カテゴリ:問題・悩み解決!( 35 )

実相!パートナーシップで天国を創るコツ! #596

みなさん こんちには


今回 は 春 ということで


明るい パートナーシップ に 関する

情報 など を お伝えしよう


それでは


『 魁! パートナーシップ 男塾 』


つーか もう ほとんど 『 男塾 』 って

言いたい だけ だろう って 感じ だが


つまり 人間関係 が テーマ です


それでは いってみよう!



俺 は 知人 の ご夫婦 の 相談 とか

に のる こと が よく ある


それで 俺 が 夫婦間 の 問題 での

出来事 の 受けとり方 や 


相手 の 立場 に 立って

視点 を 変えて 観る こと など を


お伝え したり する わけ ですが


その 相談 の 中 で

一番 多い のが


「 相手 に 変わって ほしい 」

「 相手 に ~して ほしい 」


と いった 相手 に 変化 や

何か を 要求 する 内容 である


まあ これは 誰も が

感じる こと なのだろう


そして その中 でも

よく 耳 に する のが


「 愛してる と 言って ほしい 」


との こと である


最初 の 頃 これ を 聴いた とき

俺 は


「 マジかよ! そりゃ むつかしくね? 」


これは 日本人 には なかなか

むつかしい のでは? と 思った


そこで 俺 が


「 え? そんなの 要るんか? 」


と 質問 を すると


「 ええっ! 「 K 」さん 信じられない!

  そんなの 要る に 決まってるでしょ!! 」


と 言って 逆 に 俺 が 叱られた


「 「 K 」さん は 解って ない! 」


「 結婚 したら 絶対 に 奥さん

  に 言って あげないと ダメ だから! 」


と 


初め は 俺 が 相談 に 

乗っていた はず なのだが


気がつくと なぜ か 俺 が 

猛烈 に 説教 されて 叱られ ている 


完全 に 日頃 の 旦那さん に 対する

ストレス を 俺 に ぶつけられてしまう!


ひえええ~~~


まあ これ は 俺 に とって は 

ほぼ 八つ当たり された だけ だが


ただね


じつは これ には 俺 は 感謝 している


これだけ 真剣 に 怒る という こと は

本当 に 大切 な こと なのだろうな


と 思った


そんな 言葉 は 学生 の 頃 は

恥ずかしい というよりも カッコ わるく 感じて


それと 日本 の 男 は 

基本的 に 高倉健 なので

絶対 に 言えなかった


しかし 何人 もの 人 から 切実 な 

想い を 聞かされている うち に


俺 も ある 年齢 から は


「 これは 言える ように 

  なった 方 が よさげ だな、、、 」


「 何事 も 言葉 に して

  伝える こと が 大切 だな、、、 」


と 考え方 を 変えた


なので 今 の 年齢 の 俺 ならば

そういう 言葉 も 言える たぶん


いやいや たぶん とか 言ってる と

また 叱れるぞ・・・ やばいぞ・・・


いやいや マジ で 言えます


その上で 今回 お伝え したいのが

相手 との 関係 や 人間関係 に おいて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆『 相手 に お願い する 

   とき は 思いやり が 大切  』


☆『 望む 世界 が ある ならば まず

   愛 と 調和 の もと に

   自分 から 率先 して 実行 する 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう こと である


何か を 相手 に お願い する 場合 は

やはり 思いやり が 大切 である


この こと を ちょっと ここ で

掘り下げて みよう


よく 耳にする 主張 は こう である


「 海外 では 夫婦 で 愛してる と

  言う のは 当たり前 の こと!  」


しかし これ は あまり 

言わない 方 が よい


やはり 海外 と 日本 は ちがう


どのくらい ちがう かと 言うと

俺 も 映画 で 観て 驚いたが


『 バック・トゥ・ザ・フューチャー 』 


で 主人公 の 兄 が 出かける 時 に

母親 に こう 話しかけ られる


b0225081_17431963.jpg










「 忘れている こと が あるでしょ! 

  出掛ける前 の キス は?  」


と そして 


b0225081_1752428.jpg











そして 母親 に キス して もらって

出掛けて いく わけ である


驚愕 である!


これ を もし 自分 の 兄弟 や 旦那さん

が やって いたら どうだろうか?


一瞬 にして 場 が 凍りつく だろう


あなた は 何 と 言う だろうか?


「          」


実際 に ここ ↑ に セリフ を 

入れて みて いただきたい


日本 だと やはり こう なる


しかし 海外 では この ような

雰囲気 は 日常的 な こと となる


主人公 の 両親 も ↓ こう


b0225081_17593163.jpg









とても 仲が いい


この ように 海外 では

日常 の 雰囲気 から して


「 愛してる 」


と 言いやすい 『 雰囲気 』 なのである


じつは この 日常 の 『 雰囲気 』 

という のが 大切 なのである


日常 に この 雰囲気 が あれば

愛してる とも 言いやすく なる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 愛してる と 言われ たかったら

   日常 の 雰囲気 も 大切 にすべし 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


日本 には そもそも この 雰囲気 が 

家庭 に ない ケース が 多い だろう


実際 俺 の 家 も そうだった


俺 の 親父 は 職人 だったので

口数 も 少なかった 


母の日 に 親父 から おふくろへ

花 が ダイニング・テーブル の 上 に

何も 言わず 黙って 置いて あった


なので「 この 花 誰 が 置いた? 」

と 謎 に なって しまって いた!


たぶん これ が 親父 の 中 の 極限 で

精一杯 の 愛情表現 だった のだと 思う


だから 親父 が おふくろ に 

愛してる なんて 言う のを 


聴いた こと など 一度 も ない


日本 の 家庭 に おいて 親 が 

愛してる と 言う のを 聴いた 

こと の ある人 は 何人 いる だろうか?


やはり 海外 と 日本 では

隔たり が ある かと 思う


日本人 には ちょっと 苦手 なのは

仕方がない こと かも 知れない


では どうすれば よい のか?


ヒント は ↓ これ である

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆『 相手 に お願い する 

   とき は 思いやり が 大切  』


☆『 望む 世界 が ある ならば まず

   愛 と 調和 の もと に

   自分 から 率先 して 実行 する 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ここ で 一旦 別 の

参考 エピソード を お伝えしよう



俺 は 社会人 に なって から も

バンド を 組んでいた が


一度 全く ギター を 弾いたこと 

の ない 後輩 から


「 バンド で ギター として

  仲間 に 入れて ください 」


と 頼まれた こと が ある


あまりに 真剣 だった ので

素晴らしい こと だな と 思い


俺 は その 後輩 を バンド に 入れた


しかし 全く の 素人 なので

ほとんど ギター が 弾けなかった


そこで 俺 は


重要 な パート は 全部 俺 が 弾き

後輩 には 出来る ところ だけ で イイ

とした


楽譜 も 俺 が カンタン に

後輩用 に 書き直して あげた


そして まずは バンド の

雰囲気 に 慣れること と 告げた


このように 初心者 の 後輩 には

むり な 要求 は 一切 せず


俺 が むつかしい パート は

全部 弾いて 


後輩 の ミス も フォロー した


だから 一度 も バンド で

もめた こと も なかった


そしたら 後輩 も 少しずつ

弾ける ように なり


いろいろ と 任せられる

ように なって いった


しかし もし 


まだ ギター が 弾けない 後輩 に

むり に 要求 したり したら


どうなった と 思うだろうか?


もめごと に なって しまった

かも 知れない


じつは これ と 夫婦間 も 同じ である


「 愛してる 」 と 言う のが

まだまだ 苦手 な 相手 に


むり に 要求 する のは 

やはり ちょっと ちがう 


では どうすれば イイ のか?


ここ で 朗報 である


じつは 最初 は 全然 

「 愛してる 」 と 言えなかった 人

が 自然 と 言える ように なった 


という 実例 が ある


これは 一体 どういう して

言える ように なったのか と言うと


先程 の バンド の 話

と 同じ で


☆『 どちら 一方 が 率先して

   愛してる と 言い はじめた 』


これ である


どちら 一方 が 相手 に 

頻繁 に 愛している とか ステキ 

とか 言って いると


だんだんと そういう 言葉 を

言いやすい 雰囲気 に なってくる


そしたら 自然 と 相手 も

言える よう に なる わけ である


そして この 方法 で 


実際 に 「 愛してる 」 と 言える 

ように なった 人 が いる のである!


これ は この 侍 の 国 日本 に 

おいて 素晴らしい 成果 だと 言える


どうだろうか


なので 


もしも あなた が 自分 が 愛してる と

言って もらいたい のであれば


まずは 自分 から 率先 して

相手 に 愛してる と 言葉 で 伝えて


このような ↓ 


b0225081_1972985.jpg









自分 から 率先 して 


仲良し の 雰囲気 を 作る こと が

大切 であり 一番 の 近道 なのである


相手 との 関係 や 人間関係 に おいて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆『 望む 世界 が ある ならば まず

   愛 と 調和 の もと に

   自分 から 率先 して 実行 する 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 話 と 似た 話 で

知っている 方 も 多い かと 思いますが


『 天国 の 箸 と 地獄 の 箸 』


という 話 が ある


天国 と 地獄 の 箸 は

2m くらい あって 長い


これでは 食べ物 を 挟んで 自分 の

口 に 入れる こと が 出来ない


だから 地獄 では みんな が 飢えている


地獄 では 自分 が 食べる こと

しか 考え ない から である


しかし 天国 では その 長い箸 を

使い お互い に 食べさせている


だから 決して 飢える こと は ない


b0225081_20301762.jpg










相手 との 関係 や 人間関係 に おいて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆『 望む 世界 が ある ならば まず

   愛 と 調和 の もと に

   自分 から 率先 して 実行 する 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり この ような 天国 を 作るには

愛 と 調和 の もと に


自分 から 率先 して 相手 に

与える という 気持ち が 大切 である


「 愛してる 」 と 言って ほしい

ほしい と 言い ながら うえる のではなく


天国 を みずから 創る 為 に


そして 「 愛してる 」 と 言いやすい 

日常 の 『 雰囲気 』 を 作る 為 に


自分 から 「 愛してる 」 と 相手 に

率先 して 言う こと が ポイント である


と いうこと が 深く ご理解

いただけた こと かと 思います


家庭 や パートナー との 間 が

天国 の 周波数 に なれば 


地球 全体 も 幸せ な 周波数 

に なって いくので


素晴らしい 地球 貢献 にも なります


そして また 今回 の こと は

パートナーシップ だけ で なく


バンド の 実例 から しましても


どんな 人間関係 に おいても

当てはまる こと です


このような 視点 を 大切 に して

よりよい 地球 に して いきましょう


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2017-04-19 21:55 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(7)

実録!視点を変えて人を許すとは!実践編! #591

みなさん こんちには


第二回 『 魁! 人間関係 男塾 』

今回 の テーマ は 『 許す 』 part 3


前回 から の 続き ですので

こちら ↓ の 記事 から お読みください


実相!人を許すという視点を変えてみると! #590


今回 は 前回 の 記事 で 書きました 

こちら ↓ の ステップ の 実践編 です


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1、相手 を 許せない ような

  出来事 が 起こった

    ↓

2、相手 の 立場 に 立って みて

  自分 の 改善点 を 探す

    ↓

3、改善点 を 全力 で 改善 する

  自分 の 考え方 行動 を 変える

    ↓

4、人生 の 課題 を 見事 クリア!

  自分自身 の 周波数 も 変わる 

    ↓

5、心 が スッキリ 晴れやか になる

  人間関係 で こまる ことが へる

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ を 俺 が 実際 に 体験 した

実例 を もとに 解説 してみよう


人生 の 人間関係 の 課題 で

起こる つらい 出来事 に


信じていた 人たち に うらぎられる


と いう ケース が ある


じつは 俺 も それ を 

体験した こと が ある


俺 も まだ 若い 頃 だったので

これは かなり 想像以上 に キツ かった


そこには 相手 を 許す と 言う

課題 が 付いている わけ だが


前回 の 記事 でも 書いた ように


俺 には そもそも 人 を 許す という 

視点 は もって いなかった 


では その 課題 を どう クリア したのか?

その 衝撃 の 一部始終 を 観て みよう


では はじめよう


それは 俺 が 小学生 の 時

クラス で とある 事件 が 発生 して


その 結果 クラス の 勢力 が

真っ二つ に 割れて しまった


ところが その後 俺 の いた

グループ の 仲間 たち が


1人 を 残して 全員 が 


いきなり 手の平 を 返して

別 の 勢力 に 寝返って しまった!


そして 俺 は クラス で

孤立 する こと と なってしまった


「 え? マジでか! あいつら は 

  俺 の 友達 では なかったのか? 」


俺 は それまで 仲良く やっていた

仲間たち が 急 に 態度 を 変え

去って いってしまった ので 驚いた


これは 結構 キツ かった

この とき 俺 は どう 思ったのか?


