<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

実録!俺の執筆した本のその後とは! #487

みなさん こんちには


今日 は 12月31日 大晦日 


今回 は 年末 と いうことで

今年 発売 された 


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





『 読むだけで「見えない世界」とつながる本 』


の その後 に 関する 報告 など です


多くの 方々 の おかげ で

『 読むだけで「見えない世界」とつながる本 』

は 


2014年11月5日 に 発売 となり

初版 は 7000部 が 刷られて いた


そして その 発売日 から 

5日後 に なんと 重版 が 決まり


2014年11月20日 に

第2版 の 3000部 が 新たに 刷られた


そして その後


2014年12月10日 に さらに

第3版 として 3000部 が 重版 され


そして 現在 の 段階 では


来年 2015年1月5日 に さらに

第4版 が 4000部 刷られる との ことである


つまり 発売 から 約2ヶ月 が 経ち

累計発行部数 17000部 

と いった 状況 に なっている


これほど 多く の 方々 に

手にとって 読んで いただけて


本当 に ありがたい ことだなと 思います





これだけ 多く の 方々 に

読んで いただけている のは


ぶっちゃけ 俺 の ちから では ない

と 思っている 


今回 は そこ を 解説 していこう

( そこ も 解説 するんかい! )


では はじめよう


本当 に この 1万人 を 超える 

多く の 方々 に 読んで いただけている のは 


俺 の ちから では ない と 

つくづく 感じている わけ だが


じつは これには いろいろ と 理由 が ある


まず 大きな 書店 では この 本 は

平置き や 平積み に して 置かれている


これは やはり 多くの 方 の 目 に つく

この 置き方 の 影響 は かなり デカイ!


こういった こと ってのは やはり

サンマーク出版 の 営業さん たち が

がんばって くれた おかげ である


日本 の いろいろ な 書店 で

出版社 の 営業さん たち が

がんばって くれている のである


こんな こと は 俺 ひとり では

けっして 出来ない 


また 新聞 の 広告 まで 

だして いただけた


新聞 の 広告 は 

何か 大きな 出来事 が 起こると

広告 は 記事 へと 差し替え られたり 


きゅうに 広告 の 掲載 が 

変更 される こと も ある との ことで


いつ 掲載される か どうか は 

はっきり と わからない ので

事前 に 報告 できなかった のだが


2014年11月23日 の 日経新聞 朝刊 ↓  


b0225081_1722163.jpg












そして 2014年12月11日 には

読売新聞 の 朝刊 ↓


b0225081_17112093.jpg












と こういった 状況 なのである


これも ホント 俺 ひとり では

まず できない 


そして また 


口コミ で 俺 の 本 を 広めてくれた 方々 

友達 や 知人 に 紹介 してくださった 方々 

身近な 方に 本 を プレゼント してくださった 方々

ブログ や ツイッター で 俺 の 本 を

紹介 してくださった 方々


そして みえない やつら

守護霊 天使 女神 妖精 異星人 龍神 たち


なぜか 引きよせられように 本 を 手にしてれた

読者 の 方 も 多い との こと だが


それは その 方々 の 守護霊たち が

本 を 薦めて くれた わけ である


こういった 多くの 方々 の おかげ で

多くの 方々 に 本 の 存在 が 知られた

わけ なのである


みなさん 本当 に どうも ありがとう 


これは 本当 に ありがたい こと だと 思う

俺 は これ が 身に染みて わかる


なんで 『 身に染みて わかる 』 のか

と 言うと これには わけ が ある


以前 俺 は 東京 で 

Rock の 音楽家 を 目指していた


いわゆる インディーズ の ミュージシャン だった


で 


その とき じつは 俺 は 

インディーズ として CDアルバム を 出した


この とき 俺 は ソロ で 

活動 していた ので 

CD の プロモーション も

すべて ひとり で やることになった


しかし 


これがね マジ で なかなか むつかしかった


CD は ライブ会場 で 手売り したり

なんとか 江戸川区 の 放送局 の ラジオ に

だして もらったり も したが


なかなか 俺 が CD を だした ことを

知って もらう こと が できない


やはり これは かなり たいへん だった


このとき に 人 に 知ってもらう だけでも

かなり たいへん な こと なのだな と 実感した


その とき の 経験 が あるので


今回 俺 の 本 の ために

多くの 方々 が 動いてれた ことが 

ホント に ありがくて 身にしみている


そして これ は 俺 の ちから では ない 

と いうこと が まざまざ と よく 判る のである


まさか インディーズ で CD を だした

経験 が こういう 形 で 役立つ とは 

俺 も 思っても いなかった 


やはり


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 全力 で 懸命 に 取り組んだ こと は

    そのとき の 結果 は どうであれ

    その 経験 から すでに 思考 や 視点 を

    得ていて それは いずれ 何か の 役に立つ 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を 再認識 できた 


やはり


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 やるからには 何事 も 全力 で 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 大切 なのである


と いった 感じ である


あと 


俺 の 本 に 関して 

この ブログ に コメント を くださった 

みなさん 本当 に どうも ありがとう


また サンマーク出版 の 方 にも

お手紙 や クリスマス・カード など

を 送って くださった みなさん 


しっかり 読ませて いただきました

お返事 は ちょっと 書けない のだが

本当 に どうも ありがとう


そして そして いつも この ブログ を

読んでくださっている みなさん


本当 に どうも ありがとう


多くの 方々 に 支えられて

俺 は 今年 ひとつ 使命 を 

成し遂げる こと が できました


みなさん 本当 に どうも ありがとう 


今回 は 俺 の 本 の その後 

の 年末報告 & お礼 などなど でした


と いうわけで 


今年 も あと 数時間 

と なり ました


それでは みなさん 


よい お年 を!



そして 来年 も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-31 21:46 | Trackback | Comments(25)

衝撃!守護霊にパソコンを撃破された! #486

みなさん こんちには


今回 は 守護霊 に 関する

衝撃 の レポート を お伝えしよう


これは 実際 俺 に とっても 衝撃 だった


タイトル にも ある ように


なんと!


俺 の パソコン が 守護霊 の やつ に

撃破 されて しまった のである!


一体 なぜ こんな こと に なったのか

そして それ は どのように 行われたのか


これを 解説 していこう


では はじめよう


それは 今年 5月 頃 の こと だった

ちょうど 執筆 に 集中 していた 頃 である


俺 は パソコン で 執筆 いていた のだが

文書作成ソフト は Word では なく


かなり 安い 別 の ソフト を 使っていた


この パソコンは Windows7 で 購入 したのは

およそ 3年 くらい 前 だった


俺 は パソコン を 買う とき に  

音楽作成 に 向いた パソコン を 選んだ


そのとき には 俺 は 自分 が 

執筆 なんて するとは 思っていなかった ので


まあ 文章 なんて さほど 書かない から

Word じゃなくても 安い ソフト で イイ や


と 思って いたのだ


ところが 執筆 を 進めて いく うち に

俺 の 担当 編集者さん の 金子尚美 氏 から


金子氏 「 「 K 」さん Word かう 

       予定 とかって あります? 」


俺   「 いや~ とくに ないねえ~ 」


と いう 会話 が 出てきた


なんでも 金子氏 と 原稿 の やりとり を

するのに 同じ Word の 方 が イイ らしい


ところが 俺 は お金 も あまり ないし

ぶっちゃけ お金 は 音楽活動 に 使いたかった


だから わざわざ Word は 購入 したくなかった


いちおう 俺 の その 安い ソフト でも

Word 形式 で 保存 出来たので


まあ その ソフト でも イイ かな?

