驚愕!龍安寺石庭・様々な角度から真実へ! #521

みなさん こんちには


今回 は モノ の 観方 について

今年 の 5月 に 行った


京都 龍安寺 (りょうあんじ) での 

出来事 を もとに 書いていこう


では さっそく はじめよう



俺 は 以前 から 世界遺産 でもある

京都 の 龍安寺 に 行ってみたかった


龍安寺 は 「 石庭 」 で 有名 である


龍安寺 の 石庭 は 大小 15個 の 石 が

並べられている のだが


ちょっと 不思議 な 構造 に なっており

15個 の 石 が 一度 に 全部 観える のでは なく


☆ 『 庭 を どの角度 から 観て も 必ず 1つ

    の 石 は 他 の 石 に 隠れて 視えない 』


と 言われている


これは とても 興味深く おもしろそう である


☆『 本当 に 15個 全部 観えないのか? 』


☆『 なんとか がんばれば 全部 観える のでは? 』


思いっきり 背伸び してみたり 床 に ぴた~ん と

這いつくばって みたり しても 観えないのか?


☆『 どうして 全部 観えないのか? 

   一体 どういう 構造 なのか? 』


俺 は この あたり の こと を 

徹底的 に 観察 して 検証 したい そう 考えていた


なので 今年 5月 の 京都旅行 の 最後 に

俺 は かなり ワクワク して 龍安寺 へ 向かった


そして これ ↓ が その 石庭 である

b0225081_21284030.jpg









なんとも 美しい 石庭 である


で さっそく 検証 に とりかかるが


この 位置 から 観ても 15個 ある 

はずの 石 が 14個 しか 視えな かった


これは おもしろい! と 思った


俺 は 最後 の 1つ の 石 は どこに

ある のだろうか?


と 思い それ を 探してみた

すると 石庭 の 一番 奥 の ところに ↓ こう

b0225081_2130746.jpg









一番 右側 に 平たい 石 が あり

その 横 の 大きな 石 で 隠れていた


「 なるほどな こんな 感じ で 必ず 1つ

  の 石 は 隠れて 視えない わけか、、、 」


これは とても おもしろいな と 感じた


しかし ちょっと がっかり も した


「 こういう 構造 こういう やり方か、、、 」


正直 この やり方 には


「 ぶぶぶっ!! ちょっと ねーな これは 」


と 思った


大きな 石 の となり に 平たい 石 を

置けば 隠れる のは 当たり前 で


ぶっちゃけ これは ちょっと はんそく気味 だなと

こんな 方法 なら いくらでも 簡単 に 隠せる


俺 は 突起した 石 を 絶妙 な 配置 で

1つ だけ 観えない ように 工夫 されている


と 思っていた ので ちょっと ざんねん だった


全部 の 石 が 一度 に 観えない 仕組み に

関して は 案外 単純 な 構造 だったな、、、


まあ これなら 必ず 全部 は 観えない わけだ

と 思った


ところが 


ここで 大ハプニング が 起きた

いや 大惨事 と いう べき だろうか


おもわず 宇治茶 を ぶぶぶぶぶっ!!

と 吹きそう に、、、 

( 京都 だけに 宇治茶! )


いや 今回 は 完全 に 吹き出した!


俺 は いつもの 守護霊からの 感覚 である


「 な ん と な く 」


気になる 場所 が あった ので


石庭 の 前 の 廊下 を その なんとなく

気になる 位置 まで 移動 して みた


そして 石庭 を 眺めて 石 を 数えてみた


すると なんと!


「 ん? え? 、、、? 」


「 ぶぶぶっ!! 全部 観えたああ! 」


その 位置 からは あっさりと 15個

すべて の 石 が 観えて しまった のだ!


マジかよ!


俺 は ものの 数分 で 全部 の 石 が 

観える ポイント を みつけてしまった のである


俺 は 長年 この 石庭 に 来たら


いろんな 角度 から この 石庭 を 観て 

本当 に 全部 観えないのか を しっかり

検証 してみたい と 思い つづけていた


しかし それ が 

あっさり 全部 の 石 が 観えて しまったのだ


俺 「 おめー(守護霊) 空気 読めよ!

