が ある


それが 『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』 である


b0225081_12375155.jpg
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』  [Blu-ray]  詳細







この 映画 は もう ホント に

俺 は かなり すき で すき で


何回 観ても なける 映画 である


はっきり 言って 

この 映画 は もの スゴイ


あらすじ は こう である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この先 かなり の ネタバレ に なるので

この 作品 を 観る 方 は ごちゅうい ください
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 時代 の 世界 では


地球 に 住む 人々 と

宇宙 に 住む 人々 と に 分かれていた


地球 に 住む 人々 は 小さい こと に とらわれ

地球 の 環境破壊 も かえりみず 

b0225081_12385868.jpg











エゴ的な 暮らし を してている


しかし 宇宙 に 住む 人々 は

地球 を 外から 観ている ために

b0225081_12392465.jpg









その 地球 の 美しさ や 大切さ を 理解している


そして そこ に 対立 が 生まれ

あらそい が 起こった


宇宙 に 住む シャア たち は

b0225081_12395822.jpg









「 地球 に 残っている 連中 は 地球 を

  汚染している だけ の 重力 に 魂 を

  縛られている 人々 だ! 地球 を 守れ!

  やつら を 消せば せんそう が なくなる! 」


と 主張し 地球 に 小惑星 を 落とし

地球 に 住む 人々 を 一掃 しようとする


それに たいする アムロ たち は

b0225081_12403824.jpg


  







「 人 を あやめる ことで 世直し とは

  情けない やつ! 人間 の 知恵 は 必ず

  問題 を 平和的 に 解決 できるはずだ!  」


と 反論 して 


シャア の 地球 への 小惑星 落とし を 

なんとか 阻止 しようと する


しかし シャア は アムロ に


「 ならば 今 すぐ その 知恵 で 地球 に 

  住む ばか な 連中 の 目 を 覚ませろ!

  出来ないだろ! だから 俺たち は 地球 に

  小惑星 を 落とし 連中 を 一掃するのだ! 」


と いうこと を 主張 した

両者 は 真っ向 から しょうとつ する


そして ついに シャア たち は 地球 に

むけて 「 小惑星 落とし 」 を 実行 した


アムロ たち の 努力 も むなしく

小惑星 は どんどん 地球 へ 向かっていく

b0225081_12565771.jpg









しかし アムロ は 


「 俺 は 人類 に 絶望 も しちゃいない! 」


と 言い たった一人 で 


大きな 小惑星 と くらべたら

本当 に 小さな ガンダム で


落下していく 小惑星 を 地球 に

落とさまい と ひっし に 押し戻そうとする

b0225081_130558.jpg










そんな こと を しても

小惑星 の 落下 を ふせげる わけが ない

しかし アムロ は たった 1人 でも あきらめない

b0225081_1302820.jpg









こんな こと を 続けていたら アムロ 自身

が 摩擦熱 で 燃えつき しんでしまう


しかし その アムロ の 姿 や 

地球 の 危機 を 目の当たり した


人々 の こころ に 変化 が 起こり はじめた


なんと!


アムロ の 味方 たち が むり を 承知 で 

次々 と 協力しに 集まって きたのだ!

b0225081_1312162.jpg









みな ガンダム より 弱い モビルスーツ で 

小惑星 の 落下 を 止めよう と する


しかし これは 無謀 だ


たかが モビルスーツ が 集まった くらいで 

小惑星 は とめらる わけがない


モビルスーツ は 燃えつき てしまう

それでも みな あきらめなかった


しかし ここで 奇跡 が 起きた

ここが この 記事 の ポイント です


本当 に 地球 が あぶない と 悟った

敵方 の モビルスーツ までもが


なんと!


アムロ たち に 加わり はじめた のだ!

b0225081_1324141.jpg









「 小惑星 落とし 」 を 仕掛けてきた

敵方 の パイロット たち までも が


地球 に 小惑星 を 落とすまい と

アムロ に 加担 しはじめた のである


本当 に 地球 の ピンチ を 目の当り にして


「 自分たち の 作戦 は まちがっていた

  なんとしても 地球 を 守らなければ  」


と 気づいた の である


そして 


小さな モビルスーツ で 小惑星 の 落下 を 

止めよう など 無理 なことだと 承知 の 上で


てき みかた 関係なく みんなで

ひっし に 地球 を 守ろう と

小惑星 を 押し戻そうと しはじめた のだ


そして アムロ も すべて の

他 の パイロット たち に


「 その 機体 では むり だ みんな 下がれ! 」


と 言う


しかし 敵方 の パイロット まで


「 地球 が だめ に なるか ならないか 

  なんだ! やってみる 価値 ありますぜ!  」


と 小惑星 を とめる こと を あきらめない


もう 本当 に 地球 が ヤバイ 光景 を

目 にして 


なんとか 地球 を 守りたい と 


敵 とか 味方 とか まったく 関係 なく 

みんな の 心 が 1つ に なったのだ!


ホント に もう この シーン を 観ると

俺 は 毎回 感動して 泣く かなり 泣く


もう こみ上げる もの を 抑えきれなくなる


と いった 作品 である


どうだろうか


先ほど 書いたように


『 本当 に 命 や 地球 の 尊さ に

  触れた とき 人々 の 意識 は 覚醒 して

  本当 に 大切 な こと が はっきりと 判る 』


お解り いただけた ことだろう


この ガンダム の エピソード では

地球 の 危機 を 目の当たり にして


みんな の 意識 が 覚醒 して

霊的周波数 に 近づいた わけである


そして なにが 一番 大切 か 観えたのである


実際 に 危機 が きてから 気づく のではなく

手遅れ に なる前 に 表面的 な こと にとらわれず 


こころ の 眼 で 感じて 霊的覚醒 の 視点 で

しっかりと 何 が 大切 なのか を 見極め


本当 に 大切 な もの を 失わない ように 

毎日 を 生きること が 大切 である


そのため にも 定期的 に


☆ 『 自分 に とって 何 が 一番 大切 か

    自分 に とって 何 が 本当 に 大切 か 』


を じっくり 自分 の こころ を 感じ ながら

考えてみる こと も イイ かと 思う


と いった 感じ である


この 映画

『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』


この 作品 は 機動戦士ガンダム の 

シリーズもの の 作品 なので


すべて の 方に おすすめ とは 

なかなか 言えない わけ なのですが


環境問題 や せんそう そして 政治的 な 

側面 までも 描いて いて いろいろ と

考えさせられる とても 深い 作品 である


きっと 何か を 感じる かと 思います ので


興味 の ある 方は

是非 観てみて ください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-01 18:10 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(28)

実録!パトカーの取り締まりシンクロ! #514

みなさん こんちには


今回 は 日常的 な 出来事 を

いろいろ な 角度 から の 視点 を 

シンクロ と からめて 書いてみよう


では はじめます



先日 親しい 知人 に 駅 まで 

クルマ で 送って もらった


そのとき 一旦停止 の 場所 で

その 知人 は 減速 は したものの

きっちり と 止まらなかった


なので 俺 は 知人 に こう 言った


俺  「 れ? 一旦停止 止まらないんかい? 」


知人 「 え? 今 ちゃんと 止まったぞ 」


どうやら この 知人 は いいがけんな

一旦停止 が くせ に なっていて


きっちり 止まらなくても 自分 が

一旦停止 している つもり に なっていた


俺  「 いやいや 今 のは 止まった とは

     言わん 減速 した だけだぜ    」


知人 「 え? そうなん? そうかな? 」


俺  「 マジで 言っておくが 一旦停止 は

     ちゃんと した 方 が イイぜ マジで 」


と だけ 言っておいた


知人 は 俺 の その 言葉 を あまり 

真剣 に 受けとった ようには みえなかったので


こいつ マジで 大丈夫かな?

と ちょっと 気になった


☆ 『 人 が みてない ところ でも 

    正しく ちゃんと した 方 が イイ 』


のにな、、、


と 俺 は 思っていた


すると そこに

驚愕 の シンクロ が 起こった!


それは その 数日後 の こと だった

その 知人 と ふたたび 会った とき


知人 「 いや~~ イタイ! かなり イタイ! 」


俺  「 どうした? 」


知人 「 一旦停止 無視 で つかまったあああ! 」


俺  「 あ~~~~~  」


なんと! 


俺 と 一旦停止 の 話 を していた

その 数日後 に この 知人 は


一旦停止 無視 で 警察 に

つかまっていた のであった!


この 知人 に とっては ちょっと

イタイ シンクロ と なってしまったが


これは まさに 見事 な タイミング で

起きた シンクロ であった!


