真相解明!それは霊の仕業ではない! #346

~  「 K 」 の 事件簿 Part 04 ~

久しぶり ですね この シリーズ


今回 の 話 は 霊 に 関して ですが

いつもの 「 霊的覚醒 」 ではなく

一般的 に 言われている 霊 の 話 です


真実 には どこかしら 希望 が あるものです


この 話 は かなり 前 の 話 で

俺 が 「 霊的覚醒 」 を する 前 の ことで

たしか まだ 学生 だった 頃のこと かと 思います


見えない存在 に 関して

どう 考える か に ついて の 話 と

絡めて 書いていきます


以前 こんなことがあった、、、


もともとは 俺 は れい に 関して

あまり 興味 は なかった


しかし なにか あると

そういう 相談 も 俺 の ところに やってきた


ある日 後輩 が、、、


後輩  「 「 K 」 さん ちょっと 相談 

       が あるのですが きいて もらえますか? 」


俺    「 おう なに? いいぞ 」


後輩   「 実は 最近 体調 が よくなくて 」


俺    「 うん 」


後輩   「 実は それが 友人たち と
   
        しんれいスポット に 行ってから なんです、、、 」


俺     「 ふ~ん 、、、、 」


内心 この とき 俺は あ~あ と 思った

いやだねえ こういう のは、、、と 思った


何が いや かと 言うと、、、

俺 には ある 信念 が あった からである


とりあえず 会話 の つづき を みてみよう、、、 


後輩   「 やはり ヤバかった ですかねえ? 」

 
俺     「 ヤバイ って なんだよ? おまえ 」


後輩    「 やはり たたられたり、、、 」


内心 俺 は 少し ムッと した 

そして 後輩 に 言った、、、


俺     「 つーか さあ この後 に およんで

        おまえ 自分 の こと ばっかり だな

        相手 に わるいとは 思わないのか? 」


後輩   「 え? どういう ことですか、、、 」


このとき この 後輩 は 

自分 の 身 を あんじる だけで


自分 が なに を したのか まったく

理解 できていなかった


俺    「 じゃあ 考えてみろよ 」


俺    「 おまえが この世 を さる とき に 

       れい の 状態 に なってしまい 天 に

       なかなか 還れなくて こまっていた とする 」


      「 そこに ばか な 学生 が よって たかって

        『 おい あそこ でる らしいぞぉ~ 』 とか

        おもしろ 半分 で ギャー ギャー

        言いながら お前 を 見物 に きたら    」


俺    「 おまえ 一体 どういう 気持ち が する? 

       そんなこと されて うれしいか?       」


後輩   「 !!! 」


後輩 は ハッ と なり 表情 が かわった 

どうやら 自分 の したことに 気づいた ようだった


俺   「 な、、、 あいて に 申し訳ない だろ? 

      相手の立場 に なって 考えないと アカンぞ 」


後輩  「 、、、、 」


俺    「 ま 本当 に わるかったと 思うなら

       ちゃんと 真剣 に 謝れ な、、、    」


後輩  「 よく わかりました、、、 

       なんか すみませんでした、、、

       真剣 に お詫び します、、、 」


そして その後 この 後輩 は 

もと の 元気 な 後輩 へと 

もどった のであった


これが 今回 の 件 の

一部始終 で あった


しかし


ここで 大切 な こと が ある


それは


れい が 一方的に なにか こうげき を

してくること は まず ない

( 似た現象 は ありますが ちがいます )


かならず 原因 は 自分 の

どこかに あります 

磁石 の様 だと 考えて いただきたい


今回 の 件 のように

たいてい の 場合 は 

自分 が 引き寄せている 原因 に

本人 が まったく きづかない 

ケース が 多い 


ま 気づけたら こういう ことには

ならない わけですが、、、


起こる 出来事 と いうのは

必ず 自分 と どこかしら なにか が

同調 して いるのです


自分 の なか の どこかを

かえると 自然 に 起こらなくなります


で そもそも 今回 の 件 からも

よく わかる ように 


そんな 思いやりの ないことを 

やっていたら 周波数 も みだれてしまい

たいちょう にも えいきょう する

場合 も ある わけです


れい が こうげき とか してきた

わけでは ありません


正すべき ところ に 気づきなさいよ と

メッセージ にも なっているわけです


基本的に 霊的 な 出来事 は 

この 構造 で 起こります


この 件 での 体調 が 

よろしくなかった その 原因 は

本人 の こころ の あり方 だった 

わけなのです


そして 

先に 書いた 俺 の 信念 とは


見えない存在 それが


身体 を さった 霊 で あれ

守護霊 天使 妖精 異星人 であれ

誰であれ 


その 存在 が 見えようが 見えまいが


『 普通の人間関係 と 同じ に 接する 』

『 相手 の 立場 に 立って 考える 』


これが 大切 なのです


~  「 K 」 の 事件簿 Part 04 ~


これが 今回 の 件 の 全貌 で ある

いかが だったでしょうか



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!




~  「 K 」 の 事件簿 Part 01 ~
ウソや不倫は思わぬ事態をまねくことがある! #140

~  「 K 」 の 事件簿 Part 02 ~
のろわれたバイト先のカラクリを明かす! #208

~  「 K 」 の 事件簿 Part 03 ~
衝撃!「うつ」と暴かれたウラの顔! #212
[PR]
by aquarius_az | 2013-03-20 16:41 | 問題・悩み解決! | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/20179807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 楽しいアセンション・次元.. at 2013-03-25 08:50
タイトル : 実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345
- Arcadia Rose -  さんから2件転載です・・・これから5次元へ向かって4次元領域を超える時に、霊的経験に出会う事も有ると思いますので、参考の為に〜〜 実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345 『 霊的覚醒 』 『 進化 』 『 成長 』 して守護霊...... more
Commented at 2013-03-20 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-03-21 02:54 x
Re:子犬
みうごきとれるケースではその方法もいい感じだな!
そうそうあっちもこっちも大切な基本は一緒なんだよな!
共に遂行していこうぜ!
ベイベ!
Commented by やま at 2013-03-25 08:49 x
いつもありがとうございます!
これから4次元を超えるにあたり、霊的体験をする方が増えるかもしれませんね~~
記事2件お借りしました~又、宜しくお願いしますね~~
Commented by 「 K 」 at 2013-03-27 02:17 x
Re:やま
そうだな!そうなるように共にがんばろうぜ!
こちらこそセンキュ&ヨロシクだぜ!
ベイベ!
<< 驚愕!謎の行動と劇的な言葉のパ... 実録!霊的覚醒と現実生活のギャ... >>