「ほっ」と。キャンペーン

実録!愛と調和の選択から与えられる場合! #475


みなさん こんちには!


今回 は 守護霊 との 会話 から


ちょっと 意味 深い 出来事 が 起こり


驚愕 の シンクロ二シティ

意味のある 偶然の一致 が 起こり まくった


この 話 は なにかと 役立つ かと 思う ので

それを ここ に 書いておこう


『 日常 で 起こる 出来事 と いうもの は

  俺たち の 成長 の ため に 起こる   』


霊的視点 で 観ると それが 観えてくる のだ


では はじめよう


あちらの ブログ 「 K 」 Diary で 

ちょっと 前 に 書いた のだが


先日 ちょうど 俺 が 地元 に いた ので

友人 に 野球 を やらないか? と さそわれた


なんでも 客席スタンド も ある

ちゃんとした 野球場 で 


しかも!


ナイター で 野球 を やろう! との

こと で あった!


俺 は 子ども の 頃 野球 が 大好き で


『 いつか 本格的 な 野球場 で 

  ナイター で 試合 を してみたい!! 』


と いう 夢 を 子ども の 頃 に 

もって いた こと を 思い出した 


ぶっちゃけ これは かなり 嬉しかった

なので 俺 も 参加 することに した


しかし 


高校 の 頃 使っていた グローブ は 

たしか 後輩 に 預けた まま で


道具 も なに も なかった


「 人 の グローブ って おれ は

  使いづらい んだよな、、、 どうしようか 」


やるからには しっかり やりたい ので

ちょっと 困ったな、、、と 考えていた


ところが ここ から 怒涛のごとく 


『 驚愕 の シンクロ! 』


が 起こりまくった!


ま とりあえず トレーニング・ウェア くらい

どこか に ある だろうと 


とある 部屋 へ 入る と


なぜか きゅう に 棚の台 の 下 に ある

白い 袋 が やたら 気になった


このような


『 やたら 気になる 』


と いう 感覚 は じつは 

守護霊 から の メッセージ なので ある


なので 俺 は 


「 ははは! この袋 の 中 を 観ろ ってか? 」


と 実際 に 中 を 観て みた


すると


なんと!


中 に グローブ が 入っていた!


俺 「 うおおおっ! マジか センキュ! 」


これには 俺 も マジ で 驚いた!


普通 に 探したら 絶対 に 見つからない

ような 場所 に グローブ が あったのだ!


そして すげー たすかった わけである!


先述 の ように 高校 の とき 使っていた

グローブ は 後輩 に 預けた まま で

手元 には なかった


しかし ながら


この とき 出てきた グローブ は 俺 が 

小学生 の 頃 に 使っていた グローブ で


当時 かなり 大きめ の グローブ だった ので

今 でも ちゃんと 使える サイズ で あった


俺 「 ああ この グローブ は 俺 の 手に なじむ

    これなら ちゃんと キャッチ できるな、、、  」


と ちょっと 嬉しくなった


すると またまた きゅう に

とある 戸棚 が あたま に 浮かんだ


これも どうやら 守護霊 から の

メッセージ の ようである


なので その 戸棚 の 扉 を 開けて みた


すると またまた 白い 袋 が あったので

開けて みると


なんと! そこに!


野球 の ボール が 入っていた!


俺 「 うおおっ! マジか! つーか ははは!

    守護霊 の やつ 俺 が 野球 に 

    行くこと を 思いっきり 応援 してやがる! 」


このように 守護霊 からの インスピレーション 

の おかげ で 直感 のみ で 行動 して


あっと いう 間 に グローブ と ボール が 

俺 の 手元 に 届けられた わけ である


次 は トレーニング・ウェア だが

ま これは 簡単 に 見つかる だろう、、、 


と 思っていた のだが しかし これ が 

なかなか 見つからなかった


俺 「 っかしーなあー 服 なんて 入れる 場所 

    決まってる のに なぜ 見つからないんだ? 」


すると またまた 守護霊 の やつ が


守護霊 「 こっち だよー 」


と 言う ので そのまま スーーっと 

一直線 に そこ へ 目指して いくと


大きな 袋 の 前 で ピタリ と とまった


すると なんと! 


