「ほっ」と。キャンペーン

真相!「妖精たち」は身近にはたらいていた! #305

妖精 たち は 俺たち からは 

見えない しかし

妖精 たち は われわれ の 為に

せっせこ せっせこ と

懸命 に 働いて くれている


その ことを 実際 に 証明 するかの 

ような 出来事 が あった


実は こんな ことが あった、、、


昨年 俺は とある資格 を とるため

学校的な ところ に 通っていた


そこに H氏 という 年配の女性 がいて

H氏 は 花 が とても すきな方 で

クラス に よく 花 を 持って来て

活けて くれていた

俺 も 花 は 好きなので


俺   「 いや~ やっぱ イイっすね!

      花 が あると!           」


H氏  「 そう言ってくださると うれしいわ! 」


俺   「 その 花 は なんて 名っすか?、、、」


と いった感じ の 会話 を よくしていた


そんな ある日 

ふと 花瓶 の 横をみると


『 どんぐり 』 


が 数個 おいてあった


俺   「 おっ! どんぐり かあ! 

      なつかしいなあ~ これも H氏ですか? 」


H氏  「 ええ こういうのも あると いい

       かな と 思って           」


俺    「 いいっすね! どんぐり とは!

       小学生 以来 かな 見たのは! 」


と いった感じ で 話していた


で その とき は どんぐり いい ねえ

くらい に しか 思っていなかった のだが


ここにも ちょっと 『 妖精 』 に 関する

不思議な 偶然の一致 が 

実は 存在 していた


それは


昨日 の 記事 で 紹介しました

b0225081_3263278.jpg
『 妖精を呼ぶ本 』 詳細

姫乃宮 亜美 氏 (著)





この 『 妖精を呼ぶ本 』 ですが


俺も ちょっと おどろいた のだが


この 本 に 実は 「 どんぐり 」 に

関する ことが 書かれていて

その 内容 が 見事 に 一致 していた


実は この ころ クラス で 

人間関係 が ごちゃごちゃ していて

空気 が ちょっと よろしく なかった


で この 本 を みると、、、


なんと!


「 人との コミュニケーション が うまくいかない

  と 感じたり 人を信頼する 気持ち が

  なかなか もてなかったり する とき は

  ぜひ 『 どんぐり 』 を 身近に 置いてみて ください 』


と 書いて あったのだ!


そのとき の クラス の 雰囲気 と

どんぐり が 見事 に 一致 していた のだ


H氏 は こころ やさしい 方 だったので


なんと!


『 妖精 』 と ともに 『 どんぐり 』 を 

クラス に 運んで 来てくれていた の だった!


俺   「 ああ 妖精たち は あのとき も 
      
      みえないところで かげで こっそり

      俺たち にんげん の ために 

      しっかり 働いて くれて いたのだな、、、 」


と なんだか ありがたい 気持ち に なった

なんか ちょっと うれしい ことだな と 感じた


もうちょっと そういう 


みえなくても 実際 に 存在 していて

懸命 に 尽くしてくれている やつらに

「 ありがとう 」 の 思い を 伝えたい


そういう 『 妖精 』 たち の ことを 想い 

『 妖精 』 たち とも 

気持ち の 交流 が できる ように

なると いいかな と 俺 も 思う



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-01-21 10:45 | 龍・妖精・ちいさいおじさん! | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19871914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 子犬 at 2013-01-21 14:06 x
「妖精を呼ぶ本」を探して本屋さんに行きました。本を手にしたらすぐに他の本にも目が行き、勝手に近づいて行きます。自分が想定外の事をするので、なんだろー?と思ってると、手にしたのは一冊の本で、過去世で家族だった人が書いたものでした。二冊買って帰りました。私が読まなければいけない内容でした。近いうちに海外まで出掛ける事になるかも知れません。「K」さん、「妖精さん」すごいタイミングでの導き、ありがとうございます。
Commented by にこ at 2013-01-21 16:28 x
はじめまして(^ー^)/
偶然このブログを発見し読んでみたら、すっっっごく勉強になりました☆
私も、助けて助けて、という誰のものとも分からない声(思い)が聞こえる感じがして、知人に「どうしたもんか…」と相談していたばかりだったので、Kさんの光の球の浄霊方法を見た時は本当にびっくりしました!
これがシンクロなのですね☆
ありがとうございます!
これからもたくさん学ばせてくださいね(^ー^)
Commented by 「 K 」 at 2013-01-21 22:15 x
Re:コメント返信

Re:子犬
おおおっ!それはよかったぜ!妖精たちがんばってるな!
やっぱなんかこうつながってくるといいよな!
ベイベ!

Re:にこ
おおおっ!そうだ!これがシンクロだ!
まさに丁度のタイミングだったようだな!
参考になったようでよかったぜ!
ベイベ!
Commented at 2013-01-21 22:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-01-21 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-01-26 03:37 x
Re:コメント返信

Re:ちぇり
おおっ!いいねえ!丁度のタイミングで妖精だったな!
自然のものがすきっていうのは妖精も喜ぶはずだぜ!
ベイベ!

Re:ポチ
おおっ!なかなかよさげな感じだな!
そういうのが聴こえるってこと大切だと思うぜ!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2013-01-31 03:22 x
Re:こはる
コメセンキュ!おおおっ!こちらもシンクロしたか!
どんぐりと妖精のシンクロ!こういうの嬉しいよな!
ベイベ!
<< 実録!日常のちいさなうれしいシ... 今日俺は 『妖精』 に導かれ偶... >>