「ほっ」と。キャンペーン

真相!霊視・霊的情報はどこから来るのか! #552

みなさん こんちには


今回 は 第一回 


『 読者 の 方 から の

  ご質問 に お応え してみよう 』


の コーナー です


霊的 な 世界 の 構造 に ついて

幾つかの ご質問 から 解説 してみよう


では はじめよう


まず 1つ目 の ご質問 は


Q.「 見えない世界だけに
   色んな人が色んな事を言っていて
   何が本当なのか正直とても不思議&謎です

   見えない世界が見える人は
   みんな同じものをみてるのでしょうか?
   そもそもそれが違うのでしょうか?    」


これは なかなか イイ 質問 で

興味 深く 勉強 に なる 質問 である


他 の 方々 も 同じ こと を

思った こと は あるかと 思う


では これ に 関して 解説 していこう


まず 霊的世界 と いうのは


表面的 に みえる 

この 世界 の 奥 に ある 世界 であり


その 霊的 世界 には さらに 奥 が あり

そのまた 奥 にも 奥 の 奥 が ある


< 図A >
b0225081_18121870.jpg









( ↑ BLEACH の 一護 で 描いてみた )


といった 


☆ 『 多次元 の 構造 』


に なっている


解りやすく シンプル にして 図解 すると

このような ↓ 感じ に なる


< 図B >
b0225081_16572836.jpg










( クリック で 拡大 できます )


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
厳密 には A次元 B次元 と 区切り が

ハッキリ と ある わけ では なく

グラデーション の よう な 感じ だが

この 図 は 解説 を 解りやすく する 

ために A次元 B次元 と 区切って ある
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


このように


たとえば 現実世界 で 起きた こと の

その 奥 には


A次元 B次元 C次元 D次元 など と

奥 の 奥 にも 霊的 次元 が あり


その ずっと 奥 の 方 に ある のが

愛 と 調和 の


☆ 『 光 の 次元 』 的 な


霊的世界 と なっている わけ である


この < 図B > の 構造 は

霊的世界 だけ で なく


日常 の 出来事 や シンクロ や

人 の 心 を 理解 する とき にも

当てはまる 構造 なので この 図B を


b0225081_14523995.jpg











しっかり 記憶 して おいて いただきたい


では 


この 構造 を 知った うえで


今回 の 質問 を ぜひ 

ご一緒 に 考えて みて いただきたい


Q.「 見えない世界だけに
   色んな人が色んな事を言っていて
   何が本当なのか正直とても不思議&謎です

   見えない世界が見える人は
   みんな同じものをみてるのでしょうか?
   そもそもそれが違うのでしょうか?    」


どうだろうか?

もう お判り だろうか


みえない 世界 が 観える 人 は


こちらの 世界 の その 奥 に ある

霊的次元 の 世界 を 観ている わけ だが


みんな が 同じ 霊的次元 を 

観ている のでは なく


それぞれ が


A次元 B次元 C次元 D次元

もしくは 光 の 次元 


を 観ている わけ である


つまり 


A次元 まで 観えている ケース も あれば

C次元 まで 観えている ケース も あったり


光 の 次元 まで 観えている ケース も ある


と いうこと である


ただし これは あくまで 本当 に 

霊的世界 が みえている 人 の 場合 であり


霊的情報 の なか には 


『 かなり いいかげん な 情報 』 

『 誤情報 』


と 言わざるを えない もの も あるので


霊的情報 は 鵜呑み に するのでは なく

ご自身 で しっかりと 考えて みる

ように していただきたい


では 


A次元 まで 観えている とか

光 の 次元 まで 観えている とは


これは 一体 どういうことなのか? 


これを 次 の 質問 を つうじて

具体的 な 例 で 解説 していこう


Q.「 あくりょう って いますか? 」


これも ときどき きかれる 質問 だが

どう 思うだろうか?


これ を 解説 してみよう


たとえば いかり くるった 霊 が

いた と しよう


その 霊 を A次元 で 霊視 

すると どうなる かと いうと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
< A次元 での 霊視 >


霊  「 ちくしょう あいつめ 許さん!