そこに! トレーニング・ウェア が あったのだ!


絶対 に こんなの 見つからねーよ って

ところ に 袋 に 入れて 置いてあった!


俺 「 おおおっ! マジか! センキュ!

    こんな ところ に あった とは! 」


なんと! おかん が 洗おう と 思って

そこへ 置いておいた との ことで 


普段 とは まったく べつの 場所 に

置いて あった のだが


それを 守護霊 が 知らせて くれたのだ!


これには マジ で たすかった


霊的覚醒 を すると 周波数 が 守護霊 と 

近づき 直感 が 冴えて くる わけでは あるが


それにしても 驚愕 である

まるで サイキック の ように


次々 と モノ に 引き寄せられ 

探し もの が 見つかって いった のである


これで なんと


数分 の 間 に グローブ ボール ウェア と

すべて そろって しまった わけである


しかし ここまで 守護霊 の やつ が なぜ

次々 と 野球 を するの を たすけてくれるのか?


ま これは 俺 は いつも 一人 で いるから

たまには 友人たち と 外 で 遊んで 来い


つー こと だろう、、、 

と 俺 は 考えた


で せっかく グローブ と ボール まで

出てきた ので


ちょっと 練習 しよう と 

外 で 壁 を 相手 に 練習 した


俺 「 それにしても 高校 の 体育 以来 だ

    野球 なんて たのしみ だな、、、   」


ちなみに 俺 は 剣道部 だった わけだが、、、


で 


その ナイター 野球 は 6時30分 から で


今 俺 は 移動手段 を もって ない ので

その日 の 夕方 に 


俺 の 住んでいる 地区 から 参加する

友人 に その 球場 まで くるま に

乗せてもらう こと に なって いた


ところが ここ で ハプニング が 起こった!


野球 に さそって くれた 友人 から

夕方 に なり メール が きた のだが


なんと!


俺 の 住んでいる 地区 からは

みんな 用事 が あり 参加 できない


なので 俺 を 球場 に 同乗 できなく

なって しまった との こと だった!


球場 までは かなり の 距離 が あり

電車 でも 行けるが すでに 夕方


しかも ここ は 都心 と ちがい 

電車 の 本数 も ない 


俺 「 うっ、、、マジか、、、これは

    ちょっと キビシー 参加 できない かも 」


と 思いつつ も 一応 友人 に

なんとか ならないか メール で たずねた


すると まだ あと一人 参加 するか

返事 の きてない つれ が いたので

その 返事 を 待つ との こと だった


しっかし これには まいった


さっき まで あんなに 応援 していた

守護霊 の やつ め、、、


俺 「 おいおい つーか 何 これ?

    どーゆーこと? 俺 に

    野球 やらせない って ことかよ? 」


一体 なんで ここまで来て

俺 に 野球 を させない つもり なのか?


守護霊 の やつ は 一体 何 を 考えてやがる!


と 思った のだが、、、 


じつは ちょっと、、、 


『 この 出来事 には 意味 が ある と

  俺 には こころ あたり が あった  』


俺 「 これって まさか アレ か? 、、、 」


すると そこへ 先ほど の 友人 から

メール が 届いた


友人 「 その 最後 の つれ も 参加 できない 

     と いま 連絡 が あった、、、     」


と!


俺  「 うわっ! マジか、、、 」


これは ホント に だめかもな、、、


俺 を さそってくれた 友人 も

困っている のが 文面 から 読み取れた


しかし 俺 は 俺 で この ナイター野球 を

すげー 楽しみに 楽しみに していた、、、


なんとか ならない かな?