    あほ なのか? お前は あほ なのか? 」


これは ちょっと 興ざめ でも あり


俺 の 頭上 を カラス が かー かー

と 飛んでいき びみょ~ な 空気 が 流れた


俺 は 普段 から 守護霊 の おかげ も あり

探し物 とか も かなり すぐ みつかる


しかし こういう とき に あまりにも

勘 が よすぎる のも あれ だな と 思った


俺 「 つーか なんだよ この 展開! 」


つーか 早えー よ さすがに これは!


この 龍安寺 の 石庭 には 


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


という 禅 の 教え が 込められている らしい


それが 数分 で すべて 観えて しまうとは

ぶちこわし である さすがは 俺 の 守護霊 である!

ははは


つーのは まあ じょーだん で 


こういった 展開 には じつは 意味 が ある


なので 俺 は ここ で


「 この 出来後 は 何 を 意味 している?  」


と これ を 考えて みた


すると ここ で 俺 は 1つ とても

興味深い こと に 気がついた


俺 「 あれ まてよ、、、たしかに ここ から

    すべて の 石 が 観える のだが、、、 」


たしかに 俺 の 立っている 位置 からは

15個 すべての 石 が 見渡せる のだが


たとえ この 位置 から であっても


石 の 並べ方 に よって は

1つ 隠す ことは 簡単 に できる


さっき も 言った ように


あの はんそく気味 の 技 を つかって

平たい 石 を 置いてしまえば 簡単 に 隠せる! 


「 では なぜ 隠さなかった のか? 」


つまり これは 15個 の 石 が 

全部 観える ポイント を あえて 作ってある


と いうこと に なる


この こと から 一般的 には この 石庭 は


☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から

    視ても すべて を 観ること は できない 』


と いう 意味 だと 言われている が

じつは


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 ものごと は いろんな 角度 から 観る

    ことで より 真実 の 姿 が 観える 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を つまり


真実 の 姿 が 「 観えない 」 のでは なく

むしろ 『 観える 』 ということ を


真実 の すべて と いう わけ ではない が


いろいろ な 角度 から 観て

より 真実 の 姿 に 近づこう と


この 石庭 は 伝えている のだと 感じた


「 求めよ さらば 与えられん

 ( 求めたら 与えられるよ ) 」


と 同じ 感じ で


いろいろ な 角度 から 観ていけば 

より 真実 に 近い すがた が

むしろ 『 観えてくる 』 と 言っている 


だから こそ 


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


なのだろう


ひょっとしたら この 石庭 は それ を

伝えている のでは と 俺 は 感じた


だから あえて 一か所 全部 の 石 が 観える

ポイント を 作って おいた のでは と


この 石庭 の 作者 の 意図 は 歴史的 には

はっきりと とは 解明 されて いない ので


こんなふう に 自分 で 推理 や 思索 しながら

この 美しい 石庭 を 眺める のも おもしろい と 思う


☆ 『 いろんな 角度 から 観て より 本当 

    の 姿 を 探し続ける こと が 大切 』


これは ほんと に そう 感じる

とても 大切 な こと である


一見 むり に みえても 


いろいろ な 角度 から 観て 探し続ければ 

だんだん と より 本当 の 姿 が 観えてくる


俺 の 経験 を 振り返って も そうである


俺 は 22歳 を すぎた あたりから

霊的 な こと に 興味 を 持ち はじめた


霊的 な 構造 が どうなっているのだろうか?


と いろいろ と 疑問 が あったので

その 本当 の こと を 知りたい と 願った


そしたら 霊的 な こと が 次々 と 起こり 

その 体験 を 通して

俺 は 霊的 な こと を 学ばさせて もらった


そして 実際 に 当時 知りたかった こと に

関して は 今 は すべて わかる ようになった


しかし ツインソウル に 関して は 当時 

俺 は さほど 興味 が なかった ので 

今 も よく わからん のだがっ!


