「ほっ」と。キャンペーン

衝撃!『言の葉の庭』とそれぞれの背景! #511

みなさん こんちには


7月 に なりました

今回 は そんな 季節 に


ちょっと どうにも ご紹介 しておきたい

作品 が あるので それ を お伝えしよう


以前 も ご紹介 した 作品 なのだが


新海誠氏 の アニメ映画 

『 言の葉の庭 』 である



https://youtu.be/YLDxwZHRP6o


俺 は この 映画 が すき で

定期的 に 観たく なる 


この 映画 は 


梅雨 の シーン の 雨 の 描写 が 

とても 美しい こと でも 知られているが


b0225081_2330221.jpg
『劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】  詳細』







靴職人 に なりたい 高校生 の タカオ と 

年上 の 女性 ユキノ との 出会い の 話

( この先 ちょっと ネタバレ )


人生 に つまずき 歩く ことが できなくなって

しまった ユキノ が 


人生 の 進路 を 模索中 の タカオ との

ふれあい の なか で 癒され


お互い が 自分 の 進む べき 道 へと

歩いて いく そんな ストーリー である


内容的 には ちょっと しめっぽくて

どちらかと 言うとさほど すき では ない 


しかも


この 映画 を 観おわる と かなり


「 何か が 足らない 何か が 足らない 」


と いう みょ~~ な 想い に かられ


奥歯 に もの が はさまった

ような 感覚 に なってしまう


しかし 


なぜか 俺 に とって

みょ~~~に 惹かれる 作品 だった





この 「 何か が 足らない 」 という

感覚 は 一体 なんなのだろうか?


と ずっと なぞ に 思っていた のだが


じつは この 映画 『 言の葉の庭 』 は

小説 も 出ていて これ を 読んだら


「 何 が たらないのか 」


はっきり と 判った


b0225081_23272580.jpg
『小説 言の葉の庭』 詳細

新海誠 氏





この 小説 は 第1話 から 第10話 

そして エピローグ で 構成 されている


そして


第1話   秋月孝雄 

第2話   雪野

第3話   秋月翔太 (孝雄の兄)

      ・
      ・ 
      ・

第10話  秋月怜美 (孝雄の母)

エピローグ 秋月孝雄 と 雪野百香里


と 言った 感じ で 映画 に 登場した

人物 ごと の 視点 で 描かれている


これは マジ で スゴイ と 感じた


たとえば Aさん Bさん が けんか して

Cさん が それを 観ている とする


この 出来事 自体 は 1つ の 出来事 だが

A B C の 三者 に よる 視点 は それぞれ で


同じ 出来事 に たいする 感じ方 や 印象 は

それぞれ 別 の もの となる


たいていは 自分 は 自分 の 視点 で

出来事 を 観る 


しかし 相手 の 立場 に 立って

相手 の 視点 で 観ると 


よく も わるく も 両面 あるが


『 まったく 別 の 世界 が 観えてくる 』


ことがある


これが とても 大切 な こと である


この 映画 を 観てから 小説 を 読むと

これ を 体験 すること が できる


つまり 映画 の 登場人物 たち の

それぞれ の 視点 で 1つの 出来事 を

観る こと が できる わけである


「 ああ この 人物 は こんな

  こと を 考えていたのか、、、 」


とか


また それぞれ の 登場人物 の 背景 や

事情 も 詳しく 描かれて いる ので


「 ああ こういう 背景 が あって

  あのような 行動 を とっていたのか、、、 」


など 映画 では みえなかった 世界 が

小説 を 読むと いろいろ 観えてくるのである


ひとつ の 物語 を いろいろ な 人物 の 目線

から 観る ことが できる わけである


これが なかなか おもしろい


また それぞれの 人物 の 背景 を

知る こと は とても 大切 な こと である


たとえば とある 登場人物 に 対して 

映画 で 観た ときは


「 なんなんだ こいつは 一体? 」


と 言う 印象 を 受けた 人物 であっても

小説 を 読み 事情 が 解ると


「 ああ こういう 事情 が あったのか、、、 」


と 思える ように なる


よく も わるく も 相手 に たいする

理解 が 深まる と 印象 は 変わる


これを 『 言の葉の庭 』 の

映画 と 小説 から 体験 できるのである


これが かなり おもしろい

そして 人 を 知る いい 勉強 にもなる


なので もし 関心 の ある 方 は

ぜひ 『 言の葉の庭 』 を 


映画 → 小説 の 順番 で 読んでみて

いただきたい 

(じゃないと ぶちこわし に なってしまうのでな!)