と 思い 友人 に もう一度 おして みたかった


すると 守護霊 が、、、、


守護霊 「 相手 の 立場 を 考えて 空気 を 

      読んで ここは 退かな アカン よ  」


と 言ってきた


俺   「 っつ、、、 まあ おまえ の 言っている

      こと は 正しいが つーか ここ まで 

      盛り上げてた おまえ が 言うか? 

      くっそお~~ 一体 何なんだ これはっ! 」


あんなに シンクロ を 起こして

俺 の 野球 参加 を 盛り上げていた やつ が


いきなり ここ に きて これ かよっ!

はら たつ~~! 


と 俺 は 守護霊 の やつ に

文句 を 言って やった!


しかし やつ の 言っている こと は

どう 考えても 正しい と 思った


俺 を さそってくれた 友人 の 

立場 に 立って 考えると


その 友人 が 一番 こまっている はずだ


俺 は ここ で 選択 に せまられた


守護霊 が 言う ように


『 相手 の 立場 で 考えて

  思いやり から 空気 を 読んで 退く 』


のか


『 あと 一回 だけ おしてみる 』





こういった ケース では どうしても


何もせず に あきらめる よりは 

もう 一回 だけ おして みたくなる


ところが そうすると こまる のは

おされて しまった 相手 で ある


しっかし 俺 は この 野球 を

すげー すげー 楽しみ に していた、、、


さて どうする、、、


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と 以前 守護霊 は 俺 に 言って いた


俺 「 うぬぬ、、、ここは 退け ってか、、、 」


やはり 相手 の 立場 を 考えると

愛 と 調和 の 選択 で あれば 当然、、、


これ 以上 おしてしまうと 

せっかく さそってくれた 友人 を 

困らせて しまう のは 明らか である


だから 俺 は たのしみ に していた

ナイター 野球 だった が 


俺 は あきらめる こと にした


それで 友人 にも 気をつかわせない 様に

ちょっと ジョーク を 交えて メール で


俺 「 ま オッケ 今日 は おとなしく

    家 で ヘビメタ でも 聴いてるぜ! 」


( ↑ おとなしく ヘビメタ って おい! )


みたいな 感じ で 返信 しておいた


これで 俺 の 球場 で ナイター の

夢 は 叶う こと なく 終わった わけ である


俺 「 あ~~~ ざんねん だ~~~

    練習 まで したのに~~~   」


普段 は けっこー ツイている ので


なんかしら 奇跡的 な こと が 起こり

普通 なら 行ける の だが 


今回 は 奇跡 も なし か、、、と


しかし 俺 は まちがった 選択 は

していない 


守護霊 も 言う ように

自分 の エゴ を おし通すのでは なく


『 相手 の 立場 で 考えて

  思いやり から 空気 を 読んで 退く 』


これを 実践 できたから イイ じゃないか

と 自分 を 納得 させた


その 瞬間!


おどろくべき こと が 起きた!


なんと!


再び 友人 から メール が 入り


友人 「 きゅうきょ 俺 と 同じ 地区 の つれ

     で 参加 できる つれ が 現れたぞおー! 」


と いう ハイテンション の メール が きたのだ!


俺  「 うおおおおっ! ま マジかああーー! 」


ここで 奇跡 が 起きた のだ!


それは 俺 が 自分 の エゴ よりも

愛 と 調和 の 選択 に 納得 した

まさに その とき の 出来事 だった


ミラクル が 起きた のである


俺 を 同乗 させてくれる この つれ は 


じつは この日 夜 に 予定 が あったのだが

その 予定 が たまたま なくなった とのことで


それで きゅうきょ 野球 に 参加 できる 

ことに なった との こと だった!


