2017年 02月 28日 ( 1 )

真相!ケースを見極めることで扉は開く! #589

みなさん こんちには


今回 は ちょっと 


人間関係 や 問題解決 に

関して 書こう


これ は すごく 大切 な こと で

是非 知って おいて いただきたい


たとえば 人間関係 を よく する

コツ とか 考え方 ってのが ある


「 なるほど そうすれば イイ のか 」


と 納得 出来る コツ が ある


こういった コツ や 考え方 を

実際 に 活用 する 場合 に


とても 大切 な こと が あります

それは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 その コツ が 自分 の ケース に

   当てはまる か どうか 見極める   』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう こと


たとえば 


『 人 を 許す こと が 大切 』


と いう 言葉 と 出会った とき に


果たして その 言葉 が 自分 の ケース

に 当てはまる のか どうか


ここ を しっかりと 考えて 観極める

こと が 必要 である


人生 の 課題 とは 本当 に

様々 な 課題 が あり


人生 の 課題 では


「 相手 を 許す 学び 」

「 相手 を あえて 許さない 学び 」


が ある


「 相手 を 許す 学び 」


と 言うのは 判り やすい かと 思うが


「 相手 を 許さない 学び 」


とは たとえば


相手 が わがまま な こと を

している というのに


それ を 許し 続けて しまうと


相手 は 勘違い を してしまい

図に乗って しまって


相手 は わがまま を 繰り返し

気づいた とき には モンスター に


なって しまう といった ケース 


これ では お互い に とって

よろしくない 関係 に なってしまう


お互い に 成長 出来る 関係 とは

ほど 遠い もの に なってしまう


そういう とき は

相手 を 許す のでは なく


「 ちょっと 待て それ ちゃうぞ 」





相手 を 『 諭す 』 ことが 

必要 と なってくる


そうする こと で

お互い が 成長 出来る 関係 と なる


また 


とき には 関係 を 解消 する

ことが 必要 な  ケース なんかも ある 


そこ を しっかり と

考えて みて いただきたい


許す のでは なく 『 諭す 』 ケース や

関係 を 解消 した 方 が いい ケース で


『 人 を 許す こと が 大切 』


と 聞いた から と 言って


「 許さなくては 許さなくては 」


と がんばり 許し 続けて しまうと


くるしみ から 抜け出せなく なってしまう


実際 真面目 な 方 ほど


まちがった 方向性 の 努力 も

真面目 に がんばって しまう


まちがった 方向性 で 努力 して

しまうと よけい キツ く なる


そうならない ように 自分 の ケース が

どういった ケース なのか を


しっかり 観極める こと が 大切 である


これは 以前 も 書いた が

扉 と 同じ で


「 押して 開く 扉 」

「 引いて 開く 扉 」


が ある


他にも いろいろ な タイプ の

扉 が ある わけ だが


押して 開く 扉 を 引いて も

いっこう に 扉 は 開かない


ここ を しっかりと

見極めて いただきたい


結構 知人 の 相談 とか に

のっている と


押して 開く 扉 を 懸命 に

引っ張って いる 人 が いる


そして どうして 扉 が 開かない のか

なやみ つかれた くるしい と 言う


しかし それは 当たり前 の こと で


押して 開く 扉 は どれだけ がんばって


「 うおおおおおおおっ! 」


と 気合 を いれて 『 引いて 』 も

心 を 込めて 『 引いて 』 も 開かない


そこ は 心 を 込めて 『 押せ 』 と


押して 開く 扉 は 押さないと 

開かない ので ある


人間関係 の 本 には


『 人 を 許す こと が 大切 』


とは 書かれて いても


「 許す のでは なく 諭す 学び 」

「 関係 を 解消 する 学び 」


など いろいろ な ケース が ある

こと に ついて は 書かれて いない


そういった 本 も 多々 ある ので


『 人 を 許す こと が 大切 』


と いう 言葉 だけ を 鵜呑み に

してしまうと ドツボ に はまる わけ である


本 に 書かれている こと が 

自分 の ケース に 当てはまるか どうか


自分 で しっかり 考えて

ここ を 観極める こと が 大切 である


そして その なやんでいた 知人 は

俺 の この 説明 を 聴いて


「 ああ~ なるほどお~ 自分 は 

  それで なやんで いた のかあ~ 」


と 納得 して かなり スッキリ していた


なので 他にも こういった こと を

知る ことで スッキリ する 方 が


いるかも と 思った ので


今回 この 記事 を 

書いて みた わけ だが


どうだろうか?


このように


がんばり どころ を まちがえる と


ただただ つかれて くるしい

だけ に 終わります ので


しっかりと


「 押して 開く 扉 」

「 引いて 開く 扉 」


「 許した 方 が いい 場合 」

「 許さない 方 が いい 場合 」


「 別れた 方 が いい 場合 」

「 別れない 方 が いい 場合 」


「 辞めた 方 が いい 場合 」

「 続けた 方 が いい 場合 」


自分 の 人生 の 課題 の ケース では

どっち なの だろうか?


そして


その 人生 の 課題 に 関する

言葉 や アドバイス に 出会った とき は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 この 言葉 や アドバイス は 自分 

   の ケース に 当てはまる のだろうか? 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった ところ を しっかり 観極めて


適切 に がんばって いただきたい


そうする こと で 人生 の 課題 を

クリア でき より しあわせに なります


人生 の 流れ も より 

スムーズ に なって いきます


ちょっと 今回 は こういった 

テーマ で 書いて みましたが


需要 って あるかな?


こういった テーマ に 関心 や 質問 

の ある 方 は コメント ください


需要 が ある ようでしたら

また 詳しく 書いて いきます


と いった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!



.
[PR]
by aquarius_az | 2017-02-28 12:20 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(31)