的 な 感じ に なった


ところが ここ で ちょっと

ハプニング が 起こった


俺 の その 安い ソフト で 書いた 

文章 を 金子氏 の Word で 開くと


なんと パソコン 画面上 に 表示される 

ページ数 や 行数 が ちがってしまった


これは ひじょ~に マズイ!


電話 や メール での 

原稿 の 打ち合わせ の とき に


「 何ページ の 何行目 の ところ、、、 」


と 言って も 俺 と 金子氏 と

観ている ところ が ちがって しまう!


ところが 金子氏 は その やりづらい 状況 でも

ふつー に 打ち合わせ を 進めて くれた

( こういうとこ ↑ すごい よな と 思う )


しかし、、、


「 さすがに これは ちょっと マズくね? 」


と 思った


そして それは なんとも

その 数日後 に 起こった


いきなり 俺 の パソコン が 


「 ゆん ゆん ゆん ゆん 」


とか ヘン な 音 が しだした

そして だんだん 音 が 大きく なって


「 ギュん ギュん ギュん 」


とか 鳴り出した!


これは マジ で ヤバイ 音 だった

俺 は 自分 の パソコン に


俺 「 えっ! なんだよ この 音 はっ!

    おまえ UFO でも 呼んでる んかい! 」


と 思わず ツッコミ を 入れてしまった!


これは マジ で デカイ トラブル である


なんと!


執筆中 に パソコン が 壊れた のだ


その後 パソコン は さらに 不調 に なり


いつ 起動 できなく なっても

おかしくない といった 雰囲気 だった


執筆原稿 の データ は バックアップ は

していた ものの 


せっかく 苦労 して 書いた 原稿 が いきなり

消えたり したら さすがに 泣き が 入る!


「 うわっ こりゃ マズイ なあ、、、 」


とんでもない ハプニング である!


そして あたま に 声 が うかんだ


守護霊 「 パソコン 買った 方 が よくね? 」


俺   「 ああ Word はいってるやつ? 」


守護霊 「 、、、、、 」


俺   「 あああっ! そうか! マジか! やられた!

      おまえだろ! これ 壊したの! 

      うわっ マジか やられたあ クッそ!   」


そうで ある 一見 たまたま タイミング よく

パソコン が 壊れた ように みえる


しかし ちがう!


たまたま では なく こういう 出来事 は

必ず 意味 が あって 起きている ので ある


こういった ハプニング は 守護霊たち が 

起こす ケース が 多い 


そして


この ブログ の 読者 の 方々 は

もう よく ご存知 の 『 霊的真実 』 だが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 ハプニング には 守護霊たち からの

    うれしい プレゼント が 画されている  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


俺 は いままで の 経験 からも

そこから たくさん の プレゼント を

もらって いた


なので その ことは しっかり 理解 していた


しかし 


この 執筆中 に パソコン を 壊す のは

守護霊 に たいして 


「 おまえ ちょっと やりすぎ だろ 」


と 思い ちょっと カッチーン と きた

しかも 新しい パソコン を 購入 する と なると


出費 も かなり ダメージ と なる


俺 「 つーか やめろて! マジ やめろ! 

    いま かね ねーの 知ってんだろ? 」


と いいつつも やはり、、、


編集者さん の 金子氏 との 原稿 の 

やりとり を 考えると 


守護霊 の 言うように Word  が 入った

パソコン を 購入 した方 が イイ 


と 理解 できる ので 仕方ない ので

俺 は 新しい パソコン を 購入 することにした


では ちょっと ここで


守護霊たち 見えない連中 が どうやって

物質 で ある パソコン を 撃破 するのか?


この あたり の 解説 も しておいこう


守護霊たち は こちらの世界 に ある

物質 に 直接 影響 を 与える こと も できる


たとえば 以前 の 記事 では


カラオケ の リモコン が 勝手 に 動いて

勝手に 曲 を 予約して いき


その 曲名 が 一連 の 意味 の ある

メッセージ と なっていた 


と いう 驚愕 の 現象 を ↓ お伝えした

驚愕!守護霊の具体的すぎるメッセージ! #458


また テレポーテーション など

物質 を 移動 させる ことも ある


しかし 一般的 に モノ が こわれる

という 現象 の 場合 は


守護霊たち が 直接 撃破 する というよりも

間接的 に こわす 方法 が 多い


たとえば よくあるのが


「 パソコン に ジュース を こぼしてしまう 」


と いった ような ミス を 引き起こさせて

本人 に パソコン を こわさせる わけである


もちろん ご自身 の ふちゅうい の 場合 も

あるので すべて の ケース では ないが


守護霊たち は そういう 方法 で

物理的 な 影響 を 与える 場合 が ある


俺 の 場合 は パソコン の 近く には

絶対 に 飲み物 を 近づけない ので


上記 の ジュース の 方法 は 使えない


では 今回 の 俺 の ケース では

一体 どういう 方法 だった かと いうと


こうである


じつは パソコン が ふちょう に なる

少し まえ に 


「 た ま た ま 」


俺 は Photoshop フォトショップ という

デザイン関係 の ソフト が

無料 で 配布 されている と 知った


俺 は デザイン関係 の こと が 

とても 好きで 以前 は Photoshop を

使って いた ので 


「 ええっ! 無料 なんか! 」


と 思い それを ダウンロード した

おそらく これが マズ かった らしい


俺 の パソコン は Windows7 だったが

ソフト は WindowsXP 用 だったのだ


ちょっと マズイ? かな と 思いながら

ダウンロード してしまった


ただでさえ 俺 の パソコン は

音楽制作ソフト 3GCD作製ソフト

ペイントソフト など デザイン系 の

いろいろ な ソフト が 入れられていた


あまり いろいろ な ソフト を 入れすぎる と


コンフリクト(衝突) と いって

正常 に 作動 しなくなる 場合 が ある


そこへ この XP用 の Photoshop までも 

むり に 入れて しまった のである


この あたり から 明らかに

パソコン の ちょうし が よろしくなく なった!


この ように 俺 は たまたま

Photoshop が 無料配布 という 情報 を

知って パソコン に 入れた のだが


じつは その Photoshop 無料配布 の

情報 に 守護霊 が 俺 を 導いて

パソコン を こわした わけである


守護霊 「 Photoshop 無料配布 だよ!

