驚愕!桜の木の妖精が俺に挨拶をした! #606

みなさん こんちには


今回 は 久しぶり に

『 妖精 』 に 関して 書こう


この ブログ でも 何回 か 『 妖精 』

に 関する 体験 や 記事 を 書いたが


まず 『 妖精 』 とは 


主に 自然界 と関わっている

観えない 聖なる 存在たち である


俺 は 以前 『 妖精 』 に

とり囲まれた こと が あるが


その エネルギー は とても

純真 で 可愛らしい エネルギー だった


その とき の 様子 は ↓ こちら

今日俺は 『妖精』 に導かれ偶然の一致が! #304


もう 一度 ここ に 書いて おくと


俺 が たくさん の 妖精たち に

取り囲まれた のは


なんと!


本屋 の 店内 だった


『 おもしろそうな 本 が あるな・・・ 』


と 1冊 の 本 を 手 に とった

その 瞬間 に 


ぱああああああっ!


と ものすごく たくさん の 小さな

観えない 存在たち に 取り囲まれた


「 おおお! なんじゃこりゃあ~ 」


と 思った が


すぐに その 存在たち が 

『 妖精 』 だと わかった


ものすごく 純真 な 可愛らしい

子どもたち に 囲まれて しまった


とき の ような エネルギー で

とても 気持ち が よかった ので


「 ああ これは まちがいなく

  妖精たち の エネルギー だな 」


と わかった


そして その時 手にした 本 が

こちら ↓ の 本 だった


b0225081_3263278.jpg
『 妖精を呼ぶ本 』 詳細

姫乃宮 亜美 氏 (著)






『 妖精を呼ぶ本 』


この 本 は ホント おすすめ で


妖精 に 関して 知りたい 方 は

ぜひ 読んで みて ください





その後 も 妖精 の シンクロ を

いくつか 体験 した わけ だが


ちょっと その前 に 知っておいて 

いただきたい こと が あるのだが


それは


『 植物 や 木 は 人 に 

  話しかけて きて くれる 』


と いうこと である


以前 の 記事 で 書いた が


かつて 広島 に 理学博士 の 

三上晃 氏 という 科学者 が いた


三上氏 は なんとも

植物たち と 会話 を する 装置 を


使って 実際 に 植物 たち と

コミュニケーション を とっていた


三上氏 が どうのような

装置 を 開発 したかと 言うと


カンタン に 説明 すると


植物 に 微弱電流 を 流して

質問 を した 時 に


赤い ランプ が つくと 「 イエス 」

つかなれば 「 ノー 」 と 言うように


その 質問 に 植物 が ランプ で

答えて くれる 装置 だった


そして その 装置 で 植物たち に

質問 を すると なんと!