俺 は 


「 くっそおお 裏切り者たちめ! 」

「 あいつら 絶対 に 許さんぞ! 」


とは 


じつは 思わなかった


俺 は その 事実 を どう 考え

どう 受け止めた かと いうと


こう だった


「 なんたる 俺 の 人望 の なさ! 」


ここ に 一番 ショック を 受け

俺 は 1人 愕然 と していた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆『 相手 の 立場 に なって 考えて

   みると 改善点 が 観えてくる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


事件 が 起きた とき に このように

みんな が 一斉 に 手の平 を 返す とは


きっと それまで に 一見 

仲良く やって いる ように みえても


仲良く やって いる と

思っていた のは 俺 だけ であり


じつは みんな は 俺 に たくさん

文句 や 不満 が あった のだと 思った


俺 は とんでもない 勘違い を

していたのだな と 気づいた のだった


だから 仲間たち を 責める よりも

仲間たち に 申し訳なかった と 思った


この 視点 は 大人 に なった 今 でも

本当 に 大切 だと 思う


もし 俺 が その時 


『 自分 が してきた こと 』


では なく


『 相手 の したこと 』


ばかり を みて しまって いたら


俺 も 相手 に たいして 怒り や 

いきどおり を 感じた こと だろう


しかし 


この時 の 俺 は 


『 相手 の したこと 』


では なく


『 自分 の してきた こと 』


に 目 が 行った のである


これが の 視点 が 正解 と言うか

結果 として かなり よかった のである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 相手 を 責める 前 に 自分

   に 問題 は なかった のか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 視点 が あれば


自動的 に 相手 を 『 許す 』 とか 

そういう 次元 では なくなる


もしも 本当 に 仲間たち を

大切 に していた のならば


いざと いう 時 に 一斉 に

手の平 を 返す こと など ありえない


だから 俺 は 仲間たち を 


本当 の 意味 では 大切 に 

出来て いなかった のだな と 思った


「 今まで 俺 が 考えていた 

  友達 って 何 だったのだ? 」


と いう 疑問 が 湧いてきた


「 一体 俺 は どこ で どう

  何 を 間違えた の だろうか? 」


「 本当 は どうすべき だったのか? 」


それ が 当時 の 俺 には 判らなかった

だから かなり なやんだ


俺 は クラス で 孤立 しつつも


「 俺 は この ままでは ダメだ! 」


と 自分自身 を 変える 決心 を した


自分 では どうして イイ のか

判らなかった ので


同じクラス の 人望 の ある やつ を

とことん 観察 して みること にした


すると いろいろ と 自分 と やつ

との 違い が 観えてきた


「 あいつ は 自分 よりも まず

  相手 の こと を 考えてるな 」


「 あいつ は 自分 の 意見 を

  無理矢理 には 押し通さないな 」


などなど


人望 の ある やつ が 


俺 には ない もの を たくさん

持っている こと に 気がつき はじめた


そんな ある日 


衝撃的 な 出来事 が 起こった


その時 俺 は クラス でも 人望 の

ある Nくん の 隣り の 席 だった


その日 俺 は 図工 の 授業 で 使う

絵の具 を 忘れて 来て しまった のだ


俺 は 絵 が 好き だった ので

ショック を 受けていた


すると 先生 が となり の

Nくん から 借りなさい と 言った


俺 は なんだか 申し訳ない 

気持ち で いっぱい だった


すると Nくん は 笑顔 で

俺 の パレット に 


思いっきり たくさん 絵の具 を

どんどん と 出して くれたのだった


俺 は これ には 驚いた!


「 Nくん は イイ やつ だと

  思っていたが ここ まで 

  気前 の イイ やつ だったのか! 」


それに 引きかえ 俺 は と いうと


友達 が 絵の具 を 忘れると

いやいや 絵の具 を 貸していた


しかも 友達 に 絵の具 を 貸す とき は


友達 の パレット には なるべく

少なく 絵の具 を 出して いたのだ


Nくん と 比べると


いかに 自分 が セコく 

格好 ワルイ 男 だった のか


愕然 と する 程 の ちがい を

俺 は 身 を もって 体験 したのだった


Nくん には 人望 が あり

俺 には 人望 が ない のは 


当たり前 だな と 理解 できた


幼稚園 では 俺 は がき大将 でも

やさしく みんな と 仲良く やっていたので


じつは それなり に 慕われて いた のだが


小学生 に なって からは 他の がき大将

との 勢力 あらそい が はじまり


あらそい など いや だし めんどう だと いう

今 の 俺 から すると 信じられない こと だが


当時 の 俺 は 他の がき大将 の

やつら と あらそったり している うち に


おもいやり の 心 を わすれて しまい

なにかと うまく 行かない こと が 重なり


あまり 友達 の 気持ち も 考えず に

関係 を 構築 してしまっていた のだった


やはり あらそい ごと は よろしくない


そして Nくん は さらに


白色 の 絵の具 を 特別 に

多く パレット に だして くれた


それ を みて 俺 が


「 どうして 白色 絵の具 を 

  こんなに 多く 出して くれたのか? 」


と Nくん に 尋ねると

さらに 衝撃的 な 答え が 返ってきた


俺 は あまり の 衝撃 で

今でも 忘れない が Nくん は こう 言った


「 白色 絵の具 は たくさん 使うから 」


これ である!

これ には 本当 に ショック を 受けた


そうか・・・友達 ならば


「 相手 が 困っている とき ほど

  助けて あげな いかん の だな 」


と 心底 そう 思った


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
だれかれ 構わず 人 を 助ける
なんて ことは むり なので

もちろん これは 友達 や 大切 な 人 
に 対して の こと ですが

友達 だから こそ 絶対 に 

『 助けては いけない ケース 』

も あります ので ごちゅうい ください
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


Nくん の してくれた こと が

俺 は 本当 に うれしかった


この日 以来 俺 は 完全 に 

自分 を 変えた


セコイ 自分 とは おさらば して

相手 の 立場 で 考える ように 努めた


そして 友達 が 絵の具 を 

忘れて 困っている とき には


Nくん を 見習って 俺 も

たくさん パレット に 出して あげた


すると ここで も 驚愕 な

事実 が 判明 した 


「 なんだ! こんなにも 気持ち

  が イイ こと だったのか! 」


と 言う こと が 判った のである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 が それまで いやいや 

やって いた こと を 


考え方 を 変えて 快く やってみた ところ

これほど までに 心地 の 良いもの だと 知り


俺 は 驚いた わけ である

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


このようにして 

俺 は 自分 を 変えて いった


そして その後 も 小学校 では 3年間 ほど

なかなか きびしい 状況 では あったが


人間関係 の 課題 に 関して

いろいろ と 観察 と 研究 を つづけた


そして 自分 の 改善点 を 探しては 

改善して を 繰り返した


この 時期 に 俺 が 体験して

いろいろ と 学んだ こと は


とても 大切 な こと だった


その後 も 結構 大変 では あったが

自分 を 変える 努力 を 重ねて いくと


年齢 を 重ねる ごとに 楽 に なり


「 こういう 時 は こう 接する 」


といった 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 自分 なり の 人間関係 に

   おける スタイル が 出来て きた 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして 人間関係 で 苦労 すること 

も ほぼ なくなって いった


『 恋愛 』 以外 は・・・ って おい! 


いや ↑ こういう オチ いらないから!


そして 気がつくと


高校生 以降 から は 自然 と

クラス委員長 や 生徒会 や 部長 など


俺 は 人 を まとめる 役割 を 

与えられて するように なっていた


いろいろ と 学んで きた こと を

活かす場 が 与えられた わけ である


そして


大人になった 今 でも 交流 の ある

信頼 しあえる 友人たち に 恵まれた


ただ やはり 思うのだが


小学生 の 時 の この 出来事 が

俺 の 人生 を 変えてくれた と 思う


そして 今 も 基本的 には

この 時 の 考え方 と 同じ で


「 あえて 許さない 学び 」

「 許す のでは なく 諭す 学び 」

「 関係 を 解消 する 学び 」 など


の ケース では なく


「 相手 を 許す 学び 」 


の 人生 の 課題 の ケース では


そもそも 許す とか 許さない と言う 

次元 で 考える のでは なく


この ↓ ように 考えて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1、相手 を 許せない ような

  出来事 が 起こった としても

    ↓

2、相手 の 立場 に 立って みて

  自分 の 改善点 を 探す

    ↓

3、改善点 を 全力 で 改善 する

  自分 の 考え方 行動 を 変える

    ↓

4、人生 の 課題 を 見事 クリア!

  自分自身 の 周波数 も 変わる 

    ↓

5、心 が スッキリ 晴れやか になる

  人間関係 で こまる ことが へる

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この ように 考えて 行動 している


で もう1つ ポイント を 書くと

自分 の 改善点 を 見つける コツ は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 自分 の 改善点 は 相手 の

   立場 に 立って 考えると 観えてくる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


という こと


今回 の 実例 でも 友人たち の 立場

に なって 考えた こと で


今 までの 自分 の してきた こと が

観えて きた わけ である


ここ が ポイント と なります


もし ご自身 が 直面 している

人生 の 課題 が 


「 あえて 許さない 学び 」

「 許す のでは なく 諭す 学び 」

「 関係 を 解消 する 学び 」 など


の ケース では なく


「 相手 を 許す 学び 」 


の 人生 の 課題 の ケース の 方 は


ぜひ ためして みて ください


この 対処 方法 は かなり

効果 が ある かと 思います


ぶっちゃけ この 対処 方法 だと


相手 の 立場 に 立って 考えて

自分 の 在り方 に 目 が いく ので


相手 に さほど 腹 も 立たず

気持ち も すっきり します


しかも 最終的 には 自分自身 も

成長 出来る ので よい かと 思います


ただ それでも なお 


いかり が 出てきて しまう ケース 

も あるかと 思います ので


もし 需要 が あれば

ランボー 怒り の 脱出編 も 書きます


いかが だったでしょうか


何か 感じた こと が ありましたら

お気軽 に コメント ください


と いった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!



.
[PR]
by aquarius_az | 2017-03-17 23:15 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(17)

実相!人を許すという視点を変えてみると! #590

みなさん こんちには


前回 の 記事 たくさん の コメント

どうも ありがとう ございます


人間関係 に 関する 記事 の 需要 が

かなり ある との こと なので


『 魁! 人間関係 男塾 』


今後 も 書いて いこうかと 思います


では 記事 を 始める 前 に

今回 は ちょっと 告知 ですが


なんと! 以前 の 記事 で ご紹介 して

真相!霊的覚醒と芸術の真の役割とは! #573



こちら ↓ の 俺 の 本 の


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





イラスト を 描いて くださった

土屋和泉 氏 の 作品 が 


ニューヨーク での 展示 の

第11回 100人展 アワード で


なんと! 一位 と なりました!

おおおおおっ!!!


b0225081_11232230.jpg








( ↑ クリック拡大 )


そこで 土屋氏 の 個展 が

東京 渋谷 と 長野 で 行われます


渋谷 3/17~3/20 

長野 4/29~5/2


土屋氏 の 作品 は 

独特 の 世界観 が あり

とても 素晴らしい です


ご興味 の ある方 は この 機会 に

ぜひ ご覧 に なって みて ください


詳しく は こちら ↓ 
https://www.facebook.com/和全-1242173345804798/


それでは 


第二回 『 魁! 人間関係 男塾 』

今回 の テーマ は 『 許す 』 part 2


( 前回 の 記事 ↓ から お読みください )

真相!ケースを見極めることで扉は開く! #589


前回 の 記事 で 書いた ように

『 許す 』 という 人生 の 課題 では


「 相手 を 許す 学び 」

「 あえて 許さない 学び 」

「 許す のでは なく 諭す 学び 」

「 関係 を 解消 する 学び 」


などなど いろいろ な ケース が あり


自分 の 直面 している 学び が

どの ケース か 観極める こと が 

とても 大切 と なります


で 今回 は 一番 スタンダード な

「 相手 を 許す 学び 」


の ケース に ついて 書こう


この ケース の 人生 の 課題 は


少し 視点 を 変えて 出来事 を 

観る だけで クリア しやすく なる


今回 は ちょっと まったく 新しい 

視点 での 解決方法 を 解説 しよう


では はじめよう



じつは 俺 は あまり 人 を 許す

という こと を した こと が ない


これには しっかりと した 理由 が ある


そもそも 俺 は


人 を 許す とか 許さない とか

そういう 視点 で 物事 を 捉えない


だから 人 を 許す とか そういう 

こと を 考えた こと が ない


「 相手 を 許します 」


って いう 言葉 を 聞くと ぶっちゃけ 


「 相手 を 許す って 一体 なんで 

  そんなに 上から 目線 なのだ? 」


「 自分 には 全く 非 が ない のか? 」


と 思う


許す とは 上から 目線 で 物事 に

対処 している こと であり


そういう 態度 では くるしく なるのも

ある 意味 あたりまえ である


もちろん 一方的 に まき込まれたり

何か を されてしまう こと も あるが


その 場合 ならば うなずける のだが


大抵 の 日常 での ケース では 

何か 問題 が 起こる という こと は


どちらか 一方 だけ に 非 が あり

どちらか 一方 だけ に 学び が ある


と いった ケース は あまり ない


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 その 起こった 出来事 から

   お互い に 学び が ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


それが 人生 の 課題 なのである


だから 相手 を 許す って 視点 自体

が ちょっと ごうまん に 感じる


そもそも 何か 問題 が 生じる って ことは

お互い に 未熟 だから 起こる わけ だから


「 相手 を 許せない 」 とか

「 相手 を 許す 」 とか


言って いるん じゃなくて


相手 よりも まず 自分 に 目 を

向ける こと が 大切 である


「 ああ 自分 の 言い方 や

  態度 も よく なかったな 」


「 本当 の 意味 では 相手 の

  為 を 考えれて いなかったな 」


とか 自分 の 改善点 が 観えれば

さほど 相手 に ハラ も たたなく なる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 自分 に 改善点 は なかったのか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 視点 を 持て ば


『 相手 を 許す とか 許せない 』


と いった 次元 から 抜け出せる


お互いに 学び が ある ケース なのに


一方的 に 相手 を せめて

相手 を 許せない とか 言っている 


ような 状況 を みると 正直


「 目 を 覚ませええ~~~ 」


「 おまえ にも 改善点 は

  あるんじゃ ないのか~~~ 」


と 言いたく なる 

つーか 言ってしまう


たとえば で 言うと


「 あんなに 一生懸命 に 尽していた 

  のに フラれて しまった 許せない! 」


と いった ケース が あった として も

よくよく 話 を 聴いて みると


本来 ならば 相手 の 為 を 思って

ノー と 言うべき こと も ある のに


なんでも 相手 の 要求 に

イエス と 言って いた だけ で


それ を 『 尽した 』 と 言っている


それ は 単に 相手 を

甘やかせた だけ で あり


本来 の 意味 での 『 尽くす 』 とは

ほど 遠い 行為 なので ある


それに 自分 が ノー と いう 学び 

を ずっと 怠って いた とも 言える


そういった ところ に 気づく 

こと が 大切 である


だから しっかりと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 自分 に 改善点 は なかったのか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ を 探す こと が 大切 なのである


そして じつは ここ から が

一番 大切 なのだが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 改善点 が 見つかったら

   全力 で 改善 する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ここ が 一番 大切 である


本当 に よく ある コト なのだが


「 自分 の 非 を 認めて 改善点 が

  見つかった のに 全く 何も しない 」


と いった ケース が 多い


これだと 自分自身 が 全く 変わっていない

すると どうなる かと いうと


同じような こと を 何回 も

繰り返す こと に なる


人生 の 課題 とは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 出来事 から 学んで 自分自身 を

   より 良く 変えて いきましょう 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この ↑ ため の いろいろ な

出来事 が 日常 に 起こる のである


俺たち は 進化 成長 する ため に

この 地球 に 生まれて きた のである


だから 自分自身 を 変えない 限り


人生 の 課題 は クリア 出来ず に

同じ こと を 繰り返す こと に なる


しかし


自分自身 を より 良く 変えると

周波数 自体 が 変わって しまうので


決して もう 同じ 様な コト で

くるしむ こと は なくなる のである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 自分 の 考え方 行動 を 変える と

   周波数 が 変わり クリア できる  』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


だから


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 改善点 が 見つかったら

   全力 で 改善 する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ ↑ に 注目 して いただきたい

これ が 最大 の ポイント である


自分 を 改善 する とは


自分 の 考え方 や 行動 を 変える 

こと である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 考え方 と 行動 が 変わる と

   自分 の 周波数 が 変わる   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった わけ である


この 一連 の 流れ を

まとめる と こう なる


お互い に 学び が あり

許した 方が イイ ケース では


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1、相手 を 許せない ような

  出来事 が 起こった

    ↓

2、自分 の 改善点 を 探す

    ↓

3、改善点 を 全力 で 改善 する

  自分 の 考え方 行動 を 変える

    ↓

4、人生 の 課題 を 見事 クリア!

