カテゴリ:問題・悩み解決!( 34 )

実相!霊的な話題のコミュニケーション! #428

みなさん こんちには


前回 の 記事 

実相!相手に自分の気持ちを伝える! #427

で コミュニケーション に 関して 書きましたが


今回 は 守護霊 や 異星人 など

霊的 な 内容 の 会話 や


霊的 な 話 を 人 に 聴いてもらう とき 


に 関して 「 エネルギー の 観点 」 

から 書きます


あと 家族 や 大切な人 が

霊的な話 を わかってくれない とき


どうすれば いいのか? という 質問 を


結構 耳にするので それに 関しても 書きます


では はじめます



まず はじめ に 基本 と なる

とても 大切 な こと なのだが


実は、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 情報 や 話 言葉 は エネルギー 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


なのである


これを しっかり 心 に とめておいて いただきたい


「 人 の くち から 発せられる 言葉 

  そして その 情報 や 話 は エネルギー 」 である


たとえば こんな 経験 は よく あるだろう


ちょっと した 話 を 聴いた だけで

ものすごく 元気 に なったり 励まされたり

とても 楽しい 気持ち に なったり


あるいは その ぎゃく の 気持ち に なったり 


と こういった 経験 は 誰も が あるだろう


どうだろうか


このこと からして も 言葉 そして

情報 や 話 が エネルギー である

ことが おわかり いただける こと だろう


そして この 元気 はげまし 楽しい

など の エネルギー は 

日常的 な エネルギー である わけだが


今回 の 異星人 や 守護霊 など


「 霊的 な 話 」 を 

「 日常 の 話 」 と 分けた のは


実は 理由 が ある


それは 


「 日常 の 話 」 が 日常的 な エネルギー 

を おびている の たいして


「 霊的 な 話 」 は

霊的 な エネルギー を おびていて いるからである


エネルギー の しゅるい が 

ちょっと ちがう わけである


で 日常 の 話 の エネルギー とは ちがって 


「 霊的 な 話 の エネルギー を 

  受け取ること に 慣れていない 人 も いる 」


と いうこと を 

こころ に とめておく こと が 大切 である


そして エネルギー に 関して

もう1つ 重要 な こと が ある


それは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 エネルギー は 相手 が そのとき に 

    受け取れる 量 が 決まっている    』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと である


つまり 食べ物 と 同じ である


食べ物 も エネルギー で あり

人 に よって その 時 に 


受け取れる (食べれる) 量 が 決まっている


言葉 や 情報 話 も これ と おなじ なのだ


で 先ほど 書いた ように


とくに 「 霊的 な 話 」 では

日常的 な 話 とは ちがって


そういった 霊的 な エネルギー を 

受け取ること に 慣れていない 人 も いる ので 


霊的 な こと を 人 に 話す とき に

とくに 大切 と なって くるのは


話す側 が 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 どのくらい まで 相手 が 

    霊的 な 情報 を 受け取りたい のか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これを 察知 する 必要 が あるわけだ


相手 が 受け取れる 量 を 

見極めた うえで 話す ことが 大切 である


ま 文字 で あれば 

相手 の ペース で 読める わけだが


会話 となると やはり 


相手 が どのくらい の 情報 を

受けとりたい のか を しっかり 見極めないと


一方的に 話す ような かんじに なって しまう

やはり そこは 気をつけたい 


で 前回 の 記事 で 日常会話 は

野球 などの 『 キャッチボール 』 の 様に 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 「 なるべく 相手 が 受け取りやすい ように 

    言葉 (ボール)を 投げる ように 努める 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 書いた わけだが


今回 の 霊的 な 会話 を たとえる ならば


手料理 を つくって 相手 を


『 お ・ も ・ て ・ な ・ す ! 』


( ↑ 「 す 」 かよ! )


する 感覚 で 霊的会話 を するの が コツ である


つまり 料理 を 作って 相手 を もてなす とき


「 これ は 相手 の くち に 合うかな? 」

「 どれくらい の 量 食べれる かな? 」


と いった こと を 真剣 に 考える はずである


なので 「 霊的 な 会話 」 を するとき は


『 料理 で もてなす 感覚 』 


で 話す ことを 心がけると いい わけである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 「 この 霊的情報 は 相手 に 合うかな? 」

☆ 「 どのくらい の 量 話すのが ベストかな? 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


を 考えた うえで 話す のが いい わけである


霊的 な 話 も 料理 と おなじ で


たくさん 作り過ぎても 食べきれない ように

たくさん 話し過ぎても 受け取れない わけである


それに 食べ過ぎ と 同じ で


霊的 情報 も おお過ぎる と

情報 の 消化ふりょう と なって


結局 あまり 覚えていない かったり

身になって なかったり


なんだか 眠くなって、、、 むにゃむにゃ、、、

と なったり も するわけだ


やはり 「 霊的 な 話 」 を する とき も


相手 の 立場 に なって 考慮 して


『 料理をつくって もてなす 感覚 』


で 話 を することが 大切 なのである
 

この 様な こと を 大切 に して


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 相手 の ペース を 大切 に して 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


霊的 な 話 を していけば

大切 な 人 や 身近 な 人 たち も


まったく きょうみ が ないわけで なければ

少し づつ 理解 してくれる はずである


身近 な 人 が わかって くれない

と いった ケース では


やはり 関係 が 近い と 

すこし の あまえ とか が でてしまい


たくさん 聴いて もらいたくなってしまい


相手 の 受け取れる 量 を

見極める こと を わすれてしまう ことが

原因 の 1つ と なっている 場合 が 多い


まあ 気持ち は わかる が

そこは やはり きっちりと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 この 霊的情報 は 相手 に 合うかな? 』

☆ 『 どのくらい の 量 話すのが ベストかな? 』

☆ 『 相手 の ペース を 大切 に して 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ が 大切 なので ある


俺 の 場合 は 普段 は


みぢかな 周り の 人 には べつに

「 霊的 な 話 」 は しない の だが


相手 の 方から 霊的 な 話 を してきたり

たまたま そういう 話題 に なった ときは


相手 の 様子 を みながら


「 ああ 今日は ここらへん まで かな 」


と いった 感じ である


しっかり 相手 の 様子 を みながら

話していれば その場 の 空気 などから


どこまで 話す か は かならず わかるだろう


その場 の 空気 以外 にも

相手 からの わかりやすい 合図 も あります


たとえば 霊的 な 話 を している とき に

相手 が 自然 と 別 の 話題 を ふってきた とき


が その 合図 である


そんな とき も


「 あ! 今日は どうやら ここ まで だな 」


と 霊的 な 話題 は そこ までにして


相手 の ふってきた その 話題 に

話 を きりかえる ように しています


ただ 相手 が かなり たくさん 

霊的 な 情報 を 必要 と している とき 


そんな とき は まれ に

こちらも 全力 で いく 場合 なんか も あります


それは それで なかなか 

楽しい 時間 な わけですが


いづれにしても 霊的 な 会話 では


☆ 『 相手 の ペース を 大切 に 』


と いった 感じ である


今回 は 「 霊的 な 話 」 に 関する

コミュニケーション に ついて 書きましたが


いろいろ な 場面 でも 応用 が きくかと

思います ので 


是非 おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-11-24 14:31 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(8)

実相!シンクロや人生の『答え』を知りたい場合に!   『 自分の使命 』 に関して Part 01   #422

みなさん こんちには!