普段 は シンクロ が 起こる と

喜ぶ この 知人 だが


さすがに この シンクロ は 

よろこべ なかった


結構 俺 は 何か を 事前 に 察知 して

相手 に 話す ことが 多い ので


俺 が 一旦停止 に ついて 話した 

のを ちゃんと 心がけて くれてたら

よかったのに、、、 と 思った


ま どーであれ 本人 次第 なので 

しゃーないん だけどな


知人 「 あ~~イタイ! 罰金 7000円! 」


俺  「 、、、、、 」


知人 「 あんな ところに パトカー が 

     いた とは はら たつ~~~  」


俺  「 いやいや パトカー かんけーねーよ 

     おめー が わりーよ おまえ が

     しっかり 一旦停止 してりゃ よかったんだぜ 」


知人 「 まあ そうなんだけどなああ~ 」


俺  「 おめー の 一旦停止 は 停止 じゃなく

     あれは 単なる 減速 だと 言ったよな 俺 」


知人 「 ホント そう 言われていたのになああ!

     しまったなあ~~! ああ~ うっ、、、 」


と こんな こと が あったわけである


しかし


この 一旦停止 シンクロ は さらに つづいた

そして 今度 は なんと!


俺 の 番 だった!


俺 の 身にも その知人 と 同じ 出来事 が 

降りかかって きた ので あった


では その 話 も 書いておこう


先日 別々 の 場所 で 3件 の 用事 が

あったので 俺 は クルマ で 移動すること にした


その とき の 出来事


ひとけのない 見通し の よい 海沿い の 道 で 

小さな 公園 の 横 を 走っていた とき


一旦停止 の T字路 が あったので

そこで おれ は もちろん 一旦停止 した


そして 左右 を 確認 すると


右側 の 民家 の 陰 に ひっそり と

警察 の パトカー が 潜んでいた


俺 「 えっ! あんな ところに

    パトカー が 潜んでいた のか! 」


と 俺 は 少々 驚いた


なんと!


知人 に 続き 俺 にも

一旦停止 シンクロ が 起きた のである! 


「 おおおっ! マジか 俺 にも

  一旦停止 シンクロ が 来たんかい! 」


しかし 俺 は 日頃 から きちんと

一旦停止 しているから


まったく 大丈夫 なので 


取り締まり 自体 は

とくに なんとも 思わなかった


とはいえ


「 ああ やはり 日頃 から きちんと

  一旦停止 を 守っていて よかったぜ 」


と 深く 感じた


知人 と おなじ ように

一旦停止 シンクロ が 起こった ものの


日頃 から しっかり 一旦停止 を 守っていた

俺 は ことなき を 得た わけである


ただ 


ここの T字路 は ずば抜けて

見通し も よく どう考えても

じこ が 起こりそうもない 場所 であり


一見 この 場所 で 取り締まる 必要 が

あるのか? と おもえる ような 場所 なので


すごく 意外 な ところに パトカー が 

潜んでいた こと に 俺 は 驚いた


どうやら ここ の 道路 の 地形 を

利用 して 一旦停止 の 取り締まり 

を していた ようである


おれ は 一旦停止 の 取り締まり 現場 で 潜む

パトカー を 観た のは おそらく はじめて だったが


「 ああ~ なるほどな 」


と 思った


ここで この 現場 の

パトカー の 一旦停止 取り締まり

の 構図 を 解説 しておこう


その 現場 を 図解 すると こう ↓ なる


f0287177_16102597.jpg











そこの T字路 は 右 は 行止り のため

ほぼ 100% の クルマ が 左折 する


運転者 の 意識 は おのずと 自分 の

進行方向 である 左側 に 集中 しやすい


そして この T字路 は この 停止線 の

かなり 手前 の 位置 から でも

左右 とも かなり 見通し が イイ ので


かなり 前方 から でも 右側 から

クルマ が 来てなく 明らかに 安全 

で ある こと が 目視 できる


なので 運転者 が 気を抜くと

右側 を 観ずに 左折 してしまう


そして その まさに 盲点 と なる

右側 の 民家 の かげ に


パトカー が 潜んで

一旦停止 を 見張っていた のである


これを パトカー側 の 視点 で

その ねらい を みてみると こうなる


☆ 『 運転者 が 明らかに 安全 だと

    確認 でき 気を抜きやすい 場所 で 

    地形的 にも パトカー が 隠れやすい 

    ところ で 一旦停止 を 取り締まる 』


これが この 場所 での 一旦停止 の 

取り締まり の 構造 であった


「 ああ~ なるほどな こういう

  盲点 を ねらって くるわけな  」


と 


パトカー の ねらい の ポイント が

わかり ちょっと 勉強 にも なった


さて これ を 読んで どう

感じた だろうか


まず この件 に 関して

しっかり 冷静 に 考えてみよう


知人 の ケース では 


「 こんな ところで 一旦停止 を

  見張ってなくても イイ じゃないか 」


と いう 考え を 知人 は 持っていた


俺 は その 現場 を 知らない ので

そこに 関しては わからない


では 俺 の ケース では どうだろうか?


俺 の 体験した 一旦停止 の 場所 は

クルマ の 通り も ほとんど なく


明らかに 事故 が 起こる 可能性 が 

ほぼ ない と 言える くらい 開けた

見通し の よい 場所 であった


おそらくは 知人 の ケース の 場所

よりも 事故 の 可能性 は 低い と 思われる


だから


「 こんな 見通しの よい 場所 で 

  取り締まる 意味 が 本当 に あるのか? 」


と いう 意見 が でてくる かもしれない


だが 俺 は そうは おもわない


『 こんな 見通しの よい 場所 で こそ

  一旦停止 する 習慣 が 大切 である 』


と 思う


つまり 大切 なのは その 場所 で


「 一旦停止 を するか どうか 」


ではなく 


☆ 『 一旦停止 する 習慣 が

    身についている か どうか 』


であり


これを 本人 に 促す ために

パトカー は 取り締まり を しているのである


なので むしろ

こういった 見通し の よい 場所 で こそ


本当 に 一旦停止 が 身についている かどうか

が はっきりと 判別 できる のである


だから このような 場所 で

取り締まり を する ことは

理 に 適っていて パトカー は なかなか 

イイ 仕事 を している ということ になる


なので さきほど の


「 こんな 見通しの よい 場所 で 

  取り締まる 意味 が 本当 に あるのか? 」


に ついて 言えば 

冷静 に 考える と 「 ある 」 と なる


ただ この 出来事 に はら を 立てたり

自分 都合 で 解釈 してしまうと 「 なし 」

と なってしまう


やはり よりよい 判断 を するためには


エゴ では なく 愛 と 調和 を もって

冷静 に 考える こと が 大切 である


以前 の 記事 でも 書いたが

驚愕!シンクロまさかのタイミングで出現! #465


いかり が あると 周波数 が みだれて

正しい 判断 が できなくなる


守護霊たち からの ひらめき も

受けとり づらく なる


なので もしも いかり が ある ときは

まずは 深呼吸 して こころ を しずめて

周波数 を 整えて


それから 冷静 に 自分 の こころ と

向き合い ながら 考える ことが 大切 である


周波数 を 整えて から 考える と

より 正しい 判断 が でき

まったく 別 の 景色 が 観えてくる のである


こういった 視点 は 相手 の ためにも

そして 自分 の ため にも 大切 である


ちなみに 


俺 は 普段 から 一旦停止 は

丁寧 に きっちり 止まる


だから 取り締まり が あっても

まったく もんだい では ない


なので やはり 結局 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 だれ も 観てなくても 日頃 から

    まじめ に 生活 する が 一番 だな  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を 再確認 した 出来事 でもあった


今回 の この シンクロ を

観て わかる ように


知人 と 俺 に 同じ シチュエーション の

シンクロ が 起きた としても


2人 の 得た 結果 は ちがっていた


その ちがい を 生んだ のは


「 日頃 から 一旦停止 を 

  しっかり 守っていた か どうか 」


の ちがい だった


普段 の 俺 は ご存じ の とおり

そーとー ふざけた やつ なのだが


やはり 本質的 には まじめ である

こと が 一番 だな 思う


日常 の 一コマ で 起きた 一旦停止 の

取り締まり の シンクロ だった が


こういった 出来事 を 通して


いろいろ な 角度 から ものごと を 観て 

考える と いろいろ と 学ぶ ことができる


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-07-25 22:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(23)

真相!本能寺の変その後と霊的背景! #509

みなさん こんちには


今回 は 


『 本能寺の変 の その後 の 霊的背景 』


に ついて 書いていこう


驚愕!京都「信長茶寮」本能寺跡! #504

の 記事 を もとに 書いて いきますので

まだ お読みでない 方 は こちら から どうぞ


上記 の 記事 で 俺 の 先祖 の 身内 は

本能寺の変 で 信長 と 宇宙 へ 還った と 書いた


そして 俺 は 本能寺跡地 である

京都 の 「信長茶寮」 へ 供養 に 行った と

b0225081_1685878.jpg








「信長茶寮」http://www.shinchou-saryou.jp/ireihi.html


ここ の 本能寺跡地 に おいて

本能寺の変 では 織田信長方 と 明智光秀方 が 戦った


つまり 当然 本能寺跡地 では

織田方 と 明智方 の 両方 の 方々 が

そこで 果て 宇宙 に 還った わけ である


どうだろうか すると ちょっと

気になる ことが ありは しないだろうか?


宇宙 に 還った 織田方 明智方 の

方々 は お互い に どう 思っているのか?


さらには 信長 と 光秀 は 

お互い に どう 思っているのか?


