今日俺は 『妖精』 に導かれ偶然の一致が! #304

この 世界 には 妖精 が 

実際 に 存在 する

そして 妖精 たち は 

偶然の一致 シンクロ二シティ を おこして

俺たち に 本来 すすむ べき 道 を

知らせ たりして 助けてくれる の である


実は 今日 (19日) 

俺は 妖精 に まつわる 

こんな 不思議 な 体験 を した


ことの しだい は こうである、、、


画家 で ある 友人 が 近く で

個展 を するので 時間 が あったら

来てください と メール が あった


その 個展 は 毎回 おもしろくて 

俺は 行きたかったが

なんせ ここの ところ かなり いそがしくて 

かなり つかれもたまっていた ので

今日 行こうか まよっていた


俺   「 ああ しんど 今日は

      ちょっと 行きたくねえなあ、、、 」


と 行くべき か 家で ゆっくり すべきか?


めずらしく まよっていた

そこで 守護霊 に 聴いてみる


俺     「 おーい 今日 行った方 が いいんか? 」


守護霊  「 、 、 、 。 」


俺     「 アカン、、、今日なんも 聴こえん、、、 

        きょう つながんねーな、、、こりゃ、、、 」


そうである 守護霊 と 会話 が できる と 言っても

毎回 会話 が できる わけではない


たとえば 俺 自身 が 決めるべきこと は

守護霊 は いっさい なにも いわない


あと 今日 みたいに 

俺自身 が めんどくさがっている とき

は 何も 聴こえない、、、


それは なぜか?


聴こえない と いうよりも

俺 自身 に 聴く 気 が ないからである


仕方がないので 自分 で 自分 の こころ を 感じて

判断 することにした


俺   「 あー ねむてー あかん 行く気 が ない

      、、、、

      しっかし なんか こころ の 奥底 で

      行った 方が いいぞ、、、って 感じるな、、、 」


この 場合 どうしようか? と 俺は 考えた


おそらく めんどくさい って 言うのが エゴ で

行ったほうが よい ってのが 本来 の 声 

だな、、、と 俺は 判断した


よって 行くことにした 


気持ち を 切り換え 気合 入れる ために

とりあえず Rock を 流して 着替えた


そして 出かけよう と した そのとき

ふと 一冊 の 『 本 』 が 目 とまった


俺   「 ん? なんだろう? 持って行け ってか? 」


と それは 昨日 買った 本 だった

俺 は 街 へ 行くとき は 基本 

「 手ぶら 主義 」 

で 何も 持たない で 歩く 


だが たまたま 目 に とまったので

その 本 を 手に 部屋 を 出た


そして 会場に着き 絵 を 観た

もう 終わりごろ の 時間 だったので

会場 は 俺 だけ だったので

友人 と ゆっくり 久しぶり に 語った


すると こんな 話 に なった

その 友人 は いきなり


友人  「 妖精って 本当 に いて、、、  」


俺    「 え? なんて? 」


俺は びっくり した


友人  「 それで 自分 に いろいろ 

       気づかせてくれている と 思う  」


俺    「 おおおっ!!! マジか!

       きてるなあ、、、、、 こりゃ!! 」


うわっつ これは スゲー な と 俺は 思った!


なぜなら 俺が 部屋 から たまたま 

持ってきた 昨日 買った 『 本 』 と いうのが

なんと!

この 本

b0225081_3263278.jpg
『 妖精を呼ぶ本 』 詳細

姫乃宮 亜美 氏 (著)





『 妖精を呼ぶ本 』

だったのだ!


俺    「 おいおい! 今日 たまたま 

       俺 妖精 の 本 もって 来てるんだよ! 」


友人   「 おおおっ!! スゴイ! 見せて!! 」


と 2人 とも おどろいた! 