今回 は

『 シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 』


が 起きた 時 に その シンクロ の

意味 や 答え を 知りたい とき の ことを 書きます


これは 人生における いろいろな 問題 にも 

当てはまる 内容 と なりますので


ちょっと 詳しく 書いていきます


こちらの 記事 は 以前 書く と

お約束 していた 記事 ですが お待たせしました


では はじめましょう


たとえば 何か なやみごと や 

解決すべき もんだい が あるとき

その 答え を 求める とき や


ある 人 の 名前 の シンクロ が

頻繁 に 起こり その 意味 を 知りたい とき とか 


似たよう な シンクロ が 何度 か 起こり

その 意味 を 知りたい とき など


そんな とき に 大切 な ポイント と

ちゅうい しておくと いい こと が ある


それは 


まずは いつもの、、、 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 エゴ の 声 では なく 愛 と 調和 の

    自分 の こころ の 声 を しっかり 聴く 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうことなのである わけだ が、、、

さらに もう 一歩 詳しく 言うと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 判断 や 決定 を 他の人 に まかせない 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


実はここ が かなり 大きな ポイント となる


これ は 霊的覚醒 に おいて も

かなり 重要 な ことである


もちろん 他者 の 意見 や 考え を

参考 に するのは あり なのだが

それは あくまで 参考 であり


大切 なのは 自分 の こころ と

愛 と 調和 の もとに 相談 して

自分 の 意思 で 決める ということである


ここ を しっかり 認識 しているか どうか が 

はっきり と 道 を 大きく わける とも いえる


なにか もんだい や シンクロ に 直面していると

「 おもわず 他者 に こたえ を ききたくなる 」


もちろん そんな 気持ち も 

俺 にも よく わかる


俺 も 実際 に 霊的覚醒 してない 10代 の 頃 に


その土地 で 有名 な じーさん で

霊的な能力 を 持つ 方に


俺 自身 の 問題 の 答え を ズバリ

尋ねて しまった ことも ある


なので 人 に こたえ を きいてみたい

そんな 気持ち も とても よく わかる





しかし 


後で わかり 理解した ことだが


俺 の 守護霊 の はからいで

結局 その 霊的 な 力 を 持つ

有名 な じーさん からは 


直接的 な こたえ は 得られなかった


自分 が 決めるべき 問題 に おいて


他者 に こたえ を 求める のは

あきらかに よろしくない ので


俺 の 守護霊 が 俺 の 性格 に ぴったり な 


『 絶妙 な 計らい 』 で


うまいこと それを 阻止 してくれた のだ

( そのとき の 様子 は また 書こうかな? )


では どうして 他者 に こたえ を もとめると

よろしくない のか?


これは


☆ 「 その 人 自身 の 本来 持っている

    素晴しい 霊的 な 直感 能力 を 鈍らせて しまう 」


から である


ちょうど 渡り鳥 などの 水鳥 の 話 と 同じ で


水鳥たち に 人間 が 食べ物 を 与えてしまうと

水鳥 たち は 自分 で 食べ物 を 探す力 が

退化 していってしまう


さいあく の ケース では

本来 えさ の ない 場所 に 居ついて しまい

渡り鳥 が 渡らなく なってしまったり


人から の えさ に 頼って しまって

自分 で 食べ物 を とれなくなる ケース も ある


これと 同じ こと が おこるのだ


他者 に シンクロ や 問題 の こたえ を きいてしまうと

自力 で シンクロ を 読み解く 力 や

問題 解決 能力 が 鈍ってしまう のだ


この ブログ Arcadia Rose では

おもに 俺 が 実際 に 体験 した ことから


「 霊的覚醒 」 「 進化 」 「 成長 」 

の 為 の 情報 を 書いている わけだが


スタンス としては

「 霊的覚醒 」 に 読者 の 方々 が 


☆ 『 自力 で 霊的覚醒 に 辿り着ける 』 


ここを 大切 にして コツ など を 書いている


そのことは 以前 の 記事 

実録!職場やスキー場で後輩がコケたらどうよ? #368

に 書いた のと いつもの 記事 から


読者 の 方々 も 

☆ 『 自力 で たどりつく 』


ことの 大切さ を しっかり 解って くださっているようで

これは 俺 としても とても うれしい


また こたえ を 人 に たよる ことの

よろしくない ことは 他にもあり


ときには それが おとしあな と

なることもある


実際 に 以前 こんなこと が あった


ある女性 に ある 芸能人 の 男性 の シンクロ が

頻繁 に 起きていた


この女性 は この 男性芸能人 の ことが すきで


この シンクロ は どういう 意味 が あるのか?

知りたがっていた


そこで この 女性 は 知人 の 

霊的能力 の ある 女性 に 質問 したところ


「 彼 は あなたの ソウルメイトよ! 」


と 言われた と いう


その女性 は それが 本当 かどうか

俺 にも ききたがって いるのは 解ったが
 

俺は  


「 地球 や 社会 を よくしたい 」 とか 

「 地球 の 為 に 本当 の 自分 を 生きる 」 とか


そういう 方向性 の ことにしか 関心 がなかったのと


それに その女性 が すでに

その 芸能人 と ソウルメイト だと

自分 で 思い込んでいた ので


この 女性 は 当然 俺に


「 そうだよ 」 


と 言ってもらい たがっている 空気 が

かなり ばんばん に 出ていた


で それに くわえて 


もう 夢中 に なってしまっていて

異論 は ききたくない 的な 空気 だったので


俺 は とくに この 件 に ついては 触れなかった


この 女性 は その 男性芸能人 が 

自分 の ソウルメイト だと 


かたくなに 「 信じ込もう 」 と していた 

そんな 態度 だったので 


しょうじき これは かなり めんどくさい 

実際 に 尋ねられた としても


「 んなこた 知らね! 」


とか しか 俺 は たぶん 言わなかった

だろう、、、


それに こういった 質問 に 関しては

直接的 な こたえ を 言うのではなく 


その 表面的 な ことがら の 

奥 を 観て 対応 が 必要 なのだ


で 実際 この後 どうなったか?


この 男性芸能人 は 他の方 と

結婚 されて いた


、、、、、。


と こういう こと が あった


これね 


実は かなり 大切 な ポイント を

はずしている 行為 でね


たとえば ツインソウル と 結婚 して

しあわせ に なる とか


自分 の 使命 が なんである とか


☆ 「 こたえ だけ 聞いても あかん 」


な わけで


しあわせ に なるには 自分 の 

『 性格 も 磨く 』 必要 があるし


使命 にしても それを 果たす 為 の

『 努力 』 が 必要 なわけで


こたえ つまり ゴール を 

聞いた ところで なんにもならない


ぎゃくに ゴール を 聞いた ことでの

へいがい すら ある


「 ああ 自分 は そうなるんだ 」


と 思い込んで


ゴール を きいた ことで 安心 してしまい


ゴール まで 自力 で 歩いていく

努力 を おこたって しまう


そんな ケース も あるわけだ 


あと とても 大切 な ことだが


ちょっと 一緒 に 考えて いただきたい


何か 目標 を 達成 する 場合


さて どちらが 

自分自身 の 本来 の パワー を

フル に 発動 できると 思うか?


A 「 人 に 言われて やる 」 

B 「 自分 の 意思 で 決めて やる 」


もちろん B である


さらに うまくいかなかった とき や

壁 に ぶつかった とき は どうだろうか?


当然 B の 方が パワー が だせる


さらに こんな こと も ある


他者 の 判断 に まかせた 人 で

それ が うまくいかなかったとき に


なかには それを 人 の せい に してしまう

そんな ケース まで ある 


これは ホント に よろしくない


やはり 判断 には 自分自身 で

責任 を もつ こと が 大切 である


それと


人生 の 問題 に たいしても 

シンクロ の 読解 にしても 


やはり


自分自身 で 考えて いくことが 成長 となり

実力 が ついて いくわけである 


こたえ だけ 知って も 仕方がない のは 

算数 や 数学 の 問題 と 同じ で


他者 に 「 こたえ 」 だけ 聞いても

自分自身 で 問題 を 解けなかったら 意味 がない


それは 人生 の 問題 でも 同じで


それでは まるで 役に立たず 成長 もなく

いつまで たっても 実力 が つかない


それどころか 

あまり 他者 に たよってしまうと


先程 の 水鳥 の 話 の ように

どんどん 自分自身 が 退化 してしまう


さすがに それは よろしくない だろう


この 様に ゴール なり こたえ を

相手 に 伝えてしまう こと で


相手 に とって よろしくない 

場合 も ある わけである


これを ぜひ 知っておいて いただきたい


何でも 言えば いい というものでは ない

わけである


だから 霊的 な 能力 が あっても

この ことを 知っている 連中 は 基本的 に

こたえ や ゴール を 直接的 に は 言わない


もったいぶって 言わない わけでもなく


相手 の 「 進化 」 「 成長 」 に

プラス に ならない から 言わない のである 


もちろん 場合 に よっては 

こたえ に 近い こと も 

言う 場合 も あるが


これは もちろん その 相手 に とって 

プラス に はたらく とき だけ で


「 ちょっと 背中 を おす 程度 」


に とどめる ように する


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

相手 の 状況 に よって 対応 は 様々 で

その あたり の 見極め が 大切 なのである

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と まあ こんな 感じ である


これを 知っておくと


何か 人 に アドバイス する ときにも 

役立つ はずである


で こういった 情報 を 知っておいた うえで


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 判断 や 決定 を 他の人 に まかせない 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 エゴ の 声 では なく 愛 と 調和 の

