衝撃!無意識のコントロールからの対処法! #450

みなんさん こんちには


今回 は 霊的覚醒 や 

シンクロ二シティ 意味のある偶然の一致 

の 解釈 そして 心理分析 にも

役立つ ベース となる 話 をしよう


人 の こころ の メカニズム を

知っておくと 何かと かなり 役立つ


『 心理的 な 自己防衛 』 に 関して


今回 は これを 解説 しよう


では はじめよう



自分 の こころ や 現実 と 向き合う

これは とても 大切 な ことである


普通 で あれば

しっかり と 向き合う ことで

いろいろ な ことが みえてくる


しかし


それが なかなか むつかしい 

場合 が ある


それは 


自分 が みたくない と

心理的 に にげいている とき


この とき には 自分 の こころ や 現実 が

なかなか みえてこない、、、


それ どころか おどろくべき ことが 

起こる 場合 が ある


どういう こと が 起こる かと 言うと


こころ や 現実 と 向き合う と

しょっく を 受ける こともある


そんな ときには 自己防衛 が はたらく 


すると 


たとえば 明らかに 正しい ことを

ぜんぜん うけいれられ なく なったり


無意識 に 問題 から 目 を そむける 

ため の 行動 に でたりする


これは 俺 も 体験 したことがあるが

かなり おどろいた


これは 俺 が 霊的覚醒 を

する 以前 の 話 だが


俺 にも どうしても 向き合いたくない

現実 と いうものが かつては あった


何と 向き合い たくないのか? は

人 に よって さまざま だが


自分 の 理想 と 著しく ちがう

現実 で あったり


自分 が 一番 大切 な ものが

うまくいかない とき に 起こりやすい


俺 に とって は 「 歌 」 だった


当時 も 俺 は ボーカリスト だったのだが

歌 が さほど うまく なかった


ステージング といって 盛り上げたり

楽しませる ことは 上手かった ので

それなりに ボーカル として 成立 してはいたが


肝心 の 歌 が よろしくない こと を

自分 では かなり 気にしていた


B'z の コピーバンド だったので

高音域 の 声 が でてなかった のだ


それが とても つらかった のだが

人前 や 表には 一切 だしてなかった


つまり こころ に 押し込めていた わけである


じつは 俺 は 音楽 に 関する こと だと

かなり 気にする 


これは 音楽 が ものすごく すき だから 

つらくもなるし 気にもする わけである


で やはり ボーカル は 歌 が 大切

このまま では いけない と 思い


やはり 現実 を 

しっかり 受け止める ことにした


そこで 歌 を 録音 して

じっくり 聴いてみる ことにした


音源 を 再生 する カチャッ!


Aメロ Bメロ は まあ ふつー に 歌えている


さて 問題 の 高音 の サビ の

ところ に さしかかった、、、


すると なんと!


俺 「 明日 の 夜 なに 食べようかな? 」


と ふと あたま に 浮かんで しまった

このまえ は アレ は 食べたし、、、 と


おかげで せっかく 音源 を 聴いて いたのだが

大切 な サビ を 聴き 逃してしまった!


俺 「 しまった! アカン な 集中しないと! 」


なんで こんな あほ な ことが 

あたま に 浮かんだのだろう いかん いかん


と 思いながら もう一度 巻き戻して

サビ の 高音 パート を 聴こう とした


今度 は 真剣 に 音源 に 集中 した


しかし 今度 は なんと!


俺 「 あ! メンバー に 楽譜 渡したっけ? 」


みたいな ことを きゅう に 思い出してしまった

楽譜 が ないと 練習 しづらい これは マズイ


ところが またまた

肝心 な サビ を 聴き のがしてしまった のだ!


俺  「 いかん いかん 巻き戻し 巻き戻し 」


2度 も 同じ しっぱい するとは

われながら あほ だな と 思いながら


そして 再び 気をとりなおして 巻き戻し

今度 こそは! と 身構えて 

音源 に 耳 を すました


すると 今度 は、、、


俺  「 あ! いけね CD も 渡さなきゃ 」


みたいな ことが あたま に 浮かんだ

もちろん またまた サビ を 聴き のがした


俺 「 、、、 、、、 、、、 」


あ 俺 ちょっと ヤバイ おかしい ぞ と

ここで やっと 俺 は 気づいた


自分 が 現実 と 向き合いたくない から

なんと!


