タグ:天職&仕事 ( 34 ) タグの人気記事

驚愕!食べれるスターウォーズ宇宙船 ! #107

映画スターウォーズに登場した

宇宙船 ミレニアムファルコン号 (動画あり)

精巧によく出来ていますが 

実はこれ 食べれます 

なんと 

この宇宙船

ケーキ で出来ているのです 



http://www.youtube.com/watch?v=deOdgIEAygM&feature=youtu.be (リンク元)

「 アンビリーバブル アンビリーバブル 」

とくりかえす

このミレニアムファルコン号 ケーキ を 

プレゼントされた人 が おどろき と よろこび と 

感心する姿 が とても印象的 な動画です


作品が人の こころ を 感動 と 喜び へといざなう

これはもはや アート 芸術 です



こちらの ケーキは アメリカ ダラスの

Delicious Cakes デリシャスケイクス

という ケーキ店がつくった 作品 です


こちらの お店は 家族経営していて

20年に渡って ダラス周辺のみなさんに

親しまれているお店です


このケーキ店 のスゴイところは


こういった 一見どこにでもある様な

町のケーキ店 が


「 国境を越えて 注目を集める 仕事 」 


をしているところです 


ケーキ作りの 仕事に対する 誇り と

その仕事を 楽しんでいる 様子が動画からも伺えます


さらに このお店の素晴らしいところは

このお店の方針です 


「 あなたの人生に 夢のような ケーキ を叶えます 」


それは 結婚式や特別の日を

卓越した技術で 夢の様な ケーキをつくることによって

あなたの大切な日を より素敵な 想い出にしてあげたい

というもの


確かに こんな 素晴らしい ケーキ が

誕生日や結婚式などに登場してきたら 

より大きな 人生の思い出に なることでしょう


「 ああ あの時の あの ケーキ はすごかったな 」


と 後々の会話にものぼることでしょう


芸術が作品を通して 人々の人生に 花をそえている


こういう 仕事 & 姿勢 素晴らしい です


既成の概念にとらわれない ケーキ店

普通のお店とはちょっとちがった

視点 と 発想 で 

より楽しく仕事をして そして 

まわりにも笑顔を増やすしています


依頼者した人も プレゼンされた人も

依頼されて作った人も 

そして またこの作品に触れた人達も

みな幸せな空気が広まる感じです

素晴らしい amazing !


「 既成概念の 枠の外へ!  」


既成の概念の 枠の外へ飛び出すことで

別次元 の 新たな世界 が観えてきて


ケーキ屋という 普通の仕事であっても

自由な発想 と やり方次第 で 

こんなにも 広がる世界 は変わるものなのです




Delicious Cakes のHPです (ギャラリーあります)
http://www.deliciouscakes.com/





[PR]
by aquarius_az | 2012-01-29 05:03 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(0)

ブータン国王と奇跡のりんご木村秋則氏! #067

ブータン国王 と 奇跡のりんご の木村氏には

おどろきの 共通項 がある

NHKのプロフェッショナルと言う番組に出演した

りんご農家の 木村秋則氏 彼は

世界で初めて 絶対に無理だと言われていた

無農薬 りんご栽培 の成功と言う偉業を成し遂げた人です


そんな木村氏とブータン国王との意外な共通項とは何か?


ここで思い出して頂きたいのが

ブータン国王が小学校を訪れたときの言葉である


国王 「 きみたちは 龍 をみたことありますか? 」

国王 「 わたしは 龍 をみたことがあります 」


国王は話の導入にこのように話していた

ここを普通に子供は驚き 大人は普通に聞き流してしまう


しかし 一旦 ここにしっかりと着目してみよう

はたして本当に国王はただの導入として言ったのだろうか?


