物議醸す!エアロスミスVo.国歌斉唱! #105

エアロスミスのヴォーカル スティーブン・タイラーが

NFLのAFCの決勝戦の試合前に歌った国歌斉唱が (動画あり)

全米でなにやら物議を醸している


様々なメディアで酷評を受けているのだ

ただ これってどうなんだろうか


http://www.youtube.com/watch?v=M6yeVlhmgpU&feature=youtu.be (リンク)

エアロスミスと言ったら ハードロック・バンド

だからこんな感じの 国歌斉唱でいいのではと思う


ピッチとか綺麗にと言うのならば

声楽家を呼べばいいわけであって

ハードロックにはハードロックのスタイルがあり

ハードロックにはハードロックの楽しみ方がある


歌い方に関しても スティーブンは

いろいろ努力して 今のスタイルを見つけた


国歌斉唱の途中で シャウト 絶叫 する

これこそ ハードロック である


声を張上げ 絶叫したら 

そこで 会場は 普通 は 盛上がる

これが ハードロック の 醍醐味 でもある


こんな感じで


http://www.youtube.com/watch?v=M6yeVlhmgpU&feature=player_embedded (リンク)

どうでしょうか 


同じ スティーブン・タイラーの国歌斉唱を

この会場の人達はハードロックとして鑑賞している

今回の国歌斉唱の件でも

ハードロック スティーブン・タイラー なので

こういうことでいいのでは と


ちなみに

下積み時代のマドンナは

「 ポップコーン ばかり食べて過ごした 」

やはり マドンナ は ポップス だからだろうか?

 
一方 スティーブン・タイラー の下積み時代は

「 玄米 ばかり食べて過ごした 」 

と 「 エアロスミス 不死鳥伝説 」 に書いてあった

玄米 の方が パワーが出そうなので

やはり ハードロック である


上記の伝記を読んで 1つ 


「 ええ! 意外だ!! そうだったのか、、、」


と びっくりしたことが書いてあった
 

それは


スティーブン・タイラー と言えば

ライブでの 派手なアクション ステージング が

とにかく 素晴らしく 目を惹く

観たことない方はコチラをご覧ください ↓
http://youtu.be/k-r2vRtAL84?t=8s

その派手で素晴らしいステージングは

実は初めから上手く出来たわけではなかったのだ

うまく出来なかったこともあり

いろいろ考えて 努力して身につけたそうである


スティーブン・タイラー は過去の自分を

振り返り どこがいけなかったのか 伝記の中で話していた

その答えを聴いて 


「 ええええっ!! あのスティーブン・タイラーが!? 」


と 俺は おどろいて 飛び上がった


ライブが上手くいかない どこがいけなかったのか? 

おどろきの その 答えは とは

なんと


「 ステージで 内気 だったことだ 」


と書いてあった 

あの スティーブン・タイラー でもそうだったのか、、、


と 深く考えさせられた

あれだけ ド派手なステージング の 表面 だけみると

ああ、、、そういうのが 得意な人 なんだろうなと

考えがちである


だが それは 氷山の一角 でしかなく

自分のスタイルを確立するのは 容易なことではなく 

観えない 「苦悩」 と 「努力」 があるのだな、、、


ああ 俺もがんばろう、、、


と つくづく 感じた

今でも このこと は こころに残っている


エアロスミス すきな方は 

また伝記を読んでみるのもいいかも




エアロスミス伝記  
「 エアロスミス 不死鳥伝説 」
(現在は中古しか手に入りません)




[PR]
by aquarius_az | 2012-01-27 04:11 | 想像力を養う芸術の観方! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanazawax.exblog.jp/tb/17690424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< (1) 永久機関 井出治氏イン... 驚愕!NASA公式写真にUFO... >>