実相!未来の流れを創っていく構造を解説! #554

みなさん こんちには


今回 は 第二回 


『 読者 の 方 から の

  ご質問 に お応え してみよう 』


の コーナー です


霊的 な 世界 の 構造 に ついて

幾つかの ご質問 から 解説 してみよう


では はじめよう


今回 1つ目 の ご質問 は こちら


Q.1「 私達はこの世界で色々な経験をするために

    あえて記憶を消してきていると聞きました

    では何故スピリチュアルな世界を橋渡しする

    霊能者の存在があるのでしょうか?     」


まず 


「 なぜ 生まれる 前 の 記憶 が ない のか? 」


これ に 関しては 


詳しく は こちら ↓ の 以前 の 記事 

真相!なぜ生まれる前の記憶がないのか? #318


もしくは 俺 の 本 で 言うと 

b0225081_5513518.jpg
『読むだけで「見えない世界」とつながる本』 詳細

著 「 K 」





97ページ から の ところ を

いま 一度 お読み いただきたい


念 の ため ここ で 

もう 一度 要約 すると


生まれる 前 の 記憶 は 天 に よって

実は あえて 消されている のでは なく


前々回 の 記事 の 図 の ように


< A図 >
b0225081_1124862.jpg













( クリック拡大 )


霊的世界 と こちらの世界 の

周波数 が かけ離れている

ために 忘れてしまう わけ である


しかし 図 の ように


周波数 が 光 に ちかい 人 は

生まれる 前 の 記憶 を もっている


また 普段 は すっかり わすれて いても


自分 の 周波数 を 光 の 周波数 に 

合わせる こと で 


生まれる 前 の 記憶 を

思いだす こと も できる 


また 地球 自体 の 周波数 が 

光 の 周波数 に 近づいて いくと


より 多くの 方 が 

生まれる 前 の 記憶 を 思いだ せる

ように なる わけ である


「 では何故スピリチュアルな世界を橋渡しする

  霊能者の存在があるのでしょうか?     」


に 関して は


地球 を 光 の 周波数 に していく 為 の

ガイド 的な 役割 とゆう わけ である


と いった 感じ である



では 次 の ご質問


Q2.「 今後 世界 は どう なりますか 」


これ に 関する ご質問 は

複数 の 方々 から ご質問 が あった


この 世界 に おける 


女らしさ 男らしさ 的な こと から

平和 か 支配 か などなど


今後 の 世の中 が どう

なって いく のか という ご質問 である


では まず はじめに


将来 や 未来 に ついて の

構造 を 解説 して おこう


個人 の 人生 も 地球 の 将来 も

基本的 に 未来 は 決まって いない


この 世界 に 住む 俺たち 1人1人 の

『 選択 と 行動 』 で 未来 は 決まる


ある 程度 決まって いる のは

比較的 ちかい 未来 だけ である


その 構造 を イメージ的 な 図 に すると

こう ↓ いった 感じ である


< B図 >
b0225081_18282921.jpg









( クリック拡大 )


これは イメージ では あるが

このような 感じ で 捉えて いただきたい


たとえば はじめに (1)(2)(3) の

3つ の 選択肢 の 1つ を 選び 行動 する


すると この 1つ の 選択 と 行動 で

次 の 選択 と 行動 が 現れる


そして また 次 その 次 と


『 選んだ ように 未来 が 広がっていく 』


この ような 構造 に なって いる


どの 矢印 を 選ぶ か に よって

観えてくる 未来 が 変わって くる ので


いろいろ な 可能性 が あり

未来 は きまって いない


では 


☆ 『 ちかい 未来 は 

    ある 程度 決まって いる 』


これ は どういう こと かと 言うと


こんな ↓ イメージ で 捉えて いただきたい


< C図 >
b0225081_18381346.jpg









( クリック拡大 )


たとえば このように 個人 の 人生 でも

どちら を 選択 して 行動 するか で


(1)東京 を 選択 するか

(2)京都 を 選択 するか


東京タワー なのか 五重の塔 なのか


『 観える 未来 が 決まって くる 』


つまり 自分自身 の 選択 と 行動 で

未来 を 創って いる わけ である


C図 で 1つ の 選択 を して

その 方向 へ 進む と する と


それぞれ 黄色 の 丸印 の あたり の

未来 が ある程度 決まる わけ である


これで 未来 は 決まって いなくて

近い 未来 は ある程度 決まって いる


ということ が 

ご理解 いただけた ことだろう


ただ 近い 未来 は

ある 程度 決まっている と 言っても


たとえば (1) で 東京 を 選んで 

東京 に 行った と しても


すぐに (2) の 京都 を 選び なおし

京都 へ 行け ば 


とうぜん 近い 未来 で あっても

変える こと は できる 


また


この 構造 は 地球全体 や 

社会全体 の 未来 にも あてはまる


たとえば 

原発問題 を 例 に 考えて みると


(1)原発 を 廃止 する 選択

(2)再稼働 の 選択


これ に よって 観える 未来 の

景色 が かなり 大きく 変わって くる


(1)げんぱつ じこ の 可能性 の ない 未来


(2)げんぱつ じこ の 可能性 の ある 未来


残念 ながら 


あれほど の じこ を 起こしながら も 

いまだに (2) と なっている


しかし ながら その 社会 を 

創って しまって いる のは 国民 である


地球 や 社会 の 未来 が どうなる かは


ひとり ひとり の 選択 と 行動 

で 決まって いく もの だから


これから 選挙 も ある こと なので


しっかり 考えて 選択 そして 

行動 を して みて いただきたい





もう 一度 ご質問 に 戻る が


Q2.「 今後 世界 は どう なりますか 」


ここ まで 解説 してきた ように 


未来 は 決まって なく 1人1人 の 

選択 と 行動 で 決まって いく


わけ では あるが


個人 の 人生 も 地球 も 社会 も

全体的な 流れ というもの が 存在 する


その 視点 から 言うと


Q2.「 今後 世界 は どう なりますか 」


A2.「 いろいろ あるかも 知れない が

    全体的 には よい 方向 に なっていく 」


と いう こと が 言える


これ は なぜ だろうか?