      ( 入れる と こわれる けどな! ) 」


と こんな 感じ で

守護霊たち は いろいろ な 方法 で


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 俺たち に 必要 な 出来事 を

    起こして くれている        』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった わけ である


俺 は 守護霊 の やつ に 

いつも 文句 を 言いつつも


じつは かなり やつ を 信頼 している


なので 今回 パソコン が こわれても


「 ああ やつ が ここまで するとは 絶対 に 

  パソコン を 買い替えた 方 が イイ のだな、、、 」


と 思った


そして 俺 は 即 家電量販店 へ 行き

Word 付き の パソコン を 購入 した


で その 結果 どうか?


じつは これは 今 考えると 正直 ゾッと する


俺 は 5月 に パソコン を 買い替え 

Word で 執筆 を 始めた わけ なのだが


その後 執筆 の 原稿 が 第1稿 から

第2稿 へ 進み さらに イラスト など の 

打ち合わせ と なって いった のだが


これら の 作業 は もし かりに

Word で なかった ならば


そーとー な めんどう な こと に

なって いたな、、、 と 思った


『 じつは 守護霊 に よって パソコン が 

  こわれて しまった のは 大正解 だった 』


と 俺 は 執筆 を 進めて いく 度に 

つくづく 実感 していく こと と なった


しかし!


イイ こと は これだけ では なかった!


その前 に ひとつ 疑問 を 

お持ち に なられた 方も いる だろう


「 もし 「 K 」 が とっと と 

  Word ソフト を 買って いたら 

  パソコン は こわれなかった のでは? 」


と 考えた 方 も いるのでは ないだろうか?


じつは 俺 も これ は 考えた が

その とき には どうなのか 判らなかった


しかし 


なんと!


『 やはり この パソコン は

  買い替えて 正解 だった  』


と 確信 する すばらしい 出来事 が あった

それは こう である


じつは 今月 の 12日 に

夢 の 中 に 出てきた 

女神 から の 指示 ↓ に 従い

「 K 」 Diary  実行 #121


俺 は 執筆 も 終わった ので

そろそろ 作曲 の 準備 を すすめていた


そして 新しい パソコン に 合った

機材 を セット して 作曲環境 を 整えた


そして この 新しい Windows8.1 の

パソコン で ギター を 録音 してみた


すると 以前 の パソコン よりも

キレイ に 録音 が できた


じつは 以前 の パソコン で 録音 すると 

どうしても ノイズ (雑音) が 入り こまって いた


その ノイズ が 入らなかった のだ!

これは マジ で うれしい というか たすかる!


つまり この こと からしても


パソコン が こわれて 買い替えて 

大正解 だった わけで ある


ホント これ は マジで

守護霊 が パソコン を こわしてくれた

おかげ だな、、、と つくづく 思った


いかがだった だろうか


エゴ から の ハプニング の 場合 は

自分自身 を 改める ことが 大切 だが


このように モノ が こわれる 背景 にも

守護霊たち の 画策 が ある 場合 が ある


このような 場合 の ハプニング には

かならず イイ ことが 含まれて いる


なので


ハプニング が 起きた とき は


『 何か イイ こと が ある かも 』


と 前向き に 受けとめて 

愛 と 調和 の もと に


「 とるべき 行動 を とる! 」


これ を 実行 して みて いただきたい


すると 必ず なんらか の イイ こと が

あること に 気づく こと だろう


是非 おためし ください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-30 23:59 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(11)

実相!霊的視点で結果よりも大切なことが! #485

みなさん こんちには


今月 の 10日 と 13日 に


新海 誠 監督 の アニメ映画

『 言の葉の庭 』 を 通算 2回 も 観た


b0225081_18331247.jpg



















新海 誠 氏 の 作品 は とても

光 や 色彩 が 美しい と 記事 に 書いた

必見!美しい!素晴しい!これぞCMだ! #398



で この 『 言の葉の庭 』 


http://youtu.be/YLDxwZHRP6o


この 作品 は 雨 の 描写 が 

かなり 美しい との ことで 観てみた


で 


実際 に 観てみると やはり 

これが また とても 美しかった


雨粒 が 落ちて できる 波紋 や

空から 降る 雨 も とても キレイ だった


雨 の 描写 に ちゅうもく して 

観ても すごい な と 思える 作品 だった


俺的 には ↑ これ が この 作品 を

観た 理由 だった わけ だが、、、


この 作品 を みて いろいろ な

こと を 感じた


この 作品 の 話 の 内容 はと いうと


靴職人 に なりたい 高校生 の タカオ と 

年上 の 女性 ユキノ との 出会い 


そして ちょっと 恋愛 な 感じ の

話 で あった


あまり ネタバレ を せず 書くと

( この先 少し ネタバレ です )


ハッピーエンド とは あまり 言えない

ちょっと もどかしさ が のこる のが


ハッピーエンド 好き の 俺的 には 

ちょっと な、、、と 感じた が


ストーリー の クライマックス で

タカオ と ユキノ が 思い切って


『 自分 の 本当 の 気持ち 』


を お互い に 伝える シーン が あり 

そこが ものすごく こころ を ゆさぶられた


本当 の 気持ち を 伝えれる こと

ってのは とても イイ こと なのだな


と 感じた


ちょっと あまり 書きたく ない が

俺 の にがて な 恋愛 に 関して 書くと


どうだろう 本当 に 人 を すき に

なるのは 中学生 あたり から だろうか


当時 の 俺 は 


本当 に こころ から 好きな 人 に

告白 とか したこと が なかった


やはり ふられる のが おそろしてく

できなかった のだった


しかも 俺 は 誰とでも 会話 が できるのに

すき な 人 の 目 の 前 では


はずかしい というか 意識 してしまい

うまく 話せなく なって しまう のだ


ちょっとした あいさつ すら

いちいち 勇気 が いる そんな 感じ


本当 は 話したい のに うまく 話せない


今 でも そうだろう


他 の 人 とは 普通 に 話せる のに


『 一番 話したくて たまらない 人 』


とは なんと うまく 話せなく なってしまう

( これ ↑ は 克服 しなくてはっ!

  つーか 16才 かよっ! )


という とても まぬけ な 状態 に なる


しかも 普段 は 俺 は 結構 気が利く の だが

緊張して 気がまわらなく なってしまう


とても くやしい!


なんで この 一言 が 言えなかった のだろうか

なんで この 気遣い が できなかった のだろうか


普段 の 俺 なら 当たり前 に できる こと なのに

と 後から 反省 して くやしい おもい ばかり に なる


普段 は チャンネル が 働く が


好きな人 には まったく 俺 は ばか なのか?

