タグ:守護神&守護霊たち ( 166 ) タグの人気記事

実相!守護霊の言葉は人からも届けられる! #530

みなさん こんちには


ものごと を 正しく 理解 する 上 で

いろいろ な 角度 から 観る ことが 


大切 である わけ だが

今回 は とくに


☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』


と いう 観点 から

霊的 な 情報 と 合わせて 書いておこう


では はじめよう



まず はじめに 俺 が 


『 外から の 視点 』 

『 内から の 視点 』


の 存在 を 体験的 に 

知った 出来事 を お伝えしよう


これが ちょっと おもしろい 

エピソード なのだが


学生時代 に 俺 は 3週間 ほど かけて

友人 と オーストラリア を 縦断 した 


その とき に こんな こと が あった


あれは アリススプリングス という 

街 の 小さな レストラン だった

b0225081_14495981.jpg










俺たち は ショーウィンドウ を 観て

何 を 食べよう か 考えていた


どうせなら ちょっと 変わった ものを

食べたい そう 考えていた


そして ようやく 食べる もの が

決まり 店員さん に 声 を かけた


すると オーストラリア人 の 店員さん が


店員さん 「 You’re Japanese Right? 

       あなたたち 日本人 でしょ? 」


俺    「 そうそう なんで 判ったん? 」


いきなり 日本人 でしょ と 言われて

少し だけ おどろいた が


その 理由 を 聴いて 俺 は かなり 驚いた


店員さ 「 食べ物 を 決める とき に

      悩んだり 迷ったり するのは

      アジア人 で 日本人 だけ だから 」


と こう 言った


俺   「 ええっ! そうなん? マジ? 」


この 出来事 は 衝撃的 だった


このような 日本人 の 見分け方 が

存在 する こと にも おどろいた


日本人 だけ の ところ に いたら

この こと を 知ること すら なかった


これは オーストラリア の 人 が


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 外から 日本人 を 観る と 観える 特徴 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


なので ある

そして それ と 同時 に 俺 自身 も


☆ 『 日本 から 出て 外から 日本 を 観た 』


と いう 経験 にも なった わけ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から 観てる から こそ 

    観える こと も ある   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうことを 俺 は 学んだ


この オーストラリア の 旅 では

この他 にも いろいろ な 学び が あり


俺 は 外から 日本 を 観る こと で

より 日本 を 理解 すること が できた


日本 で 暮らしている とき は

『 内から の 視点 』 のみ だったが


日本 を 外から みた 視点

『 外から の 視点 』 

も 大切 だな と 深く 感じた


そして 


俺 の すき な 映画

『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 』


にも こんな 名シーン が ある


b0225081_12375155.jpg
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』  [Blu-ray]  詳細






シャア と アムロ の 戦闘中 に


シャア の 部下 の モビルスーツ が 

足 を 撃たれ 半壊 していた

b0225081_050460.jpg









それを 観た シャア は 部下 に

こう 言った


シャア 「 帰還 するぞ 」

部下  「 一人 で 行けます から 」

b0225081_0555767.jpg









シャア 「 無理だ 外から 観ると わかる 」


そうである 部下 は 

自分 の モビルスーツ の 中 に いる ので


自分 の 機体 が どうなって いるのかが

観えて いない ので


部下  「 一人 で 行けます から 」


と 言った 


しかし その 機体 を 

『 外 から 観ている 』 シャア には


部下 の 一人 での 帰還 は

無理 だと よく わかる の である


この こと から も


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 他者 が 自分 に 対して 外 から 

   観える こと を 言ってくれる こと 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


が いかに 大切 か お判り いただけた だろう


『 外から 観ると わかる 』


この 映画 の この セリフ は 深い


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まずは この 両方 の 視点 が ある こと

を しっかり 知っておく ことが 大切 である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「 外から だと 判らない こと 判る こと 」

「 内から だと 判らない こと 判る こと 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


が あるので 両方 の 視点 が 大切 である


このような メッセージ は このように

出来事 や 映画 から 学ぶ こと が できる


日常 の 出来事 や 映画 や 本 から

このような 大切 な 天 からの メッセージ


が 届けられて いる わけ である


では その 学んだ メッセージ を


実際 に 自分 の 日常生活 に 

活かす には どうすれば イイ のだろうか?


また 日常生活 に おいて

このような 内 と 外 の 視点 が

もんだい と なる ケース とは

どんな とき だろうか?


これ を 解説 してみよう


以前 こんな こと が あった、、、


学生時代 の つれ の 集まり で

俺 は 遅れて 行き 席 に 着いた


たまたま 座った その 席 では

すでに 結婚 した 友人A が いて


なにやら 夫婦関係 の むつかしさ 

が 話題 に なっていた


他の れんちゅう は 結婚 してないが


友人A の 話 を 聴いて みんな

あれこれと 相談 に のっていた


その 会話 の 途中 で

友人A が ちょっと ハラ を 立て


友人A 「 そういう こと は 結婚して

      ない やつ に 言われたくない 」


と 口走って しまった

すると みんな 黙って しまった


これは ちょっと よろしくねーな

と 思った ので 俺 は こう 言った


俺 「 いやいや 結婚 して

    ない から こそ 観える 

    こと も あると おもーぜ   」


友人A 「 ・・・・・・・・・ 」


どうやら 納得 が いかない 様子 である

そこで 俺 は こう 言った


俺  「 ところで お前 さっき から

     ずっと 歯 に 大きな 海苔 が 

     お歯黒 みてー に 付いてるぜえ 」


友人A 「 んん! マジ? 」


と 友人A は おどろいて あわてて

手 を 口 に 持って いった


俺   「 いや 本当 は 付いてねーけど 」


友人A 「 は? どういうことだ? 」


俺 「 人って のは 自分 の 歯 に 

    海苔 が 付いている か どうか

    すら 自分 では 判らない    」


俺 「 だから 外 から 観た 方 が

    よく 判る ことってのも あるんだぜ 」


そこで 友人A は ハッと した

そして しばらく 考え込んでいた


友人A 「 なるほどな 確かに 結婚 してる

      から 観えなく なってしまった

      こと って のも ある よな、、、 」


と いう こと に 気づいた ようで あった


「 ~してない 人 に 言われたくない 」


など ときどき 耳 に するが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 その 中 に どっぷり と 浸かって

    いる から こそ 観えない こと も ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こういった こと は 本当 に よく 起こる


先ほど の 歯 に ついた 海苔 の ように


☆ 『 自分 に 観えてない ところ は ある 』


この 視点 を 持って おく こと は

とても 大切 である


そうすれば 人 から 何か を

指摘 や ちゅうい してもらえた とき でも


自分 の 内からの視点 だけ で なく

外からの視点 を 知る チャンス となり


素直 に 聴ける ように なるし 

感謝 の 気持ち も 湧いてくる ようになる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 外から の 視点 』 

☆ 『 内から の 視点 』


「 外から だと 判らない こと 判る こと 」

「 内から だと 判らない こと 判る こと 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


つまり 


先ほど の シャア の 例 の ように


自分 が 観えてない ところ を

人 が 言ってくれる こと が ある


と いう わけ である


これ は とても ありがたい


あと 


霊的 な こと を 書いて おくと


守護霊たち は なんとか 俺たち に

メッセージ を 伝えよう と してくれている


シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

も その 1つ なのだが


そのほか にも


守護霊たち は 人 を 使って 

メッセージ を 届ける こと が ある


なので 人 から きた 言葉 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 この 届けられた 言葉 は 

    守護霊 からの メッセージ かも 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 言った 視点 を 持って おくと

役立つ こと が ある


もちろん 人 から の 言葉 に

頼りすぎたり とらわれすぎる のも

よろしく ない ので


届けられた 言葉 の メッセージ を


☆ 『 バランス よく 自分 の 成長 に

    繋がる ように 活かして いく   』


こと が 大切 である


また そうした 言葉 が 届けられたり

した とき には


その 届けてくれた 人 や 守護霊たち に


「 センキュ! ありがとうな! 」


と お礼 や 感謝 の 気持ち を

伝える こと も 大切 である


これは 本当 に 俺 も 

かなり 実感 している のだが


そうして いく と いろいろ と より

人生 の 展開 が スムース に なります


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-27 15:16 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(9)

驚愕!目に映る出来事の奥にある霊的真実! #528

みなさん こんちには


今回 は 守護霊たち の する こと 

に 関して 書いて おこう


自分 が 観ている 世界 の その 奥 には

天 の 意図 という もの が 存在 する


その 天 や 守護霊 の 意図 を 知ると


自分 の 目 に 映る 世界 が

今 まで とは ちがった 世界 に 観えてくる


そんな 話 である


それでは はじめよう



これは ちょっと おもしろい のだが

ホント に たまに では あるが


守護霊たち は 稀 に 俺 の 身体 を

うごかない ように する とき が ある


以前 の 記事 にも 書いた が

驚愕!出版報告とその霊的背景には! #477

俺 に 執筆依頼 が 来た とき に


守護霊たち は 俺 が やる気 の ない ような

こと や へん な こと を 言えない ように


やつら は 霊的 な 手 で 俺 の 口 を

ふさいで しまって いる かの ように 


俺 の 口 からは まったく 言葉 が 出なく

なって しまって いた、、、 


と いう こと を 書いた


このように 守護霊たち は ときどき

俺たち の 身体 に 影響 を 与えてくれる


これは ある意味 本当 に ありがたい


とくに 俺 の ような 音楽 ばかり して

霊的活動 サボりがち な やつ に とっては

マジ で ありがたい


生まれて 来る 前 に 決めて きた

重要 な 使命 とか 絶対 に 道 を

逸れては いけない 場面 とか で


身体 に 影響 を 与えて

正しい 道 を 示してくれる わけ である


この とき も 本当 に そうであった


俺 の 口 が まったく 動かなく なった

口 から ことば が でないの である


それで 


「 わかりました 書きましょう 」


と しか 言えなかった


この ことば だけ は やたら と

スムーズ に 言えた わけ である


ははは 

笑える よな


こうして 俺 は 執筆 という 

人生 の 重要 な ポイント を 通過 できた 

わけ である


で 


今回 の 話 なの だが


かなり 前 の こと だが

こんな ケース が あった


俺 が いろいろ と やりたい こと 

が あった とき の こと だった


なぜか きゅうに 体調 を くずした

すごく やる気 に なっていた だけに


「 くっそ まったく ツイて ねーな 」


と 俺 は かなり くやしがった


しかし 俺 は 普段 

かぜ すら ほどんど ひかない ので


ちょっと この 感覚 は おかしーな と 思い


「 あ! やつ(守護霊) の 仕業じゃね? 」


と 感づいた


そうである これ は やつ の 仕業 である


しかし 守護霊 の やつ は

なんで よりに よって 


やりたいこと に 集中 していた

この タイミング で 体調 くずさせる のか


と 俺 は ハラ が 立った


そこで 俺 は


俺 「 おいおい なんで この タイミング 

    で 俺 の 体調 を くずすんだよ! 」


と 文句 を 言って やった

すると 守護霊 は


守護霊 「 こうでも しなかったら ぜったい

      おまえ 休まねー だろう、、、  」


と 言った


それを 聴いて 俺 は ハッと した


確かに そうで ある 俺 の 性格 だと


やりたいこと が あると 夢中 に なり

かなり むり してでも それを してしまう


その 時 も 俺 は かなり むり を して 

身体 を 休めて なかった のである


俺 「 ああ、、、なるほどな、、、 」


と 


つまり 俺 が ほとんど 休まない ので 

守護霊 が 強制的 に 休ませて くれた のだ


こんな 感じ で 守護霊 が 身体 に 

影響 を 与えて くる ケース も ある


一見 ツイて ねー と 思った この 出来事 

実は これが 天 の 采配 だった わけ である


ここ で 大切 な こと は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 ツイて ねー と 思っても