    自分 の こころ の 声 を しっかり 聴く 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


を 大切 に していって いただきたい


すると 必ず 自然 と だんだん


シンクロ の 意味 や メッセージ を

感じる ように なって いきます


友人どうし で シンクロ の 解読 を

あれこれ 話し合う とかは 

とても イイ ことですね


シンクロ 解読 の 練習 になります


大切 なのは 


☆「 自分自身 でも しっかり 考える 」 

☆「 最終的 判断 は 自分 で する 」


と いうことです


他者 に 判断 を たよれば たよる ほど 


自分 の 直感 や 感覚 が 

どんどん 鈍り 退化 していきます が


愛 と 調和 の もとに


自分 の こころ の 声 を しっかり 聴いて 

自分自身 で 判断 していけば いくほど


当然 自分自身 の 直感 や 感覚 が 

どんどん 鋭く 正確 に なっていきます


ぜひ おためしください


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

愛 と 調和 の もとに


☆ 「 自分 自身 が 本来 持っている 素晴しい 

    霊的 な 直感 能力 を 磨いていきましょう 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


また 


シンクロ を 解読 する ため の 

具体的 な 『 コツ や ヒント 』 は

過去記事 に かなり 書いてありますので


興味 の ある 方 は 


画面 右上 の メニュー から 

シンクロ の タグ の 記事 を 


ぜひ 読んでみてください

いろいろ と 発見 が あるかと 思います

 

それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-10-12 23:59 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(17)

ドラマ『Lie to me』ウソと神性からの正直! #375

ゴールデンウィーク ですね!

みなさん は いかかが おすごしですか?


俺は 今年 の ゴールデンウィーク は

めずらしく かんぜん ゆったり お休みモード 


今の 土地 に 引越して 以来

いそがしくて 友人 も できないので


相変わらず ひとり ですが 

休日 を たのしんで います

(ひとりに なれすぎ やばくね?)


俺は 朝マック メニュー が すきなので


イングリッシュマフィン を 買ってきて

ハム と 玉子 を 焼いて はさみ

エッグマックマフィン みたいなのを 作ったり

(これは 美味かった かなり)


ピアノ(電子) 弾いたり ギター 弾いたり

(これは いつも と 同じか)


観たかった 映画 を レンタル で 

6枚 も DVD を かりたり 


と いった 感じで 休日 を 楽しんでます


で 最近 結構 俺的 に ハマって

興味 深く 観ている のが


海外ドラマ の

『 Lie to me 』  ライ・トゥ・ミー


b0225081_1019844.jpg












タイトル を ドラマ の 内容 から 意訳 すると 

『 俺 に ウソ つけるものなら ついてみろ 』

と いう感じ に なる


この ドラマ は 実在する アメリカ の 心理学者

ポール・エクマン 氏 を モデルに 作られている


人 の つく ウソ は すべて

表情 や しぐさ 行動 に 現れる


とくに 『 微表情 』 と 言って

わずか 0.2秒 と いう 一瞬 の 表情 を

人 は みせるが そこに 真実 が あわられる


そういった ウソ を 見抜く 技術 で

主人公 カル・ライトマン と その 部下 が

(ポール・エクマン氏 と 名前も似せている)


様々 な 事件 を 解決 していく

FBI や 政府 に 協力 したりも するが


どちらかと言うと ウソ を 見抜く 能力 を

人助け に 役立てている ところが

この ドラマ の 魅力 に 感じる


 ( 主人公 カル・ライトマン は 

   すでに 宇宙へ還った 俺の おやじ に 

   なんとなく 顔 が ちょっと 似ている  )


『 Lie to me 』 予告編

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=j5mPm739mT8


あと 『 Lie to me 』 は 

普通 に 観ても おもしろい ですが
 
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmepisode/index/prgm_cd/985

↑ この サイト に 心理学 からの 解説が

詳しく 書かれています 


心理学 に 興味 ある方には 

とくに おすすめです


俺 も 感覚 や 霊視 で 

ある程度 人 の ウソ は わかる


人 は 常に そのときの 状態 の

エネルギー を 発していて

それを 感じれとれれば ウソ と わかる


「 なんか うそくせーな 」

と いう 感覚 の 延長線上 にある

のが 霊的感覚 である


誰にでも その 感覚 は あるのだ


その 感覚 が さらに 敏感 に なると

霊視 や テレパシー へと なっていくのである


あと 守護霊 から ヴィジョン として

相手 の 隠していることを 観せられる

ことも あった


もちろん 毎回ではなく ごく まれに


すべての ウソ が 観えるのではなく

守護霊 からの 情報 により


人 の 心理 や 事象 の 原因 となる

ウソ を 知り 理解 する 為に


観ておく 必要 の ある ウソ だけ

俺 は 観させられた わけである


(これがね 結構 深く複雑 な 構造

また 詳しく 書きます)


ただ 俺 は 霊的 な 感覚 を 使わなくても

ウソ は 言葉 や 態度 に 必ず

表面 にも 現れている と 考えていた


で この ドラマ では それを

霊視 や 守護霊ヴィジョン を 使わずに


たくさんの 実証例 や 学術的研究 で

やっている わけである


だから 俺的 には ものすごく おもしろく

ハマって しまったわけ である


実は ウソ を 知る と いうことは

自分の身に 起こる 出来事 を 

分析 理解 する ためにも かなり 重要 である


「 なんで 自分 が こんな目に? 」

と いう 出来事 は 


☆ 『 自分 の ウソ または 自覚していない 

    ウソ に よって 引き起こされている   』 


そんな ケース が

実は かなり 多いのである


自分 が 望まない 現実 を 

引き起こして しまうのである


簡単 な 例 でいうと


おいしくもない 料理 を おいしい と

うそ を 言ってしまって どんどん と 

皿 に 盛られてしまう 現象 


これが 人生 の 出来事 として

起こってしまっている のだ


そして 

「 どうして 自分 が こんな目に? 」

と なる 場合 が かなりあるのだ


この 場合 の 問題 解決 は

正直 に なるしかない


料理でも なんでも

自分 の 気持ち を 上手く 伝える 術を

身につけてください


正直 に なるのが 最大 の 解決策 


しかし 正直 と わがまま は ちがう

エゴ ではなく やはり


愛 と 調和 からの


☆ 『 自分 の 神性 から の 正直 』


これが 大切 な ポイント である


もちろん ウソ は 

『 霊的覚醒 』 『 進化 』 『 成長 』

に とっても かなり よろしくない


『 霊的覚醒 』 『 進化 』 『 成長 』

には 『 正直 』 が 大切 である


「 小さな宇宙人 アミ 」 も 本 の なかで

「 うそは いけないよ 」 と 何度も 言っているが


あれは 本当 である


やはり 正直 に 生きる のが 一番 です

☆ 『 自分 の 神性 から の 正直 』


これを 大切 に してみてください

きっと いいことが あるはずです


ぜひ おためしください



と こんな感じです ひきつづき 

GW を たのしみましょう!



