剣道部顧問のちょっと奇跡な体験談!  #009

高校の時の部活の顧問の先生が

俺にこんな話を聞かせてくれた、、、


先生 「何があっても絶対に無理だと考えちゃいけないよ!」

俺  「え、どういうことですか?」

先生 「ぼくは教員になってすぐに家を建てたんだけど
    ちょっと山の方にあって当時はまだ電気が通ってなかったんだ。」

俺  「え?電気通ってないってそんな時代だったんすか?」

先生 「もちろん普通の家には通ってたけど、ぼくの家は一軒だけ
    離れていたから、本当にぼくの家だけ電気が来てなかったんだ。」

俺  「なるほどお、、、」

先生 「だから一年以上電気のない生活を送っていたんだよ。」

俺  「えええ!そ、それは大変ですねえ!!」

先生 「で、近くに一本電信柱を建てれば、電気通せたのだけど
     当時の僕の給料数か月分だったので建てれなかった」

俺  「、、、」


さてさて、この辺りから話が一気に加速します、、、


先生 「ある日母親が映らないテレビの前でぼんやりテレビを眺めていた」

    「その姿を観た時、これはイカン!絶対になんとかしなくては!!」

    「と、本当に 強く 想ったんだ、、、」

俺  「ふむふむ」

先生 「それから、数日後、、、
     いつもより たまたま 早く学校に行こうと家を出た」

    「坂を下りバス停までいくと、そこに老紳士がバスを待っていた」


老紳士 「暑いですね、、、」

先生  「そうですね、、、」


しばし、無言がつづく、、、


老紳士 「君は坂道から来たが、あそこの家には人が住んでるのかね?」

先生  「ええ、ぼくの家です」

老紳士 「えええっ!あそこには電気が流れてないじゃろう?」

先生  「ええ、まあ、はい、、、」

老紳士 「それはイカン!!君時間はあるかね?私に着いてきなさい!」


すると、その老紳士は先生を連れて
市役所の市長室までずいずいと入っていった、、、

そしてそこで、市長に向かってこう言った、、、


老紳士 「この時代に市内で電気が流れていない家があるとは!!
      どう言うことだ!!けしからん!!」


そしてその数日後、電信柱が立ち、先生の家まで電気が流れました


先生 「いやあ、あの時の老紳士には助けられた
     どういう立場の人だったんだろうねえ、、、」

俺  「そんなことってあるんすね!!」

先生 「だから、絶対に無理だと思っちゃいけないよ」

    「なにがあるか解らないからねえ、、、」

俺  「確かに、、、」



もちろん、努力や行動が大切ですが、こんなケースもあるのです。

☆ 強く想う ことで助けられることもある

また、先生がお母さんの為に、、、と強く想ったのも大切だと思います。

 「強く想う」 ことは大切です。

しかし、どれだけ強く想っても 

「叶うべきでない場合」 はまず叶いません。

しかしながら絶対に無理だと考えてはいけないのです。

それは、、、

「叶うための準備が必要なケース」  

があるからです。  (→参照

そしてそれが 「叶うだけの条件がそろうと」 

奇跡的なことも起こるのです。

なので、一見無理に見えたとしても

絶対に無理だと考えてしまうのはもったいないです。


☆安易に絶対に無理だとは考えてはいけない


ひょっとしたら、老紳士は 「天使」 からの使いであったのかも
[PR]
# by aquarius_az | 2011-05-10 23:59 | 天使・奇跡ミラクル・偶然! | Trackback | Comments(0)

もし、あなただったらどうしますか? #008

ちょっとここで、こんなイメージを描いてみましょう?

