「ほっ」と。キャンペーン

驚愕!シンクロまさかのタイミングで出現! #465

みなさん こんちには!


前々回 の 記事 で

『 生き物型 シンクロ 』 という


生き物 が 協力 してくれる

シンクロ二シティ 意味のある 偶然の一致 

に 関して 書いた のだが

真相!生き物型シンクロと霊的覚醒! #463


予想以上 に 反響 が あった


多くの 読者 の 方々 も 『 生き物 』 と

シンクロ したり なんらか の 繋がり を

感じている のである


これは 今後 の 地球 に とって 

かなり 素晴らしい こと だなと


地球 と 生き物 たち と 人間 は 共に

進化 成長 している 大切 な 仲間 であり

みな 繋がっている のである


この ことは 一般的 には 

『 ガイア理論 』 と 言われている


地球 と 生物 は 相互 に 関係 しあい

環境 を つくっている ことから


地球 と すべて の 生物 は 1つ の

「 巨大な生命体 」 である という 考え方


これを 『 ガイア理論 』 と いう


この先 もし 地球 が 存続 していくには

こういった 観点 を もとに 俺たち は


愛 と 調和 で 生き物たち や 植物たち 

守護霊 妖精 女神 異星人 たち と 協力して 


「 永続可能 な 社会 」 を 形成 して

地球 で 進化 していく ことが 大切 となる


なので これからも ぜひ

『 生き物型 シンクロ 』 にも

注目 してみて いただきたい


と いうわけで 今回 は 実践編 として


その 『 生き物型 シンクロ 』 で

俺 の 実体験 の なかの 1つ を 書こう


これは 結構 おもしろい シンクロ だった

しかも かなり たすけられた 話 である!


では はじめよう


以前 こんな ことが あった、、、


これは 俺 が 東京 に いた 頃 の 話 で

俺 は とある 親友 の お祝い の ために


名古屋時代 の バンド の メンバー と

お祝い会 で 演奏 を することに なっていた


東京 に 住んでいる 俺 と 

名古屋 に 住んでいる メンバー たち とで

演奏 の 準備 を するの は 大変 だった


俺 が 作曲 や 編曲 を して

その 楽譜 や 音源 を 名古屋 に 送り


名古屋 の メンバー たち だけで

スタジオ に 入り その 曲 を 練習 する


そして 俺 は お祝い会 前日 の 夜 に

1回 だけ メンバー と スタジオ に 入り

音 あわせ を して 演奏 を 完成 させる


そして 翌日 には 本番 を 向かえる

と いう 計画 で あった


打ち合わせ は すべて 電話 か メール


しかし 


楽譜 や 音源 など に 関して は

ちょっとした 事情 が あり 


『 郵送 』 していた


で そんな 状況 の なか


とある 出来事 が 起こった!


それは メンバー の 1人 である 友人A と 

東京 ~ 名古屋 で 電話 打ち合わせ の とき 


俺 も 友人A も お互い に 楽譜 を 

速達 で 郵送 しようという 話 に なった


しかし すでに 夜 で 郵便局 は 閉まって いた


『 速達 』 で 郵送 する には

あとは 遠く の 中央郵便局 まで 行くしかない

と 思われた


仕方がない ので 俺 は めんどう だが

往復 1時間 の 中央局 まで 歩くか、、、


と 決めた


ところが なんと 

一方 その メンバー である 友人A は


友人A 「 もう 今日 は 行きたくない 」


と 言い だした!!


俺 「 え? なんて? マジか おまえ! 」


これには マジ で 驚いた 


俺 の ブツ よりも やつ の ブツ が

送られて こない と マズイ ことを 

やつ も しっている のに 

行きたくない と 言い出した のだ!


本来 友人A は そういう やつ ではない

思いやり が あり 真剣 な やつ である


なんせ やつ は 俺 の 親友 でも あり 

この ↓ 記事 で 紹介 した 友人A なのだ

真相!愛と調和の祈りの正体は「光」である! #444


実際 こんな ことを 言った のは 

後 にも 先 にも これ 1回 きり である


なので なんか 特別 な 理由 でも

あるの かな? と 俺 は おもった 


俺   「 どうした なんか あるんか? 」


友人A 「 今日 は 行きたくない だけだ 」


俺   「 は? 」


これは アカン やる気 ねーのか?