    実は 天 に しっかり 護られている 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ が 『 霊的真実 』 である


うおおお! 天 から 見放された と 感じても

実は まったく 見放されて いない 


それどころか それ が 本当 は


天 から 与えらた とても 必要 で

ありがたい 出来事 だった わけ である


ツイて ない のでは なく

むしろ 恵まれている わけ である


これは マジ で 本当 に ありがたい

そして らくたん する 必要 は ない 


しかし こういった ケース では ただ

ありがた がっている だけ では いけない


なぜか と 言うと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 こういう 出来事 は 自分 の なか 

    の どこか を 正したり 調整 する とき 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


だから である


その 一見 ツイて ない かのように 

みえる 出来事 を 通して


自分 の 考え方 を 変えて どこか を 

正したり 調整 する ことが 大切


と いう わけ である


そうする こと で 


その 一見 ツイて ない 出来事 から

とても 大切 な こと を 得られる


ここ が 大切 なのだが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 天 は その 出来事 から

    何か を 変えなさい 学びなさい 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 言っている わけ だから


その 出来事 から 


自分 の 考え方 を 変えたり 学び それ を

しっかり 実行 する ことが 大切 なのである


そして そのような 出来事 から

得られる もの は かなり デカイ


かなり 大切 で 重要 な こと が 得られる


なので そのとき の 俺 も 


やりたいこと が たくさん あっても

むり は もう 辞めよう と

自分 の 考え方 を 変えて

ゆっくり 休む こと に した


今 に なって 振り返ると


守護霊 が あのように した のも

むり の ねー 話 だな と 思う


よくも あんな むちゃ を していたな

この 男 は、、、 と 思う


その 出来事 を きっかけ に

俺 は 見事 に 変わる こと が 出来た


今 現在 は 多少 の むり は しても 

当時 ほど の むり は しなくなった


そして ときどき あえて

休み を とる よう に なった


( カフェ で ぼ~~~っと したり )


あの 出来事 と その 奥 に あった

天 そして 守護霊たち の おかげ である


といった 感じ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 ツイて ねー と 思っても

    実は 天 に しっかり 護られている 』


☆ 『 こういう 出来事 は 自分 の なか 

    の どこか を 正したり 調整 する とき 』


☆ 『 天 は その 出来事 から

    何か を 変えなさい 学びなさい 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんな 霊的視点 を 覚えて おいて 


それに もとづき 実行 すると

いろいろ と 開けて くるかと 思います


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-14 19:42 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(20)

実録!シンクロ二シティの解読と方向性! #526

みなさん こんちには


今回 も ちょっと めずらしい 出来事 が

起こった ので 実例 を もとに


シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

の 解読 の コツ を 解説 しよう


では はじめよう



今年 の 夏 あたり から 俺 は

小説的 な 文章表現 を 身に付けたくて


図書館 へ 通い 小説 を 借りて

いろいろ と 読んでいた


ところが 今月末 に 学生時代 の

バンド の 仲間 と スタジオ に

久しぶり に 入る こと に なり


その為 の スタジオ で 練習 する 曲 の

自動演奏 の ため の データ 作り に 

かなり いそがしく なった


PC で こんな ↓ 感じ の データ を 作る


b0225081_15125559.jpg








これが こだわると かなり 時間 が かかる


パソコン での 作業 の 他にも


自分 で ギター を 弾いて それを

レコーディング したり も する


この 自動演奏 データ の クオリティ を

上げる ために は 出来るだけ の 時間 を


この データ制作 に つぎ込みたい 

わけ である


それで さすがに 本 を 読む

時間 も なくなって しまっていた ので


今 借りてきた 本 を 返したら

次 は もう 借りる のは やめておこう

と 考えて いた


そして 図書館 に 本 を 返し に いく

その日 ちょっと おもしろい 出来事 が 起こった


俺 は 図書館 へ 行く 前 に

先に ボイトレ を しようと 思い


カラオケスタジオ へ 向った

そして 料金 を 支払う とき の こと


たまたま 一万円札 しか なかったので


俺 「 ちょっと 大きく なりますが 」


と  それ を 渡した

すると 受付 の 店員さん が


店員さん 「 「 K 」 さん には 

       これ を あげましょう! 」


と 言いながら 

おつり の 千円札 を 渡してくれた


しかし それ を よく 観ると


なんと!


b0225081_15374895.jpg








旧札 夏目漱石 の 千円札 だった!


俺 「 おおおっ! これは! 」


これは 最近 では かなり

めずらしい 出来事 だった


俺 も 久しぶり に 漱石 を みた


こういった 日常 に 起こる

珍しい 出来事 と いうのは


天 から の メッセージ であり

シンクロニシティ である


それ は 俺 に すべき こと を

象徴的 に 伝えてくれている のである


俺 「 ああ この 店員さん は 俺 に

    重要 な メッセージ を 渡してくれたな 」


と 思った


こういった シンクロ を スルー するのか


シンクロ の 意味 を 正しく 読み解き 

メッセージ に 従い 行動 するか で


☆ 『 この先 出会う もの や

    人 や 世界 が 変わって来る 』


今回 は とくに いつも よくしてくれている

店員さん から の メッセージ だったので


これ は 大切 に しないとな と 感じた


さて ここ で 問題 である


この 夏目漱石 シンクロ は 

一体 どういう メッセージ だろうか


是非 みなさん にも 解読 に

チャレンジ して みて いただきたい


どうだろうか



では 解説 しよう


シンクロ の 解読 の コツ は


ここまで の 俺 の 生活 の 流れ

から 読み解く の が コツ である


先述 の ように 俺 は 夏 ごろ から

小説 を かなり 読んで いた


それが 音楽活動 が 増えた ので 

読書 の 時間 が とれなくなって きた


なので 


今回 は 図書館 で 本 を 返しても もう

小説 を 借りて来る のは やめて おこう


と 思っていた と いう 流れ であった





そこに この 夏目漱石 の 千円札 が

俺 の もと へ やって来た のである


そして 夏目漱石 と 言えば

もちろん 『 小説家 』 である


と 言うことは つまり


この シンクロ の 解読 は こう なる


b0225081_164592.jpg









『 いそがしくても 小説 読めよ! 』


と いうこと である


しかし 俺 は 一瞬 ひるんだ


自動演奏データ作成 に 集中 したかった

正直 読みたく ねーな と 感じた


ここが 重要 な ポイント なのだが


この ように シンクロ メッセージ は


自分 が やりたくない こと 

である ケース も 結構 ある


俺 が 本来 やるべき こと を 

しない 方向 に 行きそう だから


『 いそがしくても 小説 読めよ! 』


と 天 が この メッセージ を 

俺 に 届けて くれた わけである


ところが 俺 は 今 は 音楽 を したくて

読みたく ない と 感じて しまっていた


しかし この 1つ の 夏目漱石 の

メッセージ が 届けられる 背景 を

考えて みて いただきたい


そこには この日 俺 の 行く

カラオケスタジオ で この 

夏目漱石 の 千円札 を 使って くれた方


そして 俺 に それ を 

渡してくれた 店員さん など 


そして それぞれ の 守護霊たち 


と 多くの 方々 が 関わって

くださっている


それを 想うと 実行 に 移すしかない

と 言う 気持ち に 自然 に なれた


なので 俺 は その日


本当 は 図書館 で 返却 だけ する

予定 だった わけだが


俺 は この 夏目漱石 シンクロ に

従い 小説 を また 借りてきた


すると また ここ で

シンクロ が 起こった


これは 本当 に 驚いた のだが


この日 4冊 借りた そのうち の 1冊 が


パウロ・コエーリョ氏 という 作家 の

『 アルケミスト 』 という 小説 だったが


b0225081_1645567.jpg
『アルケミスト―夢を旅した少年』 詳細








読んでみて かなり 驚いた


俺 は インディーズ で ミュージシャン を

していた とき に


とある 曲 を 書いて ライブ で

演奏 していた のだが


その 曲 は


本当 の 自分 を 生きよう と すると 

天 が 味方 をしてくれる


ひとり 砂漠 を 旅 して 自分 の 

大切 な もの を 探しに 行く


心 の 声 や シンクロ に 導かれ

オアシス で 運命の人 と 出会う


と 言った 曲 なのだが


なんと!


この曲 と この 『 アルケミスト 』

が 同じ 流れ の ストーリー だった!