今回 は この あたり を 解りやすく

徹底的 に 解説 していこう


まず 俺 が この 本能寺跡地 に 行き

供養 を してきた のだが 


一体 俺 は どのように 供養 してきた

かと 言うと こうである


『 あなた方 の おかげで 今 俺たち は

  同じ国内 で あらそうこと なく

  平和 に くらしておる 本当 に ありがとう 』


こういう 気持ち を 俺 が だせるだけの

光 や 愛 の エネルギー と ともに 発してきた


と こういう 供養 なのである


つまり 織田方 とか 明智方 とか 関係なく

そこに 関わる 方々 全員 に 気持ち を

届けてきた わけである


今 の 俺たち が 日本人 どうしで

あらそわずに 暮らせている のは


もちろん 本能寺の変 だけ ではなく

日本 を 1つ に しようと してきた

ご先祖たち みな の おかげ なのである


てき とか みかた とか では なく という

この 視点 が 大切 なのである


そして ここで さらに 大切 な 

「 霊的真実 」 を お伝え しておこう


これは ぜひ 知っておいて いただきたい

こと なのだが


俺 は 上記 の 記事 で


( この ブログ に よく 来られる 方 は

  俺 と 縁 の ある 方たち なのですが )


とも 書いた


すると やはり 『 今 の 俺 の 先祖 』

が 織田方 なので 

そこから 信長 押し と 思いがち である


たしかに 俺 は 信長 の

あらそい の ない 世の中 に したい と

いう 視点 には かなり 共感 している


俺 を この 地球 に 降ろし 迎え入れてくれた

今 現在 の 織田方 である 先祖 も 

大切 なのも たしか である


しかしながら


この ブログ の 読者 の 方 の なかには

もちろん 明智方 の 子孫 の 方 も いる だろう


だから あまり 信長 の こと を 書いてしまう と


「 え わたし は 明智方 なので、、、 」


と いう 捉え方 も あるかもしれない


でも だいじょうぶ! 

ご安心 していただきたい


『 霊的真実 』 は けっして さみしいもの ではなく

奥には かならず 愛 と 調和 が ある


織田方 明智方 と いう のは

本当 に 三次元的 で 表面的 な こと でしかない


つまり どういう こと かと言うと


じつは なんと 


今 明智方 の 家系 に 生まれた としても

元々 は 織田方 の エネルギー の 方 も いる


のである


織田方 の エネルギー の 方 が

明智方 の 家系 に 生まれて そこで

愛 を 学び 愛 を 育む 


と 言った ケース も あるわけである


もちろん 明智方 の エネルギー の 方 が

織田方 の 家系 に 生まれる こと も ある


だから 実際 は 織田方 明智方 が

いり混ざっていて もう どっちが どちだか 

わからない という 感じ でもあるのだ


この ように 両者 の エネルギー が

混ざり合う ことで


対立 から 調和 の エネルギー へと

整えられていく のである 


図 だと ↓ こんな 感じ である

b0225081_22412469.jpg











もう これだと てき とか みかた とか

はっきり 言って 意味 を なさない


自然 と あらそいたく なくなる よな

できれば 仲良く したくなる よな


霊的視点 で 観ると

じつは こんな ふうに なっている のである


だから 今 現在 の 日本人 どうし が 自然 と

お互いに あらそいたいと 思わない 社会 と

なっている わけ である


もう みんな 仲間 みたいな 状態 になり

対立 の エネルギー に なりようが ない


このようにして エネルギー が 調和 

へと 整えられて いく わけである


もちろん 社会 が 調和 に なっていく

要素 は これ だけでは なく


人々 の 話し合い や 交流 などの

普通 の 調和 の ため の 努力 も 

大切 な 要素 だが


こういった 霊的な背景 の 要素 も

実際 に ある わけである





このように 織田方 明智方 とういのは

表面的 三次元的 な 表現 な だけ である


霊的 な 視点 で 観ると


現在 に おいて は 両者 の エネルギー が

入り混じっていて ほとんど 意味 が ない のである


とくに 本能寺の変 の ような

意味深い しょうとつ の 場合 は


むしろ お互い の 家系 に 生まれ

そこで 愛 を 学び 築きあう ことで 


日本 を 調和 にして いこうと 

する ことが 多いので


現在 に おいては 

ほとんど てき も みかた も ない のである


じつは 人 が 生まれる 霊的背景 には

このような 天 の 愛 と 調和 の 仕組み 

が ある わけである


この 一連 の 解説 を お読みに なれば

上図 の 霊的背景 は ご納得 いただけたことだろう


宇宙 に 還った 織田方 明智方 の

方々 は お互い に どう 思っているのか?


の こたえ は つまり 図 を 観れば

判る ように


もう てき だの みかた だの 

そんな こと まったく 意識 していない


むしろ お互い に

みんな 仲間 だと 思っている のである


これは もちろん

信長 と 光秀 に 関して も 同じ である


そして さらに 言うと


この 生まれる 家系 の 構造 は

なにも 日本国内 だけの こと では ない


たとえば 世界大戦 で イギリス と ドイツ で

たたかい あっていた エネルギー の 2人 が


日本 の 1つの 家庭 に 兄弟 として 生まれてきて

お互い に 愛 を 学び 協力 しあう といった

ケース も たくさん ある のである


そうして 過去 の あらそい が

地球規模 で 調和 へと なっていく わけである


この 生まれる 構造 を 知ると


国 と 国 で あらそう ことが

いかに ナンセンス な こと だと

お解り いただけた ことだろう


相手 の 国 を せめたら 実際 は

かつての 仲間 の エネルギー を

持っている 方たち が そこに 

いたりも するわけである


そう考えると 多く の 方々 は

やはり 他国 の 方々 と 仲良く したい

と 感じる はずである


平和 の ために こういうった 視点で

他国 の 方々 を 観ることは 大切 である


俺 の 本 にも 書いた のだが

霊的周波数 と ものの 観方 に 関して 触れておくと


もし あなたが 今回 の 記事 を 読み


織田方 明智方 や みかた や てき に 関する 

観方 が かわった としたら あなたの 周波数 が

霊的周波数 に 近づいた わけである


どうだろうか


表面的 な こと の その 奥 に ある


本当 に 大切 な こと を 見極め

それ を 大切 に していただきたい


そして また 


たとえば この 「信長茶寮」の ような 場所 で

お祈り を 捧げる 機会 が あるとき は


ぜひ 今回 の 記事 で 解説 した

霊的背景 とかを 思い出しつつ


すべて の 方々 を 仲間 と して

愛 や 光 を 送って みてください 



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-06-20 23:59 | Arcadia 理想郷へ向けて! | Trackback | Comments(19)

実相!霊的視点で結果よりも大切なことが! #485

みなさん こんちには


今月 の 10日 と 13日 に


新海 誠 監督 の アニメ映画

『 言の葉の庭 』 を 通算 2回 も 観た


b0225081_18331247.jpg



















新海 誠 氏 の 作品 は とても

光 や 色彩 が 美しい と 記事 に 書いた

必見!美しい!素晴しい!これぞCMだ! #398



で この 『 言の葉の庭 』 


http://youtu.be/YLDxwZHRP6o


この 作品 は 雨 の 描写 が 

かなり 美しい との ことで 観てみた


で 


実際 に 観てみると やはり 

これが また とても 美しかった


雨粒 が 落ちて できる 波紋 や

空から 降る 雨 も とても キレイ だった


雨 の 描写 に ちゅうもく して 

観ても すごい な と 思える 作品 だった


俺的 には ↑ これ が この 作品 を

観た 理由 だった わけ だが、、、


この 作品 を みて いろいろ な

こと を 感じた


この 作品 の 話 の 内容 はと いうと


靴職人 に なりたい 高校生 の タカオ と 

年上 の 女性 ユキノ との 出会い 


そして ちょっと 恋愛 な 感じ の

話 で あった


あまり ネタバレ を せず 書くと

( この先 少し ネタバレ です )


ハッピーエンド とは あまり 言えない

ちょっと もどかしさ が のこる のが


ハッピーエンド 好き の 俺的 には 

ちょっと な、、、と 感じた が


ストーリー の クライマックス で

タカオ と ユキノ が 思い切って


『 自分 の 本当 の 気持ち 』


を お互い に 伝える シーン が あり 

そこが ものすごく こころ を ゆさぶられた


本当 の 気持ち を 伝えれる こと

ってのは とても イイ こと なのだな


と 感じた


ちょっと あまり 書きたく ない が

俺 の にがて な 恋愛 に 関して 書くと


どうだろう 本当 に 人 を すき に

なるのは 中学生 あたり から だろうか


当時 の 俺 は 


本当 に こころ から 好きな 人 に

告白 とか したこと が なかった


やはり ふられる のが おそろしてく

できなかった のだった


しかも 俺 は 誰とでも 会話 が できるのに

すき な 人 の 目 の 前 では


はずかしい というか 意識 してしまい

うまく 話せなく なって しまう のだ


ちょっとした あいさつ すら

いちいち 勇気 が いる そんな 感じ


本当 は 話したい のに うまく 話せない


今 でも そうだろう


他 の 人 とは 普通 に 話せる のに


『 一番 話したくて たまらない 人 』


とは なんと うまく 話せなく なってしまう

( これ ↑ は 克服 しなくてはっ!

