驚愕!まさかの方法で壁を乗り超えた! #482

みなさん こんちには


今回 は 


『 もう ダメ だ と 思った

  その先 に ある もの    』


『 人生 なに が 役立つ か わからない 』


と いう こと に 関して 書いていこう

かなり 驚愕 の 意外性 の ある 話 である


ちょっと 長く なるので

前編 後編 に 分けて お伝えしよう


では まずは


驚愕 の 「 K 」 伝説 前編 である 

( 一見 あほ 伝説 ですが じつは、、、 )


では はじめよう



これは 俺 の 大学時代 の 話 で

年末 の とても 寒い日 の こと だった


今 現在 は 地球環境 の こと を

考えて 牛 は ほとんど 食べない のだが


その 理由 は ↓ こちら

実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345


当時 は まだ 食べていた のだが

その日 とある 牛丼 チェーン で


特盛 牛丼 を 食べた そしたら なぜか

もう一杯 特盛 を 食べてしまった!


その日 は いそがしくて 食事 が 遅くなり

時間 が たしか 夜 の 12時 くらい だった 


そこで ちょっと 運動 しようかな

と 思った のだが

ちょうど 帰省 の 季節 だったので


俺 「 そうだ! 歩いて 帰省 しよう! 」


と 思いついた


そこで 実家 まで 歩いて 帰る ことにした

その 距離 だいたい 60km くらい 


通常 は 車 で 帰っていた ので

道 は 知っている


ま なんとか なるだろう と


帰省 の 荷物 を まとめ た


その中 には 第二外国語 で とっていた

ドイツ語 の 辞書 や 参考書 も 入れた

( ドイツ語 単位 マジヤバ かったんでな! )


かなり の 重さ に なってしまった

その 荷物 を 背負い 夜中 の 道 を

俺 は 実家 を 目指して 歩き だした


てくてく てくてく 


その日 は めっぽう 寒い夜 だった


しかも 俺 は 革ジャン の 下 には


真冬 だろうが どんなに 寒かろうが

絶対 に Tシャツ 一枚 しか 着ない!


革ジャン の 下 に 厚着 してたら

それは ↓ Rock じゃねー からである!

ファッション! #036


「 くっそ 寒かった! 」


身体 は すっかり 冷えきり

しかも 重い 荷物 を かついでいた ので


歩き出して 1時間 くらい で

なんとも 足 が すでに 痛く なった!


俺 「 ヤバくね? 足いてー 早くね? 」


まだ 実家 まで 15分の1 も 歩いてない

この 時点 で 足 が いたくなった のだ


しかし そのまま 歩き つづけた


時間 は 夜中 の 3時 くらい だったか

年末 だけ あって どんどん さむく なってきた


ちなみに 俺 の ハーレー の 革ジャン は 

じつは やたら 重くて 3kg も ある


しかも 帰省 の 荷物 が 重い これが 

かなり 足 への ダメージ と なって いた


俺 「 なんで 俺 は やりもしない のに

    ドイツ語 の 辞書 なんか 

    もって きた のだろうか、、、 」


マジ で こうかい した


ドイツ語 の 辞書 を 

草むら に 投げたろか? とか 思った


実際 は もの を 大切 に するので

もちろん じょーだん ではあるが、、、


あまり の 寒さ に 足 の 感覚 が

なくなって きた


そして 明け方 5時頃 だっただろうか

寒さ も ピーク に たっしていて


極度 の きんにくつー と 冷え から


俺 の 足 は 完全 に 感覚 を なくして 

とうとう 歩けなく なって しまった!


俺  「 あり? ヤベー な こりゃ

     歩けねー よ マズくね? ははは 」


( こういう 状況 の とき けっこう 俺 は

  楽しく なって きて 笑えて くる  )


と 道路 の 縁石 に 座り込んで しまった!


俺  「 ほう 冷え と 筋肉痛 だと

     歩けなく なるのか なるほどねえ 」


俺  「 しかし ここ に 座ってて も

     何も はじまんねー から なあ、、、  」


俺 は 一度 決めた ことを 容易 に

なげだす のが すきじゃない ので


俺  「 なんとか なんねー かなあ 」


と 考えていた


すると! 


ここで 俺 に 『 名案 』 が ひらめいた!


大学時代 は 俺 は 霊的覚醒 してなかった が

守護霊 からの アドバイス だった のかもしれない


俺 の こと を よく わかっている 読者 の 方 は 

俺 の 『 名案 』 と 聴くと


夏みかんゼリー #111 が あたま を よぎり


いやな予感 が する 方 も 多い かと

思うが 今回 は 大丈夫!


マジ で 名案 なのである!


