驚愕!禅僧白隠の教えと気づきの過程! #529

みなさん こんちには


今回 は 


『 ちょっと 知っておく と イイ話 』 


シリーズ 第一弾 を お伝え しよう


この シリーズ は 俺 が 今まで に

知った 話 で 役立ち よかった もの

を お伝え する シリーズ である


これは 何か の 『 禅 』 の 本 に

書いて あった 話 だが


俺 に とって は かなり 

強烈 に 印象 に 残った 話 である


それは 白隠 と いう 

禅僧 の 話 である


では はじめよう



ある日 禅僧 白隠 の ところ へ

一人 の 武士 が やって 来た


そして 武士 は 白隠 に


武士 「 天国 や 地獄 つーのは

     本当 に 存在 するのか? 」


と 質問 した

すると 白隠 は なんと


白隠 「 お前は 見た目 は 立派 な

     武士 だが その歳 で 地獄 が

     あるか ないか 解らない とは

     かなり の 愚か者 だな!    」


と 言い放った のである


一体 白隠 は どういう つもり だろうか?

質問 に 答える 気 が ない のだろうか?


そして 白隠 は さらに 


これでもか と 言わん ばかり に

武士 を 侮辱し 罵倒 しつづけた


はじめは 黙って 耐えていた 武士 も

しまい には いかり だし


武士 「 いい加減 に しろ! 」
 

と 刀 を 抜いた


すると 白隠 は それ を かわして

寺 の 中 を 逃げ まくった


逃げ まくり ながら も 白隠 は 

さらに 武士 を 罵倒 し続けた


しかし ながら ついに 白隠 は

寺 の 一角 に 追いつめられて しまった


武士 の 怒り は 頂点 に 達して いて

刀 で 白隠 を 切りつけよう と した


まさに その とき だった


白隠 「 そこ が 地獄 だ! 」


と 白隠 が 武士 を 一喝 した


それを 聴いて 武士 は ハッと した


いかり に まかせて 人 を あやめよう と

している その 心 こそ まさに 地獄 である

と 武士 は 気づいた


そうで ある 白隠 は この 武士 に

それ を 教える 為 に わざと

武士 を 罵倒 して おこらせた のだ


武士 「 申し訳 なかった、、、

     かたじけない ありがとう、、、 」


と 武士 は 自分 の 振る舞い を

深く 反省 した 


そして


自分 に ここまで して 教えてくれた 

白隠 に たいする 感謝 が 生まれた


すると 白隠 は


白隠 「 そこ が 天国 だ 」


と 言った


どうだろうか


天国 も じごく も 

自分 の 心 の 状態 なのである


この 話 を 読んで なるほどな

と 深く 感じた


実際 ひと は ハラ を 立てたり

いらいら している とき は


エゴ の 周波数 であり そうすると


こころ が どんより したり

落ち着かない 状態 に なる


しかし 愛 と 調和 の 周波数 だと

こころ が すっきり 明るい 状態 となる


だから もし こころ が すっきり

しない とき は


やはり しっかりと 自分 と 向き合い

こころ の 状態 を 観る こと が 大切 


そして 


愛 と 調和 の もと に 反省 して


自分 の 考え や 行動 を 変えていく と

周波数 が 整い こころ は すっきり する


反省 は とても 大切 な 行為 なのである


反省 して 自分 の 考え や 行動 を 

変えて いく こと で 周波数 は 変えられる


自分 が どのような 周波数 の こころ で

過ごす のかは 自分 で 選べる わけ である


また 


この 白隠 の 話 は


人 に 何か を 教える 場合

単なる 知識 の 受け渡し では なく


身をもって 体験的 に 教える って のは

本当 に たいへん な こと だな と 感じた


ひと には 理解 の 仕方 が 2つ ある


『 知識 』 として の 理解 と

『 経験 』 として の 理解 である


別 の 言い方 を すると


知識 を 扱う 「 左脳 」 的な 理解 と

経験 を 扱う 「 右脳 」 的な 理解 がある


たとえば 冬 の レジャー である

スキー なんか を 考えると


本 や 映像 を 『 知識 』 として 得れば 


板 に のって 雪山 を 滑る のだと

スキー が 大体 どんな もの かは 判る


しかし 実際 に スキー を 『 経験 』 すると

本 や 映像 から は 得られ なかった


実感 として の スキー が 判る ようになる


かと言って 


いきなり スキー板 だけ 渡されて

『 経験 』 しろと

雪山 に 放り出されても こまる


どうのように 体重 を 移動 すると

曲がる ことが できる など


『 知識 』 や 論理的 な 理解 は

絶対 に あった 方が いい


『 知識 』 も 『 経験 』 も

両方 大切 なので ある


実際 俺 も スキー に 関して

ひでー目 に 会った こと が ある


高校時代 に バンド の メンバー と

スキー に 行った の だが


俺 は スキー やった こと ねーぞ

と 言ったら


友人 「 教えてやる 「 K 」 も 来い 」


と 言われて 俺 も 行って みた


で 実際 スキー場 へ 行き

みんなで リフト で 頂上 まで 行った


そしたら そこ は なんと 急坂 で

こぶ だらけ の 上級者 コース だった

b0225081_18462594.jpg









こんな ↑ 感じ の コース だった


滑れる やつら は スイー っと

降りて 行って しまい 


で その 友人 は 


スキー を したことの ない 

この 俺 に こう 言った


友人 「 お~い 「 K 」 降りて来ーい! 」


俺  「 は? マジかよ… って おい! 」


と だけ ツッコんで おいたが


その日 初めて スキー を 履いた 俺 には

それは かなり 過酷 な 要求 だった


案の定 俺 は ひでー目 に 会った


身 も 心 も きずだらけ に なり

俺 は 根性 だけで 降りて いった


「 スキー とは こんなに イタイ!