と いうくらい な ほど チャンネル が 働かない


あいさつ すら うまく できず に


相手 の 方 に たいしても

とても もうしわけない と じつは 思っている


そして そんな 自分 を きらって しまう


自分 に たいして おまえ もうちょっと

なんとか しっかり しろよ~ みたいな 感じで


これを 克服 したい 


ところが ある時 ふと こんな こと を 思った


もし 俺 が このまま この世 を 去る とき

後悔 すること がある と したら


「 本当 に 正しい こと を 行動 しなかった こと 」

「 本当 に すき な 人 に 告白 しなかった こと 」


だろうな、、、 と 気づいた


つきあって いた こと も あった わけだし

告白 自体 したこと が なかった わけ では ない


いろいろ な 貴重 な 経験 も した


たとえば 最短 3日 で フラれる と いう

大惨事 も 経験 した ことが あるっ!

( これ ↑ マジで! )


チャネラー の 方 から 告白 されて

つきあった の だが


なんと! その 3日後 に 


「 あなたは 私 の ツインソウル では なかった 」


と 言われ 俺 は 撃沈 した! 


「 はっ? 何それ? そして 涙! 」


あいかわらず マンガ の ような

俺 の じんせい で ある


それ以来 チャネラー の 方 は

敬遠 している なんつーって!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こう ↑ いった 一見 ええっ! となる

出来事 に 大切 な メッセージ が あり

じつは このとき も それ で あった

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


あまり プライベート な ことは

書きたく ないので くわしくは 書かない が


俺 は あまり できた ひと でも ない ので

いろいろ 反省 すべき こと も 多く

全部 書ける わけ じゃない のでな


しかし 役立つ 情報 と 感じて

必要 を 感じたら 書くが、、、


で 話 を もどすが


自分 から 勇気 を だして

こころ から すき な 方 に 告白 


した こと が なかった こと に 関して


そして それは よろしくない な と 思い


その後 俺 は


こころ から 本当 に 好き だ と いう 方 に

告白 した こと が 一度 だけ ある


絶対 に うまく 話せない 自信 が あったので

自分 で 何度 でも 告白 の 練習 を した


学生時代 は 生徒会 とか で 壇上 で

人前 で はなす こと も 多かった


高校 では 成績 は クラス の 

下から 3位 という ひどい 状態 だった が


なぜか 先生 に 推薦 され 副会長 を やっていた


ライブ では ステージ で 歌う わけ で

普段 は 全く ものおじ しない タイプ なのだが


しかし


やはり 恋愛 は にがて なので

この 告白 の とき は かなり 緊張 した


その方 の 前 に たった とき には

じつは 足 が 少し ふるえて いた

( おまえ ↑ おとな だろ! こども かよ! )


お渡し したかった 新聞 の きりぬき と

自分 の 気持ち を 伝える だけ で


これほど までに 緊張 する もの なのか

と 思った


この ような 告白 を 俺 が 出来た のは

人生 で 一度 だけ なのだが、、、


そして いよいよ 告白 した


本質的 に かなり 優しい 方 なので

しっかり 話 を 聴いて くださった


そしたら 不思議 と 緊張 が 

スーーっと おさまる の を 感じた


そして 伝えたい こと を 俺 は

なんとか 伝える こと が できた


そして その結果 は


どうかと 言うと、、、


なんと


「 だめ だった、、、 」


ざんねん な こと だけどな


しかし この あと

はっきり わかった こと が ある


それは 結果 は だめ だった のだが


「 やはり 俺 は あの お方 が 

  本当 に 大すき なの だな と 感じた 」


告白 した 帰り 道 に

結果 が だめ だった にも かかわらず


あの方 と 向き合って お話 が できた こと

が うれしくて うれしくて たまらなかった


最高 に 幸せ な 気持ち で 

いっぱい な 自分 が いた


ちょっと おどろいた


数分間 の 出来事 だった のだが

とても 幸せ な 時間 だった


人生 最高 の 瞬間 だった


結果 が だめ だったのに

向き合って お話 できた こと が

幸せで 幸せ で しかたなかった のだ


これは とても 不思議 な 感覚 であり

不思議 な 体験 だった


そんな 自分 を 客観的 に みて


「 ああ おまえって 本当 に あの お方 

  の こと が 大すき なのだな、、、  」


と 思った


そして ここ で もう ひとつ

ちょっと 不思議 な こと が 起こった


ここ が 今回 の 記事 の

一番 の ポイント なのだが


俺 が はじめて 勇気 を だして 

大すき な 方 に 告白 した こと に たいして


守護霊 や 天使 妖精 異星人連中 とか が

かなり 多く の 存在たち が 


「 よくやった! おめでとー! 」


と 祝福 してくれていた のだ


やつら が にこにこ して

拍手 するかの ような 感じ だった


正直 なんで ここまで やつらが 

祝福 してくれたのか わからなかった


「 結果 は だめ 」 だったの に だぜ?

なんで こんなに 祝福 してんだ? と 思い


俺 「 お前ら 結果 観て なかったのかよ!

    つーか 結果 観てた だろ!     」


と 思わず ツッコミ を 入れた くらいだ


結果 が だめ だった のに 


「 守護霊 一同 みな そろって 

  拍手 で おめでとー!    」


って のは どう 考えても 

さすがに 絵的 に おかしくね? と 思った





結果 が だめ だった のに


「 あの お方 と お話 できた

  やったー やったー       」


と 喜んで しまている おれ も おれ だが、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


どうやら 大切 なのは 結果 では

なかった らしい 霊的 な 観点では


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ま 正直 ぶっちゃけ 俺 に とっては 

結果 が 一番 大切 だった のだが


やつら の 霊的 観点 に おいて は 

結果 が 一番 大切 なのでは なかった らしい


正直 やつらが 「 結果 が だめ 」

だった のに どうして あれほど

祝福 してくれたのかは いまだに わからん


俺たち 地上 の 視点 では


『 告白して お付き合い が はじまった 』


と なるのが 一番 に 感じる


しかし 霊的成長 や 視点 に おいては

必ずとも そうで ない らしい


結果 は どうであれ 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 それまで 出来ず に 逃げていた 

    こと に たいして 俺 が 初めて

    勇気 を もって 行動 した こと 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


に たいして やつら は 祝福 してくれた

と いうこと なのだろう


と 感じた


このように


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

霊的視点 に おいて は

結果 よりも 大切 な こと が ある

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


わけ である


俺 の 告白 を しっかりと 聴いて くださった

ステキ な あの お方 にも 

俺 は こころ から 感謝 している


本当 に どうも ありがとう 

と いう 気持ち で いっぱい である


あと 俺 は 結構 ろくでもない 

やつ なの だが


あの お方 に 告白 した 以上 は

ちょっと は まとも な ひと に

なりたい と 思った


じゃないと なんか 

あの お方 に もうしわけない


そう 思った


今 も 俺 は あほ では ある が、、、

ははは 


はなし を もどす が

やはり 何事 で あっても


結果 が だめ だった 後 こそ

自分 を 磨く こと が 大切 である


自分自身 を 改善 させる ところ って

さがすと 結構 ある からな


やはり 自分 磨き は 大切 である


そうしていれば かならず

自分 の いくべき ところへ たどり着ける


と いった 感じで 今回 は


映画 『 言の葉の庭 』 を 観たこと が

きっかけ と なり 感じた こと でした


この 記事 を 書く に あたって


やはり 内容的 に はずかしー ので

ていこう も あったが 

いろいろ シンクロ もあり


守護霊 も これ は 書いた ほうが いい 

と 言うので ここ に 書いておいた


どなたかの お役に 立てれば、、、

と 思う



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-23 23:52 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(38)

