<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

実相!霊的な話題のコミュニケーション! #428

みなさん こんちには


前回 の 記事 

実相!相手に自分の気持ちを伝える! #427

で コミュニケーション に 関して 書きましたが


今回 は 守護霊 や 異星人 など

霊的 な 内容 の 会話 や


霊的 な 話 を 人 に 聴いてもらう とき 


に 関して 「 エネルギー の 観点 」 

から 書きます


あと 家族 や 大切な人 が

霊的な話 を わかってくれない とき


どうすれば いいのか? という 質問 を


結構 耳にするので それに 関しても 書きます


では はじめます



まず はじめ に 基本 と なる

とても 大切 な こと なのだが


実は、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 情報 や 話 言葉 は エネルギー 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


なのである


これを しっかり 心 に とめておいて いただきたい


「 人 の くち から 発せられる 言葉 

  そして その 情報 や 話 は エネルギー 」 である


たとえば こんな 経験 は よく あるだろう


ちょっと した 話 を 聴いた だけで

ものすごく 元気 に なったり 励まされたり

とても 楽しい 気持ち に なったり


あるいは その ぎゃく の 気持ち に なったり 


と こういった 経験 は 誰も が あるだろう


どうだろうか


このこと からして も 言葉 そして

情報 や 話 が エネルギー である

ことが おわかり いただける こと だろう


そして この 元気 はげまし 楽しい

など の エネルギー は 

日常的 な エネルギー である わけだが


今回 の 異星人 や 守護霊 など


「 霊的 な 話 」 を 

「 日常 の 話 」 と 分けた のは


実は 理由 が ある


それは 


「 日常 の 話 」 が 日常的 な エネルギー 

を おびている の たいして


「 霊的 な 話 」 は

霊的 な エネルギー を おびていて いるからである


エネルギー の しゅるい が 

ちょっと ちがう わけである


で 日常 の 話 の エネルギー とは ちがって 


「 霊的 な 話 の エネルギー を 

  受け取ること に 慣れていない 人 も いる 」


と いうこと を 

こころ に とめておく こと が 大切 である


そして エネルギー に 関して

もう1つ 重要 な こと が ある


それは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 エネルギー は 相手 が そのとき に 

    受け取れる 量 が 決まっている    』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと である


つまり 食べ物 と 同じ である


食べ物 も エネルギー で あり

人 に よって その 時 に 


受け取れる (食べれる) 量 が 決まっている


言葉 や 情報 話 も これ と おなじ なのだ


で 先ほど 書いた ように


とくに 「 霊的 な 話 」 では

日常的 な 話 とは ちがって


そういった 霊的 な エネルギー を 

受け取ること に 慣れていない 人 も いる ので 


霊的 な こと を 人 に 話す とき に

とくに 大切 と なって くるのは


話す側 が 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 どのくらい まで 相手 が 

    霊的 な 情報 を 受け取りたい のか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これを 察知 する 必要 が あるわけだ


相手 が 受け取れる 量 を 

見極めた うえで 話す ことが 大切 である


ま 文字 で あれば 

相手 の ペース で 読める わけだが


会話 となると やはり 


相手 が どのくらい の 情報 を

受けとりたい のか を しっかり 見極めないと


一方的に 話す ような かんじに なって しまう

やはり そこは 気をつけたい 


で 前回 の 記事 で 日常会話 は

野球 などの 『 キャッチボール 』 の 様に 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 「 なるべく 相手 が 受け取りやすい ように 

    言葉 (ボール)を 投げる ように 努める 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 書いた わけだが


今回 の 霊的 な 会話 を たとえる ならば


手料理 を つくって 相手 を


『 お ・ も ・ て ・ な ・ す ! 』


( ↑ 「 す 」 かよ! )


する 感覚 で 霊的会話 を するの が コツ である


つまり 料理 を 作って 相手 を もてなす とき


「 これ は 相手 の くち に 合うかな? 」

「 どれくらい の 量 食べれる かな? 」


と いった こと を 真剣 に 考える はずである


なので 「 霊的 な 会話 」 を するとき は


『 料理 で もてなす 感覚 』 


で 話す ことを 心がけると いい わけである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 「 この 霊的情報 は 相手 に 合うかな? 」

☆ 「 どのくらい の 量 話すのが ベストかな? 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


を 考えた うえで 話す のが いい わけである


霊的 な 話 も 料理 と おなじ で


たくさん 作り過ぎても 食べきれない ように

たくさん 話し過ぎても 受け取れない わけである


それに 食べ過ぎ と 同じ で


霊的 情報 も おお過ぎる と

情報 の 消化ふりょう と なって


結局 あまり 覚えていない かったり

身になって なかったり


なんだか 眠くなって、、、 むにゃむにゃ、、、

と なったり も するわけだ


やはり 「 霊的 な 話 」 を する とき も


相手 の 立場 に なって 考慮 して


『 料理をつくって もてなす 感覚 』


で 話 を することが 大切 なのである
 

この 様な こと を 大切 に して


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 相手 の ペース を 大切 に して 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