もちろん 俺 は この本 を 読んだのは

はじめて である


この本 は 夢 を 叶える 過程で

どのような こと が 起こり


宇宙 が どのように 味方 してくれる 

のか が 理解 できる 物語 だった


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
いずれまた この本 に 関しては

解説 の 記事 を 書く かも
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


世界的 な ベストセラー でも あり


夢 を 叶えたい 方 には

おすすめ の 一冊 である


俺 の 今後 の 活動 の ため にも

この本 は まさに


☆ 『 今 読んでおく べき 本 』


だったな と マジ で 感じた


さきほど


シンクロ の 意味 を 正しく 読み解き 

メッセージ に 従い 行動 するか で


☆ 『 この先 出会う もの や

    人 や 世界 が 変わって来る 』


と お伝えしたが


この様に 俺 が 夏目漱石 の シンクロ

から 自分 の 考え と 行動 を 変えた


その 結果 

この 本 と 出会えた わけである


どうだろうか


それと あと1つ シンクロ の

解読 の ポイント を 解説 しておくと


シンクロ には 楽しい シンクロ も 多い が

問題 解決 の ため の シンクロ も あり


そういった とき には


☆ 『 人 と して 成長 できる ため の

    メッセージ が 来る ケース が 多い 』


たとえば なんらか の トラブル が

ある とき に


「6666」 と いう 数字 を

何度 も 立て続け に 観た 場合


これは まず 天から の メッセージ で

シンクロ二シティ だろう


しかし その シンクロ の 解読 を


「6666」 を 「 無視 」 として


「 有る もの を 無い ように 扱う 」

「 存在価値 を 認めない ように する 」


と 解読 する のか 


もしくは


「6666」 を 「 無私 」 として


「 私的な感情 に とらわれない ようにする 」

「 利害 の 計算 を しない 」


と 解読 するのかで 大きく

結果 が 変わって 来る


「 無視 」 なのか 「 無私 」 なのか


天から の メッセージ シンクロ は 

正しい 解読 を すれば 問題 は

よい 解決 の 方向 へ 向う


シンクロ が 起きたら 何でも

うまく いく わけ では なく


むしろ 大切 なのは 


より 正しい シンクロ の 解釈 と

その後 の 自分 の 行動 である


なので シンクロ は


☆ 『 自分 に とって 都合 が イイ 

    解釈 を しないように する   』


これが 大切 である


シンクロ を 解読 する とき は やはり


☆ 『 エゴ ではなく 愛 と 調和 で 

    解釈 すること が 大切 なのである  』


どちらが より 正しい 解読 かは

もちろん ケース にも よるわけだが


その 判断 は ご自身 の 心 の 声 

を しっかり 聴いて


☆ 『 愛 と 調和 が あり

    人 と して より 成長 

    できる ため の メッセージ 』


か どうか で 判断 するわけである


今回 は シンクロ の 解読 の コツ

や その 方向性 に ついて でした


b0225081_18351667.jpg









と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-10-31 21:07 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(19)

驚愕!日常に潜む天のメッセージを解読! #523

みなさん こんちには


今回 は 日常生活 の なか での 

ほんの なにげない 出来事 から


どのように 天 から の メッセージ を 

読み解く のか を 解説 していこう


いつものように 最近 俺 が 体験 した

実例 を もと に 話 を すすめる ので


みなんさん も 俺 の 体験 に どんな

天 から の メッセージ が 含まれている のか


推理 しながら 読み進めて みていただきたい


これ を 読めば

日常 に 起こる 何気ない 出来事 が


じつは 


シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致


であり


天 から の 貴重 な メッセージ だと

いうこと が お判り いただける だろう


それでは はじめよう



最近 こんな 出来事 が あった


さほど 大きな ちがい は ない だろう

と 思い込んで いて も


実際 使って みたら、、、


『 マジかよっ! 』


って くらい ちがう もの がある


最近 俺 は そんな 体験 を した


それは 


「 歯ブラシ 」


おれ的 には 知らなかった のだが


歯ブラシ に よって 磨き心地 が 全然 ちがうっ!


じつは つい 最近


歯ブラシ が 結構 いたんで きた ので

俺 は 新しい 歯ブラシ に 変える こと にした





ちょっと 今まで 使ったこと ない 形状 の

歯ブラシ を 使って みる こと に なった


こんな ↓ やつ


f0287177_064459.jpg










俺 は 最初 みた とき


「 なんじゃ こりゃ? 変な形 だな 」


と 思った わけ だが


こんな 感じ で ふつう の 歯ブラシ の 中央部 に

ふさふさ した 丈の長い ブラシ が 飛び出している


パッケージ には 『 柔らか目 』

と 書かれていた


で 実際 に この 歯ブラシ で

歯 を 磨いて みると


俺的 には かなり 驚いた のだが


パッケージ に 書いてある とおり に

ブラシ 全体 が かなり 柔らかく 優しく


☆ 『 そーとー 磨き心地 が 良かった 』


これには かなり 驚いた


「 えええっ! こんなに ちがうのかっ! 」


と マジ で 驚いた!


この 歯ブラシ と 比べる と 以前 まで は


おれ は そーとー ゴワゴワ の 固い 歯ブラシ を

使っていた の だな と つくづく 思った


この 歯ブラシ が かなり 柔らかくて 優しく

心地 イイ ので


以前 使っていた 歯ブラシ は 歯 を 磨いていて

じつは イタイ くらい だったのだと 気がついた


☆ 『 選択 と 行動 を 変えてみて 

    はじめて 気づける こと も ある 』


って わけ である


こっち の 歯ブラシ の 方 が 

かなり 柔らかい ので

歯 や 歯茎 に 優しい


で 


あまりにも 心地 が よい ので


☆ 『 自然 と 以前 よりも 丁寧 に

    長時間 しっかり と 磨いて しまう 』


そんな 自分 を 発見 して また おどろいた


自然 に 行動 まで もが 変わった のである


なんかね それ が おれ には 衝撃的 だった


って 感じ の 出来事 が あった


とりあえず この 歯ブラシ の

出来事 は ここ まで で ある


で 次 に 


ここ 最近 の 俺 の 状況 を

説明 して おくと


最近 俺 は 人間関係 に おいて


何かと 人 に その 人 が

必要 な 行動 を 促したり


とき には ダメ出し を しないと

ならない 立場 に あり


そういうのは なかなか むつかしい

と 感じて いた


どうすれば うまく すべきこと を 的確 に

指摘 して 行動 を 促せる のだろうか?


と 結構 それが 最近 の 俺 の

課題 と なって いた


と いった 感じ である


さて 


では ここ で 問題 である


今回 の この 歯ブラシ の 出来事 は 

一体 どんな メッセージ なのでしょうか?


結構 わかりやすい と いうか 

これ は ほぼ 直球 だが


どうだろうか


この 歯ブラシ の 件 を 通して

天 は 俺 に どうしろ と

言っている のか


お判り に なった だろうか?


では 解説 しよう


今回 の 問 の 正解 は


この 歯ブラシ の 件 を 通して

天 つまり 俺 の 守護霊たち は 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 相手 に 自然 な 変化 を 促す 

    には 優しさ や 柔軟性 が 大切 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 俺 は 解読 して これ を

やつら からの メッセージ として 受けとった


そして そのように 行動 している


今回 の 歯ブラシ の 件 での

この シンクロ 解読 の ポイント は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
俺 が 自然 に 長時間 丁寧 に

歯 を 磨く ように なった のは


その 歯ブラシ が 柔らかく 優しく

心地 良かった から である
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
俺 の 現状 では  人 に 自然 な 

変化 を 促す 立場 に いる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と この 2点 に 注目 すれば

この シンクロ は 解読 できる だろう


ど? なかなか おもしろいっしょ?


天 は あの手 この手 を 使って

俺たち に メッセージ を 

贈って くれて いる わけ である


歯ブラシ から いろいろ と 

学ばせて もらった 


やつら と 歯ブラシ に センキュ!


と 言った 感じ である

ははは


で 最後 に ひとつ ポイント 

が ある の だが


今回 の 俺 の ケース では


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 相手 に 自然 な 変化 を 促す 

    には 優しさ や 柔軟性 が 大切 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


といった 『 マイルド 』 な 対応 が 

問題 解決 の 鍵 と なる わけ だが


この 方法 で 毎回 うまく いく

わけ では ない


ときには 愛 を 込めた うえで


「 なにやっとんじゃい われ~~

  しゃきっと せんかい ゴラアア! 」


と いった 『 ワイルド 』 な 対応 が

必要 な ケース も ある


驚愕!龍安寺石庭・様々な角度から真実へ! #521


この ↑ 記事 でも 書いた ように


毎回 同じ 方法 で うまく いく

わけ では ない ので


いろいろ な 視点 や 方法 を

身 に つけて


自分 の 直面 している ケース が

どういう 対応 が 必要 なのか


そのつど 見極める こと が 大切 である


その あたり の こと は

いずれ また 詳しく 書くかも


今回 の 歯ブラシ の ように

日常 に 起こる ふと した 出来事 にも


天 の 守護霊たち から の ありがたい 

貴重 な メッセージ が 込められて いる 


と 言う こと が お判り 

いただけた ことだろう


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-10-10 21:35 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(13)