実録!おい守護霊おまえ風情があるなぁ! #484

みなさん こんちには


今回 は ちょっと キレイ な

『 シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 』

の 話 を ここ に 書いておこう


これは 今月 の 6日 の こと で あった


あちら の 「 K 」 Diary に 書いた が


おれ は ボイトレ 記録 を いつも 

携帯 に 打ち込んで いた のだが 

それを ノート に 書き写して いた


で せっせ と しんけん に 作業 していたのだが


なんだか きゅう に 「 な ん と な く 」


『 夜 なのに 外 へ 出なきゃ ならない 』


と いった 感覚 が してきた


ノート を 書く こと に 集中していたのに

なぜ か 外 へ 出た ほう が イイ


と いった 感覚 が やって きたのだ


もう おわかり の 方 も 多い かと 思うが


こういった 感覚 は 守護霊 が

話しかけて きている とき に 起こる

ケース が 多い


今 ノート を 写す 作業中 なのに

そんな 感覚 が してきて こと に たいして


なんだか へん だな と 思って いたら

守護霊 の やつ が いきなり


守護霊 「 外 へ でて 空 を 観て ごらん! 」


的 な こと を 言ってきた


俺  「 なんだ おめー かあ つーか 今

     みての とおり いそがしーん だけどっ! 」


守護霊 「 外 へ でて 空 を 観て ごらん! 」


俺   「 ちっ なんだよ めんどくせー なあ

      ノート 書いてんのに しゃーねーなー  」





俺 が 真剣 に 何か やっている のに

やつ は こんな 調子 で 話しかけてくる


じつは これは 毎度 の こと である


以前 なんて 集中 して 執筆 してる 

その 最中 に


「 外 へ いこう! 」


とか 言って 来た 


で しゃーない ので 外 へ 出ると


なんと!


俺 の 親友 と ばったり 会った!

路上で再会! #053


と こういう 感じ の 体験 を

これまで に 俺 は たくさん している


この前 書いた 


驚愕!この「なんとなく」感覚は守護霊の声! #480


これ ↑ も この パターン だね


で 


今回 も 守護霊 の やつ が ここ まで

言って くる とは なに か あるのだろう、、、


と 思い ながら


ひょっと して 宇宙船 でも 来てる のか?

と 思い しかたがない ので 外 へ 出てみた


で 外 に 出て 西 の 空 を 観ると


冬 の 寒空 に 一瞬 キラリ! と 光った


「 おっ! 」


と 思った が それは 飛行機 らしかった


ちがうな、、、と


で 今度 は 東 の 空 を 観たら

そこ には、、、


『 なんとも 美しい 丸い 月 が でていた 』


ほう 今宵 は 月 が 綺麗 だな、、、


b0225081_550442.jpg











俺 は その 美しい 月 を 

しばらく 眺めて それから 部屋 へ もどった


しかし 


やつ は なぜ おれ に 月 を 観せた のか?


と 思っていた 

俺 には 守護霊 の 意図 が わからなかった


たしかに 美しい 月 だったが


ただ それだけ で 守護霊 が

俺 に 月 を 観せた とは 思えなかった


ところが


なんと!


この後 すぐに かなり グッドタイミング な 

シンクロ が 起こった!


そして なぜ 守護霊 が 俺 に 

月 を 観せた のか その 理由 が 発覚 した!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 疑問 を 持っている と シンクロ が 

    答え を 教えてくれる こと が ある   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まさに それが 起こった のだ!


で 


その シンクロ から 受け取った 

守護霊 が 月 を 観せた 理由 とは


こう である


それは その夜 ボイトレ・ノート を 

書きおえた 後 に 


とある 方 の ツイッター を 観ていたら

そこに なんとも


『 こんやは ことし さいごのまんげつ... 』


と 書かれてい いた!


俺 「 ああ、、、なるほど! 

    そういう こと だった わけ な!

    つーか おまえ 風情 が あるなあー! 」


思わず 俺 は 守護霊 に 言った


やつ は 俺 に


『 今年 最後 の 満月 だから

  ちょっと 観て おいたら?  』


と いう わけ である


こういうの 俺 すき なんだよね


日本 の 月 を 鑑賞 する 感性 は

とても 美しい こと だと 俺 は 思う


こうやって なにげに 自然 や 宇宙 と 

触れ合う こと は 大切 だと 思う


それに 俺 は 子ども の 頃 星座 とか

宇宙 を 観る の が とても すき だった


そんな こと も 思いだした


ま あたりまえ の こと だが


さすが は 俺 の 守護霊 

俺 の こと を よく 知っているな


と 思った


また この 満月 の シンクロ で


気になっていた 別 の 疑問 への

メッセージ も 受け取れた


じつは これも 俺 は 必要 としていた


守護霊 って のは こういう 感じ で

いろいろ と 語りかけて くる


ときには あほ な 会話 も 行われる

驚愕!守護霊・異星人とのあほな交流とは! #360


くだらない こと を 言ってきて

爆笑 されられる こと すら ある

( これ ↑ は いずれ 書くかも )


守護霊 は けっこう あほ な こと を 言ってくる


とくに 宇宙系 異星人系 の 守護霊 は 

あほ な やつ が 多い! これ マジ で


あほ な 俺 に あわせて くれている 

と いう うわさ も ある がっ! 