あなたは今、宇宙船に乗って宇宙を旅している、、、


あなた 「ああ、いつ観ても宇宙はキレイだなあ、、、」

同僚  「お!新しい惑星を発見!どうする?」

あなた 「お!行ってみよう!行ってみよう!」

同僚  「了解!!」

あなた 「お!この星は、海や緑があるね!なかなかキレイだね!」

同僚  「もう少し地上に近づいてみよう!」

あなた 「おお!生命体がいるぞ!!」

同僚  「本当だ!ちょっと観察してみよう!」

あなた 「街を作り文明を築いている様だね、降りてみようか?」

同僚  「いや!ちょっとまて!!」

     「近くで観ると、かなり環境破壊が進んでいるぞ!」

     「それにあそこをご覧!」

あなた 「あれ?」

     「あの方では、食料がなくて子供達が餓えてしんでいっている!」

     「あちらの方ではあんなに食料を捨てているのに!!」

     「どうして????」
 
同僚  「ほら!あそこも観て!!」

同僚  「核や原発もたくさんある様だよ」

あなた 「技術もまだ未熟みたいだ、、、」

同僚  「ああ、あれを観て!」

     「原発が事故を起こしている!」

     「基準値が地元の子供達に年間20mmシーベルトだって!」

     「20mmって言ったら原子力技術者でも稀な数値だよ!!」

あなた 「えええ!」

同僚  「一体どうなっているんだ?この星は!」

あなた 「、、、。」

同僚  「あああ!あれを観てくれ!!」

あなた 「ん!」

同僚  「ころし合いをやっている!」

あなた 「ええええ!」

     「同じ生命体、仲間同志でころし合っているぞおおお????」

     「どうして?????」

同僚  「どうやらこの星にはまだ戦争があるらしい」

     「この星の生命体はあまり進化していないらしい」

あなた 「、、、」

同僚  「そうだね、ちょっと野蛮だね、怖いね」

     「どうする、、、?」

     「地上に降りてみる?」



さて、ここで質問です

あなたは同僚になんと答えるでしょうか、、、?


あなた 「           」


この様にちょっと視点を変えて観てみると、いろいろ観えてくる。

「外から観るとよく解る」


やはり、もっと俺達は意識を変えることが必要だと思う。

社会のことにもっと関心を持ち少しでも良くしていくことが必要だと。


そうすることで地球外の生命体と交流が出来る日が近づくのだろう。
[PR]
# by aquarius_az | 2011-05-09 00:00 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(0)

本日!新宿上空にUFOの大群飛来動画! #007

みなさんはUFOを観たことがありますか?

俺はつれとバンドの練習の帰りに観たことがあります。
その話もいづれここで書きますが、、、

今回は Youtube にアップされた動画を紹介します。

なんでも本日5月8日15時頃にUFOの大群が新宿に現れたそうです

動画の中で 「おばちゃん」 がちょっとあわてて実況してます。

動画を観た所、娘さんか誰かが撮影していて、その近くで

おばちゃんが、、、


おばちゃん 「UFOだよおお!!」

おばちゃん 「日本がたいへんですよー」

娘さん   「へへん」(↑これを聞いて娘さんらしき方おもわずわらう)

おばちゃん 「すごい数いるよお」

おばちゃん 「みなさーん!」


と、なんでも20人以上で観たそうで、はじめは100機くらい
いるんじゃないか?と思うくらいの大群だったそうです。

撮影時には20機くらいになっていたそうですが
かなりハッキリ映っています。

個人的にはこのシチュエーションから考えて

「有り」

だなと思っています。


この動画によく似たUFOの大群は他の国でも現れていて
俺も Youtube で観たことがあります。

ここで俺が思うことは、この出来事は一体何を意味しているのか?

それを考えることが大切だと思う。

俺的には

「地球人は制御できない原発をやめたり、お金よりも安全を
 選ぶ生き方、子供達の未来の為に地球をおもいやる社会
 に意識を変えていく必要がある」

と、感じている。

今までの意識ではいけないと思っている。

また、

「宇宙に存在する他の生命体を知ることで、地球人どうし
 争っていてはいけない」

「自分達よりも進んだ存在がいるということは、放射線や
 やまいなどの解決法が他にもある可能性もあり、彼等
 から学ぶ姿勢も大切」

なんじゃないかなと思う。

江戸時代に日本が開国して、海外から新しい技術を得た

それと同じように地球は開国して宇宙からより平和的な技術
を学ぶことが大切だと思う。

宇宙にも、よこしまな考えをもったヤツとかいると思うが、
そういう連中と付き合わずに、

「より平和的な存在と付き合えるといいな」

と思う。

ただ、勘違いしてはいけないこともあると思う。

それは

「他の生命体が自分達を安易に助けてくれるとかいう考え方」

これは有るべきでなく、有り得ないと考えている。


基本的に自分達の地球だろ。それは俺達が努力して学びケアするべき。

ちょっとしたヒントなりを教えてもらえれば十分くらいに
考えるのがいいと思う。


ではでは、Youtube の動画をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=d7xz08ONn7g

どうぞ
[PR]
# by aquarius_az | 2011-05-08 12:22 | 異星&UFO&異星人など! | Trackback | Comments(0)