  つーか 16才 かよっ! )


という とても まぬけ な 状態 に なる


しかも 普段 は 俺 は 結構 気が利く の だが

緊張して 気がまわらなく なってしまう


とても くやしい!


なんで この 一言 が 言えなかった のだろうか

なんで この 気遣い が できなかった のだろうか


普段 の 俺 なら 当たり前 に できる こと なのに

と 後から 反省 して くやしい おもい ばかり に なる


普段 は チャンネル が 働く が


好きな人 には まったく 俺 は ばか なのか?

と いうくらい な ほど チャンネル が 働かない


あいさつ すら うまく できず に


相手 の 方 に たいしても

とても もうしわけない と じつは 思っている


そして そんな 自分 を きらって しまう


自分 に たいして おまえ もうちょっと

なんとか しっかり しろよ~ みたいな 感じで


これを 克服 したい 


ところが ある時 ふと こんな こと を 思った


もし 俺 が このまま この世 を 去る とき

後悔 すること がある と したら


「 本当 に 正しい こと を 行動 しなかった こと 」

「 本当 に すき な 人 に 告白 しなかった こと 」


だろうな、、、 と 気づいた


つきあって いた こと も あった わけだし

告白 自体 したこと が なかった わけ では ない


いろいろ な 貴重 な 経験 も した


たとえば 最短 3日 で フラれる と いう

大惨事 も 経験 した ことが あるっ!

( これ ↑ マジで! )


チャネラー の 方 から 告白 されて

つきあった の だが


なんと! その 3日後 に 


「 あなたは 私 の ツインソウル では なかった 」


と 言われ 俺 は 撃沈 した! 


「 はっ? 何それ? そして 涙! 」


あいかわらず マンガ の ような

俺 の じんせい で ある


それ以来 チャネラー の 方 は

敬遠 している なんつーって!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こう ↑ いった 一見 ええっ! となる

出来事 に 大切 な メッセージ が あり

じつは このとき も それ で あった

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


あまり プライベート な ことは

書きたく ないので くわしくは 書かない が


俺 は あまり できた ひと でも ない ので

いろいろ 反省 すべき こと も 多く

全部 書ける わけ じゃない のでな


しかし 役立つ 情報 と 感じて

必要 を 感じたら 書くが、、、


で 話 を もどすが


自分 から 勇気 を だして

こころ から すき な 方 に 告白 


した こと が なかった こと に 関して


そして それは よろしくない な と 思い


その後 俺 は


こころ から 本当 に 好き だ と いう 方 に

告白 した こと が 一度 だけ ある


絶対 に うまく 話せない 自信 が あったので

自分 で 何度 でも 告白 の 練習 を した


学生時代 は 生徒会 とか で 壇上 で

人前 で はなす こと も 多かった


高校 では 成績 は クラス の 

下から 3位 という ひどい 状態 だった が


なぜか 先生 に 推薦 され 副会長 を やっていた


ライブ では ステージ で 歌う わけ で

普段 は 全く ものおじ しない タイプ なのだが


しかし


やはり 恋愛 は にがて なので

この 告白 の とき は かなり 緊張 した


その方 の 前 に たった とき には

じつは 足 が 少し ふるえて いた

( おまえ ↑ おとな だろ! こども かよ! )


お渡し したかった 新聞 の きりぬき と

自分 の 気持ち を 伝える だけ で


これほど までに 緊張 する もの なのか

と 思った


この ような 告白 を 俺 が 出来た のは

人生 で 一度 だけ なのだが、、、


そして いよいよ 告白 した


本質的 に かなり 優しい 方 なので

しっかり 話 を 聴いて くださった


そしたら 不思議 と 緊張 が 

スーーっと おさまる の を 感じた


そして 伝えたい こと を 俺 は

なんとか 伝える こと が できた


そして その結果 は


どうかと 言うと、、、


なんと


「 だめ だった、、、 」


ざんねん な こと だけどな


しかし この あと

はっきり わかった こと が ある


それは 結果 は だめ だった のだが


「 やはり 俺 は あの お方 が 

  本当 に 大すき なの だな と 感じた 」


告白 した 帰り 道 に

結果 が だめ だった にも かかわらず


あの方 と 向き合って お話 が できた こと

が うれしくて うれしくて たまらなかった


最高 に 幸せ な 気持ち で 

いっぱい な 自分 が いた


ちょっと おどろいた


数分間 の 出来事 だった のだが

とても 幸せ な 時間 だった


人生 最高 の 瞬間 だった


結果 が だめ だったのに

向き合って お話 できた こと が

幸せで 幸せ で しかたなかった のだ


これは とても 不思議 な 感覚 であり

不思議 な 体験 だった


そんな 自分 を 客観的 に みて


「 ああ おまえって 本当 に あの お方 

  の こと が 大すき なのだな、、、  」


と 思った


そして ここ で もう ひとつ

ちょっと 不思議 な こと が 起こった


ここ が 今回 の 記事 の

一番 の ポイント なのだが


俺 が はじめて 勇気 を だして 

大すき な 方 に 告白 した こと に たいして


守護霊 や 天使 妖精 異星人連中 とか が

かなり 多く の 存在たち が 


「 よくやった! おめでとー! 」


と 祝福 してくれていた のだ


やつら が にこにこ して

拍手 するかの ような 感じ だった


正直 なんで ここまで やつらが 

祝福 してくれたのか わからなかった


「 結果 は だめ 」 だったの に だぜ?

なんで こんなに 祝福 してんだ? と 思い


俺 「 お前ら 結果 観て なかったのかよ!

    つーか 結果 観てた だろ!     」


と 思わず ツッコミ を 入れた くらいだ


結果 が だめ だった のに 


「 守護霊 一同 みな そろって 

  拍手 で おめでとー!    」


って のは どう 考えても 

さすがに 絵的 に おかしくね? と 思った





結果 が だめ だった のに


「 あの お方 と お話 できた

  やったー やったー       」


と 喜んで しまている おれ も おれ だが、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


どうやら 大切 なのは 結果 では

なかった らしい 霊的 な 観点では


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ま 正直 ぶっちゃけ 俺 に とっては 

結果 が 一番 大切 だった のだが


やつら の 霊的 観点 に おいて は 

結果 が 一番 大切 なのでは なかった らしい


正直 やつらが 「 結果 が だめ 」

だった のに どうして あれほど

祝福 してくれたのかは いまだに わからん


俺たち 地上 の 視点 では


『 告白して お付き合い が はじまった 』


と なるのが 一番 に 感じる


しかし 霊的成長 や 視点 に おいては

必ずとも そうで ない らしい


結果 は どうであれ 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 それまで 出来ず に 逃げていた 

    こと に たいして 俺 が 初めて

    勇気 を もって 行動 した こと 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


に たいして やつら は 祝福 してくれた

と いうこと なのだろう


と 感じた


このように


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

霊的視点 に おいて は

結果 よりも 大切 な こと が ある

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


わけ である


俺 の 告白 を しっかりと 聴いて くださった

ステキ な あの お方 にも 

俺 は こころ から 感謝 している


本当 に どうも ありがとう 

と いう 気持ち で いっぱい である


あと 俺 は 結構 ろくでもない 

やつ なの だが


あの お方 に 告白 した 以上 は

ちょっと は まとも な ひと に

なりたい と 思った


じゃないと なんか 

あの お方 に もうしわけない


そう 思った


今 も 俺 は あほ では ある が、、、

ははは 


はなし を もどす が

やはり 何事 で あっても


結果 が だめ だった 後 こそ

自分 を 磨く こと が 大切 である


自分自身 を 改善 させる ところ って

さがすと 結構 ある からな


やはり 自分 磨き は 大切 である


そうしていれば かならず

自分 の いくべき ところへ たどり着ける


と いった 感じで 今回 は


映画 『 言の葉の庭 』 を 観たこと が

きっかけ と なり 感じた こと でした


この 記事 を 書く に あたって


やはり 内容的 に はずかしー ので

ていこう も あったが 

いろいろ シンクロ もあり


守護霊 も これ は 書いた ほうが いい 

と 言うので ここ に 書いておいた


どなたかの お役に 立てれば、、、

と 思う



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-23 23:52 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(38)

実相!人生の課題と恋愛そしてプレゼント! #472

みなさん こんちには!