  自分自身 の 周波数 も 変わる 

    ↓

5、心 が スッキリ 晴れやか になる

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ を 是非 実行 して

みて いただきたい


この ステップ を 確実 に

実行 してみると 絶対 に わかりますが


これ を 実行 すると


相手 を 許す とか 許せない とか

相手 を どうこう 言うよりも


それ よりも


自分自身 の 改善点 を 正す 

こと の 方 が 大切 だし 


すっきり 心 も 晴れる の だな


と 感じる こと かと 思います


ちょっと 今回 は


洞察 を 深めて いただきたい ので

普段 書かない ような こと も 書いて


もう ちょっと だけ 解説 して おくと


起こる 出来事 とは メッセージ であり

そこから お互い が 成長 する ことが 


俺たち の 人生 の 課題 なので


自分 の 改善点 を 改善 する こと なく

相手 を 許そう 許そう と する 行為 は


ぶっちゃけ 偽善 で あり

それは 愛 と 調和 の 道 では ない


自分 の 問題 を 棚上げ して

自分自身 の 課題 と 向き 合わず


実質的 には 相手 が わるい と

相手 を 責めている だけ の 行為 なので


そもそも そのような 愛 も 調和 も 

ない 行為 を どれだけ がんばって も 


まったく 道理 に 叶って ないので

うまく いくわけ が ない のである


つまり


むり に 相手 を 許そう 許そう と 

むだ な エネルギー を 使う よりも


それ より も


その 出来事 を きっかけ に


自分 の 改善点 を 正す こと に

集中 して エネルギー を 使い


自分自身 を 成長 させて いけば


自然 と 相手 の こと は さほど

なんとも 思わなく なる わけ である


そして


この様 にして 起こった 出来事 から

人生 の 課題 を 順に クリア していくと


つまり 自分 を 成長 させて いくと

問題解決 の スキル が 上がります ので


起こる 出来事 に より スムーズ に

ある意味 楽に 解決 出来る ようになります


もちろん


これ は お互い に 学び が あり

許した 方 が イイ ケース の 方法 ですので


「 あえて 許さない 学び 」

「 許す のでは なく 諭す 学び 」

「 関係 を 解消 する 学び 」 など


他 の ケース には 当てはまりません


しかし もしも 自分 の 直面 している

ケース が これ に 当てはまる ようでしたら


ぜひ おためしください


この 方法 かなり 効果 が ある ので

とても すっきり するかと 思います


いかが だったでしょうか


ちょっと きびし~~目 な こと も

今回 書いてみた ので どうかなあ~?


さほど 気にならなかった?


俺的 には どうかなあ~? ってな

もっと 優しい感じ の 方 が イイ んかな?


でも あんまり 優しく 書いちゃうと

これが また 伝わんねえ~ んだよな


どうなんだろうな


今回 の 人間関係 記事 は 書くのが

なかなか むつかしかった んだよな


ははは


けど 需要 が かなり ある ようなので

がんばって 書きます


何か 感じた こと が ありましたら

お気軽 に コメント ください


次回 は 今回 の この 話 の 実践編!

実例 を 紹介 しつつ 解説 して いきます



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!



.
[PR]
by aquarius_az | 2017-03-11 23:34 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(21)

実相!依存を手放し本来の自分の力を! #498

みなさん こんちには


今回 は 『 依存 』 に 関して 書こう

これは なかなか 深い テーマ である


では さっそく はじめよう


たとえば こまった とき に

人 の たすけ を 求める こと が

必要 と なる こと も ある


しかし それが 『 依存 』 と なると

これが じつは 結構 マズイ こと と なる


つまり 


☆ 『 人 に 頼って イイ ケース 』 

☆ 『 人 に 頼っては マズイ ケース 』


の 両方 が ある わけ である


この 『 人 に 頼っては マズイ 』

ケース の 1つ が 『 依存 』 である


では 自分 が 『 依存 』 しているか

どうか を 知るには どうするか? 


というと これが なかなか むつかしく

ひとくち には 言えない の だが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 その モノ や 人 や 事柄 が

  あれ ば 天国 ない と じごく 』


( あれば 天国 ない と フツー

  で あれば 依存 では ない  )


『 その モノ や 人 や 事柄 が

  あれ ば とても うれしい しかし

  ない と 精神的 に くるしくなる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった ↑ 心理状態 に なるか どうか?

で おおよそ 判断 することができる


しかし ながら 自分 に 必要 な もの 

を 失えば 依存 で なくても 誰でも 落ち込む


なので 『 依存 』 の 見分け方 は

ホント に ちょっと むつかしい 


しかし 『 依存 』 には 独特 の

傾向 が ある それは


「 それが ないと 自分 が 

  だめ に なってしまい そうな 感覚 」


「 それが ない こと によって 

  自分らしさ が なくなってしまう 感覚 」


「 落ち込む というより 苦しみ の 感覚 」


こんな とき は 『 依存 』 である

ケース が 多い


なので その もの 人 事柄 が 

なかったり 叶えられなかった とき に 


精神的 に ひどく くるしんだり 

自分らしく なくなり 

自分 が だめ に なってしまったり

フツー でなくなる とき など は

『 依存 』 傾向 に ある わけである


『 依存 』 には 度合い が ある ので


たとえば その モノ 人 事柄 が ない 

とき に 自分 が 精神的 に より 深く

ど~~~~ん と くるしむ のであれば


その 精神的 な くるしみ が 大きい ほど

『 依存 』 が 大きい と いうわけである


しかし 


人生 には 精神的 に ぼろぼろ 

になり ツライ とき も ある


そんな とき には 

なにか に 頼ったり 励み に しないと 

やって いけない とき も あるかも しれない


これは これで ひつよう な こと である


また 家族 や 会社 に 所属 していると

あるていど 依存 も ある かもしれない が


それは 一般的 な レベル なので

さほど もんだい は ない 


なので これから 書いてゆく 

ここ で いう 『 依存 』 とは 


何かしら 人生 の 展開 に おいて

もんだい と なる レベル の 『 依存 』 


という ことに かぎって 解説 を すすめていこう


では ここで 一旦 


『 依存 』 を より 理解 するために

俺 の 経験 した 実例 を 書いておこう


俺 の 人生 に おいても 

人生 の 課題 に 直面 して


それ を 乗り越える とき には 精神的 に

キッツ~~ と いう とき も もちろん ある


そんな とき 俺 は とある 事柄 を

励み に 支え に がんばっていた


精神的に キツくても 俺 は ほとんど 

表 には それ を ださない の だが


その 励み や 支え に していた 事柄

が あると こころ が ホッと して

前向き に なり 俺 は がんばれた


俺 は その 事柄 に 

とても 感謝 している


しかし あるとき を さかい に


俺 の その 励み であり 支え で

あった その 事柄 は 叶えられなく なった


俺 の 周り の 人たち まで もが

俺 の 願い を 阻止 して くるのである!


正直 これには 俺 も そーとー ショック 

を 受けた ので この とき 俺 は


みっともないし はずかし かったのだが 


「 ええっ! なんで だめ なんだよお~ 」


と 食い下がって しまった

しかし それでも 願い は 叶えられ なかった


とても 残念 だった 


しかし こういう 出来事 が あった とき

絶対 に やっては いけない こと が ある


それは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 絶対 に 俺 の その 願い を 

    阻止 した 方々 に はら を 

    立てては いけない         』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと である


これだけ は マジ で 絶対 に 

やって は いけない こと である


なぜなら


ワルイ のは 周囲 の 方々 では なく

守護霊 だから で ある!


こういった 出来事 の ウラ には 必ず

守護霊たち の 天 の 采配 が ある


『 霊的会議 』 が 行われ ていて そこに 

自分 も 関係する 方々 も 参加 している


その 上で このような 出来事 が

起こっている のである


守護霊 の やつら が 俺 に とって 

必要 だから この 出来事 を 起こしている


そう! だから ワルイ のは 守護霊!


周囲 の 方々 は 阻止 する 役割 を

してくださっている だけ なのである


これが 『 霊的真実 』 である


まちがっても 周囲 の 方々 を

責めては いけない


ワルイ のは 守護霊 なのだ!

( ↑ ま 本気で 言っては ないけどな )


そこで 俺 は 守護霊 の やつ に 

思いっきり 不満 を 言って やった


俺 「 こんなに ツライ なか がんばってんだぜ 

    少し くらい うれしい こと が あっても

    いい じゃないか! なんで いけないんだよ! 」


すると 守護霊 は こう 言った


守護霊 「 あ それ? それ は 『 依存 』 

      に なっちゃう から だよ!   」


俺   「 は? 今まで だって それ を

      励み に 乗り越えて 来た のに

      なんで きゅうに 阻止 するんだよ! 」


守護霊 「 『 依存 』 から 抜け出す ためだよ 」


俺   「 今 の この ツライ 状況 知ってん だろ?

      それだけ が 唯一 の 幸せ だったんだぜ! 」


守護霊 「 今 まで それ に たくさん たすけて 

      もらって きた こと もちろん 知っているよ 」


俺   「 じゃあ なんで そんな こと するんだよ! 」


守護霊 「 今までは それ に たすけて もらっていた

      けど ここから 先は 自分 の ちから で

      前 を 向いて 進まない と いけない から 」


俺   「 、、、、、 」


守護霊 「 どうしても ツライ とき に 一時的 

      に たすけてもらう こと が 必要 な 

      とき も ある しかし それ に 

      ずっと すがって しまっていては まずい

      それは たんなる 『 依存 』 であるよ 」


俺   「 例の 松葉杖 って こと かよ 」


守護霊 「 そう 」


松葉杖 の たとえ とは 


足 を けが してしまって こまっている

とき には 松葉杖 に 頼って

歩く こと も 大切 で ある


しかし 一旦 けが 治って しまった のに

いつまで 松葉杖 に 頼ったり 

しがみついて いたとしたら どうだろうか?


普通 に 歩ける のに 松葉杖 を

使っていたら ぎゃく に

歩く のが 遅くなって しまう だろう


守護霊 「 そうそう だから いつまでも

      それ に しがみついていると

      本来 の 力 が 出せなくなる 」


俺   「 そうだったな 」


守護霊 「 もうひとつ だけ 言っておくと

      これから 「 K 」 が やろうと

      している こと は そんな 甘えた

      気持ち では とても 成し遂げれない

      甘え が あると ぎゃく に 

      くるしむ だけ だぜ         」


俺   「 まあな そうだろうな、、、、、。 」


守護霊 「 それに 「 K 」 は もう

      十分 回復 している ここから は

      自分 の あし だけで 進める そして

      その方 が より 自分 を 発揮 できる  」 


俺  「 なるほどな そういう ことか、、、

     よく解ったよ ありがとな 相変わらず 

     お前は いい こと 言うな くそっ ←ボソッ 」


と 俺 は やつ の 説明 を 聴いて

納得 した


まったく やつ の 言うとおり である


松葉杖 の たとえ からも 解るように


じゅうぶん 回復 したのに いつまでも

自分 以外 の もの に 頼っている と


『 その人 本来 の 力 や パワー や 輝き 

  が 出せなく なって しまうのである     』


しかも 


いつまでも それに 執着 している と 


『 ぎゃくに 歩く のが 遅くなり

  その人 の 人生 の 展開 が 遅れてしまう 』


わけである


なので 本当 の 意味 で 


『 しあわせに なりたい 』

『 本来 の 自分 を 輝かせたい 』

『 しあわせな 人生 の 展開 が ほしい 』


ので あれば 『 依存 』 を

手放す ことが 必須 なのである
 

あと 『 依存 』 で マズイ のが

行き過ぎる と 「 奴隷化 」 してしまう

こと が ある


お金 が からむ と 奴隷化 しやすい


お金 を 受け取って しまうと

相手 に 対等 に なれずに


相手 に 言いたいこと を

言えなくなって しまったり


自分 に むり して 相手 の

命令 を きいて しまったり


すき でもないのに 相手 を

すき だと 思い込もう と してしまったり


そのまま 結婚 してしまったり すると 

とんでも ない こと になりかねない


これは いろいろ と かなり マズイ ことになる


『 奴隷化 』 や 『 依存 』 の

関係 を 続けると どんどん 人生 が 

めちゃくちゃ に なってしまう のである


「 ふん これで べつに 平気 だから 」


と 思っていても

そのとき は それで よくても 


じつは あとに なって 

しわよせ が 来て たいへな こと に なる

ケース も じつは 結構 多い


だから 『 依存 』 の 関係 が

成立 していまっていて 表面的 に

ふつー に 過ごして しまっている 方 が

やっかい で たいへん なのである


俺 の ケース の ように 


周り の 方々 が 阻止 してくださったり

天 の 采配 で 叶わなくなる 方が


むしろ めぐまれて いる と言える


☆ 『 自分 が 依存 していた もの と

    引き 離されたり 第三者 に 

    こわされたり したとき は

    じつは ものすごく ラッキー で あり

    あなたの 為に 天 が 動いて くれている 』


と 言うことを 知っておいて いただきたい


そして そのような こと が 起こった とき とは

じつは、、、


☆ 『 もう 次の より しあわせな 人生 の 

    展開 に 入る 準備 が できてます  』


と いう お知らせ でも あるので


☆ 『 前向き に 行動 を 起こしていく 』


これを 実行 してみて いただきたい


また 天 や 第三者 の 方々 に 

依存関係 を こわして もらえなかった としても 


もし 自分 の 依存 に 気づいたら

なるべく はやく 手放す 方が いい わけである


なので 「 奴隷化 」 は もちろん

『 依存 』 からは 


☆ 『 勇気 を もって 断ち切り 

    依存 を 手放す こと が 大切 』


そして 『 依存 』 から 抜け出すと


今まで 『 依存 』 していた もの を

冷静 に 観れる よう に なる


A、『 依存 』 から 抜け出すと それ に

  まったく 興味 が なくなったり する 


これは ただ 依存 していた だけで

もともと さほど 好きでも なかった

と いった ケース に 起こりやすい


B、『 依存 』 から 抜け出すと それ を

  むしろ 大きらい に なったり する


これは 依存 の ために それまで

そーとー むり して 自分 に うそ

を ついてきた ケース に 起こりやすい


C、『 依存 』 を 抜け出すと それ を

  より 純粋 に すき に なる


これは もともと すき だった もの に

依存 してしまって いた ケース に

起こりやすい


と 言った 感じ である


それでは 『 依存 』 を 

手放し やすく する 方法 を 説明 しよう


まず この 記事 で 解説 したように


『 依存 』 とは どういう ものか?