いやいや やつらも あほ なんだよ きっと

やつら に その 素質 が ない と 


フッ、、、この 俺 の あほ さ には

あわせ られない だろう からな





もちろん やつら は 真面目 な

メッセージ も 多い の だが


やつら に こういう 風情 が あったり

ユニーク さも ある という こと を


知っておく と 楽しい かと 思う


あと


今回 の 話 の ポイント も

解説 して おくと


「 な ん と な く 」 は

守護霊から の メッセージ の

ケース が 多い わけ だが


いつも 書いている が 大切 な のは


その 「 な ん と な く 」 は


自分 の エゴ から の 感覚 なのか

愛 と 調和 から の 感覚 なのか


ここ を しっかり 見分けた 上で

行動 に うつして いただきたい


そして


この 「 な ん と な く 」

の 感覚 が やってきた とき に


俺 『 で なに?  』


と 守護霊 に 問いかけて みて ほしい


じつは これが 守護霊たち と 

実際 に 言葉 による

会話 を していく コツ である


すると 


守護霊 「 外 へ でて 空 を 観て ごらん! 」 


と いう やつ の 具体的 な 言葉 が 

ふと あたま に 浮かぶ わけ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


1. 「 な ん と な く 」 の 感覚

         ↓

2. エゴ か 愛 と 調和 か 見極める

         ↓

3. 「 で なに? 」 と やつ に 問いかける

         ↓

4. 具体的 な 言葉 が 浮かび

  メッセージ を 受け取る

         ↓

5. それ を 実行 してみる

         ↓

6. 疑問 に たいする 答え を 得たり

  ちょっと 楽しいい イイ こと が ある


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんな 感じ に なっている


ここ で 大切 なのは


この 「 な ん と な く 」 の

感覚 が つよく する とき とは 


じつは 守護霊 が あなたに かなり


「 ねえ ねえ こうしてごらん! 」 


と 話 かけている とき なので

エネルギー や 周波数的 にも


『 やつら の 声 が 実際 に

  聴きとり やすい とき    』


なので ある


これは かなり の チャンス なのである!


やつら が 「 ねえ ねえ 」

と 言ってきて いる とき に


つまり 「 な ん と な く 」

の 感覚 が きている とき は


「 なに? なに? 」


と たずねて みる と

具体的 な 言葉 が 聴こえて きやすい 

のである


ぜひ これを 知っておいて いただきたい


たとえる と こう である


小さな子 が あなた の 服 を 

「 ねえ ねえ 」 と ひっぱている


ところが あなた が


「 この子 なんだろう? 」


と 思っている 『 だけ 』 では

その子 の 発している メッセージ は

わからない


しかし


もし あなた が その子 に


「 なあに? なか 言いたい こと あるの? 」


と 自分 から 問いかける と その子 から


「 外 へ いこうよ! 」


と 具体的 な 言葉 を 受け取れる 

わけ で ある


守護霊 との 会話 も これ と 同じで


自分 に 何か を 言って きて

くれている 存在 に たいしては


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 相手(守護霊) と しっかり 向き合って

    自分 から こころ を 開き

    問いかける こと で はっきり と

    その 声 が 聴こえる ように なる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


わけ で ある


向き合う 相手 が 目 に 観える か 

みえない か の ちがい だけ で


じつは


守護霊 との 会話 も 人 との 会話 も

基本的 には 同じ なのである


そして 


この ような 段階 を とおって

やつら との 会話 に 慣れてくると 


ふつー に やつら の 声 が 

聴こえる ように なってくる わけ である


ぜひ おためしください


と いった 感じ で 


今回 は


守護霊 に よる なんとも

風情 の ある 満月 の シンクロ 





守護霊 の 声 を 聴きとる コツ 

で あった


いかがだった だろうか



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-16 11:22 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(18)

実録!ムーン・ウォークからのまさかの! #483

みなさん こんちには


今回 は 前回 からの つづき である


前編 を 読まれてない 方 は

まず は 前編 ↓ から お読みください


驚愕!まさかの方法で壁を乗り超えた! #482


それでは さっそく

後編 を はじめよう



前回 の 記事 で 書いた

まさか の 方法 で 壁 を 乗り越えた


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


の エピソード は その後


後輩 や 友人 たち など

どこで 誰 に 話して も


みな 驚き と 笑い が 巻き 起こった


じつは 


俺 は この手 の 驚愕 あほ チャレンジ や

笑える いたずら を たくさん してきた ので


本 が 1冊 書ける くらい の

エピソード を 俺 は もっていて


いつも 後輩たち を 笑わせて いた のだが


この エピソード も いつしか


おれ の あほ 話 の 

鉄板 ネタ の 1つ に なっていた


ただ この 話 を わざわざ

こちらの ブログ に 書いた のには

理由 が ある


じつは この 話 は ただの 

あほ 話 で 終わらなかった 


それから 月日 は ながれ 

俺 が 大学 4年 に なり


就職活動 を していた とき の こと だった


ちなみに 俺 の 就活 は


英語 の 教員免許 を もっている ので

英語 教員 とか 公務員 など


( ははは ↑ こ、、、公務員! )


それから アナウンサー 志望 で

テレビ局 なんかも 受けた


で その日 は 


いろんな 企業 が 大きな 会場 に

集まっている 会社説明会 に 参加 した 


いわゆる 企業展 である


そこで 俺 は 興味 の あった

企業 の ブース へ 入っていき 

面接 を 受けた


そこで ひととおり 自己紹介 が おわると


面接官 「 大学時代 の 思い出 の

      エピソード を 1つ だけ

      教えてください       」


と 言われた


そこで 俺 は 俺 の イイ ところ は

発想力 と あほ な ところ だと 思い


この 前回 の 記事 で 書いた

驚愕!まさかの方法で壁を乗り超えた! #482


『 ムーン・ウォーク で 実家へ 』


の エピソード を 話した 


すると その 企業 の 人事 の 方 は


まじまじ と 俺 の 顔 を みて

真顔 で こう 言った


面接官 「 「 K 」 くん! きみ は

      ホント に ばか だねえ~~! 」


それ を 聴いて 俺 は 内心


俺   「 ( おおおっ! やったぜ! ) 」


と よろこん でいた

( ↑ いや ほめられて ない からっ! )


もちろん 俺 は その 言葉 を 

最高 の 賛辞 だと 受け取っていた


「 みたか 俺 の じつりょく を! 」 


くらい に 考えていた わけ である


俺的 には 就職より も 得がたい 

貴重 な 言葉 を いただいた ので


俺 は 大満足 で 企業展 を 去った


しかし その 数日後 

意外 な 展開 が あった


それは 一本 の 電話 で あった


俺  「 ん? 」


企業 「 2次  面接 に 来てください 」


俺  「 ( マジかよ! ) 」


なんと!


俺 は あの 企業展 での 面接 に 通り

2次 面接 に すすむ こと に なった


俺 の ばか の ところ を

評価 して くれる とは


なかなか イイ 企業 だな と 思った


2次 面接 では 会社 の 偉い 人 も いたが


俺 は あいかわらず の 

調子 で 面接 に のぞんだ


そして なんと!


内定 まで いただいた


しかも 


内定後 も 人事 の 方 が

わざわざ 俺 の 家 まで 来てくださり


「 是非 我が 社 に 」


と 人事 の 方 と 俺 とで

食事 に まで 招待 していただいた


そこで 聴いた 話 に よると


あの日 あの 企業展 で 2次 面接 に

進めた のは なんと! 俺 だけ だった


との こと で あった


あの


『 ムーン・ウォーク で 実家へ 』


が こんな 展開 を 起こして しまったのだ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 やはり どんな こと でも 前向き に

    取り組む と イイ 展開 に つながる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 思った 


しかし!


