驚愕!魂の霊的進化と「 螺旋 」の関係とは! #365

今回 は かなり 前の ことだが

俺 が 学生時代 に うけとった


魂 の 霊的進化 に 関する

驚愕 の 宇宙 の 真相 

を ここに 書いて おこう


では はじめます、、、


なんだか 同じような しっぱい を 

くりかえして しまっている

そんな ことに 気づくこと ありませんか?


もちろん 単純 な ミス を くりかえす

場合 も ありますが


実は ちょっと それだけでは ないのです


たとえば 自分 に とって 大きな

クリア すべき 魂 の 課題 は


1回で クリア するのではなく

何回かに わけて クリア していく 

ケース が ある


では 実際 の 俺 の ケース を

みてみよう


以前 俺は とある 問題 に 直面 していた


それは 人間関係 に 関する 問題 で

どのように 接する べきか?

と いった テーマ で あった


いわゆる 「 人付き合い 」 に 関して である


しかし これ は 当時 の 俺 には

なかなか の 問題 で あり

そーとー 考えさせられる ことと なった


考えて も なかなか 答え が 見つからない


真剣 に 考えていると

ふと 妙 な ことに 気が付いた


俺   「 ( れ? 何年か前も 同じ こと 悩んだな ) 」


そうである これと まったく 同じ 問題 に

何年か 前にも 俺 は 直面 していたのだ


俺   「 (あの時 の 俺 は どう解決 したっけ?) 」


と 以前 は どのように 俺は 考え

その 問題 の 「 答え 」 と したのか を

思いだす ことに してみた


俺   「 ああ、、、そうだ 思い出した 

      あのとき は めんどくさかったので

      バッサリ と 切って しまったな、、、 」


そうである その時の 俺 の 解決策 は 

めんどくさい 人間関係 は 


一刀両断 に バッサリ と 切って しまっていた!


だが その 解決策 は ちょっと つめたく

ホント に これで イイ のか?


と 言う 思い も あったのも 思い出した、、、


なんか 俺 は ばかみたいだな

同じ 問題 を また なやんでやがるよ、、、


と そんな ことを 考えていると

またまた 妙 な ことを 思い出した


俺   「 れ? そういえば もっと 前にも 俺は

      同じ ことを なやんでいたな、、、      」


ちょっと おどろいた!


そうである 俺 は もっと 以前 にも 

まったく 同じ なやみ を 抱えていた のだ!


あれは いつだったか、、、?


そこで 紙に 書いて 分析して みると

おどろくべき ことを 発見した!


それは なんと!


きっちり 3年 周期 で 

同じ 問題 に 直面していたのだ!

b0225081_9531987.jpg











俺   「 おおっ! これは 大発見だ! 」


で 中学2年 の 時 の 俺は 

どうしたっけ、、、


思い出した! あのときは 

ちょっと 周りに ながされ気味 だったな、、、


それが イヤ で なやんでいた


ああ! そうか! それが スゲー イヤ だったから

高校2年 の とき は 全部 バッサリ 

切って しまって いたのだな、、、


と このように 分析 した


そして この 大学1年 の 俺は 

どうしたか?


こうやって 過去 の 自分 を

振り返ってみて あることに 気づいた


ああ 今 の 俺 (当時の俺) は なんとなく

その 中学2年 と 高校2年 の ときの

真ん中 の 対応 を すれば いいのか、、、と


それに その感覚 が 今 の 自分 には

あるな、、、と 気づいた


これが このとき の 問題 の 解決 

の 糸口 と なった


ちょうど こうである


たとえば 長い 廊下 が あって

自分 には その 真ん中 が わからない


だから 一番 右の端 と 左の端 まで

行ってみた 


そしたら 自然 と その 真ん中 が 

解る ように なった 


ちょうど そんな 感じ であった


ものごと には 『 中庸 』 

つまり 偏らない バランス の とれた 道

が 大切 なのだ


その 『 中庸 』 を 知るために

俺は このような 問題 を 何度 か 体験して

その 真ん中 である 『 中庸 』 を 

学んで いたのである


これは 俺 の 人生 に 

宇宙 が 仕込んだ 成長のプログラム 

だったのだな と 気づいた


と 同時 に この 出来事 は

人 の 成長 と いうものが

どのように 成される のかを 

俺 に 知らせてくれていた


つまり こうなる


人 は 人生 に おいて

一見 おなじ しっぱい や 

同じ 問題 を くりかえして 

しまって いる ように 考えてしまう

b0225081_10202518.jpg


 








それは その 出来事 を この図 ↑ の ように

平面的 に みて しまうからである


ところが 実際 の 魂 の 学び 

の プログラム は 平面ではなく 

立体的 に 観る と その 真の姿 が わかる


つまり こうなる


実は 一見 同じ

しっぱい や もんだい を 

繰返して しまっている ように みえても

b0225081_1026150.jpg













このように 立体的 に 観ると

それは 単なる 繰り返し ではなく


実は 一回 一回 次元 が 上昇していて

確実に 成長 している のである


つまり 


☆ 『 人 は 「 螺旋 」 を 描いて 成長 している 』


のである 


( 上記 の 図 も ホント は 螺旋 に 

  したかった が 時間 の 都合上、、、 )


『 螺旋 らせん 』 である 

人間 の DNA も 二重螺旋 に なっている

『 螺旋 は 魂 の 成長 の 鍵 』 なのだ


だから もし あなたが

愛 と 調和 を 目指して 前向きに

もんだい に 取り組んでいる ので あれば


また 同じ ところに もどってしまった、、、

と 落ち込む こと は ない!


それは 平面的 に みた 錯覚 だからだ

前向き に 取り組んでいる の であれば


あなたは 絶対に 成長 している!


だから 安心して そのまま

その 課題 の 完全 クリア を 目指して 

前向き に 前進 して ほしい


愛 と 調和 そして 前向き であれば

必ず クリア されることだろう!


ちなみに 今回 の この話 は


『 魂 の 課題 レベル 』 


の 話 なので


たとえば 

電気 を 消し忘れる など 日常的 な 

おなじ しっぱい を くりかえす ケース では 


フ、、、今日も 消し忘れたが 俺だって 螺旋で、、、


などと 言って いては なりませぬ

それは 大いなる 勘違い です


それは たんなる よろしくない 習慣 なので

意識 して なおして いただきたい



それと これは


なまけごころ や エゴ から は

決して 問題 は 解決 されることは ないので


エゴ では なく

愛 と 調和 に よる 選択 と 行動  


そして なまけ では なく

クリア しようという

前向き な 気持ち の うえで の 話 

なので そこを しっかり 

おさえて おいて いただきたい


と こんな 感じ である


今回 は 俺の なつかしい 話 を まじえながら


☆ 『 人 は 「 螺旋 」 を 描いて 成長 している 』


でした


ところが!


この 話 は 

ここで 終わらなかった!


実は! 

ここから さらなる 

宇宙 と 人 の 人生 との 

繋がり を 明かし 

霊的進化 の 螺旋構造 を 裏付ける


驚愕 の 宇宙 の 真相 と

出くわす ことと なったのだ!


つづき を また 書きます



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-04-16 11:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/20293020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 真相!人生の螺旋とホロスコープ... 驚愕!出来事のウラで働く守護霊... >>