今回 は 魂 の 成長 に おける

人生 の 課題 や 恋愛 の 課題 


そして その 課題 を クリア した 後 の

守護霊たち からの プレゼント に ついて 書こう


人 は 生きている と いろいろ な

課題 と 直面 して いく


そして 人生 の 節目 節目 に おいては

ちょっと 大きな 課題 なんて のも ある


これら の 人生 の 課題 は 

その人 が 生まれてくる 前 に 


自分 の 魂 の 傾向 を クリア する ために

つまり 自分 の 性格 を より 磨く ために


いついつ に こういう 課題 と 直面 して

それを クリア して 魂 を 成長 させよう


と 生まれる 前 の 「 霊的会議 」 で

決めて くる ケース も ある


そして 実際 に その 時 が 来ると 


なんらか の 形 で 人生 の 課題 と しての

出来事 が 発生 する わけである


☆ 『 自分 に とって なかなか 解決 できない

    むつかしい もの こそ 大切 な 課題   』


それを クリア すると 大きく 成長 できる


そして その 出来事 を 起こす ため には

相手 となる 人 で あったり 


いろいろ な 出演者 が 必要 となる


そういった こと も じつは 


生まれる前 や 寝ている 間 の 「 霊的会議 」

で 話し合って 決めている 


とくに 「 きらわれ役 」 を やってくれる 人 には

自分 から それを お願いする ケース が 多い


では その 人生 の 課題 の 解き方 を

解説 して いこう


この 様な 大きな 人生 の 課題 に

直面 している とき は


比較的 頻繁 に 寝ている 間 に

「 霊的会議 」 を 行っている ことと


あなたが 困っている とき も


「 か・な・ら・ず 」 


守護霊 が あなたに 出口 は こっち だよ

と 話し かけてくれている こと を 

知って おいて ほしい


☆ 『 やつら は インスピレーション で

   必ず ヒント を 送ってきて くれている 』


そして


☆ 『 その ひらめき に 従って 自分 の 

    考え方 を 変えて 行動 すると    』


人生 の 課題 を 比較的 スムース に

解決 して いける わけである


愛 と 調和 に よる

ひらめき や インスピレーション は


守護霊たち から の 声 だから である


しかし ながら なかなか

前向き で イイ 考え が 浮かばない とき

も ある かも しれない


そんな とき というのは


じつは 


『 自分 の エゴ に 巻かれてしまっている 』


と いった ケース が 多い のである


ここを しっかり 認める ことが 

問題 解決 の 最大 の ポイント である


自分 が 愛 と 調和 の 状態 か?

それとも エゴ の 状態 か?


これ を 見極める ことが 大切 である


自分 が 今 エゴ の 状態 か どうか

を 見極める 方法 は いたって 簡単!


これは ぜひ しっかり 覚えて おいて

いただき たい こと なのだが


エゴ の 状態 だと、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


『 こころ に 落ち着き が なくなり

  普段 の 自分 では なくなる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ だけ である じつに 簡単 で ある


この 状態 の とき は なんらか の

エゴ の 状態 に なっている ので


そんな とき は 一旦 立ち止まって

自分自身 と 向きあう こと が 大切 である


もしも 本当 に 愛 と 調和 の 状態 ならば


「 こころ に 落ち着き が なくなる 」

「 自分 らしさ が なくなる 」


なんて ことは 絶対 に 起こらない のである


「 あれ? ちょっと ヘン だな 自分 」


と 感じたら それは エゴ の 状態 で

ある 場合 が 多い 


自分自身 が そんな エゴ の 状態 を

しっかり 認める ことが 大切 で


この 自分 の エゴ の 状態 を 

自分 で 認める こと が できた 時点 で


じつは すでに 問題 の 大部分 は 

解決 されている とも 言える くらいである


じつは 


『 自分 が エゴ の 状態 で ある 』


と いうことが なかなか 認められなくて 

人 は くるしむ ケース が 多い


すごく くるしかったり したとき に


「 ああ これは 自分 の エゴ だな 」


と 完全 に 受け入れ 気づけた 瞬間 に 

エネルギー は 変わる わけである


で ここも ポイント の 1つ なのだが


エゴ の 状態 だと 守護霊 から の

ヒント である ひらめき が 聴こえない が


自分 が エゴ の 状態 だと 気づける と

エネルギー が 変わり


そこから だんだん と イイ ひらめき や

考え方 が 思い 浮かぶ ように なる 


つまり 愛 と 調和 の 守護霊 の 声 が

聴こえ やすく なって くるのである


その 調和 の とれた エネルギー 状態 で 

思い 浮かんだ ことを もとに


自分 の 考え方 や 行動 を 変えていく

と 課題 は クリア されて いく


そして その 課題 が 完全 に クリア 

もしくは どれくらい クリア できたのか どうか?


これも 


「 こころ に 落ち着き が 戻り

  自分 らしさ が でてきているか 」


これで 判定 できる


この 基準 で ああ 大丈夫 だな

と なれば クリア した わけであり


その 状態 に なれば 自分 の こころ が

すっきり 晴れやか に なっている ので


クリア した 実感 が ある ことだろう


しかし なにか モヤモヤ が 

残って いる 場合 には 再度


「 相手 の 立場 に 立つ 」


視点 に なったり して 考え方 を

変えていく ことを していくことで


必ず クリア の 道 が みえてくる


あと この


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


『 こころ に 落ち着き が なくなり

  普段 の 自分 では なくなる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは

恋愛 に 関する 課題 にも かなり 役立つ


すき な 人 が できる と 多少 の

そわそわ感 が でる のは ある わけだが


それでは なく 度 を 超えて 


こころ に 落ち着き が なくなったり

自分 らしさ が 著しく なくなる


と いった 場合 は 愛 や 調和 では なく


それは なんらか の エゴ の 状態 に

なって しまっている わけである


自分 の 想い を 叶えたい ばかり に

エゴ的 に なって しまった 

なんて ケース も これ に あたる


エゴ の 声 に 従って 行動 すると

ロク な 目 には 会わない 


また こころ に 落ち着き が なくなり

そわそわ した 感覚 それ こそ が


「 すき 」 「 恋愛 」


だと 思っている ケース も ある が

じつは それは そうとも かぎらない 


そして やはり ちょっと 度 を 越す と

それは もう エゴ の 状態 で あり


当然 うまく いかない 状況 に なる ので 

自分 でも 実際 に 解りやすい だろう


もう少し 書いて おくと

いろいろ な ケース が あるので

いちがい には 言えない のだが


こころ に 落ち着き が なく

自分 らしさ が なくなる 恋愛 は


むしろ それは 恋愛 では なく


それは 自分自身 の エゴ や 性格 に

気づきなさいよ と いう 為 の 出来事 

自分 を 正す ため の 出来事 であり


じつは その ケース が かなり 多い


つまり それ は 恋愛 では なく むしろ 

人生 の 課題 だったり するわけである


だから 落ち着き や 自分 らしさ が

なくなる のが 恋愛 だと いう 考え方

だけだと よろしく ない


恋愛 には
 

『 こころ が 落ち着き 安らぎ

  自分 らしさ が 輝き だす 』


そういった 恋愛 も あり 

それが 本当 に 目指す ところ 

でも ある ことを


知っておく こと も 大切 とのことである


と ここで 再び 人生 の 課題 の

全般的 な 話 に 戻すが


実際 に この 大きな 人生 の 課題 を 

クリア すると どうなるか?


クリア すると 考え方 も 変わり

魂 の 周波数 も 美しく 整う


すると その エネルギー に 

合った こと が やって来る ように なる


ま ひらたく 言うと イイ ことが ある


人生 の 課題 を クリア すると

守護霊たち から プレゼント的 な ことが

起こり はじめる わけである


これは 本当 に たのしい ことである


この 人生 の 課題 を クリア して

すぐに プレゼント が くる 場合 と

そうで ない 場合 が あるので


そこも 解説 して おこう


もちろん 1つ 課題 を クリア すれば 

それに 見合った イイ こと が 起こる


しかし たとえば 


「 ツインソウル と 出会いたい 」

「 本当 に 納得 の いく 仕事 を したい 」


と いった 大きな イイ こと には


それなり の 課題 の クリア ポイント が

必要 なのだと いうことである


よく 俺 は 課題 を クリア すると

守護霊 に 


俺 「 おい てめー こんだけ がんばった

    から 当然 イイ こと あるだろうなあ! 」


と 文句 を 言う 

すると やつ は


守護霊 「 大きな プレゼント までには まだ

      あと 2ポイント たりませーん    」


などと 平気 で 抜かしてくる!

まったく はら たつ~~~


なので イメージ と しては 


『 10ポイント たまる と 大プレゼントが! 』 


みたいな 感じ に 考える と 解りやすい


小さな 課題 を クリア して 1ポイント だと

小さな イイ こと が 起こり


大きな イイ こと が 起こる には

小さい 課題 を 10個 クリア して

10ポイント ためる 


もしくは


かなり 大きな 課題 を 1個 クリア すると


一気に 10ポイント 入る ので 

一回 で プレゼント が 届く ことも ある 


と そんな 感じ の イメージ なのである


なので 大きな 課題 を クリア した 後 には 

かならず ステキ な ことが あるので


そのため にも 是非 前向き に 

人生 の 課題 に 取り組んで いただきたい


と そんな 感じ である


本当 は らーめん の おもしろ シンクロ

に 関して 書こう と 思っていた のだが


つーか 実際 に 書いていた のだが


守護霊 の やつ が こっち を

書いてちょーだい 的な 感じ だったので


この 話題 を 書いた わけだが

いかがだった だろうか


恋愛 は とくい 分野 じゃねー ので

情報 を おろして 書くのに 

かなり 時間 が かかって しまったが!