導入だけならば 「みなさん龍を知っていますか?」

だけでもよい そこをあえて国王は

「わたしは 龍 をみたことがあります」

とはっきりと答えている 


俺には この言葉がどうにも 直感的に ひっかかった

国王はユニークな性格でもあるそうですが

それ以上に実直な人である

子供達を前にして

「わたしは 龍 をみたことがあります」

とは、、、

実は本当に観たことがある のではないだろうか?


そんなばかな、、、と考えてしまう前に

単に常識で片付けてしまう前に 

ちょっと真剣に考えてみた


そうしたのには実は 深い理由がある、、、


冒頭で紹介した  


世界的な偉業を達成したりんご栽培家の

木村秋則氏 

彼のりんごは 「奇跡のりんご」 と呼ばれている

実は その 木村秋則氏 も


「わたしは 龍 をみたことがあります」


と言っているのだ


彼はこんな経験をした、、、


彼が17歳の時 学校帰りに

時間がピタッととまり 周りにいた人は全く動かなくなった

近くにいたおじさんは歩いている途中で

片足を上げたまま ピクリともしなくなった

そこに

本物の 「 龍 」 が現れたという

そして 「 龍 」 が去っていくと時間がもとに戻り

周りの人も動きだした

と 語っている


どうだろうか?

彼はどうやら 実際に 「 龍 」 を目撃したようである


実は俺は もう1人 別の人で

実際に 「 龍 」 を目撃した人を知っている

(詳しくはまたここで近々書きます)

その人もかなりの偉業を成し遂げた人です


そのことから考えると


「 龍 」 は 存在 している


意味あって観える人には 「 龍 」 と遭遇出来る

また 自分の使命 役割を果たそうと

努力している人が 「 龍 」 と遭遇している

可能性が高いと言える



ブータン国王はどうであろうか

彼は実に立派に 役割 を果たしている

そう考えると

彼は実在している 「 龍 」 を観ている


その可能性はかなり高いはずだ



ブータン国王
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011112002.jpg
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011112004.jpg

木村秋則氏
http://www.nhk.or.jp/professional/2006/1207/index.html
[PR]
by aquarius_az | 2011-12-01 00:45 | 龍・妖精・ちいさいおじさん! | Trackback | Comments(0)

体外離脱で未来の世界を観た 彗星捜索家! #066

体外離脱で 未来を観てきた 彗星捜索家の 

木内鶴彦氏

小惑星の「5481 Kiuchi(きうち)」は彼の名前から

名付けられた小惑星です

彼は世界中の天文家達が探していた彗星を

再発見したことでも有名です


そんな彼は体外離脱の経験者です

彼の体験によると、、、


肉体から出た後は

イメージするだけでその場所へ行けたそうです

テレポーテーション が可能な様です


例えば兄弟のところへ行ってみたり

したそうです


しかも 木内氏によると

体外離脱時 の テレポーテーション は 

「時間」と「空間」を越えて移動が出来るという


つまり イメージすることで

「現在」 「過去」 「未来」

と自由にいけることがわかったそうです


少し不思議な話となりますが


木内氏は幼い頃 崖から石が転がってきた時に

「あぶない!」

と言う声を聞いたのだが 振り返ると

そこには誰もいなかった


と言う経験をしたそうです


そこで木内氏は その当時のその場所へ

体外離脱したときに瞬間移動して観て来ました

するとそこには

幼い頃の木内少年達が歩いてるのがみえました

その時 崖の上から 石が落ちてきたのです

体外離脱中の木内氏は 思わず

「あぶない!」

と叫んでしまったそうです

すると 幼い頃の木内少年が 

木内氏の方を振り返ったと言うのです


つまり、幼い頃の木内少年が耳した声は

大人になり体外離脱して時間と空間を

越えて テレポーテーション してやって来た

「自分自身の声」

だったのです


どうでしょうか?


