実録!目の前の課題と驚愕の結果とは! #580

みなさん こんちには


前回 映画 『 ベストキッド 』 で

与えられた こと を していたら


自然 と それが 導かれていて

目的 に 到達 していた


と いう こと と 

天 の 采配 について 書きました が


今回 は その 実践編 で


実際 に 俺 の 体験 した 

驚愕 の ケース を お伝え しよう


まだ お読み で ない 方 は まずは

実相!天の采配と目の前の課題とは! #579

こちら ↑ から どうぞ


では はじめよう


昨年 あたり から 俺 は 守護霊 に


『 小説 を たくさん 読みなよ 』


と 言われて いた


それで なるべく 時間 を 見つけては

図書館 へ 通い 小説 を 読んでいた


昔 は 小説 を よく 読んでいたが

ずっと 読んでなかった ので


久しぶり に 小説 を 

集中的 に 読んだ こと に なった


昨年 と 今年 あわせて

約 150冊 ほど 小説 を 読んだ


ただ 読む だけでは 身 に ならない し

俺 も いずれ 小説 を 書きたい ので


1冊 読む ごと に ノート に 


1、その小説 の よかった ところ

2、上手い と 感じた 文章表現

3、物語 の 構成 の テクニック


などなど を まとめて おいた

その ノート も 3冊目 に 到達 した


それが ↓ これ

b0225081_22850100.jpg








今年 の 7月 から は ↓ こちら の

『 図書委員堂 』 http://books777.exblog.jp/


にも 感想 を 書いていた が 

メイン は この ノート に 書いていた


この ノート を 読み 返せば

その 小説 の 重要 ポイント が 解る


守護霊 の 


「 小説 を たくさん 読みなよ 」


と いう 言葉 から 俺 は 

この ような こと を していた


そうして 物語 を 創る ための

下地 は 知らない うち に 出来ていた


そして ここ で 大きな

転機 が やって くる


今度 は 実際 に 

物語 を 作り はじめる のである


それは 今年 の 10月4日 に

ちょっと 霊的 な 夢 を 観た


それが マンガ の ネーム(下書き)

を 描く 夢 ↓ だった


10/04夢日記「ネーム」 #229


これ は 明らか に 霊的 な 夢 だった

ので 俺 は 実行 に 移す こと にした


守護霊 は 夢 を 使って

これから やった 方 が イイ こと を


今までにも 俺 に 伝えて くれていた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆『 守護霊 は 夢 を 使って

   やること を 伝えてくれる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


わけである


もちろん マンガ の ネーム を

描く のは 初めて だった 


ところが 俺 は なぜか 以前 から

マンガ の 原作 とか に 興味 が あり


マンガ の 書き方 の 本 が 

ちょうど 部屋 に 何冊 か あったので


それ を 思い出しながら と

ジャンプ を 参考 に 描いて みた


ネーム とは ↓ 

b0225081_2238463.jpg










( ↑ ジャンプ HP より)


このような 感じで 描く わけ だが

画力 について は さほど 問われない


ネーム は 通常 


ギャグ マンガ だと 15~21ページ

ストーリー マンガ だと 31~51ページ


くらい で 1つ の 話 を 創り上げる


本当 は 俺 は ストーリー マンガ の

ネーム を 作りたかった のだが


いきなり 31ページ も 

ストーリー マンガ の ネーム を


描ける 気 が まったく しなかった ので


この ↓ 記事 でも 書いた のだが

実相!夢や目標を叶える構造とコツ! #576


こういう 場合 は まずは 出来る ところ 

から やる のが コツ なので


まずは 練習 として


一番 ページ数 の 少ない 15ページ で

ギャグ マンガ の ネーム を 描いてみた


ところが これが やはり 

なかなか たいへん な 作業 だった


何も ない ところ から

キャラクター や 世界観 を 創り出す


そして 面白い 物語 を 進行 させる

しかも それを 15ページ で まとめる


いろいろ と キビシー

なかなか 思い通り に 描けない


そして 試行錯誤 を 繰り返す うちに

なんとか 15ページ 完成 させた


なんか スゲー たいへん だった のだが


なんと! 


これ が かなり おもしろかった!