ははは



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-09-19 13:35 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(23)

実録!キビシー状況を好転させる方法とは! #467

みなさん こんちには!


今回 は 人 との 接し方 に ついて と

キビシー 状況 を 好転 させる 方法 を


俺 の 実体験 を もとに 書いて いこう


先日 こんな 出来事 が あった


いつも どおり 俺 は カラオケ・スタジオ に

ボイトレ に 行った とき の こと


店 に 入ると 受付 の カウンター で 

部屋 を 決めて もらう


店員Aさん  「 今日 は 〇〇番 の お部屋 です! 」


おれ     「 あ どーも! 」


と そのとき、、、 


近くにいた 店員Bさん が

店員Aさん に なにやら 小声 で 話しかけた


すると 店員Aさん が


店員Aさん  「 〇〇番 の お部屋 は エアコン

         が 少し ききづらいので 

         ~~番 の お部屋 が 空きました ので

         そちらに かえて おきますね!     」


おれ     「 おおおっ! ありがとう! 」


店員Bさん が 店員Aさん に 

エアコン の 状態 の イイ 部屋 が 

空いた こと を 伝えてくれた 様である


じつは これが 俺 に とって は 

とても たすかる


かなり 全力 で 歌っている ので

部屋 の 温度 が かなり 暑く なるので

エアコン が 効かない と ちょっと きつい


店員Bさん の こころくばり が 

とても うれしかった


この 店員Bさん は 店員Aさん に

エアコン と 部屋 の 件 を 小声 で

こっそり 教えて あげていた ので


そのとき 店員Bさん が 店員Aさん に

何 を 伝えのかは 俺 は 解らなかった


この 出来事 では 店員Aさん が

エアコン の ことを 説明 してくれた ので


店員Bさん が 俺 に こころくばり を

してくれた こと が 判った わけである


だから もし かりに 店員Aさん が

エアコン の 件 を 伝えずに 

部屋 の 変更 だけを していたら


俺 は 店員Bさん が こころくばり を

してくれた ことは わからなかった はずである


つまり 店員Bさん は エアコン の ことを

店員Aさん に こっそり 教えてあげた 

と いうこと は


お客 で ある 俺 には わからない ように

こころくばり を して 

部屋 を かえて くれた わけである


☆ 『 相手 が 気づこうが 気づくまいが

    こころくばり を する        』


正直 こういう 人 は 

俺 は ものすごく すきである

人 として とても ステキ だと 感じる


これは とても 大切 な ことである


誰も 気づかない ところで あっても 

正しい 行い を する


Samurai侍 魂 で ある


また どんな 状況 で あれ

こころくばり は 大切 だと 感じている


じつは 俺 も 接客 の 仕事 を していたので

こういう ことは 俺 も よく 考えた


どんな 状況 でも 

こころくばり は 大切 


と いうことは かりに サイアク な

状況 に おいても と いう 意味 である


当時 俺 は 販売員 の 仕事 を

していた のだが こんな こと が あった


上司  「 「 K 」 さん ちょっと イイ? 」


俺   「 ええ 」


上司  「 あそこの コーナー の お客様 が

      ものすごく お怒り に なられているので

      「 K 」 さん 対応 してくれるかな

      もうしわけないね、、、 」


俺   「 ええ わかりました 」


いわゆる クレーム 対応 で ある

俺 は こういう 仕事 も イヤ では なかった


問題 が 発生 した のであれば

それを 全力 で 解決 すべき だと 考えていた


その コーナー へ 行き 接客 を 替わった

お客さま は そーとー おいかり に なっていた


俺  「 (これは 一体 何 が あったのか?) 」


こういった とき に 絶対 に 

やって は いけない こと が ある 


それは


『 相手 が ワルイ イヤ な 人 と 見なす 』


これは 絶対 に やって は いけない


こうなると 不調和 の エネルギー に なり

イイ 流れ を 生み出す ことが できない


だから


☆ 『 自分(店)側 に 原因 が ある 』


と いう 姿勢 を 貫く こと が 大切 である


人 が 何かしら いかる には 

かならず それには 原因 が ある


だから 何 が あったのか

相手 の 立場 に なって とことん 話 を 聴く 

聴いて 聴いて 聴き まくる 


そうする と たいてい は


「 ああ いかる のも むり ないな、、、」


と 理解 できる ので


俺  「 本当 に 申し訳ありません でした

     私も お客さま の 立場 でしたら

     絶対 に 納得 いかない と 思います 」


と 正直 に 伝え こころ を 込めて お詫びする

それから 接客 に はいる 


しかし そう 簡単 には いかり は 収まらない


ところが 俺 が 接客 を している 途中 で

この お客さま の 態度 が 一変 した


きゅうに ごきげん に なり

よろこび はじめた のである!


俺 の 接客 に 一体 何 が あったのか?


では その とき の 様子 を みてみよう


そのとき の お客さま は 

文章 を 書く 仕事 を している 

との こと だった


そこで 仕事 を しながら 音楽 を 聴く

そのため の 音響機器 を 選んでいた 


で ほしい 商品 が 2つ あって 

どちらに するのか まよって いた


そこで 実際 の 音 を 出しながら

俺 は 機器 の 説明 を しはじめた


で 一方 の 機器 の 音質 を 変えようと 

俺 が ツマミ を まわそうと した 


すると その ツマミ が 小さくて

やたら 堅くて 動かなかった


俺  「 ( れ? なんだ これ 堅いぞ 回らねー ) 」


やっと 動いた が 指 を みると

赤く なって いた しかも ちょっと イテー


俺  「 (この人 物書き だったよな、、、) 」


そこで 俺 は お客さま に こう 伝えた


俺  「 お客さま 先ほど 文章 を 書く

     お仕事 を されている と 言われてましたが

     手 って とても 大切 ですよね

     こちら の 機器 ですと 音質 変える

     ツマミ が 小さく 堅い ので 少し 

     指 が いたく なります 

     これだと お仕事 に よろしくない かと、、、 」


すると お客さま の 表情 が 一変 した


お客さま 「 おおおっ! あなたは 私 の 仕事 の 

       ことまで 気づかって くれるのかっ!

       こんな 店員さん 初めてだ! ありがとう! 」


俺 と しては ちょっと おもった こと を

お伝え した だけ だったの だが


ものすごく 感激し よろこんで いただけた


そして イイ 買い物 が できた と

最後 は 笑顔 で 帰られた


最初 は キビシー 状況 だったが

よい エネルギー の 流れ を 生み出せて


これは ホント に よかった なと 思った


やはり 


☆ 『 相手 の 立場 に 立って 考えて

    思いやり を もつ こと は 大切 」


だな と 深く 感じた 出来事 だった


さて どうだろうか


このように 状況 を 

よい エネルギー の 流れ に する には

じつは いくつか ポイント が ある


☆ 『 イヤ な 人 だと 見なさず

    相手 の せい に せず 原因 を 

    自分側 に 探し 改善 する   』


☆ 『 とことん 相手 の 話 を 聴いて 

    相手 の こと を 理解 する   』


☆ 『 相手 の 立場 に 立って 考え

    思いやり を 大切 に する   』


この 3つ を 実行 すれば

よい エネルギー の ながれ に なる


まず 原因 を 自分 に 探し 改善 する

と あるが 


自分自身 に 改善 する ところ は

かならず あるので そこを しっかり 観る


もし かりに 自分 に 原因 が なかった

と しても 自分 の 対応 の 仕方 には


必ず 改善 の 余地 は ある ので

その 場合 は そこを 改善 する


この 気持ち が 大切 である


そして


相手 の 話 を 聴き 理解 する

というのは とても 重要 である


上記 の エピソード からも わかるように


相手 の 話 を しっかり 聴いた ことで 

俺 は 相手 が 文章 を 書く 仕事 という 

ことを 知った わけである


そして それが よい 流れ を 

生んでくれた わけである


あらそい の ない 世の中 を

望む の であれば やはり 


自分 の 身近 な ところで も

話し合い に よる 平和的 解決 を 

していく ことが 大切 である


多く の 人々 が 自分 の 日常 で 

平和的 解決 を 実行 すれば 


社会 全体 も 平和 の 周波数 に なり

そしたら あらそい を ふせぐ ことも 出来る


もし 今 身の回り で あらそい 

が 与えられて いる 方 は 


もちろん 本人 の エゴ から 

あらそい が 起こる ことも あるわけだが


それ だけ では なく


☆ 『 天 の 仕事 を 与えられて いる 」


と 知って いただきたい

こういった ケース も 実際 結構 ある


『 この 状況 を 平和的 に 解決 して

  地球 の 周波数 を 整えて ください 』


と 天 から 依頼 されている のである

そんな とき には 


☆ 『 イヤ な 人 だと 見なさず

    相手 の せい に せず に 原因 を 

    自分側 に 探し 改善 する     』


☆ 『 とことん 相手 の 話 を 聴いて 

    相手 の こと を 理解 する   』


☆ 『 相手 の 立場 に 立って 考え

    思いやり を 大切 に する   』


これを 是非 おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-08-20 09:33 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(8)

驚愕!シンクロまさかのタイミングで出現! #465

みなさん こんちには!