と いう 態度 である


そもそも 俺 を 演奏 に さそった のは

やつら で ある 


遠く はなれた 東京 から 

おしみなく 協力 していた 俺 だった だけに


これには さすがに カッチーン! と きた!


俺  「 俺 は 徒歩 1時間 だぜ

     つーか おまえ は 車 あるんだろ 」


友人A 「 でも 今日 は 出たくない 」


俺  「 俺 は イイ加減 な 演奏 だったら

     絶対 に やりたか ねーぞ! ゴラアァァ! 」


つーか もう 本番 当日 まで ギリギリ で

日数 も せまっていた ので これは マズイ


そんな こと やつ も 判っている はず

なのに これは ねーだろ と


ぶっちゃけ 演奏 の 準備 も 足らなく なる

ほかの メンバーたち にも めいわく が かかる


そしたら 演奏 にも ひびいて しまう


これは アカン ここ は リーダー としても

なんとか せな あかん 場面 だった のと


もう めんどくせー と なった 俺 は


俺  「 いいから 行け! ぜってー 行け! 

     なにが あっても 行け!      」


と あっりたけの 本気(マジ)モード で  

押しきり 了承 させた ははは 


そして 電話 を 終えた


そして 早速 郵送 の 準備 を して


1時間 も かけて 中央局 まで 

歩こう と 部屋 を でた


俺  「 しっかし 何だ あの 態度 は

     やつ は なに を 考えて やがる! 」


これから 友人A の ため に

夜道 を 1時間 も 歩く のか と 思うと 


その 当時 の 俺 は 

さほど 霊的覚醒 も してなかった ので


どうして この 出来事 が 起こったのか

見極める こと も しなかった ので


フツー に いかって いた ので

なかなか いかり も 収まら なかった


で 俺 は 夜道 を ひとり で 

ハラ を 立て ながら 歩いていた


すると


そこで


なんと!


そうである もう お解り だろう!

期待 どおり の 展開 である!


前々回 の 記事 の ↓ これ!


b0225081_23301867.jpg








俺  「 むっ! この 感覚! 」


『 やつ 』 だ! 

例 の 『 やつ 』 が 現れた のだ!


( 『 やつ 』 ↑ に 関して は 記事#463 を  )


そこには くらい 夜道 に 地面 に 

なにやら うごく 物体 が いたのだ!


まぎれもなく 『 やつ 』 で ある!


俺  「 うおおおおっ! なぬーっ! ちょと まて!

     落ち着け! 落ち着け! まてよ! まて! 

     飛ぶ とか そーゆーの いらない から! 」


やつ 「 、、、、 」


なんと! 


俺 が ひとり で ハラ を 立てて 

歩いている まさに その とき


この 見事 な タイミング で

俺 の 守護霊たち は やつ に 出動 を 

依頼 して いた のだった!


俺  「 あ! これは アカン パターン だ!

     俺 の なにか を 改善 しないと

     やつ が 離陸 してしまうぞ、、、  」


そうである やつ が 現れる とき は


☆ 『 しっかり 自分 の 心 と 向き合い

    必ず 自分 の どこかを 修正 しろ  』


と いう 意味 の シンクロ なので ある!


しかも 俺 の 守護霊 は 容赦 ねーから

さっさと 云うこと きかん と ヤバイ、、、


ここで かりに 『 やつ 』 や 

自分 の 心 から にげて も


守護霊 の やろー は 必ず

第2 第3 の 『 やつ 』 を 送ってくる、、、


と いうこと を 俺 は すでに

今まで の 経験 から 知っていた


なので ここで 立ち止まって 

自分 の こころ と 向き合って

自分 を 速攻 で 改善 すること に した


まず 気持ち を 落ちつかせて

イカン イカン と いかり を 静めた


『 やつ 』 と やりあう くらいなら 

俺 は いくらでも 善人 に なれるぜ! フッ、、、


そして こころ に 穏やかさ が 戻り

周波数 が 整い 守護霊 の 声 が

聴きとり やすい 状態 に なった


すると


あたまの 中に 言葉 フッ と 浮かんだ


なんと!


