実相!表面的な出来事よりもその奥を! #423

みなさん こんちには!

前回 の 記事 では


☆ 『 自分自身 の 霊的 直感能力 を 

     大切 に していきましょう    』 


という 記事 を 書いたが そのとき に 


俺 が 以前 霊的能力 を 持つ じーさん に


自分 の 問題 の こたえ を 

ズバリ たずねて しまった が

それを 俺 の 守護霊 に よって


うまい 感じに 阻止 されてしまった

という こと を 書いた


今回 は そのとき の 様子 を 書こう


これは


『 「 K 」 vs 霊的能力じーさん 事件 』


である それでは はじめよう



以前 俺 は こんな 体験 を した、、、



これは 俺 が 霊的覚醒 を する 

かなり 前 の 話 で


たしか まだ 学生 だった ころ 


俺 は 自分 の 「 使命 」 に 関して 

いろいろ と かなり なやんで いた


それで 俺 の 仲間 の 1人 R氏 と


お互い に いろいろ と 人生 に ついて 

語り合っていた とき の こと


この 仲間 R氏 が 


「 それじゃあ 霊的な力 の ある 有名な

  不思議なじーさん に 会ってみる?   」


と 俺 に 提案 してくれた


この じーさん というのは


R氏 も 以前 R氏 の 友人 の

おかあさん の 紹介 で お世話になった 方 で


なんでも 紹介 でないと 会えない 方 で


R氏 は わざわざ 俺 の ために 


友人 の おかあさん に お願いしてくれて

俺 が じーさん に 会えるように してくれた


そして その当日


R氏 の 友人 の おかあさん と

R氏 と 俺 の 3人 で 

その じーさん の ところへ 向かった


で 目的 の 場所 へ 着くと

じーさん の いる 部屋 に 招かれた


部屋 に 入る と じーさん は 座っていた


そして じーさん は 

俺 の 名前 など 基本情報 を 聴くと


さっそく


「 で 相談 ごと は 何ですか? 」


と きいてくれた


それで 俺 は 当時 なやんでいた

俺 の 「 使命 」 など について 尋ねた


すると じーさん は


霊視 を していたのだろうか

少し 集中 した 感じ で 話し はじめた


「 あなたの ばあい これこれで、、、 」


と いろいろ と 話してくれた


で 俺 は ふむふむ、、、 と 聴いていた


が、、、


しかし


なんだか だんだん 違和感 を 感じ はじめた


つまり その じーさん が

俺自身 が 使命 に 関して 考えていた こと と


「 まったく ぎゃく の こと 」


ばかり 話して きた のであった


俺  「 え? それって 俺 の こと? 

     マジで? 俺 って そうなん? 」


とか 聴いていたが

だんだん じーさん が 

ちょっと ネガティブ な こと を いいだした


俺  「 え? なにそれ? それって

     まったく 夢 も 希望も ろまん も なくね? 」


( 霊視 に ろまん を もとめるな! ってか? )

( いやいや それは 大切 でしょう! ) 


で それを 聴いていて 俺 は 


どうなった のか?


いつも 書いているが 

俺 は あまり できた 感じ の 人 ではない ので

、、、、、、。


結局、、、



「 はら が 立ってきた! 」


で ついには


俺  「 それじゃ 夢 も 希望 なくね? 」


と 反論 しはじめた!


R氏 の 友人 の おかあさん の 手前

最初 は ちょっと えんりょ してたが


あまりに ネガティブ な こと を 言うので


しまいには、、、


「 ( んだごらぁ! くそじじい! 

    てめー に 俺 の 何 が わかるってんだ!) 」


と こんな 気持ち に なっていた、、、


で くそおお! と 思い

いろいろと 反論 してやった!

( だ、、だめだこりゃ、、、 )


もはや 霊視 でも リーディング でも

なくなって いた、、、


てめーで 聴きに 来たくせに 

この ありさま、、、


とんでもない やつ だね 俺 は、、、


で 結局 けんか に なった!


「 K 」  vs 霊的能力 じーさん 勃発! 


そんでもって 一方 じーさん の 方は というと

俺 の 反論 を うけて


じーさん 「 う~~ん! あなたと 話していると

       もう なんだか 解らん くなってきた! 」


とか 言い出した!

( 正直 で いい じーさん で ある! )


で 結局 そんな 感じ で 

そこで ゴング 試合(?) 終了 となった


うしろで 一緒 に 聴いていた

R氏 の 友人 の おかあさん には


ちょっと わるいな こんなんで と 少し おもった 


が、、、


俺 自身 は なにも

まちがった こと は 言ってない 


で その おかさんが 帰り に

送ってくれて お礼 を 伝え


R氏 と 2人 に なった 後も

俺 は まだ はら を 立てて おこっていた


「 んだ ありゃ! じじいめ あれは おかしい! 」


と いった 感じ


で 結局 どうなったのか?