霊的 な 話 を していけば

大切 な 人 や 身近 な 人 たち も


まったく きょうみ が ないわけで なければ

少し づつ 理解 してくれる はずである


身近 な 人 が わかって くれない

と いった ケース では


やはり 関係 が 近い と 

すこし の あまえ とか が でてしまい


たくさん 聴いて もらいたくなってしまい


相手 の 受け取れる 量 を

見極める こと を わすれてしまう ことが

原因 の 1つ と なっている 場合 が 多い


まあ 気持ち は わかる が

そこは やはり きっちりと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 この 霊的情報 は 相手 に 合うかな? 』

☆ 『 どのくらい の 量 話すのが ベストかな? 』

☆ 『 相手 の ペース を 大切 に して 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ が 大切 なので ある


俺 の 場合 は 普段 は


みぢかな 周り の 人 には べつに

「 霊的 な 話 」 は しない の だが


相手 の 方から 霊的 な 話 を してきたり

たまたま そういう 話題 に なった ときは


相手 の 様子 を みながら


「 ああ 今日は ここらへん まで かな 」


と いった 感じ である


しっかり 相手 の 様子 を みながら

話していれば その場 の 空気 などから


どこまで 話す か は かならず わかるだろう


その場 の 空気 以外 にも

相手 からの わかりやすい 合図 も あります


たとえば 霊的 な 話 を している とき に

相手 が 自然 と 別 の 話題 を ふってきた とき


が その 合図 である


そんな とき も


「 あ! 今日は どうやら ここ まで だな 」


と 霊的 な 話題 は そこ までにして


相手 の ふってきた その 話題 に

話 を きりかえる ように しています


ただ 相手 が かなり たくさん 

霊的 な 情報 を 必要 と している とき 


そんな とき は まれ に

こちらも 全力 で いく 場合 なんか も あります


それは それで なかなか 

楽しい 時間 な わけですが


いづれにしても 霊的 な 会話 では


☆ 『 相手 の ペース を 大切 に 』


と いった 感じ である


今回 は 「 霊的 な 話 」 に 関する

コミュニケーション に ついて 書きましたが


いろいろ な 場面 でも 応用 が きくかと

思います ので 


是非 おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-11-24 14:31 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(8)

実相!相手に自分の気持ちを伝える! #427

みなさん こんちには!

ごきげんよう 


「 人 と 人 が 解り あうこと 」


これは この世 で 暮らす 上では

かなり 大切 な 学び の テーマ である


今回 は これ に 関して 

俺 の 過去 の 体験 を まじえて 書こう


以前 こんな 体験 を した、、、


と 言っても これから 書く 話 は

俺 自身 も 忘れていた エピソード であり


俺 の 小学 4年生 の とき の 話 で


たまたま 実家 で みつけた 日記 に

書かれていた エピソード である


ただ これが また 実は なかなか 

考えさせられる もの が ある わけだが、、、


と いうわけで 今回 は 

小学 4年生 の 頃 の 「 K 」 に 登場 してもらおう 


ここ から 先 は 意味 を 補足 しつつ 

当時 の 俺 の 日記 を 記載 する


以前 俺 は こんな 体験 を した、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


7月 29日 「 せみ 」    ( 実際の日記より ) 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日 は T君 と O君 で 遊びました

そして せみ を とることに しました


そして こわい おばあさん の 家 (へ)いこう

と (ともだちが)言いました


そこには せみ が いっぱい いて

とると しかられる そうです


(そこへ いき おばあさん が あらわれると )


( 友達 は )2人 とも にげ (た)


ぼくが おばあさん に わけを はなしたら

「 とって いいよ 」 と いって (くれた)


2、3分 で 6ぴき とれました


( 中略 )


とても たのし かったです


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんな エピソード である


どうやら その 友人 の 家 の 近所 の

こわい と 評判 の おばあさん の とこへ


せみ を とりに いった わけだが


その こわい おばあさん が あらわれると


友人 2人 は こわいので 逃げて しまったが


俺 は その おばあさん を 知らなかった ので

どうやら こわい と いう 先入観 が なかった らしく


にげず に せみ を とりたい と 

説明 して おねがい してみた らしい


すると


その こわい と おそれられている 

おばあさん で あったとしても

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 きちん と 理由 や 事情 を 

    話したら わかって くれた   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「 せみ を とって いいよ 」 と


