心に響く芸術との出会いと「霊的覚醒」! #319

さきほど ふと TV を つけると

なんとも 味わい の ある 絵画 が

紹介されていた


その 絵画から は ものすごく

あたたかみ が あふれて いたので 

思わず 目 に とまり


俺   「 おおっ! この作品 は! スゴイな! 」


と こころ に とても 深く 響いた


その 作品 は アメリカ の

Norman Rockwell ノーマン・ロックウェル

が 描いた 作品 であった


Art 芸術 の ちから は 

マジで すげーなあ と 思う

音楽 でも 絵画 でも 


1枚 の 絵 を 観ただけで

こころ が あったかい 気持ち に 

なったり


なにか 大切 な 気持ち を

思い出させて くれたり する


人 の こころ に 直接

素晴らしい 影響 を 与えてくれる

それが 芸術 なのである


人 に とって こころ で

感じる こと が とても 大切 で


こころ で 感じる ことが 多くなると

こころ の 感度 が よくなる


こころ の 感度 が よくなる と いうことは

感性 が 豊かに なる ことなのだが


そうなると いろいろ と

創造性 も 豊かになったり


いろいろな 角度 から ものを 

考えれる きっかけ にもなる


そして  

実は


『 こころ の 感度 』  が 


よくなると それは

シンクロ に 気づきやすく なったり

守護霊 たち との 会話 などにも 繋がる
 

芸術 は 「 霊的覚醒 」 にも

ふかく 関わっている のである


なので 時間 が あるとき は

なるべく 

『 芸術 に 触れて 』

みてください


クラッシク音楽 や 絵画 

演劇 映画 文学 などなど


で 今回 番組 で 紹介 されていた

絵画 は こちら です 


ノーマン・ロックウェル の 

『 Marriage License 』 マリッジ・ライセンス

と いう 作品 です

b0225081_7285046.jpg

どうでしょう


『 Marriage License 』 マリッジ・ライセンス

という 作品 ですので

婚姻届 を 書いている ところですね


2人 から しあわせ が 伝わってきて


とても あたたかい 気持ち に 

なります


色 づかい と いい

世界観 と いい 

ぬくもり に あふれ

とても いい 作品 です


窓 の ところに ある

一輪 の 花 も 希望 を 象徴 していて

とても いい ですね


拡大 して こまかい ところも

観たい 方は こちら を どうぞ

『 Marriage License 』 (拡大バージョン)


拡大して よくみると


ねこ が いたり 

ストーブ が あったり


日めくり の 日付 が

『 結婚生活 の 守護神 ジュノー 』 

の 月 に なっていたり


一輪 の 花 が 咲いていたり


そして 2人 の 表情 からも


とても のどか で あたたかい 

くうき が 伝わってきます


とても 素晴らしい 作品 です


俺 も 以前 作った 映画 で

一輪 の 花 が 希望 を 感じさせる

同じ シーン を つくったなぁ、、、


最近 は 守護霊 と シンクロ の

記事 が 多かった ので


久しぶり の 芸術 の

記事 と なりました 


え? この ブログ 芸術 関連 の

記事 なんて あったの? 