おれ は くっそおおお! と 思い


☆ 『 くっそお! おれ は 誰 が 何と言おうと

    己 の 信じる 道 を 行くぞおおおおお! 』


と 強烈 に 思う 結論 に 達した わけである!


と いった 体験 を したわけだ


さて!


どうよ この 話

どう 思うか?


この じーさん の 霊的能力 は 


『 本物 か どうか? 』


こういった ↑ こと に 関心 の ある方 も

なかには いる かも しれない


「 あの人 は 本物 か どうか? 」


が、、、


しかし!


ここは 明言 して おくが

この じーさん の 霊的能力 が 本物 か どうか?


『 そんなことは どーでも いい 』


そんな ことには まったく 意味 が ない


むしろ そこ に 関心 が 行ってしまうと

『 大切 な ことを 見落として しまう 』


相手 が ほんもの だろうと そうでなかろうと


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 その 体験 から 自分自身 が 何 を 感じ

    何 を 得て どう 成長 できた のか が 大切 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


では その 観点 から 

先ほど の 話 を 解析 してみよう


もう これは じーさん グッジョブ!

じーさん ナイス! と しか 言いようがない


じーさん が 話した 内容 は どうであれ


視点 を かえる と この じーさん は

最終的 には ものすごく 『 強烈 』 に


☆  『 己 の 信じる 道 を ゆく 』


と いう 状態 に 俺 を もっていった わけだ


これは そのとき の 俺 に とって

とても 大切 な こと だった 


もし かりに じーさん が


「 己 の 信じる 道 を ゆきなさい 」


と 言った ところで どうだろうか?


「 はあ、、、そうですか、、、 」


くらに しか おもわなかった だろう


ところが じーさん が 

俺 の 考え と 全く 逆の こと を 言うことで

俺 を おこらせて くれたので


俺 は 『 強烈 』 に 


☆  『 己 の 信じる 道 を ゆく 』


と 言う 気持ち が 俺 の 内面 から

わきあがって きたのだ


これは もう じーさん ナイス!

お見事 と しか 言いようがない!


これは まさに 俺 に ぴったり の 出来事 で

俺 に とって 必要 な ことが 起きていた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 「 じーさん は 俺に 

    必要 な ことだけ 伝えた 」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


わけである 


これを 霊的側面 から 解説 すると


実相!シンクロや人生の『答え』を知りたい場合に! #422

で 書いた のだが


直接 こたえ を 言ってしまうと

その人 本来 の パワー を だすのに

マイナス に なって しまう 場合 が ある


だから 


俺 の 守護霊 と じーさん の 守護霊 が

協力 しあって


俺 を もっとも 適切 に 導く ために

じーさん に あの セリフ を 言わせていた のだ!


つまり 


俺 の 守護霊 は 俺 の 性格 からして

あれくらい 俺 を おこらせた 方が 

効果的 だと 知っている


そこで 守護霊 たち は なんとも


じーさん の 口 を 使って あの様な 言葉 を

じーさん に 「 言わせていた 」 のである!


つまり じーさん は 俺 の ため に


『 ( じーさん自身が )やってる テイ で 

  ( 守護霊たちに ) 言わされていた   』


わけである 


なんとも


じーさん は 守護霊 たち に 頼まれて 

俺 の ため に 「 にくまれ役 」 に なり

そして けんか 相手 に なって下さっていた のだ


だから そこを 解って あげないと 

じーさん が かわいそう である


これが 『 真相 』 である


実は 俺たち の 住む この 世界 は 

こういう 構造 に なっている わけである


あちらの世界 (霊的世界) の 連中 と

共同作業 で 出来事 は 起きている のである


こちらの ↓ 記事 を もう一度 読むと


霊的 『やってるテイで やらされている』 とは! #284


この世界 と あちらの世界 の 

構造 を より 深く 理解 できる


この様 にして


俺 の 守護霊 と じーさん の 守護霊

そして じーさん の おかげで


俺 は とても 大切 な 地点 に

たどり着く ことが 出来た のだ


だから おれ は あの 霊的 じーさん にも

とても 世話になったな、、、と 感じている


じーさん マジ センキュ! 