言ってくれた わけである


と こういった 話 な わけだ


どうだったろうか


これ 読んで 思った のが


やはり きちん と 説明 する ってのは

大切 だなあ と あらためて 感じた


「 どうせ おこられる だろう」

「 わかってくれない だろう 」


と いうような 先入観 ってのは 

よろしく ない


相手 が 理解 してくれる かは

わからなくても

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 心 を 込めて 丁寧 に 正直 に

    自分 の 気持ち を 説明 する  』

 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり これ は 大切 な こと だな


と この 日記 を 読んで

再確認 する ことに なった


人 と 人 の コミュニケーション に おいて

トラブル と なる 場合 は


どちらかと 言うと


何かしら 説明 を しなかった こと が

原因 の ケース が 多い


よく みかける ケース では


自分 は 本当 は イヤ な 想い を 

してしまっている のだが


それを 相手 に 伝えず だまって

ためこんで しまう ケース 


そうして むり して いると

当然 ストレス も たまり


なんとなく 関係 が 

ぎくしゃく してくる


こういった とき も やはり

正直 に 自分 の 気持ち を 伝える

こと が 大切 に なる


ここで 1つ 重要 な こと が あるのだが


こういった ケース では なるべく

初期段階 で 対処 しないと 


めんどう な ことになる


どういう こと かと いうと


ため込んで しまうと


問題 の 根本 とは さほど 関係 ない 

場面 で いかり が 噴きだしてしまう 

こと が あるのだ


そうなると 自分 の 本当 の

気持ち と すり替えた 場面 で 

いかって しまうので


問題 の 解決 が ややこしくなる


しかも


どうして 自分 は あんな ことで

いかって しまったの だろう? 


と 自分 でも どうして あんなに 

いかった のか わからなく なる


そんな ケース にまで なる 場合 もある


こう いう 場合 は しっかり

自分 の こころ と 向き合って


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆「 本当 は 何 が いや だったのか? 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これを 探り出す 必要 が あるわけだ


ただね やはり そうなる 前に 初期段階 で 


しっかり 自分 の 心 と 向き合い


相手 に 伝える べき こと は 伝える


そうすれば ややこしく なる 前 に

問題 解決 に ちかづける


だから ためこまず 初期段階 で 

しっかり 伝える 方 が いい


しかし ながら 大切 なのは


だからと いって 何でも 相手 に

伝えれば イイ と いうものでも ない


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 相手に 伝える べき こと 』


☆ 『 自分自身 で 処理 すべき こと 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 「 見極め 」 「 分別 」 を 

しっかり 行った 上で

相手 に 伝える べき こと は


なるべく 初期段階 で 丁寧 に 伝える

こと が 大切 である


自分 の 気持ち を 相手 に 

うまく 伝える とき の 大切 な ことは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一方的 に 言わない 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 大切 である


どういうことかと 言うと

自分 の 気持ち を 伝える 場合 で あっても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 一旦 相手 の 立場 に 立ってみて 考える 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが とても 大切 なのだ


一応 相手 の 立場 を 考えた うえで 

伝える 自分 の 気持ち と


相手 の 立場 も 考えず に 

伝える 自分 の 気持ち では


おのずと 


『 言い方 や 内容 』 が 変わってくる


相手 の 立場 を 考えず に

自分 の 気持ち を 伝えると


言い方 や 内容 が 一方的 に なり

話し合い も うまく いかない 


しかし 


同じ 自分 の 気持ち を 伝える としても

一旦 相手 の 立場 を 考えた うえで 伝える と


自然 と


「 言い方 や 内容 が 洗練 される 」


わけである


自分 の 立場 だけでなく 

相手 の 立場 も 考慮 すると


エネルギー 的に 「 調和 」 に むかう 


すると より 理解 しあえる 可能性 が

おおきく なるわけである


と まあ 自分 の 気持ち を 伝える 場合

や コミュニケーション に おいては


キャッチボール と 基本的 に 同じ と

考える と わかり やすい


つまり 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 「 なるべく 相手 が 受け取りやすい ように 

    言葉 (ボール)を 投げる ように 努める 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 日常的 な

コミュニケーション の こつ である


需要 が あるか わからんが

こんな 記事 も 書いてみた


が いかが だった だろうか


実は 今回 の この 記事 は 次回 に つづく


今回 書いた ことが 基本 に なるのだが

その 次 の ステップ として


次 は 日常的な ケース では なくて


この ブログ - Arcadia Rose - は 

『 霊的覚醒 ブログ 』 なので


次回 は 守護霊 や 異星人 など

霊的 な 内容 を 他者 と 話す ケース  


に ついて 書きます



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-11-17 15:31 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(12)

驚愕!心が惹かれるその奥にあるものとは! #426

みなさん こんちには!


今回 は 


シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 の

ちょっと おもしろい エピソード と

その シンクロ解読 を 書いてみよう


では はじめよう


実家 の クローゼット を ごそごそ と

探し物 を していたら


おもいも よらない もの が 出てきた


「 おおおっ! コレ は! なつかしい、、、 」


俺 は ほとんど と 言って いいくらい

物欲 ってもの が ない 


以前 は ふつう くらい には あったが

「 霊的覚醒 」 後 は ほとんど なくなった 


あまり ほしい モノ って ものが ない のだ


しかしながら 


「 うおおお! なんか コレ ほしいなあ! 」


と コレ に 関して は めずらしく 

物欲 の ない この 俺 が そーとー ほしがった


ときどき 俺 は 『 へんてこ 』 な もの を

みょ~に ほしがる 傾向 に あるらしい


めったに ほしい もの が ない ので

気に入る と やはり それ は ほしく なる


で その 俺 が どうにも

ほしがった モノ ってのは 


一体 なに だと 思う?