『 無意識 に あやつられてしまっていた 』


のだ


ホント に 聴こう 聴こう と 

集中 しても なぜか 全然 聴こえない のだ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これが 『 心理的 な 自己防衛 』 である


現実 を 観て しょっく を うけないように

自分 を 問題 から 逸らそう と するのだ


しかし これは 問題 の 解決 から

遠ざける 行為 でも ある


これは なんとか しないと 先へ は 進めない


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これは かなり ヤバイ 


正直 この とき の 体験 は 

衝撃的 で あった


俺  「 ああ、、、 人間 って こういう 

     こと が 起こる の だな、、、 」


と 驚きながらも この 出来事 は  

しっかり と 覚えておこう と 思った


『 無意識 に あやつられる 』


この 対処法 の 構造 は

じつは とても シンプル である!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これから 解説 する この 対処法 の 構造 は 

『 ものすごく 大切 』

なので ぜひ 覚えて おいていただきたい

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


自分 の 行動 や 感情 が


『 無意識 に あやつられる 』


と いう 状態 とは 


主導権 が 自分 では なく 

「 無意識 」 に ある 状態 である


だから あやつられて しまう


あやつられるのが いや なら

主導権 を 自分 に 取り戻せば いい


『 「 無意識 」 に あやつられる 状態 』 


を 言い換えると、、、


自分 の している 行動 は

「 無意識 」 が させている ので あって

自分 が している のではない 


と 言っている のと 同じ ことである


つまり 


「 それを させているのは 「 無意識 」 であり

  自分 には なんの 責任 も 原因 もない

  全て の 責任 と 原因 は 「 無意識 」 に ある 」


と 自分 が 言っている わけである


だから 当然 「 無意識 」 に 主導権 を 

うばわれ てしまう わけである


その 結果 自分 の 行動 や 感情 が

『 「 無意識 」 に あやつられる 』


では どうしたら 自分 に 主導権 を

とりもどせるのか?


簡単 である 


先ほど の セリフ の 「 無意識 」 と 自分 を

入れ替える だけ の ことである


「 それを させているのは 自分自身 であり

 「 無意識 」 には なんの 責任 も 原因 もない

  すべて の 責任 と 原因 は 自分 に ある   」


こう 認識 すれば とうぜん 

主導権 は 自分 に 戻ってくる わけである


こうすれば 

「 無意識 」 に 自分 の 行動 や 感情 を 

コントロール されることも なく


『 自分 で 自分 を コントロール できる 』 


ように なる わけである


どうだろうか


つまり 「 無意識 」 の せい に してしまうと

主導権 を 失い あやつられた ままだが


自分 の せい に 出来れば

主導権 を 手にして 自分 を コントロール できる


と いった わけである


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

じつは ↑ この 文章 にはね ちょっとした 

仕掛け を 仕組んで おいてある 


文章中 の 「 無意識 」 って 言葉 を


「 相手 」 とか 「 あくりょう 」


と 入れ替えて 読んで みても 

意味 が 通る ように なっている


各自 自分 の ケース に 合わせて

入れ替えて 読んで みて いただきたい


たとえば いかり が コントロール できない 

とき は 「 相手 」 と 入れ替える 


ちなみに じつは あくりょう は 存在 しない

奥 の 奥 まで ちゃんと 霊視 すると

すべて の 本質 は 光 である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして その後 


俺 は この 無意識 に あやつられている 

状態 を 自力 で なんとか しようとした


まず は ↑ で 解説 したように


無意識 の せい に せずに


「 これは 自分 が にげている から こうなる!

  原因 も 責任 も 自分 に ある!

  俺 が にげなければ イイ だけの こと!  」


と 認識 する 

これで 主導権 は 俺 の もの となる


次は 基本的 に 意思 の 力 を 使う 


『 自分 の 意思 を はっきり させる 』


つまり 自分 は 自分 の 歌 の ダメ な ところ を 

聴きたい のか? 聴きたくない のか?


「 俺 は 聴きたい! 」


と はっきり させる 


そしたら 次は 


自分 の 意思 を 達成 すべき 

行動 を とる 


つまり ここからは 


新たに 意思 を 決めた 自分 と 

かつて の にげたがる 自分 との 勝負 となる


まず は 

試合直前 の 柔道選手 の ように


自分 の かお を パンパン と たたいて

気合い を 入れ


俺  「 おのれ~~っ! くっそ~~! 

