実録!自分に合った選択で世界が激変する! #583

みなさん こんちには


2017年 は いかが でしょうか


新年 と なり 爽やか に 感じたり


ちょっと エネルギー的 に すっきり

とした 方 も 多い かと 思います


今回 は 新年 という こと で

何か を 始める こと に ついて 書こう


人生 に おいて 何か 1つ の こと を

ずっと 努力 し続ける こと は 


とても 大切 な こと だと 思う


俺 で 言うと ギター と 歌

つまり 音楽 を ずっと 続けている


ボイス・トレーニング に 関して は

以前 東京 に いた 時 に


クリスマス も 正月 も 例外 なく

365日 毎日 2時間 3年間 以上 


つまり 1000日 以上

一日 も 休まず 続けた こと が ある


この ような 話 を すると


1つ の こと が なかなか 

続かない と いう 方 から


「 どうしたら 1つ の こと を

  続けられる ように なりますか? 」


と 聞かれる こと が ある


その 答えは 明確 なのだが


それは


「 本気 で 好き な コト とか

  自分 に 合った コト を する 」


これが 最大 の コツ である


で なかなか 続かない 方 ってのは


まだ 自分 に 合った コト を

見つけて ない の かも 知れない


だから 何か 1つ の こと を

続けたい 場合 には 


まず はじめ に


『 自分 が すき な コト

  自分 に 合った コト  』


を 探して みて いただきたい


と 言うのも


俺 は ただ 音楽 が すき なので

毎日 でも 1000日 でも


自然 に 続けられる わけ だが


しかし そんな 俺 でも

続かない モノ は 続かなかった


この 話 は ある 意味 

驚愕 な 程 変化 する 話 なのだが


それ を お伝え しておこう



俺 は 中学 の 時 に

部活動 を 途中 で 変えている


運動部 から 文化部 へ 変わる 

こと は 前例 が あった が


運動部 から 運動部 へ 変わる

こと は 前例 が なかった ので


これは 俺 の 中学 では 異例 

の コト だった らしいが


俺 は 運動部 から 運動部 へ 変わった


俺 は 中学 に 入ると

何か 珍しい 部活 に 入ろう と 思い


なぜか ハンドボール部 に 入部 した


俺 の 友人 にも ハンドボール が 

好き な 友人 も いる わけ だが


ところが 実際 に やってみると

俺 に とっては ものすごく つまらなかった


1つ の ボール を 

全力 で うばい合い


相手 の シュート を

全力 で 阻止 する


どうやら そういうのが 

俺 の 性格 には 向いて なかった


小学校 の 時 は 

ソフトボール部 だったが


ソフトボール は 


自分 の プレー に 専念 する

タイプ の スポーツ であり


1つ の モノ を うばい合う とか 

相手 の 行動 を 阻止 する 


といった 要素 は なかった 


「 しまったな 完全 に 外したぜ、、、 」


と 思った


毎日 毎日 の 部活 が 苦痛 で

たまらなかった


「 なんで 俺 は この 部活 

  を やって いるのだろうか? 」


みたいな 気持ち に なって きた


しかも 上級生 が ほぼ 全員 

グレ てしまって いて


まったく やる気 が なく

だらだら 部活 を する


これが また イヤ だった


部活 の 時間 に なると 思いっきり 

どんより とした 気分 に なった


なんとか 一学期 は 耐えきった が

一学期 が 終わった とき に


俺 の この 『 とびっきり 陽気 』 な

マインド が くるしんでいる の を 感じて


「 このままじゃ 俺 マズイ ぞ こりゃ 」


と そこで たまらず 部活 の 顧問 に

部活 を 変わりたい と 申し出た


しかし 俺 の 学校 では ほとんど

部活 を 変わる と いう 前例 が なく


がまんして ハンドボール部 に

残る 様に と 説得 された


「 ここ は 絶対 に 譲って 

  は アカン ところ だ 」


と 思い 俺 は かたくなに 

絶対 に ダメ であると 主張 した


顧問 が 何部 に 変わりたいのか?