しかし これ を 書くと

実は おれ が あほ だと バレる ので 


あまり 書きたく ない


( えっ! もう とっくに バレてる って? )


しかし 話 が すすまない ので

しかたないので 書くが 


とある ポスター だった のだが


ひとむかし 前 の もの だが


まだ おぼえて いらっしゃる 方 も

いると おもいます が


実は、、、




ジャーーーーーン!




これである!




b0225081_8544446.jpg

















そう! そう! これ! これ! この ポスター! 

ははは


これ 気に入っちゃって な

俺 は これ を ものすごく ほしいな と 感じた


「 おおっ! これは イイ~ ぞおおっ! 」


と 思ってしまった わけだ


ところが 当然 非売品 な わけ


しかし まあ なんだ

めずらしく 俺 が ほしがった から

一応 聞く だけ きいてみるか と


近所 の 酒屋 へ 行き

「 あの ポスター 余っている の あります? 」


すると


「 いや~ あれ は ない ですねえ~ 」


と ざんねん!


しかし 他 の 店 には あるかも?

と 思ったので


街 で 酒屋 を みかける たび に

聞いてみた


が ざんねん ながら どこにも なかった


「 あ~あ ざんねん 」


と 思っていた


俺 は そのとき までに

以前 の 記事 ↓ でも 書いた 驚愕 体験 など から

人の潜在意識「魂」は総てを知っている!! #011


守護霊 たち 天 に よって

場合 に よって は


『 与えられる もの と

  与えられない もの が ある 』


と 言うことを 知っていたので

今回 は どうかな 入手 できるかな? と


しかし なんかしらん が そのとき は

きょ~れつ に ほしくて 


なんとか 手に入らない かな

と 考えていた


すると そこで シンクロ が 起こった!


その 数日後 目の前 に


なんと!


自販機 の 前 で 営業車 を とめ

作業している 人 と ばったり 遭遇 した!


おおおっ! もしや? これは?

チャーーーンス!


一瞬 ためらった が しかし

思いきって きいて みた


「 あの ポスター ほしいんですけど

  あまっている のって ありますか? 」


すると


「 ええ! ありますよ! イイですよ! 」


と ものすごく 快く わけてくれた のだ


「 おおおおっ! ありがとうございます!

  これ すっげー ほしかったんすよ! 」


いや これは マジ で うれしかった


俺 が かなり よろこんでいた ので

その 人 も 共に よろこんで くれた


にしても この みごとな タイミング


自販機 の 前 で 作業 している とこ は

1年 で 数回 みるか みないか くらい


しかも その ポスター の 宣伝 の 期間 に

その 会社 の 人 じゃないと 意味 が ない!


それが まさに ちょうど そのとき に

遭遇 できた わけである!


俺 が その 時間帯 に その 道 を 通った のにも

意味 が あった わけである


守護霊 の ほうにも しっかり お礼 を 

伝えておいた マジ センキュ と


こうして 俺 は 意中 の もの を

手に入れた わけである


どうだろうか





しかし 


この まま 記事 が おわってしまう と、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


『 驚愕! へんてこ な もの を ほしがる 「 K 」!

  そして それ を 与える 驚愕 の 俺 の 守護霊! 』 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう へんてこ な テーマ の 回 に なってしまうので


ここから が 


この 「 霊的覚醒 」 ブログ らしく

お役立ち シンクロ 読解 に 入って いこう


さ いきますぜ


さきほども 少し 書いた が 実は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 与えられる もの には 意味 が あり

    与えられない もの にも 意味 が ある 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と なっている


もちろん いろいろ な ケース が あり

ひとくち には いえない が


特に シンクロ 的な 霊的 な 

自己成長 の 意味 が ある

ケース では そう と いえる


で こういった シンクロ が 起こった とき に


「 ああ うれしい よかったぜ 」


だけで おわって しまうと 実は もったいない


こういった シンクロ には メッセージ が 

あるから こそ 起こる のだ


だから 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 その モノ を 手に入れる ことよりも

    その 出来事 から 天 の メッセージ を 読み解く 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こと の 方が むしろ 重要 なのだ


さて みなさん は この シンクロ

この 出来事 を どう 思った だろうか?


この 出来事 から どんな

天 から の メッセージ を 読み取った だろうか


ちょっと シンクロ 読解 の 練習 として

読み解いて みて いただきたい



ちょっと 自分 なり に 考えて いただきたい



、、、  、、、  、、、



さて


どうだろうか?



