真相!情報のオープンと霊視について! #395

今回 は 

情報 を オープン に する とゆう こと と

『 霊視 』 に 関して 書こう


情報 と いうものは

人類 の 進化 や 覚醒 に 応じて


どんどん オープン に なってゆく


縄文時代 よりも 弥生時代 

江戸時代 よりも 明治時代 


と 人類 の 進化 と 時の 流れ 

に ともない どんどん と オープン に

なって きている


なので これは とくに

特別 な こと では ない


まず ここ を しっかり 理解 して

いただきたい


今まで の 時代 も そうであったし


これから の 時代 も 進化 や 時代 と ともに

さらに オープン は まして いくのである


しかしながら そろそろ 霊的 な

目 に 見えない 情報 


つまり 守護霊 や 天使 

そして 妖精 や 異星人 など の

情報 に 関して も オープン に

なって くる 時期 には なってきている


アポロ 宇宙飛行士 の

エドガー・ミッチェル 氏 や

観れなかった方! ビートたけしの超常現象! #081


映画 「 奇跡 の リンゴ 」 の

木村秋則 氏 や 俺 も そうだが 

木村秋則氏 異星人と遭遇UFOへ! #082


異星人 に 関する 情報 や

異星人 に 実際 に 会った こと を 

公言 する 人 が 増えてきている


また ちまたで よく 耳にする 芸能人 の 方々 の

ちいさい おっさん の 目撃情報 も 増えている


俺 の ところ にも やつ は 現れ 

形跡 を のこして いった

妖精・ちいさいおじさんスペシャル! #135


最近 では 芸能人 の 方々 だけでなく

一般 の 方々 も たくさん 目撃 して いる


これは


『 この 世界 は 目にみえる もの

  が すべて では ない        』


と いう ことを 多くの 人 が

気づき はじめた 象徴 でも ある


と いった 感じ で 霊的 な 情報 も

いろいろ と オープン に なって 

きている わけである


しかし ここで 大切 な こと が ある


オープン に するのが いい から と いって

何でも ストレート に 言えば いい わけではない


たとえば 人 の けってん とか が

みえた から と 言って 


それを ストレート に 言って しまって いい 

と 言う 様な デリカシー の ない 時代 が 

やってくる わけでは ない


もちろん ストレート に 言った 方が いい

そんな ケース も ある だろう


しかし それは あくまで ケース に よる


オープン に する 場合 大切 なのは


☆ 『 どう オープン に してゆくのか? 』

☆ 『 どう 伝えて ゆくのか? 』

☆ 『 どの タイミング で 伝える のか? 』


が 大切 なのである


これは 


『 個人的 な 問題 』 でも

『 社会的 な 問題 』 でも 

『 霊的な 問題 』 『 異星人 情報 』 でも


みな 同じ である


☆ 『 どう オープン に してゆくのか? 』

☆ 『 どう 伝えて ゆくのか? 』

☆ 『 どの タイミング で 伝える のか? 』


と いうことを しっかり 吟味 した うえで


愛 と 調和 の もとに

オープン に して ゆくことが 大切 なのである


実は これは 『 霊視 』 とも かなり 似ている


何か が 観える から と 言って

なんでも ストレート に 言えば いいって 

わけではない のである


俺 の 場合 も そうなのだが

観える もの は あくまで ヒント であり


それを どう 活かして 

相手 に 伝える のか?

どう 対処 するのか?


また 霊視 した 情報 を 伝える のが 

目的 では ない ケース すら ある


だから たいてい の 

チャネラー (霊視する人) は


霊視 した あと あたま を フル回転 させて

懸命 に 伝え方 や 対処法 を 考える


そこが やはり たいせつ なのである


『 霊視 』 に 興味 の ある 方は

ぜひ そういった 側面 も 

大切 に してみてください


情報 を うまく 伝える ことが

できる ように なると


守護霊 から お役目 として 

『 霊視 』 情報 を わたされる 様になる 

そういった ケース も あるわけです


しかし この


☆ 『 どう オープン に してゆくのか? 』

☆ 『 どう 伝えて ゆくのか? 』

☆ 『 どの タイミング で 伝える のか? 』


と いうことは 霊視 に かぎらず


日常 の コミュニケーション に とっても

大切 なことである


表現 の 仕方 で 結果 は 大きく 変わる


相手 が 受け取りやすい 表現 を

探す ことが 大切 であり


表現 の 仕方 次第 で 

相手 が 受け取れる 量 も 

変わってくる わけです


「 霊的覚醒 」 「 霊視 」 も 

「 日常のコミュニケーション 」

も 実は 同じ で つながって いる 


「 日常 の コミュニケーション 」 の 延長線上 に 

「 霊的覚醒 」 「 霊視 」 が あるわけです


そんな 感じ です



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-06-28 13:32 | 霊力を向上させる方法 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/20652267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomtom at 2013-06-28 15:48 x
なるほど~!!!いつも、Kさんの記事には「なるほど~!」って思いますが、今回もつい頷きながら読んでしまいました! スピーチを聞いてるみたいで、最後のしめくくり部分では思わず拍手喝采したくなりました!(言い過ぎか?)でも、本当におっしゃる通りですよね。
「To whom」「How」「What」and 「When」 誰に どのように 何を いつ っていうのは、あらゆる分野に通用するコミュニケーション・メソッドだと思います。 つい忘れがちになるから、改めて心にとめます!
いつも本当にありがとうございます!!
Commented at 2013-06-30 23:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-07-02 16:10 x
Re:コメント返信

Re:tomtom
おおおっ!それはよかったぜ!
書くのもいいのだが実は話す方がすきなんだぜ!
ボーカルだし声の方が楽しさも伝えやすいからな!
ベイベ!

Re:ミー
おおっ!龍つながりだったのだな!
愛と調和のもとにこころの声を聴いていくと
いろいろと扉がひらいたり発見があるよな!
ベイベ!
Commented by カッツェ at 2013-07-02 19:24 x
Kさん~以前に「自分の家を聖地化する」と決めてから、ようやくようやく75%ほどなってきました!ふぃ~。
お陰様で良い気分です。ありがとうございます。
そういえば、私も宇宙当局メンバーになりたいって守護霊さんに最近お願いしています。 まだ自分のシンクロとか解明出来ていない状態ですが(笑)
守護霊さんと会話したいです!
Commented at 2013-07-02 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-03 16:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-03 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-07-06 00:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-07-06 02:54 x
Re:コメント返信

Re:カッツェ
おっ!聖地化がんばっているようだな!
自分の見方や考え方を進化させ地球の次元を上げる
ことを真剣にやっていればメンバーになれるぜ!
ベイベ!

Re:tomtom
そうそうしゃべりの方がトーンを変えたりテンションを
そのまま伝えれるからな!ジャズボいいねえ!
ベイベ!

Re:umu-man
ちょっといつになるかわからんがそれは記事で書くぜ!
そのシンクロから自分自身を高める行動をとるのがコツ!
ベイベ!

Re:アン
おおっ!コメセンキュ!アンと呼ばせてもらうぜ!
しゃべり方気にいったか!ははははそうか!
自分磨きすばらしいぜ!共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:umu-man
オッケーだぜ非公開コメでぜんぜん問題ないぜ!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2013-07-11 08:29 x
Re:umu-man
ちょくせつてきなコトは書かないがそれに関して
いくつかコツをまとめて書いておくぜ!お楽しみに!
ベイベ!
<< 驚愕!金縛りの真実・霊的覚醒講... 驚愕!これで自分の正体がわかる... >>