『 速達郵便 なら コンビニ で 速達料金分 の 

  切手 買って 近くの ポスト から だせるよ! 』


と これが 守護霊 から の 声 であった!


俺 「 おおおおっ! そうだった! マジか!

    いかり で すっかり 忘れていた! 」


俺 「 なんだ おまえ ( 守護霊 ) は 

    本当 は イイ やつ だったのか! 」


( もちろん ↑ じょーだん で 言っている ははは )


そうである 俺 は いかり に まかせて

わざわざ 1時間 も かけて 歩こうと していた


それを 守護霊 が 「 やつ 」 を

派遣 して とめて くれたのだ!


しかも 


いかり の 周波数 で 冷静さ に かけて

速達郵便 が 近く の ポスト から 出せる

こと に すら 気づけ なかった 俺 に

それを 気づかせて くれた のだった


そして 守護霊 は こう 教えてくれた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 このように いかり の 周波数 に なると

    心 も 目 も くもらせ 冷静な 判断 を 

    うしない 天 の 流れ から とおざかる

    そして やらなくても いい こと を したり 

    人生 の 展開 が スムース で なくなる  』


☆ 『 周波数 が 整い こころ が 愛 と 調和 だと

    人生 の 流れ が スムース に なって いく 』 


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と この 体験 を 通して 

俺 に 身をもって 教えてくれた わけである


なるほどな、、、 

こういう メカニズム に なっているのか


だから 人生 には よろしくない 

こと も 起こる わけか、、、 


しかし その 一方 では


人生 の 展開 が おどろく ほど

スムース に 流れる こと も ある


この 2つ の ちがい は 何か と 言うと


結局 は 自分 が 出している 

周波数 に よる わけなのである


ちなみに これは

いかり の 周波数 だけでは なく


ふあん おそれ サボる たいだ 執着

そして エゴ など の 周波数 の とき 


あと 不慣れ な ことを する 場合 や

トラウマ が ある 場合 なども 

人生 の 展開 が スムース で なくなる 

場合 も ある


と いった 感じ である


守護霊 に より 派遣 された 

『 やつ 』 が 現れて くれた こと で


俺 は 自分 を 省みて

周波数 を 整える こと が できた


そして 守護霊 から の アドバイス に より


わざわざ 1時間 歩いて 中央局 へ

いかず に スムース に 用事 を 済ませた


と いった わけである


しっかし 


この シンクロ ちょっと スゴく ね?

フツー 『 やつ 』 が 道路 歩いて いるか?


で 俺 が ハラ 立てて いる 最中 に

こんな まさか の タイミング で 現れるか?


しかも また 暗い 夜道 の なか 

フツー わざわざ それ 見つけるか?