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-05-05 12:08 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(6)

真相解明!それは霊の仕業ではない! #346

~  「 K 」 の 事件簿 Part 04 ~

久しぶり ですね この シリーズ


今回 の 話 は 霊 に 関して ですが

いつもの 「 霊的覚醒 」 ではなく

一般的 に 言われている 霊 の 話 です


真実 には どこかしら 希望 が あるものです


この 話 は かなり 前 の 話 で

俺 が 「 霊的覚醒 」 を する 前 の ことで

たしか まだ 学生 だった 頃のこと かと 思います


見えない存在 に 関して

どう 考える か に ついて の 話 と

絡めて 書いていきます


以前 こんなことがあった、、、


もともとは 俺 は れい に 関して

あまり 興味 は なかった


しかし なにか あると

そういう 相談 も 俺 の ところに やってきた


ある日 後輩 が、、、


後輩  「 「 K 」 さん ちょっと 相談 

       が あるのですが きいて もらえますか? 」


俺    「 おう なに? いいぞ 」


後輩   「 実は 最近 体調 が よくなくて 」


俺    「 うん 」


後輩   「 実は それが 友人たち と
   
        しんれいスポット に 行ってから なんです、、、 」


俺     「 ふ~ん 、、、、 」


内心 この とき 俺は あ~あ と 思った

いやだねえ こういう のは、、、と 思った


何が いや かと 言うと、、、

俺 には ある 信念 が あった からである


とりあえず 会話 の つづき を みてみよう、、、 


後輩   「 やはり ヤバかった ですかねえ? 」

 
俺     「 ヤバイ って なんだよ? おまえ 」


後輩    「 やはり たたられたり、、、 」


内心 俺 は 少し ムッと した 

そして 後輩 に 言った、、、


俺     「 つーか さあ この後 に およんで

        おまえ 自分 の こと ばっかり だな

        相手 に わるいとは 思わないのか? 」


後輩   「 え? どういう ことですか、、、 」


このとき この 後輩 は 

自分 の 身 を あんじる だけで


自分 が なに を したのか まったく

理解 できていなかった


俺    「 じゃあ 考えてみろよ 」


俺    「 おまえが この世 を さる とき に 

       れい の 状態 に なってしまい 天 に

       なかなか 還れなくて こまっていた とする 」


      「 そこに ばか な 学生 が よって たかって

        『 おい あそこ でる らしいぞぉ~ 』 とか

        おもしろ 半分 で ギャー ギャー

        言いながら お前 を 見物 に きたら    」


俺    「 おまえ 一体 どういう 気持ち が する? 

       そんなこと されて うれしいか?       」


後輩   「 !!! 」


後輩 は ハッ と なり 表情 が かわった 

どうやら 自分 の したことに 気づいた ようだった


俺   「 な、、、 あいて に 申し訳ない だろ? 

      相手の立場 に なって 考えないと アカンぞ 」


後輩  「 、、、、 」


俺    「 ま 本当 に わるかったと 思うなら

       ちゃんと 真剣 に 謝れ な、、、    」


後輩  「 よく わかりました、、、 

       なんか すみませんでした、、、

       真剣 に お詫び します、、、 」


そして その後 この 後輩 は 

もと の 元気 な 後輩 へと 

もどった のであった


これが 今回 の 件 の

一部始終 で あった


しかし


ここで 大切 な こと が ある


それは


れい が 一方的に なにか こうげき を

してくること は まず ない

( 似た現象 は ありますが ちがいます )


かならず 原因 は 自分 の

どこかに あります 

磁石 の様 だと 考えて いただきたい


今回 の 件 のように

たいてい の 場合 は 

自分 が 引き寄せている 原因 に

本人 が まったく きづかない 

ケース が 多い 


ま 気づけたら こういう ことには

ならない わけですが、、、


起こる 出来事 と いうのは

必ず 自分 と どこかしら なにか が

同調 して いるのです


自分 の なか の どこかを

かえると 自然 に 起こらなくなります


で そもそも 今回 の 件 からも

よく わかる ように 


そんな 思いやりの ないことを 

やっていたら 周波数 も みだれてしまい

たいちょう にも えいきょう する

場合 も ある わけです


れい が こうげき とか してきた

わけでは ありません


正すべき ところ に 気づきなさいよ と

メッセージ にも なっているわけです


基本的に 霊的 な 出来事 は 

この 構造 で 起こります


この 件 での 体調 が 

よろしくなかった その 原因 は

本人 の こころ の あり方 だった 

わけなのです


そして 

先に 書いた 俺 の 信念 とは


見えない存在 それが


身体 を さった 霊 で あれ

守護霊 天使 妖精 異星人 であれ

誰であれ 


その 存在 が 見えようが 見えまいが


『 普通の人間関係 と 同じ に 接する 』

『 相手 の 立場 に 立って 考える 』


これが 大切 なのです


~  「 K 」 の 事件簿 Part 04 ~


これが 今回 の 件 の 全貌 で ある

いかが だったでしょうか



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!




~  「 K 」 の 事件簿 Part 01 ~
ウソや不倫は思わぬ事態をまねくことがある! #140

~  「 K 」 の 事件簿 Part 02 ~
のろわれたバイト先のカラクリを明かす! #208

~  「 K 」 の 事件簿 Part 03 ~
衝撃!「うつ」と暴かれたウラの顔! #212
[PR]
by aquarius_az | 2013-03-20 16:41 | 問題・悩み解決! | Trackback(1) | Comments(4)

実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345

『 霊的覚醒 』 『 進化 』 『 成長 』 して

守護霊 天使 妖精 異星人 たちと

会話 を するため には 


なにか 「 特別 な 修行 」 が 必要 

なのだろうか? 


また 愛 と 調和 を 保つ 上での

現実社会 や 職場 仕事 との ギャップ は

どう クリア すれば よいのか?


こういった 疑問 を しばしば 耳にします


今回 は 俺 の 驚愕 の 実体験

を 書きながら ここを 解説 します


『 驚愕! たのしい 霊会話 講座 』 です


では はじめます


まず はじめに 俺 の ケース では

守護霊 異星人 たち と 話すのに


「 滝に打たれたり 」 「 火の上を歩いたり 」

そういった 特別な修行 を してきたのだろうか?


その こたえ は、、、


俺は まったく していない 


それどころか 「 瞑想 」 とかも

ほとんど していない


剣道 を やっていたので 「 黙想 」 を

稽古 の とき に やっていた くらいである


「 瞑想 」 も やってみたことは あるが

たいてい は すぐに 心地よく 眠ってしまった


もちろん そういった 修行 も 有り 

いいんじゃないか と 思います


ただ どんな 方法 であっても 


☆ 「 自分 の こころ に ピン と 来る 方法 」


を 選んで やってみることが 大切 です


あと たまに 尋ねられる のが

「 にく は 食べますか? 」

と これも ときどき 尋ねられる


にく を 食べずに 野菜 や フルーツ などを

中心 に 食べる ことで 

周波数 を 整える 方法 も あるからである


「 アミ 小さな宇宙人 」 でも 

進化した 宇宙人 たち は 

にく は 食べない と あります


で 俺 の 場合 は どうかと 言うと


普通 に 食べています 


食材 は 丁寧 に 扱い 大切 に して

食べるもの すべてに 感謝 して 食べる 

こんな 感じ です


ただ 牛肉 は ほとんど 食べません

高い からです! 