実相!『天使の日』赤子と霊的覚醒とは! #522

みなさん こんちには


今日 10月2日 は なんと

『 天使の日 』 です


みなさん の もとには 必ず

天使 が ついている わけ ですが


その 天使たち は 守護霊たち 同様 に

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致

を おこしたり 


ちいさな 奇跡 や ちょっと イイ 出来事

を 起こしたり して 俺たち を

たすけて くれている わけ である


今日 は そんな 天使たち に


「 いつも 護り 導いて くれて センキュ! 」


と 日頃 の 感謝 と お礼 を 

天使たち に 伝える 日 である


以前 俺 は 天使 に


「 おい 天使 が マジで いる なら

  俺 に その 存在 を 示してくれ 」


的な こと を 天使 に 頼んだら

その 存在 を 知らせて くれた わけ だが


この 話 は 過去 の 記事 や

実録!天使は存在する! #004


俺 の 本 の P.186 から

にも 書いた が


その 天使 から の 

驚愕 の シンクロ により


俺 は 天使 が 実在 すること を 

知った わけ である


b0225081_4264794.jpg




















で 俺 は 当時 天使 に かなり

興味 を 持っていて


天使 に 関する

本 を 集めていた ので


ここ で ちょっと ご紹介 してみよう


b0225081_22194728.jpg
『天使の本』 詳細








こちら は ずばり 『 天使の本 』

60ページ くらい の 薄い 本 で


綺麗 な 写真 や 絵画 の

小さな 写真集 的な 本 である


とても 美しい 本 である


この本 の 中 の 言葉 で

ちょっと イイ 言葉 が ある


『 赤ちゃん が 宙 を みて 笑う のも

  天使 が あやしてくれている からなのです 』


と 


赤ちゃん が 宙 を みて 

笑っている とき には


実際 こういう とても ステキ な 

こと が 起きている わけ である


この こと を 俺 の 経験 や 

情報 から 解説 すると こう なる


実は 赤ちゃん の ころ は 誰もが まだ 

霊的世界 と 繋がっている 状態 である


俺 は まだ 自分 が しゃべれなかった

赤子 の ころ の 記憶 が あるのだが


言葉 を しゃべる ため の 器官 が

まだ 発達 していない ころ は


自分 の こころ とか 内側 の 声 

みたいな 状態 で 出来事 を 理解 していた


ちょうど いわゆる テレパシー 的 な

感じ で 理解 を していた


だから 赤ちゃん は ホント は

出来事 を テレパシー 的に 

理解 している のである


赤ちゃん は 何 も わからない と

この 地球 では 今 まで は 思われていた が


それは 真実 では ない


赤ちゃん も ちゃんと テレパシック に

もの ごと を 理解 して いるのである


ときどき こんな 話 を 聴いた

こと は ない だろうか


「 お母さん の おなか に いる とき

  に お父さん の 声 も 聴こえていた 」


と いう こと


こういった ケース は じつは

結構 ある のだが


これも こころ で テレパシック に

聴こえ 理解 していた わけ である


で 赤ちゃん が 成長 していき


だんだん こころ では なく

あたま が 発達 してくると


あたま で 理解 するように なってくる

そして どこか で 


こころ での テレパシック な 理解 から

あたま での 理解 に 切り替わる のである


そして あたま での 理解 に 切り替わると

こころ での 理解 を していた

ころ の 記憶 は だんだん 薄れていく


だから 多くの 方々 の ケース では

こころ での 理解 を していた 頃 の 記憶

つまり 赤ちゃん の ころ の 記憶 が 

ない と いった 状態 に なる わけである


と こんな 構造 に なっている


で 俺 の ケース でも


小学生 くらい に なると

こころ での 理解 は かなり 薄れ

ほとんど あたま での 理解 に なっていた


ただ 俺 の 場合 は こころ での 理解 も 

ある程度 のこっていた ので

勘 が イイ 感じ の 子ども では あった


その後 俺 が 二十三歳 を 超えた 頃 から


「 時 が 来た 」 「 時 が 来た 」


と いう 言葉 が 内側 から 

何度 も 何度 も 響いてきて 


その ころ から 


俺 も 赤子 の ころ に やっていた

こころ での テレパシック な 

理解 が 再開 され はじめた 


すると 天使 や 女神 や 守護霊たち

の 声 が 聴こえる ように なった


と いうわけ である


これが 俺 の 『 霊的覚醒 』 だった


この こと から 判る ように


つまり あたま が 発達 する 前 の

赤ちゃん は じつは みな 霊的覚醒 

に かなり 近い 状態 なのである


だから 天使 など の 霊的存在 も

観えたり 聴こえたり して いる のである


ここ で もう一度 さきほど の

言葉 を 観てみよう


『 赤ちゃん が 宙 を みて 笑う のも

  天使 が あやしてくれている からなのです 』


さきほど 解説 したように

赤ちゃん は 俺たち 大人 と 同じように


ちゃんと テレパシック に

物事 や 出来事 を 理解 している


なので 何も なくて 笑う こと は ない

確実 に 何か を 観たり 聴いたり して

笑って いる のである


では なに を 観て 笑っている のか と 言うと


他の 人たち には 観えない もの と いえば

もちろん 天使 など の 霊的存在 である


そうである じつは

赤ちゃん が 宙 を みて 笑っている とき


それは 赤ちゃん が 天使 の 存在 を 

俺たち に 知らせて くれている わけ である


なので もしも 赤ちゃん が 宙 を みて

笑っていたら 


その 方向 を 観てみる と いい かも


すると あなた にも 天使 とか

何か が 観える かも しれない





知っておく と イイ こと が あるのだが

実際 に 霊的存在 を 観る とは


☆ 『 空間 に 現れる 霊的存在 は 

    美しい 光 と して 目 に うつる 』


そんな ケース が 多い


どんな 光 かと いうと


実際 に 俺 が 観る ケース では

とても 美しい 光 である


大きさ は いろいろ で

蛍の光 の ような 小さい 光 から


1cm くらい の 大きな 光 の

とき も あった


この 大きな 光 を 観た ときは


同時 に 『 バチッ 』 と 言う 

しっかりした 霊的 な 音 まで 聴こえた


その 『 バチッ 』 と いう 音 と

ともに いきなり 空間 に まばゆい 光 が 

現れた ので ちょっと おおっ! と なったが

とても 綺麗 で 美しかった


ときどき 


「 空間 に 光 を 観るのですが… 」


と いった 質問 を 受ける のだが


これは ケース に よるので 

一概には 言えない のだが


自分自身 が 愛 と 調和 に 向おう 

と している 状態 であり


その 光 が 美しかったり 感じ の イイ

光 で あれば それは


自分 を 応援 してくれている 霊的存在

天使 など の 光 と なる わけである


なので もし 赤ちゃん が 笑って 観ている

方向 を あなた が 観た とき に


なんらか の 美しい 光 を 観たら

それは 天使など である 場合 が 多い


わけ である


天使 の 日 なので ちょっと

そんな こと も 知っておくと イイ かも


あと 霊的覚醒 に 関して は


今回 の 赤子 の エピソード で

解説 したように


誰もが みな 赤子 の とき には

霊的覚醒 状態 だった わけ であり


その 能力 は 今 も みな に ある

わけ である


では なぜ その 能力 が 今 

発揮 できないのか?


それには 理由 が いくつか ある が


1つには あまりにも 「 あたま だけ 」

で 考えすぎる から である


もちろん あたま で しっかりと

考える ことも 大切 なので


日頃 から しっかり 考える

こと は 続けて いただきたい


しかし 霊的覚醒 を したい 場合 には

あたま で 考える こと に 加えて


「 自分 の 内側 に 響く 感覚 」


を 大切 に していけば イイ

これを 大切 に して いくことで


やがて その 感覚 が より 

はっきり 感じる ように なり


さらには 


「 この 感覚 は 

  こう 言っている のでは? 」


と だんだん 言葉 に 感じて くる


そして 最終段階 には

その 感覚 が 守護霊 や 天使たち

からの 言葉 として はっきりと

聴こえて くるように なるのである


なので まずは


「 自分 の 内側 から 響く

  感覚 を 言葉 に 置き換える 』


そんな 練習 を してみて いただきたい

そうして いく こと で


必ず 守護霊 や 天使 たち の

声 が 聴こえて くる ように なる


この 練習 を 繰り返して いく だけ である


俺 の 場合 も そうだった

自分 の もやもや と 感じる

内側 から くる 感覚 を


「 これは 何 と 言っている? 」


と その都度 自分 に 尋ねて


「 あああ もう一度 チャレンジ しろ

  って いう 感覚 だな、、、、   」


っと いった 感じ で 


☆ 『 内側 から 来る

    感覚 を 言葉 に 置き換える 』


そんな トレーニング を ずっと やっていた

そうして いく うちに 


自然 と 守護霊 や 天使 女神たち

の 声 が 聴こえる ように なった わけである


もちろん 内側 の 感覚 を 言葉 に

置き換える とき に 大切 なのは


「 エゴ では なく 愛 と 調和 

  に 進む 言葉 で 置き換える 』


と これが とても 大切な わけ だが

そこ を しっかり 気をつければ オッケ である


ただ それ だけ である


俺 は 何 か 特別 な 修行 を したり

むつかしい こと は いっさい 何 も していない


ただ やった のは これ だけ


☆ 『 愛 と 調和 で 内側 から 来る

    感覚 を 言葉 に 置き換える   』


俺 は はっきり 断言 するが 


これだけ の こと で 霊的覚醒 は できる

天使たち の 声 は 聴こえる ようになる


ぜひ 天使の日 の 今日 から

やって みて ください


来年 の 今頃 は 天使たち の 声 が

聴こえる よう に なっている かも


あと 天使の日 なので ぜひ 天使たち に 

日頃 の お礼 も 伝えて みてください


( 10月2日 過ぎても 大丈夫 です

  ぜひとも お礼 を 伝えて みましょう )


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-10-02 05:18 | 天使・奇跡ミラクル・偶然! | Trackback | Comments(30)

驚愕!生き物型シンクロからメッセージを! #518

みなさん こんちには


今回 は この 地球 の 仲間 である

生き物 に 関する

シンクロニシティ 意味のある偶然の一致

に ついて 書いて みよう


天 や 守護霊 たち は あらゆる 手段 を

使って 俺たち に メッセージ を

届けて くる こと を ↓ この 本 に


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





詳しく 書いた わけ だが

ページ数 の 都合上 


生き物 に 関する シンクロ に ついて

さほど 書いてない ので ここ に 書こう


『 生き物型 シンクロ 』 である


以前 の 記事 でも 書いた が

真相!生き物型シンクロと霊的覚醒! #463


守護霊たち は 生き物 に お願いして

俺たち に メッセージ を 届けてくる


上記 の #463 の 記事 では  


「 おまえ もっと ちゃんと しろよ 」 


的な メッセージ だった わけ だが


今回 は 


「 ちょっと イイ こと あるよ! 」


的な 嬉しい メッセージ の 話 を 書こう


いつもの よう に ここ 最近 


俺 が 実際 に 体験 した シンクロ の

実例 を もと に 書いていこう


では はじめよう


先日 海 を 散歩 していた とき

そこへ 一羽 の チョウ が やって来た


そして その チョウ が やたら 気になった


それは 今まで 観た こと も ない

とても 美しい チョウ だった


黒字 に 鮮やか に 輝く ブルー

が 彩られた 羽 を した チョウ で


なんだか 南国 で 観られる ような

チョウ だった ので とても 驚いた


「 え? なんで こんな 南国 みたいな

  チョウ が ここ に いる わけ?  」


ネット で かなり の 数 の チョウ を

調べた が 一番 近い の が ↓ これ だった


b0225081_1844521.jpg










こんな 感じ の いかにも 南国

と いった チョウ だった


ぶっちゃけ こんな 美しい チョウ を

観たのは 初めて で


それだけ で しあわせ な 気持ち に なった


しかも 調べてみる と この チョウ は

『 オオルリアゲハ 』 と 言って


驚いた こと に この チョウ は

本来 日本 には 生息 していない らしく


オーストラリア から 持ち込まれた もの

が 稀 に 野外 で 観られる こと が ある

との こと だった


この チョウ が 国内 で 観れた ことは

かなり ラッキー って こと らしい


これは どうやら 守護霊 に よる

メッセージ の 生き物型 シンクロ らしい


守護霊 「 あそこに メッセージ を 届けてきて! 」


オオルリアゲハ 「 はいはい ひらひら ひらひら 」


って 感じ に 守護霊 に 頼まれて 

わざわざ 姿 を 魅せ に

こっち に 来てくれた わけである


せっかく の 生き物型 シンクロ であり

俺 は その 意味 を 知りたく なった


そこで この 『 オオルリアゲハ 』 の

意味 を 調べてみた 


すると、、、 


なんと!


この 「 オオルリアゲハ 」 とは


☆ 『 観ると 幸せになれる チョウ 』


との こと だった


ちなみに 普通 の 

「 チョウ 」 自体 の 意味 だと


☆ 『 復活 』 『 輪廻転生 うまれかわり 』

☆ 『 新しい 自分 に なる 』

☆ 『 美しく 変化 する 』


と いった 意味 となる


と いった わけ で この 守護霊 からの

『 オオルリアゲハ 』 シンクロ は


今後 何か しあわせな こと が ある

と いった メッセージ であった


実際 何か それっぽい こと が あったら 

また ここ で 報告 しよう


どうなんだろうね 


さすがに 「 オオルリアゲハ 」 は

かなり レア な チョウ との こと なので


守護霊 が それ を わざわざ 観せて くれた

と いう こと から 考えると


天 の 応援 的な もの を 感じる ので


これは まず 何か イイ こと あるんじゃね?