とても不思議な話ですね、、、


これは前回の記事の 

「かもめのジョナサン」の暗号 読解編 ( → #065

の中で出てきた

体外離脱とテレポーテーションの解読と符合してます


そして 瞬間移動で 未来へも行ったそうです

彼が見てきた 未来は たいへんなものだったそうです

しかし

彼が2度目に 体外離脱したときに

もう一度未来を見てきたそうです

すると 以前見た状況とくらべ すこし 

未来が良くなっていたそうです


未来は努力次第で変えられるようですね


しかしながら今の現状の日本をみても

まだまだ努力して変えていくべきことが多そうです


それらを1つ1つしっかり

今いる人達が実行していくことで

良い未来がつくれるわけです


彼の考えでは 人は1人1人が役目を持っている

その役目とは


「その人その人の特徴を生かし」


「ストレス解消になり三度の飯よりも好きなことで」


「そしてそれが世の中の役に立つこと」


が その人の役目だと話しています

好きなことをして生計を立ててゆくのはくろうもあります

しかし


「それをして暮らしていける道を作る努力」


を行うことが大切ということでしょう

どっちみちくろうするならば


自分が納得するしごとや道をなんとか探しだして

自分の特徴を活かせる道で努力したいですね



今という時代だからこそ

必ず1人1人に役割があるはずです


必ず出来ることがあるはずです


みなさん共に探し

共にがんばりましょう


木内氏 体外離脱体験 動画 ( 現在 リンク切れ )
http://www.youtube.com/watch?v=e-gUqbnVrM4


木内氏 ラジオ出演 音声 ( 現在 リンク切れ )

前編 は彗星に関して 
後編 はテレポーテーションでみた未来の世界など
http://kaonfu-getu.blogzine.jp/yoke/2007/11/post_1ea3.html
[PR]
by aquarius_az | 2011-11-28 23:36 | 天職を見つける! | Trackback | Comments(3)

天職を見つける!なんとなく行動したら #003

知人の家族の話、、、

知人に姉がいて、そのお姉さんが自分の将来をどうしようか迷っていた。

特にやりたいことはなかったのだが、ただ「なんとなく」
アメリカに行きたいと感じていた。

そこで彼女はアメリカに行き、とりあえず語学学校に入学。
英語を学ぶ毎日を送っていた。

そこで数ヶ月暮らし、だいぶアメリカの暮らしにも慣れてきたころ。
通っていた語学学校の近くに「ふと」気になるお店に気づいた。

「なんだろう?」

と思い、その店に入っていった。

するとそこは「ネイルアート」の学校だった。

そこで「ネイルアート」の説明を聞き彼女は

「これだ!!」

と感じた。

自分の心が求めているものと出会った瞬間であった!

この話は結構前の話なので当時の日本にはまだ「ネイルアート」は
一般的でなく、日本にはネイルアートの学校はありませんでした。

彼女は「なんとなく」心が惹かれるアメリカに行ったことで
「ネイルアート」と出会うことが出来たのです!

このことから


☆「心が惹かれるものにはトライしてみる」

☆環境を変えたことで「天職」に出会えることもある


と言う事が見出せます。

あと、注目してもらいたいことは、
彼女の場合も、すぐに見つかったわけではないと言う事です。

もちろんアメリカですので「ネイルアート」の授業も「英語」です!
アメリカに行き毎日英語をがんばっていたおかげで「ネイルアート」
の授業を受けれたのです。

ひょっとしたら英語の授業をてきとーに受けていたら「ネイルアート」
と出会う時期が遅くなっていたかもしれません。

つまり、、、

「ネイルアート」の授業が受けれる状態になった頃に出会ったのです!

やはり


☆「努力」は必要です!

☆機が熟す為の「努力」を怠らない


老子の「タオ」(道教)にでてくる言葉に

「弟子に準備が出来た時に、師は自然に現れる」

と言う言葉がありますが、まさにそれですね!

準備が出来た時に道が開けるのです。




.
[PR]
by aquarius_az | 2011-05-02 00:17 | 天職を見つける! | Trackback | Comments(0)