「ほっ」と。キャンペーン

偶然の一致・シンクロ二シティーで得たもの! #285

最近 

『 シンクロ二シティー 意味のある偶然の一致 』

を 体験 する 人たち が 増えている


この ブログ でも 

しばしば とりあげる 話題 であり

『 シンクロ二シティー 』 を 辿っていくと

そこには


なんと


『 幸福 な プレゼント が 待っている 』


今回 も その 俺の 実体験 を 書きます

この 話 は ぶっちゃけ 結構 すごい です



以前こんな こと が あった、、、


音楽 を 作曲 して 

それを 録音 する 機材 が ある
 

俺の持っていた その 機材 は

当時 入門用 だったので そろそろ

高機能 の 録音機材 が 必要だった


そんな ある日 

友人たち と 楽器店 に 行って

ふと みると 新型 の 録音機材 の チラシ

が 目に入った それを みると


俺   「 おおっ! これだ! これがほしい!

      これが 必要 だ!            」


と その 新型の機材 は まさに

俺 が イメージ した ことを 

可能にする 機能 を もっていた


俺   「 俺は 近々 この 機材 を 手にする 」


と 俺は 友人たち に 意味不明 な こと を 言った


A   「 「 K 」 金 は あるんか? 」


俺   「 そんな ものは ない! 

      しかし 大丈夫 だ これに 関しては! 」


とはいえ この 機材 の 価格 が なんとも

128、000 円 も した


しかし


普段 俺は めったに モノ を ほしがらない

その 俺が これほどまでに ほしがるのは

めずらしかった ので 


これは 『 魂 からの 声 』 でも あるな と 感じて


この 機材 は 『 絶対 に 必要 』 だと

感じたの で とりあえず 資金 は なかった が

絶対に 手に入る と 友人たち に 言い切った



そして それから 数日 して

シンクロ二シティ が 起こり 始めた



信号待ち を している とき

自分 が ぼ~ っと ある 一点 を

見つめていることに ハッと 気がついた


その 視線 の 先には

「 喫茶 ジュン 」

と 言う 看板 が あった


俺   「 『 ジュン 』 か、、、 何だろ? 

      今の 感覚 は シンクロっぽいな、、、 」


予感 は 的中して その日 を さかいに

日常で 頻繁 に 『 ジュン  』 と いう

文字 が 街角 や 雑誌 などから

目 に 飛び込んできた


そして ついに その シンクロ の

意味 が 解明 される 日が来た


その日 は 当時 の 職場 で

めちゃくちゃ 仲のイイ 上司たち と

カウンター で のんでいた


そこで 俺は その 機材 の 話 をした


俺    「 、、、って 機材 今 ほしいんっすよ  」


上司   「 へえ~ いいねえ ぼくも その機材
 
        入門用 で いいから ほしいなあ~ 」


俺    「 ん? 、、、、 。 マジっすか? 」


一瞬 俺 は ハッと なった

あ、、、そうか 今ある 入門用 の 機材 

を 買ってもらえば いいのか、、、


しかし 


俺は ここで 迷った、、、 

俺 が 今 持っているのは その 機材 だけである 

もし 俺 が ここで それを 売ってしまったら

俺は 録音機材 が まったく なくなってしまう!


しかし そこで 俺は

さらに

もう一度 ハッと した


俺   「 ( うわっ! そういうこと なんか!! ) 」


それは

なんと!


今 一緒に のんでいる 上司 の 名前 が


まさに シンクロ で 頻繁 に 来ていた


『 ジュン 』 さん


だったのだ!


えっ! ここで ジュンさん に 今ある 機材 を

買ってもらえ ってか? おい おい 

俺 機材 なくなっちゃうよ? どうなんだ これ?

ん、、、でも これ 明らかな シンクロ だしな、、、


しかも ちょうど 俺の もっている 

入門用 の 機材 を ほしい と いう人が

この ちょうどの タイミング で 現れる とは、、、

すごい シンクロ だな、、、


俺   『 ( よし! シンクロ を 信じてみるか、、、 ) 』


と 決心 して 俺は 今ある 入門用 の 機材 を

ジュンさん に 売ってしまった!


ジュンさん は よろこんで 高め に 買ってくだっさた

30、000円 で

しかし 目標 の 128、000円 には まだまだ だった、、、


当然 俺は 機材 が なくなり 録音 も 出来なくなった

ちょっと Reckless (無鉄砲) だったかな、、、ははっ!