を しっかり 理解 する


とくに 『 依存 』 から 抜け出すと


☆ 『 本来 の 自分 の 力 が 出てくる 』

☆ 『 本当 の しあわせ に 近づく 』

☆ 『 人生 の 展開 が 起こり はじめる 』


と いった 依存 から 抜け出した 後の

こと を しっかり 認識 する ことが 大切


あらかじめ 依存 を 手放す ことで

自分 が よく なる ことを 知って おけば 

安心 して 手放し やすくなる


そして 依存 の 原因 に なっている

課題 を クリア する


たとえば 

さきほど の 俺 の ケース なら


俺 が キツイ 状況 に ある 課題 を

自力 で とっと と クリア して

片付けて しまえば 状況 は 変わり

何か に 頼って 気合 を 入れる

必要 も なくなる


また お金 が 依存 の 原因 の

ケース なら 自分 で 稼げ ば

当然 依存 の 必要 が なくなる


つまり 依存 とは 


「 自分 には むつかしい むり だ 」

「 自分 には 力 や 自信 が ない 」

「 何か 自分 の 人生 の課題 を 

  クリア するのが むつかしい   」


と 考えている とき に 起こりやすい

なので ぜひ 


☆ 「 勇気 を もって 自分 の

    人生 の 課題 と 向き合って

    行動 して クリア していく 」


これを 実行 して みて いただきたい


「 え できるか 自信 が ない 」


と いう 方 に 朗報 がある


先程 も 書いた のだが

俺 の ケース からも 解るように 


依存 の 関係 が こわれたり 

課題 と 向き合う 出来事 が 起きたり

また 自分から 依存 を 手放そう 


と 思った とき と いうのは


霊的会議で 守護霊 や 自分自身 に よって すでに


☆ 『 すでに 自力 で 歩ける 状態 に なった 』

☆ 『 問題解決 できる 準備 が 整った 』


と しっかりと 判定 された とき なので ある


これを 知って おく ことは 大切 である


自分 では むり だ 自信 が ない と

感じて いたと しても 


実際 には 霊的に しっかり 準備 が 

出来ている わけ なので ある


つまり 「 時 が 来た 」


わけ である


なので そんな とき には 

問題 クリア に 向けて 

ぜひ 行動 を 起こして いきましょう


大切 なのは 自分自身 の

☆ 『 よし! やるぞ! 』

と いう 決心 である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 じつは この 『 よし! やるぞ! 』 という

    決心 が 人生 を 動かす スイッチ なのである 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 『 よし!やるぞ! 』 スイッチ

を 入れて 『 行動 』 しはじめる と どうなるのか?


天 の 霊界 では この スイッチ を

入れられる のを 今か 今か と 待ち望んでいた 

守護霊たち が いっせいに 動き はじめる 


そして 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 その 課題 を クリア するための

    情報 や エネルギー や 出会い を

    やつら が 届けて くれる のである 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ ホント の こと だからね

マジ で こうなる から


やってみれば 絶対 に 判る


「 あああ! すごい! 「 K 」 の 

  言っていた ことは まったく 本当だ! 」


と 絶対 に こう なる ので

ぜひ スイッチ & 行動 を して いただきたい


「 K 」 Diary  に 書いた のだが

実際 俺 も 最近 この


☆ 『 よし!やるぞ!スイッチ & 行動 』


を したら 


長年 俺 には むつかしくて むり だな と

あきらめていた こと が なんと!

1時間 くらい で 出来る ようになった

詳しく は ↓ こちら を

ついに出会った!! #135


☆ 『 よし!やるぞ!スイッチ & 行動 』


ぜひ おためしください


上記 の 俺 の ケース では

守護霊 や 周囲 の 方々 の おかげで

依存 に なるのを 未然 に ふせげた わけだが


やはり はじめから 


☆ 「 自分自身 と 向き合う 」

☆ 「 自分 の 人生 の 課題 と 向き合う 」


こと を しっかり やっていけば

依存 に なる こと も ない わけである


あと 最後 に この 俺 ケース から

お伝え しておきたい ことは


☆ 『 自分 の 身に 起こった 出来事 には

    必ず そこに 魂 の 学び が ある  』


そして 


なにか が 上手くいかなかった とき 

自分 の 願い が 叶わなかった とき 


という のは


もし 自分 が エゴ だけ で 生きている

のであれば 反省 & 改善 が 必要 である


しかし


愛 と 調和 を 心がけて いるのに

願い が 叶わない 上手くいかない


と いうのであれば それは 必ず


霊的会議 に よって 守護霊たち や 

自分 や 周囲 の 方々 とによる

天 の 采配 の 出来事 であり


関わって くださった 方々 は

お役目 を してくださっている

ので 責める こと なく


☆ 「 この 出来事 から なにを 学べ

    と 天 は 言っているのか?   」


を しっかり 見極め 改善 してみてください


そうすると そこ に 必ず


☆ 『 自分 の 人生 の 

    扉 を 開く 鍵 が ある 』


わけです



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-03-27 15:09 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(24)

実相!善なる行いは運命を変えていく! #492

みなさん こんちには


今回 は とても 大切 な 話 を 書こう


『 運命 は かえられる 』


と いう 話 で ある


では はじめよう


これは 中国 の 明 の 時代 に

実在した 人物 袁了凡 氏 

( えんりょうぼん )の 話 なのだが


袁了凡 氏 が 子ども の 頃 に

易学 を 極めた 老人 と 会う


易学 とは 中国 の 学問的 占い である


そして その 老人 は 袁了凡 氏 の

その後 の 人生 に 関して 予言 を 伝えた


その 内容 は こんな ↓ 感じ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


「 何歳 で 郡 の 試験 を 受け

  何人中 何番 で 合格する    」


「 何歳 で 県 の 試験 を 受け

  何人中 何番 で 合格する    」


「 さらに 上級試験 を 受け 不合格に

  しかし 翌年 何人中 何番 で 合格 する 」


「 最終 国家試験 に 合格 し 中央 の 役人

  へと 出世 若くして 地方 の 長官 になる 」


「 結婚 は するが 子ども には 恵まれない 」


「 53歳 で この世 を 去る 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と こんなにも 具体的 に 言われた


子ども は 授からない とか 53歳 まで

の 寿命 とか まで 言われて しまった


そして その後 どうななった のか?


なんと!


おどろいた ことに 


年齢 から 合格 の 順位 まで すべて が 

この 老人 の 予言 どおり に なった のだ!


そして 結婚 は したが 子ども は 授からず

若くして 地方 の 長官 にも なって しまった!


まさに 予言 どおり だった


こんな 体験 を した ため

袁了凡 氏 は


「 ああ 運命 ってのは 決まっている のだな 」


と 考える ように なっていた


ところが そんな 袁了凡 氏 に

大きな 転機 が 訪れた


長官 と して 赴任 した 地方 の

禅寺 に 行った とき の ことである


袁了凡 氏 が 座禅 を 組んでいる 

その 姿 が あまり にも 素晴らしかった ので


禅寺 の 老師 は 袁了凡 氏 に 尋ねた


「 曇りの ない 禅 一体 どこで 修行 を? 」


すると 袁了凡 氏 は


「 わたし は 易学 の 老人 の 予言 

  どおり の 人生 を 歩んで きました

  53歳 で しぬのも 運命 でしょう

  だから 今さら なにも 思い悩み ません 」


と 答えた


しかし なんと!


それ を 聴いた 老師 は 表情 を 変え

袁了凡 氏 を こう 叱った!


「 若くして 立派 な 人物 と 思いきや

  じつは 大バカ者 で あったか

  運命 に 従順 なのが あなたの 人生か

  運命 は 天 から 与え られるが

  決して 変えられない もの では ない! 」


そして さらに こう 続けた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 善きこと を 思い 善きこと を 

    実行 すれば よい 運命 に

    ワルイ こと を 思い ワルイ こと を

    実行 すれば 逆に ワルイ 運命 に なる 』


☆ 『 善い行い を すれば 運命 は

    よく 変えて いける のだぞっ! 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 老師 は 袁了凡 氏 を 叱った


じつは ここから 袁了凡 氏 の 人生 が 

一変 しはじめる


袁了凡 氏 は 老師 の 言葉 どおり に


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 ワルイ こと を しないよう に して

    1つ でも 多く の 善行 を 積んだ 』


☆ 『 道徳 を わきまえた 正しい 行い をした 』

☆ 『 善 なる こと を 精一杯 行った 』

☆ 『 人 の みてない ところでも 徳 を 積んだ 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


袁了凡 氏 は 奥さん と 2人 で

これ を 本当 に


☆ 『 本気 で 取り組んだ 』


どの くらい 本気 で 取り組んだ かと

いうと


毎日 どのくらい 善いこと を 思い

善いこと を したか 表 に 〇 × を

つけて しっかり チェック を していった


徹底的 に 取り組んだ


すると どうなったのか?


なんと! 


これまで 的中 していた

あの 易学 の 老人 の 予言 が 

だんだん はずれ はじめた のだ


そして なんと! 


子ども まで 授かり!

53歳 を すぎて も 生きていた!


結局 袁了凡 氏 は

70歳 すぎても 元気 であった


☆ 『 ワルイ こと を しないよう に して

    1つ でも 多く の 善行 を 積む  』


袁了凡 氏 は これ を 実行 して

自分 の 運命 を 変えて しまった わけ である


そして 袁了凡 氏 は 

自らの この 人生 の 体験 を


『 陰?録 (いんしつろく) 』 


に 書き 記した 


と いった 話 である


どうだろうか 



これは 実在した 人物 の 話 である

そして 人生 には たしかに


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 善きこと を 思い 善きこと を 

    実行 すれば よい 運命 に

    ワルイ こと を 思い ワルイ こと を

    実行 すれば 逆に ワルイ 運命 に なる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 構造 に なっている


これは 俺 自身 の 人生 を 振り返っても

たしかに そう なって いた


以前 この ↓ 記事 に 書いた のだが

真相!妖精もよろこぶ「アクリルたわし」! #336


当時 俺 は 地球環境 を よく したかったので


自分 で アクリル の 毛糸 を

買ってきて それで アクリルたわし を 


1500個 以上 編んで 人 に 配っていた

そういう こと を していたら


なんで こんなに 運 が イイ のだ?

と 驚く ほど の シンクロ や 出来事 が 起きた


これは 基本的 に ひと は


「 自分 の だした エネルギー を 受け取る 」


から である


人 が みてない ところで 善い 行い を 

すれば どこか で 自分 が それ を 受け取る

こと に なる


そして その ぎゃく も ある


人 が みてない とこで よからぬ こと を 

すれば どこか で 自分 が それ を 受け取る

こと に なる


バレ なければ イイ わけ ではない


自分 が だした エネルギー は 

自分 が 受け取る こと に なる


以前 の 記事 で 書いたが

ウソや不倫は思わぬ事態をまねくことがある! #140


たとえば 不倫 で だした エネルギー を

思わぬ 形 で 受け取る こと が ある


母親 が 不倫 した こと で なんと

その 息子さん が きけん に さらされた


「 なんで 私 の 息子 が 

  こんな 目 に 会わないと いけないの! 」


「 なんで じゃねーよ そりゃ

  あんた が ふりん してる から だぜ 」


と いった 霊的構造 に 上記 の 例 では

実際 に なっていた わけ である


また


隠れて 不倫 して いたと しても


実際 は 不倫相手 の 伴侶 や 子どもたち を

霊的 に 深く きずつけて しまっている


その 相手 を きずつけて しまった エネルギー 

は 結局 いずれ 自分 が 受け取る ことになる


しかし それ を どういう 形 で 

受け取る こと に なるのか わからない


上記 の 例 は まさに それである


ほかにも


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


不倫 を やめた 後 に エネルギー 的に

本当 に 叶えたい 望み が 叶えづらく なる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった ケース なんかも ある ので 

これは じつは 結構 かなり ヤバイ 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 ワルイ こと を 思い ワルイ こと を

    実行 すれば 逆に ワルイ 運命 に なる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ マジ で こわい よな 


けど こういった 霊的構造 は

絶対 に 知って おいた 方 が いい


知って いれば 


「 ああ これは ヤバイ 絶対 に やめておこう 」


と なる


やはり ふりん など は

かなり エゴ の エネルギー が デカイ 


マジ で その エネルギー を 回収 するのに

のちのち かなり たいへん である 


エゴ で 動いて しまうと

その エゴ の エネルギー を 

自分 で 回収 しなくては ならなくなる


これは マジ で たいへん である


「 えええ! まだ なのか! まだ 

  エゴ の エネルギー の 回収 できないのか! 」


と 場合 に よっては 

驚く ほど 時間 も 労力 も 

かかる ケース も ある ので 


よろしくない こと を やめる のは

早ければ 早い ほど いい 


もちろん 

はじめから やらない に かぎる


もしも かりに 


過去 に ふりん や よろしくない こと を

してしまった 方 が いたとしたら 


どうすれば いい のか?