では 解説 に はいろう

この 出来事 は シンクロ であり


天 や 守護霊 たち からの メッセージ が

画されている いる わけだが


まず この 出来事 で 実際 に 

手に入った ポスター を みて いただきたい


そこには 明確 な 答え が ある


それは 「 ちょんまげ! 」 


では 


なく!


( ↑ なら いちいち 言うな ってか? はは )


そう


ポスター の 文字 である

ポスター の 文字 を みると


b0225081_12151556.jpg





「 日本 の 男 よ ためらうな 」


と 書かれて いる


つまり


『  た め ら う な !  』


これで ある

これが ズバリ 天 から の メッセージ である


実は 


こういった シンクロ二シティ は

そのとき の 本人 の


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 シンクロ は 霊的 な 学び の ため

    内的 な 心境 や 霊的 な 課題 と 

    呼応 して 起こる             』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この とき の 俺 は どんな 状況 

だったか のか と いうこと と


守護霊 目線 を ふくめて

この シンクロ の 構造 を みてみる と 


こうなる


実は これが なかなか たいへん な 時期 だった


その ころ 俺は


とある ことに チャレンジ していて

そこには 多少 の まよい も あった


ちょうど そんな 時期 だったのだ


そこで 天 守護霊 たち は

俺 に あの ポスター を みせ


俺 に 内側 から わきあがる

なにか を 感じさせる


そして 俺 は むしょう に

あの ポスター が ほしくなる


で やつら 守護霊 たち は 俺 を

きめられた 時間 きめられた 場所 へ 導く


そこで 俺 を 自販機 で 作業 していた 人 に

ばったり 遭遇 させた


そして その人 に 俺 に ポスター を 

届けて 渡して もらった わけだ 


そして その ポスター には 

重要 な メッセージ が あり


その とき の 俺 が

やっていた こんなん な チャレンジ を 


『  た め ら う な !  』


と いう 天 守護霊 たち から の

メッセージ が 届けられた わけである


これが この シンクロ二シティ の  

真相 で あり 構造 で ある


どうだろうか


そう これが 例 の 「 霊的会議 」 で 


みなで 話し合い そして これが 

シンクロ と いう 形 で 起こった わけである


「 霊的会議 」 の 詳しい 構造 は こちら 

出会い & 予知夢 & 霊的会議 の構造! #278


と いうわけ である


どうだろうか?


この 件 では ポスター に 文字 として

明確 に メッセージ が 記されていた

ケース で ある


この へんてこな ポスター が 

かなり 気になった のは


その 奥 に 実は 成長 の ため の 

大切 な メッセージ が あった 


から だった わけ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 なにかに ものすごく こころ 惹かれた その 奥に 

    成長 の ため の 重要 な メッセージ が ある 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


なんかしら こころ が ひかれる 

という こと は そこは 意味 が ある


しかし ここで ひとつ とても 大切 な のは

その 意味 や メッセージ が 必ずしも


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 自分 に とって 都合 の よい 

    メッセージ とは かぎらない    』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


もちろん たのしい メッセージ の ときも

いろいろ あるわけ だが


自分 に とって たいへん だが

努力 と 成長 や 忍耐 の 道 を 


示す メッセージ の

場合 も ある わけである


つまり

自分 の 都合 だけで 解釈 すると コケる


そこは しっかり こころ に

とめて おいて いただきたい


そして 実は もう1つ 

重要 な ポイント が ある


それは


なぜ 今 最近 に なって

この ポスター の ことを 思い出した のか?


なぜ 今 ひょっこり この ポスター が 

俺 の 目の前 に 再び 現われた のか?


実は ここ も 

かなり 重要 な ポイント である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 なにか の ことを ひょっこり 思い出す 

    こと にも 明確 な 意味 が ある   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こうなって いる 


この ポスター が 今 最近

再び 俺 の 目の前 に 現われた わけだが


では どういう 意味 が あるのか?


実は これも 今 の 

俺 の 課題 や 心境 と しっかり 呼応 している


実は 最近 俺 は 再び

先ほど 書いた エピソード の ころ と 


似ている 状況 に あり

またまた 実は ひそかに たくらんでいて


とある こと に チャレンジ している

それに かなり 時間 を 使っている


( で ちょっと ブログ記事 も 頻度 が 

  最近 へってしまっている わけ だが  )


とは いっても 


あの 頃 から 

かなり 月日 が 経って しまったし


「 今 から そんなこと チャレンジ したって 

  さすがに 無茶 だし しょーもなくね?  」


って いう 気持ち も 正直 あった

まさに 当時 と 似た 心境 だった


実は そんな 最近 だった から こそ なんとも

この ポスター と 再び 遭遇 してしまった わけだ


だから こそ 今 再び 

守護霊 たち との 画策 に よって 

この ポスター が 現われてくれた わけ である


俺 は こんな とき は いつも

あたま で 考える よりも 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 「 こころ で 感じる 方に 進む 」 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