と たずねて きた ので 


俺 は 本当 は 一番 興味 が あった

剣道部 に 変わりたい と 答えた


すると 顧問 は


「 ハンドボール が 続かない 根性 

  で 剣道 が 出来る わけ が ない

  剣道部 では なく 文化部 に しろ   」


と 言って来た


文化部 を 何 と 思っているのやら


俺 は 中学生 の 頃 から わりと

大人 の ハラ は 読めた ので


この ハンドボール部 の 顧問 が

学年主任 を やって いて


自分 の 部活 から は

脱落者 を 出したく ない


脱落者 が 出た としたら それは

本人 が ついて いけなかった


と いう こと に して


俺 の 意志 を ないがしろ にして

文化部 に 押し込み たがっている


「 もう 何でも いい から

  文化部 へ 入りなさい  」


と そんな 空気 が 思いっきり

漂い だして いた 


しかも この 顧問 


こやつ は 忙しい とか 言って

あまり 部活 にも 来ていない ので


顧問 の 知らない ところ で


グレた 上級生たち が デタラメ やっている

ハンドボール部 の 実情 なんて


これっぽっち も 知っちゃあ いない


自分 は グレた 上級生たち とも 


うまく やっている と 完全 に 

勘違い してしまっている


それで いて 俺 に


剣道部 は 無理 だ 文化部 へ 行け

と おかしな アドバイス を してくる


俺 は 内心 


「 は? この おっさん 何 勝手 に 

  決めつけ てんの? これ マズク くね? 」


と 思った 


自分 が 顧問 する 部活 の 実情 

すら 理解 していない この 教師 に 


生徒 の 内面 など

観えて いない のは 明らか 


俺 が どういう 生徒 かも

全く 理解 しよう とも して いない 


そんな おっさん の アドバイス 

に 従がっては マズイ だろう


当時 の 俺 は そう 思った


そこで 俺 は 


「 剣道部 に 変わりたい 」


と 言い 続けた


すると なんと!


おどろいた こと に!


天 の 助け なのか 何なのか


そこ に たまたま 偶然

剣道部 の 顧問 が 通りかかった!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今 思えば これは シンクロ だよな


その 時間 に そこ に いる はず の ない

剣道部 顧問 が たまたま 来た のである

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして ハンドボール部 の 顧問 が


「 この 「 K 」 が ハンドボール

  も 続かない のに 剣道部 に

  変わりたい と 言っている  」


と 剣道部 の 顧問 に 話した


すると 


剣道部 の 顧問 は なぜか


「 あい! わかった~~~~~! 」


と デカイ 奇声 を 上げ


その 瞬間 に 俺 の 入部 を

認めて その まま 去って 行った


「 剣道部 の 顧問 は 変 な やつ だな 」


と 思った が 

これは とても ありがたかった


たった それ だけ で 決まって しまった


ほとんど 何 の 説明 も 聞かず に


「 俺 は 剣道部 に 入りたい 」


と 言った だけで なぜか

即座 に 入部 を 認めて くれた


この 剣道部顧問 には 

今でも 俺 は とても 感謝 している


こうして 俺 は 剣道部 に 入った


剣道 は 予想以上 に おもしろかった


そして 俺 の 部活 の 日々 は 

以前 とは 激変 した


毎日 部活 が 楽しみ で

しかない ほど に なった


俺 だけ 途中 から 

剣道部 に 入部 した ので


他 の 部員たち より 半年分 ほど 

遅れていた ので


みんな が すでに 防具 を つけて

練習 を している とき でも


俺 だけ ジャージ で 基礎練習 で

1人 黙々 と 竹刀 を 振って いた が


竹刀 を 振っている のも 充実感 が あり

人目 も 全く 気にならなかった


しかも 剣道 は 小学生 から 

やっている 部員 も 何人 か いた ので 


技術 の 差 も かなり あった


遅れて 入部 した 俺 は

当然 一番 へたっぴ だった


しかし


「 剣道 は 本当 に すき で

  自分 に 合っている な  」


と 俺 は 強く 感じた のであった


b0225081_16212960.jpg















( 当時 描いた ↑ 剣道の絵 #062  )