実は 今 からでも まだまだ

できる こと は 2つ ある


人生 は やりなおし が できる


1つ は 本気 で ふりん相手 の 

伴侶 や お子さん に たいして どうであれ


言い訳 せず 相手 の 立場 に なって

本気 の 謝罪 の 気持ち を もつ こと


そして 直接 に ではなくても

その 方々 の 魂 に 心 から 謝る こと


そして もう 1つ は


今回 の 記事 の 袁了凡 氏 の ように

善 の 行い を 地道 に 積んでいく こと


これを 袁了凡 氏 の ように

本気 で 取り組めば 運命 は よく なっていく


人生 には 必ず 希望 が ある


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 善きこと を 思い 善きこと を 

    実行 すれば よい 運命 に なる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


是非 これ を がんばって いただきたい


そして よい 運命 に していき

本当 の しあわせ を つかんで いただきたい


行動 は はやり エゴ では なく

愛 と 調和 からの 行動 が 大切 である


マジ で 俺 は 思うのだが


やはり まじめ に 生きる のが 一番 である

( ↑ おまえ が 言うな って 感じだが )


ちなみに 俺 の 守護霊 は


「 ふりん は する 必要 は ない 」


と 教えて くれている


では これ を 解説 しておこう


俺 の 知っている ケース の 

話 を ここ に 書いて おこう


とある 女性 に 好きな 人 が できた


しかし ざんねん ながら その 相手 は

既婚者 で 子ども さん も いた と 判った


この 女性 は とても まじめ な 方 で

相手 の 奥さん と お子さん に わるい ので


自分 は あきらめよう と 心 を 決めた


この 女性 は 自分 の エゴ を

優先 して 行動 する ことが できない

立派 な 方 だった わけ である


で その後 どうなったのか?


だいぶ 月日 が ながれた が


その 相手 の 男性 は なんとも

りこん して 独身 に なって しまった


そして その後 すこし づつ その 女性 と

仲良く なり そして なんと


最終的 には 結婚 にまで たどり着いた


そして ま 諸事情 は あるにしても

普通 に しあわせ に 暮らしている との 

こと である


どうだろうか


俺 は この 話 を 聴いて 守護霊 が 


「 ふりん なんて 必要 ないよ 」


と 言っていた 意味 が よく 判った


もちろん 毎回 こういう 結果 に

なる わけ では ない のだろうが


これが 愛 と 調和 の もと に 

天 が 道 を 開く 

と いった ケース なのである


この 女性 の ように

相手 の 奥さん や お子さん の こと を

しっかり 思いやれる ような 女性 ならば

いずれ 必ず しあわせに なれる


もちろん 


与えられる べき で ない もの は

与えられない わけ であり


すべて の ケース で 

与えられる わけ ではない


しかし 


この 女性 の ように エゴ では なく

愛 と 調和 の 選択 を する 方 は


かりに その 男性 が 独身 に ならず

結婚 に 至らなかった 場合 で あっても


絶対 に より しあわせ に なれる

本当 の 相手 と 結ばれた こと だろう


この ↓ 話 と 同じ で

実録!愛と調和の選択から与えられる場合! #475


エゴ から ごういん に

て に 入れて しまうのでは なく


☆ 『 もし それ が 

    与えられる べき もの ならば

    愛 と 調和 の 選択 と 行動 で

    むりなく 自然 に 扉 が 開く   』


のである


また こんな 話 も ある


俺 は その女性 が ふりん を している

とは 知らずに とある あほ な 話 を したのだが


なんと!


その 俺 の あほ 話 が きっかけ で


その 女性 は ふりん は よくない 

やめよう と 決心 したらしく


そして ふりん を やめたら その後


なんと


過去 を 受け入れてくれる 男性 との 

出会い にも 恵まれ 結婚 に 至った


そして 俺 の あほ な 行為 が

とても 感謝 されてしまった


「 マジかよ! 」 って 思った


俺 が どんな あほ を したかは

あほか! と 思われる ので

書きたく ない ので 書かないが


( いや すでに あほ だと バレてるが )


俺 は ただ あほ やっていた 

だけ なので そんな こと に なるとは

思いもしなかった ので おどろいた


そんな こと も あった


恋愛 に おいて も

エゴ を 押し 通さなくても


愛 と 調和 の 選択 と 行動 から

本当 に 与えられる べき もの は 

与えられる のである


大切 なのは 愛 と 調和 の

選択 と 行動 なので ある


是非 これ を 知っておいて いただきたい


まあ なんだ つまり 俺 は


人生 で よろしくない 

こと を して しまった 人 でも


袁了凡 氏 の ように

善い 行い を 積めば


愛 と 調和 の 選択 と 行動 

を していけば


よい 運命 に 変える ことが できる から

よい 人生 を 送る こと が できる から


がんばれよ と 言いたい わけである


と いった 感じ で

今回 は


☆ 『 ワルイ こと を しないよう に して

    1つ でも 多く の 善行 を 本気 で

    積んでいけば 運命 は かえられる    』


でした


みんなで 善い 行い を して

ひとりひとり が よい 運命 に なれば


この 地球 社会 も 必ず 

より よく なっていく ので


是非 より よい 行い を して 

よい 運命 に して

ステキ な 人生 に していきましょう



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-02-01 03:59 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(36)

実相!言葉のうらにある気持ちとは! #490

みなさん こんちには


さて 今回 は 言葉 の うら に ある

本当 の 気持ち を くみとる


に ついて 書いて おこう


では はじめよう


いま やっている 朝ドラ の 『 マッサン 』 

あれ おもしろいねえ


俺 は あれ を 観て ほぼ 毎回 泣いている!

と 友人 に 話したら 


「 一体 どこ が そんなに ツボ なん? 」


と 笑われてしまった が ははは


俺 も 東京 で Rock の 音楽家 を

目指していた とき の こと を 


あの ドラマ を 観ると いろいろ と

思い出して しまう わけ で ある





その ドラマ 『 マッサン 』 とは


スコットランド人 の 妻 エリー と

暮らす マッサン が

日本 で はじめて の 国産ウイスキー を

作ろう と 奮闘 する 話 なのだが


先日 の 放送 で とても 

素晴らしい シーン が あった


それは 泉ピン子 氏 が 演じる

マッサン の お母さん が


マッサン に だきかかえ られ ながら

息 を 引きとる シーン で


その お母さん が さいご に

マッサン に 言った 言葉 が


なんと!


「 おまえ の 作った ウイスキー は まずい 」


と いう 一言 だった


さすがに この 一言 には 

マッサン は ひとり 部屋 で

ショック を 受けていた


そこへ 妻 の エリー が 部屋 に きた


マッサン は この ショック を

エリー に 聞いて もらった


「 さいご の 言葉 が 

  まずかった じゃ のう、、、 」


すると エリー は  


「 まずい って 言ったん じゃない

  はやく 美味しい ウイスキー 作れって 」


「 お母さん 本当 は がんばれ 言いたかった

  だから お母さん の ため に 絶対

  作らなきゃ いけない            」


と マッサン を 諭した


と!


なんと 素晴らしい 奥さん なのだろうか!

これ イイ シーン だよなあ マジ で


こんな とき 一緒 に なって


「 ホント お義母さん 

  ちょっと ヒドイ わよね~  」


的 に 同調 して しまうの では なく


エリー は 


☆ 『 お母さん が 本当 に 言いたかった

    こと を 翻訳 して マッサン に 伝えた 』


わけ で ある


こういう こと が できると

悩まなくても いい こと で なやまなく なる

言われた こと に はら も 立たなく なる


それに 余計な いさかい など も なくなる


とても 素晴らしい こと である


これは 地球 の 調和 にも つながる 


言葉 どおり に 受け取る の では なく

その人 の その 奥 に ある 気持ち を

うけとる


そういった こと が 大切 である


「 なんか 随分 会ってないね 」


と いった 言葉 の うら には


『 あなたに とても 会いたかった です 』


なんて 気持ち が あったり 


親 が 子ども に


「 いつまで 遊んで いるんだ! 」


と いう 言葉 の うら にも


『 夜 帰りが おそいと しんぱい だよ 』


なんて 気持ち が あったり する


もちろん 自分 が 人 に 伝える とき は

誤解 の ないように 素直 な 言葉 で

伝える こと が 大切 なのだが


自分 が うけとる とき には

この エリー の 様な 受け取り方 が

できる と ステキ だよな


と マッサン を 観て そんな こと を 感じた


では せっかく なので

以前 俺 が 体験した 出来事 も 書いておこう


とある 会 に 参加 した とき の こと

その 会 は 学生 から おとな まで 集まり


いろいろ と 話し合い を する 会 であった


そこで ひとり の 学生さん が 

将来 の 夢 に ついて 語っていた


学生さん 「 ぼく は 将来 農業 を したいです 」


と 目 を 輝かせて みんな に 話していた


すると いきなり ひとり の おっさん が

言葉 を はさんだ


おっさん 「 ところで お金 は あるの? 」


学生さん 「 い、、、いえ、、、それは 」


おっさん 「 土地 だって 必要 なんだよ! 」


学生さん 「 は、、、はあ、、、 」


おっさん 「 お金 は 必要 なんだよ! 」


学生さん 「 は、、、はあ、、、 」


自分 の 夢 を 自由 に 話す 場

だった はず なので

そこまで ツッこまくてても いい はず


完全 に 場 が しらけて しまった


俺 は それ を 観て


「 ぶぶっ! すげー な この おっさん! 

  完全 に 空気 ぶち こわしとる!  」


と 思わず 吹きそう に なった!


しかし その おっさん は 気づかず  

さらに 学生さん を おいこんで いた


で 俺 の 守護霊 が 言う には


この おっさん にも じつは 

夢 が ある らしい


そして その 夢 が 壁 に 

ぶつかっていて 苦しんでいる 


その 姿 が 


この 学生さん に 向かって

キツく 接している 姿 で ある


との こと だと 知らせてくれた





つまり この おっさん も 本当 は


「 お金 が ない から なにも できない 」


と いう 考えから 抜け出したくて

誰か たすけてー たすけてー と


シグナル を 発している との こと だった


俺 「 ああ そういう ことか、、、 

    で 俺 に この おっさん の

    視点 を 変える 話 を しろと、、、」


とりあえず その おっさん の 考え方 を

かえて やってくれ って のが この 場 での

俺 の お役目 との こと らしかった のと


やはり なんと 言っても

この 学生さん を 元気づけんと 

あかん と 思った ので 


俺 は こう 言った


おっさん 「 お金 が なきゃ 土地 も 買えない 」


俺    「 いや そうとは 限らないぜ

       金 も 必要 かもしれんが 

       もっと 大切 なのは 情熱 だ! 」


そして 俺 が 大学 に 勤めていた とき

に 教授 から 聴いた 話 を 伝えた


この 教授 は いつも 自分 の

教育理念 を 熱く 語っていた


そして いつか 大学 を 作りたい と

まわり の 人たち に 話していた


すると なんと!


その 情熱 に 感動 した 人 が


「 先生 土地 は あります 是非 そこに

  先生 の 大学 を 建てて ください!  」


と 土地 を 提供 してくれる 人 が

現れた と いう のである


おっさん 「 ほう そんな こと も 

       あるん ですか、、、  」


俺    「 そう! こういった 話 は

       じつは たくさん ある   」


ほかにも ↓ この 話 や 俺 の 体験談 など

剣道部顧問のちょっと奇跡な体験談!  #009


いくつか 話 を しておいた


この ↓ 話 なんか も 驚愕 である

こころに響いた 恩師フィリップスの言葉! #094


内戦中の ベトナム だったか カンボジア で

ジャングル で 銃を持って 戦っていた 1人の 少女 が

「 私は 銃 ではなく 学問 で解決したい 」 

と いつも 熱心 に 言っていたら 

「 では アメリカ に 留学 しなさい 」 と

費用 を だしてもらい 留学 が 叶った


なんて 話 まで 実在 するので ある


学生さん の 顔 にも 笑顔 が 戻った


おっさん も どうやら 視点 が 

かわった ようだった


たらない のは お金 なのか?

それとも 情熱 なのか?


このように 情熱 を もって 行動 していると

何かしら たすけが くる もの なのである


実際 守護霊 の やつら は こういう

情熱 を もって 行動 している 人 を

たすける ので ある


そして その後 たまたま

その おっさん が 俺 の 隣 に いたので


俺 「 じつは 夢 とか あるんじゃねーの? 」


って 尋ねてみたら


なんと いろいろ な 夢 を 

俺 に 話し はじめた 


俺 「 ( やはり そうだったのか、、 ) 」


あの 学生さん を こうげき していた 姿 

の うら には 自分 も 夢 を 叶えたい


そして お金 に 関する 考え方 を

変えたい と いう 気持ち が あった わけである


ぶっちゃけ なんか めんどくせー おっさん 

だな と 思った が


まあ みんな 夢 に 素直 に なれれば

それは 素晴らしい こと だよな と 思った


ちなみに この 学生さん は


その後 見事 に 夢 を 叶え

農業 を している と


風の たより で 聴いた

きっと がんばったん だろう



と いった わけ で 今回 は


『 言葉 の うら に ある 気持ち とは 』


でした



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-01-15 23:54 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(17)

実録!愛と調和の選択から与えられる場合! #475


みなさん こんちには!


今回 は 守護霊 との 会話 から


ちょっと 意味 深い 出来事 が 起こり


驚愕 の シンクロ二シティ

意味のある 偶然の一致 が 起こり まくった


この 話 は なにかと 役立つ かと 思う ので

それを ここ に 書いておこう


『 日常 で 起こる 出来事 と いうもの は

  俺たち の 成長 の ため に 起こる   』


霊的視点 で 観ると それが 観えてくる のだ


では はじめよう


あちらの ブログ 「 K 」 Diary で 

ちょっと 前 に 書いた のだが


先日 ちょうど 俺 が 地元 に いた ので

友人 に 野球 を やらないか? と さそわれた


なんでも 客席スタンド も ある

ちゃんとした 野球場 で 


しかも!


ナイター で 野球 を やろう! との

こと で あった!


俺 は 子ども の 頃 野球 が 大好き で


『 いつか 本格的 な 野球場 で 

  ナイター で 試合 を してみたい!! 』


と いう 夢 を 子ども の 頃 に 

もって いた こと を 思い出した 


ぶっちゃけ これは かなり 嬉しかった

なので 俺 も 参加 することに した


しかし 


高校 の 頃 使っていた グローブ は 

たしか 後輩 に 預けた まま で


道具 も なに も なかった


「 人 の グローブ って おれ は

  使いづらい んだよな、、、 どうしようか 」


やるからには しっかり やりたい ので

ちょっと 困ったな、、、と 考えていた


ところが ここ から 怒涛のごとく 


『 驚愕 の シンクロ! 』


が 起こりまくった!