と ちょっと 期待 してしまっている


では 次 の ケース に いこう

これも つい 先日 の こと である


クルマ を 運転中 の 出来事 である


信号待ち を するため 交差点 へ 向って

ゆっくり 走って いた


すると そこへ トンボ が やってきて 

フロントガラス に ぶつかりそう なくらい

接近 して 飛んできた


そして 俺 の 目の高さ くらい の 位置 で

空中 に 浮かぶように して 飛んでいる


「 何か を 話しかけている ような 感じ 」


だった ので とても 印象 に 残った


しかも クルマ を 信号停車 した あと も


飛び去る こと も なく しばらく

その 空中 の 定位置 に 浮かんでいた


トンボ 「 ねえ こっち みて こっち みて 」


と 言っている かの ようであった


これは トンボ が フロントガラス に 

留まった のでは なく


トンボ が 目 の 前 で 『 ホバリング 』

つまり ヘリコプター の ように

空中停止 飛行 を して いる のである


「 とんぼのホバリング 」参考資料

https://youtu.be/NFejyr-bQ-w


この 動画 ほど 

見事 な ホバリング では なく

少し の 時間 では あった が


フロントガラス の 真ん前 で

トンボ の ホバリング が 観れた


これは めずらしい シチュエーション であり

もちろん こんな 出来事 も 初めて である


これも どうやら 守護霊 からの メッセージ 

生き物型 シンクロ の ようである


守護霊 「 あそこ の クルマ の 中 に

      メッセージ を 届けてきて! 」


とんぼ 「 はいはい ホバリング! ホバリング! 」


と 言った 感じ なのである


これは 生き物型 シンクロ であり 

守護霊 から の メッセージ である


シンクロ は 意味 の 解読 が

大切 で ある


そこで 『 トンボ 』 も 

意味 を 調べて みた


すると 『 とんぼ 』 とは


コツコツ と アスファルト に きざ~む

では なく、、、


( ↑ 長淵 かよっ! )


「 とんぼ 」 参考資料

https://youtu.be/NgveqNiW3ZE


ハッ! いかん いかん つい、、、

俺 と したことが、、、


で その 「 とんぼ 」 の 意味 は


☆ 『 退くに転じず 決して 退却しない 』

☆ 『 前進 ある のみ 』

☆ 『 勝利 』


と いった 意味 だった


これは 「 とんぼ 」 が 前 に しか 進まず

退かない こと から 言われていて


戦国時代 には 「 勝ち虫 」 と 呼ばれ

縁起 が よく とくに 武士 に 喜ばれた


兜 や 鎧 など にも とんぼ の 

デザイン が ほどこされた


俺 は 剣道部 で あったのだが

実際 現代 でも 剣道 の 道具 には


この ↓ ような

b0225081_16473199.jpg 











「 とんぼ 」 の 柄 が 多い





つまり この 「 とんぼ 」 シンクロ は


「 退却 せず 前進 あるのみ そして 勝利 」


と いった 守護霊 から の メッセージ 

であった わけ である


この 「 とんぼ 」 シンクロ は

守護霊 から の メッセージ なので


『 退却 せずに 前進 』 


してみる と そこ には きっと 何か 

大切 な 得る もの が ある はずである


なので 


俺 も この メッセージ を しっかり 受けとり


今 の 場所 から どうであれ しごと も ふくめ

退却せず に 前進 を すること にした


と いった 感じ である


守護霊 からの シンクロ メッセージ は

実行 すること が 大切 なのである


そして 実行 すると 必ず

実りある こと が 起こる


また 


この 日  「 ふくろう 」 の 

看板 に 関する とても 印象的 な 

出来事 も 起こった ので

こちら も 意味 を 調べてみた


☆ 「 ふくろう 」 は 『 不苦労 』 


と いった 意味 で こちらも 縁起 が よく


平たく 言うと しあわせ の 象徴 

との こと だった


何らかの 「 くろう が なくなる 」

と いった 感じ の メッセージ だろう


あと ちなみに 「 からす 」 は

どうか と いうと


一見 あまり よろしく ない かと

おもわれ がち では あるが


じつは それは ちがって いて


日本 では 古来 「 吉兆 」 を 表し

かなり 縁起 が イイ と されている

ので こちらも よろこばしい こと である


では 


ラスト の 生き物型 シンクロ いってみよう

これ も つい 先日 の こと


用事 で 出かけよう と したとき

クルマ を ふと みると


クルマ の 運転席 の 後ろ の ドア に

「 テントウムシ 」 が とまっていた


久しぶり に テントウムシ を 観たな、、、

と 思いつつ そのまま クルマ を 発進


「 クルマ 動いて も 大丈夫 か? 」


と テントウムシ が 気になった が


しばらくすると 


なんと!


走行中 に テントウムシ が

運転席 の 窓 から 入ってきて

俺 の 目の前 の フロントガラス に

ぴたりっ と とまった


「 ぶっ! おまえ 登場 かよ! 」


と 思わず 楽しい 気分 に なった


クルマ の 走行中 に テントウムシ が

入ってきて 目 の 前 に とまる


なんて 経験 は もちろん 初めて である


こういう めずらし かったり 印象的 な

出来事 は まず シンクロ なのである


しかし 最近 かなり 生き物型 シンクロ 

が 多い なあ、、、と 思い ながら


テントウムシ に 指 を 近づけると

そのまま 俺 の 指 に 登って きた


夏 は 駐車 しておくと 車内 が

かなり 暑くなり かわいそー なので


俺 は やつ を そのまま 車外 へだした


そして 「 テントウムシ 」 を 調べると

これまた なんと なんと 縁起 が よく


☆ 『 しあわせ に なる 』


と いった 幸運 の 象徴 との こと


また 聖母マリア を 象徴 していて

女神 の 象徴 でも あった


なんだか ここ の ところ

縁起 の イイ シンクロ が 

続いて いる わけ だが


こういう ことも やはり

調べた から 解る わけ である


「 調べる 」 これ が ポイント である


みょうに 心 が 惹かれ たり 気になる 

とき は シンクロ であり そして

守護霊から の メッセージ なので


その もの の 意味 や 象徴 

を 調べてみて ください


そして そこから メッセージ を 受けとり


実際 に 自身 の 人生 に 

その メッセージ を いかして みて ください 


きっと 実りある もの を 得たり

必要 な 体験 を 得る ことでしょう


また 


この 今回 の 記事 の ように


地球 に 住む 生き物 も 仲間 であり

そう いった こと を 意識 すると

霊的 な 周波数 も 整う 


守護霊たち は 俺たち に 

メッセージ を 届ける ために 


生き物 に その メッセージ を

運んで もらって いる わけ である


守護霊   「 あの人 に イイ こと あるって

        知らせて あげて ください    」


テントウムシ 「 はいはい 」


みたいな 感じ なので ある


この 構造 を 知っていて

実際 に 体験 していくと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 俺たち は 守護霊 や 自然 や 地球 

    そして 他 の 生き物 や 植物 たち と 

    共に くらしている 気持ち が 深まる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは 地球 が この 先 進化 していく

うえでも とても 大切 な こと である


なので ちょっと 不思議 な 状況 で

それら の 生き物 を 目 に したり


やたら 何回 も 観てしまったり


やたら その 生き物 が 気になる

と いった 場合 は 


シンクロ で ある 可能性 が 高い ので


その 生き物 の 意味 を 調べたり して

その メッセージ を 受けとって ください


俺 の 経験 から しても


そう すると なんらか の 得る もの が あり

必要 な 流れ を 体験 することが できる


「 チョウ 」 の シンクロ は、、、

『 復活 新たな自分 美しい変化 を 』


「 トンボ 」 の シンクロ は、、、

『 退かず 前進 を 』


「 カラス 」 「 ふくろう 」 

の シンクロ は、、、

『 何か イイ こと あるかも! 』


「 オオルリアゲハ 」 を 観たら、、、

『 しあわせに なる かも 』


「 テントウムシ 」 を 観たら、、、

『 しあわせな こと が ある かも 』


などなど 

と いった 感じ で ある


また 気になった 植物 の 意味 を

調べても メッセージ は 受けとれます


美しい変化 かえで #163


このような 自然 と ともに 生きる 視点 で 

日頃 から 道 を 歩いている と


それだけ でも 楽しい 気持ち に なるだろう


と いった 感じである


今回 は 守護霊 から の メッセージ

驚愕 の 生き物型 シンクロ でした



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-27 22:09 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(37)

感謝!盆のご先祖と守護霊たちにお礼を! 再掲載

みなさん こんちには!


今年 も そろそろ お盆 と いうことで

お墓参り に ついて の 記事 を


再掲載 します 


実際 に お墓 に 行く とき や

また お墓 に は 行く こと が できない 

場合 でも できる 祈り の 方法 です ので


ぜひ やって みて ください


~ 以下 再掲載 です ~



みなんさん こんちには

盆 ですね


盆 には 墓参り に 行く 方 も

多いかと 思います


一般的 に 守護霊 に なるのは

ご先祖 の 方々 の ケース が 多い ので


盆 には 日ごろ の 感謝 も 込めて

しっかり お参り したい ものですね


心 を 込めて 丁寧 に お参り すると

自分自身 の 周波数 エネルギー も 変わります


今年 は 今まで ここまで こころ を 込めて

お参り したことは ないぞっ! と いう くらいにまで

真剣 に お参り を してみて ください


そして お参り する 前 と 後 で 

自分 の エネルギー が 変わっている か どうか?


これを 確かめて みてください


「 霊的覚醒 」 を すると 

エネルギー を 敏感 に 感じる ように なってきます


今までも 真剣 に お参り していた 方は

そのつど 周波数 エネルギー が 変わって いたことでしょう


今年 は それを 実際 に 意識 して

感じて みてください 本気 で お参り すれば

確実 に 実感 できる はずです


お参り の 仕方 は いろいろ あるかと 思います

ご自身 の 気に入った やり方 で いいかと おもますが


一応 宇宙的 な お参り の 仕方 を 

してみるのも いいかと 思います


その やり方 は 以前 の 記事 の

お盆!閃きの流れがよくなる御墓参り! #259

この 記事 に 解説 が ありますので 

ご参考 に してみてください


あと やはり 一番 大切 なのは

日ごろ から 感謝 を 守護霊 たち に

伝える 気持ち です


とは いえ 盆 は 特別 の 日 でも ありますので

さらに 心 を 込めて お参りする そんな 感じ が

よろしいかと 思います



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-11 06:43 | Trackback | Comments(17)

実相!出来事を受けとめ行動すると! #516

みなさん こんちには


それでは 今週 の つーか ここ 最近 の

『 シンクロニシティ 意味のある偶然の一致 』

を ご紹介 していこう


今回 は いろいろ な 出来事 を とおして

こころ の センサー を 感じ ながら


「 なんとなく 」 行動 していたら 気がつくと

知らないうち に 準備 が 整って しまっていた


と いった ケース である


自分 に 起こる 出来事 には 意味 が あり


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 いい こと も また そうでない 出来事 も

    受けとめ すべきこと を 行動 していくと 

    自分 に 必要 な 道 と なって いく   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そんな 話 である


今回 も 俺 の 実体験 を もとに

話 を すすめて いこう


では はじめます


じつは 今年 の 5月 くらい から 


俺 は ずっと 気になっていた のだが 

やらなかった こと が ある


それは 


路上 での ギター の ライブ

の ため の 『 準備 』 である


いずれは 路上 で ギターライブ を

しようかな と 思って いたのだが


その為 には 道具 を 揃えたり

いろいろ と 準備 が 必要 なのである


なので その 準備 を 少し づつ

始めた 方が イイ なと 思っていた


もちろん 路上ライブ を するには


演奏する 曲 を しっかり 練習 して

仕上げる こと も 大切 なのだが


路上 で ギター の ライブ を するには

乾電池 で 使える アンプ が 必要 である


こんな ↓ 感じ の アンプ

b0225081_7405683.jpg








で 5月 頃 は この アンプ に ついて

いろいろ と 調べたり していた のだが


その後 急激 に いろいろ と いそがしく なり


俺 は 路上 ライブ 計画 の こと を

すっかり わすれて しまっていた!