高い と 言うのは 何が 高い かと 言うと

牛 1頭 を 育てる のに かかる コスト で


牛 1頭 を 育てるのに 大量 の 穀物飼料

が 必要 であり その分の 穀物飼料 が

人に 渡るようになると 地球上の きが が へる 


と こんな 事情 から あまり たべません


このような


☆ 『 地球全体 の ことを 考える 』

☆ 『 みえない ところに 気を配る 』


ことは 「 霊会話 」 には 必要 な ことです


でも がっちり 決めている わけでもなく

友人たち と 集ったとき などは

たべる とき も あります


しかし ずっと 食べていない と

自然 と あまり 食べたい とは 

感じなく なります


こういった ことも むりなく

できる範囲 で やるのが よいかと思います


俺 の ケース では 

あまり 特別 な ことを せずに


☆ 「 毎日 の 生活 を 大切 にする 」

☆ 「 自分 の こころ の 声 を 聴く 」

☆ 「 霊的情報 を たくさん 知る    」

☆ 「 本気 で 地球 を よく したい  」


と こう 言った こと に 取り組んだ 結果

霊的覚醒 が かそく しました



また よく 耳にすることの 1つ に


実社会 で 仕事 を していると

なかなか 愛 と 調和 で やるのは

むつかしい、、、


と こんな 声 も ときどき 耳にします


よくわかります


俺も 東京 の 競争 の 激しい  激戦 業界 で

販売員 を していたので、、、


俺も この 問題 には そーとー なやんだ

そして そうとう 真剣 に 考えた


俺 は 一見 まじめ な 社員 でしたが

実は ちょっと ちがってました


販売員 には 売り上げ目標 台数 

みたいな ものがあり

それを 達成するように しいられます 


上司 の なかには

本当 に こころから 尊敬 できる 方も

いらっしゃいましたが


なかには そうではなく

結果 の 数字 だけしか 考えられない

人 も いました


そういう 上司 からは いわゆる

ごういん な むちゃぶり も されます 

結構 精神的 にも きつい 経験もしましたが


そんな とき 俺は どうしていたか?


まず 大切 なのは


☆ 『 絶対に なんとか 道 は あるはず 』


この 姿勢 で どうすれば いいか 

考え 自分 なりの 販売 スタイル を 見つけます


そういう上司  「 「 K 」 さん ひとりで 10台 お願いします 」


みたいな ことを 言われると 俺は


俺        「 はい! りょ~かい! 」


と 景気よく 答えて いたものの


実は、、、


はっきり 言って 『 馬耳東風 』 です

右 の 耳 から 左 の 耳 へ する~~~っと!


まったく 相手 に してませんでした!


わけの解らない プレッシャー を

与えてくる ような 上司 には


はらの なかで


俺   「 ( 知らね~よ! んなこと! ) 」

俺   「 ( がんばれよ! お前がな! ) 」

俺   「 ( お前の ために 働いてるんじゃねーよ! ) 」


などと 言って そういう上司 には 

平気 で そうやって ふざけて ました


もちろん そういうった 上司 であっても

お世話になっている ことは 事実 ですし


そういった 上司 であっても 

必ず イイところも あります


ぜんひてい しては いけませんので

それなりの 敬意 は 大切 にします


しかし 不条理 な ことには

こんな 感じで 接してました


しかし 正直 俺の 販売 成績 は 

実は かなり よかった


それは なぜか?


俺 は 不条理 な 基準 や

愛 や 調和 の ない やり方 を

しいられる のは いや だったので


自分 なり の 基準 や 販売 スタイル 

を 真剣 に 考えた


それは 


会社 の 利益 や 数字 も 大切 なんだろうが

俺は それよりも


☆ 「 徹底的 に お客さん の ため 」


に 働こう! と 決め それを

俺 の 販売 スタイル に した


上司 の 欲に囚われた あほ な 指示 は 

返事 だけしておいて 無視 して


自分 の 仕事 そして 目標 に 集中 した


とにかく お客さん の ため と 言うからには


商品 に 関する ことは 何でも 答えれる様に

休みの日 も メーカー に 電話 したり

パンフレット を 商品ごと に 比較 して

機能 の 差 を 覚えたり 勉強 した


接客 も お客さん が 

何 を 望んでいるのか を しっかり 聴いて

使い方 を 丁寧 に 教えてあげたり


とにかく

「 ああ ここで 購入して よかった! 」

と 思える ような 接客 を 目指していた


俺 の 仕事 の 目標 は これだけ だった

そういう上司 の 言葉 は 関係 なかった 


そしたら 結局 売り上げ の 

数字 は 後から ついてきた


他店 の ほうが やすく ても

「 「 K 」 さん から 買いたい 」

と 来てくださった お客さん も いた


( ひょっとしたら この ブログ の 読者 の 方で

  俺 から 買ってくださった 方も いるかも、、、  )


また お客さん から

お礼 の 手紙 を いただいたり


なかには お世話になったから

と 言って 俺 個人 に お金 を

受け取って ほしい と 言ってくださった ことも

2回 ほど あった 


もちろん 会社 の 規定 に より 

辞退 させて いただきましたが、、、


そして 他にも いいこと が 起きた


それは

なんと!


むちゃぶり 上司 も

不思議 と むちゃぶり を しなく なった


おそらく 真剣 に やっているのが

伝わったから である  

こういう 関係 が 築けた ことは

とても よかった


ところが 数字 が よくなってくると 

やたら 期待 されたり


ときには 月末 とか になると 俺も

数字 に 気がいってしまい

こころが みだれてしまう こともあった


「 ああ きょうは アカン かったな、、、 」


そのつど 反省 を して 軌道修正 した


そこが 勝負 どころ でしょう


常に 基本 に たちかえり

愛 と 調和 の 自分 の スタイル で

仕事 を する 


それを つみかさねて いくと

愛 と 調和 を もとに 自分 の スタイル が 

確立 されて いくわけです


しかし たま~に ホントに マジで 

愛 と 調和 の 欠けた 職場 も あります


その 場合 は  

俺は その 会社 に 加担 することは 

出来ない ので


そういう ところは 即座 に 辞めました


と こんな 感じで 


工夫 と 選択 しだい では 

そういう 競争 の キビシイ 業界 の

仕事 においても 実社会 で 
 

愛 と 調和 の もとに 仕事 をして

結果 を だすことも 出来る のです


ぜひ 自分 自身 の 愛 と 調和 の

仕事 の 基準 や 目標 スタイル を

みつけて みてください


ぜひ おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-03-18 15:21 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(6)

真相!不快な目に会ったら実はチャンス! #335

不快な 思いを した とき 

誰でも いや~ な 思い を します

しかし 実は これが

自分自身 に とって 大きな チャンス なのです


まず 知って いただきたい ことは

本当に 自分 に 原因 が なければ


ほぼ いやな 思い を することは ありません


たいてい の 場合 は 因果応報 です

自分 の 行い が 原因 で

ものごとは 起こります

因果応報!衝撃の反戦ポスターとは! #181


つまり 


自分 の 「 選択 」 や 「 行動 」 から

出した エネルギー が

自分自身 に 還ってくる の です


なにか いや な 思い を した とき


自分自身 も 誰かに たいして

似た ことを してしまって いる か


もしくは


過去 に 似た ことを してしまって いる 

こんな ケース が 多い の です

( もちろん 他の ケース も あります )



では おれ の 過去の 実例 を からめて

解説 します


以前 こんな ことが あった、、、


その日 俺は 少し いや~ な 思いをした

すこしばかり カチン と きた


なんで 俺 が こんな目 に 会うのか?


俺は 自分 が 不快 な 目 に 会うのは

因果応報 と 知っている ので


今現在 似た ことを 人に してないか?

過去 にも 似たこと を 人に してないか?


を 自分 で チェック した

しかし 原因 が 見当たらない、、、

と 思った 、、、


すると 俺 の 守護霊 が 話しかけてきた


守護霊  「 はは 君も 同じ こと してるからさ 」


俺     「 ウソだろ? 俺は あんなに

         感じ わるく ねーだろ? おい? 」


守護霊  「 いつも はね! じゃあ この人 に対しては? 」


と その時 1人 の 人物 の かお が

俺の あたまに に 思い浮かんだ


俺     「 うわっ! そう来たか! 」


すこし前に 俺 が もめていた 人物 の かお だった


守護霊 が 俺 の あたま の なかに

その 人物 の かお を インスピレーション を

使って ファックス の ごとく 送り込んできた のだ!


俺    「 いやいや その件 と この件 は 別でしょ?

