実録!霊的覚醒と現実生活のギャップには! #345

『 霊的覚醒 』 『 進化 』 『 成長 』 して

守護霊 天使 妖精 異星人 たちと

会話 を するため には 


なにか 「 特別 な 修行 」 が 必要 

なのだろうか? 


また 愛 と 調和 を 保つ 上での

現実社会 や 職場 仕事 との ギャップ は

どう クリア すれば よいのか?


こういった 疑問 を しばしば 耳にします


今回 は 俺 の 驚愕 の 実体験

を 書きながら ここを 解説 します


『 驚愕! たのしい 霊会話 講座 』 です


では はじめます


まず はじめに 俺 の ケース では

守護霊 異星人 たち と 話すのに


「 滝に打たれたり 」 「 火の上を歩いたり 」

そういった 特別な修行 を してきたのだろうか?


その こたえ は、、、


俺は まったく していない 


それどころか 「 瞑想 」 とかも

ほとんど していない


剣道 を やっていたので 「 黙想 」 を

稽古 の とき に やっていた くらいである


「 瞑想 」 も やってみたことは あるが

たいてい は すぐに 心地よく 眠ってしまった


もちろん そういった 修行 も 有り 

いいんじゃないか と 思います


ただ どんな 方法 であっても 


☆ 「 自分 の こころ に ピン と 来る 方法 」


を 選んで やってみることが 大切 です


あと たまに 尋ねられる のが

「 にく は 食べますか? 」

と これも ときどき 尋ねられる


にく を 食べずに 野菜 や フルーツ などを

中心 に 食べる ことで 

周波数 を 整える 方法 も あるからである


「 アミ 小さな宇宙人 」 でも 

進化した 宇宙人 たち は 

にく は 食べない と あります


で 俺 の 場合 は どうかと 言うと


普通 に 食べています 


食材 は 丁寧 に 扱い 大切 に して

食べるもの すべてに 感謝 して 食べる 

こんな 感じ です


ただ 牛肉 は ほとんど 食べません

高い からです! 


高い と 言うのは 何が 高い かと 言うと

牛 1頭 を 育てる のに かかる コスト で


牛 1頭 を 育てるのに 大量 の 穀物飼料

が 必要 であり その分の 穀物飼料 が

人に 渡るようになると 地球上の きが が へる 


と こんな 事情 から あまり たべません


このような


☆ 『 地球全体 の ことを 考える 』

☆ 『 みえない ところに 気を配る 』


ことは 「 霊会話 」 には 必要 な ことです


でも がっちり 決めている わけでもなく

友人たち と 集ったとき などは

たべる とき も あります


しかし ずっと 食べていない と

自然 と あまり 食べたい とは 

感じなく なります


こういった ことも むりなく

できる範囲 で やるのが よいかと思います


俺 の ケース では 

あまり 特別 な ことを せずに


☆ 「 毎日 の 生活 を 大切 にする 」

☆ 「 自分 の こころ の 声 を 聴く 」

☆ 「 霊的情報 を たくさん 知る    」

☆ 「 本気 で 地球 を よく したい  」


と こう 言った こと に 取り組んだ 結果

霊的覚醒 が かそく しました



また よく 耳にすることの 1つ に


実社会 で 仕事 を していると

なかなか 愛 と 調和 で やるのは

むつかしい、、、


と こんな 声 も ときどき 耳にします


よくわかります


俺も 東京 の 競争 の 激しい  激戦 業界 で

販売員 を していたので、、、


俺も この 問題 には そーとー なやんだ

そして そうとう 真剣 に 考えた


俺 は 一見 まじめ な 社員 でしたが

実は ちょっと ちがってました


販売員 には 売り上げ目標 台数 

みたいな ものがあり

それを 達成するように しいられます 


上司 の なかには

本当 に こころから 尊敬 できる 方も

いらっしゃいましたが


なかには そうではなく

結果 の 数字 だけしか 考えられない

人 も いました


そういう 上司 からは いわゆる

ごういん な むちゃぶり も されます 

結構 精神的 にも きつい 経験もしましたが


そんな とき 俺は どうしていたか?


まず 大切 なのは


☆ 『 絶対に なんとか 道 は あるはず 』


この 姿勢 で どうすれば いいか 

考え 自分 なりの 販売 スタイル を 見つけます


そういう上司  「 「 K 」 さん ひとりで 10台 お願いします 」


みたいな ことを 言われると 俺は


俺        「 はい! りょ~かい! 」


と 景気よく 答えて いたものの


実は、、、


はっきり 言って 『 馬耳東風 』 です

右 の 耳 から 左 の 耳 へ する~~~っと!


まったく 相手 に してませんでした!


わけの解らない プレッシャー を

与えてくる ような 上司 には


はらの なかで


俺   「 ( 知らね~よ! んなこと! ) 」

俺   「 ( がんばれよ! お前がな! ) 」

俺   「 ( お前の ために 働いてるんじゃねーよ! ) 」


などと 言って そういう上司 には 

平気 で そうやって ふざけて ました


もちろん そういうった 上司 であっても

お世話になっている ことは 事実 ですし


そういった 上司 であっても 

必ず イイところも あります


ぜんひてい しては いけませんので

それなりの 敬意 は 大切 にします


しかし 不条理 な ことには

こんな 感じで 接してました


しかし 正直 俺の 販売 成績 は 

実は かなり よかった


それは なぜか?