そんな中 先月 つまり 7月 の 初旬 に

1つ目 の シンクロ が 起きた


それは この ブログ の とある 読者 の 方 

から いただいた コメント だった


その 方 の コメント には

なんと!


『 Kさん も 駅前 とかで 路上ライブ 

  とか してみたら いかがでしょうか  』


的な こと が 書かれていた


ぶっちゃけ これには ちょっと 驚かされた

この 読者 の 方 は すげー なあ と!


俺 が そろそろ 準備 を しないと いけない

そんな とき に 見事 な タイミング で


コメント で それ を 知らせて

くださった わけ である


この様に シンクロ メッセージ が

読者 の 方 から 届けられる こと が ある


これは まったく 素晴らしく とても うれしい

とても ありがたく マジ で センキュ である


俺 は この 読者 の 方 から の

コメント での シンクロ メッセージ を 読んで


「 ああ これは そろそろ 路上ライブ の

  準備 を した方が よさげ だな、、、 」


と 思った

これが 7月 初旬 の シンクロ だった


ところが 7月 中旬 に 入って から

仕事 が そーとー いそがしくなって しまった


仕事関連 の 書籍 を 2週間 で

10冊 以上 読破 していた ので


いそがしすぎて マジ で 時間 が なかった

( コメント返信 も おそくなって しまっているっ )


で ここ の ところ 時間 が なく

ギター も たまに しか 弾けてなかった


そして 2つ目 の シンクロ が

7月 下旬 に 起こった


久しぶり に 休憩 がてら

ギター を 弾いていたら


なんと!


アンプ が ぶっこわれた!


もともと 少し 調子 が よろしくなかったが

が~~~ ぴ~~~ とか 言って


ときどき 音 が でなく なってしまった


「 えええっ!! マジかよっ! 」


ボリューム つまみ を 回す と かろうじて

音 は 出た が ノイズ が ひどい


これでは まとも に 使えない

これは かなり ショック だった


これは 今 は ギター は 休んで

仕事 に 集中 しろ って 合図 だろうか?


と 解釈 して 思った

( この 解釈 は ちがっていた わけだが ) 


そして 8月 に 入り 


3つ目 の シンクロ が 起き

俺 を さらなる 悲劇 が おそった


「 イカン 仕事 の 本ばかり 読んでいて 

  ぜんぜん ギター 弾けてねえな、、、  」


と 思い 少し は 練習 しようと 思い


先日 こわれてしまい 調子 の よろしくない 

例 の アンプ を 使い ながら

ギター を 弾いていた とき の こと


「 ん? 」


なんと! 突然 ギター の 音 が 

でなく なってしまった のだった!


「 ええええええっ!!! マジでかっ! 」


先日 の アンプ が ぶっこわれた のに 続き


なんと! 今度 は 

ギター までも こわれて しまったのだ!


「 勘弁 してくれよ~~~ 」


これには そーとー へこんだ

こんな シンクロ は マジ で よしてほしー


「 ギター 弾いてちゃ アカンよ シンクロ なのか? 」


アンプ そして ギター と

立て続け に こわれて しまった ので 


さすがに これは


「 ああ これは 完全 に ギター は やめて

  仕事 に 集中 しろ って ことか、、、  」


と 俺 は この 出来事 を そう 解釈 した

これが 3つ目 の シンクロ だった


ところが ここ から この 出来事 が

思いもよらない 方向 へと 繋がって いく


それは 


その 次の日 の こと だった

ギター は 音 が でず 使えない ので


仕方がない ので もう 仕事 に 集中 しよう

と 思い 本 の 続き を 読むこと にした


ここで 4つ目 の シンクロ が 起きた


仕事 の 本 を 読んでいた のだが

なかなか 集中でず 「 モヤモヤ 」 してきた


おかしいな 俺 は かなり 集中力 は

ある はず なのだが、、、と


しかし


実は この モヤモヤ感 こそ シンクロ であり

守護霊 から の メッセージ なのである


通常 この ような 場合 は

この モヤモヤ は 


「 今 は 本 を 読む のでは なく

  別 の こと を してみなよ     」


的な メッセージ と なる のだが

ここで 大切 な ちゅうい点 が ある


このように 読書 に 集中 できず に

モヤモヤ する 場合 には 2通り ある


1つは 守護霊たち から の メッセージ

が 届いて いて モヤモヤ する 場合 と


そして もう1つ は 自分 の 気がゆるみ

単に 自分 の 集中力 が たらなくて

モヤモヤ している 場合 なども ある


これ を しっかり と

見極める こと が 大切 である


なので 俺は そこを 見極める ために


まずは 自分 の 気がゆるんで いるかも 

しれない と 思い


「 くっそおおお 集中 してやるっ! 」


と 気合 を 入れて 集中 してみた

普段 は たいてい は これで 集中 できる


しかし 今回 は 集中 して 読もう と 

すればするほど モヤモヤ が でかく なった


そして しまい には きもちわるく なって 

きた ので ハッキリと 判った


「 ああ、、、これは 完全 に 守護霊だな

  別 の こと を しろって 合図 だな 」 


しかし 俺 は ここ で 納得 が いかず

守護霊 の やつ に 話しかけた


俺 「 おいおい 読書 やめろってか?

    けど 今 ギター も 弾けないんだろ?

    じゃ 一体 何を しろって 言ってんだ? 」


守護霊 「 一番 気になっている こと やりなよ 」


と 


一番 気になっている こと と 言ったら

やはり ギター で ある


俺 に とって ギター は 相棒 であり

とても 大切 な もの である


その ギター が 音 が 出ない 状態 で

放って おく こと が 実に しのびない


これが 一番 気になっていた ので まずは

ギター を 修理 に だす こと に した


で 楽器屋 に 電話 してみると

修理 に 一か月 以上 も かかる と


いやいや これは いや だな、、、


さすがに 一か月 以上 ギター が 

弾けなく なるのは ちょっと キツイ


そこで ネット で 持ち込み で

当日 修理 を してくれる 店 を 探してみた


そしたら 街 まで 出れば 当日 修理 が

可能 の 店 が ある ことが わかった


そして その店 に 電話 してみたら 

持ち込み で 当日 修理 が できます と 言われた


「 おおおっ! 当日 修理可能 とは! 」


で ちょっと 遠い が 俺 は 電車 で

その 店 まで 行ってみた


受付 で ギター の 修理 

お願い します と 伝えると 店員さん が


店員 「 あ 今日 は 修理担当 が

     休み で いないの ですが、、、 」


俺  「 ん? う~~~ん 」


と! マジ? 何なん? この 流れは?


と 思ったら 奥 にいた 店長さん が

「 ああ 電話 の 方 ですね? 」と


なんと たまたま 電話 に 出た 店長さん が

今日 は 修理担当 が いない のだが


自分 が 修理 を するつもり で 電話 を

受けた のだと 言って くださった


これは マジ で ラッキー だった

本当 に たすかった ありがたかった


で 修理して いただいた

俺 の ギター が これ ↓

b0225081_7512260.jpg
















めでたく 修理完了 の 俺 の ギター

店内 で 写メ で 記念? 撮影 した


以前 から 気になっていた

ギター の ノイズ も 解消 されていた


で お礼 を しっかり 伝えて

俺 は その楽器屋 を でた


すると ふと みると もう一軒 

かなり 大きな 楽器屋 が みえた


先ほど の 楽器屋 には アンプ の

取扱い が なかった ので


せっかく なので もう 一軒 行ってみるか

と 「 な ん と な く 」

俺 は その 楽器屋 へ 向かった


店 の 入口 の あたりには たまたま

路上ライブ用 の アンプ が 置いてあった


「 ああ これ これ この アンプ 」


どんな 音 が 出るのかな? と 眺めていた


が よくよく 考えると 今 俺 は 修理したて の 

自分 の ギター を 持っていた ので


自分 の ギター で この 路上用 アンプ の

試奏 を させて もらうこと にした


ジャーーーー ズンズンズンズンズンズン!

ギュイイイイーーーン グオワアアーーン!


「 ん! 結構 イイ 音 でるな この アンプ 」


b0225081_7551524.jpg
『CUBE-ST』 詳細

Roland CUBE Street

電池駆動 路上ライブ用 アンプ




ま この アンプ の 詳しい 解説 は

ここ では しない わけ だが


興味 の ある方 は こちらを どうぞ

http://www.roland.co.jp/products/cube_street/


思ったよりも しっかりと 音 が でたし

性能 も かなり よかった


なにげに 俺 は この アンプ を 買った


そして 楽器屋 を 出て 自分 に 一言、、、


「 こいつ、、、 買ってやがる、、、 」


と つぶやく ように ツッコんで おいた


と この様な 一連 の 出来事 が

あった わけ である





部屋 に 帰り さっそく この アンプ と

修理したて の ギター で 演奏 してみた


「 お! なかなか イイ 感じ 」


と そこで 俺 は 気がついた


ハッ!


「 なにげに 今日 一日 で 路上ライブ 

  の 準備 が 整って しまったな!  」


そうである


この 記事 の 冒頭 で 書いた ように


立て続けに アンプ と ギター が 故障

という ハプニング の 後に


モヤモヤ に したがって 「 なんとなく 」

気になる こと を 実行 していったら


なんと!