そして この シンクロ に 盛上がった


しかも その 友人 は 

今日 俺 が 来る 前 に 

たまたま 普段 は まず 見ない

スクラップ・ブック を 開いたら


なんと


ピーターパン の 『 妖精 』 の 記事 

を 見つけて 読んでいた とういうのだ


そんな シンクロ まで あったのだ


友人 は さっそく この本 の タイトル を

メモ って 読んでみる と 嬉しそうにしていた


俺も たまたま この 本 を もってきて

よかったな、、、と 感じた


そして この 本 には 友人 の 言っていた

ことと 同じ ことが 書いてある と 俺は 話した


『 妖精 』 たちが シンクロ を 起こして

人々 を 導いて くれている、、、と


そして 俺 たち は まさに その

『 妖精 の 導き 』

を 実際 に 体験 できた のであった


どうだろうか


やはり 『 妖精 』 は 実在 している

その ことを 再確認 できた


以前 にも 俺 の 髪の毛 に 糸 を

結びつけて いった 妖精 も いた


俺が 妖精 に 的場浩二 氏 の ケース みたいに

「 もし 妖精 が いるなら 目印 を くれ! 」

と 妖精 に 頼んでみたら 

数日後 髪 に ちいさな糸 が 結ばれていた のだ

妖精!出現の証しの写真はこれだ!! #043

この 記事 に その時の 

実際 の 写真 も 載せてある


そして この 『 妖精を呼ぶ本 』 にも


『 妖精 と 繋がりはじめる と 

  思いもよらない ラッキー な 出来事 が

  つぎつぎと 起こったり

  うれしい シンクロ二シティ が 

  起こり始めたり します              』


と 書かれている


しっかし まさか この本 を 買った 翌日に

こんな うれしい 「 妖精 」 の シンクロ を 

体験 できるとは 思っても いなかった


ただ 俺の場合 は もともと シンクロ が 

多い ので 今回 のが 「 妖精 」 が 

おこしてくれたのか の はんてい が つかない

わけでは あるが


いや こんかい は 『 妖精 』 です と

シンクロ の 内容 から しても

俺 は そう 考えている 


俺 は エネルギー を 感じとる ことが 

出来るので よく わかるのだが


本屋 で この 本 の 1 ページ 目 を

読んだ 時点 で 俺は


「 うわっ やべー これ マジ(本当) だ 」


と 感じた


この 本 の 1 ページ 目 に 書いてある ことが

ものすごく おもしろい というか ステキ で

自分 の エネルギー が かわる のが 

わかった


しかも 俺 の ところに もんのすごい たくさんの

エネルギー が いっせいに あつまって きて

やつらに 囲まれる の が わかった


俺   「 ああ、、、これ マジで 

      来てるな (妖精たちが)、、、 」


と 


これ この 1ページ目 が ものすごく イイ

のだけども ネタバレ に なってしまうので

ここでは 書けません


俺的には イイ 意味 で めちゃくちゃ ウケたし

これほど 1ページ目 で インパクト を 受けたことは

ねーな と 感じました


是非 1ページ目 だけでも

実際に 本屋 で 手にとって 読んでみてください


ちょっと 敏感 な 人 なら この 

1ページ目 の 2行目 に 書いてある ことが 

本当 だと 絶対に こころ で 感じると 思います


そこを 読んだ とき の 自分 の こころ の

へんか で 


「 あ、、、これかな、、、この気持ちかな、、、 」


と なにかしら 感じる と 思います


そして 

「 妖精 」 に 興味 の ある 方 や

なにか 思うところが あった 人 は

読んでみてください



それでは みなさん たのしく おれと 

共に 前進 して ゆきましょう!
[PR]
by aquarius_az | 2013-01-20 04:45 | 龍・妖精・ちいさいおじさん! | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19865912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Fuwarin at 2013-01-20 15:14 x
うわ〜。

>是非 1ページ目 だけでも
実際に 本屋 で 手にとって 読んでみてください

って、ここ読んだだけでも、ピリピリきました〜。^^

Commented by 「 K 」 at 2013-01-21 22:14 x
Re:コメント返信

Re:ベージュ
お!シンクロイイ感じのとこまで来てるよな!
あとは愛と調和のもとに直感を行動にだぜ!
ベイベ!

Re:Fuwarin
おおっ!ぴりぴりきたかっ!
やつらもきたかもしれないぜ!
ベイベ!
Commented by みもざ at 2013-01-22 20:54 x
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。本日、お教えいただいた、妖精を呼ぶ本を購入致しました。早速、ビリビリときています。ご紹介ありがとうございました☆これからもよろしくお願い致します☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:
Commented by 「 K 」 at 2013-01-26 03:37 x
Re:みもざ
コメセンキュ!おおっ!さっそくビリビリだな!
この本結構イイよな!こちらこそヨロシクだぜ!
ベイベ!
Commented by どんぐり25 at 2014-04-09 17:21 x
こんにちは。このブログを読んで、早速ネット上の立ち読みができる所で1ページ目を読んでみました。
しかし何かを感じることはできなかったのですが、最近ようやく購入して改めて読んでみたところ、2行目をよんでいた時に、ドキッとしました。
まだ読んでいる途中なので、読み終えたとき何を感じるか楽しみにしています。
Commented by 「 K 」 at 2014-04-13 20:00 x
Re:どんぐり25
おおおっ!そうなんか!
俺たちは妖精たちにいろいろ
してもらっているんだよな!
本を読み終えたら#320#343#305を
読んでみるとおもしろいかもだぜ!
ベイベ!


Commented by どんぐり25 at 2014-04-25 09:49 x
こんにちは。
本とブログ、読みました。
読み終えて、へえ~と思ったり、心が痛いなあって感じたりしましたが、Kさんのブログにも出てきたどんぐりの妖精の話は、今の自分の悩みっだったり、迷いだったりにシンクロしているのかなって思いました。
多分この名前をつけるきっかけも、妖精の力が働いていたのかもしれませんね。

まだ心に抱えている問題は解決にはいたってないですけど、このブログと妖精達の力を借りて、』よい方にむかっていければいいいなと思ってます。
Commented by 「 K 」 at 2014-04-26 09:29 x
Re:どんぐり25
ああなるほどたしかにそうだな俺もなぜ
どんぐり25なのだろうかと思っていたが
これはどんぐりの妖精のサポートだな!
むきあえばかならず光がみえてくるぜ!
ともに前進していこうぜ!
ベイベ!
Commented by どんぐり25 at 2014-04-26 10:50 x
有り難うございます。
最近涙もろくて 、Kさんの返信読んで、うるってしてしまいました。

いつか気持ちがすっきりした時には、報告したいと思ってます。
Commented by どんぐり25 at 2014-04-30 14:19 x
連投すみません。
実は今朝から、気分が落ち込んでいたのですが、先ほど自宅の近所にシロツメクサの花が咲いていたので、なんとなく気になり見てみたら四の葉がありました。
今は少し元気になりました。
妖精に感謝です。
Commented by 「 K 」  at 2014-05-03 08:18 x
Re:どんぐり25
そうだったか!OK!
ともに前進していこうぜ!
ベイベ!

Re:どんぐり25
春は道に咲いている花もとてもきれいだよな!
花ながめているだけで気分がとてもよくなるよな!
すでに読んだかもしれないが#419がおすすめだぜ!
おっ!四葉の妖精に声をかけてもらえたようだな!
部屋に花を生けたり花鉢をおいてみるといいかも!
ベイベ
<< 真相!「妖精たち」は身近にはた... 真相!『 真の言霊 』 とはこ... >>