ま 自分が選んだんだから 自己責任 だよな、、、と


そして その 数日後


また シンクロ が きた 

今度 は 


『 チェック 』


と 言う 言葉 であった


その日 俺は 例の 友人たち と

打ち合わせ を していた

そこの 部屋 の テレビ で

ライブ 映像 が 放送 されていた


すると 俺の 友人H が


友人H   「 おい チェッカーズ の ライブだぞ これ 」


友人たち 「 んな わけねーだろ! 」


友人H   「 絶対 チェッカーズ だって これ! 」


と アホ な 言い合い を 始めた

この 友人H は 俺の 親友 で

こんなに 言い張る のも めずらしい


俺   「 ああ、、、『 チェック 』 これ シンクロか、、、

      こいつ(親友H) が これほど 言うとは

      俺への メッセージ だな、、、          』


何だろうか? これは なんの メッセージ だろうか、、、

俺は アホ な 言い合い を 背 に 

真剣 に 考えてみた、、、


『 チェッカーズ 』 『 チェッカー 』 『 チェック 』
 

う~ん、、、


俺     「 うおおおっ!! あああああ! アレだっ!! 」


友人たち 「 おい なんだよ いきなり! 」


俺は 『 チェック 』 と 言う シンクロ の

キーワード から ある じゅうだい な ことを

思い出したのだ!


それは 


『 トラベラーズ・チェック 』 


だった 


数年前 に オーストラリア へ 

行ったときの トラベラーズ・チェック が

まだ 実家 に 置きっ放し で 

俺は まだ 円 に 換金 してなかった

ことを 思い出した のであった!


すっかり 忘れていた ので

この シンクロ には かなり おどろいた

こんな メッセージ も あるのか! と、、、


たしか、、、7万円分 くらい あったはず、、、


早速 実家 へ 戻り 

銀行で 換金してみた

すると やはり 7万円 くらいに なった


これで 合計 10万円 になった


俺   「 おや ひょっとして 近々

      買えちゃう? あの機材、、、 」


そして さらに 数日後


最後に ダメ押し の 

ちいさな 奇跡 が 起きた


その日は バンドの練習 の日 で

行きつけの 楽器店 の スタジオ に

入っていた


練習が終わった 後に 

店長 と 談笑 していた そこで


奇跡 は 起こった!


俺    「 ああ これこれ この新製品 すごく イイよね

       俺 今 これ スゲー 必要 なんだよね!     」


店長   「 ああ これ イイ ですよね!

        即金なら 「 K 」 さん 10万 で いいですよ 」


俺     「 え? なんて? 」


店長    「 即金 なら 10万円 で いいですよ 」


俺     「 マジ? マジでかああああああ!!  」  

     
いやあ これには ホント おどろいた


新製品 だったので その価格では 

どの店 でも 出してなかったのだ


店長 その節は 本当に どうも ありがとう


俺は 早速 部屋 へ 戻り お金 を 取りに行き

その 機材 を シンクロ で 集まった 10万円 で

購入した のであった


どうでしょうか


この 機材 が 必要 だ と 感じて から

数週間後 には 実際に 入手 してました


シンクロ二シティ と 向き合い 

真剣に その意味 や メッセージ を


『 読み解いて 進んでいくと 』 


こんな 奇跡的な ことも 起こる のです


ポイント は


『 これは どういう意味があるのか? と

  エゴではなく 本当の 心の声 を 聴く こと 』
 

『 自分 を 大切に思ってくれている 人 とか

  特に 親友 の 言う 言葉 には

  メッセージ が 込められている ことが多い  』


『 日頃の 行い を 心して 良くしていく ことで

  自分 の 周波数 を 上げる            』


シンクロ二シティ は 守護霊 や 守護天使 が

起こしてくれています
 

実際 俺は 今回の話のような 

シンクロ二シティ が ものすごく 多い の ですが


実感として やはり 


『 自分は 人として 成長 進化 したい 』

『 この星 (地球) を すこしでも よくしたい 』


と 言う 気持ちが 強い とき に 

シンクロ二シティ が 頻繁に 起こります

( 下記 偶然の一致&シンクロ タグ の

  過去記事 にも いろいろ 書きましたが )


俺も あまり そういう ことを

考えていない とき には 

シンクロ も さほど 起こりません



『 自分は 人として 成長 進化 したい 』

『 この星 (地球) を すこしでも よくしたい 』


この 気持ち が 


自分の使命 への道 や 不思議な体験 や 

ちいさい 奇跡 や シンクロ二シティ を

引き寄せている の です


守護霊 や 守護天使 たち の

サポート は 全て の 人 が 

すでに 受けている のですが


この 気持ちを 真剣に持つと さらに

守護霊 守護天使 

宇宙的 な 存在 たち から 

サポート を 受けるようになる のです
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-30 13:23 | 天使・奇跡ミラクル・偶然! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19753893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hana at 2012-12-30 16:25 x
すごいですね☆
それほどのシンクロは体験したことないです。

そこまで天が協力してくださるのは、
Kさんがその機材を手に入れることに
大切な意味が含まれているからですか?

巡り巡って、何か他のことと繋がっているのでしょうか…。

それとも人生楽しく生きるのも大切ってことで、
ご褒美…(^-^;)?
Commented by 「 K 」 at 2012-12-31 00:53 x
Re:hana
おおっ!これはイイ観点だな!
その理由は地球のこと真剣に考えていたという前提で
「大切な意味が含まれていた&他にも繋がっていた」だぜ!
ベイベ!
<< 2013年 新年のごあいさつ!... 霊的 『やってるテイで やらさ... >>