これは 一体 どれだけ の 確率 だろうか


しかし この 奇跡的 偶然 の 連続


これこそが 守護霊たち が 起こす

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 

なので ある


しかし ながら またもや 俺 は

「 やつ 」 に たすけられた わけである


今回 の この 


☆ 『 自分自身 の 発する 周波数 と

    人生 の 展開 の スムース さ 』


は とても 大切 な こと なので

是非 知っておいて ください


あと もう ひとつ 解説 しておくと

もう お解り の 方 も いるかと 思うが


友人A は いつも 真剣 な やつ であり

この 時 は 俺 に この シンクロ を

体験 させる ために 


「 きらわれ役 」 を

かって でてくれた わけである

衝撃!出来事をクリアした先に新たな道が! #438


この ↑ 記事 の ように


これは 寝ている間 の 「 霊的会議 」 で

俺 友人A それぞれ の 守護霊たち と

話し合い 決めた こと であり


友人A が 俺 を おこらせた のは


『 シナリオ どおり の 出来事 』


だった わけである


当時 は まだ この 霊的構造 を

しっかり 理解 していなかた ので


俺 も フツー に ハラ を 立てていた が


この 霊的会議 と 出来事 の 

関係 が 観えて くると


なにか ハプニング が 起きても


「 あ! これは シンクロ だな

  ここから 何を 学べば イイ のかな? 」


と いう 観点 に なるので

まったく ハラ も 立たなくなる 


そして 実際 に その 出来事 と

しっかり 向き合い 自分 を 改善 すると

大切 な 学び を 得て 成長 できる


だから


「 きらわれ役 」 を して その 出来事 を 

起こしてくれた 相手 や 「 やつ 」 に までも 


自然 と 感謝 の 気持ち が 持てる のである


そして 周波数 も 安定 して

穏やか に 生活 が できる わけである


このように 霊的視点 で 出来事 を 観て 

霊的思考 を することで 


人生 に 起こる 出来事 や 景色 が

まったく ちがって 見えてくる のである


この 周波数 状態 が 「 霊的覚醒 」 である


おすすめ である


いかがだった だろうか



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-08-03 22:43 | シンクロ二シティー・偶然の一致 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/23085753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-08-03 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-08-04 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miho at 2014-08-04 21:48 x
Kさんのブログを見始めてから一年、今は海外に住みながら読ませて頂いてます。日本以上に色んな人や出来事に出会い、くぅ!!と思う事もありますが、Kさんから色々学んだおかげで、何でー⁈と思う事にもちゃんと意味があるんだと、また思い直し心を穏やかにする事が出来ます。2度目の海外移住ですが、前回と確実に違った気持ちで暮らせているのを実感しています。Kさんは人生や心の講師です!ありがとうございます(^.^) 今は守護霊様と仲良く日々を過ごしています♪♪
Commented at 2014-08-05 01:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-08-07 09:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by イモリ at 2014-08-08 08:57 x
『K』さん、こんにチワワ!いつもありがとうございます!自分も最近、小さな虫も大切にしなくてはイケないなとおもいながら蝶々やヤモリ、植物などにも気を配るようにしています。すべての生き物と繋がっている…『ガイア理論』と言うんですね!なんかカックイイですね♪そんな言葉が発明されていたとは、なんか素晴らしい限りです。(笑)(*^^*)いつかみんなにそんな考え方が広まって住み良い地球になると良ですね。『K』さん、これからもいろいろ教えて下さい♪
Commented by at 2014-08-09 21:12 x
Kさん!!ありがとう!
あたし今さっきまで
どうして?なんで?わかんない!!
って、イライラして腹がたっり泣きたくなったりしてたんです
それで久しぶりにKさんのブログ読んで
はっ!!となりました
「 きらわれ役 」をしてくれていたんだ!
ほんとに出来事や景色がまったくちがって見えてくるんですね
その人やその人の守護霊にありがとうって思って数分したら
その人からメールがきたんです

霊的思考って大事ですね

mihoさんの言葉をかりますが
Kさんは人生や心の講師です!ありがとうございます
(^∇^)
Commented by 「 K 」 at 2014-08-10 12:57 x
Re:コメント返信

Re:はるか
はんせいってとても素晴らしいことだよな!
そこから次への周波数の選択がはじるんだぜ!
共に前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:たまご
そう!その観分け方でどういう存在か判るぜ!
おおおっ!よかったな!なかなかステキな
語呂合わせシンクロだな!
ベイベ!

Re:miho
おおおっ!知らせてくれてマジセンキュな!
守護霊と共にすごす感覚ってかなり大切だよな!
こちらこそセンキュ!
ベイベ!

Re:織り姫
おおおっ!気づいてくれたかうれしいぜ!
トンボや蝶のそれってかなりステキだな
ステキな周波数がでているってことだな!
ベイベ!

Re:はるか
おおおっ!なかなかイイ体験ができたようだな!
やつらはいつも共にいてくれるんだぜ!
こちらこそヨロシクだぜ!
ベイベ!

Re:イモリ
小さい生き物大切にするって素晴らしいことだよな!
よりよい地球にむけて共に前進していこうぜ!
こちらこそセンキュ!
ベイベ!

Re:海
おおおっ!これもまた素晴らしぜ!
そう霊的構造はホントにそのとおりなんだよな!
マジで知らせてくれてセンキュな!
ベイベ!
<< 衝撃!UFOクラウドとシンクロ... 衝撃!かもめのジョナサンに続き... >>