    絶対 に 仕返し して やる!

    ガルルルルルルッツ!!!!!  」



A次元 「 うわっ! こえー こいつは 

      ヤバイ 霊 だ        」


と A次元 で 観ると この 霊 は


『 いかり くるった 霊 』


もしくは


『 あくりょう 』


の ように みえる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


では その 次 の B次元 で 

霊視 すると どうなるかと いうと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
< B次元 での 霊視 >


A氏 「 どうして そんなに

     いかって しまっているのだ? 」


霊  「 信じていた あいつ に

     こっぴどく うらぎられた! 

     くっそおおおおおお!!!   」


A氏 「 ああ それは つらい よな、、、 」


霊  「 ああ つらい! ああ つらい! 」


と こう なり 実質 この 霊 は


『 とてつもなく ツラい目 に あった 霊  』


と 観える よう に なる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


では さらに その 次 の 

C次元 で 霊視 すると


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
< C次元 での 霊視 >


A氏 「 俺だって 同じ 目 に あったら

     やはり ツライ し 悲しいぜ   」


霊  「 ううう、、、 悲しい、、、 」


この 次元 では


『 悲しんでいる 霊 』


と 観える ように なる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


さらに 次 の D次元 で 観る と


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
< D次元 での 霊視 >


A氏 「 じゃあ 本当 は 

     どうしたかったんだよ? 」


霊  「 本当は 信頼 しあい たかった、、、 」


A氏  「 愛したかった し

      愛されたかった って ことか 」


霊   「 そう、、、 ただ それだけ、、、

      うっぐ、、、 グス、、、      」


この 次元 では


『 本当 の 気持ち に 気づいた 霊 』


に 観える
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして さらに その 奥 に ある

次 の 光 の 次元 では


- - - - - - - - - - - - - - - - - -
< 光 の 次元 での 霊視 >

A氏 「 人 は みな 光 なんだぜ 」


霊  「 ありがとう、、、 」


光 の 次元 では


『 すべて の 魂 は 光 』


である と 観える
- - - - - - - - - - - - - - - - - -

と こういった 感じ に なる


じつは 『 浄霊 』 と言う のは


この ように 言葉 を 使って 浄霊 する 

場合 も あるし


言葉 では なく 意識 や エネルギー だけ 

で 浄霊 する 場合 も ある が


基本的 に このような 流れ で 行われる


表面的 には

いかり くるった 霊 で あっても


その 霊 本人 の 中 にも 美しい 光 

が ある ことを 思い出して もらう


そうする こと に よって 

その 霊 の 周波数 が 整い


光 の 世界 に 還って いく わけ である


このように 同じ 霊 で あっても

どの 次元 で 霊視 して 接する か で


見え方 も 変わってくる わけ だが


霊的真実 と して は


『 すべて の 魂 は 光 である 』


ので


A次元 から 光 の 次元 まで しっかりと

霊視 する ことが 理想的 では ある


ま あえて 詳しくは 書かない が これで


『 除霊 』 と 『 浄霊 』 の 違い も


ご理解 いただけた こと だろう


Q.「 あくりょう って いますか? 」


この 質問 に 関して は 


今回 解説 した ように 

本質的 には あくりょう など いない


しかし どこの 次元 から

霊的情報 を もってくるか で 


『 みえ方 が ちがってくる 』


わけ である


これ を 図解 する と こう なる


< 図C >

b0225081_1615798.jpg













( クリック 拡大 )