これは マジで かなり 勉強 に なる


しかも これは

じつは 『 霊視 』 の 練習 にも なる


ともあれ


実際 の 日常生活 でも

なにか あった とき には


『 この 人 は どういう 背景 から

  この 言動 を とっているのだろうか? 』


というのを 考える こと は 大切 


相手 の 奥に ある 観えない 背景

や 気持ち を 考える 努力 ってのは


『 みなえない もの を みようとする 』


こと であり それは 思いやり でも あり

その 姿勢 が 『 霊視 』 にも つながる

わけ である


みえない もの を みよう と すると

いろいろ みえてくる ように なる


相手 の 隠れた 思いやり に 

気づく かも しれないし


ときには


相手 の うそ や ごまかし に 

気づく かも しれない


それで あっても やはり 


☆ 『 正直 に 生き 本当 の こと  

    を 見極めて 選択 行動 する 』


ことは 周波数 を 整える 上でも

大切 であり また ときには 必要 でもある


では


最後 に この 小説 を 読んだ 

俺 の 感想的 な ことを 少し 書いておくと


たとえば 人 と 人 が 出会って

お互い の 理解 を 深めていく うちに


だんだん と その人 の 背景 も 知っていく


なかには 


「 この人 こんな イイ ところも あるのか 」


と 知ってよかった と 思う こと も ある

そして その 一方


「 ああ こんな ことも あったのか、、、 」


と 知らなきゃ よかった と 思う ことも ある

かも 知れない


しかし それが 人生 だと 思うし

その うえで お互い を 大切 に しあえるか


これが 大切 なのだろうな とか 思った


つまり どういうことかと 言うと


この 小説 を 読むと 映画 だけなら

美しかった のだが 


「 知らない 方 が よかった 」


と いうような こと も 書いてある

しかし それこそ が 人生 で あり


そこが この 小説 の すぐれた 

ところ だな と 俺 は 感じた わけである


そして そのこと から


☆ 『 自分 に ある 今 を 大切 に

    して よりよい 人生 に していく 』


やはり これ が 美しい のかな と 感じた


と 言った 感じである


また 


この 『 言の葉の庭 』 の 小説 には


映画 では 描かれて いなかった その後 

4年後 の 2人 の 様子 など も 描かれている


その後 タカオ と ユキノ が どうなったのか

とても 気になる ところ だったが


この 小説 には それが 書いて あった


新海誠氏 の 作品 は どちらかと 言うと

しめっぽい エンディング の 印象 が あるのだが


映画 を 観た あと 小説 を 読むと

本当 の エンディング を 知ることが できた


そして その エンディング を 読んで

とても 清々しい 気持ち に なるものだった


映画 を 観て 2人 の その後 が

気になる 方 も 小説 は おすすめである


いちおう 『 言の葉の庭 』 の テーマ曲

それ が ↓ これ 『 Rain 』


映像 も 曲 も 美しい ので

ぜひ ごらんください


ちょっと ネタバレ 映像 に なるので

映画 を 観たい 方は ごちゅうい ください


『言の葉の庭 Rain 』

https://youtu.be/_XlH7gSvAkc


この 作品 は 本当 に

雨 の 描写 が とても 美しい ので

俺 は この 映画 を 観て 以来


「 ああ 雨 も また 美しい のだな 」


と 思える ように も なった


俺 の 感性 の 幅 を 

拡げて くれた 作品 でもある


『 言の葉の庭 』 


今 の 時期 おすすめ です


と いった感じである



それでは みなさん きょう も たのしく

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2015-07-04 21:29 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/24656332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-07-04 21:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-04 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 00:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 03:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 10:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 14:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 19:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 20:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-05 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by セボンスター☆ at 2015-07-05 23:24 x
Kさん こんばんは✳︎

おすすめなら チェックしてみます
(^_−)−☆

毎日、ハッピーな日々を
お過ごしくださいね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Commented at 2015-07-06 00:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-06 05:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-06 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 園子 at 2015-07-06 23:48 x
自分にとってとてもタイムリーな記事でした。人の行動、言動に悩んでいたので視点を変えるという発想は新鮮でした。
ありがとうございます!
Commented at 2015-07-07 12:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サンゴ at 2015-07-07 13:09 x
kさん♪

こんにちは、

小説もあるのですね♪
映画もさっそく借りてみたので、
次は小説読んでみます♪

映画の感情を自然で表している
感じが、言葉ではない思いが伝わって
決ました。ハッピーエンドでない切なさ
もあり、自然の流れの感じもよかったように思います。

小説楽しみに読みます♪

ありがとうございます〜
Commented by MIKA at 2015-07-07 23:15 x
本屋さんでK さんの本を見つけてからblogを拝見させて貰う様になりました!何時もワクワク、ジーンと来るblogを沢山UPして下さり本当に有り難うございます。