ネーム なので 描き込んで ない ので

ちょっと お見せ は 出来ない のだが


15ページ では あるが 短編 を 

1つ 完成 させた わけ である


創る のは とても たいへん なの だが

気がつくと 夢中 で 考えて 描いて いた


そして 出来上がった とき の 嬉しさ 

は かなり の もの が あった


ところが ここで 


「 なんとなく 」 続編 を

創りたく なって きて しまった


そこで 早速 苦労 して またまた

15ページ の ネーム を 描いた


ネーム を 描いて みて

そうとう 強く 感じた こと は


『 頭の中 に ある イメージ を

  形 に するのは 最高 に 面白い! 』


と いう こと だった


「 ヤベー な これは ハマる な

  マジで やめられなく なるぞ 」


と この 感覚 を 体験 してしまうと

マジ で やめられなく なる


そうとう 夢中 に なって しまい 


なんか 物語 を 創る のは 

めちゃくちゃ 大変 なのだが


俺 は ハマって しまい その後 

さらに ネーム 2本 描いて しまった


じつは ここ で 思った のだが


先述 の ように これまでに たくさん 

小説 を 読んできた わけ だが


それが ここ で かなり

役立って いる と 感じた


ネーム で 物語 を 考える 時 に


物語 を 作る 引き出し が

小説 を たくさん 読んだ こと で


自然 と 身について いたのである





気づくと ギャグ マンガ 15ページ の

ネーム を 4本 描いて しまっていた


ところが ここ で 俺 は


「 れ? しかし 本当 は ギャグ ではなく

  ストーリー マンガ 描きたい のだよな 」


と 急 に 思い出した


そうである ギャグ マンガ の ネーム は

ページ数 が 少なくて イイ ので


練習 として 描いて いた だけ だった

ところが 気づくと 4本 も 描いていた


つまり 気づくと 15ページ × 4本 で

60ページ も ネーム を 描いていた のだ


「 あれ? 知らぬ うち に こんなに

  たくさん ネーム を 描いた のか 」


と 自分 でも 驚いた


最初 は 31ページ は むり だと

感じて いた わけ なのだが


気づいたら 60ページ も

描いて しまって いた わけ である


「 じゃあ ストーリー マンガ の

  ネーム も 描けそう だな 」


これでは まるで 前回 の 記事 の

ダニエル の ようだな と 思いつつ 


俺 は ストーリー マンガ の 

ネーム を 描き はじめた


すると かなり 苦労 の 末 だが

やはり なんとか 完成 できた


「 おおっ! マジか なんとか

  31ページ 描けた ぞおおお! 」


と かなり 嬉しかった


で 


この ネーム なの だが


じつは プロ の マンガ の 編集さん に

ちゃっかり 観て もらって きた のである


そこで いろいろ と とても 貴重 な

アドバイス を たくさん いただけた


「 ああ なるほどお そうか

  そうすれば イイ のかあ なるほど 」


自分 の 出来てない ところ と

どうすれば イイ のか 教えて いただけた


それで どうした かと 言うと


その アドバイス を もと に

再び ネーム を 描きなおした


それで そこから 試行錯誤 の 末


結局 なんと 51ページ の

ストーリー マンガ の ネーム として


完成 させる こと が できた


もちろん 内容的 にも まだまだ

の ところ が 多い わけ だが


編集さん の アドバイス 通り に

描きなおしたら かなり 良くなった 


そして これが 本当 に 

ものづくり の 勉強 に なった


『 頭の中 に ある イメージ を

  形 に する コツ を つかめた 』


本当 に あほ みたいに 夢中 で

全力 で 取り組んできた が 


マジで 勉強 に なり やって よかった


しかも 


目の前 の こと を 夢中 で やっていたら

次々 と 出来る こと が 増えていく という


前回 の 記事 で お伝えした


『 ダニエル現象 』


を 俺 が 体験 して しまった わけ である


ちなみに この 『 ダニエル現象 』 は

これで 人生 2度目 である


1度目 の 『 ダニエル現象 』 は

これも 本当 に スゴイ 話 で


かなり 俺 自身 も 驚いた の だが


いろいろ と 人 に 頼まれた こと を

あれこれ と やって いたら 


なんと!


