出来事の受け止め方で人生が変る! #282

自分 に ふりかかった 出来事 を

どう 受けとめるか で 人生 が 大きく 変る


以前 こんな 出来事 が あった


とある 場所 で 俺たち は 模擬発表 をした

本番に そなえて の 練習 の 発表 である


本番当日に 発表を聞く 人たち の 役は

同僚達 が 演じてくれていた


俺の 発表 の 順番 が きた

ま 準備も 結構 がんばったので

順調 に 発表 は 進んだ


「 ま イイ感じ で すすんでるかな? 」


と 感じていた その とき

ハプニング が 起こった


発表を 聞く役を 演じていた 同僚 A氏 が

俺 の 出した 説明 と 指示 どおりに

動けなかった のだ 


そのため 俺の 発表 は  

先に進めることが できず 中断 となってしまった


俺は 内心


「 あ ざんねん 」


と 思うと同時 に


「 やっぱ ここ ちょっと ツメ が 甘かったか 」


と やっちまったな、、、 と 思っていた

で もう そこで 気持ち を 切り替えて

次に やる本番 に 備えよう と 

同僚達 から 意見を 出来るだけ 収集した


俺の 発表 は そこで 終わってしまった

その場 は ちょっと きまずい 感じの

びみょ~な 空気に なっていた


で 俺的には おどろいた ことが 起きた


発表 が 終わり 休憩 時間 に なると


俺の発表 を 止めてしまった

A氏 が 俺の ところに 来て

ものすごく 気にした 感じで

お詫び を 伝えにきた のである


A氏   「 本当に ごめんなさい 

       わたしの 呑み込み が わるい 

       ばかりに 止めてしまって 、、、 」


A氏 は そうとう ショック を 受けて

自分を 責めていた


しかし 俺は まったく そんなこと を 

思ってもいなかったので


俺には A氏 が 言っていることは 解るが

A氏 の 言っている 意味が わからなかった


俺    「 えええっ! 何言ってんすか! Aさん 

       あれは 本番 でも 起こり得ることですよ

       あなた の おかげで 改善策 も わかり

       いやあ 本当に ありがとう ございました! 」


と 俺は A氏 に 思っていた ことを 伝えた


いや マジで 本当に そうである

もし この発表を 仲間内 で 口うらあわせて

表面的にキレイに 問題を 起こさないよう に

やってしまったら 本番 で 問題 が 

生じたら どうする、、、


すると A氏 は


A氏   「 ああ、、、なんてこと おっしゃってくれるの、、、

       こっちが 謝らなくては ならないのに

       ぎゃくに 励ましてくれる なんて、、、 」


と 胸がいっぱいに なった 表情を 浮かべている


俺    「 いや マジ で そうっすよ!

       むしろ 俺は ラッキー ですよ 

       Aさん の おかげで 本番 に 向けて
  
       改善策も 解り 対処 が 出来ますし 

       その為に 今日の出来事 は 起きたのですよ

       (宇宙ってのは そーなってんっすよ←内心) 」


A氏   「 まあ そんなこと おっしゃってくださって、、、 」


俺    「 まあ それが 真理 なのですから、、、 

        いや 本当に ありがとうございます! 

        マジで 助かりました!          」


と こんな 会話 が なされた


俺が A氏 に 言った 言葉 は 本当のことで

それが 真理 まことの ことわり である


『 自分 に 降りかかる コトは 

  自分 の 成長 の 為に 起きている 』


宇宙 とは そういう ふうに 出来ている のだ


しかし もし この 出来事 を


「 ちっ! なんだよ 呑みこみ ワリーなあ!

  ちゃんとやってくれよ 恥かかせんなよ!  」


などと 俺 が 受け止めたら、、、

どうであろうか?


んなこと 思うと 守護霊 から 即座に

蹴り を 入れられてしまう だろうが


これでは

完全 に 宇宙 の 周波数 から 外れてしまう


守護霊 や 守護天使 たち は

「 おい それ ちゃうやろ 」

って 誰にでも いって くれている


自分のしっぱい を 人のせいにして

その 守護霊たち の声 や そして

エゴでない 本当の こころの声を 無視 したら


自分自身 で 天 や 宇宙 との

回路を 遮断 してまう のと 同じである



もし かりに

しっぱい を 人のせい に してしまうと

自分 の 模擬発表 を 改善 することにも 

集中 できないので

本番 が より キビシイ ものと

なってしまって いたことだろう


じっさい 発表後

人のせいに している人もいたが

みていて その人自身 くるしそうであった


言ってあげれる 言葉 も あったが

いっぱいいっぱいだった みたいだし

言ってほしい という シグナル も 

とくに でていなかったので 黙して おいた 


が、、、



『 自分 に 降りかかる コトは 

  自分 の 成長 の 為に 起きている 』


起こった 出来事 から メッセージ を

読み解くことが 大切で


『 この 出来事は 自分に どう成長しろ

  と 言っているのか?            』


と 自分 を 成長させる 方向で

前向き に 受け止める ことが 大切 です


そして


『 もし 守護霊 だったら 今 なんと

  言ってくれている のだろうか?  』


と 言う 視点 で 

エゴではない 本当の 心の声 を 聴き

しっかり 自分で考える ことを していくと

守護霊 の 声 も 聴こえる 様に なります 


なにより 自分も成長でき 

魂 の 周波数 が あがります


『 起こった 出来事 を どう受け止めるか 』


で 人生の道 は 大きく ちがってきます
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-26 12:29 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19730023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 予知夢そして謎の行動の答えとは... 1人でも盛上がれるか?クリスマ... >>