この 話 は まだ おわらない!

じつは さらに 驚愕 の 展開 が あった!


むしろ ここ から が 本題 である


これ は 俺 自身 も 本当 に

おどろいた のだ が


それから 何年 も 経った 

後 の こと であった


その日 は とある 知人 と

話して いた


この 知人 は ホスピタル に 勤める

医療従事者 つーか 医師 で あった


すると その 知人 が


知人 「 いやー 「 K 」 さん の こと

     現場 で 話して ますよ いつも  」


俺  「 え? ホスピタルで? 何? 」


知人 「 以前 聴いた あの 

     話 は 本当 に 役立って ますよ 」


俺  「 役立つ? 俺 の 話 が? 」


基本 俺 は 日常 では

ばか な 話 ばかり している ので


ホスピタル の 医療 の 現場 で 

俺 が 役立つ わけ が ない!


俺  「 俺が? え? 何 の 話? 」


まったく 俺 には 思い当たらなかった


しかし 


知人 は こう 言った


知人 「 ほら あの ムーン・ウォーク ですよ! 」


b0225081_212116100.jpg











俺  「 ええええええっ!!!!! マジで? 」


この 知人 は リハビリ医 だった

そして


なんでも あの 


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


で 俺 が とった 判断 と 行動 は


リハビリ の 観点 から 言って も

とても 理 に かなった もの だった


と 俺 に 話して くれた


「 使えない 筋肉 が ある ならば

  使える 筋肉 を 使えば いい  」


と いう 話 の とても イイ 実例 

として あの 俺 の


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


の 話 を 


なんと!


リハビリ の 授業 にも 使っている

と いう のである


なるほど と 思わせる 上に 笑い も ある

とても イイ 実例 だと 話して くれた


ぶっちゃけ これ には 

俺 自身 が 一番 おどろいた!


俺 が あほ な 学生 の ノリ で やった


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


が まさか!


『 驚愕! 医療 の 現場 で 活かされて いた! 』


とは!


マジ で おどろいた


ホント に 人生 は 何 が 

どこで 役に立つ のか わかんねーな と 思った


やはり


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


たやすく あきらめずに 壁 を 乗り越え


『 前向き に とった 思考 と 行動 は

  いつか どこか で 活かされ 希望 と なる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


のである


さらに 詳しく それ を 知りたい 方 は

以前 の 記事 だが ↓ こちら 

真相!人生のしっぱいが宝として輝くとは! #436


も 読んで みて いただきたい


『 えええっ! まさか! こんな つまらない

  あほ な もの が これほど 役立つのか! 』


と いう 実例 なのだが

その つまらぬ もの が


『 壁 を 乗り越えた こと に よって 

  多くの 方々 の 希望 の 光 と なった 』


と いった 俺 の 実体験 が 書いてある 


いかが だった だろうか



ちょっと あほ っぽい 

エピソード では あったが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 壁 に ぶつかり もう だめ だ と 

    思っても 前向き に 考えていれば 

    ひらめき から イイ 方法 が みつかる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こういった ケース は じつに 多い のである


そして そうした とき の 愛 と 調和 の

ひらめき とは 守護霊たち の アドバイス 


なので ある 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 ひらめき とは 守護霊たち の 声 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


もし 壁 に ぶつかった とき には

是非 この こと と


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


を 思いだして いただきたい

きっと なにか の 役にたつ かも


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-09 22:36 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(14)

驚愕!まさかの方法で壁を乗り超えた! #482

みなさん こんちには


今回 は 


『 もう ダメ だ と 思った

  その先 に ある もの    』


『 人生 なに が 役立つ か わからない 』


と いう こと に 関して 書いていこう

かなり 驚愕 の 意外性 の ある 話 である


ちょっと 長く なるので

前編 後編 に 分けて お伝えしよう


では まずは


驚愕 の 「 K 」 伝説 前編 である 

( 一見 あほ 伝説 ですが じつは、、、 )


では はじめよう



これは 俺 の 大学時代 の 話 で

年末 の とても 寒い日 の こと だった


今 現在 は 地球環境 の こと を

考えて 牛 は ほとんど 食べない のだが


その 理由 は ↓ こちら

実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345


当時 は まだ 食べていた のだが

その日 とある 牛丼 チェーン で


特盛 牛丼 を 食べた そしたら なぜか

もう一杯 特盛 を 食べてしまった!


その日 は いそがしくて 食事 が 遅くなり

時間 が たしか 夜 の 12時 くらい だった 


そこで ちょっと 運動 しようかな

と 思った のだが

ちょうど 帰省 の 季節 だったので


俺 「 そうだ! 歩いて 帰省 しよう! 」


と 思いついた


そこで 実家 まで 歩いて 帰る ことにした

その 距離 だいたい 60km くらい 


通常 は 車 で 帰っていた ので

道 は 知っている


ま なんとか なるだろう と


帰省 の 荷物 を まとめ た


その中 には 第二外国語 で とっていた

ドイツ語 の 辞書 や 参考書 も 入れた

( ドイツ語 単位 マジヤバ かったんでな! )


かなり の 重さ に なってしまった

その 荷物 を 背負い 夜中 の 道 を

俺 は 実家 を 目指して 歩き だした


てくてく てくてく 


その日 は めっぽう 寒い夜 だった


しかも 俺 は 革ジャン の 下 には


真冬 だろうが どんなに 寒かろうが

絶対 に Tシャツ 一枚 しか 着ない!


革ジャン の 下 に 厚着 してたら

それは ↓ Rock じゃねー からである!

ファッション! #036


「 くっそ 寒かった! 」


身体 は すっかり 冷えきり

しかも 重い 荷物 を かついでいた ので


歩き出して 1時間 くらい で

なんとも 足 が すでに 痛く なった!


俺 「 ヤバくね? 足いてー 早くね? 」


まだ 実家 まで 15分の1 も 歩いてない

この 時点 で 足 が いたくなった のだ


しかし そのまま 歩き つづけた


時間 は 夜中 の 3時 くらい だったか

年末 だけ あって どんどん さむく なってきた


ちなみに 俺 の ハーレー の 革ジャン は 

じつは やたら 重くて 3kg も ある


しかも 帰省 の 荷物 が 重い これが 

かなり 足 への ダメージ と なって いた


俺 「 なんで 俺 は やりもしない のに

    ドイツ語 の 辞書 なんか 

    もって きた のだろうか、、、 」


マジ で こうかい した


ドイツ語 の 辞書 を 

草むら に 投げたろか? とか 思った


実際 は もの を 大切 に するので

もちろん じょーだん ではあるが、、、


あまり の 寒さ に 足 の 感覚 が

なくなって きた


そして 明け方 5時頃 だっただろうか

寒さ も ピーク に たっしていて


極度 の きんにくつー と 冷え から


俺 の 足 は 完全 に 感覚 を なくして 

とうとう 歩けなく なって しまった!