     俺 は 絶対 に 聴く のだ~~!! 」


と 強烈 に 意思 を 発揮 して

スピーカー に かじりつく かの ごとく

耳 を そばだてた


ところが これが マジ で 

信じられない 話 なの だが


それでも なんと!

まだ よく 聴こえなかった のだ


どうやら まだ 俺 は にげていた らしい


心理的 な 抵抗 が ここまで

俺 に ここまで 影響 を 与えてくる とは、、、 

と 驚きながら も


だんだん ハラ が 立ってきた

主導権 は おれ だ


俺 「 くっそお~~ おのれ~~~

    無意識 ごとき が! この 俺 を

    あやつろう だとお~~! 

    目 に もの みせてやる~~~!   」


と なんのこっちゃ と いう感じだが

さらに 気合い を 入れて のぞんだ!


すると ようやく ちょっと 聴こえてきた

しかし まだまだ これでは あまい


なんか 自分 の よわい こころ に

思いっきり まけている みたいで


マックス に ハラ が 立ってきた


俺 「 くっそ~~ なろ~~~! 

    俺 は ぜって~ まけね~~ぞっ!

    北斗神拳 を あなどるなよ~~!  」


(もはや 意味不明 ↑ ) 


と さらに 気合い を 入れて 


巻き戻して は 聴き 巻き戻して は 聴き

これを 気合い を 入れ 何度も 何度も 

そして 何度も 何度も 何度も 


さらに 何度も 何度も 何度も くりかえした


b0225081_12385424.jpg











その結果 ようやく 

サビ の 自分 の ダメ な 部分 が 

しっかりと 聴こえる ように なった!


こうして 俺 は 脆弱 な 

自分 の こころ に 打ち克った のであった


ここから 俺 の

『 新しい 音楽人生 が はじまった 』


この 出来事 以来 


しっかり と 自分 の 出している 音 と 

向き合える ように なったのである


ホント に この 出来事 の おかげ である


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


☆ 『 問題 と しっかり 向き合う ことで 

    必ず 解決策 や ヒント が みえてくる  』


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この 経験 から 心理 作用 の 構造

も 解り その後 も とても 役立った


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

自分 の こころ と 向き合う とき、、、


☆ 「 自分 の 心 が にげている ことに 関して は
   
    無意識 に 向き合うのを さける 行動 を してしまう 」


☆ 「 自分 の 心 が にげている ことに 関しては

    自分 は ちゃんと 向き合っている つもり でも

    じつは ちゃんと 向き合えて ない かも 知れない 」


☆ 「 自分 の にげる こころ に 打ち克つ には

    つよい 気持ち で くりかえす こと が 大切 」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


と これを 知っておく ことが 大切 である


つまり 何か 直面している 問題 を

解決しようと 自分 と 向き合う 場合


自分 では しっかり 向き合っている ようでも

じつは しっかり 向き合えて ない 場合 が ある


そんな ときは つよい 意思 を もって


「 ゴラアァ! ちゃんと 向き合え!! 」


と 自分 に 何度 も 何度 も 

喝 を 入れる ことが 大切 であり


そうする ことで ようやく 

しっかり 向き合えて 解決 へと 繋がる

そんな ケース も ある わけである


もしも 自分 が 向き合っている のに

なかなか ヒント が 見えてこない 場合 は


これと 同じ 状態 に おちいっていないか?

と 確認 してみて いただきたい


それで 


「 ああ なんか にげてる、、、っぽいな 自分 」


と 感じた とき には


にげる 自分 の こころ に 喝 を 入れ

何度 も 何度 も 向き合って みてください
 

こんな 感じで ↓ やってみてください


b0225081_22403042.jpg




















と こうして にげる 心 に 打ち克って ください

北斗神拳 伝承者 として、、、 (←って おい!)