その 名案 とは こう である


今まで 俺 は 前を 向いて 歩いてきた

そして 限界 まで 足 を 使った


しかし よく 考えると 


人間 は 前 向き にも 歩けるが

後ろ 向き でも 歩く こと が できる!


つまり マイケル・ジャクソン の

ムーン・ウォーク の ように 


b0225081_10471167.jpg











- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 後ろ を 向いた まま でも 

    人 は 前 に 進める わけ である! 』


( ちょっと 哲学的 だろ? ← どこがっ! )

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


当然 前向き に 歩く とき の 筋肉 と

後ろ向き に 歩く とき の 筋肉 は


ちがう 筋肉 を 使う!


つまり 後ろ向き に 歩く 筋肉 は

まだ 使える かもしれない わけ である


俺  「 おおおおおっ! すばらしい! 」


これは 試してみる 価値 が あるな、、、

と 思った ので 即 実行 してみた


すると


なんと!


『 マジ で 歩けた! 』


自分 でも ちょっと おどろいたが

実際 に 歩けた のである


やはり 前向き に 歩く とき と

後ろ向き に 歩く とき では


使う 筋肉 が ちがう のが

体感 から ハッキリ と わかった


俺 「 やったぜ これで 前 へ 進めるぜ! 」


このとき は さすがに

おれ は 天才 かも と 感じた


しかし


年末 の 明け方 重い荷物 を もち

凍てつく 寒さ の なか 

革ジャン の 下 Tシャツ 1枚 で

ムーン・ウォーク で 実家 を 目指す 姿 は


どこから どう みても、、、 


バカ 


の 体現者 そのもの である


ははは


しかし 俺 は この 出来事 から


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 やはり 容易 に あきらめて は いけない 』


☆ 『 もう だめだ と 思っても 考えれば 

    そこには 何らか の 方法 が まだ ある 』


☆ 『 もう だめだ の その 先 には

    発想 の 転換 で 新たな 世界 が ある 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いうこと を つうれつ に 学んだ


そして その後 の 人生 に おいても

この 教訓 に 俺 は 何度 も 助けられた


「 はっ! 」 


ひょっとしたら、、、 


マイケル も 俺 と 同じような 体験 から

ムーン・ウォーク を あみだした の かも、、、


( んな ↑ わけねーだろ! )





俺 は そのまま ムーン・ウォーク で

何 km も 歩いて 実家 を 目指した


あと 気づいた のだが


ムーン・ウォーク で 歩いて つかれたので

また 前向き に 歩いて みたら


筋力 が 回復 して 前向き にも 歩けた


なので 普通 に 歩いたり

ムーン・ウォーク で 歩いたり と

交互 に 歩くことで かなり 楽 に なった


だんだん 夜 が 明けて くると

道路 に 車 が 出てきて


「 え? どうして この人 

  後ろ 向き に 歩いてるの? 」


みたい に 見られて いた が

とにかく 絶対 に 前 に 進みたかった ので


「 んな こと かまっちゃ おれねー 」


つー 感じ で 歩き つづけた


しかし さすがに 地元 に 近づく と

はずかしー ので 前向き に 歩いた


ま 俺 だけの 問題 じゃ なくなって

くるからな 地元 だと


俺 の おやじ は 職人 で 結構

硬い 仕事 に 就いて いたので


俺 の こと が 近所 で 


「 ねえ 知ってる あそこの 息子さん 

  マイケル・ジャクソン なのよ~お! 」


「 ま~あ それは たいへん ねえ~ 」


みたいな こと に なると アカン のでな

( ぶっ! ↑ んな こと 言われねーだろ! )


で 結局 俺 は そんな 感じ で

歩き 続けた


途中 で ファミレス で 食事 したり 


徹夜 で 歩き 続けて いた ので

ファミレス で 爆睡 してしまったり して


かなり 時間 は かかって しまったが


次の日 の 昼 すぎ の 夕方 前 に

ようやく 俺 は 実家 に たどり着いた


こうして 俺 は 目的 を 達成 したのである


ちなみに あの ドイツ語 の 辞書 は

予想どおり 実家 で 開かれる ことは 


一度 も なかった、、、フッ、、、


今回 の 件 から わかる ことは


やはり 


☆ 『 壁 に 直面 しても 

    あきらめず に 考える こと 』


これ が 大切 なのである


この 当時 の 俺 は 霊的覚醒 を

していなかった わけ なのだが


壁 に 直面 して こまって いる とき


必ず そういう とき には

守護霊 や 天使 異星人 妖精 女神

たち は


☆ 『 ひらめき を 使って 

    たすけて くれている 』 


しかし 本人 が あきらめて しまったり

おちこんで 周波数 が みだれたり 

エゴ の 状態 だったり すると


せっかく の その声 が 聴こえなく

なる ケース も ある


なので こまった とき こそ


一旦 深呼吸 を して

なるべく 愛 と 調和 の 意識 に して


こころ の なか に やつら の 声

を さがして みる


何か 方法 は ないか 考えてみる


すると やつら の 声 が


『 ひらめき 』 と いう かたち で


思いつく のである


是非 この 霊的構造 を 

しっかり 覚えておいて いただきたい


と いうわけで 今回 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 容易 に あきらめて は いけない 』