一見 表面的 には 霊的能力 の じーさん に

でたらめ 言われた ように 観える が


それは ちがって


その 奥 には 守護霊 たち や

天 の はからい が あり


じーさん は 俺 の ために 

必要 な 出来事 を 起こしてくれて いたわけである


なんとも ありがたい ことである


まあ 当時 は 霊的覚醒 していなかったので


そういう 表面的 な 出来事 の 奥 に ある 

天の采配 を 感じる ことが できなかったので


俺 は はら を 立てて しまったが


こういう 構造 を 知っておくと

多少 カチン と くることが あっても


起こった 出来事 に たいして 

ストレート に はら を 立てなく なり


「 この 出来事 は 自分 に なにを

  教えてくれている のだろうか?   」


と 考えれる ように なる


すると どんどん と 


表面的 な 出来事 の 奥 に ある 愛 や

大切 な 学び が 観えて くるように なるのだ 


どうだろうか


この 出来事 から さらに もう1つ


☆ 『 相手 が 有名 な 霊的能力者 であっても
    
    うのみにせず 自分自身 で 考える ことが 大切 』


と いう ことも 俺 は この 時 に 学んだ


これは とても 大切 な ことで

相手 が 霊的能力者 でも 学者 や 専門家 であっても


☆ 『 自分自身 で 考える ことが 大切 』


なのだ その 姿勢 で 判断 していけば

こちらの ↓ 記事 で 書いたように


実相!「劇場のイドラ」を回避する人たち! #393 


「 劇場 の イドラ 」 の 回避 にも つながる


そして より 霊的覚醒 状態 に 近づける  


また 前回 の 記事 の テーマ の 


直接 「 こたえ 」 を きく ことが

イイ こと なのでは なく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆ 『 起きた 出来事 から 自分 が なに を 感じ

    どこへ 向かう のか を 自分自身 で 決める こと 』

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


の 方が はるかに 大切 だということが 

より はっきり と 

おわかり いただけた ことだろう


これが 


『 「 K 」 vs 霊的能力じーさん 事件 』 


の 全貌 で ある


いかが だった だろうか


是非 

この 視点 を 活用 してみてください


というわけで


「実相!表面的な出来事よりもその奥を!」


でした!


あと 実は 俺 は 


今回 書いた この 体験 と 

かなり 似た 体験 を した 


「 ある 男 」 を 知っている

( みなさんも よく 知っている )


次回 は それ を 書きます

これも かなり おもしろい です



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-10-19 23:59 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/21313004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-10-20 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-20 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-21 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-21 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-21 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-23 08:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-23 17:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-24 05:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-25 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みもざ at 2013-10-27 10:16 x
先日同じ様な事がありました。自分自身、かなり霊的に高まったと思っている中でもやはり、低調時期が訪れ。誰かに自分を見てもらいたくなり。そして必然的に無料占いサイトに出会い登録。占い師が本物か偽物かというより、自分の霊線に干渉されたという事に非常に違和感を感じ、登録消しました。結局は自分の内に答えはあるという結論、また、強くなれました。まさしく表面的な出来事よりもその奥を探る流れでした。守護霊の計らいなんですね。Kさんいつもありがとうございます♪
Commented by 「 K 」 at 2013-10-29 22:24 x
Re:コメント返信

Re:セボンスター
そうそうそんな感じだよな!自分にとって一番適した
方法をみつけて出来事を起こしてくれているんだよな!
ベイベ!

Re:ミー
おおっ!様々なことを考えて前進しているようだな!
「ありがとう~配れるような」ってのは俺はすごく
ステキで素晴しいと思うぜ!

Re:やまさち
おおっ!いい感じだな!いろいろなケースがあるが
#335みたいなケースも結構あるよな!自分の内を
みるって大切だよな!
ベイベ!

Re:静
おおおっ!いい感じの情報に辿り着いたようだな!
創造主に関してはその線だろうな実際!植物との
交流ってのもステキだぜ!
ベイベ!

Re:carl
そういうケースでは守護霊たちはなんとか互いに
よい方向へいくようにメッセージをおくっている
そういうメッセージに気づけることが大切だよな!
ベイベ!

Re:umu-man
おおっ!そうだったか!俺と似た感じの出来事だな!
ホント出来事っていろいろありがたいよな!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2013-10-29 22:24 x
Re:コメント返信

Re:tomtom
おおおっ!そうだったか!起きた出来事からいろいろ学んで
意識を向上させていくといろいろと良くなっていくんだよな!
ベイベ!

Re:ゆり
ああなるほどなそういうとこって大切だよな!
やはり心からピンとくるものを選ぶとイイよな!
ベイベ!

Re:Kayo, :)
ああこれなんかすごかったな!やはり場合に
よってはこういうこともかなり大切だよな!
ベイベ!

Re:「M」♪
おおおっ!かなり具体的な文のシンクロだったな!
これはイイ感じだな!求めよさらば与えられんだぜ!
ベイベ!

Re:みもざ
そうだよな!自分の内がわをしっかり感じていく
ことが大切だよな!そこからはじまるよな!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2013-10-29 22:27 x
Re:きむきむ
楽しんでくれたようでこちらこそセンキュだぜ!
動画観れた?再度リンク張っといたんでなまた
観てみてくれだぜ!
ベイベ!
Commented by きむきむ at 2013-10-30 13:08 x
動画観れたよ!「K」さんありがと!!やっぱ”数分で四葉クローバー束になる”って感動的なことだよねぇ。うちのだんなも妖精か天使か守護霊が教えてくれるのかなぁ?でもうちでは日常だから、私がぼけてた。もっと感度上げて生活しろって!。OKベイベ~
Commented by 「 K 」 at 2013-11-07 23:44 x
Re:きむきむ
おっ!みれたようだな!よかったぜ!
ベイベ!
<< 驚嘆!「マトリックス」にみる自... 実相!シンクロや人生の『答え』... >>