真相!恐怖症が治った退行催眠とは! #234

ずいぶん 前 の 話 だが 

俺は 以前 ヒプノセラピー を やっていた

ヒプノセラピー とは 退行催眠 のことで

いわゆる 過去の記憶 を 掘り起こしたり

前世 などを みる セラピー である


俺は この ヒプノセラピー が

ある時期 霊視 と 合わせて 

出来る様になっていた


なんの為に やっていたかと 言うと

この ヒプノ 前世療法 ってのは

その 人 の 前世を退行催眠 で 

みることによって  

心理的な ブロック を とる


そうすると トラウマ や 高所恐怖症

などの 恐怖症 が 治るのである


こんな 事例 が あった


友人の女性が 『 閉所 恐怖症 』 だった


少しでも 狭いところに いくと

ものすごい 恐怖心 が でてくると言う

自分でも それが どうして 起こるのかが

全く 理解できない らしかった


俺   「 そういうの ヒプノ で 治るぜ やったろか? 」

友人  「 え! 「 K 」 さん 出来るんですか! 」

俺   「 ああ なんとなく 」

友人  「 是非 お願いします! 」


と こんな感じで ヒプノセラピー が始まった


俺の ヒプノ の やり方 は 自分1人 でも

出来るので 興味のある人は

トライ してみてください



で この友人の 『 閉所恐怖症 』 を 

治す ヒプノ は こんな感じで 行われた、、、



目をつむって リラックス してくれ

それで こころ の 奥底へ どんどんと

入っていってくれ、、、


そう そんな感じ、、、

どんどん どんどん こころの深いところへ


「 モヤモヤ 」 してきたら そのなかに 

どんどん はいっていってくれ 

その 「 モヤモヤ 」 が ポイント 


そしたら 自分の症状の 原因 は 何か?

自分の魂 に 尋ねながら 「 モヤモヤ 」  に

どんどん 入っていってくれ

そしたら 魂は 閃き で 教えてくれるので、、、


こころ に ふと 浮かんだ 映像 でも 言葉でも

なんでも いいので 浮かんだものを

言ってくれ


友人  「 屋根、、、」


屋根が 観える わけだな、、、

その 屋根 がどうしたのか 自分の魂 に

さらに 詳しく 教えてもらってくれ、、、


友人  「 屋根に人が います、、、」


おまえも そこに いるんか、、、?


友人  「 はい います 」


どんな 格好をして 何をしてる、、、?


友人  「 私は 男で 鎧を着て 弓もってます 」


ということは せんそうちゅうか?


友人  「 はい てき と たたかっています 」


で そこで 何が 起きた?


友人  「 あ! 敵の攻撃で 屋根が崩れて

       わたしは 落ちてしまいました!! 」


彼女の表情が 変わり くるしそうである

で どんな 様子 なん?


友人  「 わたしは 生き埋めになってしまった
    
       誰も 助けに来てくれません     」


彼女は くるしそうな表情で

ガタガタ 震えだした 生き埋めになったことで

ものすごく 恐怖 を 感じている様子である

これは たいへん だろうから

俺は あたたかい 光のエネルギー を 送る


で、 どうなったんだ その後は、、、


友人  「 わたしは そこで しんでしまいました 」


ああ そうなんか、、、

じゃあ 肉体から 抜け出してくれ できるな?


友人  「 はい 宙に浮かんでいます 」


では そのまま 天に還るぞ 

光の お迎えが来たのが 解るか?


友人  「 はい 解ります 」


じゃあ その 光 に 着いていって

どんどん 上へ 宇宙 まで いってくれ


友人   「 はい 」


すると あたり一面 が 光の場所にくる

その 光る場所についたら 

めいっぱいに その 光 を 浴びちゃってくれ

気分は どうだ?


友人  「 とても いい気持ち です、、、 」


そうそう それでいい 

もう 生き埋めになった くるしさ も ないな?