そこ を 解説 しよう


これ を 理解 する ため には

こちら ↓ を 観て いただきたい


< D図 >
b0225081_22443150.jpg









( クリック拡大 )


この D図 は 


選択 & 行動 が


愛 と 調和 の もの であるか

エゴ に よる もの か


で どうなるか を 示した 図 である


この D図 では 黄色い 丸印 の ように

進む のが 愛 と 調和 だと する


人 も 地球 社会 も


☆ 『 愛 と 調和 に 向って 進化 

    成長 して くのが 本来 の 姿 』


で ある わけ だが


もしも 愛 と 調和 の 道 から

ズレて しまったら どう なるのか?


愛 と 調和 から ズレた

選択 と 行動 を し続けて しまう と


この D図 の 薄い グレー の ゾーン に 

入って いって しまう


< D図 >
b0225081_2253914.jpg









( クリック拡大 )


この 薄い グレー の ゾーン は

初期 の A段階 であり


この 段階 では


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
A段階 で 起こる こと 


「 ちょっと イヤ な 出来事 」

「 他者 から の 方向転換 への 忠告 」

「 精神状態 が もやもや する 」 

「 みたくない むし を 目撃 する 」

「 あいたたたっ! と 足 を ぶつける 」

「 路線変更 の シンクロ 」 などなど


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この ような 出来事 が 起きたり する


この ような 出来事 は 


「 愛 と 調和 の 道 へ 戻りなよ 」


と いう ありがたい 合図 でも ある


この 時点 で 


「 ああ これは いけなかった 」


と 悔い改めて 反省 して


愛 と 調和 の 選択 と 行動 に

変えて いけば さほど 問題 は ない


しかし そういった 合図 を むし して

エゴ で 選択 と 行動 を 続ける と


D図 の B段階 の 濃い グレーゾーン 

に 入って いって しまう


すると こう ↓ なる


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
B段階 で 起こる こと 


「 ひええええ~っ! な 出来事 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まあ つまり イタイ目 に 会う わけ である


もしくは 進路変更 する ため の 

何かしら の 必要 な 出来事 が 起こる


ただし 


この イタイ目 と いうのは

隕石落下 など の 自然現象 では なく


じしん の 多い 国 なのに げんぱつ 

を たくさん 作って しまって じこ に


とか


夏休み の 宿題 とか 人生 の 課題 を

ためてしまって たいへん な こと に なる


と いった


人 が みずから エゴ 的 選択 & 行動 を

した 結果 ある意味 当然 起こりうる イタイ目


の こと である


しかし じつは この イタイ 出来事 も

方向転換 の ため の チャンス である


たいてい の ケース では 


結局 は イタイ目 に あう こと で 

考え方 や 生き方 を かえる こと となる


そして


人 も 社会 も 選択 と 行動 が 変わり


『 全体的 には よい 方向 に なっていく 』


と いった わけ である


つまり ちょうど バランス を とる 

出来事 が 起こる という わけ である


実際 原発 に 関して も あの じこ で


原発 は きけん あっては ならない もの

安心 安全 な 再生可能 エネルギー に


そして その 方向性 を 維持 して 

選択&行動 していく こと が 大切 だと


と ほとんど の 人々 が 考え方 を 変えた


さらに イタイ目 に あわないと 変われ ない 

かなり にぶい やつら も いる ようだが


ほとんど の 人々 が どういう 方向 へ

いく べき か 気づく こと が 出来た


とはいえ 


場合 に よって は 取り返し の 

つかない こと も あるので


やはり なるべく A段階 で 気づき

方向転換 するのが おすすめ である


あと B段階 まで 行って しまうと

本来 の 道 へ 戻る のも


場合 に よって は 

かなり くろう するので


そこは ごちゅうい いただきたい


この ↓ 構造 を 知って おくと

< D図 >
b0225081_2253914.jpg









( クリック拡大 )


「 あ このまま いくと マズイ な 」


など と 事前 に 判る ので 

何かと 役に立つ かと 思います


人 の 人生 も 社会 の 流れ も


未来 は 自分たち の 選択 と 行動

で 創られて いる わけ なので


愛 と 調和 の 選択 と 行動 で

ステキ な 未来 を 創って いきましょう


と いった 感じ である

いかが だっただろうか



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2016-06-25 20:12 | 未来へ人類として意識を変える! | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/25949892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-06-25 21:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-25 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-26 08:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-26 11:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あす at 2016-06-28 10:19 x
そうですね、なるべく私を含めた一人一人が愛と調和の選択を心がけて、幸せな地球や未来を創っていくことが出来たら嬉しいです。
またブログの更新楽しみにしてます!
\(^-^)/
Commented at 2016-06-28 15:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-01 02:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 真相!情報の見極め方と正しい発... 驚愕!記事からのうれしい系シン... >>