前々回 の 記事 で

『 生き物型 シンクロ 』 という


生き物 が 協力 してくれる

シンクロ二シティ 意味のある 偶然の一致 

に 関して 書いた のだが

真相!生き物型シンクロと霊的覚醒! #463


予想以上 に 反響 が あった


多くの 読者 の 方々 も 『 生き物 』 と

シンクロ したり なんらか の 繋がり を

感じている のである


これは 今後 の 地球 に とって 

かなり 素晴らしい こと だなと


地球 と 生き物 たち と 人間 は 共に

進化 成長 している 大切 な 仲間 であり

みな 繋がっている のである


この ことは 一般的 には 

『 ガイア理論 』 と 言われている


地球 と 生物 は 相互 に 関係 しあい

環境 を つくっている ことから


地球 と すべて の 生物 は 1つ の

「 巨大な生命体 」 である という 考え方


これを 『 ガイア理論 』 と いう


この先 もし 地球 が 存続 していくには

こういった 観点 を もとに 俺たち は


愛 と 調和 で 生き物たち や 植物たち 

守護霊 妖精 女神 異星人 たち と 協力して 


「 永続可能 な 社会 」 を 形成 して

地球 で 進化 していく ことが 大切 となる


なので これからも ぜひ

『 生き物型 シンクロ 』 にも

注目 してみて いただきたい


と いうわけで 今回 は 実践編 として


その 『 生き物型 シンクロ 』 で

俺 の 実体験 の なかの 1つ を 書こう


これは 結構 おもしろい シンクロ だった

しかも かなり たすけられた 話 である!


では はじめよう


以前 こんな ことが あった、、、


これは 俺 が 東京 に いた 頃 の 話 で

俺 は とある 親友 の お祝い の ために


名古屋時代 の バンド の メンバー と

お祝い会 で 演奏 を することに なっていた


東京 に 住んでいる 俺 と 

名古屋 に 住んでいる メンバー たち とで

演奏 の 準備 を するの は 大変 だった


俺 が 作曲 や 編曲 を して

その 楽譜 や 音源 を 名古屋 に 送り


名古屋 の メンバー たち だけで

スタジオ に 入り その 曲 を 練習 する


そして 俺 は お祝い会 前日 の 夜 に

1回 だけ メンバー と スタジオ に 入り

音 あわせ を して 演奏 を 完成 させる


そして 翌日 には 本番 を 向かえる

と いう 計画 で あった


打ち合わせ は すべて 電話 か メール


しかし 


楽譜 や 音源 など に 関して は

ちょっとした 事情 が あり 


『 郵送 』 していた


で そんな 状況 の なか


とある 出来事 が 起こった!


それは メンバー の 1人 である 友人A と 

東京 ~ 名古屋 で 電話 打ち合わせ の とき 


俺 も 友人A も お互い に 楽譜 を 

速達 で 郵送 しようという 話 に なった


しかし すでに 夜 で 郵便局 は 閉まって いた


『 速達 』 で 郵送 する には

あとは 遠く の 中央郵便局 まで 行くしかない

と 思われた


仕方がない ので 俺 は めんどう だが

往復 1時間 の 中央局 まで 歩くか、、、


と 決めた


ところが なんと 

一方 その メンバー である 友人A は


友人A 「 もう 今日 は 行きたくない 」


と 言い だした!!


俺 「 え? なんて? マジか おまえ! 」


これには マジ で 驚いた 


俺 の ブツ よりも やつ の ブツ が

送られて こない と マズイ ことを 

やつ も しっている のに 

行きたくない と 言い出した のだ!


本来 友人A は そういう やつ ではない

思いやり が あり 真剣 な やつ である


なんせ やつ は 俺 の 親友 でも あり 

この ↓ 記事 で 紹介 した 友人A なのだ

真相!愛と調和の祈りの正体は「光」である! #444


実際 こんな ことを 言った のは 

後 にも 先 にも これ 1回 きり である


なので なんか 特別 な 理由 でも

あるの かな? と 俺 は おもった 


俺   「 どうした なんか あるんか? 」


友人A 「 今日 は 行きたくない だけだ 」


俺   「 は? 」


これは アカン やる気 ねーのか?

と いう 態度 である


そもそも 俺 を 演奏 に さそった のは

やつら で ある 


遠く はなれた 東京 から 

おしみなく 協力 していた 俺 だった だけに


これには さすがに カッチーン! と きた!


俺  「 俺 は 徒歩 1時間 だぜ

     つーか おまえ は 車 あるんだろ 」


友人A 「 でも 今日 は 出たくない 」


俺  「 俺 は イイ加減 な 演奏 だったら

     絶対 に やりたか ねーぞ! ゴラアァァ! 」


つーか もう 本番 当日 まで ギリギリ で

日数 も せまっていた ので これは マズイ


そんな こと やつ も 判っている はず

なのに これは ねーだろ と


ぶっちゃけ 演奏 の 準備 も 足らなく なる

ほかの メンバーたち にも めいわく が かかる


そしたら 演奏 にも ひびいて しまう


これは アカン ここ は リーダー としても

なんとか せな あかん 場面 だった のと


もう めんどくせー と なった 俺 は


俺  「 いいから 行け! ぜってー 行け! 

     なにが あっても 行け!      」


と あっりたけの 本気(マジ)モード で  

押しきり 了承 させた ははは 


そして 電話 を 終えた


そして 早速 郵送 の 準備 を して


1時間 も かけて 中央局 まで 

歩こう と 部屋 を でた


俺  「 しっかし 何だ あの 態度 は

     やつ は なに を 考えて やがる! 」


これから 友人A の ため に

夜道 を 1時間 も 歩く のか と 思うと 


その 当時 の 俺 は 

さほど 霊的覚醒 も してなかった ので


どうして この 出来事 が 起こったのか

見極める こと も しなかった ので


フツー に いかって いた ので

なかなか いかり も 収まら なかった


で 俺 は 夜道 を ひとり で 

ハラ を 立て ながら 歩いていた


すると


そこで


なんと!


そうである もう お解り だろう!

期待 どおり の 展開 である!


前々回 の 記事 の ↓ これ!


b0225081_23301867.jpg








俺  「 むっ! この 感覚! 」


『 やつ 』 だ! 

例 の 『 やつ 』 が 現れた のだ!


( 『 やつ 』 ↑ に 関して は 記事#463 を  )


そこには くらい 夜道 に 地面 に 

なにやら うごく 物体 が いたのだ!


まぎれもなく 『 やつ 』 で ある!


俺  「 うおおおおっ! なぬーっ! ちょと まて!

     落ち着け! 落ち着け! まてよ! まて! 

     飛ぶ とか そーゆーの いらない から! 」


やつ 「 、、、、 」


なんと! 


俺 が ひとり で ハラ を 立てて 

歩いている まさに その とき


この 見事 な タイミング で

俺 の 守護霊たち は やつ に 出動 を 

依頼 して いた のだった!


俺  「 あ! これは アカン パターン だ!

     俺 の なにか を 改善 しないと

     やつ が 離陸 してしまうぞ、、、  」


そうである やつ が 現れる とき は


☆ 『 しっかり 自分 の 心 と 向き合い

    必ず 自分 の どこかを 修正 しろ  』


と いう 意味 の シンクロ なので ある!


しかも 俺 の 守護霊 は 容赦 ねーから

さっさと 云うこと きかん と ヤバイ、、、


ここで かりに 『 やつ 』 や 

自分 の 心 から にげて も


守護霊 の やろー は 必ず

第2 第3 の 『 やつ 』 を 送ってくる、、、


と いうこと を 俺 は すでに

今まで の 経験 から 知っていた


なので ここで 立ち止まって 

自分 の こころ と 向き合って

自分 を 速攻 で 改善 すること に した


まず 気持ち を 落ちつかせて

イカン イカン と いかり を 静めた


『 やつ 』 と やりあう くらいなら 

俺 は いくらでも 善人 に なれるぜ! フッ、、、


そして こころ に 穏やかさ が 戻り

周波数 が 整い 守護霊 の 声 が

聴きとり やすい 状態 に なった


すると


あたまの 中に 言葉 フッ と 浮かんだ


なんと!


『 速達郵便 なら コンビニ で 速達料金分 の 

  切手 買って 近くの ポスト から だせるよ! 』


と これが 守護霊 から の 声 であった!


俺 「 おおおおっ! そうだった! マジか!

    いかり で すっかり 忘れていた! 」


俺 「 なんだ おまえ ( 守護霊 ) は 

    本当 は イイ やつ だったのか! 」


( もちろん ↑ じょーだん で 言っている ははは )


そうである 俺 は いかり に まかせて

わざわざ 1時間 も かけて 歩こうと していた


それを 守護霊 が 「 やつ 」 を

派遣 して とめて くれたのだ!