  冬 の レジャー だった のかっ! 」


と 思って しまった くらい だった


かなり たいへん では あったが

とても イイ 経験 には なった かなと


それに

実は 俺 に とって は


この ような 過酷 な 状況 ってのは 

おもしろい ので むしろ 『 美味しい 』

( ダチョウ倶楽部 かよ! )


ま 実際 俺 も 笑ってたし 

ははは





その後 友人 から ちゃんと スキー理論 を

教えてもらい 練習し 滑れる ように なった


やはり 知識 や 理論 も

大切 だと そーとー 実感 した


この 俺 の エピソード から しても


左脳的 『 知識 』 での 理解 も 

右脳的 『 体験 』 での 理解 も 


両方 大切 だということは 明らか である


俺 は この スキー の ひさん な

出来事 から 身 を もって それを 理解 した


「 身 を もって、、、 」


ハッ、、、 まさか、、、


あの とき の 友人 は 白隠 の ように


俺 に 知識 と 体験 の 両方 が 

大切 である と いうこと を


「 身 を もって 」 知って もらおう 


と 思い それで 俺 に 

あの 過酷 な 要求 を したのかっ!


なんて、、、な

ははは


いや まてよ、、、ひょっとして、、、


ああ、、、

でも きっと そう なんだろうな、、、


ああ、、、それでか、、、


それで 俺 は あのような

過酷 な 経験 を した わけ か、、、


なるほど、、、


と 思わず この 記事 を

書きながら 納得 してしまったが


俺 は この ブログ や 本 を 通じて


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一見 「 ええっ? 」 という 

    ハブニング 的な 出来事 に こそ

    守護霊たち から の プレゼント が

    画されて いる ケース が 多い    』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


驚愕!え?な相手がじつは天の味方だった! #476


と いうこと を 解説 してきたが


この 高校時代 の スキー での


友人 「 お~い 「 K 」 降りて来ーい! 」


って のは まさに ええっ? と いう

出来事 であった


だが やはり よくよく 考えると

あの 出来事 の おかげ で


経験 だけでは なく 知識 も 大切

だと いう バランス が 身についた


やはり あの 友人 は 白隠 だったのだ!


あんな 笑い話 で あほ の 様な 体験 にも


やはり そこには 天 の 意図 が 

画されて いた わけ である


高校時代 の 話 なので 

今 まで ずっと わすれて いて

さほど 深く 考えた こと も なく


笑える 話 だが ひでー目 に 会った 

くらい に しか 考えて いなかったが


今回 よくよく 考えて みると


あれ は 俺 に とって 必要 な 体験 

だった と 今 わかった わけ である


ははは


と いった 感じで 


今回 は 


禅僧 白隠 の 天国 と 地獄 の エピソード 

『 知識 』 と 『 経験 』 の 大切 さ


そして


俺 の 高校時代 の スキー での

ええっ? という 想い出 にも

やはり 天 の 贈り物 が あった


と いう こと に 俺 が 気づく のを 

リアルタイム で お届け してしまった


と いった 形 に なった わけ だが


だいたい いつも こんな 感じ で


「 この 出来事 には どんな

  意味 が あるのだろうか? 」


と あれこれ 考えて いる と

こんな 感じ で


起こった 出来事 の 天 の 意図 が

観えて くる わけ である


こういった 気づき の 過程 を

知る こと も 大切 かな と 思い


今回 は 俺 が 気づき に 至る 過程 を

あえて そのまま 記事 に してみたが


いかがだった だろうか


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 気づき を 得る には 

    起こった 出来事 を あれこれ いろんな 

    角度 から 思索 する こと が 大切  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-11-19 23:28 | お役立ち情報! | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/25104679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-11-20 00:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-20 01:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-20 01:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あす at 2015-11-20 03:15 x
知識だけでなく、実際に体験するということも大切なんですね!
それと、起こった出来事には必ず天からのプレゼントが画されているので、色んな角度から物事を考えることが大事なんですね!
また、ブログの更新楽しみにしてます‼
o(^-^o)(o^-^)o
Commented by CR-z at 2015-11-20 10:16 x
仏陀が菩提樹の下で、禅をしながら自分の内面と向き合い続け、悟りを開いたことと似ていますね。
答えは自分の心にある。自分に問うてみることが大切なのかもしれませんね!
Commented at 2015-11-20 11:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-20 17:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-23 21:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-24 23:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆぅ姫 at 2015-11-25 07:13 x
Kさん、こんちには(*^▽^)♪
いつも記事の更新、楽しみにしています。

今回の白隠とスキーの話。
すっごく分かりやすかったです!

ちゃんと、行動に繋がっていけるように
したいです。
毎回、素敵な記事をありがと~(о´∀`о)
Commented by キイロイトリ at 2015-12-22 20:27 x
はじめまして。
いつもケーさんのブログを楽しく読ませてもらってます꒰⌯͒•ɷ•⌯͒꒱ฅニャ
ケーさんって何才ですか⁇
Commented at 2016-01-16 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 実相!守護霊の言葉は人からも届... 驚愕!目に映る出来事の奥にある... >>