こと に している


あたま で 考えると 

めんどくせえし ちょっと いやだな と


しかし なんか どうやら 

こころ の 奥底 では やった 方 が いい


と どこどと なく 感じる


( このとき しっかり 感じ取れない のは 

  あたま が めんどくさがっている からである )


ま ときどき むちゃぶり も ふつー に

あるので たいへん な わけだが


だが やはり むちゃぶり で あっても

こころ の 奥から 魂 から の 声 を


大切 に している


もちろん 愛 と 調和 の もとに だが

( よからぬ むちゃ だったら しない )


それに 起こった シンクロ は


本当 に 俺 の こと を 想ってくれている

見えない 存在 たち


守護霊 天使 異星人 たち や 

先 に 宇宙 へ 還った 親父 が 

届けてくれている こと を 知っている


とても ありがたい と 感じている ので


おれ は シンクロ メッセージ を 
    
大切 に している


だから 今回 に 関しても 

やはり やれる とこまで やってみよう と 


『  た め ら う な !  』
 




「 まよわず 行けよ 行けば わかるさ 」


的な 感じで しっかり 受け止める ことにした 


つーか まあ 実は この 

今 俺 が やっている こと ってのは 


常識的 に 考えて も

かなり 無茶 で 無謀 で むちゃぶり なんだが


かなり ありえない こと なのだが


しかし もともと 


俺 は 常識 は よく 知って はいるが

時 と 場合 に よっては したがわない のと


それ 以前 に おれ は そもそも


『 あほ だから! やったるぜえええ! 』


と 


いう感じ で ある


で ふたたび 自分 と 向き合い 

いそがしく も どくとく な 日々 を 送っている



というわけで 


今回 の ポスター の 件 の ように


なぜか こころ が 惹かれる こと には


実は その 奥に 成長 の 為 の 

大切 な メッセージ が ある わけである 



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!

 
[PR]
by aquarius_az | 2013-11-08 14:35 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(8)

驚愕!テレパシーの真相その本質とは! #425

みなさん こんちには!

11月 ですね 


今回 は テレパシー に 関して

知っている こと や 体験 を 書きます


こちらも 以前 書きます と

お約束 していた 記事 ですね


では はじめます


まず は いきなり 

『 驚愕 の 真実 』 から 書く わけだが 


これだ!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 あなた が 頭 の 中 で 考えている こと は 

    実は 周囲 に エネルギー と して だしている 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ので ある


これを しっかり おぼえて おいて いただきたい


そして また これも 大切 だが

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆  『 テレパシー 能力 は だれにでも ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


その 上で テレパシー の 話 を

読み すすめて いただきたい


では はじめよう


まず テレパシー と いっても 

いろいろ な ケース が ある


一般的 には 相手 の 考えている ことが

口 に ださなくても 聴こえてくる ケース

これが いちばん 代表的 な テレパシー 


そして 


守護霊 天使 異星人 たち との 会話 


これも

自分 の 内側 から 言葉 が 浮かんで くるので

テレパシー とも 言えます


また 

素晴しい!四葉のクローバーの声が! #419

の 記事 の ように


植物 や 動物 たち と

コミュニケーション を とる 場合 も

自分 の 内側 に 声 が 浮かんでくる

これ も テレパシー と いえる


と 言った 感じ で 

テレパシー も いろいろ ある


そして テレパシー に 関する 

情報 や スタンス も

いろいろ と ある ようだが


俺 が おすすめする スタンス は


やはり


「 愛 」 と 「 調和 」 を 基本 とした

スタンス が おすすめ である


そうすると テレパシー に 関する

ちょっと とらぶる 的な ことにも 対処 できる


ですので テレパシー と いう もの を 

考える とき は


テレパシー は あまり 技術 的な もの

と 考える よりも


「 愛 」 と 「 調和 」 と 「 おもいやり 」


から くる 結果的な ものである と

理解 して おいて いただきたい


では テレパシー に かんする

俺 の 体験 など いくつか 書いてみよう


まず 俺 が もっとも テレパシック だったのは

東京 に すんでいた ころ だった


この ころ 俺 の 「 霊的覚醒 」 が すすみ


守護霊 たち に テレパシー 的な 学び を

させられていた そんな ころ の こと だった


人 と 会話 を している とき に


相手 が あたま の なか で

考えている ことを くち に だす 前 に


その 内容 とか 言葉 が 

すでに 俺 に 伝わって きていた


人 が あたま の なか で 何か を 考える とき

すでに その 言葉 や 内容 は 


『 微細 な エネルギー とし 発している 』


それを キャッチ している わけである


あたま の なか で 考えている こと は

だれ にも わからない だろう、、、 


では なく


つまり 実際 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 あなたが 考えている こと は 

    あなた から 見えない エネルギー として

    周囲 に だしている              』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そう だから 