すると かならず その先 には

解決策 や ヒント が 見えてきます


ときには こういった ケース も 

ある ということを 知っておくと


なにかと 役に立つ かと 思います


是非 おためしください



また


この 『 心理的 な 自己防衛 』 は

は 今後 シンクロ 解読 などでも 

でてきます ので 

ぜひ 知っておいて ください 



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2014-04-18 04:42 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/22464394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-04-18 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-19 01:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-19 08:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あかねこ at 2014-04-20 00:34 x
まさにこの記事が、僕にとってシンクロでした。
求めていた答えであり、かつ、逃げていた事実を突きつけてくれました。
向き合おうとするたびに浮かんでくる別のこと、イメージしようと思うたびに浮かんでくる別のこと、なぜそんなことが起きるのか、ずっと謎でした。
しかし、対処法を教えてもらえたので、今度からは僕も自分に北斗百裂拳を打ち込もうと思います。
Commented at 2014-04-20 16:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-20 18:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-20 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-21 07:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-21 17:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2014-04-22 00:38 x
Re:コメント返信

Re:ちぇり
おおおっ!そうなんかマジでよかったぜ!
ともに前進しようぜ!
ベイベ!

Re:ミー
ということであれば北斗神拳をおすすめするぜ!
これはかなり効くぜ!ともに前進しようぜ!
ベイベ!

Re:ポチ
おおおっ!素晴しい!想いがこもっている!
北斗はマジでイイいろいろ教えられるよな!
おおおっ!センキュ!やっぱうれしいぜ!
ベイベ!

Re:あかねこ
おおおっ!そうなんかマジよかったぜ!
そうそう知っておけば対処できるよな!
ともに炸裂させようぜ!伝承者として!
ベイベ!

Re:きりん
わるいとかではなく解釈の仕方だろうな!
そういうこと俺もあるがやってほしいとは
いわれたことはない知っておいてくれだった!
ベイベ!

Re:子犬
そうそう向く方向っていうかそっちを
向くだけで観えることってあるよな!
俺も結構そのオチってあるぜ!
ベイベ!

Re:きりん
それはちょっと解釈ちがっているかも
#395をそれは周りが受けとれないかも
周りとの調和のバランスを考えてみえても
俺の技術では出来ないのでやらないかな!
ベイベ!
Commented at 2014-04-22 05:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-22 07:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2014-04-22 08:38 x
Re:きりん
まず#392読んでそこのコメ欄へ移動な!
ベイベ!
Commented at 2014-04-22 20:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-24 01:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-25 00:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2014-04-26 09:41 x
Re:コメント返信

Re:杏樺
おおっ!コメセンキュ!
浄霊はまたほかのやり方をしているのだが
いろいろなスタンスがあるよな!
こちらこそよろしくな!
ベイベ!

Re:ゆ
なんかいろいろとおもしろいねえ!
記事を曲とイメージをかさねるとは
なかなかイイ感性しているな!
ベイベ!

Re:rieei
おおっ!コメセンキュだぜ!
すばらしい!前向きにむきあえば
かならず道はみえてくるぜ!
ともに前進しようぜ!
ベイベ!

Re:hiromi
おおおっ!すばらしい!
こちらこそ知らせてくれてセンキュな!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2014-04-26 09:41 x
Re:コメント返信

Re:杏樺
おおっ!コメセンキュ!
浄霊はまたほかのやり方をしているのだが
いろいろなスタンスがあるよな!
こちらこそよろしくな!
ベイベ!

Re:ゆ
なんかいろいろとおもしろいねえ!
記事を曲とイメージをかさねるとは
なかなかイイ感性しているな!
ベイベ!

Re:rieei
おおっ!コメセンキュだぜ!
すばらしい!前向きにむきあえば
かならず道はみえてくるぜ!
ともに前進しようぜ!
ベイベ!

Re:hiromi
おおおっ!すばらしい!
こちらこそ知らせてくれてセンキュな!
ベイベ!
Commented by あい at 2014-10-13 14:37 x
こ、これは!
今の私に当てはまると思います。自分から逃げずに何かの所為にして生きていた為、見えていないところがあるのだと、薄々気づいていたのですが、問題から逃げずに、なおかつ繰り返して、自分に打ち勝つのですね。ありがとうございます!
Commented by たまこ at 2014-10-19 05:44 x
これは素晴らしい。ブログです。もう完全に惚れました。m(__)m
Commented by 「 K 」 at 2014-10-23 01:53 x
Re:コメント返信

Re:あい
おおおっ!素晴らしいぜ!そのとおりだぜ!
共に前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:たまこ
おおおっ!センキュだぜ!
共に前進していこうぜ!
ベイベ!
<< 真相!『とき』を得るとものごと... 2014!「輝ける記念日」 前... >>