友人  「 はい ないですね 」


よし じゃあ ゆっくり 目 を あけてくれ

で ちょっと ゆっくり のびでもしてくれ


俺  「 おつかれ これで おわりだぜ 」

俺  「 ど? 」


友人  「 なんか 恐怖の感情 がでて不思議 」


と まあ こんな感じである


この ヒプノセラピーで 俺のすることは


まず1つは 言葉 での 誘導 


そしてもう1つは 被験者 は

恐怖症を とるために こころの 奥底にある

恐怖心 を みないといけない 

これは とても 勇気 の要ることなので

たくさんの エネルギーが 必要 になる

そこで その 恐怖心を観れる 様に


「 俺 が つてるから 安心 しろ! 」 


的な 愛 とか 光 を ありったけ の 量 を

被験者 に 送る


基本的には この 2つ だけである


あとは 被験者の 

魂 が 観せてくれたものを もとに

問題 の 恐怖症 の 原因 となる出来事を

探り 最後は 天に還し 光 を 浴びせて

浄霊 して 終了 と なる


で 問題の その友人の 閉所恐怖症 は

どうなったのか?


彼女は 「 治ったかどうか 確認してみます 」 と言い

近くにあった 壁の隙間 みたなところへ

自ら 入っていった、、、


友人  「 うわあ! 「 K 」 さん びっくりです!

        治ってます! 全然怖くないです!

        えええ! ありがとうございます! 」


俺   「 はは よかったな! 」


と よろこんでいた 


彼女がみた 屋根の上での たたかい の

ヴィジョン これが 本当に 前世 かよりも


自分 の なか の 恐怖心 と 向き合って


その 恐怖 を 自分が 感じる ことが 大切 で

それを 受け入れて クリア すると

心理的 な ブロック が 取れるのである


その結果 恐怖症 は 治る のである


実は この 恐怖心 を とる 方法 は

受験 や スポーツの試合 そして 

日常で感じる 恐怖や不安 の 除去 にも 使えます


恐怖からは 目をそらす のではなく

一旦 全身で 「 これが恐怖か、、、」 と感じて

受け入れることで 恐怖 は 感じなくなるのである


そうすると その先 が 観えて来る


克服すべき状況に遭遇した方は

是非 お試しください


 
[PR]
by aquarius_az | 2012-07-06 00:54 | 問題・悩み解決! | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/18547414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さとこ at 2012-07-07 00:00 x
こんにちは。

私は雷がとても恐いです。大きな音と稲光が恐くてたまりません。
それから高校生の娘がいるのですが、少しでも帰りが遅くなると、「もう、帰ってこないんじゃないか」と、とても心配になります。

今日は雷の中、娘が22時30分頃に帰ってきました。
恐くて、恐くて、過呼吸になりそうでした。
恐怖としっかり向き合いましたが、まだ克服できていないです。

退行催眠、受けたいな・・・。
Commented by 「 K 」 at 2012-07-07 14:03 x
Re:さとこ
ああそれは結構こまってる様子だな
だいぶ前の話なんで今できるか俺にも解らんが
もしあれなら一応非公開コメントにしてメアドくれ
ベイベ!
Commented at 2012-07-08 09:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Lughly at 2012-07-08 16:50 x
Kさん、こんにちは〜。
さっき、非公開コメントを送った者です。
このうえなき幸せにひたりまくり、
こんなブログ、つくってみました〜。笑
Commented by 「 K 」 at 2012-07-09 08:03 x
Re:Lughly
おお!そうか!それは素晴らしいぜ!
すごく美しい滝だな!イイ写真だぜ!
ベイベ!
Commented by つん at 2012-12-18 22:57 x
はじめましてー
こんなブログがあったとわ~
このメソッド、自分でもできそうだったからやってみました!
なかなか良いです~。父親との恐怖に当てはめましたよ。
公開ありがとうございました(・∀・)
Commented by 「 K 」 at 2012-12-19 11:43 x
Re:つん
コメセンキュ!おおっ!それはよかったぜ!
他の記事にもやれそうなことあるかと思うので
ぜひやってみてくれだぜ!
ベイベ!
Commented at 2013-06-21 11:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 「 K 」 at 2013-07-02 15:39 x
Re:かな
おおっ!コメセンキュ!そのケースにおいては
その原因をつきとめてそれに対して個別に考え方
を1つ1つ変えていくことでなおすことが出来るぜ!
ベイベ!
<< あなたはどちらが気になりますか... 驚愕!知らずに使ってる日用品の... >>