       状況だって ぜんぜん ちがう じゃん       」


俺は この件 と その件 を 同じ に されるのが

いやで 守護霊に ていこう した


守護霊  「 状況 は ちがう けど 根本 は おなじ だよ 」


俺     「 うそ だろ マジかよ! 」


守護霊  「 相手 にも もちろん 非は ある
 
        しかし その 相手 に どう 接するか は

        全部 きみ の 責任 だろ?          」


俺     「 うぬぬ、、、 くっそお! 」


俺は 追い込まれ 自分 の 非を 

認めざるを 得なかった


俺    「 ああ そうか、、、 あれも 同じか、、、

       もう わかったよ               」


と 俺 も 他の 人に たいして

同じこと を している と 認めた とたんに


気持ちの わるい 不快な エネルギー が 

浄化 され スーーーッ と 楽に なった


そして 今回 俺に いやな 思い をさせた

その相手 を みても 何も 感じなくなった


その相手 に された ことであり 自分 が したことに 


俺    「 ( あれは よくない 俺も 気をつけよう、、、 ) 」


と こころ に 銘じて おいた


そして 守護霊 に お礼 を 言っておいた


俺    「 ああ、、、 言って くれて ありがとな 」


その後

俺に ふかい な 思い を 与えて くれて

俺に 気づかせ 改善する チャンス をくれた

その 相手 は 全く 何もなかったかのように

普段 の 様子 に 戻っていた


そして  

せっかく 俺は 自分 の 改善点 が 解ったので


俺が 同じ ことを してしまっていた 相手 には

「 あの 態度 は いけなかった 」

と 非を 認め おわび して 態度 を 改めた


そして 関係 を 修復することが できたのであった

と こんな 体験 であった、、、



実は この様に 自分 を 改善 するだけで


霊的周波数 が かなり 整い 

こころ の 安らぎ も 増し


霊的 感度 も 上がり 

イイ 流れ や 情報 を キャッチ しやすく なる


まさに 不快な目 に 会った ときは

おおきな チャンス なので ある


そして これに 少し 解説 を 加えると


この 様に 自分 の したことが 還ってくる

わけですが


全く 同じ 形 で 還ってくる 場合 も

ありますが


少し かたち が 変って 還ってくる

場合 も あります ので


上記 の かつての 俺 の 例 みたいに


自分の された ことと 自分 の したこと が

「 根本的 に 同じ 」 か どうか?

ここが ポイント  に なります


根本的 に 同じ だと わかったら

非を 認めて 改善 すること が 大切 です


また

因果応報 は すぐに 還ってくる とは

かぎらないので


自分 も 同じことを 人に したかもしれないが

かなり 前 の ことで 思い出せない 

ケース も あります


もちろん 守護霊 に 頼んで

思い出させてくれ と マジで 頼めば


俺 の ケース の 様に

ある人物 の かお が 守護霊 から

送信 されて 来て 気づける ことも あります


ただ それでも どうにも

自分 が 似たこと を した ことを

思い出せない 場合 は


「 ああ 自分 も どこかで きっと

  同じことを してしまった のだろうな、、、 」


「 ああゆう のは いけないな

  自分 は 絶対 に しないようにしよう 」


と 気づく ことで クリア して

霊的周波数 を 整える こと が 出来ます


しかし 


ここで 大切 な ポイント が あります


それは

魂 の クリア するべき 

学び や 課題 は ひとそれぞれ で


すべての ケース が この エピソード に

当てはまる わけでは ありません


なかには 不快な目に 会った ときに

しっかりと やめてくれ と 伝える ことを

マスター する などといった 学び の

ケース も あります


その場合 は しっかり 断る など

べつの 対処 を することで クリア と なります


自分 が どの ケース に あてはまる のか

しっかり 向き合って 見極め

対処法 を 見つける ことが 大切 なのです


しかしながら 今回 の 記事 の ように


『 他者 に みる 欠点 は 自分 の 欠点 』

『 自分 も 同じ ことを してしまっている 』


と いった ケース は とても 多い ので

まず こちらを チェック して みてください


そして どのケース の 課題 にも 共通 するのは


『 自分自身 を 変える 成長させる 』


と いうことです


不快な目 に あったら それは 

実は 成長 の 大きな チャンス 


自分自身 を 成長 させ

それぞれ の ケース に 適した 対処法 で 

人生 の 課題 を クリア していきましょう


そうすることで 

本来 の 自分自身 の 輝き を 取り戻せます

そして

素晴らしい 人生 を 過ごしましょう



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-03-04 11:48 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(5)

驚愕!執着心を克服する方法! #294

執着心 と いう もの がある

執着心 は ぎまん  や エゴ から

きていて これを もつ と なかなか キツイ


俺 に とっても

こいつ が なかなか やっかい で 手ごわい

クリア するのに 結構 くろう する


しかし ながら

この しゅうちゃくしん を クリア する

方法 が ある 


では 解説 しよう


しゅうちゃくしん を クリア するには


まず しゅうちゃくしん が どういものか を 

理解 すること から 始まる


しゅうちゃくしん にも いろいろ な

ケース が ある が


たいてい の 場合 は 


『 執着心 の ウラ に 別の気持ち 

  が 隠されている ケース が 多い 』


実は その 隠された 別の気持ち が 

執着心 の 本体 なので ある


とことん 自分のこころ と 向き合って

本当の 気持ち や 隠された 気持ち を

さぐり みつけだす ことが 必要である



たとえば、、、

こんな感じ である、、、 



恋人 と 別れた と する

そして もう 会えなくなる


それは 当然 くるしみ も でてくるだろう


もし 純粋な 愛 で あれば

ヘン な くるしみ が 出てくることは さほど ない


しかし ここで しゅうちゃくしん が 出てくると

ちょっと ちがった ヘン な くるしみ が 出てくる


「 ああ ちょっと この くるしみ は ヘンだな、、、 」


と もし 自分 で 感じたのならば ここで


『 自分のこころ と 向き合う 』


ことが 必要 である

もし この くるしみ が しゅちゃくしん から

来ている ので あれば


それは 純粋 に すき だ という 気持ち 

以外にも 「 よこしまな 気持ち 」 が 混じっている


実は この こころ に 潜む この


「 よこしまな きもち 」


が 自分自身 を くるしめて いる

と いった ケース が よくある


具体的に いうと


本人 は 

「 愛しているから 会いたい よりを戻したい 」

と 口 では 言っていて いるが、、、


実は


「 もう 自分には チャンス が こない!

  ( と つよく 思い込んでしまっている ) 」


とか、、、本当は


「 会って 文句 を ぶつけて やりたい! 」


「 よりを戻して いつか しかえし してやろう! 」
 

などなど


と いう とても 口には出せない 感情 が

こころに 潜んでいる 場合 も ある


こんな 場合 には なにか

異様 に くるしくなったり するのである

これが しゅうちゃくしん の 本体 である 


こういう 場合 は しっかり と 

自分 の こころ と 向き合って


『 これは 愛 なのか それとも
 
  隠された よこしまな 気持ち なのか? 』


これを しっかり 自問自答 する


そして 自分 の こころ の なかに

よこしまな おに の ような 気持ち が あったら

それを ゆうき を もって 一旦 認める


その 時点 で かなり 楽 に なります


ああ 自分にも こんな 気持ち が あったのだな、、、

と 認めるわけです
 

ま どんな きたない 気持ち が あっても

それを みとめて きれいに すれば いい わけです


で もう一度 自分に 尋ねてみる

「 本当に 会いたいのか? しかえし したいのか? 」

と 

そして 自分 の こころ が


「 あ、、、しかえし、、、だな、、、 」


と 感じた としたら 


今まで 感じていた

会えなくて つらい、、、 と いった 感情が

かなり なくなって いると 感じる わけです


隠れた よこしま な 気持ち を 

こころに 隠し持っている と 人が 

しゅうちゃくしん に 振り回される ことも ありますが


一旦 よこしまな 気持ち を 認めると

自分 で コントロール しやすくなります


そしたら 次 が 重要 で


ここで 自分 の 


『 考え方 思考 を 変える 』


自分自身 を 成長 させる のである


『 本当 に よこしまな こころ でいいのか?