自然 と 


『 作曲 が できる ように なっていた 』 


という 驚愕 の ケース だった


と まあ こんな 感じ 

だった わけ なの のだが


じつは 


今回 の この 経験 で 得た もの は

これ だけ では なかった


俺 の 知らない うち に 俺 に

大きな 変化 が 起こって いた


マンガ の ネーム に 夢中 になり

気がつけば たくさん ネーム を 描いていた


ギャグ マンガ の ネーム が

15ページ × 4本 で 60ページ


そして ストーリー マンガ 

の ネーム が 51 ページ


ボツ に した ページ や 

試作 の ネーム を 合わせると 


なんと 125ページ も

ネーム を 描いて いた


b0225081_2347862.jpg









気がつけば なんと ↑ こんなにも 

ネーム を 描いて いた ので ある


そして 気がつくと 12月 に なっていた


そこで 俺 は 重大 な こと に

気がついた


「 はっ! ヤベー 今年 は シンクロ の

  本 を 執筆 する 予定 だった! 」


そうである 今年 は 本 を

1冊 書く 予定 だったの だが


もう すでに あと 1ヶ月 しか

なくなって しまって いた のである


( 俺 は あほ なのかっ! )





今度 は 即行 で 執筆 に

取りかかった わけ なのだが


ここで 俺 は 驚愕 の 事実

を 体験 する ことと なった


なんと


執筆 が ものすごく スムーズ に

書ける よう に なって いた


何か が 覚醒 してしまった ようである


こちら ↓ の 前作 は


b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





1冊 書く のに 

10ヶ月 くらい かかって いる


今 書いている シンクロ の 本 は

10万文字 を 目安 に 書いて いるが


12月 から 書き はじめて なんと

すでに もう 8万文字 書けている


もちろん ここ から 推敲 と

時間 を かけて 仕上げていく のだが


俺 と しては 信じられない ほど

書く スピード が 増している


これは 本当 に 

ネーム 作り の おかげ である


ネーム を あれだけ たくさん 描いて


「 頭の中 の イメージ を 

  形 に する コツ が つかめた 」


わけ なのだが


じつは その 感覚 の まま

本 の 執筆 が 出来て いる 


ネーム は 楽しかった が 

実際 そーとー 苦しんだ わけ だが


正直 それ が こういう 形 で

役立つ とは 思っても いなかった


この イメージ を 形 に する

感覚 は 作曲 にも 使える 


やはり


守護霊 の 言う ように


小説 を 読み ネーム を 描き

全力 で 取り組んで よかった


『 目の前 に ある こと を

  全力 で 取り組む と それが

  いずれ どこかで 役に立つ 』 


今年 は いろいろ と インプット が

多かった 年 なので


来年 から は アウトプット 


頭の中 に ある イメージ を いろいろ 

と 形 に して いこう と 思う


是非 みなさん も


目の前 に ある こと や

興味 の ある こと は 


全力 で 取り組んで みて ください

いつか 思わぬ ところ で 役に立ちます


そして 驚愕 の あの


『 ダニエル現象 』


を 体験 してみて ください


と いった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2016-12-22 07:00 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/26493667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-12-22 09:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シャリ at 2016-12-22 12:41 x
お邪魔します。
 昨日kさんのこのブログにたどり着きまして、本当にご無礼ながらまだ、ざざーっとしか読ませていただいてないのですが、とってもリアル、かつ素朴ですごく楽しませていただきました。なんでもプラスエネルギーに変えて、どんどん突進してゆかれる様がとても魅力的です。
 執筆されたご本も、さっそくAmazonに注文してしまいましたよ^^

 またお邪魔させてください。更新されるのを楽しみにしています。
Commented by m at 2016-12-23 12:33 x
125枚もネームを描かれたんですね!
さらに本の執筆まで。。。すごいです。
いつか作品として世に出た際にはまた教えてください。

今年は仕事に追われて、やりたいことがなかなか出来ませんでしたが、来年はもっとやりたいことにも力を入れようと思ってます。

自分も小説を書きたいと思ってるので頑張ります。
Kさんも頑張ってくださいね!
Commented by めたとろん at 2016-12-23 20:22 x
Kさん

ブログや本のおかげさまで、楽しく前進しています

ネームは、漫画には、しないのですか?

見たい♡
Commented by あす at 2016-12-25 08:56 x
ダニエル現象すごいですね!
やっぱりどんな物事にも無駄なことなんてないのかもしれない!と思いました!
執筆活動頑張って下さいね!
応援してます‼
それと、いつかマンガの方も見てみたいです!
またブログの更新楽しみにしてます!
o(^o^)o
<< 年末特集!異星人たちのとの遭遇... 実相!天の采配と目の前の課題と... >>