5月 くらい から 放置 してしまっていた

路上ライブ の 準備 が 

きづいたら その日 一日 で

自然 と 整って しまっていた のだった


路上用アンプ は もちろん 

ギター も 修理 した おかげで 以前 から

気になっていた ノイズ も 解消 されていた


と いった 感じ である


いかがだった だろうか


今回 の 記事 の ポイント として

シンクロ の 読み解き方 の コツ は


まず こころ が モヤモヤ する とき は

しっかり 自分 の こころ と 向き合い


何 を すれば イイ のか を

感じとる こと が 大切 である


また


アンプ そして ギター と 立て続け に

こわれてしまった わけ だが


そのような 出来事 が 起きた とき


自分 の 意識 が エゴ では なく

もしも 愛 と 調和 の 周波数 であれば


その様な 一見 マイナス に 観える ことが

起きて も そこから すべきこと を していけば


そこから なんらから の イイ 展開 へと

繋がって いく わけ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 いい こと も また そうでない 出来事 も

    受けとめ すべきこと を 行動 していくと 

    自分 に 必要 な 道 と なって いく   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-08-08 22:52 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(20)

驚愕!こころの声に従い劇的な再会! #510

みなさん こんちには


今回 は 久しぶり に

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致

の 記事 いっときましょう


昨日 の 出来事 である


昨日 は ちょっと 用事 で 出かけていた

用事 が 済んだ ので 海 へ 行った


そして 近くの 丘の上 に 海 を 一望 できる

カフェ が あったので そこに 入った


そこで 俺 は ぼ~~~っと したり

美しい 海 を 眺めながら

すこし メール したり していた


で 夜 に なった ので

家 で めし でも 食べるか、、、


と カフェ を でた


しかし 


ここで 守護霊から の メッセージ が きた

どことなく もやもや する のである


「 何かが ちがう もやもや する 」


と いう 感覚 これは すでに

みなさん も お判り の ように

これが 守護霊 から の メッセージ なのである


「 え? フツー に 考えると これから

  家 へ 帰って めし だが ちがうんか? 」


と 思い 

ちょっと 自分 の こころ を 感じてみた


「 この もやもや は 何だろう?

  何 と 俺 に 言っている のだろうか? 」


じつは この 


☆ 『 自分 の こころ を 感じて

    感じた もの を 言葉 に してみる 』


というのが メッセージ を 読み解く コツ である


この もやもや した すこし 心地 わるい

その 感覚 を こころ で 思いっきり 感じてみた


すると


「 家 に 帰らない 方 が よい

  外 で 食事 を した 方 が よい 」


と いう 感覚 であった


そう これが 

守護霊 の 言いたいこと なのである


しかし 


こころ が 感じた ものと

あたま が 感じる こと は 全く ちがっていた


あたま は


「 え? マジで 今日 は もう 家 に

  夕御飯 の 支度 してあるのに、、、 」


と 言っている


じつは この日 は もう 夕御飯 の 

準備 が してあった から 


わざわざ 外食 しなくても 普通 に 家 に 帰り 

それ を 食べれば いい のだ 


その方 が 経済的 だし


なのに こころ (守護霊) は 


「 家 に 帰らない 方 が よい

  外 で 食事 を した 方 が よい 」


と 言ってくる


「 わざわざ 外食 しろと、、、 」


こういう とき どうするか?


俺 は それ が 愛 と 調和 の

範囲内 であれば こころ の 声 を 実行する


今日 の めし は 明日 食べれば いいか

と 判断 して


「 ま いいか では 外食 するか、、、 」


と 俺 は 決めた


そして こころ では なく あたま で 考えると

節約 したかった ので ラーメン にした


それに ちょっと 気になっていた ラーメン屋 

が あったので そこに 行くこと にした


ところが その ラーメン屋 へ 行く 途中

目の前 の 「 焼き鳥屋 」 が やたら 気になる


「 焼き鳥屋 が やたら きになる 」


ので ある 


つまり 守護霊 が やきとり屋 へ 行け と

そして おれ も やきとり屋 へ 行きたかった


しかし あたま は ラーメン なら 650円

で 済む が やきとり は 高い から だめ


と 言ってくる


なので やきとり への 想い を たちきり

俺 は ラーメン屋 へ 向かった


「 それにしても やけに 守護霊 が

  やきとり屋 を 押してくる なあ、、、 」


と 感じ つつも である


そして ラーメン屋 に 着くと


なんと!


定休日 だった!


「 え! マジ? そうなん! 」


それで やつ(守護霊) は やきとり屋 へ

行け って 言っていた のか?


仕方がない ので ラーメン屋 を 去り

俺 の 行きつけ の やきとり屋 へ 向かった


そして やきとり屋 に 着くと 

いつもの 席 に 座り ひとりで


「 やっぱ やきとり うめ~~ 」


と 食べていた


で ここ 最近 の 出来事 を

ぼ~~っと 想い 起こして いた


すると 店内 の 別 の お客さん

が 俺 に 軽く 会釈 してきた


「 ん? 」


と 一瞬 思ったが 俺 は ちょっと

ぼ~~と 他 の こと を 考えていた ので


誰か が 俺 に 会釈 したが

見知らぬ 人 っぽかったので スルー していた


で また やきとり を 食べていたら


テーブル 席 に 男性2人 女性2人 が いて

その さっき の 人 が 立ち上がり いきなり


「 「 K 」 くん だよね! 「 K 」 でしょ? 」


と 声 を かけてきた


俺 「 え? あんた だれ? 」


俺 は ぜんぜん わからない

そして じ~~~っと 顔 を 観ると


俺 「 ああああああ!!

    せんせー 先生かっ!! 」


と なんと そこには


俺 の 中学 の 時 の 

剣道部 の 顧問 2人 と 


俺 の 剣道部 の 女性 の 

後輩R と その 友人 が いた


俺 「 おおおおお! 懐かしいな!! 」


と みんな おどろいた!


これには 本当 に 驚いた


まさか こんな ところ で

この 4人 と 再会 するとは!


マジで 驚愕 である!


しかも 一体 何年振り だろうか!


後輩R は すぐ に 判ったが

顧問 は 全く わからなかった!


俺 「 ああ これか! このために 守護霊 は

    家 へ 帰るな やきとり屋 へ 行けと! 」


と 納得 が いった


俺 「 いや~ マジで センキュな! 」


と 俺 は 守護霊 に お礼 を 言った

マジで やきとり屋 に 来て よかった と 思った


しかし じつは


ホント は まだ 1つ この 再会 を 

よろこぶ 理由 が 俺 には あった


ま あまり 書きたくは ない のだが

じつは この 後輩R について


後輩R が この ブログ を 観ていることは

まず ないので 書いてしまうのだが


この 後輩R の こと を この日

この やきとり屋 で 再会するまで

とくに 意識 することも なかったのだが


じつは


この 後輩R は


当時 中学生 だった 俺 が ひそかに

めちゃくちゃ すき だった 後輩 なのである!


もちろん 当時 の 俺 は 後輩R に 

告白 なんて できる わけ なかった ので


後輩R は その こと を 知らない


ただ 俺 が ときどき 話しかけていた ので

仲の良い 先輩後輩 では あった


しっかし 今 思い出すと


卒業 の とき 当時 の 俺 は そうとう

悩んでいたな 後輩R に 告白 したくてな


でも はずかしいし 勇気 も ねーし


もし だめ だったら、、、 と 考えると

本当 は 告白 したかったが 出来なかった


せっかく 仲良よかった 先輩後輩 の

関係 が こわれてしまうのも こわかったしな


でも 本当 は 告白 したかった

だから かなり なやんだ


その頃 卒業シーズン だった わけだが


俺 は 中学時代 は パッとせず

( ↑ いま も だろ! )


他 の 追随 を 許さない ほど の あほ で

ルックス も おもしろい 感じ で まるで だめ

( 一体 ↑ どんなだよ! )


授業中 は 寝てばかり しかも 頼りない 感じで

同年の女性 から すかれる 感じ ではなかった


だから 俺 は 同年 から は 誰からも 

告白されたり すかれる こと も なかった

ホント マジ で そんな 感じ だった


ところが 


ときどき 俺 の 人生 には ミラクル が 起こる


とても 不思議 なことに


卒業 間際 に 

どう 考えても ありえない くらい

俺 には もったいない くらい の


別 の とても ステキ な 方 が 

なぜか 同年 で 唯一 俺 に 告白 してくれた


これでは じょーだん 抜きで マジで

美女 と 珍獣 に なってしまう!

( ↑ ちんじゅう かよっ! )


きっと その方 は 俺 の 外見 とか 

じゃない ところ を しっかり と 観てくれてた 

のだろうね いま 思えば


しかし そのとき の 俺 の なか には 

しっかりと この 後輩R が すき だ という

気持ち が あったので


俺 は 後輩R とは 付き合っても いない くせに

その ステキ な 方 を ことわってしまった


俺 は それくらい 純真 に

後輩R が すき だった わけである


すっかり よごれて しまった

いま 現在 の 大人 の 「 K 」 から すると


中学時代 の 俺 に たいして


「 バカ だな お前! なんで あんな 

  ステキ な 方 を 振ったんだ もったいない!

  千載一遇 の チャンス だったじゃねーか!

  バカなのか? お前は? バカなのか?     」


と 言ってやりたい のだがっ!

ははは 


まあ それは 半分 じょーだん だがな


しかし


半分 本気っ!


なんつーって!


いやいや 

冷静 に フツー に 考えると 


やはり すき な 方 が いたら 

他 の 方 とは 付き合えれないよな


ま むり だよな


とまあ それくらい 後輩R が すき だった 

と 言う わけである





当時 俺 が 後輩R に 話しかける のも 

そーとー たいへん だった


俺 が 後輩R を すき だと 言うことを

他 の 部員 には 知られたくなかった のでな


他 の 部員 が いない とき もしくは

後輩R と その友達 数人しか いない とき 

じゃないと 俺 は 後輩R に 話かけれなかった


で うまく タイミング が 一致 して

2人 だけで 話す こと が できたら


俺 は とても うれしかった こと を

今 こうして 書いていて 思い出した 


ははは


で!


作日 やきとり屋 で


その 後輩R に 再会 したのである!


「 おおおおおっ!!!!! 」


どうだろうか?


日頃 から 俺 の ステキ な 出会い を 

応援 してくださっている 読者 の 方々 は 


「 おおおっ! 「 K 」 来たか? ついに! 」


と かなり 盛り上がって いただけた ことだろう


しかし そんな 方々 には 

たいへん もーしわけ ない のだが


すげー すき だった 後輩R と 再会 したが 


さすがに やはり 当時 中学3年 の とき と

同じ 気持ち には ならなかった


しかし 仲のいい 後輩 でもあったので

俺 は マジで すごく 本当に うれしかった 


で 当然 尋ねてみた


俺 「 結婚 とか した? 」


すると 後輩R は こう 答えた


後輩R 「 ええ 〇年前 に 」


俺   「 〇年前 なら 

      まだ 新婚 だね おめでとう! 」


後輩R 「 フフフ で 今 なにしてるんですか? 」


俺   「 人類補完計画だぜ! 」 とは 言わなかったがっ!


