驚愕!『求めよ さらば与えられん』とは! #367

『 求めよ さらば 与えられん 』

これは 新訳聖書 の 

マタイ 福音書 7章 の ことば である


「 求めなさい そうすれば 与えられる 

  探しなさい そうすれば 見つかる

  門を叩きなさい そうすれば 開かれる 」


だれでも 求める人 は 受けとり

探す 人 は 見つけ

門を たたく 人 は 開かれる 


『 求めよ さらば 与えられん 』 


この 言葉 は 『 真実 』 である


たいてい の ことは


だれでも 愛 と 調和 の うえで 

求めれば 必ず 宇宙 天 から 与えられる


これは 本当 の こと である


とはいえ なんの 努力 や 行動 も なく

与えられる わけでは ない


☆ 『  正しい 手順 や コツ を 行えば

     必ず 与えられる ので ある      』


その 正しい 手順 や コツ とは 何か?


では ここで 俺 の 実体験 を とおして

それ を 解説 してみてみよう


今 俺 は この ブログ で

俺 の 体験してきた いわゆる 

霊的現象 や 守護霊 との 会話 など

霊的覚醒 情報 の こと を 書いている


今 現在 俺 が 持っている 霊的 情報 は 


以前 の 俺 が望んで 『 求めた 』 もの が


長い 年月 を かけて 経験 を 通じて 

集められ 『 与えられた 』 もの なのである


小・中学生 の ころから 俺 は 霊的 なこと や

不思議なこと の ウラ に ある 構造 

を 知りたくて 知りたくて たまらなかった


当時 の 俺 も 感覚的 に

俺 を 護る 護り神 的な やつ (守護霊) が 

いる ことを 感じては いた


とはいえ 小・中学生 の 俺 では

謎 ばかり で なにも わからない


それが 今 では そのとき 

謎 だった 霊的疑問 は ほとんど 解る


それら の 「 霊的覚醒 情報 」 は

天 が 俺 に 『 与えてくれた 』 わけだが


どの ように 俺 に 『 与えた 』 のか?