しかも 


いかり の 周波数 で 冷静さ に かけて

速達郵便 が 近く の ポスト から 出せる

こと に すら 気づけ なかった 俺 に

それを 気づかせて くれた のだった


そして 守護霊 は こう 教えてくれた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 このように いかり の 周波数 に なると

    心 も 目 も くもらせ 冷静な 判断 を 

    うしない 天 の 流れ から とおざかる

    そして やらなくても いい こと を したり 

    人生 の 展開 が スムース で なくなる  』


☆ 『 周波数 が 整い こころ が 愛 と 調和 だと

    人生 の 流れ が スムース に なって いく 』 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と この 体験 を 通して 

俺 に 身をもって 教えてくれた わけである


なるほどな、、、 

こういう メカニズム に なっているのか


だから 人生 には よろしくない 

こと も 起こる わけか、、、 


しかし その 一方 では


人生 の 展開 が おどろく ほど

スムース に 流れる こと も ある


この 2つ の ちがい は 何か と 言うと


結局 は 自分 が 出している 

周波数 に よる わけなのである


ちなみに これは

いかり の 周波数 だけでは なく


ふあん おそれ サボる たいだ 執着

そして エゴ など の 周波数 の とき 


あと 不慣れ な ことを する 場合 や

トラウマ が ある 場合 なども 

人生 の 展開 が スムース で なくなる 

場合 も ある


と いった 感じ である


守護霊 に より 派遣 された 

『 やつ 』 が 現れて くれた こと で


俺 は 自分 を 省みて

周波数 を 整える こと が できた


そして 守護霊 から の アドバイス に より


わざわざ 1時間 歩いて 中央局 へ

いかず に スムース に 用事 を 済ませた


と いった わけである


しっかし 


この シンクロ ちょっと スゴく ね?

フツー 『 やつ 』 が 道路 歩いて いるか?


で 俺 が ハラ 立てて いる 最中 に

こんな まさか の タイミング で 現れるか?


しかも また 暗い 夜道 の なか 

フツー わざわざ それ 見つけるか?


これは 一体 どれだけ の 確率 だろうか


しかし この 奇跡的 偶然 の 連続


これこそが 守護霊たち が 起こす

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 

なので ある


しかし ながら またもや 俺 は

「 やつ 」 に たすけられた わけである


今回 の この 


☆ 『 自分自身 の 発する 周波数 と

    人生 の 展開 の スムース さ 』


は とても 大切 な こと なので

是非 知っておいて ください


あと もう ひとつ 解説 しておくと

もう お解り の 方 も いるかと 思うが


友人A は いつも 真剣 な やつ であり

この 時 は 俺 に この シンクロ を

体験 させる ために 


「 きらわれ役 」 を

かって でてくれた わけである

衝撃!出来事をクリアした先に新たな道が! #438


この ↑ 記事 の ように


これは 寝ている間 の 「 霊的会議 」 で

俺 友人A それぞれ の 守護霊たち と

話し合い 決めた こと であり


友人A が 俺 を おこらせた のは


『 シナリオ どおり の 出来事 』


だった わけである


当時 は まだ この 霊的構造 を

しっかり 理解 していなかた ので


俺 も フツー に ハラ を 立てていた が


この 霊的会議 と 出来事 の 

関係 が 観えて くると


なにか ハプニング が 起きても


「 あ! これは シンクロ だな

  ここから 何を 学べば イイ のかな? 」


と いう 観点 に なるので

まったく ハラ も 立たなくなる 


そして 実際 に その 出来事 と

しっかり 向き合い 自分 を 改善 すると

大切 な 学び を 得て 成長 できる


だから


「 きらわれ役 」 を して その 出来事 を 

起こしてくれた 相手 や 「 やつ 」 に までも 


自然 と 感謝 の 気持ち が 持てる のである


そして 周波数 も 安定 して

穏やか に 生活 が できる わけである


このように 霊的視点 で 出来事 を 観て 

霊的思考 を することで 


人生 に 起こる 出来事 や 景色 が

まったく ちがって 見えてくる のである


この 周波数 状態 が 「 霊的覚醒 」 である


おすすめ である


いかがだった だろうか



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-08-03 22:43 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(8)

衝撃!かもめのジョナサンに続きがあった! #464

みなさん こんちには!


『 かもめのジョナサン 』 という 話 

は ご存知 だろうか


あの 『 かもめのジョナサン 』 の 話 には

じつは つづき が あった 


あの 本 は 

パート1 から パート3 までの 

構成 に なっている のだが


なんと じつは 

まぼろし の パート4 が あった


『 かもめのジョナサン 』 は 1970年 に

リチャード・バック 氏 に より 書かれた


しかし じつは 


この 1970年 の 時点 で すでに

リチャード は パート4 まで 書いていた


ところが 当時 出版 する とき に

自分 の 書いた 原稿 を 読み返すと


この 話 は パート3 で 十分 である

と 感じた ために


なんとも パート4 の 部分 を すべて

カット して 出版 した とのことである


ところが 最近 リチャード氏 の 奥さん が

たまたま 古い 原稿 を 家 で 見つけ出した


それが 40年前 に 書かれた


『 かもめのジョナサン 』 の

パート4 の 原稿 だった


そして リチャード が その 原稿 を

読んでみると 


「 今 の 時代 に パート4 は 必要 」


だと 感じた 


リチャード氏 は この 原稿 は


40年前 の 自分 が 今 の 自分 に

「 さあ 次 は おまえ の 出番 だ 」


と 託された もの だと 感じた 


リチャード は この まぼろし の

パート4 を 世に出す ことに したのだ


そして 


なんと! 


40年 の 年月 を 経て 

『 かもめのジョナサン 完成版 』 として


今年 再出版 された のだ


b0225081_523211.jpg
『かもめのジョナサン完成版』 詳細

リチャード・バック 氏






「 おおっ! これは ちょっと おもしろいな 」


と 俺 は 感じた


以前 の 記事 で 書いた が

かもめのジョナ~の暗号を解く・解説編!!#065


『 かもめのジョナサン 』

と いう 話 は


一見 普通 に 読むと

1羽 の かもめ が 


誰からも 理解 されなくても

高み を 目指して 飛行技術 を

磨いて いく


と いう 話 に 思える


しかし これは ちがう


じつは


『 かもめのジョナサン 』 とは


霊的真実 を 求めて 生きる 人 と

その 生き方 が 書かれている 話 であり


それが 人 では なく かもめ に 

置き換えられて 書かれている のである


だから この 話 を


ジョナサン を 霊的 な 生き方 を 

求める 人 と して 読みすすめて いく と


まったく ちがった ストーリー や 

世界 が 観えて くる


つまり こうなる、、、


霊的真実 を 求めて 生きる 

かもめ風 の ジョナ男 と いう やつ が いた

( ↑ かもめ風 って 何だよ 一体! )


しかし まわり の 人たち には

やつ の 生き方 や やっている こと は

まったく 理解 されなかった


ところが ジョナ男 は

ある日 幽体離脱 を して


この世 から あの世 へ 渡る


そこで 光の存在 で ある

マスター 守護霊 と 出会う


その マスター から テレポーテーション

など 霊的 な 生き方 や 真実 を 学ぶ


それを この世 に 戻ってきて

人々 に 知らせる


そして その 人々 の 反応は、、、


と こういった 話 なので ある


ま いってみれば かもめのジョナ男 は 


『 救世主 への 覚醒 と 伝導 の 話 』


である


これは パート4 を 読むと

さらに 「 なるほどな 」 と 思える だろう 


このように 視点 を 変えて 読むと

こういった 別の ストーリー が 観えて くる


マジ で まったく 別 の 

世界 が 観えて くる のである


おもしろい ので 

是非 やってみて いただきたい


で 


今回 再出版 された

『 かもめのジョナサン 完成版 』


俺 も さっそく 読んでみた


ネタバレ なし で 書くと


「 ああ なるほど な 」


と 感じて 最後 の シーン は 

ちょっと 感動 した 


パート4 まで 読んでみて 俺 は


どうであれ 


『 霊的真実 を 求める 人 には 

  ちゃんと 答えてくれる 世界 が ある 』


『 しっかり 求めて 生きれば

  それに 応じた 人 や 世界 と 出会える 』


そんな こと を 俺 は 深く 感じた


ぶっちゃけ 俺 は ジョナ男 とは 

性格 や 方針 が まったく ちがう ので


やつ には 共感 は さほど ない

しかし ながら そうで あっても


ま なんつーか やはり 


「 ま 俺 は 俺 の 道 を だな、、、 」


と そんな こと を 感じた


興味 の ある 方 は 

是非 ジョナサン を 


一度目 は フツー に 

『 かもめ の ジョナサン 』 読んで


そして その 次 は

『 かもめ の ジョナ男 』 として


霊的真実 を 求める 人 に 変換 して

この ストーリー の うら に 

隠されている 霊的世界 を 感じ ながら 

読んでみて いただきたい


すると きっと いろいろ な 

発見 が ある かと 思います



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-07-24 08:29 | あらゆる世界の謎に迫る! | Trackback | Comments(9)