、、、と 


興味 の わいた 方 は

こちら を どうぞ

カテゴリ : 『 想像力を養う芸術の観方! 』


真 の 芸術 は 

天 との 交流 で 生まれる 


『 芸術 』 に 触れる こと

あと 『 大自然 』 に 触れる ことも

そうなのですが


それらは

『 霊的覚醒 』 にも

とても 深く 関係 して いる わけです


絵画 を 描いてみたり 鑑賞してみたり 

楽器 を 弾いてみたり 聴いてみたり

物語 を 書いてみたり 読んでみたり


是非 みなさんも

芸術 に 触れて みてください


自分 の こころ に 深く 響き 感動 する


『 素晴らしい 芸術作品 との 出会い 』


は 人として 生まれたことで 経験 できる

とても 貴重 で 素晴らしい 体験 です


ぜひ 

「 これぞ! 」 と いうほど すき な

人生 の 作品 と たくさん 出会い 

人生 を 彩って 楽しんで みてください 


すきなものが 多い と 

人生 は それだけ 楽しく なります


今回 の 

そんな 出会い の 一枚 の 作品
 

ノーマン・ロックウェル の 

『 Marriage License 』


なんか ほんと に

大切な 気持ち を 思い出させて

くれる 1枚 の 絵画 でした



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-02-09 23:48 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19972837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にこ at 2013-02-10 12:27 x
とってもほっこりしたので、
携帯の待受にしちゃいましたヽ(´▽`)/
女性が爪先立ちなのがとっても可愛い♪
ありがとうございます!!
Commented by tsu-bo at 2013-02-10 15:54 x
k さん いつも「気付き」のヒント ありがとう。
Commented at 2013-02-10 20:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hana at 2013-02-11 02:18 x
ノーマン・ロックウェルさん、
大、大、大好きな画家です☆

何気ない日常の中にある
人間味ある瞬間を見つける天才ですよね☆

表情筋まで深く勉強されていたようで
思わず笑ってしまうような
愛らしい表情をしている絵も多いです☆

芸術、感性の大切さ、
とっても同感です♪

知識だけでは感性は育ちませんが、
豊かな感性は、
知識までをも育める、
そんな気がします☆

(連投ごめんなさい)
脱字があったので訂正しました~(^-^;)
Commented by 「 K 」 at 2013-02-11 03:17 x
Re:コメント返信

Re:にこ
おおおっ!そうか!いいよなマジで!
俺も今PCの壁紙これなんだぜ!
ベイベ!

Re:tsu-bo
おおおっ!それはよかったぜ!
こちらこそセンキュだぜ!
ベイベ!

Re:aya
おおっ!そうなんか!いいねえ!
幽体離脱で木内鶴彦氏がバッハの曲と
夜空の星の位置が同じだったといっていたぜ!
興味深いよな!
ベイベ!

Re:瑠璃
コメセンキュ!
おおおっ!この絵を結婚記念にとはステキすぎだぜ!
これは嬉しいだろうなあ!いいねえ!
ベイベ!

Re:hana
おおおっ!そうだったか!マジいいよな!
マジでストックブリッジへ行ってみたくなったぜ!
ベイベ!
Commented by ゆぅ姫 at 2013-02-11 19:43 x
Kサン。
ばんわぁ♪

ほんとに素敵な絵ですね^^
男性が、女性を大事にしてる感じが
表情や態度から、すごく伝わってきます。

(ノ∀\*)イヤン。素敵~♪
私も、早くこぉなりたいなぁw

すきなもの
少しずつ増やして楽しい人生を
おくりたいデス。
+.゚(*´∀`)b゚+.゚
Commented by 桃加 at 2013-02-12 02:46 x
うわぁ~!!
とっても素敵!

素敵すぎます!(笑)
Commented by 「 K 」 at 2013-02-14 03:47 x
Re:コメント返信

Re:ゆぅ姫
そうそう拡大してみると表情とか
ものすごくイイんだよな!
ベイベ!

Re:桃加
ホントそうだよな!俺もかなり気に入ったぜ!
ベイベ!
Commented by tomtom at 2013-02-26 11:03 x
ノーマン・ロックウェルの絵画は、細部に至るまで愛情で溢れていて、見るたびに魅了されるのですが・・・今回、何気にブログ記事を読んでいて、この絵が紹介された部分で、なぜか急に胸が熱くなり・・目頭が熱くなり・・・ど、ど、ど、どうしたんだ?私??みたいになってしまいました。。絵画の良さはいうまでもないのですが、別の何かを持っていませんか?この絵。。 プリントアウトしてオフィスのデスク横に貼っておきました♪
Commented by 「 K 」 at 2013-02-27 01:12 x
Re:tomtom
いやホント俺もそう思うぜ!これはかなりキタ!
何か持ってる感じだな今もPC壁紙この絵だぜ!
ベイベ!
Commented at 2015-01-20 13:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2015-02-14 22:10 x
Re:emu
まああれはマジでいろいろあぶないからな!
調和や道徳を選択をしてよかったと思うぜ!
ベイベ!
<< 驚愕!「妖精を呼ぶ本」の効果が... 真相!なぜ生まれる前の記憶がな... >>