ま とりあえず トレーニング・ウェア くらい

どこか に ある だろうと 


とある 部屋 へ 入る と


なぜか きゅう に 棚の台 の 下 に ある

白い 袋 が やたら 気になった


このような


『 やたら 気になる 』


と いう 感覚 は じつは 

守護霊 から の メッセージ なので ある


なので 俺 は 


「 ははは! この袋 の 中 を 観ろ ってか? 」


と 実際 に 中 を 観て みた


すると


なんと!


中 に グローブ が 入っていた!


俺 「 うおおおっ! マジか センキュ! 」


これには 俺 も マジ で 驚いた!


普通 に 探したら 絶対 に 見つからない

ような 場所 に グローブ が あったのだ!


そして すげー たすかった わけである!


先述 の ように 高校 の とき 使っていた

グローブ は 後輩 に 預けた まま で

手元 には なかった


しかし ながら


この とき 出てきた グローブ は 俺 が 

小学生 の 頃 に 使っていた グローブ で


当時 かなり 大きめ の グローブ だった ので

今 でも ちゃんと 使える サイズ で あった


俺 「 ああ この グローブ は 俺 の 手に なじむ

    これなら ちゃんと キャッチ できるな、、、  」


と ちょっと 嬉しくなった


すると またまた きゅう に

とある 戸棚 が あたま に 浮かんだ


これも どうやら 守護霊 から の

メッセージ の ようである


なので その 戸棚 の 扉 を 開けて みた


すると またまた 白い 袋 が あったので

開けて みると


なんと! そこに!


野球 の ボール が 入っていた!


俺 「 うおおっ! マジか! つーか ははは!

    守護霊 の やつ 俺 が 野球 に 

    行くこと を 思いっきり 応援 してやがる! 」


このように 守護霊 からの インスピレーション 

の おかげ で 直感 のみ で 行動 して


あっと いう 間 に グローブ と ボール が 

俺 の 手元 に 届けられた わけ である


次 は トレーニング・ウェア だが

ま これは 簡単 に 見つかる だろう、、、 


と 思っていた のだが しかし これ が 

なかなか 見つからなかった


俺 「 っかしーなあー 服 なんて 入れる 場所 

    決まってる のに なぜ 見つからないんだ? 」


すると またまた 守護霊 の やつ が


守護霊 「 こっち だよー 」


と 言う ので そのまま スーーっと 

一直線 に そこ へ 目指して いくと


大きな 袋 の 前 で ピタリ と とまった


すると なんと! 


そこに! トレーニング・ウェア が あったのだ!


絶対 に こんなの 見つからねーよ って

ところ に 袋 に 入れて 置いてあった!


俺 「 おおおっ! マジか! センキュ!

    こんな ところ に あった とは! 」


なんと! おかん が 洗おう と 思って

そこへ 置いておいた との ことで 


普段 とは まったく べつの 場所 に

置いて あった のだが


それを 守護霊 が 知らせて くれたのだ!


これには マジ で たすかった


霊的覚醒 を すると 周波数 が 守護霊 と 

近づき 直感 が 冴えて くる わけでは あるが


それにしても 驚愕 である

まるで サイキック の ように


次々 と モノ に 引き寄せられ 

探し もの が 見つかって いった のである


これで なんと


数分 の 間 に グローブ ボール ウェア と

すべて そろって しまった わけである


しかし ここまで 守護霊 の やつ が なぜ

次々 と 野球 を するの を たすけてくれるのか?


ま これは 俺 は いつも 一人 で いるから

たまには 友人たち と 外 で 遊んで 来い


つー こと だろう、、、 

と 俺 は 考えた


で せっかく グローブ と ボール まで

出てきた ので


ちょっと 練習 しよう と 

外 で 壁 を 相手 に 練習 した


俺 「 それにしても 高校 の 体育 以来 だ

    野球 なんて たのしみ だな、、、   」


ちなみに 俺 は 剣道部 だった わけだが、、、


で 


その ナイター 野球 は 6時30分 から で


今 俺 は 移動手段 を もって ない ので

その日 の 夕方 に 


俺 の 住んでいる 地区 から 参加する

友人 に その 球場 まで くるま に

乗せてもらう こと に なって いた


ところが ここ で ハプニング が 起こった!


野球 に さそって くれた 友人 から

夕方 に なり メール が きた のだが


なんと!


俺 の 住んでいる 地区 からは

みんな 用事 が あり 参加 できない


なので 俺 を 球場 に 同乗 できなく

なって しまった との こと だった!


球場 までは かなり の 距離 が あり

電車 でも 行けるが すでに 夕方


しかも ここ は 都心 と ちがい 

電車 の 本数 も ない 


俺 「 うっ、、、マジか、、、これは

    ちょっと キビシー 参加 できない かも 」


と 思いつつ も 一応 友人 に

なんとか ならないか メール で たずねた


すると まだ あと一人 参加 するか

返事 の きてない つれ が いたので

その 返事 を 待つ との こと だった


しっかし これには まいった


さっき まで あんなに 応援 していた

守護霊 の やつ め、、、


俺 「 おいおい つーか 何 これ?

    どーゆーこと? 俺 に

    野球 やらせない って ことかよ? 」


一体 なんで ここまで来て

俺 に 野球 を させない つもり なのか?


守護霊 の やつ は 一体 何 を 考えてやがる!


と 思った のだが、、、 


じつは ちょっと、、、 


『 この 出来事 には 意味 が ある と

  俺 には こころ あたり が あった  』


俺 「 これって まさか アレ か? 、、、 」


すると そこへ 先ほど の 友人 から

メール が 届いた


友人 「 その 最後 の つれ も 参加 できない 

     と いま 連絡 が あった、、、     」


と!


俺  「 うわっ! マジか、、、 」


これは ホント に だめかもな、、、


俺 を さそってくれた 友人 も

困っている のが 文面 から 読み取れた


しかし 俺 は 俺 で この ナイター野球 を

すげー 楽しみに 楽しみに していた、、、


なんとか ならない かな?

と 思い 友人 に もう一度 おして みたかった


すると 守護霊 が、、、、


守護霊 「 相手 の 立場 を 考えて 空気 を 

      読んで ここは 退かな アカン よ  」


と 言ってきた


俺   「 っつ、、、 まあ おまえ の 言っている

      こと は 正しいが つーか ここ まで 

      盛り上げてた おまえ が 言うか? 

      くっそお~~ 一体 何なんだ これはっ! 」


あんなに シンクロ を 起こして

俺 の 野球 参加 を 盛り上げていた やつ が


いきなり ここ に きて これ かよっ!

はら たつ~~! 


と 俺 は 守護霊 の やつ に

文句 を 言って やった!


しかし やつ の 言っている こと は

どう 考えても 正しい と 思った


俺 を さそってくれた 友人 の 

立場 に 立って 考えると


その 友人 が 一番 こまっている はずだ


俺 は ここ で 選択 に せまられた


守護霊 が 言う ように


『 相手 の 立場 で 考えて

  思いやり から 空気 を 読んで 退く 』


のか


『 あと 一回 だけ おしてみる 』





こういった ケース では どうしても


何もせず に あきらめる よりは 

もう 一回 だけ おして みたくなる


ところが そうすると こまる のは

おされて しまった 相手 で ある


しっかし 俺 は この 野球 を

すげー すげー 楽しみ に していた、、、


さて どうする、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 以前 守護霊 は 俺 に 言って いた


俺 「 うぬぬ、、、ここは 退け ってか、、、 」


やはり 相手 の 立場 を 考えると

愛 と 調和 の 選択 で あれば 当然、、、


これ 以上 おしてしまうと 

せっかく さそってくれた 友人 を 

困らせて しまう のは 明らか である


だから 俺 は たのしみ に していた

ナイター 野球 だった が 


俺 は あきらめる こと にした


それで 友人 にも 気をつかわせない 様に

ちょっと ジョーク を 交えて メール で


俺 「 ま オッケ 今日 は おとなしく

    家 で ヘビメタ でも 聴いてるぜ! 」


( ↑ おとなしく ヘビメタ って おい! )


みたいな 感じ で 返信 しておいた


これで 俺 の 球場 で ナイター の

夢 は 叶う こと なく 終わった わけ である


俺 「 あ~~~ ざんねん だ~~~

    練習 まで したのに~~~   」


普段 は けっこー ツイている ので


なんかしら 奇跡的 な こと が 起こり

普通 なら 行ける の だが 


今回 は 奇跡 も なし か、、、と


しかし 俺 は まちがった 選択 は

していない 


守護霊 も 言う ように

自分 の エゴ を おし通すのでは なく


『 相手 の 立場 で 考えて

  思いやり から 空気 を 読んで 退く 』


これを 実践 できたから イイ じゃないか

と 自分 を 納得 させた


その 瞬間!


おどろくべき こと が 起きた!


なんと!


再び 友人 から メール が 入り


友人 「 きゅうきょ 俺 と 同じ 地区 の つれ

     で 参加 できる つれ が 現れたぞおー! 」


と いう ハイテンション の メール が きたのだ!


俺  「 うおおおおっ! ま マジかああーー! 」


ここで 奇跡 が 起きた のだ!


それは 俺 が 自分 の エゴ よりも

愛 と 調和 の 選択 に 納得 した

まさに その とき の 出来事 だった


ミラクル が 起きた のである


俺 を 同乗 させてくれる この つれ は 


じつは この日 夜 に 予定 が あったのだが

その 予定 が たまたま なくなった とのことで


それで きゅうきょ 野球 に 参加 できる 

ことに なった との こと だった!


こうして 俺 は たのしみ に していた

この ナイター野球 に 参加 すること が 

できた わけ である


その とき の 記事 は ↓ こちら

「 K 」 Diary ないたー #096


そして 俺 は この 友人たち に


俺 「 いやあ ホント は 俺 すっげー

    参加 したかったんよ マジ ありがとな! 」


と お礼 を 伝えた


そして 


この 一連 の 出来事 から 俺 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう 守護霊 の やつ の 言葉 は 

「 霊的真実 」 だと しっかり と 理解 した


まさに この 言葉 どおり の こと が

実際 に 俺 の 身 に 起こった のである


俺 が エゴ ではなく 愛 と 調和 の

選択 をして 行動 を したら


☆『 偶然 が 重なり 小さな 奇跡 が 起きて

   野球 への 参加 が 与えられた わけである 』


これは 本当 に 大切 な 学び を

させて もらった な と こころ から 感じた、、、


今後 の 人生 でも

これは 大切 に していこう と おもった


と こんな 出来事 が あった わけである


いかが だっただろうか?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは もちろん 


ただ 単に 退けば イイ とか

自分 の こころ から の 逃げ で 退く 

という のとは ちがい


あくまで 愛 と 調和 に よる 

判断 の 結果 として の あきらめである

ここ を しっかり ごちゅうい していただきたい


これは 今回 の 件 に 限らず

恋愛 など にも 当てはまる ケース が 多い


あと 以前 の 記事 にも 書いた が


人生 の 課題 には いろいろ な

ケース が あるので


実相!陰&陽の視点が人生に役立つ! #440


人生 の 課題 には 

押して 開く 扉 と 引いて 開く 扉 が ある


ご自身 の ケース が これ に

当てはまるか どうか しっかり 吟味 した 上で

ご活用 いただきたい


めやす としては


自分 が エゴ で 押そう と

してしまっている とき には 


この 霊的真実 を 思い出して いただきたい


そして その とき には 思いやり の 心 から

勇気 を だして 退いて みて いただきたい

その 課題 を クリア したら 


小さな 奇跡 が 起きたり


それ が もしも 与えらる べき もの 

であれば 与えられたり 


そうでない 場合 は 与えられない わけだが


もしくは それに 相当 する 別 の もの が

与えられ たり する ケース も ある


そして その先 には 必ず 新しい 自分 が いる

と いうことも 知っておいて いただきたい


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-10-13 08:01 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(20)

実相!人生の課題と恋愛そしてプレゼント! #472

みなさん こんちには!


今回 は 魂 の 成長 に おける

人生 の 課題 や 恋愛 の 課題 


そして その 課題 を クリア した 後 の

守護霊たち からの プレゼント に ついて 書こう


人 は 生きている と いろいろ な

課題 と 直面 して いく


そして 人生 の 節目 節目 に おいては

ちょっと 大きな 課題 なんて のも ある


これら の 人生 の 課題 は 

その人 が 生まれてくる 前 に 


自分 の 魂 の 傾向 を クリア する ために

つまり 自分 の 性格 を より 磨く ために


いついつ に こういう 課題 と 直面 して

それを クリア して 魂 を 成長 させよう


と 生まれる 前 の 「 霊的会議 」 で

決めて くる ケース も ある


そして 実際 に その 時 が 来ると 


なんらか の 形 で 人生 の 課題 と しての

出来事 が 発生 する わけである


☆ 『 自分 に とって なかなか 解決 できない

    むつかしい もの こそ 大切 な 課題   』


それを クリア すると 大きく 成長 できる


そして その 出来事 を 起こす ため には

相手 となる 人 で あったり 


いろいろ な 出演者 が 必要 となる


そういった こと も じつは 


生まれる前 や 寝ている 間 の 「 霊的会議 」

で 話し合って 決めている 


とくに 「 きらわれ役 」 を やってくれる 人 には

自分 から それを お願いする ケース が 多い


では その 人生 の 課題 の 解き方 を

解説 して いこう


この 様な 大きな 人生 の 課題 に

直面 している とき は


比較的 頻繁 に 寝ている 間 に

「 霊的会議 」 を 行っている ことと


あなたが 困っている とき も


「 か・な・ら・ず 」 


守護霊 が あなたに 出口 は こっち だよ

と 話し かけてくれている こと を 

知って おいて ほしい


☆ 『 やつら は インスピレーション で

   必ず ヒント を 送ってきて くれている 』


そして


☆ 『 その ひらめき に 従って 自分 の 

    考え方 を 変えて 行動 すると    』


人生 の 課題 を 比較的 スムース に

解決 して いける わけである


愛 と 調和 に よる

ひらめき や インスピレーション は


守護霊たち から の 声 だから である


しかし ながら なかなか

前向き で イイ 考え が 浮かばない とき

も ある かも しれない


そんな とき というのは


じつは 


『 自分 の エゴ に 巻かれてしまっている 』


と いった ケース が 多い のである


ここを しっかり 認める ことが 

問題 解決 の 最大 の ポイント である


自分 が 愛 と 調和 の 状態 か?