  それとも

  本当 は しあわせに なりたいのか?   』


どちらなのか を 真剣に 自問自答 する

それを 自分 に はっきり させる


もし かりに しかえし だったら

やめた方が 得策 だと 考える


自分の 出したものは 必ず 自分 に 返ってくる

この世 には 因果応報 と いうものが ある


詳しくは ↓ の 記事に書きましたが

因果応報!衝撃の反戦ポスターとは! #181

もし かりに 相手 が 自分 に たいして

ひどいことを した としても 


もし 自分が しかえし を してしまうと


自分が 自分で だした エネルギー が

また 自分に 返ってきて しまう ので


はっきり 言って そん です


しかえし なんか しなくても

もし その人 が 本当に ひどいことを 

したのであれば 


その人 が 自分で だした エネルギー が 

いずれ その人 本人 に 返ってくる だけ なので


しかえし など する 必要 も ない と 知ってください


考え方 が 変ると 周波数 が 変る ので


感じ方も 変り しゅうちゃくしん の 感じ方 も

変る わけです 


自分自身 が 大きく 変われば かわるほど

まったく しゅうちゃくしん も 感じなく なります


また 自問自答 の 結果

しゅうちゃくしん を クリア して 


『 本当 は しあわせに なりたい 』


ので あれば 次の 段階 と して

やはり それには


『 自分 を 磨く こと 』


です

それに 向けて なにか 行動 を はじめてください


「 体を鍛てみる 」 「 料理の腕を上げてみる 」

「 勉強してみる 」 「 楽器でもはじめてみる 」

「 自分を励まし 陽気に暮らす 工夫 を してみる 」


「 茶道 」 「 華道 」 「 書道 」 「 剣道 」 

「 合気道 」 「 居合道 」 


などなど なんでも いいです


『 自分 が こころ 魅かれる もの 』


を えらんで


なんでも いいので 行動 してみてください


たとえば 自分 を 高め 磨く ために

今まで 体験したことの なかった 

茶道 など 「 ~道 」 的な 世界に 

とびこんで みるのも ありでしょう


そして それを 


『 たのしく そして 真剣 に やる 』
 

ことで 充実感 を 感じてみてください 


とにかく 自分 を 成長 させて かえる わけです


自分自身 が 大きく 成長 して 変われば かわるほど

しゅうちゃくしん は まったく 感じなく なります


しゅうちゃくしん から くる くるしみ も

まったく うそのように なくなります


自分 を かえて 高めて みてください

すると 自分 に 自信 も つき 

自分自身 の 周波数 も まったく かわるので


以前 感じていた しゅうちゃくしん とは

まったく 別の 周波数 に なり


「 あり? なんで あのとき

  あんなこと 考えてたんだろ? はて? 」


と いうくらい クリア できます



みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-01-09 20:17 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(6)

真相!「 本当の感謝 」 とは一体どうよ! #292

感謝 が 大切 感謝 が 大切

と 言う 言葉 を よく 耳にする


まあ それは それで たしかに

大切 だと 思う


しかし どうだろうか


俺は わけも わからず 感謝 など

できない


ある人  「 感謝しないと いかんよ! 」


と 言われても


俺     「 納得 も なく むりやり 感謝 

        なんか できねーよっ! ははっ 」


とか 言っている


くちさき だけで 感謝 感謝 言って いても

「 偽者 の エネルギー 」 でしかない


キッツー とか 思っている とき に

さすがに 感謝 は できない

( 竹中直人 氏 の 

  笑いながらおこる人 じゃないからねえ )


http://youtu.be/l18R6GHeiPs


えー、、、コホン!


しかし 


「 本物 の 感謝 」 の 思い は 

とても 大切 で よい 周波数 を 放つ


その 自ら が 放った 感謝 の エネルギー が

実際に 『 よい 出来事 』 を 招く のである


そして 感謝 とは ぎゃく の 思い は

あまり よろしくない 周波数 エネルギー を

みずから 放って しまう


これは よろしくない ことで

いい 出来事 を 遠ざけてしまい

人生 を 楽しめなく なる


では どうすれば よいのか?


まず 1つ は

今 自分 に 起きている 出来事 を

いやな ことが 起こった と 決めつけず に


『 自分 に とって 必要 な 出来事 』


である と みなす


いやな ことが 起こった と 決め付けると

その思い から なかなか 脱け出せず

前向きに なれず 解決 も おそくなる


しかし


とりあえず


『 自分 に とって 必要 な 出来事 』


と みなすことで その 思い からは 

脱する こと が できる


そしたら 次に


『 その 出来事 から 得ること は ないか 探し 

  自分 の 考え方 と 行動 を 変える      』 


で これを すると 


『 必ず 得ること が 見つかる 』


それ を 実行 すれば  必ず

自分 に とって 必要 で 

とても よい ものを 

実際 に 得ることが できる のだ


そして


『 自分 に とって よい ものを 得れば 』


『 自然 と 感謝 の 思い が 出てくる 』 


これが 


『 本当 の 感謝 』


で ある



これの 実例 を かくと、、、こうなる、、、



俺 の 住んでいる ところは 近所 に

ほとんど めし屋 が ない!


これが 本当 に くつう だった


「 ああ また 夜がきた、、、めしか、、、

  どうしよう、、、か、、、            」


と ほとんど 同じ もの ばかり 食っていたり

結構 やばかった

一軒 結構 昼は いい めし屋 が あるが

夜は そこは 閉まって しまう ホワーイ?


マジ で 引越そう か? とか も 考えた


俺  「 おいおい んっだよ この場所 は、、、 」


と うんざり していた、、、


しかし まてよ

この 環境 この 場所 には


「 俺 に 必要 な 何かが ある かもしれない 」


と 考える ようにしていた 


実際 守護霊 や 守護天使 たち も こう 言う


守護霊  「 きみ に 必要 な 状況 が 
  
        与えられて いるんだよ       」 

と、、、


そんな ある日


ふと した きっかけから 

俺は 料理 を 作ってみた

驚愕!男のパスタ 霊的クッキング! #272

これを きっかけ に 俺 は 変った

まだ はじめて 間もない が


ぶっちゃけ 今では 

レシピ さえ あれば 何でも 作れる

好きな ものを 自由 に 作って

やりたい放題 で 毎日 しあわせに 食べている


俺が こんな 食生活 を 送れるとは

夢 にも 思っていなかった ので

感動 の 毎日 で ある


しかし どうだろうか

もしも 近所 に めし屋 が たくさんあり

『 一見 めぐまれた 』 環境 だったら

果たして 俺は 自分 で 料理 を しただろうか?


いや しないだろう、、、

この めし屋 の ない 環境 だったから こそ

俺は 料理 を 身につけることが できたのだ


そう思うと やはり


『 この 環境 が 俺 に 必要 だった 』

『 この 場所 に 住んで よかった 』


と 自然 と 感謝 の 思い が 

涌いてくる わけである


はじめ は 自分 の 環境 を 

「 くっそ! 」

とか 思っていた のだが


環境 自体 は 何も 変っていない が


自分自身 が 変わった 為に

その 環境 を 

実は 俺にとって 

「 恵まれた 環境 だったのだな、、、」

と 認識 が 変った のだ


そして


俺に 与えられた 環境 や 状況 に

自然 と 感謝 できる ように なった


これが 本当 の 感謝 だと 思う


むりくりに 感謝 とか いうのは

やはり 少々 きつい 


大切 なのは 


『 与えられた 出来事 から 成長 して

  自分 の 考え や 行動 を かえる 』


ことであり その 上での 感謝 である



みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-01-07 12:14 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(5)