目 に みえない こと で あっても

真剣 に 知りたい と 願えば


自分 が 真剣 に 求めた 

こと に 関して は


守護霊 が 体験 を 通して わかる ように

教えて くれる わけ である


実際 霊的 な こと を 理解 するにも

いろいろ な 角度 から 観る ことが 大切 だった


もちろん 霊的 な こと だけで なく

日常的な こと で あっても 同じ である


たとえば これ ↓ は ロシア語 だが

b0225081_2131358.jpg







理解 しようと 真剣 に 求めて 行動 すれば

こういった もの まで 解る ようになる


自分 の 身の回り に 起こる 出来事 や

自分 に かかわる 人 に ついて


本当 の 姿 を 理解 するには

いろいろ な 角度 から 観ること が 大切 である


でないと 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 の 目 に うつる ほんの 一部分 を 

それ が 「 すべて 」 だと 思い込み

本当 の 姿 が みえて ない

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった こと に なってしまう こと が ある


たとえば こんな こと を 考えて みて いただきたい


次 の 生き物 は 何なのか?


4人 の 人 に 目 を つむって

とある 生き物 を 触って もらった


一人目 は 長細くて へび の ようだと 言う

しかし 

二人目 は 太くて 木の幹 の ようだと 言う

そして

三人目 は 平たく 魚 の エイ の ようだと 言った

そして 

四人目 の 人 は ズバリ 正解 を 言い 当てた


全員 まったく 同じ 生き物 を 触った はずなのに

その 捉え方 が まったく ちがった の である


さて この 生き物 は 一体 何 だろうか?


お判り だろうか?



正解 は 



「 象 」 である


一人目 は 象 の 鼻 を 触り へび のようだと 言い

二人目 は 象 の 足 を 触り 木の幹 のうようだと

三人目 は 象 の 耳 を 触り エイ のようだと 言った


そして 四人目 の 人 だけが

象 の 鼻 と 足 と 耳 を 触った のである

だから 象 だと 判った のである


より 多く の 視点 で 観た 人 が

正解 に たどりつけた わけ である


どうだろうか


いろいろ な 角度 から ものごと を

観る こと が いかに 大切 か 

おわかり いただけた ことだろう


こんな 感じで 

この 「 象 」 の 件 の ように

自分 が 観えている こと が 正解 とは 限らない


ほんの イチブ だけ を 観て しまっている

かも 知れない のである


B'z の 曲 に


「 あなた~ は わたしの~

  ホンノ イチブ しか しら~な~い 」


と 言う 歌詞 が あったり



https://youtu.be/DNgjoJVnTvs


「 氷山 の 一角 (観えているのはほんの一部)」

b0225081_21324123.jpg











なんて 言葉 も あるが


人 が すべて を 理解 するのは

容易 では ない と しても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 より 多く の 角度 から 観る と

    より 正確 に ものごと を 理解 できる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


しかし


実際 は いろいろ な 角度 から

ものごと を 観た うえで 


さらに 大切 な こと がある

それは 


『 いろいろ な 視点 から 観て

  判断 して 行動 する こと 』


まず 大切 なのは 『 判断 』

せっかく いろいろ な 角度 から 観ても


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『 判断 』 が ちゃんと していないと

意味 が なくなってしまう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり ここ でも 大切 なのは 

『 判断 』 と 『 行動 』 なのである


いろいろ な 視点 で ものごと を 観て

判断 したら さて どう 行動 するか である


では これに ついて 

日常レベル で 考えて みよう


人付き合い や 恋愛 に おいても

こういう こと は 起こりうる のだが


たとえば 相手 が たいへん な とき


A 「 相手 の ため に おじゃま を しない 

    ように 近づかない で そっと してあげる 」


と いう 視点 が ある が

ちょっと 角度 を 変えて 観ると


B 「 相手 の ため に なにか 力 に なって 

    あげようと できる こと を 探して してあげる 」


と この 2つ の 選択肢 が ある


さて 正解 は どちら だろうか?