それとも エゴ の 状態 か?


これ を 見極める ことが 大切 である


自分 が 今 エゴ の 状態 か どうか

を 見極める 方法 は いたって 簡単!


これは ぜひ しっかり 覚えて おいて

いただき たい こと なのだが


エゴ の 状態 だと、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


『 こころ に 落ち着き が なくなり

  普段 の 自分 では なくなる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これ だけ である じつに 簡単 で ある


この 状態 の とき は なんらか の

エゴ の 状態 に なっている ので


そんな とき は 一旦 立ち止まって

自分自身 と 向きあう こと が 大切 である


もしも 本当 に 愛 と 調和 の 状態 ならば


「 こころ に 落ち着き が なくなる 」

「 自分 らしさ が なくなる 」


なんて ことは 絶対 に 起こらない のである


「 あれ? ちょっと ヘン だな 自分 」


と 感じたら それは エゴ の 状態 で

ある 場合 が 多い 


自分自身 が そんな エゴ の 状態 を

しっかり 認める ことが 大切 で


この 自分 の エゴ の 状態 を 

自分 で 認める こと が できた 時点 で


じつは すでに 問題 の 大部分 は 

解決 されている とも 言える くらいである


じつは 


『 自分 が エゴ の 状態 で ある 』


と いうことが なかなか 認められなくて 

人 は くるしむ ケース が 多い


すごく くるしかったり したとき に


「 ああ これは 自分 の エゴ だな 」


と 完全 に 受け入れ 気づけた 瞬間 に 

エネルギー は 変わる わけである


で ここも ポイント の 1つ なのだが


エゴ の 状態 だと 守護霊 から の

ヒント である ひらめき が 聴こえない が


自分 が エゴ の 状態 だと 気づける と

エネルギー が 変わり


そこから だんだん と イイ ひらめき や

考え方 が 思い 浮かぶ ように なる 


つまり 愛 と 調和 の 守護霊 の 声 が

聴こえ やすく なって くるのである


その 調和 の とれた エネルギー 状態 で 

思い 浮かんだ ことを もとに


自分 の 考え方 や 行動 を 変えていく

と 課題 は クリア されて いく


そして その 課題 が 完全 に クリア 

もしくは どれくらい クリア できたのか どうか?


これも 


「 こころ に 落ち着き が 戻り

  自分 らしさ が でてきているか 」


これで 判定 できる


この 基準 で ああ 大丈夫 だな

と なれば クリア した わけであり


その 状態 に なれば 自分 の こころ が

すっきり 晴れやか に なっている ので


クリア した 実感 が ある ことだろう


しかし なにか モヤモヤ が 

残って いる 場合 には 再度


「 相手 の 立場 に 立つ 」


視点 に なったり して 考え方 を

変えていく ことを していくことで


必ず クリア の 道 が みえてくる


あと この


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


『 こころ に 落ち着き が なくなり

  普段 の 自分 では なくなる   』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは

恋愛 に 関する 課題 にも かなり 役立つ


すき な 人 が できる と 多少 の

そわそわ感 が でる のは ある わけだが


それでは なく 度 を 超えて 


こころ に 落ち着き が なくなったり

自分 らしさ が 著しく なくなる


と いった 場合 は 愛 や 調和 では なく


それは なんらか の エゴ の 状態 に

なって しまっている わけである


自分 の 想い を 叶えたい ばかり に

エゴ的 に なって しまった 

なんて ケース も これ に あたる


エゴ の 声 に 従って 行動 すると

ロク な 目 には 会わない 


また こころ に 落ち着き が なくなり

そわそわ した 感覚 それ こそ が


「 すき 」 「 恋愛 」


だと 思っている ケース も ある が

じつは それは そうとも かぎらない 


そして やはり ちょっと 度 を 越す と

それは もう エゴ の 状態 で あり


当然 うまく いかない 状況 に なる ので 

自分 でも 実際 に 解りやすい だろう


もう少し 書いて おくと

いろいろ な ケース が あるので

いちがい には 言えない のだが


こころ に 落ち着き が なく

自分 らしさ が なくなる 恋愛 は


むしろ それは 恋愛 では なく


それは 自分自身 の エゴ や 性格 に

気づきなさいよ と いう 為 の 出来事 

自分 を 正す ため の 出来事 であり


じつは その ケース が かなり 多い


つまり それ は 恋愛 では なく むしろ 

人生 の 課題 だったり するわけである


だから 落ち着き や 自分 らしさ が

なくなる のが 恋愛 だと いう 考え方

だけだと よろしく ない


恋愛 には
 

『 こころ が 落ち着き 安らぎ

  自分 らしさ が 輝き だす 』


そういった 恋愛 も あり 

それが 本当 に 目指す ところ 

でも ある ことを


知っておく こと も 大切 とのことである


と ここで 再び 人生 の 課題 の

全般的 な 話 に 戻すが


実際 に この 大きな 人生 の 課題 を 

クリア すると どうなるか?


クリア すると 考え方 も 変わり

魂 の 周波数 も 美しく 整う


すると その エネルギー に 

合った こと が やって来る ように なる


ま ひらたく 言うと イイ ことが ある


人生 の 課題 を クリア すると

守護霊たち から プレゼント的 な ことが

起こり はじめる わけである


これは 本当 に たのしい ことである


この 人生 の 課題 を クリア して

すぐに プレゼント が くる 場合 と

そうで ない 場合 が あるので


そこも 解説 して おこう


もちろん 1つ 課題 を クリア すれば 

それに 見合った イイ こと が 起こる


しかし たとえば 


「 ツインソウル と 出会いたい 」

「 本当 に 納得 の いく 仕事 を したい 」


と いった 大きな イイ こと には


それなり の 課題 の クリア ポイント が

必要 なのだと いうことである


よく 俺 は 課題 を クリア すると

守護霊 に 


俺 「 おい てめー こんだけ がんばった

    から 当然 イイ こと あるだろうなあ! 」


と 文句 を 言う 

すると やつ は


守護霊 「 大きな プレゼント までには まだ

      あと 2ポイント たりませーん    」


などと 平気 で 抜かしてくる!

まったく はら たつ~~~


なので イメージ と しては 


『 10ポイント たまる と 大プレゼントが! 』 


みたいな 感じ に 考える と 解りやすい


小さな 課題 を クリア して 1ポイント だと

小さな イイ こと が 起こり


大きな イイ こと が 起こる には

小さい 課題 を 10個 クリア して

10ポイント ためる 


もしくは


かなり 大きな 課題 を 1個 クリア すると


一気に 10ポイント 入る ので 

一回 で プレゼント が 届く ことも ある 


と そんな 感じ の イメージ なのである


なので 大きな 課題 を クリア した 後 には 

かならず ステキ な ことが あるので


そのため にも 是非 前向き に 

人生 の 課題 に 取り組んで いただきたい


と そんな 感じ である


本当 は らーめん の おもしろ シンクロ

に 関して 書こう と 思っていた のだが


つーか 実際 に 書いていた のだが


守護霊 の やつ が こっち を

書いてちょーだい 的な 感じ だったので


この 話題 を 書いた わけだが

いかがだった だろうか


恋愛 は とくい 分野 じゃねー ので

情報 を おろして 書くのに 

かなり 時間 が かかって しまったが!


ははは



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-09-19 13:35 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(23)

衝撃!無意識のコントロールからの対処法! #450

みなんさん こんちには


今回 は 霊的覚醒 や 

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 

の 解釈 そして 心理分析 にも

役立つ ベース となる 話 をしよう


人 の こころ の メカニズム を

知っておくと 何かと かなり 役立つ


『 心理的 な 自己防衛 』 に 関して


今回 は これを 解説 しよう


では はじめよう



自分 の こころ や 現実 と 向き合う

これは とても 大切 な ことである


普通 で あれば

しっかり と 向き合う ことで

いろいろ な ことが みえてくる


しかし


それが なかなか むつかしい 

場合 が ある


それは 


自分 が みたくない と

心理的 に にげいている とき


この とき には 自分 の こころ や 現実 が

なかなか みえてこない、、、


それ どころか おどろくべき ことが 

起こる 場合 が ある


どういう こと が 起こる かと 言うと


こころ や 現実 と 向き合う と

しょっく を 受ける こともある


そんな ときには 自己防衛 が はたらく 


すると 


たとえば 明らかに 正しい ことを

ぜんぜん うけいれられ なく なったり


無意識 に 問題 から 目 を そむける 

ため の 行動 に でたりする


これは 俺 も 体験 したことがあるが

かなり おどろいた


これは 俺 が 霊的覚醒 を

する 以前 の 話 だが


俺 にも どうしても 向き合いたくない

現実 と いうものが かつては あった


何と 向き合い たくないのか? は

人 に よって さまざま だが


自分 の 理想 と 著しく ちがう

現実 で あったり


自分 が 一番 大切 な ものが

うまくいかない とき に 起こりやすい


俺 に とって は 「 歌 」 だった


当時 も 俺 は ボーカリスト だったのだが

歌 が さほど うまく なかった


ステージング といって 盛り上げたり

楽しませる ことは 上手かった ので

それなりに ボーカル として 成立 してはいたが


肝心 の 歌 が よろしくない こと を

自分 では かなり 気にしていた


B'z の コピーバンド だったので

高音域 の 声 が でてなかった のだ


それが とても つらかった のだが

人前 や 表には 一切 だしてなかった


つまり こころ に 押し込めていた わけである


じつは 俺 は 音楽 に 関する こと だと

かなり 気にする 


これは 音楽 が ものすごく すき だから 

つらくもなるし 気にもする わけである


で やはり ボーカル は 歌 が 大切

このまま では いけない と 思い


やはり 現実 を 

しっかり 受け止める ことにした


そこで 歌 を 録音 して

じっくり 聴いてみる ことにした


音源 を 再生 する カチャッ!


Aメロ Bメロ は まあ ふつー に 歌えている


さて 問題 の 高音 の サビ の

ところ に さしかかった、、、


すると なんと!


俺 「 明日 の 夜 なに 食べようかな? 」


と ふと あたま に 浮かんで しまった

このまえ は アレ は 食べたし、、、 と


おかげで せっかく 音源 を 聴いて いたのだが

大切 な サビ を 聴き 逃してしまった!


俺 「 しまった! アカン な 集中しないと! 」


なんで こんな あほ な ことが 

あたま に 浮かんだのだろう いかん いかん


と 思いながら もう一度 巻き戻して

サビ の 高音 パート を 聴こう とした


今度 は 真剣 に 音源 に 集中 した


しかし 今度 は なんと!


俺 「 あ! メンバー に 楽譜 渡したっけ? 」


みたいな ことを きゅう に 思い出してしまった

楽譜 が ないと 練習 しづらい これは マズイ


ところが またまた

肝心 な サビ を 聴き のがしてしまった のだ!


俺  「 いかん いかん 巻き戻し 巻き戻し 」


2度 も 同じ しっぱい するとは

われながら あほ だな と 思いながら


そして 再び 気をとりなおして 巻き戻し

今度 こそは! と 身構えて 

音源 に 耳 を すました


すると 今度 は、、、


俺  「 あ! いけね CD も 渡さなきゃ 」


みたいな ことが あたま に 浮かんだ

もちろん またまた サビ を 聴き のがした


俺 「 、、、 、、、 、、、 」


あ 俺 ちょっと ヤバイ おかしい ぞ と

ここで やっと 俺 は 気づいた


自分 が 現実 と 向き合いたくない から

なんと!


『 無意識 に あやつられてしまっていた 』


のだ


ホント に 聴こう 聴こう と 

集中 しても なぜか 全然 聴こえない のだ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 『 心理的 な 自己防衛 』 である


現実 を 観て しょっく を うけないように

自分 を 問題 から 逸らそう と するのだ


しかし これは 問題 の 解決 から

遠ざける 行為 でも ある


これは なんとか しないと 先へ は 進めない


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは かなり ヤバイ 


正直 この とき の 体験 は 

衝撃的 で あった


俺  「 ああ、、、 人間 って こういう 

     こと が 起こる の だな、、、 」


と 驚きながらも この 出来事 は  

しっかり と 覚えておこう と 思った


『 無意識 に あやつられる 』


この 対処法 の 構造 は

じつは とても シンプル である!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これから 解説 する この 対処法 の 構造 は 

『 ものすごく 大切 』

なので ぜひ 覚えて おいていただきたい

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


自分 の 行動 や 感情 が


『 無意識 に あやつられる 』


と いう 状態 とは 


主導権 が 自分 では なく 

「 無意識 」 に ある 状態 である


だから あやつられて しまう


あやつられるのが いや なら

主導権 を 自分 に 取り戻せば いい


『 「 無意識 」 に あやつられる 状態 』 


を 言い換えると、、、


自分 の している 行動 は

「 無意識 」 が させている ので あって

自分 が している のではない 


と 言っている のと 同じ ことである


つまり 


「 それを させているのは 「 無意識 」 であり

  自分 には なんの 責任 も 原因 もない

  全て の 責任 と 原因 は 「 無意識 」 に ある 」


と 自分 が 言っている わけである


だから 当然 「 無意識 」 に 主導権 を 

うばわれ てしまう わけである


その 結果 自分 の 行動 や 感情 が

『 「 無意識 」 に あやつられる 』


では どうしたら 自分 に 主導権 を

とりもどせるのか?