☆ 『 もう だめだ の その 先 には

    発想 の 転換 で 新たな 世界 が ある 』


☆ 『 こまった とき 愛 と 調和 であれば

    守護霊たち の ヒント を キャッチ できる 』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いった 感じ である


いかが だっただろうか


これが 今回 の 俺 の 


『 ムーン・ウォーク で 実家 へ 』


という 話 だった わけ だが


しかし!


じつは この 話 は ここ で 終わらない!


この 後 に


俺 も この とき には 予想 すら

しなかった 驚愕 の 展開 が 待っていた のだ!


それは 次回 の 後編 で 書こう



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-12-04 23:10 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/23832998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-12-04 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-05 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-05 09:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-05 18:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-05 20:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by YUKA at 2014-12-06 06:33 x
「 K 」さん、初めまして!YUKAと申します☆
私は、昔からスピリチュアル的な事が好きでしたが、ただそれだけで、そういう能力があるわけでもなく、少し人より他人の心の感情が分かりやすく疲れるというだけでした。でも、今年になってから、急にそういう関係のブログなどをたくさん読むようになり、宇宙人アミの本とも出会い、なぜか、これは全部ホントのことだとわかりました。面白くて、ワクワクしながら3冊読んでしまいました。読み終わるのが惜しいくらい(笑)そして、「 K 」さんのブログに出会い、それが確信に変わりました。これも全て導かれているんだなぁーと、知らないうちに自分も霊会話してたんだなぁーと、ビックリです。そして守護霊さんたちに改めて感謝です。「 K 」さんに、どうしてもこの気持ちを伝えたく、コメントさせて頂きました。ブログ、楽しく読ませて頂いています。あ、やっぱりそうなんだとか、反省しなきゃとか、いろんなたくさんの気づきをありがとうございます☆これからも一緒に成長して行きたいです! 
Commented at 2014-12-07 01:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もも at 2014-12-09 08:11 x
おはようございます!
朝から大爆笑させていただきました☆
「K」さんの必死な状況を笑ってしまってごめんなさい(><)

このような状況からもたくさんの学びを得た「K」さんを見て、私も頑張ろうって思えました。

本も読み終わりました♪
わかりやすくまとめられていて、子供たちが大きくなったら読ませてあげたいと思います。

朝から元気をありがとうございます☆
Commented by 「 K 」 at 2014-12-14 01:58 x
Re:コメント返信

Re:マリエル
はははホントだな似てるな!
そうそう挑戦したくなるんだぜ!
呼吸とリラックスはとても大切だよな!
ベイベ!

Re:はるか
こころづかいセンキュな!
そういうシャンプーとかでも選択と
行動って大切だよな!素晴らしいぜ!
ともに前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:どんぐり25
必要でなくなったものを手放すって
大切だよな!
愛と調和からだと自然と自分が整うよな!
ベイベ!

Re:バルサミ子
おおおっ!見事なシンクロだな!
シンクロが起こるときはやつらの
サポートがたくさんあるときだから
そろそろいけるかもだぜ!
ベイベ!

Re:香織
ぶはははは!あそっかそうだな!
ということならば15000点だぜ!
キャラを超えてがんばってくれてセンキュな!
ベイベ!

Re:ミー
最初からではないが経験から
そうなってきているかもだぜ!
こころづかいセンキュな!
ベイベ!

Re:YUKA
おおおっ!知らせてくれてセンキュ!
シンクロややつらの愛と調和の声に
行動していくと展開があるかもだぜ!
ともに前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:アグリッピナ
おおおっ!それはよかったぜ!
じつは繰り返し読むと結構効果あるぜ!
知識や意識が集中すると気づきやすくなるぜ!
ベイベ!

Re:もも
おおおっ!マジか!
笑ってもらえるのはかなりうれしいぜ!
子どもたちにってのがマジでうれしいぜ!
こちらこそセンキュな!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2015-02-14 22:14 x
Re:432U
やっぱ前向きは大切だよな!
ともに前進しようぜ!
ベイベ!
Commented at 2015-07-26 10:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 実録!ムーン・ウォークからのま... 実録!お知らせ!人生の流れを取... >>