その 植物たち は


「 1+1=2 」 であることや


隠して 置いて ある モノ の 位置

まで 正確 に 言い当てて しまっていた


興味 の ある方 は ↓ こちら を

驚愕!植物にも高度な知能があった! #213


このように 三上氏 の ように

科学 の 力 を 使って 


植物たち と 会話 を していた

科学者 が 日本 に いたわけである


そして 先ほど ご紹介 しました


『 妖精を呼ぶ本 』 でも


著者 の 姫乃宮亜美 氏 が

植物 の 妖精たち と 


コミュニケーション を とった

ステキ な 体験談 が 書かれています


他にも あまり 周囲 に

語られて いない だけ で


俺 の 周り だけでも

一般 の 方々 にも 何人か 


植物 と コミュニケーション

を とれる 方々 が います


そして 実際 に そういう

方々 が 増えて 来ています


このように 実際 は


☆『 植物たち と 会話 は 出来る 』


わけ である 


今回 の 記事 では 是非

この こと を 知っておいて ください





俺 も 今年 の 春 にも

じつは 妖精 体験 を していた


それは 俺 が 桜 の 花 の 写真

を 撮り に 行った とき の こと


俺 は 桜 の 花 が すき で

毎年 桜 の 写真 を 撮りに いく


その 様子 は 「 K 」 Diary  

の 方に 毎年 書いて いるが 


春! #294

さくら #199

うつくしい #139


b0225081_5213014.jpg

















こちら ↑ の 公園 での 出来事 です


今年 の 4月 俺 は


桜 が たくさん 咲いている 

公園 を 歩いていた わけだが


それが ものすごく 楽しくて

とても 心地 の イイ 空間 だった


「 ああ~~ 美しいなあ~~

  すげ~~ 美しいなあ~~  」


と 俺 は ものすごく 感動 しつつ


「 どの 桜 の 写真 を

  撮ろう かなああ~~   」


と 考え ながら 歩いて いた


すると そのとき


ふと 俺 の 内側 から

言葉 が 響いて 浮かんで きた


「 こんにちは! 」


とても 爽やか で 楽しげ な 

感じ の 声 (言葉) だった


それ は 俺 の 守護者 の 声

とは 明らかに ちがっていた ので


一瞬 俺 は


「 ん? 誰だ? 」


と 感じた が すぐに 判った


「 あ~あ! お前かっ! 」


と 目の前 の 桜 の 木 の 妖精 

が 話しかけて きた のだと 判った


とても 楽しげ で やさしい 

感じ の エネルギー だった


ちょっと 嬉しかった ので

せっかくなので 写真 を 撮った


b0225081_533441.jpg










一瞬 とまどって 反応 が 遅れたが


せっかく 桜 の 木 の 妖精 が

あいさつ を してくれた ので


俺 も 心 の 中 で


「 うっす! こんにちは! 」


と あいさつ を 返して おいた

とても 楽しい 出来事 だった


と こんな 感じで 


植物 や 妖精たち が 声 を 

かけて くる わけ である


この エピソード は 是非

覚えて おいて いただきたい


そして あなたが


「 ああ 美しいなあ~ 」


と 花 や 木 の 美しさ に

感動 している とき に


「 こんにちは! 」 とか

「 ありがとう! 」 といった


声 や 言葉 が あなたの 内側 

から ふと 響いて 浮かんで きたら


それが 植物たち や 妖精たち の

声 なのです


是非 その 声 や 言葉 を


「 ああ これが 妖精 声 なのか! 」


と 肯定 してあげて みてください


そうする ことで 


観えない 守護者たち の 声 を 

受けとり やすくなります


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 聴こえた かも・・・と 感じたら

   それを 肯定して 受け入れていく  』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 最大 の ポイント です


その 声 が 愛 と 調和 の 声

であれば どんどん 肯定 してみてください


そして そんな 時 には


「 こんにちは! 」


と あいさつ を 交わして 

みて ください


とても 楽しく 気持ち が

イイ 体験 と なります


是非 おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2017-07-08 23:59 | 天使・奇跡ミラクル・偶然! | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/26977500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-07-09 11:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nico★ at 2017-07-10 13:56 x
私も以前気になって妖精の本購入しました♬
お家では観葉植物を育てていますが、本当に植物は健気で可愛いなと癒されています😊
桜の木の妖精、私もいつか会えたら嬉しいなぁ✨
Commented at 2017-07-10 20:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-10 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ウロッチ at 2017-07-11 00:02 x
kさん、こんばんは。
いつもブログを楽しみながら拝見しています。

私がkさんを知ったのは、通勤中に耳学習できるものはないかな?
と探していたところ、オーディオブックのkさんの「読むだけで目に見えない存在とつながる本」に出会いました。

その時に、今日紹介されていた姫乃宮亜美さんの「妖精を呼ぶ本」とセットで販売されていて、両方購読しました。

そんなことで私にとって、kさんの本と姫乃宮亜美さんの本はセットになっているので、今日紹介されていることにビックリしました。

やはり縁がある本だったのでしょうね。
Commented at 2017-07-22 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 実相!エネルギーを意識すると霊... 真相!イタイ系シンクロの正しい... >>