俺 は 不条理 な 基準 や

愛 や 調和 の ない やり方 を

しいられる のは いや だったので


自分 なり の 基準 や 販売 スタイル 

を 真剣 に 考えた


それは 


会社 の 利益 や 数字 も 大切 なんだろうが

俺は それよりも


☆ 「 徹底的 に お客さん の ため 」


に 働こう! と 決め それを

俺 の 販売 スタイル に した


上司 の 欲に囚われた あほ な 指示 は 

返事 だけしておいて 無視 して


自分 の 仕事 そして 目標 に 集中 した


とにかく お客さん の ため と 言うからには


商品 に 関する ことは 何でも 答えれる様に

休みの日 も メーカー に 電話 したり

パンフレット を 商品ごと に 比較 して

機能 の 差 を 覚えたり 勉強 した


接客 も お客さん が 

何 を 望んでいるのか を しっかり 聴いて

使い方 を 丁寧 に 教えてあげたり


とにかく

「 ああ ここで 購入して よかった! 」

と 思える ような 接客 を 目指していた


俺 の 仕事 の 目標 は これだけ だった

そういう上司 の 言葉 は 関係 なかった 


そしたら 結局 売り上げ の 

数字 は 後から ついてきた


他店 の ほうが やすく ても

「 「 K 」 さん から 買いたい 」

と 来てくださった お客さん も いた


( ひょっとしたら この ブログ の 読者 の 方で

  俺 から 買ってくださった 方も いるかも、、、  )


また お客さん から

お礼 の 手紙 を いただいたり


なかには お世話になったから

と 言って 俺 個人 に お金 を

受け取って ほしい と 言ってくださった ことも

2回 ほど あった 


もちろん 会社 の 規定 に より 

辞退 させて いただきましたが、、、


そして 他にも いいこと が 起きた


それは

なんと!


むちゃぶり 上司 も

不思議 と むちゃぶり を しなく なった


おそらく 真剣 に やっているのが

伝わったから である  

こういう 関係 が 築けた ことは

とても よかった


ところが 数字 が よくなってくると 

やたら 期待 されたり


ときには 月末 とか になると 俺も

数字 に 気がいってしまい

こころが みだれてしまう こともあった


「 ああ きょうは アカン かったな、、、 」


そのつど 反省 を して 軌道修正 した


そこが 勝負 どころ でしょう


常に 基本 に たちかえり

愛 と 調和 の 自分 の スタイル で

仕事 を する 


それを つみかさねて いくと

愛 と 調和 を もとに 自分 の スタイル が 

確立 されて いくわけです


しかし たま~に ホントに マジで 

愛 と 調和 の 欠けた 職場 も あります


その 場合 は  

俺は その 会社 に 加担 することは 

出来ない ので


そういう ところは 即座 に 辞めました


と こんな 感じで 


工夫 と 選択 しだい では 

そういう 競争 の キビシイ 業界 の

仕事 においても 実社会 で 
 

愛 と 調和 の もとに 仕事 をして

結果 を だすことも 出来る のです


ぜひ 自分 自身 の 愛 と 調和 の

仕事 の 基準 や 目標 スタイル を

みつけて みてください


ぜひ おためしください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-03-18 15:21 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/20170838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-03-18 20:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akari at 2013-03-18 20:53 x
ブログとても楽しいです。役に立つ情報ありがとうございます。
私もできることから始めます。
Commented by tomtom at 2013-03-19 00:00 x
今回の「霊会話講座基礎編」も実体験に基づいていて、とっても具体的で役に立ちます!!!アミの説明みたいです♪
それにしても・・私がいつも感心させられること、感動することですが。
Kさんのブログ記事はもちろんのこと、どんなコメントにも必ずreply messageを書き込んでくれるKさんの優しさです!!!!
しかも、元気づけてくれる前向きなコメント。
これは、なかなかできることではありません!!!!
素晴らしいです!!! みんな、Kさんに感謝していますよ♪
Commented by あさ at 2013-03-19 18:02 x
ぶれない軸って大切なんですね。

すぐ怠惰虫がやってきて自分の軸はぶれてしまうので、
何よりも一本とおす筋を、はっきり決めて
ぶれないようにしていきたいなと思います。
Commented by ゆぅ姫 at 2013-03-20 13:30 x
『小さな宇宙人アミ』
やっと完読(。・ω・)

こんな素敵な事が
本当のコトなんだ~♪と、すごく
感激してしまいましたw

読んでフト思った疑問。

にくを食べるのは、残酷だと言うけど
植物だって命あるんじゃ・・・って思ったw

それは、また違うのかな?

昨日の夜、もどってきたアミを
半分まで読んできたので

今日は、続きをw
(*´∀`)ワクワク♪
Commented by 「 K 」 at 2013-03-21 02:48 x
Re:コメント返信

Re:ちぇり
ほんと俺もそういうものには目をつむれないんだよな!
分岐点なのも一緒だぜ!おおお!共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:akari
おおおっ!コメセンキュ!楽しみにしてくれてセンキュだぜ!
できることから!素晴らしいぜ!共にたのしく前進しようぜ!
ベイベ!

Re:tomtom
おおおっ!そうかアミの説明みたいとは嬉しいぜ!
いろいろな観点からブログをみてくれてんだなあ!
センキュだぜ!共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:あさ
ほんとそうなんだよな俺もそこを意識してるぜ!
そこをつみかさねると信念になっていくんだよな!
共に前進しようぜ!
ベイベ!

Re:ゆぅ姫
おおっ!まずはアミ一冊読みおえたようだな!
にくや野菜はできる範囲からってとこだろうな!
アミおもしろいだろう!共に前進しようぜ!
ベイベ!
<< 真相解明!それは霊の仕業ではな... 驚愕!守護霊が俺の代わりにケン... >>