A次元 から 霊的情報 を もってくると


「 いかり くるった 霊 」 とか

「 あくりょう 」 


に みえる かも しれないが


B ~ D 次元 から 霊的情報 を 得る と

そうは みえない から そう おもわない


そして 愛 と 調和 の 光 の 次元 から

霊的情報 を もって くれば


『 すべて の 魂 は 光 であり 』


その 表面的 には いかり くるった 霊 

の なか にも 美しい 光 が 観える 


ように なる わけ である





霊的覚醒 が すすんで きたり


霊的 な こと を 理解 していくと

より 奥 に ある 


愛 と 調和 の 『 光 の 次元 』 で

出来事 を 理解 できる ように なってくる


また そうした 周波数 の 人たち が

増えていく こと に よって


今 現在 も この 世界 は 少し ずつ

そっち へ 向かって いる


いずれ は この 地球 も 誰も が

愛 と 調和 の 光 の 次元 と

つながって 生きる ように なる


そういう 地球 に していく のは

俺たち 次第 と いった ところ である


では 俺たち は 日常的 には

何 が 出来る のだろうか?


日常生活 の なか で 自分自身 の

霊的次元 を 整えて いく こと は できる


そのため には 以下 ↓ の ような ことを 

是非 実践 して みて いただきたい


今回 の この 多次元 の 構造 は

この世 にも 存在 する わけ だが


たとえば


何か ちょっと 厳しく 人 から 

注意 を されて しまった とき や


人 と しょうとつ して しまった とき


A 「 うっせーな ばろー ハラ 立つ! 」


と 相手 の 立場 を 考えずに

自分 の 気持ち だけ で 受けとる か


B 「 自分 の ため を 想って

    言ってくれた のだな、、、 」


と 相手 の 気持ち を 考えて

ありがたい と 受けとめる か


C 「 言ってくれて ありがとう 相手 に

    いやな 役 を やらせて しまったな

    以後 きちんと 気をつけよう、、、   」


と 相手 の 心情 まで 察して

相手 を 気遣う こと まで できる か


などなど


それぞれ の 受けとり方 の 次元 で

観える 相手 の 姿 は 変わって くる


霊的世界 に しても こちらの世界 でも

やはり 基本 は おなじ である


なので 日常 に おいても


より 奥 の 奥 の 次元 で 物事 を 

観れる ように なる ことが 大切 である


このように 自分自身 の 日常 に おいて

次元 を 整えて いく ことが


地球自体 を 愛 と 調和 の 次元 の

周波数 に していく こと に つながる


わけ である

ぜひ おためし ください


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!




.
[PR]
by aquarius_az | 2016-06-10 17:52 | Arcadia 理想郷へ向けて! | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/25897656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あす at 2016-06-10 21:07 x
次元によって霊や人の見えかたも違うんですね。
なかなか難しいですね。
私自身も、少しでも光の周波数に近づけることができるといいなと思いました。
((o(^∇^)o))
またブログの更新楽しみにしてます‼
( ^∀^)
Commented at 2016-06-11 01:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-11 07:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-11 09:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-11 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-11 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さら at 2016-06-12 03:07 x
とても面白かったです!
また質問系に答える記事を見たいです、波長が上がった気がします。
Commented at 2016-06-12 16:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-13 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 素晴らしい at 2016-06-14 04:28 x
この世のあの世化しているという事を聞いて
理解できなかったけど
今日のブログで感覚的にわかった様な感じで
スッキリしました。
アセンションってもしかして光の方へシフトする事なのかもと
思いました。
ただそれは個人の意識のフォーカス次第なんですね
今年最高の情報でした 楽しくなってきました
ありがとうございます。
Commented at 2016-06-14 22:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まりぃ at 2016-06-17 07:59 x
いつも楽しく学ばせて頂いております、ありがとうございます!
とても分かりやすい説明で、疑問がビシバシ解明されていき、とても爽快です。なんて言うのか、惜しみなく寛大に尚且つ細かい説明で、学校でこういう授業があったら救われる子供達もたくさんいるんじゃないかと思います。
今日も波動を上げていきまーす!ありがとうございます!

Commented at 2016-06-19 18:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Nori at 2016-06-20 22:08 x
ものすごーく! わかりやすいです!
とても感動していますが、簡単なコメントですみません笑
いつも、気づかせて頂いて本当にありがとうございます(*^^*)♪
Commented at 2016-06-20 23:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 驚愕!記事からのうれしい系シン... お知らせ #551 >>