手練れ の 剣士 に なりたかった ので


部活 が 終わり 家 に 帰った 後も

竹刀 を 振ったり トレーニング を した


ロッキー みたいに 朝 早く 起きて 


自宅 で 自分 で 

トレーニング して から 登校 して


剣道部 の 朝練 に 参加 したり も

していた


学ラン の ポケット の 中 には

いつも クルミ の 実 が 入っていて


それを 思いっきり 握り

握力 を 鍛えて いた


俺 は やせて いた ので


冬服 の 時 は 腕 の 力 を

鍛える 為 に 学ラン の 下 には


腕 に 重たい 鉛 の 入った

パワーリスト まで つけて いた


b0225081_20432245.jpg












鉛 の 入った ↑ これ を 腕 に つける

( ちょっと マンガ みたい だが 実話 )


なんか これだと スゴイ やつ 

みたいに も 観える が


じつは ぶっちゃけ この 努力 は 

剣道 だから 出来た だけ である


ハンドボール部 だった 頃 は

一刻 も 早く 家 へ 帰り たかった


家 へ 帰れば 一刻 も 早く

部活 の こと など 忘れたかった 


努力 しようと いう 発想 すら なかった


剣道 が マジ で すき だった から

自然 に 努力 する こと が できた


だから 


『 本当 に すき な コト

  本当 に 自分 に 合った コト 』


を 見つける こと は 大切 である





本当 に 懸命 に 練習 した ので

それに ともない 実力 も ついてきた


剣道 は 5人 で 試合 を するので

レギュラー は たった の 5人 だけ


そして


最後 の 大会 では 俺 は その

レギュラー の 5人 に 入っていた


そして 気がついたら 高校 では 

剣道部 の キャプテン を やっていた


その後 社会人 に なって から 


東京 に いた 頃 に 一度

剣道 に 復帰 して 三段 を 取得


練馬区 市民大会 では


ブランク が あった ものの

個人戦 三位 に 入賞 した


どうだろうか


ここ まで 世界 が 激変 した のである


本当 に 剣道部 に 変わって よかった


ハンドボール部 は 本当 に

俺 には 向いて なかった 


しかし


剣道 に 関しては


先祖 が 武士 だった せい か

前世 が 武将 だった せい か


「 ああ やはり コレ だな、、、 」


と 俺 には かなり しっくりくる


そして 今 も 剣道部 の 

友人たち とは 交流 が ある


本当 に あの 時 


前例 が あろうが なかろうが

部活 を 変わりたい と 申し出て


よかった と 思っている


今回 この こと を 書いた のは


ホント に ほんの ちょっと 変えた だけで

世界 が おおきく 変わる こと がある


ホント に 自分 に 合った もの を

見つける と 世界 が 変わって くる


そして それ を むり なく

楽しく 続けられる ように なる


と いう こと が ある と いうこと


これ を 知っておくと なにかと 

役立つ かと 思い 書いた わけ である


逆境 を クリア する という

課題 の ケース も ありますが


自分 に 合った こと を 見つける

という 課題 も とても 大切 なのです


是非 新年 に 新しい こと 

を はじめる とき には


本当 に すき な こと

本当 に 自分 に 合った こと


を 見つけて 


愛 と 調和 の もと に

実行 してみて ください


すると


むり なく 楽しく 充実 して 続ける 

こと が できる かと 思います



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2017-01-12 21:52 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/26551368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-01-13 08:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-01-13 10:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あす at 2017-01-13 15:53 x
私も、本当に好きなことを見つけられるように頑張りたいと思います!
そして、それをずっと続けられたらいいなと思います!
またブログの更新楽しみにしてます!
(^_^)v
Commented at 2017-01-13 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by starseed at 2017-01-15 02:27 x
kさんこんにちは!
とても素敵なブログですね!
Commented by サト at 2017-01-17 08:37 x
はじめまして、奇遇と言うか…?私は今、仕事を探していてやるなら天職をと考えました、このブログがヒントになればいいと思います。
Commented at 2017-01-18 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nico✳︎ at 2017-01-19 14:34 x
私もたくさん興味のあることはあるけれど、昔から飽きっぽく、長続きしたことがありませんでした!
心から楽しく感じる事ができる活動が見つかるよう、色んな視点で探していき、頑張ろうと思います!!ありがとうございます☆彡
Commented at 2017-01-19 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 実録!あなたも守護者からのメッ... 2017年 新年のごあいさつ!... >>