と このような 感じ の 会話 が なされた


と 言うこである


ああ 時 が 流れた のだな、、、

と 感じた


後輩R が 結婚して しあわせ になり

元気 に すごして いる ことが わかり


俺 は ああ よかった、、、と 感じた


この お話 は これで

おわり である


愛 と 調和 の こころ の 声 は

守護霊 から の メッセージ である


そして その 声 に 従うと このような 

劇的 な 再会 も 起こる こと も あるのである


いかがだっただろうか



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-06-23 14:33 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(40)

驚愕!ちょっとしたことが思わぬ展開に! #507

みなさん こんちには


今回 は 俺 の 大学時代 の ちょっと 

おもしろ シンクロ 話 を 書いておこう


いつもの こと だが 


「 なんとなく 」 そうした こと が

一体 どんな 展開 に 繋がって いくのか


ちょっとした いたずら が 驚愕 の 展開 を

呼び込んで しまった 話 である


これは 霊的覚醒 以前 の 話 である


では はじめよう



あれは 大学1年 の とき の こと

初めての 体育 の 授業 だった


俺たち は 体育 の 服装 に 着替え

集合場所 の 芝生 の 上 に いた


そこへ 体育 教師 D が 現れた


体育教師 に ありがちな むだに元気 で 日焼けした

いかにも 体育会系 と いった おっさん だった


大学1年 初授業 で 重量挙げ を やると いう 


「 一体 どーゆーセンス を しとんのじゃ? 」


と いう おっさん だった


まずは おっさん の 自己紹介 から はじまった


腰に手 を あて ちょっと 上から目線 で

豪快さ を みせつけるように 話し はじめた


生徒たち に なめられない ように かつ

親近感 を 持たせる ため の 涙ぐましい

努力 なのだろう なと バレバレ である


俺たち 若者たち との 距離 を 近づけよう と

がんばっている 姿 が とても 笑えた

( ↑ って 笑うんかい! )


しかし こういう 努力 の おっさん は

じつは 俺 は きらい では ない


教師D 「 俺 の 趣味 は マラソンだ! わっははは! 」


俺   「( みた目 そのまんま の 趣味 してやがるな

       しかし なにが おもしろいんだろうか? )」


今 も そうだが 俺 は

あまり できた 感じ の 人 では ないので


ま 当時 こんな 感じ の 学生 であった


こんな おもしろい おっさん を みると

いたずら心 が うずうず してしまい


なにか ふざけた こと を したくてたまらなく なる

俺 は 当時 そんな 性分 だった

( ↑ 今 も だろ! )


なので さっそく 教師D に

なにか ふざけて みる こと に した


「 なんとなく 」 だが どうにも

そういう 衝動 に かられていた のである


しかし 相手 は バリバリ の

体育会系 の 体育教師 である


『 自分 の 出した エネルギー は

  自分 が 受け取る ことに なる 』


これ は すでに 俺 は 知っていた ので

ふざける には それなりの 覚悟 が 必要 だった


「 ( ま いたずら しても 2、3発 

    なぐられる くらい ならば イイ か ) 」


と 覚悟 を 決めて いたずら することにした

これが 大切 である!


☆ 『 自分 の する 行為 の 責任 は

    すべて 自分自身 に ある     』


その 結果 を 受け入れる のも 自分 なのである


そして 自己紹介 が 俺 の 番 が 来た


そこで 俺 は 腰 に 手 を 当てて

体育教師 D と 同じ 格好 を して


俺 「 俺 の 名前 は 「 K 」 !

    趣味 は マラソン だ!     」


と 言い 放った

すると 案の定 教師 D が 食いついて きた


教師D 「 おおおっ! お前 も マラソンか! 」


我 仲間 を 得たり と いった 顔 で

めっちゃ うれしそーに 言ってきた


俺   「 ( ぷっ きた! ) 」


ホント に わかり やすい おっさん で

まったく の 予想 どおり の 反応 だった


教師D 「 そうかあ お前も マラソンかあ! 」


と 喜ばせた ところで 俺 は


俺   「 、、、と いうのは じょーだん で! 」


と 返した すると 教師D は


教師D 「 なんだ お前は!! ふざけてるのかっ! 」

      お前 は アカン やつ だな! 」


俺   「 ( まあな ははは ) 」


と 教師D は ブチきれた!


2、3発 くるかな~ と 思った が 来なかった


教師D 「 お前 は イカン! 授業 が 終わったら

      校舎まわり を 10周 走れ イイな!! 」


と それ だけ だった

なんだ 案外 かるい バツ だな と 思った


そして 授業 が 終わり 

俺 は 一人 せっせと 校舎周り を 走り出した


『 自分 の 出した エネルギー は

  自分 が 受け取る ことに なる 』


なので こういう バツ は しっかり と

真面目に 収めない と いけない のである

( ↑ 真面目 にって 言うな! )


それが スジ って ものである


俺 は 自分 の トレーニング も 兼ねて

真剣 に 走っていた


すると そこへ 体育教師D が やってきた


教師D 「 おい 「 K 」 真面目に 

      走っているな 今 何周 走った? 」


と やつ は 俺 に 尋ねて きた


俺   「 今 7周目 ですね 」


教師D 「 そうか もう イイ ぞ 走らなくて 」         


と 言われた 


それを 聴いて 俺 は カチン と きた

そこで 俺 は


俺  「 男 が 一度 言った こと を そんなに 

     簡単 に 撤回 する つもり なのか?  

     俺 は 10周 走る と 決めた 

     以上 は 10周 走りきる からな!  」


と その 申し出 を 断った


教師D 「 はあ~~ お前 変わってるなあ 」


俺   「 いや フツー だ! 」


そして 最後 まで 10周 走った あと に

教師D の ところに 終わった と 報告 に 行った


と こんな こと が あった わけである


そしたら その後 この 体育教師D は

校舎 で 俺 を みつける ごとに


教師D 「 よお! 「 K 」 元気か! 」


と 暑苦しく 話しかけて くるように なってしまった!


どうやら 俺 と 仲良く なりたい らしい

いい めいわく である! なんつーって!


いや ホント は いやじゃ ないんだけどな

ははは


と まあ こんな 感じ の 

大学時代 の おもしろ エピソード なのだが


いつも の こと だが

この話 は ここ で 終わらない


じつは ここ から 


なんと!


驚愕 の 展開 が 待ち受けて いた


それは 3年 の 月日 が 流れた 後 だった

俺 は 4年生 に なり 就職活動 を していた


その日 久しぶりに 教師D に ばったり 会った


教師D 「 おー 「 K 」 元気か!

     就職活動 は どうだ? どこ 受ける? 」


俺   「 テレビ局 の アナウンサー とか 」


すると 教師D の 表情 が 一変 した


教師D 「 なに! 本当か! うちの学校 の

      A氏 は もと テレビ局 の 方 だぞ

      よし 今 時間 あるか ちょっと 来い 」


と 言い出して 教師D は 俺 を 

A氏 の もとへと つれていった


そして 教師D は A氏 に 事情 を 話すと

A氏 は そこに あった 電話 を

どこかへ かけ はじめた


すると そこで

驚愕 な こと が 起こった!


A氏 「 ああ 〇〇くん うち の 学生 が

     アナウンサー志望 なので 会ってくれ 」


と なんと!


いきなり 俺 の 目の前 で 

テレビ局 に 電話 を して 


現役 の アナウンサー との 面会 の 

アポイント を とってくださった のだ!


えっ? マジ? これ


と 俺 は とても おどろいた

そして 本当 に ありがたかった


しかし 驚愕 は まだまだ 終わらなかった

ここで かなり デカイ シンクロ まで 来たのだ


A氏 が おもむろに 俺 に こう きいてきた


A氏 「 「 K 」くん の お父さん は

     なに を している 人 ですか? 」


俺  「 〇〇 の 職人 です 」


A氏 「 おおっ! そうでしたか! 今 ちょうど

     それ を 探していた ところ なのです! 」


と なったのだ!


正直 これにも マジで おどろいた!


なんと!


俺 の 親父 は とある 職人 だったのだが

それ を A氏 は 丁度 探していた ところ だったのだ!


そして A氏 は 俺 の 親父 に 会い

仕事 を 依頼 してくださった のだ


ちょっと めずらしい 職人 仕事 だったので

こういった ことが 起こった ことに かなり 驚いた


A氏 そして 教師D の おかげで

こうした シンクロ が 起こって くれた ことに

俺 は とても 感謝 した


『 ホント に 人生 なに が 起こるか 判らない 』


ちょっとした いたずら が こんな ことに

発展 するとは おもっても みなかった


では ここ で なぜ この いたずら が 

このような よい 展開 を 生んだのか?


これ を 解説 していこう


先ほど も お伝えしたように


『 自分 の 出した エネルギー は

  自分 が 受け取る ことに なる 』


この 体育教師D と 俺 との やりとりは


一見すると 俺 が ふざけて 

しかられて いた だけ に 見える だろう


ところが 実際 に 俺 の こころ の なか

は どうだったか? と いうと


もちろん ふざけた エネルギー も だしていた

わけ だが


基本的 に 俺 は


「 仲良く なるために ふざけた 」


ので そういう エネルギー も 出ていた

だから 結果 として 仲良く なったのである


それに 実際 俺 も 剣道部 で 体育会系 なので


こういう 暑苦しい いやいや あ! まちがえた!

( ↑ お前 わざと まちがえた だろ! )

「 熱い 」 おっさん は かなり すき なんでな


もちろん これは 相手 を 慎重 に 選ばないと

まずい こと に も なる


相手 を まちがえると げきりん に ふれる

だけ に おわる 可能性 も ある


しかし


このような 感じ の 体育教師 の 場合 だと 

今回 の 俺 の ように ちょっと あほ で 

ツッコミ気味 の 接し方 の 方 が 仲良く なれる


ある意味 適切 な 接し方 だった わけである


☆ 『 こころ の なか が どういう

    エネルギー なのか が 大切   』


そして


☆ 『 相手 に 合った 接し方 が 大切 』


なので ある


他にも 別 の ケース でも


以前 ドン引き されるような こと を 

俺 は あえて 全力 で したのだが


そこから なぜか イイ 展開 が 起こり

かなり 感謝 されてしまった なんて ことも あった


この とき も こころ の なかには

愛 とか 調和 の 気持ち が あり


しかも その 相手 に 適した 方法 だったので

よい 展開 に なった わけ である


表 から は 観えない もの なのだが やはり


『 心 が どういう エネルギーか が 大切 』


なので ある


また


☆『 人生 なに が どこで 繋がったり 

   活かされたり するか わからない  』


そういった こと の 実例 を 知っておく と

ちょっと 視野 が 広がって イイ かと 思います


最後 に いたずら に 関して 少しだけ 触れておくと


いたずら は やはり りすく も ともなうので

それ も 覚悟 の うえで ほどほどに である

( ↑ お前が 言うかっ! )


俺 は あえて ぎりぎり の ライン を

チャレンジ して いくけどな

( ↑ いやいや だから やめて おけ! )


と かつて は

こんな かんじ の 学生だった わけである


と いうわけで 今回 は


ちょっとした いたずら が 驚愕 の 展開 を

呼び込んで しまった 話 でした



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-06-09 02:00 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(16)