なんとなく 感じ の イイ 人 とか

なんとなく うさんくさい 人 とか


そういう のと つながって いる 

もちろん その他 の 要素 も 絡んでいる が


考えている ことでも そういう エネルギー が

でている わけである


俺 は 真面目 な とき と あほ の とき の

ギャップ が おそろしく ある ので


だから 俺 も おばか モード の とき は


しょーもない ばかっぽい こと を 

考えている とき なんか は


「 あー いま おれ ばかっぽい エネルギー

  周囲 に 放っている んだろーなあー あははは 」


と 自覚 しながら まぬけな ことを しんけん に 

考えたり も して いる というわけ である


そして また 考えている ことを

つよく 思う と エネルギー も 

伝わり やすくなる


だから こんな こと があった


ある 知人 が 自分 の

すき な 人 の ことを 考えていて


その 人 の こと を 

俺 に 話そう と していた とき


知人  「 あのね わたし ○ ○ さん の ことが

      じつは すき なんだけど、、、      」


おれ  「 いや すでに しっている

      つーか おまえ エネルギー だし すぎ! 」


と 言った かんじで その 知人 が

その人 の 名前 を 口 に する 前に


すでに その エネルギー が 俺 に 伝わっていて


その 特定 の 人物 の 名前 までもが 

俺 の うちがわ に しっかり 届いて いた


この ように 自分 が 考えている こと は

エネルギー として 周囲 に だしている 


そして それを キャッチ しやすい 人 だと

テレパシー として 伝わって しまう わけだ


また 別 の ケース も 書いておこう


これは なかなか おもしろ かった のだが


相手 も 俺 と おなじく 霊的覚醒 を

している 人 との 会話 


これが なかなか おもしろかった


その人 とは なにか 結構 込み入った

むづかしい 話 を 議論 していたのだが


お互い に 相手 が 考えている ことが

先 に 解って しまった ので


お互い に 最後 まで 言葉 を 

言って ない にも かかわらず


理解 しあい 会話 が すすみ


会話 の ペース が どんどん

加速 してしまって


お互い の エネルギー が どんどん

まわって 高まって いくのを 感じた


話 が どんどん 加速 して もはや

異星人 どうし の 宇宙会話 みたいに なった!


お互い に 相手 が 言おうと している こと を

相手 が 口 に だす 前 に 解って しまうので


会話 としては もう めちゃくちゃ である


俺   「 で 俺 がね 」


相手  「 ええ ええ でも それは 」


俺   「 そうそう それで 」


相手  「 そうですね 」


って ほとんど 会話 に なっていない!


しかも この 会話 が 

通常時 の 1.5倍速 で 行われる


しかも ほとんど 内容 を 口 に してないのに

お互い に 100% 理解 できて いた


なんか 体操 を した後 の ように

あたま が 覚醒 して かなり 気持ちよかった


あの時 の 会話 を 録音 しておくと 

かなり おもしろ かった かも と 思う


後で それ を 聴いて みると

なんじゃ こりゃ 会話 に なっとらん のに

ものすごい 速さ で 話 が すすんで いく!