これは 主に 俺 の 守護霊 を 使って

俺 に 情報 を 送って きてくれた


守護霊 が 俺 に 宇宙 の 霊的構造 を

解説 して くれた のだ


この 守護霊 に よる 霊的情報 の 

解説 は 主に 大学 卒業 くらい から

はじまった


このとき の 俺 は まだ 霊的覚醒 してない

だから 守護霊 の 声 は 聴こえない


見えない 守護霊 が 聴こえない 講義 を

俺 に たいして 行う のだ 


守護霊 が 何か 霊的構造 を 

俺 に 知らせたがっている とする


しかし 俺 自身 に それを 理解 する

基礎的 な 思考 や 知識 が ないと


たとえ 守護霊 の 声 が 聴こえたとしても

何 を 言っている のか 理解 できない だろう


つまり 守護霊 が 割算 を 

俺 に 説明 しようと しても


俺 が 掛算 の 九九 を 知らなかったら 


守護霊 の 声 が 聴こえた ところで

なにも 理解 できない これと 同じ である


たとえば 守護霊 が 霊的エネルギー の

解説 を しようと して


守護霊  「 科学の 観察者効果 に 似てるよ! 」


と 言ってきても 


その 科学用語 の 「 観察者効果 」 を

俺 が 知らないと 霊的エネルギー の

理解 にまで 辿り着けない わけだ


と いうことで 霊的世界 を 理解 する

上で 必要 となる 基礎 知識 を つける ために


ものすごい 量 の 本 を 読まされた


哲学 心理学 量子力学 宇宙 芸術

ユング 老子 禅 異星人 地球環境 気 

退行催眠 天使 伝記 などなど


ほぼ 毎日 1冊 は 読んでいた

ひどいときは 一日 で 2冊 とか

睡眠 を けずって 読んでいた 感じだった


あと テレビ や 人 からも 情報 

を 集めさせられて いた


そんな 感じ で 準備 を すすめて いると

それと 平行 して いわゆる


「 霊的現象 」 「 超常現象 」 

を 体験 しはじめた


そのことで 知識 と 実体験 が 

結び ついていった


そうしている うちに 断片的 な 知識 が

パズル の ピース の ように 繋がり


霊的 な 構造 を 理解

するように なっていった わけである


もちろん これは 

ごく 初期 の 段階 まで の ことで

この後 より 深い 体験 を していった


と こんな 感じ で


霊的 構造 を 理解 できように なることを

『 求めた 』  ら 『 与えられた 』

わけである


ここで 大切 な ポイント は


☆ 『 『 求めたら 』 『 受け取る 』 ための

     準備 を 進める こと            』


俺 の ケース では 基礎知識 を 身につける

そのため の 努力 とか 勉強 でした


ただ おもしろく 興味深かった ので 

くろう した 感覚 は これに 関しては

なかった 


そして つぎに 大切 なのは


☆ 『 受け取る まで 準備 を つづける 』


『 受け取る 』 のは 準備 が できた とき なので

それまで あきらめずに 準備 を 

続ける こと が 大切 です


自分 が なに を 『 求める 』 か に よりますが


日常的 な ことで あれば

3~7日 とか 1ヶ月 くらいで 

実録!ふと 「 つぶやいた 」 ことが現実に! #316

『 与えられる 』 ケース も あります


『 求めた もの 』 が 大きければ

準備 に 時間 も かかります


俺 の 『 求めた もの 』 が 

『 霊的 構造 を 解説 できるようになる 』 

という ものだった ので

準備 に 何年 も かかりました

( 霊的覚醒 に かかる 年数ではない )


そういう ケース も あるわけです


それと 最大 の ポイント なのが


☆ 『 しっかり 本気 で 求める 』


意外と これが ポイント となる


何か 望み が あっても


「 本気 で のぞんでるか? 」


と 自問自答 すると 意外 と


「 なんとなく 望んでいる 」


自分 に 気づく ケース が 多い


周波数 が 整っている と

なんとなく 望んでいても 

叶う ケース も 多いが 


自分自身 と その 望み に 隔たり が

ある 場合 は 『 しっかり 求める 』

ことが 大切 となる


『 しっかり 求める 』 と 意識 するので

アンテナ が 情報 を キャッチ しやすくなる


それに しっかり 意識 していると

集中 して きて 行動 も しっかり してくる

これが ポイント なのです


あと この 

『 求めよ さらば 与えられん 』 とは


いわゆる 神 天 宇宙 から 

与えられる ケース なので


他者 の 意思 に 関する ことは

他者 の 意思 が 尊重 される


エゴ から 人から うばって 手に入れる 

こととは まったく 異なり


愛 と 調和 の うえで

スムーズ に ことが 運ぶ ケース となる


そして 神 天 宇宙 に たいして

『 求める 』 わけなので やはり


自他 共に 愛 や 調和 や しあわせに

なれる ような こと を


愛 と 調和 の もとに 『 求める 』 ことが

大切 です


『 求めよ さらば 与えられん 』


ぜひ おためし ください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-04-21 14:50 | 守護神・守護霊・見えない存在! | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/20315214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-04-21 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-04-22 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomtom at 2013-04-22 11:49 x
なるほど~!!
私の求めているものは「霊的覚醒」なので、それに向けて「受け取る」準備を整えていきたいと思います!!課題はたくさんあるんだけど、なかなか実行できてないので、まずはそれらをクリアしなければ!!
頑張ります!!!
Commented by 「 K 」 at 2013-04-23 22:36 x
Re:コメント返信

Re:Kayo, :)
あそれ読んでないな!演技とかもけっこうよかったぜ!
そうそう持って帰るのたいへんそうだなって思ってたぜ!
ベイベ!

Re:子犬
おおおっ!それいいなあ!
礼儀正しいってとこがポイント高いな!
ベイベ!

Re:tomtom
おおおっ!イイねえ!その意気だぜ!
興味をもっていればそちらへ向かうぜ!
ベイベ!
<< 実録!職場やスキー場で後輩がコ... 真相!人生の螺旋とホロスコープ... >>