出来事の受け止め方で人生が変る! #282

自分 に ふりかかった 出来事 を

どう 受けとめるか で 人生 が 大きく 変る


以前 こんな 出来事 が あった


とある 場所 で 俺たち は 模擬発表 をした

本番に そなえて の 練習 の 発表 である


本番当日に 発表を聞く 人たち の 役は

同僚達 が 演じてくれていた


俺の 発表 の 順番 が きた

ま 準備も 結構 がんばったので

順調 に 発表 は 進んだ


「 ま イイ感じ で すすんでるかな? 」


と 感じていた その とき

ハプニング が 起こった


発表を 聞く役を 演じていた 同僚 A氏 が

俺 の 出した 説明 と 指示 どおりに

動けなかった のだ 


そのため 俺の 発表 は  

先に進めることが できず 中断 となってしまった


俺は 内心


「 あ ざんねん 」


と 思うと同時 に


「 やっぱ ここ ちょっと ツメ が 甘かったか 」


と やっちまったな、、、 と 思っていた

で もう そこで 気持ち を 切り替えて

次に やる本番 に 備えよう と 

同僚達 から 意見を 出来るだけ 収集した


俺の 発表 は そこで 終わってしまった

その場 は ちょっと きまずい 感じの

びみょ~な 空気に なっていた


で 俺的には おどろいた ことが 起きた


発表 が 終わり 休憩 時間 に なると


俺の発表 を 止めてしまった

A氏 が 俺の ところに 来て

ものすごく 気にした 感じで

お詫び を 伝えにきた のである


A氏   「 本当に ごめんなさい 

       わたしの 呑み込み が わるい 

       ばかりに 止めてしまって 、、、 」


A氏 は そうとう ショック を 受けて

自分を 責めていた


しかし 俺は まったく そんなこと を 

思ってもいなかったので


俺には A氏 が 言っていることは 解るが

A氏 の 言っている 意味が わからなかった


俺    「 えええっ! 何言ってんすか! Aさん 

       あれは 本番 でも 起こり得ることですよ

       あなた の おかげで 改善策 も わかり

       いやあ 本当に ありがとう ございました! 」


と 俺は A氏 に 思っていた ことを 伝えた


いや マジで 本当に そうである

もし この発表を 仲間内 で 口うらあわせて

表面的にキレイに 問題を 起こさないよう に

やってしまったら 本番 で 問題 が 

生じたら どうする、、、


すると A氏 は


A氏   「 ああ、、、なんてこと おっしゃってくれるの、、、

       こっちが 謝らなくては ならないのに

       ぎゃくに 励ましてくれる なんて、、、 」


と 胸がいっぱいに なった 表情を 浮かべている


俺    「 いや マジ で そうっすよ!

       むしろ 俺は ラッキー ですよ 

       Aさん の おかげで 本番 に 向けて
  
       改善策も 解り 対処 が 出来ますし 

       その為に 今日の出来事 は 起きたのですよ

       (宇宙ってのは そーなってんっすよ←内心) 」


A氏   「 まあ そんなこと おっしゃってくださって、、、 」


俺    「 まあ それが 真理 なのですから、、、 

        いや 本当に ありがとうございます! 

        マジで 助かりました!          」


と こんな 会話 が なされた


俺が A氏 に 言った 言葉 は 本当のことで

それが 真理 まことの ことわり である


『 自分 に 降りかかる コトは 

  自分 の 成長 の 為に 起きている 』


宇宙 とは そういう ふうに 出来ている のだ


しかし もし この 出来事 を


「 ちっ! なんだよ 呑みこみ ワリーなあ!

  ちゃんとやってくれよ 恥かかせんなよ!  」


などと 俺 が 受け止めたら、、、

どうであろうか?


んなこと 思うと 守護霊 から 即座に

蹴り を 入れられてしまう だろうが


これでは

完全 に 宇宙 の 周波数 から 外れてしまう


守護霊 や 守護天使 たち は

「 おい それ ちゃうやろ 」

って 誰にでも いって くれている


自分のしっぱい を 人のせいにして

その 守護霊たち の声 や そして

エゴでない 本当の こころの声を 無視 したら


自分自身 で 天 や 宇宙 との

回路を 遮断 してまう のと 同じである



もし かりに

しっぱい を 人のせい に してしまうと

自分 の 模擬発表 を 改善 することにも 

集中 できないので

本番 が より キビシイ ものと

なってしまって いたことだろう


じっさい 発表後

人のせいに している人もいたが

みていて その人自身 くるしそうであった


言ってあげれる 言葉 も あったが

いっぱいいっぱいだった みたいだし

言ってほしい という シグナル も 

とくに でていなかったので 黙して おいた 


が、、、



『 自分 に 降りかかる コトは 

  自分 の 成長 の 為に 起きている 』


起こった 出来事 から メッセージ を

読み解くことが 大切で


『 この 出来事は 自分に どう成長しろ

  と 言っているのか?            』


と 自分 を 成長させる 方向で

前向き に 受け止める ことが 大切 です


そして


『 もし 守護霊 だったら 今 なんと

  言ってくれている のだろうか?  』


と 言う 視点 で 

エゴではない 本当の 心の声 を 聴き

しっかり 自分で考える ことを していくと

守護霊 の 声 も 聴こえる 様に なります 


なにより 自分も成長でき 

魂 の 周波数 が あがります


『 起こった 出来事 を どう受け止めるか 』


で 人生の道 は 大きく ちがってきます
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-26 12:29 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(0)

心がモヤモヤ重い時はチャンスの時! #271

心が なんとなく モヤモヤ して 

気分 が 重い とき は ありませんか?

そういう 時 は 

実は、、、


大きな チャンス の 時 です

「 自分 は ラッキー だ! 」

と 知ってください


一見 心がモヤモヤして 気分 が重いと

いやだな、、、と感じる かもしれませんが

実は ちがうのです


この 心 が モヤモヤ する 感覚 は

守護霊 や 守護天使 が 

あなたの 心 を ノック して

「 大きな 変化 の 時 を 知らせてくれている 」

のです


ですから その モヤモヤ と 

しっかり 向き合ってください


コツ は 心 の 中心 を 感じてみて

『 この 感覚 は 何を 言っている のだろうか? 』

と しっかり 感じてみるのが コツ です


すると 


自分の なかで 

『 修正すべき 考え方 や 行動 』

が だんだん 観えてきます


「 これは こう考えた方が いいかな? 」 とか

「 この 行動は 改めた方が いいな 」  など


いろいろ 自分の中で 試行錯誤 を してみてください

いわゆる  「 自分会議 」  です


そこで 自分の考え方 や 行動 を 変えてみてください



すると 必ず 


『 心 が スッキリ する ポイント 』


が 見つかります


このとき  

『 自分 の 真 の 心の声 』



『 エゴ の 声 』

と を しっかり と 見極めてください


もし かりに あまり よくない決定をしたとしても

その 場合 は また モヤモヤ の ノック が 

来ますので また 心 と 向き合ってください


そして 本当に エゴではなく 

真 に 心 が スッと する ところに

収まると


あなたの 周波数 が 上がっています

そうなると


あなたが すべきこと 進むべき道 が 観えてきます

これを 繰返すこと で


直感 も 冴えて それに関する 情報 も 入りやすくなります


そして 「 ああ しあわせだな、、、 」 

と 感じる ポイント に 近づいていきます


俺も 心が モヤモヤ したり 気分 が 重い ときは


『 お! 来てるねえ! 超ラッキー! どこ修正すんの? 』


みたいに 言って 心 と 向き合い 軌道修正 してます


もちろん キッツイ ときも ありますが

それでも これは ラッキー だ ここさえ クリア できれば

また 周波数 が あがる、、、 

と もちろん ラッキー姿勢 でやっています


そうやって クリア しています

すると 必ず ちょっと イイ ことが 起きてます


モヤモヤ と 言うかたち で 俺の 心 を ノック して

せっかく 見えない存在 たち が ガイド してくれているので

感謝 して 大切 に しています


みなさんも 是非 心 と 向き合って みてください


『 答えは 心 魂 の 中にしか ありません 』


楽しく 魂 の シフト を してみてください

そうすることで 周波数 を 上げ 

今までの 次元 よりも 先の 次元 へ 行けるのです


ちまたで あせんしょん と 言われている のは 

この 魂 の シフト つまり 心 の 周波数 を 変えて

次元 を 上げていく ことでもあります


それは 誰かに 与えられるものでは なく

自分 の 心 と 一歩一歩 歩む ことで 

それは 起こり 達成 されていく のです


みなさん 共に 楽しみ がんばりましょう
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-14 14:40 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(7)