って 感じ に なっていた ことだろう


なんか あの時 の 会話 が

エネルギー 的にも すごく 心地よかった 


人類 は みな いずれ そうなるのかな 

と 思ったりも する


では 次に 誰もが 経験 したことが

ある ケース を 書こう


たとえば こんな とき


前 を 歩いている 人 の 背中 に

何か ごみ みたいな もの が ついている 


それを しげしげ みながら


「 れ? あれ なんだろう? 値札? なんじゃ? 」


と 考えながら 見ていると 


その 前 に いる 人 が


自然 に その 背中 に ついている 

あたり の ところ に 手 が いき 


何か ついている ことに 気がつく


背中 に 目 は ないのに 気づく 


その 人 の 後ろ で 俺 が 

考えていた こと が 伝わった わけである

これも テレパシー である


あと よくあるのが


自分 が 連絡 を とろう と していた 人 から

とつぜん 連絡 が くる など と いった


テレパシー 体験 を 

みなさんも 何度 か している こと だろう


これらの 話 からも

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 あなた が 頭 の 中 で 考えている こと は 

    実は 周囲 に エネルギー と して だしている 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

と いうことが おわかり いただけた ことだろう


なので なるべく あたま の なか を

前向き で 愛 や 調和 の ある 考え に しておくと 


周囲 にも いい エネルギー を だしている わけである


と いった 感じ である


で 今 現在 の 俺 は と いうと


守護霊 から テレパシック な 学び を

させられて いた とき が もっとも

テレパシック な 状態 だった わけだが


普段 は いたって フツー の 生活 であり

なんでも かんでも 解る わけではない


日常 は ほとんど フツー の 人 で

なにか 重要 な こと が ある とき だけ


『 俺 が 関与 する 必要 の ある とき 』 だけ


テレパシック の 状態 に なる


だから 日常 の おれ は

ちょっと カンの鋭い 人 


と いった 感じ である


で テレパシー に かんすることで 2つ ほど

ちょっと 思う ことが あるのだが


以前 俺 が 口数 が すくない 人 に たいして


テレパシック に 相手 を 理解 していた ことがあり


すると 相手 は


「 すごい! どうして そこまで 私 の 

  考えている こと を 解って くれるのですか! 」


と 相手 は とても よろこんでいた


しかし これは よろしくないな、、、 と

とちゅう で 感じ はじめて やめて しまった


なぜかと いうと 


相手 は 自分 の こころ を わかってくれる 

と よろこんで は いたが


だんだん 自分 の 言葉 で 理解 してもらう

そういう 努力 を しなくなって きた からだ


これでは 本末転倒 である


自分 の 気持ち を 言葉 で しっかり

相手 に 伝える ことは 大切 である


だから なんでも テレパシック で

あれば いい わけでは ない


また ちょっと 深い 話 に なるが


相手 が 知られたくない こと

を テレパシック に 知ってしまった とき


当然 こんな 場合 も ある


この 場合 には とても おもいやり や

配慮 が 大切 になる


知って しまった こと を


「 おまえ ~って 考えて いるんじゃね? 」


みたい に 言うと 相手 は 


「 いやいやいや! そんな こと 考えてない! 」


と とっさ に ひてい してくる

ときには はら を 立ててしまう かもしれない


さらには


その人 自身 が 自分 が 感じている

マイナス 感情 を 認める ことが できなかったり

気づいて いない ケース なんか も ある


たとえば


「 わたし が 旦那様 の お母様 を

  きらって いる わけが ありません! 」


「 わたし は そんな ひどい 人間 では ありません! 」


みたいな かんじ の とき など


その人 が 姑さん を きらっている

エネルギー が ばんばん に 出ていて


まず その ことを 本人 が 認める ことが

問題 の 解決 の 糸口 に なる 様な 場合 に


テレパシック に


「( いやいや あんた 十分 きらってるでしょ、、、 ) 」


と 解った と しても


その 本人 が そううい 自分 を 

受けいれられず に いる とき には


この 場合 は その こと に 直接 触れる と

相手 は 痛がって しまうので


直接 触れる のでは なく


相手 の 立場 に なって 考えて あげたり


おもいやり の こころ で

間接的 に 何か 相手 に 役立てる

言葉 を 探したり 


もしくは ものすごく 愛 を 込めて そっと

ゆっくり 触れていく などの 対処 が 必要 となる


そして また


ときには そういった マイナス 感情 が

自分 に 向けられている ことを 知った としても


はら を たてるよりも

多少 カチン と きても


「 ぶぶぶぶぶっ! おまえ おれ を

  そんな 目 で みてんのかよ! ありっ? 」


と まずは ズルっつ と ズッコケテ みて 

さて どうしようか と


相手 の 立場 に たって おもいやり の ある

同様 な 対応 が 大切 である


と テレパシー には こういう 側面 もあり

これを きくと ちょっと たいへん かな?


とか 思う 方 も いるかもしれないが


ここ を クリア して いくと

人 としても 霊的 にも 


かなり 成長 できる のだ


結局 テレパシー と いっても 

たのしく 都合 の いい こと ばかりでは ない


「 楽しい 側面 」 と 「 霊的学び 」 の 側面 

両方 ある わけで 


その 両面 を 受け入れる ことが 大切 なのだ


☆ 『 その 両方 を 自分 は 受けいれ 

    自分 は 人 としても 霊的 にも 成長 したい! 』


と いう 想い が あれば 必ず テレパシー が

でてきたり 上達 すると 断言 できる


また テレパシー は ほんしつ てき に

ふしぎな ちから とか 

超常 的な もの では まったく なく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 相手 の こと を しっかり 理解 したい 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と言う 気持ち これが 

テレパシー の ほんしつ である  


つまり 愛 や 調和 おもいやり から くるもの

だと 俺 は かんじて いる


子ども の こと を 大切 に 想う こころ が

子ども の 口 に ださない 気持ち を 解ったり


仲間 や パートナー の ことを 大切 に

想う 気持ち が 以心伝心 と なる


そういった 気持ち が テレパシー の

ほんしつ なので ある


☆ 『 テレパシー は 愛 や 調和 からくるもの 』


だから そういう 意識 で 

のばして いくと いい わけです


テレパシック な 体験 を つうじて 


「 愛 や 調和 の 霊的 学び 」 


を したい 方は ご自身 の 守護霊 に


その旨 を 真剣 に お願い してみてください


そうすると 少し づつ その 機会 が

あたえられ 展開 されていきます


なにごと も そうですが


少しづつ 学んで いき 

慣れて しまえば どーってこと ないので


是非 チャレンジ してみてください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-11-02 12:33 | 霊的な個性&体験! | Trackback | Comments(15)