こうして 俺 は たのしみ に していた

この ナイター野球 に 参加 すること が 

できた わけ である


その とき の 記事 は ↓ こちら

「 K 」 Diary ないたー #096


そして 俺 は この 友人たち に


俺 「 いやあ ホント は 俺 すっげー

    参加 したかったんよ マジ ありがとな! 」


と お礼 を 伝えた


そして 


この 一連 の 出来事 から 俺 は


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と いう 守護霊 の やつ の 言葉 は 

「 霊的真実 」 だと しっかり と 理解 した


まさに この 言葉 どおり の こと が

実際 に 俺 の 身 に 起こった のである


俺 が エゴ ではなく 愛 と 調和 の

選択 をして 行動 を したら


☆『 偶然 が 重なり 小さな 奇跡 が 起きて

   野球 への 参加 が 与えられた わけである 』


これは 本当 に 大切 な 学び を

させて もらった な と こころ から 感じた、、、


今後 の 人生 でも

これは 大切 に していこう と おもった


と こんな 出来事 が あった わけである


いかが だっただろうか?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他 の 人 との 気持ち や 状況 が

自分 の ねがい と 一致 しない とき  


エゴ では なく 愛 と 調和 の 

もと に 行動 を 選択 して 


相手 を 思いやり その 結果 

自分 の ねがい を あきらめ たとしても


『 与えられる べきで ない もの は

  与えられない が 

  もし それが 与えられる べき もの

  で あれば どうであれ かならず 与えられる 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは もちろん 


ただ 単に 退けば イイ とか

自分 の こころ から の 逃げ で 退く 

という のとは ちがい


あくまで 愛 と 調和 に よる 

判断 の 結果 として の あきらめである

ここ を しっかり ごちゅうい していただきたい


これは 今回 の 件 に 限らず

恋愛 など にも 当てはまる ケース が 多い


あと 以前 の 記事 にも 書いた が


人生 の 課題 には いろいろ な

ケース が あるので


実相!陰&陽の視点が人生に役立つ! #440


人生 の 課題 には 

押して 開く 扉 と 引いて 開く 扉 が ある


ご自身 の ケース が これ に

当てはまるか どうか しっかり 吟味 した 上で

ご活用 いただきたい


めやす としては


自分 が エゴ で 押そう と

してしまっている とき には 


この 霊的真実 を 思い出して いただきたい


そして その とき には 思いやり の 心 から

勇気 を だして 退いて みて いただきたい

その 課題 を クリア したら 


小さな 奇跡 が 起きたり


それ が もしも 与えらる べき もの 

であれば 与えられたり 


そうでない 場合 は 与えられない わけだが


もしくは それに 相当 する 別 の もの が

与えられ たり する ケース も ある


そして その先 には 必ず 新しい 自分 が いる

と いうことも 知っておいて いただきたい


と いった 感じ である



それでは みなさん きょう も たのしく 

おれと 共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-10-13 08:01 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/23556565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-10-13 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あい at 2014-10-13 10:22 x
おはようございます!
前回に引き続きブログ楽しみにしています。とてもわかりやすく勉強になります。
つい、自分のエゴ中心に選択をしがちですが、愛と調和の選択ができるように頑張りたいと思いました^ ^
ありがとうございます♪
Commented by マヤ at 2014-10-13 13:14 x
Kさん

今回もタイムリーなエピソードをありがとうございます(^-^)

仕事でも恋愛でも、ちょうどもどかしい状況にいたのですが、「与えられるべきものは与えられる」と思ったら気持ちがふっと楽になりました。

愛と調和ですね!

鼻歌を歌いながら前進したいと思います♪
Commented at 2014-10-13 13:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-13 14:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぴぃち at 2014-10-13 15:38 x
今回もありがとうございます!!
毎日いっぱいいっぱいで、とても愛とか調和的な意識とはかけ離れてしまうばかりで…

何だかハッとさせられました!
読み返しま~す(*^O^*)/Thanks☆
Commented at 2014-10-13 16:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 永富予受子 at 2014-10-13 16:48 x
こんにちは。

シンクロニティまたありましたので、ご報告します。

7月末に、某店で何気にPCの周り片付けないかんねぇと収納BOXを買って片付けてたら、2回落雷と停電おきてPCが壊れてしまいまして。
7年位前のPCなので、買い換えたいけどお金ないなぁって思ってた時期だったから、保険が使えるように片付けしようって言われたんだろうなと。
で、保険も全額出て買いなおしました。