ネットは通勤電車の中で見るのが殆どなんですけど、K さんのblogがUPされてるのを見るとほんっと嬉しくてテンション上がります!!(笑)


言の葉の庭の曲、聞かせて頂きました、、、、意外にも、秦さんは感情を込めた歌い方ではなく、ただ淡々と歌い上げてるのですが何か、とても伝わるものがありました。
歌って、感情を込めて歌う事で伝わるのかな?って思ってたんですけど、、、聞かせて貰ってびっくりして。映像と一緒だから特にそう感じたんだとおもいますが、ささやかな、穏やかな日常の先に虹が見えたようなそんな気持ちになりました。


今日も有り難うございました。
これからも宜しくお願い致します
Commented by 大寿 at 2015-07-09 09:38 x
いつもブログを楽しく拝見しています(本も購入させていただきました)。
初めてコメントさせていただきます。
自分もこの映画は好きで、劇場には二回ほど足を運びました。
Kさんの記事を読んで、早速小説も読んでみました。

人はだれもが、人生という名の小説の主人公なのだなと思い至り、
自分の人生を、とても愛おしく感じるようになりました。

良い記事をありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。
Commented at 2015-07-10 05:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-10 23:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-12 10:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-12 18:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-18 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-25 21:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-29 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2015-08-03 23:17 x
Re:コメント返信

Re:にゃ~ごろう
とてもイイ感じの作品だぜ!
二度楽しめるよな!
ベイべ!

Re:マリエル
そうそう視点をかえると
別の物語がみえてくる!
ベイべ!

Re:さなみ
おおっ!シンクロしたな!
こちらこそセンキュ!
ベイべ!

Re:愛(momo)
歌いながら自分へのツッコミ
それホントあるよな!
ベイべ!

Re:ジョナサン
そうそれ!
マジで実写みたいだよな!
ベイべ!

Re:TonyTony
そうそうそんな感じ!
かぶせ気味にくるぜ!
ベイべ!

Re:rainyangel
映画と小説の読み比べ
とても楽しいよな!
ベイべ!

Re: N
お、俺のキャラ設定が
その様な!なんてな!
ベイべ!

Re:きりん
八坂のあたりの雰囲気は
ホントとても最高だよな!
ベイべ!

Re:ランrunラン
今現在に集中していきる
これってホント大切だよな!
ベイべ!

Re:今井幸子
こちらこそセンキュな!
ともに前進していこうぜ!
ベイべ!

Re:ハットリくん
バック転とか?
忍者だけに!
ベイべ!

Re:赤いチューリップ
マジでとてもありがたいぜ!
ホントいつもセンキュな!
ベイべ!

Re:セボンスター☆
おすすめだぜっ!
おおっ!センキュなっ!
ベイべ!
Commented by 「 K 」 at 2015-08-03 23:18 x
Re:コメント返信

Re:子犬
ホントそんな感じだな!
このコメマジでセンキュな!
ベイべ!

Re:ゆう
そういう視点をもつ
ってホント大切だよな!
ベイべ!

Re:あい
思いやりの視点大切だよな!
ホント美しい雨!
ベイべ!

Re:園子
視点をかえることで
ゆとりも生まれるよな!
ベイべ!

Re:花
そのゆめは霊的会議かも!
ともに前進していこうぜ!
ベイべ!

Re:サンゴ
小説をよむといろいろ
すっきりするかもだぜ!
ベイべ!

Re:MIKA
おおっ!マジよかったぜ!
とてもイイ感性してるな!
ベイべ!

Re:大寿
自分の人生を大切にする
これホント素晴らしいよな!
ベイべ!

Re:あき
おおっ!イイ流れだな!
マジで素晴らしい写真だな!
マジでセンキュな!
べいべ!

Re:ジョナサン
すっきりしただろう!
ベイべ!

Re:ユリン
ステキな季節だと
再確認できる作品だよな!
ベイべ!

Re:あい
人生は向いている方向
にすすんでいく感じだよな!
ベイべ!

Re:matsumica
おおっ!マジでよかったぜ!
俺としてもうれしいぜ!
ベイべ!

Re:にゃ~も
だいじょうぶ!
小説読むとすっきりするぜ!
ベイべ!

Re:赤いチューリップ
今変化のときなのだがな!
積み重ねってホント貴重だよな!
ベイべ!

Re:ゆう
おおっ!センキュ!
奥がみえてくるはずだぜ!
ベイべ!
<< 実録!日常でのシンクロとの付き... 驚愕!こころの声に従い劇的な再... >>