実際 は 正解 は A の とき も あれば

B で ある とき も ある


だから やはり A も B も 両方 の

視点 を 持っていた 方 が イイ


正解 は A だけ だと 思い込んだり

B だけ だと 思い込む のは よろしくない


まずは いろいろ な 角度 から 考えて

A B そして C など といった いろいろ な

選択肢 を 持つ こと が 大切 で


そして さらに


今 が どちらの ケース なのか を

しっかりと 見極め 行動 すること が 大切 である


こういった とき に 適切 に 判断 して

行動 していくと 絆 が 深まって いく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 いろいろ な 角度 から 観て より

    多くの 選択肢 を 持ち どの 選択 

    が 適切 か 判断 して 行動 する 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 大切 なので ある


ときどき 自分 が 何 か を するのが

本当 は めんどくさい だけ なのに

相手 の ため を よそおって


「 今 は そっと してあげる べき 」


と 自分 の 都合 だけ で 判断 している

ケース なんか も よく みかける


また その 逆 で


本当 は 自分 が 相手 を 信頼 できず

ふあん で おちつかない だけ なのに


相手 の ため を よそおって

いろいろ と くちだし している 


そういった ケース なんか も ある


この 2つ の ケース は

愛 と 調和 では なく 


エゴ の 気持ち から 判断 して

行動 を 決めて しまって いる


☆ 『 自分 の 判断 が エゴ なのか

    愛 と 調和 から の 判断 なのか

    しっかり 自分 の こころ を 観る 』

    

この 見極め が 大切 なのである


この 見極め は 容易 な こと では ないが


正しい 判断 が できる ように なるには


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


相手 の 立場に なって 立って

思いやり を もち 真剣 に 考え


自分 の こころ に エゴ では なく

愛 と 調和 が あるか を しっかり 見極め


慎重 に 相手 の 様子 を 観察 しながら


選択 と 行動 そして 修正 を

繰り返して いく こと で 上達 していく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


最初 からは うまく いかなくても


この 姿勢 で 真剣 に 取り組めば

かならず 上達 していく


経験 から 学んでいく わけ である


このような 人生 の 課題 に 

とりくんで いる 方 には


是非 がんばって いただきたい


あと 


この 龍安寺 の 石庭 の 石 が

全部 観えた こと で 深く 感じた こと は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 一般的 に 言われている こと を

    うのみ に せず 自分 で 確かめる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり これ が 大切 だと 深く 感じた


もし 龍安寺 に 行かれた 方 は 


ぜひ 実際 に 全部 の 石 が 

観える ポイント を 探して みて ください


もちろん 龍安寺 の 石庭 は 普通 に

眺めて も 美しい 庭 ですので 

ぜひ 行ってみて ください


そして また 


日常 でも 出来事 や 関わる 相手 を

いろいろな 角度 から 観て みると


今まで とは ちがった 景色 や 姿

より 深い 理解 が 観えて きます


たとえば 人間関係 で

なやんでいる とき など でも


相手 の より 多く の 側面 を

知って いく こと が 大切 です


最終的 に 自分 の 望む 結果 に 

なるか は べつ ですが


☆ 『 1つ でも 多く の 側面 を 知ると

    相手 の より 本当の姿 が 観えてくる 』


わけです


そして それが 人間関係 の 問題 の 

ヒント や 解決 に 繋がって いきます


ぜひ おためしください



それでは みなさん きょう も たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-09-25 23:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/24933957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-09-26 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 05:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 07:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あす at 2015-09-26 08:39 x
一つの側面だけでなく、より多くの側面をみることによって真実の姿に近いものが見えてくるんですね。
そして、やっぱりそこで大切なのは愛と調和なんですね‼
私は、京都には行ったことがないので一度でいいので行ってみたいです。
お寺や抹茶いいですよね!なんだか心が落ち着きそうです。
kさん、いつも大切なお話ありがとうございます。
またブログの更新楽しみにしています‼
《*≧∀≦》
Commented at 2015-09-26 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 12:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 15:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 15:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 18:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 20:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 21:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-26 22:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-27 11:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-27 11:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-28 09:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-29 19:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-29 21:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-09-29 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 実相!『天使の日』赤子と霊的覚... 実相!実りの秋の婚活スペシャル... >>