もう一つ。
PCを買う時に、10年ものの空気清浄機のフィルターもあるなら買おうと店で聞いてみたら、10年前のだから在庫ないかもと言われながらも探してもらったら、一つだけ残ってまして。でも倉庫に入ってたら何処にあるか見当がつかないと言われてしまいまして、取り敢えず店頭の棚を探したらあったんですよ。
店員さんも私も驚きましたぁ。
因みに、一週間程経ってますが、まだ替えておりません…。
いい加減替えないかん。
Commented by yohko at 2014-10-13 17:02 x
こんにちは! いつも読んでます。久しぶりにコメントさせてもらいます!ここしばらくずっと ちょっとしたことを含めて 決断というものをすることが多くて、Kさんの言葉を読んで さらに自分に落とし込めたような感じです。そんなタイミングでした。かっこよく味わいのある決断ができる大人になりたいです! 前進しますっ!
Commented at 2014-10-13 19:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-13 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-15 17:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆり at 2014-10-16 00:17 x
この記事を読んだ事が私にとってシンクロでした。
執着を手放す事、自分でこれが執着だと気付かないと出来ないですね…
Commented at 2014-10-16 17:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-16 19:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-10-18 21:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by イモリ at 2014-10-18 22:04 x
こんにちワンワン!いつもお世話になります!ありがとうございます♪
Commented at 2014-10-20 19:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2014-10-26 06:48 x
Re:コメント返信

Re:はるか
おっ!たしかに後味とかでわかるよな!
共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:あい
おおおっ!マジよかったぜ!
こちらこそセンキュな!
ベイベ!

Re:マヤ
愛と調和大切だよな!
共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:織り姫
おおおっ!笑顔って大切だよな!
言葉以上に伝わることがあるよな!
ベイベ!

Re:マリエル
#443なんかは読んだなかな?
まだであったらぜひだぜ!
ベイベ!

Re:ぴぃち
おおおっ!こちらこそセンキュ!
共に前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:hiromi
判らない場合はヒントくれっていうと
夢で追加情報が届くケースがあるぜ!
ベイベ!

Re:永富予受子
フィルター象徴的だなそこから
メッセージを解読するとイイかも!
ベイベ!

Re:yohko
おおおっ!素晴らしいぜ!
共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:かなこ
少しそんな気がしてたぜ!
カレーは見事にシンクロしたよな!
ベイベ!

Commented by 「 K 」 at 2014-10-26 06:48 x
Re:コメント返信

Re:香織
おおおっ!その感じイイねえ!
愛と笑いつーのもイイ感じだぜ!
ベイベ!

Re:hana
そうそうまさにその感じ!
こちらこそセンキュだぜ!
ベイベ!

Re:きりん
そうだったのかセンキュ!
おおおっ!おめでとう!俺もうれしいぜ!
ベイベ!

Re:ゆり
そうだよなまず気づくことだよな!
手放すとエネルギーがかるくなるよな!
ベイベ!

Re:はるか
おおおっ!そうだったか!
マジうれしいぜ!よかったぜ!
ベイベ!

Re:ゆりあ
おおおっ!それかああ!
まだだが情報がきたらまた書くぜ!
ベイベ!

Re:ゆ
俺んとこの連中の方向性ってのは
愛と調和に向かおうぜとだけだな!
ベイベ!

Re:ka-ko
おおおっ!そうそれ!myグローブ!
さらにヒントを訊いてみるとイイかも!
ベイベ!

Re:ka-ko
りょうかい!
そうかなと思っていたぜ!
ベイベ!

Re:イモリ
おおっ!センキュ!
こちらこそよろしくにゃーにゃー!
ベイベ!

Re:みほ
おおおっ!そんなケースもあるんか!
ちょっとおもしろいよな!
ベイベ!
<< 驚愕!え?な相手がじつは天の味... 驚愕!俺の本が1章ほとんど読め... >>