俺  「 あり? ヤベー な こりゃ

     歩けねー よ マズくね? ははは 」


( こういう 状況 の とき けっこう 俺 は

  楽しく なって きて 笑えて くる  )


と 道路 の 縁石 に 座り込んで しまった!


俺  「 ほう 冷え と 筋肉痛 だと

     歩けなく なるのか なるほどねえ 」


俺  「 しかし ここ に 座ってて も

     何も はじまんねー から なあ、、、  」


俺 は 一度 決めた ことを 容易 に

なげだす のが すきじゃない ので


俺  「 なんとか なんねー かなあ 」


と 考えていた


すると! 


ここで 俺 に 『 名案 』 が ひらめいた!


大学時代 は 俺 は 霊的覚醒 してなかった が

守護霊 からの アドバイス だった のかもしれない


俺 の こと を よく わかっている 読者 の 方 は 

俺 の 『 名案 』 と 聴くと


夏みかんゼリー #111 が あたま を よぎり


いやな予感 が する 方 も 多い かと

思うが 今回 は 大丈夫!


マジ で 名案 なのである!


その 名案 とは こう である


今まで 俺 は 前を 向いて 歩いてきた

そして 限界 まで 足 を 使った


しかし よく 考えると 


人間 は 前 向き にも 歩けるが

後ろ 向き でも 歩く こと が できる!


つまり マイケル・ジャクソン の

ムーン・ウォーク の ように 


b0225081_10471167.jpg











- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 後ろ を 向いた まま でも 

    人 は 前 に 進める わけ である! 』


( ちょっと 哲学的 だろ? ← どこがっ! )

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


当然 前向き に 歩く とき の 筋肉 と

後ろ向き に 歩く とき の 筋肉 は


ちがう 筋肉 を 使う!


つまり 後ろ向き に 歩く 筋肉 は

まだ 使える かもしれない わけ である


俺  「 おおおおおっ! すばらしい! 」


これは 試してみる 価値 が あるな、、、

と 思った ので 即 実行 してみた


すると


なんと!


『 マジ で 歩けた! 』


自分 でも ちょっと おどろいたが

実際 に 歩けた のである


やはり 前向き に 歩く とき と

後ろ向き に 歩く とき では


使う 筋肉 が ちがう のが

体感 から ハッキリ と わかった


俺 「 やったぜ これで 前 へ 進めるぜ! 」


このとき は さすがに

おれ は 天才 かも と 感じた


しかし


年末 の 明け方 重い荷物 を もち

凍てつく 寒さ の なか 

革ジャン の 下 Tシャツ 1枚 で

ムーン・ウォーク で 実家 を 目指す 姿 は


どこから どう みても、、、 


バカ 


の 体現者 そのもの である


ははは


しかし 俺 は この 出来事 から


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 やはり 容易 に あきらめて は いけない 』


☆ 『 もう だめだ と 思っても 考えれば 

    そこには 何らか の 方法 が まだ ある 』


☆ 『 もう だめだ の その 先 には

    発想 の 転換 で 新たな 世界 が ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を つうれつ に 学んだ


そして その後 の 人生 に おいても

この 教訓 に 俺 は 何度 も 助けられた


「 はっ! 」 


ひょっとしたら、、、 


マイケル も 俺 と 同じような 体験 から

ムーン・ウォーク を あみだした の かも、、、


( んな ↑ わけねーだろ! )





俺 は そのまま ムーン・ウォーク で

何 km も 歩いて 実家 を 目指した


あと 気づいた のだが


ムーン・ウォーク で 歩いて つかれたので

また 前向き に 歩いて みたら


筋力 が 回復 して 前向き にも 歩けた


なので 普通 に 歩いたり

ムーン・ウォーク で 歩いたり と

交互 に 歩くことで かなり 楽 に なった


だんだん 夜 が 明けて くると

道路 に 車 が 出てきて


「 え? どうして この人 

  後ろ 向き に 歩いてるの? 」


みたい に 見られて いた が

とにかく 絶対 に 前 に 進みたかった ので


「 んな こと かまっちゃ おれねー 」


つー 感じ で 歩き つづけた


しかし さすがに 地元 に 近づく と

はずかしー ので 前向き に 歩いた


ま 俺 だけの 問題 じゃ なくなって

くるからな 地元 だと


俺 の おやじ は 職人 で 結構

硬い 仕事 に 就いて いたので


俺 の こと が 近所 で 


「 ねえ 知ってる あそこの 息子さん 

  マイケル・ジャクソン なのよ~お! 」


「 ま~あ それは たいへん ねえ~ 」


みたいな こと に なると アカン のでな

( ぶっ! ↑ んな こと 言われねーだろ! )


で 結局 俺 は そんな 感じ で

歩き 続けた


途中 で ファミレス で 食事 したり 


徹夜 で 歩き 続けて いた ので

ファミレス で 爆睡 してしまったり して


かなり 時間 は かかって しまったが


次の日 の 昼 すぎ の 夕方 前 に

ようやく 俺 は 実家 に たどり着いた


こうして 俺 は 目的 を 達成 したのである


ちなみに あの ドイツ語 の 辞書 は

予想どおり 実家 で 開かれる ことは 


一度 も なかった、、、フッ、、、


今回 の 件 から わかる ことは


やはり 


☆ 『 壁 に 直面 しても 

    あきらめず に 考える こと 』


これ が 大切 なのである


この 当時 の 俺 は 霊的覚醒 を

していなかった わけ なのだが


壁 に 直面 して こまって いる とき


必ず そういう とき には

守護霊 や 天使 異星人 妖精 女神

たち は


☆ 『 ひらめき を 使って 

    たすけて くれている 』 


しかし 本人 が あきらめて しまったり

おちこんで 周波数 が みだれたり 

エゴ の 状態 だったり すると


せっかく の その声 が 聴こえなく

なる ケース も ある


なので こまった とき こそ


一旦 深呼吸 を して

なるべく 愛 と 調和 の 意識 に して


こころ の なか に やつら の 声

を さがして みる


何か 方法 は ないか 考えてみる


すると やつら の 声 が


『 ひらめき 』 と いう かたち で


思いつく のである


是非 この 霊的構造 を 

しっかり 覚えておいて いただきたい


と いうわけで 今回 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 容易 に あきらめて は いけない 』


☆ 『 もう だめだ の その 先 には

    発想 の 転換 で 新たな 世界 が ある 』


☆ 『 こまった とき 愛 と 調和 であれば

    守護霊たち の ヒント を キャッチ できる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じ である


いかが だっただろうか


これが 今回 の 俺 の 


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


という 話 だった わけ だが


しかし!


じつは この 話 は ここ で 終わらない!


この 後 に


俺 も この とき には 予想 すら

しなかった 驚愕 の 展開 が 待っていた のだ!


それは 次回 の 後編 で 書こう



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-04 23:10 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(11)