心眼 「こころの目」 でものを観る! #270

以前 「 Love 」 と言う タイトル の 映画 を

友人たちと 自主制作 映画 と して作った


俺は 監督 だったが 

ワル役 の ボス の 役 で 出演 もした

(この ワル役 の ボス は 改心 するのですが)


で その 映画 の テーマ の 1つ が 

『 心眼 』 つまり 「 心の目 」

であった


「 心の目 」 とは、、、


たとえば 何百万もする ダイアモンド が あるとする

もちろん その 磨きやデザイン 加工技術 などの

アート としての 価値は すばらしものである


ただ もしも 目 が 見えなくなったとしたら

どうなる?

はい これ ダイアモンド だよと 手渡されても、、、

どうだろうか、、、

そして その ダイア に 本当に 何百万も 払えるのか?


目の 網膜1枚 で 感じ方 が 全く違うものになってしまう


目に見える 表面的な 美しさ だけ を 追ったり

そこ 「だけ」 に 価値を おくのは むなしく

網膜 1枚 で 崩れ去ってってしまう もの なのだ


ところが、、、


たとえ 目 が みえなくなっても 

崩れ去らない もの もある


それは


愛 で あったり ぬくもり 

おもいやり やさしさ

友情 など いろいろ ある


こころ で 感じる ものは 

たとえ 目 がみえなくなっても そこに残る


そういったものを 大切にしたい


年の差 カップル とかも いいと思う

肉体 は どうこうしなくても 自然 に ふけていく


だけど 目をつむって その人 のことを

想った ときには そこには


その人 の こころ や 魂 が ある


心の眼 で 感じて 

こころ に 愛 が あふれてくる の であれば

お互いを 大切に しあえる のであれば

それで いい


もちろん 他の人にめいわくをかけずに

周りとの調和 が あってのことですが



俺たち の 日常 には あまりにも

多くの ことが ありすぎて


『 本当に 大切 な もの 』


が 観えづらく なってしまっている


だけど その 『 本当に大切なもの 』 を

しかり観ること が 大切である


自分 の こころ を しっかり 感じて

『 こころ の 眼 』  で ものを 観る


自分にとって 本当に 大切 な もの 

を 大切に 


と、、、そんな 映画 を かつて 作った


そして やはり 今でも そう 思っています
[PR]
by aquarius_az | 2012-12-08 14:51 | 発想・視点をかえる! | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/19633397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-12-08 20:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Kayo, :) at 2012-12-10 04:59 x
Wow! 素敵なお話♪ その映画、是非見てみたい~♪ ^^
Commented by hana at 2012-12-11 20:23 x
こんばんは。

こころの目で観る。
本当に大切ですよね。

数年前、坂本九さんの「心の瞳」
という曲を始めて聴いたとき涙が出ました。
とても大切なことを思い出させてくれました。

日々の悩みに振り回されて曲がった心では、
単純なこともつい難しく捉えてしまう。

一度心を静めて、
心の目で世界を見渡すと、
今まであたり前だと思っていたことにも
感謝の想いが沸いてきました。

何でも華美になりがちな今の時代、
真実はいつも、見えないところにシンプルに存在していることを
つい忘れてしまいそうになりますが…

Kさんの記事を読んで
また思い出すことができました。
ありがとうございます。
Commented by 「 K 」 at 2012-12-15 00:12 x
Re:ちぇり
おおお!いいねえ!共にがんばろうぜ!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2012-12-15 00:13 x
Re:Kayo, :)
データ化したら公開するかもだぜ!
ベイベ!
Commented by 「 K 」 at 2012-12-15 00:20 x
Re:hana
こころの目で観るってホント大切だよな!
本当に大切なものが観えてくるよな!
ベイベ!
<< 心がモヤモヤ重い時はチャンスの... 驚愕!意味のある偶然の一致の神... >>