正しく自分を認識することで問題解決! #006

何かに悩みすぎると
簡単なことを見落としてしまっているケースがある、、、

昔つれから相談を受けた

なんでも 「なかなか人と打解けることが出来ない」
と言うことであった、、、


つれ 「なんか大勢人がいると打解けれないんだ、、、」

俺  「え、例えばどういうこと?具体的に」

つれ 「例えば、カラオケに行っても一人だけポツンと
    どうにも盛り上がれなくて、、、」

俺  「どうして?」

つれ 「なんかみんなについて行けないって、言うか、、、」


と、こんなやり取りを繰返す中、だんだん真相が見えてきた、、、


俺  「普段、音楽とか聴くのか?」

つれ 「う~ん、ほとんど聴かない」

俺  「え!じゃあ、好きなアーティストとかいないのか?」

つれ 「うん」


もう、みなさんはお気づきだろうか、、、


俺  「じゃあ、カラオケ行って何を歌うんだ?」

つれ 「歌える曲が一曲もない、、、」

俺  「おいおい!一曲も歌えなくてカラオケで盛上がる方が難しいぞ!」

俺  「それじゃあ、まるで皆で海水浴に行き、自分だけ海パン忘れて来て
    ポツンとしてるのと同じだぞ!」

   「で、なんで俺だけみんなと溶け込めないのだろう、、、
    って悩んでいるのと同じだぞ!」

つれ 「ああ、なるほどお、言われてみれば、、、!!」


つれは普段は冷静なやつなのだが、 「悩み」 にとらわれ過ぎてしまい
簡単なことを見落としてしまっていたのだろう。

こういったことは案外起こりうる、
そういったスパイラルに入り込んでいないか
自己チェックしてみると問題がクリアが見えてくるものだ。

このケースでは、、、

自分は → 「人と打解けることが出来ない人」 と誤認してしまった。

こういった 「自己誤認」 が起きると問題解決が困難になる。

実際は、、、

自分は → 「カラオケの曲を知らない人」 で、あった。

つまり、

「正しく自分を認識」 することで、

簡単な解決策が観えてきたわけである。

やはり、こんな時も「視点を変えて観る」ってことは大切ですね。


☆別の角度から今置かれている状況を観てみる


あとは 「行動」 あるのみです! (←これをしないと問題解決はない!)


俺  「じゃあ!早速!今からカラオケに行って歌を覚えようぜ!
    歌いやすい曲2,3教えてやるぞ!行くぞおおお!!」

つれ 「おおおー!行こう!行こう!」




.
[PR]
# by aquarius_az | 2011-05-05 23:31 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(0)

本当は良かったのかもしれない! #005

車の運転をしていて、、、

急に自分の前に割り込んでくる車と遭遇したことありますか?

そんな時に「ムッ」とする人もいるでしょう。
俺の場合は「ムッ」とならない、、、

そうなるにはこんな出来事があった、、、

以前、車で職場へ通っていた。
狭い道で見通しのあまりよくない高速道路脇の道を使っていた。

ちょっとばかり急いでいた日であった。
なるべく早く着きたかったのだが、そんな時に限って、、、

わき道にいた車が、結構強引に割り込んできた。

「おいおい、強引だねえ、、、」

で、結構ゆっくり俺の車の前を走っている。
したがって俺もその後ろをゆっくり走ることになった。

ここで「ムッ」なるタイミングなのかもしれないが、

その時、なぜか 「ひらめいた」

「ん!」

まてよ、、、

今日はちょっと焦って急いでいたから
ここは落ち着いて運転しなくては、、、と考え直した。

「、、、。」

すると案の定

正面の信号のない小さな十字路を、
かなりのスピードで走り抜けていく車をみた。

つまり、

ひょっとしたら、、、

俺の前の車が、少々強引に割り込んできてくれたおかげで
実は俺の安全が守られたのかもしれない!

俺はその時そう思った。

またそう考えることで、自分の 「心 」 がまた1つ変化した。

「いやあ、ホント、ありがと。割り込んでくれて、、、。」

みたいな気持ちになった。

それ以来、俺はそう考える様になった。


自分とその車を、仮に天使が空から俯瞰して観ていて

「この車をここに割り込ませれば安全だ」

的に、誘導していたと考えてみてもいいかもしれない。

そう考えることで、「ムッ」としなくなる。

発想としてちょっと幸せになる。


☆俯瞰して物事を観てみることで、何か別の側面が観えてくる。

☆発想を変えることで、自分の 「こころ」 に変化が訪れる。


が、、、しかし、、、

本当の、、、

真実は、、、


「天使」、、、「守護者」


が、、、なのかも。




.
[PR]
# by aquarius_az | 2011-05-04 16:34 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(1)