簡単 である 


先ほど の セリフ の 「 無意識 」 と 自分 を

入れ替える だけ の ことである


「 それを させているのは 自分自身 であり

 「 無意識 」 には なんの 責任 も 原因 もない

  すべて の 責任 と 原因 は 自分 に ある   」


こう 認識 すれば とうぜん 

主導権 は 自分 に 戻ってくる わけである


こうすれば 

「 無意識 」 に 自分 の 行動 や 感情 を 

コントロール されることも なく


『 自分 で 自分 を コントロール できる 』 


ように なる わけである


どうだろうか


つまり 「 無意識 」 の せい に してしまうと

主導権 を 失い あやつられた ままだが


自分 の せい に 出来れば

主導権 を 手にして 自分 を コントロール できる


と いった わけである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

じつは ↑ この 文章 にはね ちょっとした 

仕掛け を 仕組んで おいてある 


文章中 の 「 無意識 」 って 言葉 を


「 相手 」 とか 「 あくりょう 」


と 入れ替えて 読んで みても 

意味 が 通る ように なっている


各自 自分 の ケース に 合わせて

入れ替えて 読んで みて いただきたい


たとえば いかり が コントロール できない 

とき は 「 相手 」 と 入れ替える 


ちなみに じつは あくりょう は 存在 しない

奥 の 奥 まで ちゃんと 霊視 すると

すべて の 本質 は 光 である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして その後 


俺 は この 無意識 に あやつられている 

状態 を 自力 で なんとか しようとした


まず は ↑ で 解説 したように


無意識 の せい に せずに


「 これは 自分 が にげている から こうなる!

  原因 も 責任 も 自分 に ある!

  俺 が にげなければ イイ だけの こと!  」


と 認識 する 

これで 主導権 は 俺 の もの となる


次は 基本的 に 意思 の 力 を 使う 


『 自分 の 意思 を はっきり させる 』


つまり 自分 は 自分 の 歌 の ダメ な ところ を 

聴きたい のか? 聴きたくない のか?


「 俺 は 聴きたい! 」


と はっきり させる 


そしたら 次は 


自分 の 意思 を 達成 すべき 

行動 を とる 


つまり ここからは 


新たに 意思 を 決めた 自分 と 

かつて の にげたがる 自分 との 勝負 となる


まず は 

試合直前 の 柔道選手 の ように


自分 の かお を パンパン と たたいて

気合い を 入れ


俺  「 おのれ~~っ! くっそ~~! 

     俺 は 絶対 に 聴く のだ~~!! 」


と 強烈 に 意思 を 発揮 して

スピーカー に かじりつく かの ごとく

耳 を そばだてた


ところが これが マジ で 

信じられない 話 なの だが


それでも なんと!

まだ よく 聴こえなかった のだ


どうやら まだ 俺 は にげていた らしい


心理的 な 抵抗 が ここまで

俺 に ここまで 影響 を 与えてくる とは、、、 

と 驚きながら も


だんだん ハラ が 立ってきた

主導権 は おれ だ


俺 「 くっそお~~ おのれ~~~

    無意識 ごとき が! この 俺 を

    あやつろう だとお~~! 

    目 に もの みせてやる~~~!   」


と なんのこっちゃ と いう感じだが

さらに 気合い を 入れて のぞんだ!


すると ようやく ちょっと 聴こえてきた

しかし まだまだ これでは あまい


なんか 自分 の よわい こころ に

思いっきり まけている みたいで


マックス に ハラ が 立ってきた


俺 「 くっそ~~ なろ~~~! 

    俺 は ぜって~ まけね~~ぞっ!

    北斗神拳 を あなどるなよ~~!  」


(もはや 意味不明 ↑ ) 


と さらに 気合い を 入れて 


巻き戻して は 聴き 巻き戻して は 聴き

これを 気合い を 入れ 何度も 何度も 

そして 何度も 何度も 何度も 


さらに 何度も 何度も 何度も くりかえした


b0225081_12385424.jpg











その結果 ようやく 

サビ の 自分 の ダメ な 部分 が 

しっかりと 聴こえる ように なった!


こうして 俺 は 脆弱 な 

自分 の こころ に 打ち克った のであった


ここから 俺 の

『 新しい 音楽人生 が はじまった 』


この 出来事 以来 


しっかり と 自分 の 出している 音 と 

向き合える ように なったのである


ホント に この 出来事 の おかげ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 問題 と しっかり 向き合う ことで 

    必ず 解決策 や ヒント が みえてくる  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 経験 から 心理 作用 の 構造

も 解り その後 も とても 役立った


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 の こころ と 向き合う とき、、、


☆ 「 自分 の 心 が にげている ことに 関して は
   
    無意識 に 向き合うのを さける 行動 を してしまう 」


☆ 「 自分 の 心 が にげている ことに 関しては

    自分 は ちゃんと 向き合っている つもり でも

    じつは ちゃんと 向き合えて ない かも 知れない 」


☆ 「 自分 の にげる こころ に 打ち克つ には

    つよい 気持ち で くりかえす こと が 大切 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と これを 知っておく ことが 大切 である


つまり 何か 直面している 問題 を

解決しようと 自分 と 向き合う 場合


自分 では しっかり 向き合っている ようでも

じつは しっかり 向き合えて ない 場合 が ある


そんな ときは つよい 意思 を もって


「 ゴラアァ! ちゃんと 向き合え!! 」


と 自分 に 何度 も 何度 も 

喝 を 入れる ことが 大切 であり


そうする ことで ようやく 

しっかり 向き合えて 解決 へと 繋がる

そんな ケース も ある わけである


もしも 自分 が 向き合っている のに

なかなか ヒント が 見えてこない 場合 は


これと 同じ 状態 に おちいっていないか?

と 確認 してみて いただきたい


それで 


「 ああ なんか にげてる、、、っぽいな 自分 」


と 感じた とき には


にげる 自分 の こころ に 喝 を 入れ

何度 も 何度 も 向き合って みてください
 

こんな 感じで ↓ やってみてください


b0225081_22403042.jpg




















と こうして にげる 心 に 打ち克って ください

北斗神拳 伝承者 として、、、 (←って おい!)


すると かならず その先 には

解決策 や ヒント が 見えてきます


ときには こういった ケース も 

ある ということを 知っておくと


なにかと 役に立つ かと 思います


是非 おためしください



また


この 『 心理的 な 自己防衛 』 は

は 今後 シンクロ 解読 などでも 

でてきます ので 

ぜひ 知っておいて ください 



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-04-18 04:42 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(21)

実相!陰&陽の視点が人生に役立つ! #440

みなさん こんちには!


今回 は 人生 の 課題 クリア に おける


じゅうなん性 の ある 考え方 や 視点 

の 大切 さ に 関して 書こう


人生 の 課題 を クリア するには

自分 の 視点 を かえて みることが 大切 なのだが


自分 の 考え方 や 視点 が 

より 霊的真実 に 近い 視点 に かわると


「 霊的周波数 」 も 変わり 

「 霊的覚醒 」 も すすんでいく 


で その 人生 の 課題 クリア や 霊的覚醒 にも

役立つ 考え方 や 視点 というもの が あるのだが


その 1つ が 「 陰 陽 」 の 視点 である


この 世界 は 陰 と 陽 で 出来ている 

と 言う 考え方 である


陰 と 陽 というのは

昼 と 夜 とか 静 と 動 男性 と 女性 など


で この 2つ は 対立する もの ではなく

この 2つ の 要素 は 調和 する もの とされている


『太極図 陰陽を表している』
b0225081_1851546.jpg












たとえば 人 の 「 呼吸 」 を 

みると よくわかる のだが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 呼吸 は 「 吸う 」 と 「 吐く 」 

    この 両方 の バランス が 大切    』

   
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この 視点 を 是非 

日常的 に 意識 して いただきたい


呼吸 は 


吸って ばかりいたら たいへん なことになる

吐いて ばかりいたら これも また たいへん 


これは つまり


☆ 『 吸うべきとき には 吸って 

    吐くべきとき には 吐く ことが 大切 』


って ことである


でね なんで この 話 を しているかと 言うと


俺 たち が この 地球 で 生きている のは


魂 の 「進化」 「成長」 「霊的覚醒」 という

目的 が あるから であるが


その 成長 の 為に 人生 には

いろいろ な 課題 や 出来事 が 起きてくる


そして その 出来事 と 向き合い

それを クリア することで 学び 成長 していく


で そんな 人生 の 課題 に 出会った ときに


この 呼吸 には 「 吸う 」 と 「 吐く 」

が あると いうこと を 知っておくと


本当 に 多くの 問題 解決 に 役立つ 


もちろん 俺 も これまでに

いろいろ な 人生 の 課題 と

出会って きた わけだが


実は この 「 陰 & 陽 」 

呼吸 の 「 吸う と 吐く 」 の 視点 が


本当 に 役立った のだ


たとえば 人間関係 とか の 

もんだい で なやんで いたと する


そこで たまたま 手 にした 本 に

「 言葉を尽くし 伝える ことの 大切さ 」


が 書いてあった とする


ま たしかに そうである


しかし 実際 は 人生 の 課題 は

陰 と 陽 であり 呼吸 の 「 吸う と 吐く 」

両方 の ケース が ある


扉 と 同じ で 


「 押して 」 開く 扉 も あれば

「 引いて 」 開く 扉 も ある わけだ


これが 『 霊的真実 』 なのである


つまり 


言葉 を 尽くして 伝える ことで

クリア される 課題 の ケース もあるが


逆に


言葉 に せずに 黙する ことで

クリア される 課題 の ケース 


も あるわけである


だから 大切 なのは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 この 課題 は  

    どんな ケース なのか? 見極める 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうことである


「 押して 」 開く 扉 なのか?

「 引いて 」 開く 扉 なのか?


どちら なのか?


たとえば 


後輩 や 部下 や 家族 が 落ち込んでいた とする

そして それを なんとか 励ましたかった


で なんとか 懸命 に 励ます!

すると 後輩 や 部下 や 家族 は


後輩 「 ありがとう! なんか 元気 が 出ました! 」


と 前向き に なる


しかし 別 の ケース では


同じく 後輩 や 部下 や 家族 が 落ち込んでいた とする

で なんとか 励ましの 言葉 を かける


すると 後輩 や 部下 や 家族 に なんと!

もんっすごい 冷ややか な 態度 を とられてしまった!


なんて ことも 起こりうる


これは この件 が 


「 押して 」 開く 扉 なのか?

「 引いて 」 開く 扉 なのか?


どちら の ケース か? を 

読み間違えてしまった こと から 起こる


つまり そっと しておいて あげる 方が 

その人 に とって 親切 と なる ケース だったのだ!


その 見極め を まちがえて

声 を かけてしまった わけだ


と この ように 


人生 の 課題 にも 「 陰 と 陽 」

「 吸う と 吐く 」 「 押す と 引く 」


が あるということ を 意識 しておくことは

ともて 大切 な ことなのである


しかも この


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

☆ 『 人生 の 課題 には

    押して 開く 扉 も あれば

    引いて 開く 扉 も ある  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうことを 意識 しておくことの

重要性 は 実は もうひとつ ある


先ほど の たとえ の つづき を みてみよう


せっかく 励まそう と 声 を かけたのに

思わぬ 冷ややか な 態度 を された


このとき どういう 反応 を とるべきだろうか?


A 「 (ちっ! なんだよ! こっち が

     せっかく 励まして やってんのに!) 」


と 言う 反応 を すること も あるかもしれない


しかし この A の 反応 は


今回 の この 課題 は とうぜん

「 押せば 開く 扉 」 である! 


と 思い込んで しまっている 時 に 

起こる 反応 なので ある


これでは しなくても いい

いざこざ に なってしまう


そして 不思議 な こと に


自分 の ひ を 認めず に

相手 を せめて しまったり すると


エネルギー が まわらず 調和 が みだれ

よけい に こじれる ケース すら ある


霊的 には 実は

こういった 構造 に なっている のである


では その 一方 で

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

☆ 『 押して 開く 扉 も あれば

    引いて 開く 扉 も ある  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

という 『 霊的真実 』 を 意識 している

場合 の リアクション は どうなるのか?


みてみよう、、、


せっかく 励まそう と 声 を かけたのに

思わぬ 冷ややか な 態度 を された


すると、、、


B 「 ( なぬーー!そっちかよぉ!しまったあ!

      「 引いて 開く 扉 」 だったのかよおお!) 」


と 即座 に 


自分 が どちらの 扉 なのか を 見誤った 

こと に 気づける わけである


これなら しっぱい は したものの

ここから 調和 へ 向かう 可能性 は デカイ


そして 不思議なもの で 

ここ が ものすごく 重要 なのだが


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


相手 を せめずに 素直 に

自分 の ひ を 認める と


その エネルギー が 相手 にも 伝わり

相手 も 「 あの 態度 は いけなかったな、、、 」 


と 見えない力 が はたらき

調和 へと 整っていく ケース すら あるのである!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そう これも 霊的 には 

こういった しくみ に なっている のである


この ちがい は かなり デカイ!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 

☆ 『 押して 開く 扉 も あれば

    引いて 開く 扉 も ある  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


という 『 霊的真実 』 を 知っていて 

それを 意識 しているか? どうなのか?  


その ちがい だけ で 


出来事 に 対する リアクション が 

A なのか B なのか が


自然 と わかれてしまう のである


どうだろうか、、、



ちなみに 霊的進化 成長 は 


1つ の 段階 が クリア されると

また 次 の 段階 へ 進める


そのたび に 周波数 が 美しく 整っていく


すると 人生 の 課題 の 扉 が 


「 押す扉 」「 引く扉 」 だけでは なく


横 に スライド させる「 引き戸 」 だったり 

「 シャッター 」「 観音開き 」 だったり と


様々な 扉 と 出会っていく

さらに 学び は 続いていく わけである


魂 の 成長 の 為 の 人生 の 課題 というもの は


実際 には ホント に さまざま な ケース が あり  

そこに さまざま な タイプ の 学び が ある


いちがい に 「 こうである 」 とは ならず 

それぞれ の ケース に よって 対処法 も ちがってくる


と いった 感じ では あるわけだが


まずは 基本 と して 「 陰 と 陽 」 を 

意識 して おくことが 

かなり 役に立つ という わけである 


と いった 感じ


こういった 「 霊的視点 」 を 

知って 意識 して 生活 する ことで


愛 と 調和 そして 平和 を 

生み出す ヒント になる わけである


俺 たち が 人生 を 生きる ということは

毎日 エネルギー を 発している わけだが


自分 が 日頃 発している エネルギー は

愛 と 調和 を 意識している エネルギー だろうか


そして その 自分自身 の エネルギー を  

何の ために 使っている のだろうか


俺たち ひとり ひとり が 

愛 と 調和 に むけて

ただしく エネルギー を つかえば


この 地球 を Arcadia 理想の世界 に

していくことが できる わけである


そういった 意味 でも 

毎日 の 生活 に 


「 霊的覚醒 」

「 霊的真実 」

「 霊的視点 」 を


是非 とり入れて みてください 



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-02-13 12:41 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(15)